頭の中は魑魅魍魎

いつの間にやらブックレビューばかり

2006年を振り返る、振りだけする。

2006-12-31 | days
いやいやいや~

はっぴぃ~・にゅ~いや~

え?

一日早い?

ばっかだなー

明日読む人だっているじゃんかよー
今日読む人は明日読んだことにし、いや
未来を先取りしたんだよー

タイムスリップ
スリップスリップいつもすべる俺のギャグ♪

スキップスキップ切符は買わない拾いましょう♪


さて、大晦日だね。
しょうゆじゃないの?
OH!味噌か!だね。

ずっと前に考えていたのは、大晦日には

「マイベスト記事」
「マイベスト小ネタ」
「マイベスト今日の教訓」

をどーーんとやろうと思っていたんだけど、
めんどくさいのでやめた。

軽く今年の出来事でも思い出してみるか・・・

(白眼むいて、何かを思い出そうとしてるふるちんを想像してお楽しみ下さい)

なーーんもないね。

だって

廃人だもの。


今年のマイ重大ニュースね・・・ そうだ!

広島カープの優勝はすごかったな!
今年じゃないけど。

え?それ以外?知りたくないくせに。

某にフラれた。んだか、まだフラれてないか分からないこと(どっちだよ!)

ちょっと今まで食わず嫌いで着てなかった服を試してみたら、意外とよくって、新しい気分になれたこと(そんなの大事じゃねえよ)

この間、ウエイトトレーニングしてたら、左の手首を痛めた(それがどうした)
その2日後、今度はトレーニング中に左の肩を激しく痛めて脱臼寸前になって今、肩が上がらない(今年のニュースじゃなくて、昨日のニュースじゃねえかよ)

今、これ食ってる。






ゴディバのアイスクリーム。
うまいよー
ベルジアン・ダーク・チョコレート(今年じゃなくて今のニュースじゃねえか)

ま、いいか(よくねえよ)

みなさんよいお年を!迎えなくてもいいけど。
俺のことじゃないし。



まあ、人との出会いは結構いいものがあった。色んな人に出会ったね。

ブログを通してたくさんの人と出会い、知り合った。それが収穫になっているのだろうと思いたいけど、まだよく分からない。いい子ぶって「ブロガーさんたちと出会えて幸せな一年でした!」とか言わない。だって思ってないもの。所詮ブログはブログ。生活の中で「面白い」「つまらない」「むかつく」ことが一部、たまにあるようなものだしね。

実生活については詳しく書けないことだらけで、ほぼ割愛なんだけど、

色々な縁があったりして、今年になって、あまりそれまで触れあいのなかった、若いやつらとの交流があったね。いつか「近頃の若者論」書こうと思って、思っただけなんだけどね。そんな中思ったのは、近頃の若者は・・・と一括りにして言うことが難しいということ。意外と見直したこと。意外と俺が若者だった頃と変わらないこと。意外なほどモノを知らないこと。バカが多いこと。意外なほどモノを知ってるやつもいること。って感じかね。ギラギラした情熱を持ってるやつ、野心が前のめりになってるやつはあまりいなかったかな。

それから、大恩人の内二人も今年会うことが出来たこと。

後は、とある人との出会いはすごく大きな出来事だった。俺の人生の中でターニングポイントになっていて、その人とは直接関係ない多くの出来事へのきっかけにもつながってる。もしかするとそれ以上のことになって、俺の今後の人生すら変えてしまうことになるかも知れない。もうすでに変化の兆しという名の芽が顔を出している。出会いがもたらされたのは、偶然だったのか、それとも必然だったのか、そんなことすらもはや大事ではなくなってしまった。その人に対しては感謝の言葉すら思いつかない。


何を始めるにしても、遅すぎることなんてないってことが分かったり、
この年になっても、俺ってこういう人間だったのか!って新発見が多い年でもあった。



自分の新発見が非常に多いという意味で、ここ何年かで一番いい年であった。


さて、みなさんはどんな一年でしたか?






の教訓




「ふ」  ふまじめに
「る」  ルーズで
「ち」  チビっ子の
「ん」  んなばかな!・・やつ。




コメント (24)

夜の伊勢佐木町で思ふ

2006-12-30 | poetic inspiration


12月になると

どこも同じような景色になる

毎年この季節は

なんだか嫌だ


街が

ほら!お前幸せになれよ!
ほら!幸せだろ!

って言ってるみたいだ

12月になると

妙に着飾る君は

幸せなのかい?




ああ、なんかいいこと言ったな、今日。うんうん。




今日の教訓



クリスマスは
とっくに終わってますが、
何か?


コメント (8)

お歳暮が届いたが・・・

2006-12-29 | days



稲庭うどん。

いやいや~どうして俺が好きだってこと知ってるんだろうね?
こういう貢物は送り主のセンスの良さがめっきり伝わってくるね。

横にZIPPOがあるでしょ?
でかいわけよ。とっても。

問題は、



食い切れねえ でけえよ



封を開ける気にもならねえ。



すると、突然宅急便が





これ、嘘じゃないよ。
よーく見ると、送り主がふるちんの頭の中は魑魅魍魎読者ってあるぞ。

これは、間違いなくヤバイと、
キーファー・サザーランドに爆発物処理班送ってもらったんだけど、爆弾じゃないって。
じゃあ、不幸の手紙か?

