頭の中は魑魅魍魎

いつの間にやらブックレビューばかり

眠れない夜に出前一丁

2006-11-30 | laugh or let me die
コメント (15)

足の爪に異変がぁ

2006-11-29 | days

おい、見てくれ、右の親指の爪を。

どうしてなんだ?



腹黒いのは知っていたが、

腹黒いという名の腫瘍が



足にまで


いや・・・


足の先にまで転移したらしい





今日の教訓





黒いペディキュア
誰か
塗ったでしょ?






※追記:珍しく予告
明日俺が激しく痩せたという実話を公開予定。
そこのダイエットしたいガールズ、鉄拳!いや、必見!
てか、なぜ予告してるのだ?

今日の教訓ミニ

予告が 自分の を める
祖国が 自分の を める
コメント (13)

ドラえもんから学ぶ「タバコは○○を救う」

2006-11-28 | laugh or let me die

※だいぶ前に誰かに頂戴した。
コメント (5)

眠れない夜にはアイロンがけ

2006-11-27 | laugh or let me die


眠れない夜にアイスどか食いなどと言う
非生産的なことはやめて。

大化の改新して、いや
改心して。

なぜか生まれて初めてアイロンがけしてみた。

てゆうか、コードレスアイロンなんてもんがうちにあったこと知らなかった。

いやいや楽しいね!

しわが取れて・・・

しわわせー

なんちゃってー

スチームってやると、常軌を逸した蒸気が出てくるんだよ!
知ってた?

あれで、シューマイとか蒸すことできるんじゃないかな?

いやいや

ほんとに楽しい!

ミッドナイトにレッツ・アイロン!

趣味、アイロンがけにしようかな?

あはははは・・・

あはははは・・・






今日の教訓





淋しい




コメント (11)

ベガスをたずねて三千里(西部開拓のたび9)

2006-11-26 | travel


いやいやいや~

気づいたらもう9回目になっておりました。

話が進まねえだろ!ボケ!というお叱りを頂戴しておりますが、
前回までに3日分書いてるんですぜ。着いた当日、翌日、翌々日。
3日分だかの父島旅行を29回連載してしかもまだ最終回書いてないっていう
わたくしふるちんでございますから、むしろ

よく頑張って話を進めてる!エライ!と頭をなでてもらいたいもんです。はい。
あ、そんなになでると毛が抜けるので・・・


んなわけで、

(つづく・・・さようなら)(ふるちんフェイドアウト・・・)


(はいッ!こんにちわ)

前回アウトレットで買い物をしたと書いたが、そんなもん2~3時間で済むであろうと予想しておった。

しかし
6時間はいた。

il||li _| ̄|○ il||li

そのデザート・ヒルズを閉店時間に出発して、車ぶっ飛ばしまくったんだが、

ラス・ベガスは遠い。マジ遠い。

相当走って、あ、あの巨大なネオン群がベガスだ!
と思ったら、違った。たぶんネバダ州はカジノが合法だから、他の町でもやってるんだろう。

で、さらに走った。あ、自分の足じゃないが。


やっと遠くにこりゃ間違いなくベガスだ!


リンドバーグは言った。

「翼よ!あれがパリの灯だ!」


俺は言った。

「タイヤよ!あれがラス・ベガスでガス!」


で、出口を降りた。はずだった。

出口の名前はゴースト・タウン(実話)

やーな予感がしたんだが、出口手前だった。

il||li _| ̄|○ il||li

そしてさすがゴースト・タウン!
暗い!暗すぎる!なんも見えない!

街灯はないし、車も走ってないので、自分の車のライト以外ない。

いやいや怖かった。てかねー あんときに人がいたら間違いなく轢いてたね。
フリーウェイに戻りたいんだが、道が分からない。と言うより、どんどん離れて行ってる。そして誰かに道聞きたくても、


