秋生のEtude

音楽も映画も舞台も大好き!トキメキと感動を求めて、思い立ったらGO!
好き勝手気ままな雑多ブログへようこそ!!

『朧の森に棲む鬼』 1/26 (金) マチネ

2007年01月27日 17時44分12秒 | 舞台
いろいろな方々の好評を聞いてはいたものの、予定が立たず、まったく予定になかった舞台でした。
でも、ここへきて突如、「悪い男」×「エンターテイメント!」というキーワードが、私の心情バイオリズムと、ドンピシャと重なってしまい・・・


劇団☆新感線『朧の森に棲む鬼』 2007.1.26(金)12:30 新橋演舞場

ライ         市川染五郎
キンタ        阿部サダヲ
ツナ         秋山菜津子
シュテン       真木よう子
シキブ        高田聖子
ウラベ        粟根まこと
サダミツ       小須田康人
イチノオオキミ    田山涼成
マダレ        古田新太


オボロの森で魔物たちに出会い“この国の王になる”ことを望み、その命と引き換えに取引するライ。
・・・「おもしれえ」
それから頂点に上り詰めるためには仲間を裏切り陥れ、その口先から出る真っ赤な嘘と、その言葉通りに動く“オボロの剣”で次々と邪魔な者を切り殺していくライ。狂気と野心と欲望が交錯し、暴走していくライ。
その先にあるものは・・・



・・・一言で言ってしまうと
すっごい舞台・・・!!
そんでもって、なんなの!これ!?
・・・きゃーーっ!カッコいいーーっ!!
ワルなのに!主人公のライは、すっごく心底ワルなのに・・・!!

新感線お得意の激しい音響、光のシャワー、のっけから圧倒されました。
とにかくなんといっても舞台が美しい!舞台美術から目がくぎ付け。
朧の森(=どよんとした、なんか出てきそうな不気味な感じ)も雰囲気あったし、
照明の効果も絶大。
もちろん登場人物も魅力的、最大限の持ち味を引き出していて、それぞれがはまり役でした。


ライ・市川染五郎
・・・ホントのところ、実は染五郎さん、苦手だったのです。おきれい過ぎて・・・(汗)
整いすぎてておもしろくないんじゃないか、とさえ思っていたのです(大汗)
でも・・・心底ワルの、悪五郎、もとい染五郎さんは・・・すっごくカッコよかった!!ほれぼれ~
(もしかして・・・私の基準、なにかがちがう??)
言葉巧みなウソを並べ立てオボロの剣を操って、どんどんのし上がっていくライ。
そのたびごとに、衣装も佇まいも態度も口調も、立派&横柄&傲慢になっていくのがわかりやすくて、見応えがあって。うまいよな~
最後の、威張り散らしてるあたりなんかゾクゾクするほど・・・(あれ?私ってMだったっけ?)
女性を相手に(どっちかといえば)力任せに絡むラブシーンも艶っぽくて納得できちゃったりして、ドキドキ。
最初は弱いという設定ゆえに、へっぴり腰だったはずの殺陣もどんどん上手く?なっていくように見せるその殺陣、本当にキマってる。カッコいい~~っ!!
そして、さすがの歌舞伎役者!キメのポーズがいちいち絵になっていてもう~
結論。・・・悪に染まる染五郎・・・私は激しく好みだーーっ!!

もちろんその他のキャストも見応え満点!!

キンタ・阿部サダヲ
舞台でははじめてでしたが、なんとそのフットワークの軽やかなこと!
ライを「あにきぃ~」と慕い、「おまえはバカだから」と言われても、ひたすらライに尻尾をふりふりついて行くピュアな心が健気で・・・ライに裏切られる場面はちょっとうるうる
元々腕が立つ、というキンタでしたが、目が見えなくなってからの殺陣の方が研ぎすませれていて、美しい。剣術というより舞のようで。
検非違使の姿で3人で踊る♪無駄無駄無駄無駄~
・・・なんだかジャニーズっぽくてアイドル仕様?かーわーいーいー

ツナ・秋山菜津子
・・・カッコいい~~っ!!
女ながらに検非違使の長を務め、エイアン国の四天王のひとりとして剣を振るうツナ。衣装も王宮調?女性的でもあり鎧装着のときはまた男性的でもあり。(むかし~息子と見ていたアニメの『天空戦記シュラト』を思い出した・・・)そして、きりりとしたハスキーなお声!「正義のために倒す!」と、荒くれの盗賊を成敗し、なのに亡き夫・ヤスマサ将軍の最期を思い、ライの言葉巧みな嘘に女心を垣間見せるその心の揺れ幅の演じ方の上手さ。
惚れちゃうな~

