頭の中は魑魅魍魎

いつの間にやらブックレビューばかり

上半期ベスト『ヤバイ経済学』はヤバイ 

2006-06-30 | books
ある保育園では、保護者の遅刻が多く、手を焼いていた。それで考えた経営者は、迎えに来る保護者の遅刻に罰金を課すようにした。さてその罰金システムがスタートした。遅刻は減るようになったのだろうか?どう思う?

90年代初頭のアメリカでは、犯罪発生率が猛烈に上昇した。

当時の犯罪学者、司法長官、そしてクリントン大統領も、犯罪は今後さらに増加し続けると言った。
では、その後どうなったか?

犯罪は減った。ものすごい勢いで。

なぜか? 

銃の規制が厳しくなったからだと言う輩がいるが、そんなのデタラメ。
その答えはこの本に書いてある。俺が考えたことではないので、著者に敬意を表して、ここには書かない。ただしヒントは

妊娠中絶の合法化である。

1973年にある女性が中絶の合法化を求めて訴訟を起こし、勝った。どうして中絶の合法化?それも随分前のことが、犯罪と関係あるのだろう。少し考えてみて欲しい。




ヤバい経済学 [増補改訂版]
スティーヴン・D・レヴィット/スティーヴン・J・ダブナー
東洋経済新報社

このアイテムの詳細を見る



人間てインチキするんだろうか?相撲って八百長ってしてるんだろうか?引退してから暴露してる人もいた。でも本当の所は、分かりようもない。

いいえ。分かります。

データで。貴乃花とか、朝昇龍なんて全然知らなくても、取り組みデータのみで。



紹介が遅くなった。

「ヤバイ経済学」悪ガキ教授が世の裏側を探検する スティーヴン・D・レヴィット&スティーヴン・J・ダブナー 東洋経済新報社2006
Freakonomics: A Rougue Economist Explores the Hidden Side of Everything
Steven D. Levitt and Stephen J.Dubner 2005


売れてるのか知らない。しかしビジネス街の書店には「話題作コーナー」にドンと大量に置いてあるのに、一般の書店では、ややひっそりと置いてある。

これは残念なことだ。この本は経済学の本ではないし、ましてやビジネス書でもない。ビジネスマン必読書の類ではないと思う。もっと広い一般向けだ。タイトルには経済学と書いてあるが。

では、どんな本かと言えば、

「世の中の上の方の皮を、1枚、2枚剥ぎ取って、その中を見てみる」

そんな本なのだ。経済学の素養なんて全く必要ないし、数学もいらない。使ってる言葉も非常に分かり安いので、高校生でも「理解は」できるだろう。また出てくる事例も雑多で、なんにもむずかしくない。

なにしろ扱っているテーマが:

犯罪・インチキ・インセンティブ・人間て正直?・専門家って頼りになる?・通念は嘘くさい・いい学校に行くとハッピー?

では、目次を見てみよう。

【序章】あらゆるものの裏側
【1章】学校の先生と相撲の力士、どこがおんなじ?
【2章】ク・クラックス・クランと不動産やさん、どこがおんなじ?
【3章】ヤクの売人はどうしてママと住んでるの?
【4章】犯罪者はみんなどこに消えた?
【5章】完璧な子育てとは?
【6章】完璧な子育て、その2 あるいは、ロシャンダは他の名前でもやっぱり甘い香り?

1章では先生と力士がインチキをするのかどうかを分析している。データを使って。このデータの使い方を理解するのは簡単なんだが、こんな使い方があったのかと、目からウロコが落ちた。

5章・6章では、「ヤバイ経済学」なのに子育てを扱ってる。子供の名前によってその子の後の人生がどうなるのか?そもそも親が子供のためにしてることが結果としてどうなるのか?人の親なら興味しんしんだろう。

子育てに限ったことではないが、特に根拠もなく「子育てはこうあるべき」とある本では書いてあり、別の本では違うことが書いてある。じゃ、どっちが正しい?この本では、データを元にしているので、根拠ははっきりしてる。

あえて結論だけ記すと、

「親が何をするかではなく、親がどういう人間であるか」が大事であるときちんと根拠を持って教えてくれた。これは、子育てをしてない人・親でない人にも何か考えるヒントになるかもしれない。

もちろん「ヤバイ」だけに、ドラッグディーラーが果たして儲かるのか、儲からないのかなんて、堅くない話もたっぷりある。

以前に「経済学なんてもんについて考えてみる」という記事を書いた。その中で紹介した「複雑系」はとてもいい本だと思うのだが、残念ながら万人にはオススメできない。複雑系を理解する「古典」ではあると思うが。

しかし、「ヤバイ経済学」はかなりオススメだ。
読み終わって、ああ、面白かった、で終わり。そんな本じゃなかった。
日々の出来事、謎を解明するヒントをたっぷりと与えてくれた。

しかし読んですぐに頭がよくなる訳がないし、モテるようになる訳もない。

でも

「いいオンナになれる本」を読んでいいオンナになった人がいるのだろうか?

「モテモテになる本」を読んでモテるようになった男性がいるのだろうか?






人気blogランキング
にほんブログ村




追記&参照:
『フラット化する世界』を読んで、彼氏のアウトソーシングを考える
マイ・フェイバリット【ミステリー小説中心10冊】

コメント (12)   トラックバック (6)

昔バトン

2006-06-29 | バトン
いやいやいや~ むかし、F-1乗ってたんだよね。俺?
むかし、ジェイソン・バトン って堂本光一しかわかんねえよ。

同じモデルエージェンシーの同期、migたんからバトンが回ってきた。あなたのむかしについて語らないといけないというバトン。スルーして無視しようと思ったんだが、いや来年答えようと思ったんだが、間違いなく忘れるので、夏休みの宿題を済ませてしまおう。通信簿5ちょーだい!

追伸:migのコメントレス引用す


ふるたん

>確か前にバトンの事書いてて、、、
>いつかまわしたい!っとこっそり思ってました

>ふるたん、ふざけすぎないように、ちゃんと答えてね♪
>待ってまーす

migたーん、いくら同期だからと言って、ふざけなかったらあたしダメダメなのに… まさかあの時○○したからその仕打ちなの… あれは事務所が…



1.あなたは昔何系でしたか?