誰もいねえ
店すらねえ


んでもって軽いスティーブン・キング状態(ってなんだ?)だったんだが、なんとかこっちがベガスだろうと、見当付けて行って、たどり着いた。


ピンボケ込みで写真をどーんと。
全て車の中から撮影したものなので、過大な期待しないように。

まだ遠くにある、ベガス





やや近づいた。





なんかさーこの上の写真2枚見てるとなぜか映画「フレンチ・コネクション」連想するんだよね。違う街だったけど。


たぶんベラッジオ




MGM





なんだかよく分からない。






ベガスで予約していたホテル、インペリル・パレスに着いたのは

夜11時半だった。

il||li _| ̄|○ il||li

遊ぶ時間ねえよ。

しかもこの時間なのになんでチェックインカウンターこんなに並んでるんだよ。

結局チェックインできたのは深夜0時半。

酒を飲まないと眠れないので、ホテル内の売店で酒だけ買って飲んで寝た。

これが生まれて初めて来たラス・ベガスならキレるね(誰に?)


んな訳で拙者疲れたので、これにて終了。
文字が少ないが、写真をでかくしたので、縦にスクロールした量は通常通りだろう。



【決して信じてはならない予告】

次回からやや開拓風たび日記が始まる可能性は否めない。

【信じてもいい、読み返したふるちんの感想】

つまらない。

【そこはかとなく感ずる読者の声】

もう、いいよ。お前に旅行記は向いてない。やめとこ!




今日の教訓




あなたぁー
ボケてるんですからぁ
忘れない内に書かないと
いけませんことよぉ




コメント (9)

『バトンです(・∀・)』バトン

2006-11-25 | バトン
映画に命を賭けてる「カリスマ映画論」の睦月さんから送られて来た。

『バトンです(・∀・)』バトン

特にやりたくないのだが、そしてこんなに早くやるなんて俺らしくないのだが、祟られそうなので。

≪ルール≫
1.回ってきた質問の最後に「自分の考えた質問」を足して下さい。
2.終わったら必ず誰かにバトンタッチして下さい。
3.まとまりのないエンドレスバトンなので「どんな質問を加えてもOK」デス。
4.バトンのタイトルを変えないこと!
5.答えるのが面倒臭い問題は消してもよい。
6.ルールは必ず掲載しておいて下さい。



■最近ショックだったこと

自分のママがダイアナ妃じゃないって判明したこと

■身長何cm?

176センチメンタル

■今食べたいものは何?

ハーゲンダッツ・わさビーフ味

■今何時?

そーね大腿ねーえー♪

■あなたの弱点は?

ああ、そーですねえ

高いところにずーーと登ってくんですよね?
天まで。大変だな豆の木登るの

え?

ジャック天じゃないの?

(意外なほど女性の涙に弱い)
(意外なほど女性の二の腕に弱い)
(意外なほど背中を優しくなでられるのに弱い)


■最後に喋った言葉(実際に口に出して言ったこと)

おらごんなむらやだ!

■昨日の晩ご飯は?

シェフの今日のお奨め納豆かけご飯

■ブラインドタッチは出来ますか?

何も見なくても、真っ暗でもできますよ。

も~ たっちゃんたら~

あ?もちろん南ちゃんですよ~

■今どんな気分ですか?

このバトン送ってきたやつを〆たい。

■今どんなものを着てますか?

ビキニの上下。今日は水玉でーす。

あ、もー
ひもさわったら脱げちゃうー

■どの季節が好き?

やはりですねー

地球は実は三角だったとか、
人間は考えるアッシー君だとか
キリンの首が長いのは、覗き見するためだとか

ああ
奇説ですがね。

■住んでみたい県は?

有朋ですかね~
山県

■吉本の芸人、山崎邦正って好き?

ボコボコにしてる時のモリマンのホルスタイン・モリ夫は多少好き

■人類最強の格闘家は?

1.伝説の柔道家 木村政彦
2.なんと言っても牛を殺した 大山倍達
3.風船おじさん

■今のあなたの今の携帯の待ち受け画面は何?

げ!これはマジ秘密です。

■あなたの好きな(もしくはよく行く)映画館は?

書けねえよ。生息してるとこバレルじゃん。

■あなたがこれから公開される映画で観たいトップ3教えて!

・元祖天才バカボンの実写版(バカボンパパ=お笑いコンビずんの飯尾和樹)
・時計じかけのオレンジ2(キューブリックが生きてたらこう撮っただろうと21世紀版をよろしく)
・小説家逢坂剛の百舌シリーズの映画化

■あなたの得意技(もしくは誰にも真似できないようなこと)って何?