手袋して開けてみた。
リンカーン・ライム(ジェフリー・ディーヴァー)に言われてるもん。




あれ?
なんか可愛らしいぞ。





il||li _| ̄|○ il||li

図書カード。
しかも1万円分・・・

偽造か?
本屋で使ったら、逮捕されるのか?
俺がいつも本屋で万○きしてるの知ってるのか?

しかし、

なぜ俺の住所を知っているのか?

ああ、

皇居内犬小屋御中 「アホ」と「知」の融合評議会 ふるちん
て書けば届くからな。


ばかーー!


送り主「ふるちんの頭の中は魑魅魍魎読者」でどうして佐川急便は受け付けるんだ?


こわーーい!





今日の教訓



贈り物って
もらうと嬉しいね。
お返ししないと
もっと
嬉しいね。


コメント (8)

YouTubeとdailymotionの笑える映像と音声

2006-12-28 | digital, blog & twitter
いやいやいや~
みんな元気ぃ?
もうおせち食った?

いやいや~いま、ね?
帰って来たばっかりばっかり  ばっか りー
めためた酔っ払ってるよ~ん♪
てか飲みすぎた。ビール、中拝、ん?注ハイ?焼酎オンザロックンロール

あーあ

最近手抜き記事が多いって思ってる?

ファイナル・アンポンタン?

(決して眠らないみのもんた顔したふるちんを想像して下さい)

正解!

年末にかけて、手抜き記事でレッツゴーする予定。
字が少ないからいいだろ?その方が?
え?西部開拓のたび?
そんなとこ行ったかなあ?

さて、


YouTubeより「ふるちんブラザーズ」発掘!



最初に出てくる男の言葉に注目。よく聞いていると、「○る○んブラザーズ」と言ってるから。



たぶんテレビCM「コピー機の女」
若干アダルト的要素がある。英語が出てくる。





自他ともに認める絶世の美男子Kamiさんに教えてもらった、
「叱られたい人のためのCD」



これに笑ってしまうか、それとも、快感を感じるかで・・・・


コメント (7)

BOOK OFFで本買った。

2006-12-27 | books

久々にブックオフに行った。

いやいや~なんでもかんでも105円だって(嘘)
店ごと全部買い占めちゃおうかと思ったよ。

書籍界の村上ファンドか?

しかし帰宅後、ずれ子にぶっ飛ばされた。

「この本の山片付けてからにしろよ!ぼけ!」















いやいや積ん読本(つんどくぼん)の山っていうか、山脈だね。

だってまだ他にもあるもの。

「本を読もう!!VIVA読書!」VIVAさんなんて毎日書評アップしてるけど、いつそんなに本読む暇があるんだ?って疑問よりも、VIさんとVAさん最低二人いるに違いないね。



今同時平行で読んでるのは、これ。
どれも面白いよ~















積ん読本の山に囲まれてると、幸せだね。
ってか読んだらいけないんじゃないかな?






今日の教訓



あたしぃ
ツンデレだしぃ
ツンでおいてぇ
デレっとしてぇ
読まないのぉ


参考:ツンデレとは
コメント (22)   トラックバック (1)

結婚する前にしとくべき質問

2006-12-26 | days
noharmさんの記事で、Questions Couples Should Ask (Or Wish They Had) Before Marryingを取り上げて、元は英語なので、

「誰か不自然でない日本語に訳して、メッセージかコメントかトラックバックください。
T.Saitoさんが、訳してコメントに書いてくださいました。」

原文はNYタイムズのこれだそうである。

見てみぬふりしようかとも思ったし、既にT.Saitoさんが訳してくれてるが、noharmさんにはお世話になりまくりなので(どうせ読んでねえか?)

まあいい。なかなかいい質問かと思うので、速攻で訳してみた。


1.子供を持つか持たないかについて話し合いましたか?もし子供を持つと決めているなら、どっちが主に面倒をみるのですか?

2.経済的にどっちが何をしないといけないのか?経済的なゴールは何なのか?そしてお金を使うこと、貯金することについてお互いにちゃんとした考えはありますか?

3.家事をどんな風にやって行くか、お互いの気持ちを話し合いましたか?また、どっちが雑用やるかについて同意してますか?

4.病歴について、肉体的にも精神的な問題についても、きちんと相手に明かしましたか?

5.パートナーは、期待してる程度には優しいですか?

6.性的行為について、必要な頻度、好み、あるいは嫌なことを、気分が悪くなることなくそしてオープンに話しあうことができますか?

7.寝室にテレビを置きますか?

8.お互いの考えや嫌なことをきちんと話し合って、考慮してあげてますか?