クリスタル・ケイ?いやいや多少まじめに答えよう。

小学生のときは、シャツの袖で鼻ふく系。袖ガビガビ系。給食残さない系。どうしたら赤ちゃんが生まれるか分からない系。女の子と話せない系。飛び箱得意系。走り高跳び苦手系。走り幅跳び得意系。リレーに選ばれ系。学級委員拒否系。ケンカ2勝998敗系。
中学のときは、由緒正しい王室御用達あたま悪い系。長い学ラン&太いパンツ&裏に変刺繍系。人のものは自分のもの系。コクられるってこういうことなのか系。上履きは洗わない系。エロ炸裂系。エロちんとあだ名変えられ系。
高校のときは、人生投げ出し系。「生きる」って意味ねえじゃん系。こころを閉ざし系。

2.あなたは習い事をしていましたか?

そろばん、習字(だから書道初段だっつうの!)少年野球チーム、剣道、絵画彫刻(まじだぜ)

3.今と昔一番変わったと思う事は?

ちょっと寛容になった。髪型。酔うと、言いたい放題が急加速するようになった。人に対する見方。自分のファッション。風呂入るのが日課になったこと。

4.今と昔変わらないと思う事は?

酔ってなくても結局言いたいことを言う。体型。精神的低レベル。

5.昔からのトラウマはありますか?

小学生のとき、某あこがれの女子のお誕生会が彼女の家であり、きんちょーしきってた。なぜか、テーブルに干し柿。みんな食べる。彼女も食べるので、一口くちにしてしまった。その場でリバースしてしまったことは、今でも夢に出る。

6.昔なりたかったものは?

バカボンのパパ
なぜか検事(どうやら悪い人をやっつけると思ってたらしい)
旺文社のブエノスアイレス支社長(きくな!卒業文集に書いてあった)

7.あなたの昔の失態を教えて

失態が多すぎる。今思いつくのは、

某友人の結婚式のスピーチでくだらなすぎる過去を暴露⇒親戚から大ひんしゅく。
某友人の結婚式の招待受けたのにさぼった。
某友人の結婚式のスピーチ依頼受けたのに、断った。
某先輩の結婚式、さぼった。

ん?失態じゃないか?

以下色々書いてみたら、全部書いちゃいけないことしか思いつかなかった。「さらし」系ブログの名がすたる。すたーるん。すーたるん。ゆるちて。

8.今と昔の異性の好みを教えて下さい

うーむ。ディフィカルト

昔=気が強いタイプがスキだったみたい
今=だれでもいい。というのは嘘で、この一点が重要ってことがなくなった。多面的に見る?みたいな。ええっと、今は ○かたがとっても似合う自称天使の○○たんが… 女性ブロガーのみなさんでーす。

9.出来るならあなたの昔の写真を貼って下さい。





10.過去を知りたい人、10人にバトンをまわして下さい

うっ。前回たしか回しても誰もバトン受け取ってないという甘い体験があるからな。さすがの人徳だね。人徳天皇とは俺のことだ!ってだれ?
いかにイカに挙げたからと言って「どうずでわだずのごどあげだのだ!」と怒らないでね。スルーしてちゃぶだい。

shun-ranさん いまだ何のブログか把握できてない。ネタは日替わり。どんな人なのか、まさに過去を知りたいぞ。
ryopaさん ダイビングのブログ。どうしてダイビングなんて恐ろしいものやらない俺がここにいるのは知らない。りょうぱん子&ふるち子というおすピーも逃げ出すユニットが炸裂してたが、最近鎮火中。ぱん子もっと遊んでよ
はまっこさん なつかしすぎる音楽ネタが次々と。どうやら世代が一緒らしく、それが楽しい。
言葉のマジシャンにっとさん ブログのタイトルが「ヒゲと口紅とバルコニー」それだけで笑ってしまう。どっかで撮った写真や、日常をにっと流マジックで笑いに変えてしまう様はいつも尊敬。
ウォルターさん 見た映画・サッカーを詳しくマジメな観点から鋭く洞察。同じ物を見た自分とは人間の出来が違います。
ぺこりんこさん 音楽を教える立場におられるようですが、えらそーな感じがしない不思議ワールドを展開。勝手にペコちゃん顔を想像して読んでます。
竜星なおきさん 音響工学の専門家にして天文、その他科学の話満載。でもとっても分かり安い。プラス日記。アカデミックなブログの手本。
おない歳だと判明したルミ姉さん 「博多弁でしゃべらNight!」のタイトルに偽りなく、博多弁炸裂の日記。ちらと拝見したお写真では、若くてべっぴんさんでした。
チョコひとさん どうしてあんなに毎日旅ネタがつづくのか、面白&ビックリの旅ブログ。うーん。過去を知りたい。そもそも、女性だという確信すらまだ微妙なのだ。
fumifumi なぜ呼び捨てなのか、いまとなっては不明。仲良くしてやってるのか、してもらってるのか… 最近お互いにアホの切れ味が鈍ってきたので、またアホりませう。どーでもいい旅ネタをここまで膨らませて、笑わせてくれる手腕はすごい。個人的には「シメジパソマソ」の衝撃が忘れられない。自分のママがこんなだったら、楽しいだろうな。

げ、これで10人になってしまった…
入らなかった人、なんてラッキーなんでしょう!

最後にmigたーん、ありがとう!

でわでわ。


おまけ:俺の中では最高傑作。バトンなんて一度も来てないので自分で作って墓穴を掘る「バトンが来た」はここじゃ

コメント (22)   トラックバック (6)

日本一早い「サラリーマンNEO」レビュー

2006-06-28 | film, drama and TV
サラNEO2週間も休んでさびしかった…
余談ながら、開始2分前に某○○たんから携帯に「元気なーい」というメールが来たので、速攻でNHKをつけろ、と返事したら「おもしろーい。元気でたぁ」とついさっき返事が来た。すばらしいぞ、サラNEO!