・ペンスピニング(別名:浪人回し)両手で出来る。通常の逆回転できる。
・女の子の連絡先を本人が無意識の内に教えてもらう。
・色んな「ながら」雑誌読みながら、テレビ見ながら、電話しながら、メール書く
・人の顔は一度見たら忘れない
・ブログの記事書くスピード
・神奈川県某所にある某急な坂。登った先が急な左カーブ。どんなスポーツカーであっても、この坂を追いつかれたことは一度もない。絶対引き離す。
究極にびみょー過ぎる物まねの数々。

ABCニュースのピーター・ジェニングズ
「エボニー&アイボリー」でポール・マッカトニーとスティービー・ワンダーを一人でやる
「なぜかスガシカオの歌をトライセラトップスが歌ったら」
「サザンのリードボーカルが松山千春になったら」
「さだまさしの『親父の一番長い日』フルコーラス顔真似付き」
「『タイム・トゥ・セイ・グッバイ』のサラ・ブライトマンとアンドレ・ボチェリのパート一人でやるというまだ一度も人前で見せたことがない危険なわざ」
「もしもセリーヌ・ディオンがホセ・カレーラスになったら」
「なぜか振り付きのスガシカオ『愛について』」
「『接吻』の一番がオリジナル・ラブで二番が中島美嘉」
「ラジオで下方面に走ったときの福山雅治」
「酔っ払ったBOAちゃんのダンス」
「高速コマネチを繰り出す『タッキー&翼』」


と、まー誰も分からないってやつだ(涙)

【ここからはふるちんからの質問】

■もしタイムマシーンがあって過去に行けるとしたら、どの時代のどこへ、そして誰に会いたいですか?

■バトン送る人たち

++caren's cafe++のcarenさん 送ってないのにやってくれたから
シンさんの偽哲学の小部屋のシン@偽哲学者さん 送ってないのにやってくれたから
noharmさん やってくれそうにないから
ヒゲと口紅とバルコニーのにっとさん 送っても怒らないから
「きららのきらきら生活」のきららっち 前に送ったバトンまだやってないから
「なんとなく生きている日々」のニケ屋さん なんとなくネタ切れのときに使えるかもしれないから


【コピペ用質問】
『バトンです(・∀・)』バトン
≪ルール≫
1.回ってきた質問の最後に「自分の考えた質問」を足して下さい。
2.終わったら必ず誰かにバトンタッチして下さい。
3.まとまりのないエンドレスバトンなので「どんな質問を加えてもOK」デス。
4.バトンのタイトルを変えないこと!
5.答えるのが面倒臭い問題は消してもよい。
6.ルールは必ず掲載しておいて下さい。
■最近ショックだったこと
■身長何cm?
■今食べたいものは何?
■今何時?
■あなたの弱点は?
■最後に喋った言葉(実際に口に出して言ったこと)
■昨日の晩ご飯は?
■ブラインドタッチは出来ますか?
■今どんな気分ですか?
■今どんなものを着てますか?
■どの季節が好き?
■住んでみたい県は?
■吉本の芸人、山崎邦正って好き?
■人類最強の格闘家は?
■今のあなたの今の携帯の待ち受け画面は何?
■あなたの好きな(もしくはよく行く)映画館は?
■あなたがこれから公開される映画で観たいトップ3教えて!
■あなたの得意技(もしくは誰にも真似できないようなこと)って何?
■もしタイムマシーンがあって過去に行けるとしたら、どの時代のどこへ、そして誰に会いたいですか?