9.宗教などの信条について互いの理解はありますか?子供にいつ、どうやって宗教と倫理について教えるか話し合いましたか?

10.お互いの友人のことが好きで、敬意を持てますか?

11.お互いの親を尊重できますか?どちらかの親が二人の関係を邪魔するようなことを心配してますか?

12.自分の家族がパートナーを悩ませているとしたらそれは何ですか?

13.結婚に際して、絶対あきらめたくないこと、やめたくないことはありますか?

14.どちらかが仕事で家族から離れることになったとき、一緒に引越しできますか?

15.どちらも結婚に対して守るべき約束について自信を持って守ると言えますか?二人の絆があればこれからやって来る困難にも立ち向かえると信じてますか?



5の期待してる程度と言うのはなかなかいい質問で、期待の大きさにもよる。
また15はcommitmentを「約束」としたが、これはちと悩ましい。

カトリック的考えでは、結婚=ファイナル・コミットメントだと言う。
そのコミットメントとは約束とも言えるが、契約とも言えて、その場合、相手との契約でもあり、神との契約でもあるのだろうと理解している。ただ日本的考えには馴染まないので、約束としてみた。

あまり人のことを言えるような人間じゃないが、

結婚前に訊きにくくても、聞くべきことはあるし、
話し合いにくくても、話し合わないといけないことはあるだろう。

結婚を考えてる諸君の参考にでもなれば。



今日の教訓


毎回あると
思うなよ

コメント (5)

永住するならどこにする?

2006-12-26 | travel

これは、先日某に聞かれた質問。

俺「ホーチミンロンドン!」と即答した。


少し話を面白くするために?質問を限定しよう。

永住するならどこがいいか?仕事、学校は全て無視。家族も連れて行かない。一人で。お金は、腐るほどある訳でもなくしかし貧困でもないくらいなぜかあるという前提で。

誰か一緒に連れて行くことを考えるとややこしくなるので、だからこその前提だ。

しかし、俺の答えはやはり変わらない。

理由をぐだぐだ語る前に、すっごく分かり安い説明がある。

久保田利伸の歌にある。
「ど~こ~に~い~て~も~♪そ~こ~で生まれた気がし~て~る~♪」

俺の場合、

どこにいても、そこで生まれたような気がしないのだ。

例えば、海外に行っていて、成田に帰ってくる。
ああ、やっぱり日本がいいとか、
ああ、祖国に帰って来た
とこれっぽちも思ったことがない。それは羽田でも、新幹線東京駅でも同じ。

なので、俺の祖先はどっか違う国なのか?と軽く思っていた。

しかし、

ベトナムはホーチミンの空港に降り立ったとき、
おもわず、こころの中で
ただいま」とつぶやいていた。
理由は説明できないのだが、そう思った。

同様のことがロンドンはヒースロー空港でもあった。

ホーチミンとロンドンじゃあ、全然違うんだが。

しかし、バンコクや香港、あるいはドゴール空港やJFKに降り立ってそんな感情浮かばなかった。

ホーチミンはすごく好きな街だ。
バンコクほどすれてないし、シンガポールほど近代的でもない、ジャカルタのように、開発しまくりでもない。市場(いちば)をひやかしながらさまよう、街をただ歩いているだけでも居心地のいい街。

ロンドンも大好き。
築100年の家が並ぶ通りを歩いていると、シャーロック・ホームズも切り裂きジャックもフロイトもダーウィンもここを歩いたのかも、なんて思う。
英国は「時間が止まった国」だからつまらないと言う人もいるし、ある意味正しい。東京のように景色がすぐ変わることなんてない。でも進化し過ぎの東京に長くいると、こんなすすけた古い街の方が居心地がよく、自分に合ってる、そう思える。

パリやローマとどう違うのだろう?食事は確かにイタリアが美味しいのだが。そしてイタリアも好きなのだが。

自分の祖先はベトナム人と英国人のハーフだから、といい加減な理由をでっちあげてみた。

あるいは、
ホーチミンのように、俺が成熟しきってないから
ロンドンのように、人間が古いから

結構当たってるかも?



上の二つ以外だったら、
バンコクのカオサン通りはヤヴァイ。

あそこに滞在してたときに、体が溶けていく感じ?堕ちて行くってこんな感じ?を味わってしまった。

詳細は全て割愛するが、昼間にカフェで怪しい欧米人がテレビ見ながらなんか飲んでる、ただそれだけでちとアブナイ。しかもその雰囲気に完全にフィットしてしまったので、自分がアブナカった。明らかに堕ちて行くというのも意外と、居心地がいいもんだ。


後は国内。

実は日本で行ったことがない所が多い。
北海道、四国、沖縄はゼロ。九州は一瞬しかない。
山陽山陰地方もほとんどない。

ので、国内でここって言いにくいのだが、


なぜか

御茶ノ水に永住したい。
逢坂剛の小説に登場する岡坂神策が住んでるのもあるが、

楽器屋の大群、何より神保町の書店街。おいしいお店がたくさんある。


住みてえ、ってか引越ししてえ。


ああ、妄想ってやっぱ楽しい・・・

あなたは、どこに永住したいですか?