で、速攻で片付けよう。

企業戦士 社内スタントマン

  課長「仕事そのままにして帰るなよー」
  マギー「次の日やったじゃないすかー。じゃ、謝ったりしたらいいんすか?」

その他社員(いつもの二人)「あいつ、むかつくねえ」

スタントマン生瀬が、なぜかパラパラミュージック&ダンスで登場。七三分け、ほっぺは赤い。ネクタイが半分。
「俺にまかせろ」

いきなり、マギーをビンタ!
課長「ありがとう!」
しかし課長の腹を殴る

他の社員「あ、猪木だあ!」

生瀬「この道をゆけば…… いくぞおおお

1・2・3…

4・5・6・7」で立ち去っていく社内スタントマン生瀬 笑った。だあーって言わせてくれないんだもん。

サラリーマン語講座

講師がマギー(顔が黒く、ウイッキーさん?ヒゲもあり)アシスタントが原史奈

  課長「あれと、これと、それと」と部下にいっぱい仕事いいつける。
  部下「どの仕事からやれば…」
  課長「おまえはガキの使いか!明日から半ズボンはいてこいや!」

マギー「先日八王子の学会で画期的な言葉が発表されました。それは『ファースト・プライオリティ』です。優先順位を上司に委ねる画期的なことばですね」

  課長「あれと、これと、それと」
  部下「課長、ファースト・プライオリティを教えて下さい」
  課長「先生のパーティの件だな」
  部下「セカンド・プライオリティは?」
  課長「これだな」

マギー「とっても便利ですね。原さん、もし部下がランキングは?と聞いたらどんな感じがしますか?」
原「軽い感じがします」
マギー「そうですね。
ランキング=軽い印象
プライオリティ=重みと圧力
になります。ただし旬があるので気をつけましょう。今頃、シナジーとかコラボレーションとか言ってると笑われますよ」
原「はい!」
マギー「それでは私の後について下さい

ファースト・クロマティ!」
みな「ファースト・クロマティ」
マギー「4番ファースト・クロマティ!」
みな「4番ファースト・クロマティ」

爆笑してしまった。どうやらこれがマギーのアドリブらしいのは、出演者がみな驚いたような顔して、笑ってたから。

部長の親 #7

また部下のアパートにやって来るうざいあの親子。
ピンポーン 無視
生瀬「電気のメーター動いてますよー」

で、玄関に登場するは部長(おっさん=いーちゃん)とその父母。
母「うちのいーちゃんが虫歯だって知ってて、チョコ買ってきたでございましょ!」

母「この間会社でホラー映画の話したでしょ!うちのいーちゃんが、夜眠れなくなったのよ!ひとりでトイレ行けなくなったのよ!」

いつもの言いがかり。今回違う展開あり
母「うちのいーちゃんの彼女と別れなさい」(彼女はすぐそばにいるが)
部下「僕の彼女ですよ」
父「上司にゆずるのが社会人の常識だろう!」

母「あなたに、もっとすばらしい彼女用意いたしましたのよ」
でなぜかお見合い写真にキレイな女性(原史奈)が。
思わず見とれる彼。
母「ここめくると袋とじですのよ」
父「ミシン目をキレイに切ってね」

袋とじかよ!笑った。

Re: 世界の社食から

割愛

父VS娘 ROUND1

夜遅く帰って来た娘。玄関内にいる父(ヒゲの濃いマギー)

父「何時だと思ってるんだあ」
娘「あたしもう大人よ!」
父「ちゃんと勉強しろ!」
娘「勉強してるわよ!」
父「なんの勉強してるんだか」

娘「おかあさあーーん!なんか言ってよ」

母「あなた!また朝帰りですか!」

父「すみません… お前が帰って来て一緒に謝ろうと待ってたんだぞ…

大いなる新人 前編 後編

部長が生瀬。部下の新入社員22歳が平泉成(相当おっさんだろ?)

二人で得意先と会う。扇子を使い、ポケットに手入れてるので、むこうは相当エライさんかと思うと、
生瀬「あ、こいつ新人の早川です」
早川「新人22歳の早川でっす。サッカー部でした」(めっさ笑える)

生瀬「おい、おまえコピー取って来い」
早川「ラジャー」

早川がいなくなると、得意先が
「いや、見えないですね。いつの時代に遡ってもずっと『そう見えない』って呼ばれてたんでしょうね」

で、事務所内うろうろする早川。頭上に矢印があって「そう見えない人」が彼の移動に伴って移動してたのもおかしかった。

すると、女子社員が
「あたしが、やります」
「あ、そう」
勝手にイスに座って「お茶持ってきてくれる?」

会議室に戻ると生瀬部長にすぐばれる。クリップまでつけてコピーできる訳ないと。
生瀬「コピーしてもらったんだろ?」
早川「してもらっちゃった」
生瀬「お前天然だか計算だか分からないよ」
早川「半分半分でーす」

生瀬「おまえ、メモ取れよ!」
早川「一人がメモとる、もう一人がちゃんと話し聞くでいいじゃなですか」
生瀬「話し聞きながら、メモ取るんだよ!」

こんなおっさんの新入社員がいたら、面白すぎる。うざいけど。

サラリーマンポエム

最近人気急上昇所のの中山ネオミこと中田有紀登場!ただポエム読むだけなんだが、朝のニュースとは別人。
すまん、内容聞いてなかった。
なんかポエム読んで、最後にネオミが

「頼むから、風呂に入ってくれ」
と言っていた。
そういえばNEO EXPRESS今回なかったのが残念。

※追記:ついに「サラリーマンNEO」というカテゴリーを作ったので、過去のサラNEOレビューもそこにあるよん。

コメント (8)   トラックバック (2)

試合中の会話が聞こえた(サッカー日本代表の真実【番外編】)