コメント (15)   トラックバック (6)

フランス映画「Camping」

2006-11-25 | film, drama and TV



機内映画レビュー第四弾。今回はフランス映画。

全米で公開されてるのか不明だが、日本ではやってないと思う。
そして今回は英語字幕のお世話になった。

ストーリーは:

「毎年夏になると常連達がいつもやって来るキャンプ場。夫婦で来る人、家族総出。にぎやかで楽しいキャンプ。そこへ車が故障して仕方なくキャンプするはめになる、美容整形外科医とその娘。恋愛あり、友情ありのお気楽コメディ」

正直に言って、
全てきちんと理解できたとは言えない。出てくるフランス語が早口なので、字幕も早い。なんとなく、理解した程度だろう。

そして一人も知った顔の役者がいなかった。

しかし、これなかなか面白かった。

設定が、ただキャンプしてるおじさん、その他の話なので、逆にストーリーの先が全く読めない。

整形外科医は、全くキャンプなどしたことがない、しかもジェームズ・ボンドと同じアストン・マーチン(の古いやつ)を乗り回すキザ男なんだが、周りの純朴ないい人たちに囲まれて、ちょっといい人になって行く。

メインのストーリーがこれ、って言えないパラレルに色々絡んでくる。

ドキドキわくわくはないけど、安心して見ていられる、そして安心して笑える。

そんな映画だった。




コメント (2)

YouTubeでこころを打たれた一本

2006-11-25 | poetic inspiration



「ボクサー」という寺山修二が監督した、映画の冒頭の3分間

たったそれだけなのに、

なぜか胸の奥の方がきーんと音を立てた。



コメント (10)

「カリスマ映画論」睦月が怪しいこと書いてた

2006-11-24 | バトン
「カリスマ映画論」の
『バトンです(・∀・)』バトンから無断引用す。

面白いから。リンク元読んだ方が面白いので、多少伏字を。


どうも。『カリスマ映画論』の睦月です。

数日前に睦月の心のバイブル『ロングバケーション』のイッキミをしました。

今年入ってから4回目のイッキミです。


そんな睦月に『ふるちんの「頭の中は魑魅魍魎」』のふるちんさんは、「ロンバケがいいドラマだったことは、がっつり認めますが・・・睦月さんが××××にならないことを祈ります(笑)あるいは○○○○○・・・」と言いました。

たしかに、いまだに10年前のドラマにしがみついている自分はちょっと・・・自分でも心配になりますが(苦)、自らを「ふるちん」と名付けてしまったふるちんさんのことも心配です(笑)。

せめて『△△△△』とか、『■■』とかにした方が良かったと思います。




うーむ。色んな意味でうーむ。

しかし・・・(以下当該記事の拙者のコメント参照のこと)




今日の教訓




ずれ子 =
睦月だということは
まだ言えない



コメント (5)

丸の内の夕暮れ

2006-11-24 | days
コメント (4)

俺はどこにいるんだ

2006-11-24 | poetic inspiration


夢を見た


気がついたら砂漠にいた


前を見ても誰もいない

隣を見ても誰もいない

振り返っても誰もいない

どこに向かっているのかわからない

どこを通って来たのか分からない

広い砂漠で一人ぼっちだった



目が覚めた


ふと、自分のことだと気づいた

どこにいるのかわからない

どこに向かっているのか分からない

空虚な自分

空虚に過ごした時間

俺は今どこにいるのだろう・・・





Left In A Desert

Dont't Know Where I Am

What I Know Is, That

I Still Haven't Found What I've Been Serching For..... Years and Years

Tears and Tears.....












※追記
どうしてコメント欄が自分の見た夢発表の場になっているのだろう・・・



コメント (9)

Mr.ラルフ・ローレンは俺を『おんな』にしたわ(西部開拓のたび8)

2006-11-23 | travel
ダニエル・パウターの「バッド・デイ~ついてない日の応援歌」を聞きながらお送りする今回・・・

前回地図でお茶を濁した。
さて
今回は何でお茶を濁すのか・・・

おいおいまた濁すのかよ。

さて、


LAでショッピング・アウトレットに当然寄ろうと思っていたら、Aさんの奥様B子さんに、ベガスに行く途中にデザート・ヒルズというアウトレットがあると言われた。

前回の地図はここ
ピンク線の先っちょの方だ。

「途中なんだから、そこに寄りなさいよ!」とのこと。彼女もそこに行くと、バカ買いしてしまうとか。

なので、アとかウとかが着くものには目がない私が行かない訳もなく、行った。車ぶっ飛ばして。

朝、早く出て、そこのアウトレット寄って、で夜はベガスで少しすごせるであろう。前にベガスに行ったときは、クラブには行かなかったので、今回は某ベガス在住のすっげえ美女C様のアドバイスで、どこのクラブに行くか見当も付けておいた。Cさま、ありがとう。てか、電話もしないでごめんね。

そのアウトレットまでぶっ飛ばしのときになんかあった気がするが忘れた。

絶対忘れると思うので、書いておくと、最高は105マイル出した。1.6を掛ければキロになる。さすがに日本の中央高速下り方面、しかも下り坂でついスピードがでちまうところですら、出したことないバッケン・レコード更新してしまった。ここアウトバーンじゃねえよ。

なぜそんなスピード出したか?