今日の教訓


ピンポーン!
大家です
んなことより
先月の家賃は!



コメント (13)   トラックバック (1)

尋常じゃなく時間がないので、

2006-12-25 | days

パンツ履く暇もない。

歯磨く暇もない。

とか、言ってる場合ではない。

コメントレス、新記事、ブロガーさんとこへの乱入・・・
その他、もろもろ明日以降になる。


今日の教訓セピア


明日以降って
来世紀かな?

コメント (4)

クリスマスの思い出

2006-12-24 | days


小学校5年生のときに、突然「進学塾に行きたい」と言いだした。

成績は良かったので、それが理由だったのだろうか?

しかし、当時の我が家は赤貧洗うがごとし。1970年代とは言え、東京23区内に住んでいるのに、木造のバラックのような家だった。

服と言えば、同じ物を毎日着るのが当たり前。靴はいつも穴があいていた。

そんな家だったのに、なぜか塾に行くのを許してくれた。


初めて、自分の小学校の子供じゃない子たちと一緒に勉強するようになると、すぐに自分の限界を知るようになった。本当にできるやつって言うのはこういうやつで、俺とは違うんだなと。

しかし、塾でやる難問に取り組むのは面白かったし、算数は苦手だったが、国語は大好きになった。

家の中の雰囲気がなんとなく変わったようだ。父も母も仕事をしていて常に忙しかった。子供はだいたい夕飯は7時頃に取るものだろうが、9時、10時になることも珍しくなかった。あまりにも腹が減って、弟と、茶碗を箸でチンチンと叩いて「腹減ったー」と母を困らせたこともあった。

そんな母親がそれまでしたことのなかった腕時計をするようになり、化粧をするようになった。子供だった俺には意味はよく分からなかったが。

小学校6年生のときのクリスマス・イブ。翌日のプレゼントなんてあるわけがない。明日友達に自慢されて、また嫌な気分になるのだろうな、と思っていたら、なかなか寝付けなかった。

すると、母親と父親がぼそぼそ話しているのが聞こえてきた。

母親は夜、キャバレーに行っているということがそのとき分かった。

だから、化粧をするようになったのか。子供ではあったが、キャバレーがどういう所かは知っていた。

母親が自尊心を犠牲にしてそこまでしてくれたこと。

昼間も朝から晩まで仕事をしているのに。

もうすぐ受験だというのに、志望の中学にはどうやっても合格できそうにない自分が情けなくて、ふとんをかぶって、声を押し殺して泣いた。






あれからずいぶん遠い所まで来てしまった。

毎日がただなんとなく過ぎて行く。

人々はクリスマスで、なんだか華やいだ気分。


俺は、毎年クリスマスになるとこのことを思い出す。







コメント (11)

銀杏食って死にかけた女

2006-12-22 | days
中島美嘉の「雪の華」を聴きながら、「今年~最初の~♪ 由紀の鼻ってどんな鼻?」と思いつつお送りしてる・・・

ふるちんでっす!

いやいやいや~ 久々に復活した登場シーン。
みんなお元気?鍋食ってる?あーどうせこの辺、みんな読まねえから、ぶっ飛ばすか。


さて、

以下全て実話。

先日会った、某女性。Uちゃん。
彼女が昔、もうちょっとで死に掛けたという話は前に聞いた。
しかし、その裏側を今回初めて聞いた。

10年以上前、彼女は結婚したばかりで、だんなは仕事でどっか。
ところが、だんながたまたまその日は家に帰ってきてたそうだ。

で、Uちゃんは

ひまだから


銀杏(ぎんなん)を食ってたそうな。




200個




嘘だと思うだろ?でも、でもそんとき一緒に話してて、前にこの話を聞いたことがあるKが
「200個だろ?」Sちゃんが「50個はいったでしょ?」

Uちゃん「うーーん」

おいおい、いくつ食ったんだよ。

で、彼女はビデオを見ながら銀杏食ってたら、だんなは寝室へ。
しかしなぜかだんながリビングに戻ってきてみたら、

痙攣してる彼女発見!

救急車で運ばれたそうな。

で、胃洗浄などして、九死に一生をとりとめたそうだけど、

医者「原因がわかりません」
Uちゃん「銀杏です」
医者「そんなわけありません」
Uちゃん「他に原因がありません」
医者「死にかけるほど銀杏食べる人なんていません」
Uちゃん「・・・」

しかし後で調べてみると、銀杏の中には青酸化合物が微量含まれていて、特に火をちゃんと通さないといけないそうだ。

しかし、あまりにも微量なので

通常は

人体に影響はないそうだ。

俺「じゃーさー銀杏殺人事件とかできんじゃねえの?」
K「無理。そんなに大量に食わせられないもの」
俺「じゃー銀杏自殺?」
K「無理。そんなに大量に食えないもの」
一同「(爆)」


銀杏食いすぎで死にかけたというのもかなり・・・だが、

いや、俺も死にかけたことがあって、人のこと言えないんだが・・・


死ぬほど食った言い訳というのが


だって、夫の実家からもらったんだもの


うーむ。それはいい嫁であるという証明なのだろうか?