2006-06-27 | laugh or let me die
宮本「しっかしさあ、日銀総裁がさー村上ファンドはやばいよねえ」

中澤「いやいや 意味わかんねえし」

宮本「おいおい 日経読んでないの?必読だよお」

中澤「なんで日本の新聞、ドイツ来て読むんだよ。てか、サッカーの新聞読めよ。俺も読んでないけど」

宮本「だってさあ、どうせ当たりっこないチームの記事読んでもしょうがないじゃん」

中澤「それもそうだね」

宮本「お前、部屋でなにしてんのさ」

中澤「おお、よくぞ聞いてくれました!全部見たよ、冬ソナ 泣いたねえ」
 
宮本「お前古いなあ 古すぎるよ ジーコのサッカーぐらい古いよ」

中澤「あ、ぶっちゃけちゃったよ。キャプテンが言っちゃったよ。もしかして、川渕の次のキャプテン宮本っち?」

宮本「まあね。狙ってるね」


サポーターあああああああああ



見詰め合う宮本と中澤「…」



しかめっつらする振りをする宮本、くやしいように見える中澤


宮本「俺たちのせいじゃないよ・ね?」

中澤「ね」




中澤「みやもとっち、どうして自分の給水ボトルで飲まないの?」

宮本「さっきよー 大黒がくちつけたんだよー」

中澤「ああ、あいつかー」

宮本「ちゃんと名前書いてあんのに、なんでよりによって大黒がくちつけるんだよー まったくもお」

中澤「たしかにあいつの後はやだね」

宮本「ね」



サポーターうぉーおー うぉーうおうおうおー





宮本「どうしてサポーターってあんなに元気なんだろね?」

中澤「俺たちより元気だもんね」

宮本「ね」

中澤「自分達がやってないのに、なんであんなに熱いんだろね?」

宮本「ね」



サポーターあああああああああああ



川口ににらまれる宮本・とりあえず下を向く中澤



宮本「あえて言えば、ジーコのせいだよね」

中澤「ね」

宮本「練習中にずっと時計のネジ巻いてるんだもんね」

中澤「じーこ、じーこってね」

宮本「ね」





今日の教訓



んなわけないよ
ね?











おまけ誰も興味ない「サッカー日本代表の真実シリーズ」の変遷
1.受けた気がする記念スヴェキ第一弾このへん ⇒ 調子ぶっこいた
2.時間かかったくせに庶民には全く理解できなかった第二弾ここかも ⇒ もーやーめた
3.やっつけ仕事の割りに受けてしまった第三弾ここここCocco ⇒ 人の気持ちを無視することを決意
5.万民が大爆笑した第五弾はここ ってまだ書いてなかった。



コメント (7)

mixiってこわい

2006-06-26 | digital, blog & twitter
たしか1月にmixiの登録した。意味がさっぱり分からなかったが。同時にココログでブログをやってみた。これも意味不明だった。(ここgooではじめたのは3/1 でもほぼ毎日更新の本格始動始めたのは3/22 ものすごーく久々に読んだら低レベルなのはなんら変わってなかった。初期のアホは=ここ

mixiはどうやらお仲間がいないと意味がないらしいので、友人2名にミクることを強制した。しかし3人とも分かってないので、放置。
しばらくたったら、内一人が日記を書き始めたらしい、というのがメールで届くことも知らなかった。日記と言ってもそいつのは週一度行くジムで何やったかと、体脂肪率が書かれてるだけ。登録したはいいが、全く理解してなかった。

しばらく経ったら突然友人から、マイミクシイ登録とかいう怪しいお誘いがあって、それで少しマイミクに入ってる人が増えた。また友人から「せっかくブログやってるんだから、mixiの日記をブログとリンクさせなよ」と言われたので、よく分からないんだが、日記のURLにこのブログのURLを挿入してみたら、あらびっくり。ブログを更新してると、勝手にmixi日記も更新。すばらしい!

この時点で何も問題なし。リアルに俺のアホ三昧を知ってる友人か、ブログを通してそれを知ってる友人しかマイミクにいないので。

よく分からないまま、なぜか日記が更新されてるし、ま、いいかで完全に放置してた。

月日が流れた。

やや尻明日、じゃなくてシリアスな秘密結社に参加したときに、mixiやってるかと聞かれたので、「やってはいる」と回答。ま、実はやってはいない。登録されてるだけなんだが。で、彼にご招待しますよ、とか言われたので、翌日にメールチェックしたんだが、招待されてない。それはいい。久々にミクミクチェックしてみた。あしあとというのを見てみたのだ。

これは割りと最近になって知った。某ブロガー様にこっそり教えていただいたのだ。そして教えてもらっておいてよかった。感謝します。

そのあしあとをチェックしたら、なんか知らない人が来てる。のでその人のミクミクを見てみたら、あ、あの人だ。なるほど。で、その人が入ってるコミュニティ一覧にその秘密結社があったので、のぞいてみた。登録者100人ぐらい。○○○スって誰だ?でクリックしてみたら、うわ!あの偉い人だ。向こうにも俺のあしあとが残ってしまった。なんとなくばーやーい気がしてきた。(ばーやーい初登場はここ

ちょうど都合がいいことがあった。俺のミクミクもブログも両方読んでる某プリティに聞けた。

「ミクミク、ブログと連動してるのやばくね?」
「ヤヴァイ」

ので、突貫工事が始まった。まず、リンクを外す。次にプロフィールの変更。

しかし、プロフィールひどかった。最初に書いたのをいじってなかったんだが、

小説大好き!映画大好き! これはいい。しかし、その隣に

おんな大好き!

え?俺こんなこと書いた?記憶がねえ。
速攻ばやーい文言を直し、プロフィール欄にまじめプロフィールをでっち上げてびっしり埋めた。

ふぅ

あまりにも速攻だったので、たぶんエライ人とか、まじめな人とかは、そのヤヴァイプロフィールを読まなかった。と思いたい。いや、見られた人もいるようなのだが、俺の記憶から抹消した。

そしてまた、俺の使用前プロフィールと使用後双方を目にしてしまった人数名は、突然の変貌に別人になったかと思っただろう。ハンドルネームすら変えたし。ごめんちゃい。

どうやら日本国民はミクミクは個人的友人とのやり取りに使い、ブログは匿名で第三者に読ませるものと使い分けているってことすら、俺は最近知った。そしてまた、いまだにミクミクを大して理解してない。メールアドレスを知ってる人に対して、そのアドレスに送るべきか、ミクミクメッセージで送るべきか、さっぱりワカラン。しかしどう考えてもこのくだらなブログは日記とはほど遠いので、ミクミク日記とリンクさせてたのはおかしいと、やはりこの間気づいた。