シキブ・高田聖子
いやー今日もハチャメチャおもしろかわいい!?お色気があってコミカルで、そのくせ結構深層心理は怖い?幼なじみのツナへのライバル心。
ライは、それに付けこみ甘い言葉でシブキを自分のものにしてオオキミを殺し、シブキも殺し・・・哀れではありますが女としてはその愚かささえもかわいいです。

シュテン・真木ようこ
この方も初めてです。見た目は細くかわいいフィギィアのお人形さんのように見えたけど、その地を這うような低いお声、渋くてステキ。殺陣も軽やかできれいでした。

マダレ・古田新太
以前『贋作・罪と罰』で見た時はやたらかっこよい役で“なんかちがう~”と思っていたのだけど、そう!!これこれ!この胡散臭~い悪い盗賊の頭役!!そう~こんな役がやっぱりいいのよ、この人って。そのふてぶてしさ、ぴったりです。
なのにどこかしら心のスキマというか、人間らしい心も残っていて、ツナが生き別れの妹とわかると、さりげに助けてしまっている・・・そのへんもいいなあ。


ウラベ・粟根さんはやっぱり、いい!!ここでもやっぱりメガネくんですが、違和感もなく(笑)しかも「目つきだけで人が殺せそう」と言われてましたが・・・どんな目つきだ??
サダミツ・小須田さん(一瞬、なるしーかと)とのコンビネーションいい感じです。ギャグの応酬は新感線のお楽しみ?
サダミツ「黄金色の饅頭が届いているが・・・おぬしもどうだ?」
ウラベ「えっ?・・・そ、それは、マズいだろう・・」
サダミツ「いや、見た目は悪いが結構旨いぞ」
ウラベ「・・・なんだ、普通の饅頭かよ!?」
あはははは・・・これって日替わりギャグ?
オオキミ・田山さんは、のほほ~~んとしたキャラで、へちゃむくれのシリコダマ?


とにかく新感線の舞台&キャストって、そのバランスが絶妙なんですよね。
笑いとシリアス、スピード感、観客を飽きさせず、惹きつけ、息もつかせない。
完成度が高い舞台ですね~・・・カーテンコールの染さまのお美しいお着替えまで含めて、120%満足です!!


あと・・・そう、印象に残ったのは
ツナに夫殺しの真相を知られ、居直るライのセリフ、

「オレを憎み殺そうとする女。
それこそこの世でもっとも純粋にオレの事を思っている女だ。
・・・オレの事で頭がいっぱいだろう?
・・・好きも憎いも同じことなんだよ。」

・・・う~~ん、ある意味、鋭い!・・・なんか納得してしまいました。


おそるべし!劇団☆新感線・・・どうしよう・・・DVD出たら買ってしまいそう・・・



おまけ・・・噂の「朧鬼弁当」(1500円)、幕間にしっかりいただきました。
美味でございました





コメント (14)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 胸キュンバトン | トップ | 映画 『ハミングライフ』 »
最新の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
良かったですよね! (ナッキー)
2007-01-27 18:50:05
私も三回見てしまいました!染五郎さすが、やはり華がありますね!小さい頃から舞台踏んでるし…キンタも良かった!ツナも!新感線はまりますよね!あ~こうやって観劇回数がどんどん増えてしまう(汗)三月のトミーもかなり期待してます!
観て後悔なし! (さちこ)
2007-01-27 19:53:38
私、2回観ました♪
ライ様、どんどん邪悪に。そして邪悪になるほど美しくなる。出演者もみーーんな良いし、美術もさすが!だし。
本当に完成度の高い、そして、満足度の高い作品ですよね。
DVD、、、同感です。私も買ってしまいそうです
終わっちゃった(泣) (くまのすけ)
2007-01-27 20:22:32
今日もまた行って参りました。朧の森に。

秋生さんのご報告を聞いた後、ドキドキして仕事になりませんでしたよっ(;^_^A

染ちゃんの黒の色気、よかったでしょう?今までの色気とは質の違う心底悪の色気がまた堪らなくそそられましたね。

DVDは絶対買いでしょう( ̄ー ̄)