・急いでたから
・ハイウエイパトロールに捕まって、スタスキー&ハッチに会いたかったから
・国際免許なので、罰金の催促がまさか国外まで来ねえだろう

実はこの3つとも正しい。3番目は俺が推察したんだが、Aさんに聞いたら、実際国外のやつはキップ切られても、そのままばっくれるやつがいるらしい。

なので
いつでも捕まえてチョーダイ!気分だったことは否めない。

車関連は興味ない人もいるだろうが、無視して気が向いたらまた、書く。一応、カリフォルニアの運転てどうなの?大丈夫?は書く予定。



ずこーんとすっ飛ばして、



デザート・ヒルズに到着。

系列は確かプレミアム・アウトレットというやつで、御殿場とかと同じ系列だったと思う。

※注意:
俺のブログは、「役に立たない」をモットーとしているので、特にお役立ち情報を提供するつもりはない。従って、ご自分の旅の参考になればなったでよいが、参考にならない可能性が高い。また、情報については、うろ覚えの場合「確か」とか「たぶん」と書くので、実際に行く場合、事前に調べておくことを薦めます。



さて、買い物じゃあ!ショッピングじゃあ!

まあ、何やら色々買ったんだが、何買ったか忘れた。もしくはもう使ってる。
もしくはもう人にやってしまった。

うーむ。本当に何買ったんだっけ?

時計買ったな。んー、何か靴買った。んー、あれはアウトレットじゃなかった。そうだ、ブーツ買った。しょうがない、特別に出欠を取る!じゃなくて出血大サービスでちょびっとだけ写真を。モデルはいつもの方にお願いした。この方が自己紹介してたのはここ







さて、

近年思っていたことがある。ナイキやアディダスのショップに行くといつも思うのだ。それは、

レディースのもんがすっげえええやないの。ジャージなんて復刻版とかかわゆいんちゃう?Tシャツもバリバリエーションでえ、ええ感じやなあ。しっかしぃそれに引き換え券、なんやねん!メンズ!だっさいジャージしかあらへんやないか!おとこをなめとんのか!ぐぉらあ!いてこましたるでぇ!
え?わしがアディダスジャージ着とるって?三本線どんだけもってんねん、て?まあ、ええやないの。


と言う様なことを、実はやや真剣に思っていた。靴は別とすればナイキもアディダスも、最近ではPUMA、コンバースだってレディースの物の方が充実してる。

ちっ、女に生まれたかったぜ。

おいおいジャージとTシャツのためだけかよ!

この一見無駄風な前振りも意味が出てくる。



何気なくラルフ・ローレンに入った。

※閑話休題:
俺は特にラルフのファンではない。女優黒谷友香は好きだが、馬に「ラルフ」と「ローレン」とつけるのはいかがなものかと思う。

最後にラルフ買ったのいつだろう・・・
記憶にある人がいるだろうか?
むかしエラク流行ったファッション・・・

それは、紺ブレ

ボトムは覚えてないのだが、紺のブレザーにラルフ・ローレンの白いシャツを合わせるというのがもう国民の三大義務の一つになった、ってぐらい流行った。

特に流行に流されたくはないのだが、当時(いやいやながら)付き合っていた女性が、ラルフの白シャツ買いに行こう!ってんで、確か新宿の伊勢丹だかに行った。すると、


「予約待ちです」


_| ̄|○  なんであんなもん予約しなきゃいけねえんだよ!