ふぅ

相当おっかなびっくりでやってるというのが実情である。
そしていまだにちょっとこわい。


今日の教訓



ブログは
こわくないの?
コメント (8)

iPodの中身

2006-06-25 | music
いやいやいや~大変だね~ ドライバー1本で分解するの。開けてみたらさーびっくらこいたよ~ だってちっちゃい猫ひろしがいっぱい入ってたよ。

って、こら!
普通に今現在俺のiPod-mini(ブルー)の中に入ってる音楽だ。ちなみにアルバムしか入れてない。シングルとか、アルバムの中から1曲とかを入れることはしない。アルバムをトータルで聞いてどうなのよ、というアルバム原理主義者だからだ。(めんどーだからだ)以下入ってるのを、ただ上からただ並べる。



'Round About Midnight / マイルス・デイビス
1+1 / ハービー・ハンコック&ウエイン・ショーター
100曲モーツワルト(おやすみ編)
バッハの無伴奏チェロ / ヨー・ヨー・マー
A Love Supreme / ジョン・コルトレーン
Acoustic / Everything But The Girl
Amarantine / エンヤ
Amplified Heart / Everything But The Girl
Antichrist Superstar / マリリン・マンソン
Back To Bedlam / ジェームズ・ブラント
Ballads / マイルス・デイビス
Best Of 1991-2004 / Seal
Best Selection / アート・ブレイキー&オール・スター・ジャズ・メッセンジャーズ
Brushfire Fairytales / ジャック・ジョンソン
Classics / サラ・ブライトマン
Death And The Flower / キース・ジャレット
Deja Vu / Crosby, Stills, Nash & Young (CSN&Y)
Faith / ジョージ・マイケル
Forty Licks / ザ・ローリング・ストーンズ
Greatest / デュラン・デュラン
Greatest Hits / ユーリズミックス
Greatest Hits / レニー・クラビッツ
Home Movies / Everything But The Girl
In The Court Of The Crimson King / キング・クリムゾン
JAZZ / ライ・クーダー
Journey's Greatest Hits / ジャーニー
La Luna / サラ・ブライトマン
Led Zeppelin Remasters / レッド・ツェッペリン
Let's Dance / デヴィット・ボウイ
LOOKING BACK / 小田和正
LOOKING BACK2 / 小田和正
LOVE / 中島美嘉
Love Deluxe / シャーデー
Mal Waldron On Steinway / マル・ウォルドン
Michael Buble / Michael Buble
Miles In Berlin / マイルス・デイビス
MUSIC / 中島美嘉
Nevermind / ニルヴァーナ
On and On / ジャック・ジョンソン
Playing The Music Of Gill Evans / The Monday Night Orchestra
Ron Carter Plays Bach / ロン・カーター
Portrait In Jazz / ビル・エヴァンス・トリオ
Vladimir Ashkenazy; Concertgebouw Orchestra Rachmaninov: Symphony No. 2
SOUL'd OUT / SOUL'd OUT
Standards, Vol. 1 / キース・ジャレット
Starting Point / 押尾コータロー
Still Live / キース・ジャレット・トリオ
Summertime / マッコイ・タイナー・トリオ
The Best Of Christopher Cross / クリストファー・クロス
The Best Of Herbie Hancock / ハービー・ハンコック
The Greatest Hits / ラブサイケデリコ
The Guitar Songs1&2(コンピレーション)
The Koln Concert / キース・ジャレット
The Nightfly / ドナルド・フェイゲン
The Piano Songs1&2(コンピレーション)
The Power Station / ザ・パワー・ステーション
The Very Best Of MTV Unplugged 3
Thelonious Himself / セロニアス・モンク
Time Out / ザ・デイヴ・ブルーベック・カルテット
TRUE / 中島美嘉
Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.1 / 宇多田ヒカル
We Get Requests / オスカー・ピーターソン・トリオ
Winter / Reflections / Boyz II Men
ソロ・ギターのしらべ / 南澤大介

入力するだけで疲れました。ここ1週間の間に聞いたものを太字にしてみた。一度も聞いてないものもあるし、なんで入ってるかよく分からないものもある。そして入ってることをあまり知られたくないものさえある。しかし、いちおう「さらし系ブログ」と謳ってるので、全てさらしてみた。いつか、思い入れのあるアルバムについて語るかも知れんが、今回はおしまい。いやーつまんなかったね?

しかし、


今日の教訓

iPodの中も
魑魅魍魎


コメント (20)

メーラーなに使ってますか?

2006-06-24 | digital, blog & twitter
いやいやいや~ 実はヤングなふるちんです。
だってねえ、聞いてよ。昨日疲れきってさ、12時には寝たのさ。でさあ、起きたら3時でやんの。15時間ストレートでロイヤルストレートフラッシュで寝ちゃった。一回も目覚めなかったんだよ。ヤングってことだよね?おこちゃまだってことだよね?違うって言ったら、ゆうこりん、いちごの馬車で大井競馬場疾走しちゃうぞ!

で、メーラーとはメールソフトのことでやんす。わたくしの愛用は

EdMax


受信したメールのヘッダー部分を見ると、相手のメーラーが分かるがこれを使ってる人を見たことがない。99パーセントOutlook Express(以下OE)。

では俺がなぜこれを使ってるかというと、Win95、98時代のOEは問題が多かった。ウィルス感染がひどい。そもそもこのOE自体がすごい容量なのでしばらく前のPCだとHDの場所取りすぎ。もちろんメモリーも。よくフリーズしてた。で、もっと軽くてサクサク動くメーラーを探した。できればフリーウェアでないかなと。で、このEdMaxにたどり着いた。容量が少ない。デフォルトでもかなり使える。軽い。そしてカスタマイズしたければ、自由自在。俺は最小限しかカスタマイズしてないが。実は全くOEを使ってないので最新版が分からないがEdMaxだとこんなことができる。


EdMax


これはメールが多く来るひとにはありがたい。左に受信メール一覧がどーんとあって、右にメール本文がある。前のメールを探したいとき参照したいときすごく便利。また俺は返信してないメールに赤い色をつけるんだが、左の一覧の数が多い方が忘れ難い。

また色を変えたり、それはまあいろんなことが出来るのだ。やってないが。で、そのままXPになっても使い続けてる。

先日MozillaのThunderbirdをインストールして使ってみた。迷惑メールの学習機能がすばらしい。ただ、起動に時間がかかるのと、どうもCPU・メモリーへ負担が大きいようだ。(めもりーくりーなーというソフトで見てる限り)でも送受信のスピードは速い。また、同じMozillaの有名ブラウザFirefoxは、長年の愛用ブラウザSleipnirより、立ち上がり、リンクを開くとき、全てが早いので、今は二つのブラウザを併用している。ビジュアル的にはとっても違うんだが、機能がどう違うか、ぶっちゃけよく分かってない。みんなはどんなメーラー・ブラウザ使ってるんだろう?


