頭の中は魑魅魍魎

いつの間にやらブックレビューばかり

『罪責の神々』マイクル・コナリー

2022-11-29 | books
売春婦殺人事件の弁護を担当することになったハラー。被害者は旧知の人物グロリアだった。彼女を尾行していた者がいたり、彼女を証言させようとしていた者がいたりして怪しい。

すごく面白かった。悪が暴かれる過程、息詰まる裁判どちらも素晴らしかった。


※ネタバレ

終身刑で刑務所にいる麻薬密売人のモイアが、自分のホテルに銃を仕込んだのはグロリアだとして証言させようとした。グロリアは麻薬捜査官のマルコから頼まれた。ハラーは裁判でそれを明かし、マルコのパートナー元殺人課刑事ラングフォードは裁判中に自殺、マルコは行方不明になりどうやらメキシコで殺されたらしい。

 
 

今日の一曲

桑田佳祐で、「なぎさホテル」



では、また。


コメント

『反撃』リー・チャイルド

2022-11-27 | books
リーチャーはシカゴで、足を悪くした女性ホリーを助けようとしたら彼女もろとも謎の男たちに拉致される。彼女はFBIの捜査官なのでそれが理由なのか。行方不明になった彼女をFBIが追う。リーチャーは脱出できるのか。

めちゃくちゃ面白かった。単純な話なのに飽きさせず先が気になる。


※以下ちょっとネタバレ

犯人はモンタナで独立国を作ろうとする民兵組織。ホリーの父親は統合参謀本部議長。

 
 

今日の一曲

SOIL&”PIMP”SESSIONSとRHYMESTERで、「初恋の悪魔 –Dance With The Devil-」



では、また。


コメント

店名にツッコんでください301

2022-11-25 | laugh or let me die
店名にツッコんでください301
コメント

『真夜中の密室』ジェフリー・ディーヴァー

2022-11-23 | books
他人の家の鍵を開け侵入するロックスミス事件の謎。攻撃されるメディアグループ、煽情的なフェイクニュース。別件の失態で捜査に表向きは参加できなくなったライムが明かす謎。

面白かった。最近のディーヴァー作品は長くて飽きてしまうことが多かったが、本作は飽きずに程よい緊張感を保ちながら読めた。動機にも無理がない。

 

今日の一曲

YOASOBIで、「好きだ」



では、また。


コメント

『かんむり』彩瀬まる

2022-11-21 | books
アパレル勤務の光、夫虎治と出会ったのは中3の時。以降、高校時代や就職してから、子供が産まれてから。時間を行ったり来たりしながら長い結婚生活を描写する。

すごく面白かった。245頁しかないのに中身が詰まってる。子供の教育方針や根本的な考え方の違いに気づいたり、自分の選択に後悔したり。リアルな内面描写が突き刺さる傑作

 

今日の一曲

Vaundyで、「忘れ物」



では、また。


コメント

『イオカステの揺籃』遠田潤子

2022-11-19 | books
建築家英樹の妻美紗が妊娠した。バラを生き甲斐として暮らす義母恭子はベビー用品を買ってあげると大量のLINEを送ってくるようになり、まだ産まれぬ孫に異常に固執するようになった。いい人だが鈍感な英樹、全く家庭を顧みない恭子の夫。そして悲劇が勃発。

面白かった。従来の遠田作品とは違う、ホラーとミステリーが一緒になった感じ。超過保護過干渉の恭子の子供時代の思い出の怖さがまた凄い。

 

今日の一曲

藤井風で、「死ぬのがいいわ」



では、また。


コメント

『隠居すごろく』西條奈加

2022-11-17 | books
他人に厳しい糸問屋の徳兵衛が隠居した。人情に篤い孫が持ち込む難題に関わっていくうちに、徳兵衛自身も別人のように生まれ変わってゆく。
 
ここ数年のベスト。文章に無駄がない、江戸の暮らしがリアルに感じられる、ストーリーが何層にも分かれ先が読めず、登場人物が魅力的。最高

 

今日の一曲

Arctic Monkeysで、"There’d Better Be A Mirrorball"



