頭の中は魑魅魍魎

いつの間にやらブックレビューばかり

2019秋ドラマちょいとレビューその2

2019-10-15 | film, drama and TV
「同期のサクラ」・・・建設会社に入社した時に同じ研修グループだった者たちの物語。高畑充希が頭がかたいが正論を言う。冒頭、彼女は脳挫傷で意識不明だという9年後が描写され、この9年で一体何があったのかと想像する。まだそんなに面白くはないが、今後に期待。

「時効警察はじめました」・・・オダギリジョーが趣味で時効を迎えた事件を解決する。久しぶりに復活したけれど、以前と変わらないハイテンション、小ギャグの連発。事件そのものよりも小ギャグが好きだ。

「4分間のマリーゴールド」・・・救急救命士の福士蒼汰は血の繋がらない姉菜々緒に恋心を抱く。未来が見える福士は、彼女が28歳で亡くなると知る。テーマが何なのかまだよく分からないのと、姉の誕生日を祝う四人兄弟の仲の良さが不自然なくらいだけれど、先が気になる。

「俺の話は長い」・・・屁理屈ばかり言う生田斗真はニート、息子に甘い母原田美枝子と二人暮らし。口うるさい姉小池栄子、その夫安田顕、娘清原香耶の三人が家の建て替えで実家に3ヶ月暮らすことになった。清原が学校に行ってないとか、義父安田との関係がビミョウとか、仕事せず理屈ばかり言う生田とか、自分のために他人に荷物を捨てさせる小池とかポイントがあちこちにあって、それがいいんだか悪いんだかまだ不明。不思議な魅力はある風。

「ニッポン・ノワール ー刑事Yの反乱ー」・・・目が覚めたら捜査一課のマドンナ広末涼子の死体が。ここ数ヶ月の記憶がないハチャメチャ刑事は賀来賢人。第一容疑者として疑われ、命を狙われ。ちょっと無茶苦茶なストーリーだけれど、なぜか気になる。



今日の一曲

Maroon 5で、"Memories"

<iframe width="560" height="315" src=""https://www.youtube.com/embed/SlPhMPnQ58k" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe>

では、また。


コメント

店名にツッコんでください225

2019-10-13 | laugh or let me die
コメント

2019秋ドラマちょいとレビュー

2019-10-11 | film, drama and TV
「スカーレット」・・・戦後金のない父北村一輝、家族と信楽の町で知り合いの家で暮らす。三姉妹の長女は勉強は苦手だが絵を描くのが好きでしっかり者、後の戸田恵梨香になる、子役がなかなかいい。

「チート〜詐欺師の皆さん、ご注意ください〜」・・・警察に協力して詐欺師を摘発するチームがチート。本田翼はそのメンバーであり、また売れないアイドルもやってる。ストーリーよりもビジュアル優先気味。

「リカ」・・・小池徹平が外科医をしている病院に強烈なコネでナースとして入ってきた高岡早紀。彼の気を引くためにあらゆる汚いことをする。ホラー+ミステリー。なかなか面白い。

「シャーロック」・・・犯罪コンサルタントのディーン・フジオカが事件を解決。初回の医師死亡事件、あまり面白くなかった。

「まだ結婚できない男」・・・阿部寛は仕事は出来るが、性格に難があって結婚できない。そんな様をコミカルに描く。久しぶりに復活したけれど、やはり面白い。稲森いずみや吉田羊に対して彼が心を動かされるかと言うと、、(ビジュアル的にややビミョウど言うと怒られるだろうか、、)
だからと言って隣人の深川麻衣とまさかどうにかなるということでもないのだろうな、、、

「生田家の朝」・・・前作同様のテッパンの楽しさ。小さな息子が、母の尾野真千子に突然「おふくろ」と呼び始めるなど、ありそうで笑える設定がものすごく巧い。


今日の一曲



では、また。


コメント

『落日』湊かなえ

2019-10-09 | books
長谷部香は映画監督。小さい頃隣に立石一家が住んでいた。。引越した後、立石家は息子が父母、妹を殺害した。甲斐千尋は脚本家の卵。立石家の妹沙良とは同郷で、彼女のことを多少は知っていた。監督からその事件のことを訊かれ、脚本を書くよう依頼される。監督がこの時間に拘る理由は、そして真相は・・・

人物の描き方に、初期の湊かなえっぽい硬さはあるものの、ラストで明かされる真実にはなかなか驚かされた。 

自分が見ている他人は、実は全然違う人なのかもしれない。

 


今日の一曲

Joe Bonamassa & Beth Hart で、"I'LL TAKE CARE OF YOU"



では、また。


コメント

『百舌落とし』逢坂剛

2019-10-07 | books
「百舌事件」を通して多くの者が死んだ。生き残りの倉木美希は警察庁から公共安全局へ出向、大杉は相変わらず探偵をしている。同志の東部ヘラルドの残間が何者かに拉致され、民政党の幹事長三重島の悪事を記事にするよう脅される・・・