参考サイト

本家Edcomのサイト
快適なメールソフト EdMax導入ガイド これを読んで俺は導入を決意した。
EdMaxの広場 ここの拝見EdMaxを見ると、みんながどんな風にカスタマイズしてるか分かって面白い
vectorのレビュー
窓の杜のレビュー
コメント (7)

眠れない夜には走るのだ

2006-06-23 | laugh or let me die
全然サッカーなんて興味ないんだが(165%嘘)、朝4時スタートなので、早く寝た。10時に。

花柄のシーツ・枕カバーに包まれて。すやすやと寝息をたてるキュートな寝顔のボク。ついついほっぺにツンツンとやりたくなる。

って、こら!

寝れるわけねえよ。報道ステーションやってるだろうが。まだ「こんばんわ!滝川クリステルです」見てねえし。てゆうかそんな時間に寝たことねえ。飲んでる・絡んでる・UNOやってる・エビちゃんごっこしてるのどれかだろう。

仕方ないので深夜一時に起きてきた。すると、何を血迷ったのか、走りたくなったのだ。自慢なんだが、ジョギングなんて100万年はやってない。お魚くわえたときに、変な髪形のおばちゃんに追いかけられることはあるが。

で、Tシャツ・半パン、そして履く人全ての足腰をクラッシュさせるナイキフリー5.0+ショートソックスといういでたちで夜の街に出た。出没した。アホ街っくした。

めんどーなのでいきなり走り出した。ストレッチ省略。TARZAN創刊から立ち読みしている人間とは思えない。まあいい。

特に体脂肪を減らす必要の全くない引き締まったスーパーバディ(現在体脂肪率13%)なので、ゆっくり燃焼用スピードで走る必要もない。つまりてきとーペース。すると、これが調子いいいのよねえ。結構飛ばした。失踪した。いや疾走した。ハイペースで。たぶん次のオリンピックには召集かかるんじゃねえか?

一番驚いたのが、汗をかかないこと。深夜なのでひんやりしたとは言え。で20分ぐらいハイペースで進んだ。コースなんだが、だいぶ前になぜかほぼ毎日走ってたコースは坂が多くてきついので、駅へ向かう軟弱コースにした。すると駅から家路を急ぐ人たちと逆行するんだな。ちょっと快感。

俺を見た女性はみな、

「あ、瀬古さんですか?ううんそんな年じゃないですよね。野口みずきでしょ?みずぎ着てるし」

と言っていた。

で、駅に着いたあたりで、突然ペースが落ちた。原因不明。バテた。しかし、バテても帰らないといけないので、行きは野口みずき、帰りは酔った観月ありさだった。

で、いちおうクールダウンという言葉は知っていたので、家の近くになったら歩くに近いペースに。すると、突然汗がリバース。いやいやなんでリバースなんだ?汗がタラタラタランチュラ。汗がダラダラ トゥーダラーミダラー ウォウウォウウォウオウ(吾郎ちゃんの変な振りで)

このまま恐怖の館に戻ると暑そうだったので、そこら辺に腰掛けた。

するとどういうわけなのか、女性が深夜だっつうのに、よく俺の前を通過して行くんだ。まじで。で、全員ぎょっとするんだ。そりゃそうだよな。階段の一番下に、このインパクト系ビジュアルの俺が滝川クリステル的滝汗かいて座ってるのだから。しかし、面白いことを発見した。

若い女性はリアクションが少ない。
しかし、ぜってえおそワねえっていうおばちゃんに限って、ものすごーく胡散臭い目で俺を見るのだ。たぶん携帯で通報してたな。

まあ、いい。クールダウンの後、館に戻った。窓開けて、ソファで本なんて読んでしまった。

なんかさあ、いい気分なのよね。ヤヴァイね。ばーやーいね。

俺健康になってどうすんだよ。不健康が売りなのに。不健康アイドルなのに。




今日の教訓


イメージを守るため
タバコとお酒を
いただきました

コメント (7)

