漢方薬剤師の日々・自然の恵みと共に

漢方家ファインエンドー薬局(千葉県)
http://kampo.no.coocan.jp/

子宮内膜症の現実と治療選び・漢方併用がおすすめ

2018-06-25 | 婦人科・嚢腫・筋腫・更年期
不妊女性の25~50%に子宮内膜症がみられるほど、子宮内膜症という炎症症状は大きな問題です

激しい生理痛や排卵痛に鎮痛剤を多用しても根本治療にはならず、結果炎症を放置することになり
炎症を放置すると、卵巣や癒着部分だけでなくこれらに隣接する組織や体液まで
免疫的に過敏となり、さらなる炎症を起こしたり、精子へも攻撃を仕掛けてしまうのです。

西洋医学的治療はもっぱら、
ホルモン剤を用いて仮閉経させ子宮内膜の活動を止めて委縮させるやり方ですが、
その再発は早く、3か月ほどでもとに戻るとも言われ、しかも仮閉経後の卵巣機能は低下します。
またチョコレート嚢腫の摘出手術を行うと、卵巣の持つ卵子数が減る、
したがってどれも妊娠率は上がらないという結果がでています。

そのため、子宮内膜症で妊娠を目指す場合、
癒着を手術ではがして卵巣や子宮を動きやすくした後、できるだけ早く体外受精(IVF)を行うのが最近の傾向です。

(昨日の漢方研究会・子宮内膜症より)

なかなか厳しい現実が示されていますね。
そこで漢方的な対策です。
ポイントは炎症と免疫過敏状態を抑えることで、
特に生理時と排卵時にしっかり理気活血去痰の漢方を使うのです。
そして、体質の改善として補血活血を続け、子宮卵巣系の老化を防ぎます。
これにって、不快症状が減り、少しでものびやかに過ごせば、
体内もリラックスして炎症や免疫反応が落ち着きやすくなります。
どのような漢方を用いるかは体質によって異なりますので、是非ご相談ください
(たとえば爽月宝、水快宝、キュウ帰調血飲第一加減、田七などなど)

子宮内膜症にみられる症状など

漢方家ファインエンドー薬局HP
http://kampo.no.coocan.jp/
生理・不妊症・更年期・婦人科疾患のための漢方薬
http://kampo.no.coocan.jp/seiri.html
全国実力薬局100選子宝部門
漢方美肌づくり
http://kampo.no.coocan.jp/beauty.html
漢方家ファインエンドー薬局フェイスブック いいね!クリックどうぞよろしく
ジャンル:
きいてきいて
コメント   この記事についてブログを書く
« 茅花流し・南風に変わってム... | トップ | トウネズミモチ(花)・肝腎... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

婦人科・嚢腫・筋腫・更年期」カテゴリの最新記事