ううむ。勿体無かった。

前の作品の続き的側面がかなり強いのだけれど、すっかり忘れているので、分からないことが多すぎた。新しい事件も起こるのだけれどもやはりねー。

百舌シリーズは、もう少し時間をおいて最初から読み返したい。

 


今日の一曲

Manchester Orchestraで、"The Silence"



では、また。


コメント

『AI vs 教科書が読めない子供たち』新井紀子

2019-10-05 | books
人間がAIにとってかわると思ってるけど、AIに出来ないことは多い。しかし、AIが代わりに出来る仕事は今後取って代わる可能性が極めて高い。という話と、著者はAIを東大に合格させるというプロジェクトを進めていたので、その過程で、中高生の学力調査も行っていた。そこで分かったのは・・・

これは本当に面白かった。

大学生の数学基本調査で、「偶数と奇数を足すと次のうちどうなるか?その理由も説明せよ a:いつも偶数になる b:いつも奇数になる c:奇数になることも偶数になることもある」 正解率は34%しかなかったとのこと。

中高生の問題では、文章は教科書と新聞のものを使用して、「仏教は東南アジア、東アジアに、キリスト教はヨーロッパ、南北アメリカ、オセアニアに、イスラム教は北アフリカ、西アジア、中央アジア、東南アジアにおもに広がっている。 
この文脈において、以下の文中の空欄に当てはまるのは?
オセアニアに広がっているのは①ヒンドゥー教 ②キリスト教 ③イスラム教 ④イスラム教」で、
全国中学生の正答率は62%、高校生は72%。中学生の3分の1が正解できないという驚くべき結果に。

また、「Alexは男性にも女性にも使われる名前で、女性の名Alexandraの愛称であるが、男性の名Alexanderの愛称でもある。
この文脈において、空欄に当てはまるのは? 
Alexandraの愛称は①Alex ②Alexander ③男性 ④女性」
中学生は38%、高校生は65%が正解率だった。

教科書や新聞の内容を理解できないわけであるから、将来ちゃんとした日本語でレポートを書かないとか、仕事のメールを理解出来ないということに当然なるのだろう。

小学校で英語を教えるとか、アクティブラーニングをやらせるとか、というようなこと以前にやるべきことがありそうだ。

また、名門の中学校に入れたから子供の読解力が向上するというよりも、名門の中学に入れるような時点で読解力はきわめて高いので、その後遊んでいても高3になってから勉強するだけで名門大学に合格出来る。というようなことらしい。


 


今日の一曲

The Rolling Stonesで、"Wild Horses"


では、また。
コメント

『罪の轍』奥田英朗

2019-10-03 | books

漁師としては半人前の宇野寛治、窃盗を繰り返し、礼文島にいられなくて東京に出てきても窃盗を繰り返す。宇野が絡んでいるのか、起きるのは元時計商業の殺害事件と、そして誘拐事件・・・

長い。読んでも読んでも終わらない。

そして、587頁もある本の半分くらい読み進むと起きる誘拐事件。なんか聞いたことのある話だな、吉展ちゃん事件のことじゃないかと思い至る。

完全なるオリジナルの物語でこれだけ重厚長大な話を描けるのなら凄いのだけれど、現実に起こった事件を翻案しているとなると、話は別。読んでいてもどうせ結末はああなるんでしょ?と予想してしまうわけで。

知ってる話なのに何度聴いても楽しめる落語のようなエンターテイメントもあるのだから、元ネタが分かっても純粋に楽しめることもあるのだろうけれど、ひたすら長くて面白くないわけじゃないのだけれど、正直疲れてしまった。


罪の轍

奥田 英朗



今日の一曲

Red Hot Chili Peppersで、"Dark Necessities"



では、また。
コメント

『希望の糸』東野圭吾

2019-10-01 | books
喫茶店の経営者51歳女性花塚弥生が殺害された。聞き込みすると、彼女を悪く言う人はいなかった。怪しいのは、妻を亡くし娘と二人暮らしの男性。彼女に好意を抱いていたようだ。何かを隠している。もう一人は元夫。最近弥生から電話があり会ったそうだ。こちらも何か隠しているようだ・・・

ううむ。素晴らしい話だった。

不妊治療がストーリーに大きく関わってくるけれど、それ以上は教えられない。

誰からも好かれる人がなぜ殺されたのか?隠している事実とは何か?読み進むと、ある種の感動がやって来る。とても良い話だった。


 


今日の一曲

Tom Misch feat. De La Soulで、"It Runs Through Me"



では、また。



コメント

店名にツッコんでください224

2019-09-29 | laugh or let me die
コメント (4)