お悩み相談室

2006-06-22 | laugh or let me die
ドクターふる「次の方ど~ぞ~」

「失礼します」

「えーと、お薬出しておきましたから」

「まだ何も言ってないのに…」

「ああ、そうでしたっけ? じゃあ、何か言いたいことでも?」

「言いたいことって… ここ相談室ですよね?」

「ええっと、そうだったかな?その可能性はありますね」

「あの… あたし… もてないんです…」

「へえ」

「あの… あたしのこと知らないですか…」

「ぜんぜん」

「結構有名なんですけど… 長澤まさみって言うんですけど…」

「長島監督なら知ってますがね」

「…」

「あ、そんな顔しないで。よく見るとなかなかかわいらしいですね。それなのにもてないと」

「そうなんです」

「なるほど。じゃ、お悩み相談室オープン!」

なぜか流れるラテン系ミュージック
なぜかダンサーズ登場

「あの… 本当に相談にのってくれるのですか?」

踊りながら「もちろんでえーす」

「あの… うるさいんですけど…」

「ほほう。お気に召しませんか。じゃ、ミュージックとダンスは撤収!」

しーん

「あの… さっきも言ったんですけど、もてないんです。全然」

「なるほど。かわいいのにもてない。ふむふむ。分かりました。あなたはかわいいし、いい雰囲気を持っておられる。しかし、すきがないんですね。」

「スキですか…」

「ええ。では、今回特別にギャップ理論でいっちゃいましょう。」

「はあ…」

「かわいい女性がどんなことをすればギャップになるのか?最初の処方箋は

電車内で、
本を読む。岩波文庫で。そうですね、「資本論」もいいし、うんうん「純粋理性批判」なんかいいですね」

「そんな本読んだことないですよー。読めないですよ」

「勘違いしてはいけません。電車の中で、本を持つ。ページをめくる。それでいいんです。自慢じゃありませんがそんな本私だって読んだことないですから」

「読む振りってことですか?」

「そうです。絶対読んではいけません」

「読んじゃいけないんですか?」

「読めば余計にもてなくなりますよ」

「…」

「いやいやいや~ そんな顔しないで」

「だってせんせい、もてないだなんてひどい!」

「自分で言ったくせに…」

「なんか言いましたか?」

「あ、いいえ」

「そんなことでほんとにもてるんですか?」

「じゃあ、処方箋その2

必ず顔に何かつけましょう。
口元にはごはんつぶ。これは一日三回食後に出しておきます。」

「そんなのやです」

「いいえ。これは効きますよ。効果絶大です。かわいい顔にごはんつぶ。これはギャップであると同時に、あなたのかわいらしさをさらに増してるんですよ。」

「…」

「もしダメなら、本+ごはんつぶのダブルにして下さい」

「…」

「他にはそうですね。靴はいつも汚しておく。ストッキングは伝線。髪の毛は一本立ってる。ここまでやれば完璧です。もててもてて大変になりますよ。」

「もしもてなかったらどうするんですか?責任とってくれるんですか?」

「特に責任は全く感じないんですが、そこまで言うのなら

私がつきあってあげます」

「…」

「あれ?どうして引き出しから婚姻届が出てきたんだろう?あれ?長澤ってハンコもあるぞう。いやいやまいったねえ。そうだな、子供はやっぱり二人ぐらい?ワンちゃんも飼いたいね。まさみは?

あれ?長澤さーん!」





今日の教訓





次の方どうぞ
って
誰もいない


コメント (16)

ついに

2006-06-21 | digital, blog & twitter

今日の教訓



ネタ切れさんが
近所に
越してきた

コメント (11)

プチ・クラス会レポート

2006-06-20 | days
高校のクラスメート40人に同時発信した俺のメールを紹介する。今年の元旦に開催したプチクラス会のレポートだ。公開する理由は特にない。公開しても構わないだろうと判断したのは、一部の友人のみではなく既にクラスメートに行き渡っているので、友人間では問題ないだろう。また、個人を特定できる文言を全て変えたので、大丈夫だろうということ。ちなみに、約15年ぶりだった、J君とN君が帰省するので急遽開催だった。でわ。


○高校Q組のみなさんへ

「じゃMiらとのBi太を迎える会レポート」です。

-------------------------
高校時代から敬愛してやまない某Xくんに「お前のメールは長い!」と叱られてしまいましたので、Xくんには思いっきり短いのを送っておきました。(笑)
-------------------------

当日は元旦で、しかも急に決まった企画なのに、ずいぶんと盛況でした。

参加者は15人! 内女子4人

酔っていたため、聞き間違いがあるかもしれません。

≪≪感想・かわした会話など≫≫

①びっくりするほど、みんな変わってません。ビジュアル的に若干変わった人もいましたが、口を開くと高校時代と全然変わらない口調。(特にZくん)
②ものすごく盛り上がってました。(騒がしかったほど)さっき参加者から電話をもらい、「あんなに盛り上がるとは思わなかった」とのこと。
参加できなかった人は残念でした。m( )m

③高校時代誰が好きだったかの告白大会が始まりました。(全員参加強制)えー!あの人とつきあってたのとか、あの人のこと好きだったのか!なんて話も。C組のだれだれが好きだったとか言うと、なぜかQ組限定で答えろなんてリクエストも飛び出す。(あの人結構人気あったんだ、知らなかった…)
④子供さんに、「ぼくも本物ののBi太に会いたい」と言われてたお母さんたち。のBi太くんに名刺もらって、「サインしてー」なんて言ってました。(笑)
⑤じゃMiらくんが「今はじゃMiらとは呼ばれてないよ」と言うと「うそー」というリアクション(呼ばれてたら面白いんですが)
⑥のBi太くんが結婚してると言うと「うそだあ!」 → 結婚指輪を見せるのBi太 → X「お前さっきその辺で買ったんだろ?」
⑦「女子」なんて言われたの何十年ぶりだろーなんて嬉しそうな元女子

        ↓


⑧24時に大方が帰るものの、居残り組も。
メンツはAさん、Bさん、Cくん、Xくん、Yくん、Zくん、と私。結局朝4時まで店にいました。(段々会話がディープな方向へ)
⑨なぜか「夫婦はどんなとき一緒に風呂に入るのか」「温泉だと燃える」と言うような○○なハナシになって行きました。と言うか、そんなハナシばっかり。「俺は◎◎だよ」「あたしは●●よ」

誰のせいなんだろう…そんなハナシを堂々とできるほど、僕らは大人になってしまったのか…

⑩すると某が、なんと「Q組の○○さんのこと今でも思ってる!」と爆弾発言! (深夜0時半)

しかし、その相手はその場にはいない。すると全員が私にその人に電話かけろと。私は電話番号は分からない、と言うと、メール送って、こっちに電話かけてもらうようにしろと。しかたないので、自分の品位を疑われないかなと思いつつ、「まだ会やってます。この番号に電話して下さい」とメール(深夜2時15分)
 → なぜか、ドキドキするみんな(内心かかって来る訳ねえじゃんと思う私)

すると2時半に!!!
携帯が鳴る!異常に盛り上がる飢えたメンツたち。で、お話ししたい某に携帯を渡すと、某は会話が聞こえないところに移動。しかし、漏れ聞こえてくるのは、信じがたいセリフ。ここでは書けません…

それを聞いてたAさんは「あんなこといわれたーい」と乙女的リアクション

で、30分も電話をしていたようですが、内容は不明。ただ某はかなり酔っていたことは確かです。(こんなことをここに書いてよかったのだろうか?)そして日ごろトキメキに欠けるメンツたちは異常にテンションが上がってました。

てな感じです。私も酔っていたものですから、かなりの部分は忘れています。なんか他にも面白い話はあったような気も。結局9時間もお店にいたことになり、現在もお尻が痛いです。(苦笑)

全員が写ってる写真を添付しておきました。
xxx.jpg (233KB)
誰が誰だか分かるかな?