「あたし、予約しまーす!あなたも予約しなさいよ!」


_| ̄|○  俺、いらねえよ・・・


しかしまー、そこは大人の社交術?恋愛のお行儀?的に、ようは流されて、買った。着た。ブレザーも。そして、たぶん1年かそこらでブームは過ぎ去り、そしてたぶんその辺りで恋愛のブームも過ぎ去り・・・

と言うのが、マイラスト・ラルフだ。いま、懐かしいとつぶやいた方はいるかな?



で、

店内をぐるっとした。メンズのシャツ。でかい!なんだこの変ストライプは!パンツもデカイ!でかすぎだよ!ま、アメリカンだから下かないか、いや仕方ないか。

と、デカイ&変 なので、猛烈に興味を失った。

店を出ようとした瞬間、ショーウインドーが目に入った。

黒いシャツ。ウエストをかなりシェイプした無地。
どっから見てもレディース。

ああ、あんな感じのメンズはなぜないんだ・・・



それから、数分後・・・


なぜか、

そのシャツを





試着してた。
俺。



さすがに、ウエストシェイプしてあるやつはキツイ。ダメか・・・


ん?待てよ?あそこにあるシャツ・・・薄いブルーでいい感じだ。




あっと思ったら、






試着してた。

思いっきりレディースコーナーで。

レディースに囲まれて。




おいおいちょっと待てよ!
これ、すっごくいいじゃん。XLだったらサイズちょうどいいぞ!

と思ったら、店員が擦り寄ってきた

「お客様?これはレディースなのですが・・・」

「知ってるよ」

「あ・・・それなら・・・」

そりゃ店員もビビるだろう。こっそり試着室じゃなくて、店内で堂々と、レディース試着してる俺。たまにエビちゃんになるが、そんときはメンズふるだったから。

気がついたら、気を失って、そして目覚めたら、








大人買いしてました。
この一番上のパーカーはなかなかのお気に入り。こういうのってなかなか見つからない。いわゆるヨット・パーカー的厚めコットンでもなく、ジャージでもなく、なんつーの?てろってした感じ。しかも薄手。探してたら、まさかラルフ。まさかレディースで見つかるとは。

そしてなぜか、








色違いで買ってしまった。

俺は中西哲生か?辺見えみりにふらたのか?

なんで男が?
おまえ、アホか?

という指摘はごもっとも。

しかし、サイズもレディースの大きいやつなら、男性でも着られる人もいるだろう。日本で売ってるラルフ・レディースは無理かな?知らない。試したくない。
サイズがあるのなら、後はデザインだが、前に述べたように、レディースの方が、少なくとも俺にはシンプルで好きな物が多かった。

ので、

タイトルに偽りなく、
ラルフ・ローレンで俺は、

「おんな」になったのだ。 なったのよ。 なったのかしら♪
もちろん、ミニスカートとタイトでスリムなブーツも合わせたわ。この冬はこれできまりんこ!


まあ、なんとなくただでさえ存在しない女性ファンが引いていくのが見えるが、
ま、事実なので。面白ければいいので。面白くないのなら・・・許して。

そうそう、ふるちん、実は140センチなんじゃねえの?という疑問もあるだろうが、
そして身長体重スリーサイズは乙女なのでひみつだが、
日本でメンズを買ったらLサイズだという極秘情報だけ教えてあげよう。


と途中まで書いていたら、と言うより前にこの話をしたら、某が面白いことを教えてくれた。

ユニクロが出している「UNIQLO EXPRESS VOL.02 2006 October」に
俳優の永瀬正敏(CMにも出てる)がインタビューに答えている。
そこから引用しよう。2ページより引用。


「ファッションも僕の生活には欠かせないですね。洋服は気分を高揚させ、前向きにしてくれる作用があるんです。ところが、面白い服はレディスばかり、男の服って選択肢が少ないでしょ。レディスの服にはいつも嫉妬しますね(笑)。メンズの服には『何だこれは!?』という驚きはたまにしかありませんよね。昔から音楽が好きだったこともあり、ちょっと派手な格好をしたいと思う衝動があるんです。かつてはレディスサイズを着たこともあったし。


うーむ。同じことを考えていた男がいたのか。

しかも大好きな役者永瀬正敏・・・

さらに加速度を増して好きになってしまった。ちなみにTOKIOの長瀬智也じゃないぞ。小泉今日子の元夫だ。


てな感じで、もはや旅行記なんだか、買い物日記なんだか、無駄遣いの言い訳なんだか分からなくなって来たが、


本日は、これにて閉店。




今日の教訓



次は
ランジェリーだわ



コメント (13)

サンマから卵が!(携帯からこんばんわ)

2006-11-22 | days



いやいや~

こんなの初めて見た

てか すっげえラッキー

秋刀魚だけに

目からウロコが落ちましたー


え?