ちなみにそのUちゃん達と会ってたときに鴨鍋を食ったんだが、Uちゃんが何度となく、しかもしみじみと

鴨ってホントニ美味しい。肉の中で一番好きなの。

肉って相当色々あるけど、なぜ、鴨?

これから、
鴨の銀杏添えなる料理を目の前にしたら、Uちゃんのことを思い出し、そして間違いなく笑って食えないだろう。

しかし、Uちゃんはとってもいい奥さん道を歩んでいることだけはキチンと言っておかねばなるまい。


しかし、




今日の教訓



銀杏臭い女には
「ほどほどにしとけよ」
と言ってあげてくさい



コメント (7)

夜のお店でもてますが、なぜ?

2006-12-21 | days
なぜだか、ある特定のカテゴリーに入るであろう人たちにもてる。

逆に言えばそれ以外はからっきしって寸法だい!


1.水商売の女性
2.「ゲイ」の男性


2について、語りだすと、ある思い出が蘇り、間違いなく3回連載に成りかねないので、割愛。
1の劇団ひまわりで、とってももてたって話だが、

あれは、確か米国株バブルはとっくに崩壊はしていたが、日本では崩壊してることを知らない人がまだ多かった頃だったか。

某知り合いHさんが、クラブに連れてってくれるってことになった。ク・ラ・ブじゃなくて、くらぶぅ?知らん。銀座の高級クラブだ。

まだ、20代始まったばかり。その時がクラブ・デビュー!しかもいきなり超高級!もちろん自腹などぜったい切らん。後で、分かったのだが、そのHさん奥さん子供いるくせに、そのお店MのホステスさんRにお熱で、そこに○○の金使って行って、ま、ようはRさんと落としたいがために、ただ俺ともう一人連れてったってことを後で聞いた。そんな事情どうでもいい。デビューできるなら。

高級クラブと言うのはキャバクラとはかなり違っていて、キャバクラのように、薄着系でもなく、そしてキャのようにこっちが気を遣って話し盛り上げなきゃいけないなんてことはなく、すごーーく居心地がいいのだ。ってことをすぐに知った。早ええよ。

つまり緊張しきっていた俺も、ちゃんとなごませてくれる訳だ。

で、俺たちは男3人。ホステスさんはなぜか5人ぐらいいた。確か。

で、隣のびゅうーてほーなお姉さんと話していて、

(途中は夢見心地のふるちんの顔を想像してエンジョイしてください)

お姉さん「あの、手帳持ってきていらっしゃいますか?」

俺「ああ、はい」

で、その頃愛用していた茶色が汚い&でかいファイロファックスを取り出した。

すると・・・

彼女がなんか書いてる。

彼女「はい!これがあたしの住所と電話番号です」

俺「ああ、どうも。ええっと、私の名刺は渡してましたよね」

彼女「はい」

すると、鬼のような形相のHさんが

「なんでお前、電話番号とか聞いてるんだよー コロスぞー」

俺「いやいや。俺、聞いてないですから。ほんとに。ね?」

彼女「はい。本当です。私が勝手に教えたんです。ごめんなさい」

うーん。なんて見た目だけじゃなくて、内面まで美しい人なんだ・・・
一応、見た目だけは鬼ではなくなったHさん。

で、その日の俺の教訓

クラブってとこは その日に電話番号教えてもらえる


翌日、鬼から電話

鬼「ごらーーーー てめー何電話番号きいてんだよー」

俺「だから聞いてないんですって・・・(涙)」

鬼「なんだとー 俺がRちゃんの電話番号何回聞いて教えてもらえなかったと思ってるんだよ~ いったいいくらあの店に金落としてると思ってるだよ~」

俺「自分の金じゃ・・・」

鬼「なんか言ったか」

俺「いえ、なーーんにも」

鬼「お前に命ずる。あの子と仲良くなりなさい。そしてRちゃんも交えて一緒に食事できるように計らいなさい」

俺「(そんな暇ねえよ、てか俺来週から日本にいないんだけど)分かりました!よろこんで!」


と言う訳で、どうやら初回いきなり教えてもらえる訳ではなかったらしい。

しかし
彼女がなぜ、教えてくれたのか・・・・(真相は深層海洋水の中へ・・・)