では、また。



コメント

『キリングフロアー』リー・チャイルド

2022-11-15 | books
元憲兵のリーチャーがアメリカ各地を放浪していてたまたま訪れた街のカフェにいると突然逮捕された。殺人事件の容疑が晴れると、実は殺されたのが、 財務省に勤める兄だと分かる。不穏なことが進行中の街で捜査に参加すると・・・

面白かった。シリーズものでずっと手を出していなかったのだけれど、新作の評価が高いので、第一作から読むことにした。

ハードボイルド+ミステリー+アクション。ラスト近辺のアクションがだれなくて良い。(どうせ主人公は助かるんでしょ?と思うと無駄に長いときがある)シリーズの別の作品がトム・クルーズ主演で映像化されたのも頷ける。

 

今日の一曲

Måneskinで、"THE LONELIEST"

 

では、また。
コメント

『砂糖の世界史』川北稔

2022-11-13 | books
砂糖を中心に、プランテーションや奴隷制、穀物法など16世紀から19世紀辺りの歴史を説明してくれる。


岩波ジュニア新書だと侮るなかれ。大人の読書に耐えうる。非常に分かりやすく面白かった。


 

今日の一曲

東京事変で、「透明人間」


では、また。



 
コメント

店名その他ににツッコんでください300

2022-11-11 | laugh or let me die
店名その他にツッコんでください300
コメント (4)

『素数とバレーボール』平岡陽明

2022-11-09 | books
高校時代のへっぽこバレー部。アメリカで富豪になったガンプ君から500万ドル送るが代わりにみのるを探せという謎のメールが届く。気象予報会社でうつ寸前の慎介、女性恐怖症でグルメ雑誌編集者の新田、保険会社で不倫中の陽一郎、妻と不仲のツアーコンダクターのタクロー。

41歳、リアル悩み炸裂。面白かった。

 

今日の一曲

新しい学校のリーダーズで、"Pineapple Kryptonite"



では、また。



コメント

『歩きながら考える』ヤマザキマリ

2022-11-07 | books
パンデミック下で考えたエッセイ。頷けること多数。ウィルスに対して勝ち負けで語るのは変。共有を前提にしない関係の意味など。

この人と暮らすと本当に面白いだろうなと思う。自分の頭で考え、偉ぶらず、卑下せず。

 

今日の一曲

原由子で、「鎌倉 On The Beach」



では、また。


コメント

『キッズ・アー・オールライト』丸山正樹

2022-11-05 | books
子供問題に関わるNPO、元不良で今は不良たちを食い止める鳶職、祖母の介護で高校に行けない少女、ドラッグ、外国人差別・・・

現代の問題を詰め込んだ力作。政治家が読むべし。重たい話なのにすらすら読める。

いい人が多すぎるのが玉に瑕。世間にはこんにいい人が沢山いるのか、それとも汚濁した私の周囲には汚濁した者ばかりなのか。

 

今日の一曲

Adoで、「リベリオン」



では、また。



コメント

『渚のリーチ!』黒沢咲

2022-11-03 | books
大好きな麻雀のプロになった女性の話。

麻雀のことを知らない人には、七対子イーシャンテンと言われても意味不明だろう。麻雀好きからすると(私はルールは分かるが点数の計算が苦手)もっと詳しく戦術とかプロの考え方が知りたかった。


 

今日の一曲

RADWIMPSで、「人間ごっこ」



では、また。


コメント

『財布は踊る』原田ひ香

2022-11-01 | books
ひたすら節約に励み、ルイ・ヴィトンの財布を買えた専業主婦みづほ。しかし手放すことになった。そしてその財布の行く先を巡る連作短編集。

表紙はかわいいが中身はえげつない。詐欺、投資、風水、奨学金返済地獄など金にまつわる多彩な話。

すごく面白かった。コロナを含んだ最近の状況をうまくストーリーに織り込んでるのとラストに救われるこの感じ、さすが原田ひ香。

 

今日の一曲

Vaundyで、"CHAINSAW BLOOD"

では、また。

コメント