秋生のEtude

音楽も映画も舞台も大好き!トキメキと感動を求めて、思い立ったらGO!
好き勝手気ままな雑多ブログへようこそ!!

2019年『レ・ミゼラブル』 キャスト発表

2018年04月24日 22時09分28秒 | 『レ・ミゼラブル』
来年の『レミゼ』の第1次キャスト発表です。

ココ。

うわわ~~っ!!

シュガーくんがバルジャン!?
そして、理生くんと、伊礼くんが・・・ジャベール!?
・・・理生くん、きっと似合うだろうけど・・・っていうか、似合いすぎ

小野田くんがアンジョルラス・デビュー!!
やった!!海宝くんのマリウス&じゅんさんのテナルディエは、続投だっ!!

・・・ってか、女性陣には全く興味が薄いな、自分


コメント

中川晃教 Symphonic Concert 2018「Spring has Come」

2018年04月18日 23時24分26秒 | こっち向いてアッキー
家族の一大イベントを無事に終え・・・やっとアッキー解禁!!
・・・というわけで、行ってきました。

中川晃教 Symphonic Concert 2018「Spring has Come」 2018.4.15(日) 14:00開演 サントリーホール 大ホール

指揮  高谷光信
演奏  音屋室内管弦楽団


初めてサントリーホールへ行ったのは、一昨年の夏でした。
あの時は、あまりに前の席過ぎて、私の耳には、オケの迫力とアッキーの歌声がなんだかうまくかみ合わなくて
と、あの時のことを思いだして、今回は、あえての2階後方(ありがたいことに、センター)を選んでみました。・・・舞台まではかなり遠かったけれど、音は悪くなかったです。
オケのメンバーが現れ、着席すると、流れ出すパイプオルガンの音色・・・うわっ~~~「オペラ座の怪人」
サントリーホールなのに!?と思うようなラフな衣装のアッキー登場。(まあ、こういう既成概念もよくないっちゃ、よくないんだろうけど)そして、アッキーファントムは歌う。♪Sing for me~
太く雄々しい、オトナな声。普段は絶対観れない役を歌うアッキーがすごく新鮮。ラストのクリスティーヌの高音まで歌いあげてくれて・・・2役分?
その後のMCでロイド・ウェーバーに触れ、『キャッツ』の「メモリー」を口ずさんで、『エビータ』は♪泣かないで~アルゼンチーナーーと来るかと思いきや、「映画ではマドンナが・・・」と♪Like A Virgin〜とまた一節。・・・お茶目さん!!
全体的に、以前のような重厚感はなく、軽やかで、躍動感のあるステージだったように感じました。(オケの人数の差?)アッキー自身もリラックスして見えたし、オケの女性たちがパステル色のカラードレスだったのも、軽やかに感じた原因かな。
「春」「旅人」なんて、すごくのどかで伸びやかで、ほっこり感があって、ちょっと別世界へ行きかけた・・・
(昨夜、大風がすごくて、ほとんど寝れなかったせいもある
「Stereo Voice」
は、どうやってリズムを取るのか?と思ってたら、カホン!?
なかなかオケヴァージョンでは難しい曲だと思うけど、面白いアレンジだった。
「フタツ、ヒトツ」はストリングスが美しくて、やっぱり、耳に心地いい。

2部は、ミュージカルから3連発。モーツァルトもジャージーも、アッキーならでは。
でも、なんと言っても、フランケンシュタインの1曲は、本日のベスト1!!
迫力モンでした。
アッキーの歌声の存在感をひしひしと感じる圧巻の一曲でした。
次の舞台からの「銀河鉄道999」
宇宙の広がりも感じる。疾走感もあり希望に満ちてる。6月の舞台が楽しみ🎵