それよりもっと恐ろしいのは、Hさん、XXで逮捕されたんだよねー。俺の知ったことではないけどー ざまみろー



【事例2】

某アホ友人がキャバクラ行こうぜとしつこく誘うので、仕方なく行った。
それが記念すべきキャバクラ・デビューだった。

コンパクトに言うと、
なんか気を遣わないといけないとか諸々むかついたので
名刺渡さなかった。そして確か速攻で帰った。

すると、翌日アホから電話

アホ「昨日の○○ちゃん、お前の連絡先教えてくれって言ってうるさいんだよー 教えていいだろう?」

俺「うーーむ。じゃあ、フリーのアドレス教えるから、それだけ伝えておいてくれ」

するとまた山のようにメールが来る。

どうせ同伴出勤(お店に行く前に、どっかでお食事して、そのまま店に連れ込む。穏健なキャッチセールスみたいなもん)だろ?
としかとぶっとこいていたら、

「○曜日はお休みなので、その日どこか遊びに連れてって下さい」

il||li _| ̄|○ il||li

同伴じゃないのか・・・

これがまた、いい按配でございまして、そんなラッキーなときに限って
・くそ忙しい・他のオ○ナで忙しい・デートする金がない・その気にならない

ので、返信もしなくなった。


【事例3】

海外に飛び出す。

某ジャ○ルタに行った時、古い友人が接待してくれた。どう考えても違法じゃねえの?とかについては書けないが、キャバクラっぽいとこ「にも」連れてってくれた。と言うより連日の接待三昧で疲れた。

で、そこに行ったら、そいつ+俺VS地元ホステスさん二人

で、泊まってるホテルの電話番号教えたら

ホテルの人「伝言でございます」

が連日続いた。ようは、「電話して、これあたしの家」「デートしよーよー」

これがまたいい塩梅でございまして、ジャ○ルタを出立して移動せねばならず

逃亡致しました。オールしかとぶっこき。



ふぅ。それから・・・(もういいだろ?面倒なので全て割愛)


念のために言っておくが、これは「もて自慢」ではない。

「水商売」の「初めて行った店」のみ「言い寄られる」ことが「多い」気がする

つまりせまーーい範囲内の局地的現象であることを、お忘れなく。お願い。頼む。



原因がさっぱり分からず、実は長年の疑問だったのだ。

で、先日某と行ったお店に

この業界に50万年はいるんじゃねえの?というババア ママさんがいたので、その件、聞いてみた。

ママ「水商売の女の子の見る目をバカにしちゃいけないよ!何千人、何万人て男見てるんだから。だから彼女たちの目になんか写るんだよ」

俺「なにが?」

ママ「知らないね。あたしには何にも写らないけどね。そのアホづら以外は。ケケケ」


il||li _| ̄|○ il||li

聞いてもしょうがねえよ




今日の教訓


女の気持ちは
まだ
わからない





コメント (5)

ちょっといい話

2006-12-20 | days
近頃、コメントレス(返事)が遅れているが、コメントには全て目を通しているし、遅れても必ずコメントレスするので、ご容赦を。

さて、

産経新聞が出してる横文字日本語新聞、SANKEI EXPRESS(編集現場のブログ)が落ちてたので、拾って読んでみたら、意外ないい話が書いてあった。

いい話自体このブログには似合わず、そして転載はしたくないのだが、その文章を載せているサイトが見つからないし、その新聞に無断転載禁止と書いてなくて、許可を取りたくてもその連絡先もないので、全文転載する。

12月15日号3ページより、

『勿忘草』
 
 先週末、ごった返す東京・銀座を1人、ブラブラしていたら、アクセサリーショップや洋服屋さんで、彼女にあげるらしいプレゼントを物色している男性諸氏を見かけた。「もうクリスマスなのか」。気づかぬうちに、街はイルミネーションに染まっていた。

 贈り物の季節になると、決まって思い出す記事がある。山梨県立盲学校を卒業する生徒に、匿名の女性から毎年オルゴールが贈られるというのだ。
 卒業式が近づくと、女性の声で「今年の卒業生は何人ですか」と学校に電話があり、人数分のオルゴールが届く。1965年(昭和40年)から42回も続いているという。
 盲学校のコメントがいい。「女性の詮索はいたしません」。名乗らず、見返りなぞ求めない女性、その気持ちを尊重し、あえて探さずに感謝する学校と卒業生。両者の静かな思いが、40年以上の歴史を紡いできた。
 
 見返りを求めずに生きることは難しい。仕事をすれば評価を、人に何かをプレゼントすれば丁寧なお礼を、食事をおごれば次にもっと豪華な食事をおごられることを期待してしまう。
 それが得られないと、胸中に不満が渦巻く。「これだけしてあげたのに…」である。
 
 メディアをにぎわす事件にも、この手が多い。
 宮崎県の業者は「あれだけ選挙応援してあげたのに」と知事に口利きを求めた。70歳の女性は、「好きなのに相手にされない」と79歳男性のストーカーになった。
 無償の愛の代表格、母親をみても「これだけ頑張ってるのに、言うことをきかない」と乳幼児を虐待してしまうケースが残念ながら、ある。
 
 本来、贈り物は相手に喜んでほしいという純粋な思いの発露のはず。不純な思いが混じったとき、「してあげたのに」という自意識が生じる。
 「卒業生は『誰かが見ていてくれる』という思いを持ちます。そして卒業したあと何年かして、つらいことがあったとき、オルゴールに力を与えられることがあると思います」
 今稿を書くにあたって盲学校に電話を入れると、教務主任の先生がかみしめるように話してくれた。