あ、千秋楽はちょっとイロイロありまして、また楽しかったデス。

今日のレポは後でアップしますね(*^∇^*)

それではまたノシ
まさに! (ぽこ)
2007-01-27 22:26:34
秋生さんのそのフットワーク、素晴らしいです。楽しまれたようでなにより!それにしても盛りだくさんの舞台でしたよね。天晴れ
それと…
>天空戦記シュラト
これ、私実は昔ハマッてました。ツナってレンゲに似ているかもしれませんねぇ(←マニアック…)。
新感線マジック (秋生)
2007-01-27 23:12:19
ナッキーさん
私、新橋演舞場ははじめてでした。染五郎さん、花道を走る姿がさすがにキマってましたね~
・・・これぞ、地の利?(笑)
さすが、華があって艶があって・・・ドキドキしました。
あああ、私も早々に“月に2回まで”という観劇の“禁”を破ってしまいました・・・(汗)
でも・・・後悔してません。
『朧の森に棲む鬼』、満足のいく舞台でした!!
観劇とは後悔しないこと!? (秋生)
2007-01-27 23:27:02
さちこさん
>邪悪になるほど美しくなる
あのボロボロだったライが悪事を重ねるごとに、衣装も豪華になって人が変わっていく様は、わかりやすかったですよね。赤い直衣姿、素敵でした~
本当に、舞台美術よかったですよ~
雨の降らせ方も効果的だったし、最後の滝の水舞台もマイナスイオンがたっぷりで(笑)
計算されてますよね~そこが凄い!!
本当に完成度が高いと思います。そうそう満足度もね!
DVD欲しいですよね~
あのどこまでもワルのお美しい染さま・・・もう一度観たい~っ!!
この感動を貴女に (秋生)
2007-01-27 23:36:21
くまのすけさん
突然メールなどして・・・
いや~もう感動で~
悪い染さま、素敵でした。
そうなの!・・・なぜかしら、正義派のアテルイの時より、激しく嵌りました~
う~ん、本当に美しい男には“悪”が似合う!?
本日は千秋楽・・・ライ煎餅?はゲットできましたか?
レポ、楽しみにしてますよ~!!
天空戦記シュラト (秋生)
2007-01-27 23:56:09
ぽこさん
ぽこさんの「すげー」の一言にいても立ってもいられず・・・またまた“抑えがたい欲望”が~
偶然にも前楽?26日のチケットを譲っていただけることになって、すっ飛んで行きました(笑)
観ることができてよかったです!!
ありがとうございました!!

>天空戦記シュラト
きゃ~まさかこれに反応してくださるなんて!?
結構好きだったんですよ。子供向けアニメにしてはちょっとむずかしかった?と思います。
「~ソワカ」なんてサンスクリット語がいっぱい出てきて。
ビジュアルが美しかったですよね。
>ツナってレンゲに似ているかも
やっぱり!?ぽこさんもそう思う?レンゲ・・・カッコよかったですよね~・・・あらら、やっぱりマニアック(笑)

Unknown (hatti)
2007-01-28 01:21:14
DVDが出たら・・・というか出るのを
待っているhattiです(笑)
2回見る事ができましたが、もっと見たい舞台でした
秋生さんがおっしゃるようにまさにみんなハマり役
いい舞台でした~♪
TBさせていただきますね
DVD切望 (秋生)
2007-01-28 01:43:21
hattiさん
TBありがとうございます。
1回限り、しかも上手の席だったので花道は遠くて、あまりよくわからなかったんですよ。
真正面から観たかったなあ・・・
DVDで、ぜひぜひ、あのワルくてお美しい染さまを見たいです!!
染さまだけでなくみんな衣装替えが多い舞台だったから・・・DVDになったら、それだけでも幸せ、かな~


コメントを投稿

舞台」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

『朧の森に棲む鬼』1.12 夜の部 (hatti 元気の素 観劇 ミュージカル)
汐留の海劇場から、移動時間5分(笑) これは、地下鉄の時間だけだったか~ まぁ とにかく短い時間での移動完了でしたが、 いつもとは、地下鉄出口が違います。 一瞬 ここどこ?状態になり・・ おのぼりさん宜しく近く
『朧の森に棲む鬼』1/24  (セルゲイ通信)
1/24 18:30@新橋演舞場 新橋駅から適当に(いちおう地図見たけど、いつも迷う)歩いてたら、な