みなさん、お疲れさまでした。

ふるちん
-------------------------------


今日の教訓


携帯で
メール受信
してる人のことを
考えましょう
コメント (9)

あの人からの手紙

2006-06-19 | digital, blog & twitter
成分分析占いはあちこちで見かけた。
noharmさんのとこで「あの人からの手紙」という占いを以前に発見した。

自分が手紙欲しい人の名前、自分の名前、性別、一番したいことを入力すると、その人からの手紙が出てくる。

試しにやってみた



おまえしっぽが生えてたのか!はっはっは!(爆

こら!俺むだ毛処理してるっつうの!



えー、六つ子だったの!

憧れの女優、国分佐智子さまにお手紙いただいた。



がっくり… もう立ち直れない…



※6/22追記:上で紹介したnoharmさんがご自分の記事に追記されていた。

>6月19日追記>>
>ふるちんの「頭の中は魑魅魍魎」blogさんから、あの人からの手紙というトラックバックをいただいた。予想通り、大爆笑の内容。
>ただ、その倍爆笑な内容よりも、モザイクかかってる文字が異常に気になる


もちろん秘密であることは言うまでもない。




人気blogランキングへ
自作面白ネタブログランキング
コメント (14)   トラックバック (1)

なんとなく動画

2006-06-18 | digital, blog & twitter
30秒ぐらい
コメント (11)

ドイツで監督は (サッカー日本代表の真実3)

2006-06-17 | laugh or let me die
「はい!カットでーす!」

なぜか野球帽かぶるジーコ「いやいやいや~ すんごいですねえ」

風呂入ってない中田ヒデ「あ!山本監督?山本晋也監督ですか?」

ジーコ「こちとら自腹やねん」

臭いを放つ宮本「あ!井筒監督だ。似てる似てる!」

ジーコ「ばかやろう!」

坊主が伸びきった坪井「大島渚監督だ!監督なんでもできるんですね!やっぱりすごいや!」

ジーコ「おいおいおい そんなにオダテちゃったら、次はルーカスとスピルバーグが喧嘩してるとこやっちゃうよお え?見たくない。ちっ、つまんねえなあ。じゃあ、仕事すっか。 おーい!俊輔!ちゃんと役に入りこんでる?」

セーラー服の中村俊輔「はい!大丈夫です。」

ジーコ「ほんと?ちゃんと分かってる?薄幸の美少女が、不治の病に冒されてる。そこに現る天才ドクター 迫真の演技頼むよ」

セーラー俊輔「はい!かんとく!」

ジーコ「で、中澤くーん!ちゃんと髪切ってきた?」

七三分けの中澤「当然です!ロン毛のドクターなんてありえません。役作りはまず髪型だ!監督の本『ジーコにおまかせ!演技はばっちぐー』ちゃんと読みましたから」

ジーコ「いいね。もうアイドルじゃないね。よ!この演技派! じゃ、撮影行くよ」

シャツは半年洗ってない川口「照明オッケー?カメラオッケー?監督、オールオッケーです。それじゃあ本番行きまーす」

ジーコ「レディ、はくしょん!」

全員「がはは」

ジーコ「レディ、アクション と言ったらスタートだよーん」

全員「あはは」

ジーコ「レディ、アクション!」


この間8時間経過


「はい!オッケーでーす」

なぜか銀縁メガネに変ジーンズの小野「ええっと、バミって、引きで撮って、みたいな?」

全員「…」

リュックしょって汗かいてる小野「クローズアップの、どん!でケツカッチンみたいな?」

全員「…」



なぜかセーターを背中にはおるキャプテン川渕登場「おお!こーじー!」

若干狼狽するジーコ「あ、プロデューサー様!いつもお世話になっておりますです」

川渕「こーじーよお。大丈夫かよ?スケジュールだいぶ押してんじゃんかよ。さんよーがやばいよ」

中田ヒデ宮本がコソコソ「もしかして、予算のことかな…」

川渕「てゆうかよお、こーじーお前ばーやーだよな。イツドーまでロケ来ちゃってよー。もうびーくーにするぞ。げるべんにホンメガとらせるぞ!」

中田ヒデ宮本小声で「ジーコがあ やーばーい ドイツでロケ。でくーびーにするってことかな… まさかげるべんてあのフランス人ベンゲルかよ… やっべえぞ。こわそうだぞ」

開き直ったジーコ「なに言ってんですか!川渕P!きっちり終わらせますよ。私にお任せ下さい!いらないスタッフ・キャストばっさり切ります。シーンも大幅にカットしますから!」

川渕「まず最初に切るのはお前だな!」

ジーコ「がびーん!」





今日の教訓



中途半端な
リアルさが
かるくばーやーい




受けた第一弾「サッカー日本代表の真実?」
全く受けなかった第二弾「Jヴィレッジの実態 (サッカー日本代表の真実2)
コメント (16)

昨日の食事

2006-06-16 | days
メロンパン一個だった。

それも朝から晩までかかった。ちょっとずつ食べるのでいっぱいいっぱい。最後の一口もちょっと涙目だった。まじつらかった。

メロンパン一個がこんなに大きいものだとは知らなかった。

給食を全部食べられなくて、5時間目も6時間目も机の上に給食がある女の子を思い出した。

俺は小学生の女の子か!バナナ半分しか食べられないさっちゃんか!

おやつは300円までと言うが、メロンパン一個はたぶん300円しない。子供のおやつ代までいかない。遠足のおやつの方が、大人一日の食費より高いのか。

うーむ。
子供より金がかからないとはなんと素晴らしい大人なんだろう。
なんて環境にやさしい大人なんだろう。

つまらん話は置いておいて、

祝イングランド決勝トーナメント進出

よかったよかった。




今日の教訓



今眼の前に
メロンパンマンが来たら
泣く

コメント (19)