 こんな贈り物、一生の間に1度はしたいし、してほしい。 (小川記代子)





俺の方から付け足すことなど何もない。




コメント (12)

ドクターふるが帰って来た。

2006-12-19 | laugh or let me die
ドクターふる「いやいや、しかし暇だなー お客がさっぱり来ないぜ いやいやしかし可愛いなー 長澤まさみ。待てよ、新垣結衣もいいな、いや沢尻エリカも捨てがたい。そーだなー、今、長澤まさみと沢尻エリカどっちにする?って聞かれたらどうしよー・・・ エリカちゃんは料理下手だから、おいしい?って聞かれたら、黙ってしまって、そしたらー、あ、おいしくないんだ?って悲しい顔するんだよな。それもいいな。まさみちゃんは料理上手そうだな。お食事にする?お風呂?それとも・・・・・いやいや、妄想って楽しいなあ・・・」

「あのー・・・」

ドクター「するってえと、そこにシャーリーズ・セロンがドア蹴破って、どーん!『アタシノー フールティンニィー ナニシテルノサー!・・・」

「あのー!!」

ふる「あ!いらっしゃーーーい!はいよろこんで!生ビール三丁入りました!」

「あの・・・ここ居酒屋ですか?」

ふる「あ、すみません。久々なもんでつい有頂天になってしまいました。がははのは」

「・・・」

ふる「で、何か?」

「・・・」

ふる「お薬だしときましたから」

「まだなんにも言ってないのに・・・」

ふる「ああ、これはお約束なので。はい」

「あの・・・わたし小説家に・・なりたくて・・・ずっと・・・」

ふる「あの、声小さくてよく聞こえないんですが・・・」

「売れたいんです!有名になりたいんです!」

ふる「ああ、なるほどね。ふむふむ」

「どうして売れないのか・・・」

ふる「まあまあ、泣かないで。で、どんな小説を書いてるんですか?」

「あ、あの男女の恋愛ってもう古いって思うんです、そこを塗り替えるってゆうか、新機軸として新しいパースペクティブとして同性の場合の・・・」


聞いてるフリをするドクターふる。


「(延々長く続く説明)だから、どうして売れないのか分からないんですよ!」


ふる「なるほど。よーく分かりました。素晴らしい作品をお書きになっておられんですね。少々お待ち下さい。着替えて来ますので」

「・・・」

ふる「はい。お待たせしました。ポンチョかぶってスナフキンです」

「砂付近?」

ふる「そうそう。砂の界隈はなかなかいい店がたくさんあって、って違いますよ」

「素直な布巾・・・」

ふる「そうそう。曲がったことが嫌いな布巾なので真っ直ぐにしか拭けない、ってわけでもないですよ」

「どうでもいいです」

ふる「はい。どうでもいいんです」

「・・・」

ふる「じゃ、一人ごと言うので、聞こえないふりして聞いててください」

「・・・」


なぜか田中邦衛の真似を始めるドクターふる。

どうやら間違えたらしい。

今度は、

森本レオ声を真似するドクターふる。




・・・・・・・・・・・




ベストセラーになった小説家
売れてる漫画家、アーティスト

人のこころを動かしてる人もいるだろう

でも、読み捨てられて、記憶にも残らない
そんなものも多いだろう

有名になりたい。
売れたい。

ずっとそう願い続けてる人も多いだろう。

その願いが叶うのなら、
頑張ればいい。

でも叶わないからと言って
君の人生はそれで終わりじゃない



君の近くにいる人
君と手をつないでいる人
君を必要としてる人・・・

そんな人たちが、

「あなたに、すごく影響されました」
「あなたに、考えを変えてもらいました」

そんな風に言ってもらえたら、それが何よりの宝物


100万人を満足させて、
満足させた、って思いこんでいるより、


近くにいるたった一人の人を

満足させ
幸せにして

変えて
影響を与えて・・・


その方がずっと尊い



遠い未来を思うより

世界平和なんて考えるより

人類全体を思うより



まず、近くの人のことを・・・







ドクターふる「あれ?なんか目が血走ってますが・・・」

「・・・」

ふる「え?どうして近寄ってくるんですか?」

「・・・」

ふる「ま・・さ・・か・・・近くにい・・・る・・・か・・ら・・・」

「・・・」

ふる「あ・・・あ、なんで・・そんにゃにぃ・・ちからがつよいにょ~」






今日の教訓




人を呪わば
穴二つ
人に説けば
あたふたす。




ドクターふる登場のその1はこれ その2はこれ

その2の前提になってるのがこれ

コメント (8)

管理人連想バトン

2006-12-18 | バトン
だーーいぶ前にシン@偽哲学者さんに変態カテゴリーに入れていただいたバトン

管理人連想バトンとは『自分の知っている管理人様の連想バトンです。当てはまる管理人様の名前を記入してください』

「このブログのルール」に書いたように、自分は管理人だと思ってないが・・・

なんて堅苦しい話は、置いておいて、みなが「管理人」だと言うなら、それに従おう(やだけど)