『のっけから失礼します』三浦しをん

2019-09-27 | books
過去にはさんざエッセイで爆笑させてくれたけれど、久々に読むのは雑誌BAILAでの連載。だいぶしをん節は柔らかくなったかと思ったら、相変わらず。

宝塚に萌え、三代目J-Soul Brotherrに萌え、「ポーの一族」に萌え。慢性運動不足で、しょっちゅう風邪をひいている。というような日常を、巧妙な文体で綴る。

読んだ人と、あれどうよ?とか語りたくなる。


 

今日の一曲

Gary Clark Jr. で、"Don't Owe You A Thing"



では、また。



コメント

『クジラアタマの王様』伊坂幸太郎

2019-09-25 | books
食品会社広報、アイドル、都議会議員。夢の世界で繋がっており、向こうでロールプライングゲームのようなもので共同で、戦う、というような話。

ここ何年か伊坂作品とは気が合わなかったのだけれど、それらと比べるとだいぶ、読みやすくなった。 特に現実の世界で起きていることは面白く読んだ。

ただ、夢の世界で起きている方は、正直あまりよく分からなかった。


 

今日の一曲


日向坂46で、「ドレミソラシド」





では、また。


コメント

『イタリアン・シューズ』ヘニング・マンケル

2019-09-23 | books
離島に一人で暮らす元医師66歳。37年前に捨てた女性が突然やって来た。不治の病いに冒されているらしい。彼女は彼が昔連れて行くと約束した湖に連れて行けと言う。他人との関わりを極力避けてきた彼が、他人と関わるうちに・・・

他人の手紙を勝手に読むようなダメ人間が、段々と変わって行く。ダメ男の再生を静かな筆致で描く。なかなか良かった。


 

今日の一曲

米津玄師で、「馬と鹿」



では、また。


コメント

『老父よ、帰れ』久坂部羊

2019-09-21 | books
老人ホームにいる父が不憫だと、自宅で介護しようとする息子。しかし本人の楽観的な見通しに反して、認知症の老人の介護は簡単なものではなく・・・

おー。リアリティがありすぎるホラーのような小説だった。

しかもこのような家庭が日本中にあるのだろうと思うと、何とも言えない気持ちになる。介護の現実を知りたい人必読。


 


今日の一曲


The BossHossで、"Dos Bros"



では、また。


コメント

『ブラック&ホワイト』カリン・スローター

2019-09-19 | books
ジョージア州捜査官のウィル・トレントは潜入捜査中に、警官夫婦が襲われる事件を目撃する。犯人は殺害されたが、なぜ警官夫婦を襲ったのか。被害者の妻レナ刑事は、麻薬密売人で妹を殺害しているシド・ウォラーを逮捕しようと躍起になっていた。苦労して、アジトを襲撃するとそこには・・・ 警官たち続けざまに襲われる。レナの上司のデニース・ブランソンは何かを隠してる・・・

相変わらずカリン・スローターは素晴らしい。

警察によるドラッグ密売のアジト急襲は失敗に終わったことはすぐに分かるのだが、詳細は描写されず、ウィルの潜入捜査や恋人サラとの関係の方面が描かれる。ブランソンがやっと明かす場面では鳥肌が立つくらいよくできてると思った。そこから捜査がグイッと進んでいくわけで、そのグルーヴ感があるとても心地良かった。


 


今日の一曲

鈴木愛理で、"IDENTITY"



では、また。


コメント

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』ブレイディみかこ

2019-09-17 | books
英国ブライトンに住む著者の息子。カトリック系の小学校に通っていた。市のランキングでトップの学校だった。そのまま中学校に進めるのに、息子が選んだのは、いじめもレイシズムもある「元底辺中学校」だった。息子が、著者が息子を通して見た、中学校生活とは・・・

おー、読み終わるのが嫌だ、もっと読んでいたいなんて思うのは何年ぶりだろう。ものすごく良い、ものすごく面白い、ものすごく考えさせてくれる本だった。

・カトリック系学校の方が移民が多く、地元中学はホワイト・トラッシュと呼ばれるような白人労働者階級の子供が多く、後者の方が荒れている。

・サッチャー以降、公営住宅はほとんど建てられていない。

・一つの街の中ですら、貧・富、移民OK・移民NGの分断が明らか。(日本のどこかの街でそんなことあるだろうか?)

・「エンパシー」というキーワード。シンパシーは同情。エンパシーは、他人の感情を理解する「能力」

BREEXITとか、英国の、あるいはヨーロッパの「移民OK」VS「移民NG」だったり、自分とは違う他者を「受け入れる」VS「受け入れない」ということを、すごく身近な所で感じさせ考えさせてくれる。

表紙は若者向けっぽいけれど、多分お子ちゃまが読んでも分からないことが多いだろう。今、大人が読むべき教科書だ。

 

今日の一曲

Buddy Guyで、"What Kind Of Woman Is This"


では、また。
コメント