どの曲も、どことなく軽やかで、へんに力まず、無理もせず、自然に歌ってる感じがして、・・・なんというか、大人になったアッキーを感じました。

アンコールの「I Will Get Your Kiss」
本当に、何度聴いても、アレンジひとつでびっくりするほど新鮮で、やっぱりいい曲!!
最後のアカペラが始まった時は、
なんで、これ?って、しばらくは頭の中が真っ白。
でも、基本的にいい歌なので、聴き入ってしまったけど。

2階の後方席から聴いたからなのか、余りにも空いているホール全体が見渡せてしまったからなのか、オケの迫力の足りなさなのか・・・前回のサントリーホールのコンサートと比べると、いろんな意味で、ちょこっと寂しかった。



【セットリスト】
第1部
1. オペラ座の怪人(ミュージカル「オペラ座の怪人」より)
2. LISTEN
3. 春
4. 旅人
5. Stereo Voice
6.フタツ、ヒトツ Futa-tu,Hitotu
 
第2部
7. 僕こそ音楽(ミュージカル「モーツァルト!」より)
8. Can't Take My Eyes Off You(ミュージカル「ジャージー・ボーイズ」より)
9. 偉大な生命創造の歴史が始まる(ミュージカル「フランケンシュタイン」より)
10. 銀河鉄道999(「銀河鉄道999」~GALAXY OPERA~より)
11. ユーアーザスーパースター
12. 止まらない一秒
13. 相対性理論

アンコール
Enc1. I Will Get Your Kiss
Enc2. 若者たち




コメント

ウエディングの舞台裏

2018年04月16日 20時17分49秒 | 家族
我が家は3人兄妹ですが、一番上の息子は現在仕事に邁進中で、彼女の“か”の字もなく、娘その2も今のところ、それらしい出逢いがない・・・
唯一、付き合っている彼氏がいた娘その1が、この度結婚することになりました。

昨年の始めに二人から話があり、彼から正式に「娘その1さんと、結婚させてください」と言われました。
彼に「本当に娘その1がいいのね?」と確認し「絶対に泣かさないでね」と、念を押して、承諾しました。
それから、2か月後には、彼のご両親がやって来て、両家の顔合わせ食事会(結納の略式版みたいな感じ)をし、夏の終わりには、私が彼のご実家のおじいさまとおばあさまにご挨拶を兼ねて、娘その1の住むところへ遊びに行きました。
そして、二人は10月に入籍。
初めて、違う名前になった娘その1から手紙が来たときは、なんだか複雑でちょっと寂しかったです。

さて、それから今年の春に結婚式、と決めた本人たちは、初めてのことでさぞやたいへんだったでしょうが、私にとっても花嫁の母デビューは初めてのことで、いろいろ不安で・・・やっぱりたいへんでした。

大きな私(?)が着れる黒留袖はあるのか?・・・とりあえず、少しでも痩せなくちゃ
当日はせっかくのお料理を食べられるのか?・・・あ~めったに食べられないフランス料理かぁ・・・食べたいよぉ~
着物なんて、30数年ぶり・・・締め付けられて気分が悪くなったらどうしよう
etc・・・etc・・・

約ひと月前に新幹線の切符を予約して、当日は着物の着付けやらヘアセットやらで朝の準備が早いため、前日から前乗りして、式場近くのペンションに一泊しました。
前日の夜は、結構な雨が降っていて、どうなることか・・・と心配しましたが、当日の朝はさわやかに晴れて、ひと安心。
朝一番に衣装準備室に入った私と娘その2は、それぞれの係の方々にテキパキとヘアセットと着付けをしてもらい、私は貫禄ある(?)黒留袖姿、娘その2は華やかな振袖姿、と、あっという間にそれらしい(?)花嫁の親族に変身!!

その後、挙式の打ち合わせのために、私一人だけが仕度の整った娘その1と彼に先に会ったのですが・・・

きゃーーーーーっ
きれーーーーーい

実は、娘その1は、夏頃から何度もドレスの試着とフィッティングのために都内のドレスショップに来ていたくせに、「当日まで誰にもナイショ」と教えてくれなかったので、私もこの挙式当日、初めて娘その1のドレス姿を見たのでした。

しかも・・・うっそーーーーーっ!!まさかの、マーメイドライン!?