◎名前(HN): ふるちん、ふるてぃん、ふるたん、ふるりん、ふるちゃま、ふるち子

◎知人に言われた性格: (意外と)緻密な癖におおざっぱ (見た目通り)エロい 傲慢 自分に甘い 口が悪い 

以下の言葉から連想する管理人(ブロガー)

●カッコいい
ウォルターさん
ただ単に薀蓄並べるだけじゃない、常に流れるウォルター流がカッコいいから。
ちっちゃい「ォ」の変換に慣れたから。

●可愛い
きららっち
文章、画像から「かわいい」オーラがただよってる、理想の奥様だから。

●乙女
migたん
いつまでも永遠の17歳だから。いや、ブログから乙女の香りがいつも漂ってくるから。
お互いにいい歳して「たん」付けして呼び合ってるから。


●優しい
あおい空知さん
奥さんと子供さんに感謝のこころを忘れず、でも俺のボケコメントにはちゃんとボケで返してくれ、俺のブログでもねんごろにいつもふざけてくれる根底には「彼の優しさ」があるに違いないから。
でも「5分で行く!世界コトバ遺産のたび」といいながら5分で済んだためしがないから。


●楽しい
VIVAさん
VIVAだから。

●個性的
FUMINORIさん
個性的とおでこに書いてあったから。

●天然
かえるさん
なんとなく、養殖じゃなくて天然だから。

●腹黒
ばよりん弾きさん
お腹んとこみたら、黒い腹巻してたから。

●変態
睦月さん
自分でそう言ってたから。

●子ども
noharmさん
なんとなく「のーはーむ」「こーをはむ」「子を食む」に読めるから。

●大人
竜星なおきさん
アカデミックな話題を扱いながらも、いつもスマートな大人の振る舞いがそこはかとなく匂うから。
なぜ流星じゃないのかいまだに分からないから。

●ツンデレ
にっとさん
「ヒゲと口紅とバルコニー」だから。ヒゲ男がバルコニーで口紅をツンデルから。
困ったときにはこの人に送っておけばいいから。


●萌え
青赤クルヴァさん
なんとなくクルゥーってか、キターーって感じだから。

●尊敬
らぶさん
無駄にエロいと言いながら、常に含蓄深い、考えさせられる言葉をくれるから。
このブログ読んでるわけないから。


で、名前が挙がったブロガーさんにはバトンが回ったことになるそうだ。


※やりたくない人はスルーすればよい。また、キーワード思いつかないやつは勝手に外せばよいさ(と俺が勝手に決めた)




今日の教訓


ボケなしバトン
麺なしラーメン
似てる?



コピペ用質問:
管理人連想バトンとは『自分の知っている管理人様の連想バトンです。当てはまる管理人様の名前を記入してください』
◎名前(HN):
◎知人に言われた性格: 
以下の言葉から連想する管理人(ブロガー)
●カッコいい
●可愛い
●乙女
●優しい
●楽しい
●個性的
●天然
●腹黒
●変態
●子ども
●大人
●ツンデレ
●萌え
●尊敬
コメント (21)   トラックバック (2)

新宿の夜をあなたと。

2006-12-17 | days
久しぶりのデートだね。うれしーなー。忙しかったんでしょ?
ありがと。
新宿駅からね、サザンテラスの方に行くと、すっごくキレイなんだよ。
行こっ!





ねえ、見て。
なんてキレイなツリーなのお。
ロマンティックね。この季節なんだかとっても好きなんだ。






日本初上陸のドーナツ屋さんなんだよ。
Krispy & Kreme 知ってる?
でも全然クリスピーじゃなくって、ふわふわしてるんだって。
カナダから来た手紙持った、いやカナダから来たお友達が
「こんな店、アメリカでそこら辺にあるんだけど・・・」

って言ってたんだ。

それを大行列してるカップルの皆さんに大きな声で言ってあげて。

えーあたし?言えるわけないじゃない~
あなた、言ってよ。も~

え?初上陸じゃなくて、
発情陸?
アハハハ! も~ いつもうまいな!






ねえねえ、見て、ちょーキレイじゃない?
あの中入れるんだよ。
二人で入って、お祈りして、それで中から見えるモニターが上にあるんだって。
そこに二人の未来を占ってもらえるんだって。
ねーえー 入ろうよ~ ねえってばー 恥ずかしがらないで
お・ね・が・い

あーん。ありがとう!

待つ間、ドキドキするね。ほら、あたしこんなにドキドキしてる・・・
あ、どこ触ってるの!も~こんなとこで・・・おばかさん!

あ、順番来たよ。じゃ入ろうね!





あー流れ星だ!
あたしたち二人のこれからは・・・








今日の教訓




ひとり妄想は
この時期、
かなり
寒い


コメント (12)   トラックバック (2)