もちろん付け合せは

ウロッコリーでしたが、何か?


今日の教訓は

携帯からだとお休みですが、何か?

何か?






コメント (7)

おんなの気持ちがわからねえ

2006-11-22 | poetic inspiration
とある日のこと、


某おばかたんに、腕の筋肉見せびらかしたら

「きーもーちーわーるーいー!」

_| ̄|○ il||li ( → こいつはぶっ飛ばしたい )



某ずれ子に見せびらかしたら

「キモイ!コロス!」

il||li _| ̄|○  ( → 殺意の道へ )



某N子に、俺のバディで最も自慢の、腹筋の一番上んとこを強引に、触らせたら

「これ、骨でしょ?」
「違うよ。肋骨はこっち」 (と言いながら軽くセク腹的・セクハラモード)
「ほんとだ」
「で、力抜くと・・・こうで・・・力入れると、ほら!」

「ぎゃーーー!なによーこれー!堅くてキモすぎる!」

il||li _| ̄|○ il||li  ( → セク腹失敗 )



あーあ、

最近のおんなどもは

ダメだ!

分かってくれるのは

男だけ。

そう男だけ・・・・な・・・の・・・




今日の教訓


俺の気持ちが
気持ち悪いくらい
わからねえ



コメント (9)

とりあえず地図でもいかがですか?(西部開拓のたび7)

2006-11-21 | travel
BUMP OF CHICKENのチキン竜田揚げを食いながらお送りする今回、

いやいやいや~
しかし先に進まないねえ

てか、何が「開拓」のたびだよって話だよね。

と文句の一つも三つも言いたいあなた!

ご安心あれ!

「西部開拓」なんててきとーにつけたタイトルなので。

ただし、お気楽でない旅であることは確か。その一端が今回垣間見ることができる可能性はある(と書いてる時点で不明)(誰にも分からないのだ)

さて、

前日ロング・ビーチに行って、翌朝早起きをして向かう先。

それはラス・ベガス

2回行ってるので、特に行きたい訳ではないのだが、開拓に向かう前に、ここで一泊しないといけないのだ。ラス・ベガスまでLAから遠いよお。マジで。

ネットでいい地図探したんだが、ない。
自分が持ってる地図は見やすいのだが、でかいので、スキャナーに入りきらない。

ので、強引に地図を写真にしてみた。

これがLA全体の地図





真ん中上の方に、LOS ANGELESという文字が見えるだろうが、その辺りてきとーに全体。ロス・アンジェルスシティとそれをもっと拡大解釈したグレーター・LAという言葉もあって、東京23区と東京都みたいなもんだろう。たぶん。
下の方にあるLONG BEACHが行ったところだ。後は、上の方にハリウッドやらサンタモニカ・ビーチもあるな。

この地図を引いて撮って見ると、

どーん!





字は読めないが気にするな。このピンク線の先っちょの方に行くのだ、ベガス前に向かう前に。ベガスは上の黄色線のさらに上





バカみたいにデカイ街LAが、こんだけちっちゃくなるのだから、どれだけ遠いか分かるだろう。


いやいやいや~

地図マニアにはたまんないね。
今回。

え?
つまんない!

うるさい!ボケ!

この地図写真撮るのめんどくせんじゃ!

実を申せば、わざと地図から見切れるように、このたびで訪れた所を分からないようにするという、NASAもドクター中松もビックリのハイテクをテクテクと駆使したから疲労したのだ。

ま、次回から(たぶん)たびブログ「風」「もどき」を展開していく気持ちだけはあるので、次回をおたの染みに。染みぬきしとけよ。




今日の教訓




地図
それは
旅の「浪漫」
地図だけのブログ
それは
「放漫」


コメント (11)