会うたびに痩せている娘その1が、ちょっと心配だったのだけど・・・通りで!!(ちなみにこのドレスを着るためにウエスト57㎝まで絞ったそう・・・私の半分なんですけど・・・

彼も白と少しグレイの入った配色のタキシードがよく似合ってる(いつもより男前が3割増し!)


その後、時間に合わせて親族紹介、家族写真撮影、とかなりタイムスケジュール通りに進み、すでに待機してくれていた参列者のみなさんと共に、みんなで教会へ。

私は、娘その1と共に扉の前で待機します。
なぜって・・・花嫁の母である私には、最大の使命があって・・・そうです。
教会の扉の前で娘その1のベールダウンをしてやり、その後、バージンロードを花嫁の手をとって一緒に歩きました。
緊張と、花嫁のドレスの裾を踏まないようにという不安(?)でガチガチしながら・・・
娘その1も緊張しているのが、私の手に添えた手から伝わってきました。
家族と友人と職場の上司や同僚が見守る中、ハープとオルガンの奏でる「アヴェ・マリア」が流れ・・・牧師さまのやわらかな声が響き(滑舌が良くて、まるで劇団四季の役者さんのよう)・・・映画のワンシーンを見ているような・・・挙式でした。
小さなブーケを持つ娘その1の手はずっと震えていました。
誓いの言葉のあと、指輪の交換をし(これが、なかなかスッと入らなくて、ちょっとハラハラ
結婚の署名をし・・・その時に流れてきた「アメイジング・グレイス」のハープの音色につい涙があふれてきました。
挙式の後、教会の前で写真撮影。
その後は、参列してくださった方々からライスシャワーを受けながら(本当にお米!)、中庭へ。
そこでブーケトスをして、さらにみんなと写真撮影。時間がたっぷりあったのがうれしかったです。

そして、披露宴会場であるホテルの会場へ。
・・・とても豪華な、そして愛にあふれた披露宴でした。
ボトルオープン、ケーキカット、ファーストバイト、来賓の方からのご祝辞、親友からの祝辞。それぞれのプロフィール映像が映し出され・・・私は娘その1が生まれた時のことを思いだしたり、幼稚園、小学校、中学校、高校、と成長過程を思い返して、懐かしく・・・
それと、二人がお色直しのために中座している間に、私たち家族は第二の使命!!それぞれの方々へのご挨拶周りをし・・・
でも、食べてる時間はないだろうな~とあきらめていたお料理も、ちゃんとしっかりいただけました
どれもすごくおいしかったです

お色直しをして再登場した二人は、まさかの和装!!
娘その1は赤い打掛け姿で、なんだか可愛らしい。彼の黒い羽織袴姿は、どこぞの棋士のよう(笑)
そして、友人たちの素敵な演出によるビデオメッセージ。なんかこれがとっても泣けちゃう。

エンディングは、花嫁の母である私に向けて、お決まりの花嫁からのお手紙が読まれ・・・
泣かないつもりだったのに、いろいろな想いが交錯して・・・やっぱり泣いてしまいました
二人からそれぞれの母たちは、大きな花束と記念品をもらい、彼のお父様、彼、と参列してくださった方々へ挨拶が続き、宴は幕を閉じました。
その後、会場の外でみなさんをお見送りし、最後は両家で「これからよろしく」と挨拶を交わしてお開きとなりました。


総じて、佳き挙式&披露宴になったと思っています。
こんな体験ができるなんて、私は幸せ者です。ありがとう、娘その1夫婦
これからも、この日の感動を忘れずに。
そして、参列してくださったみなさんと、この挙式&披露宴に係わってくださったスタッフのみなさんに心から御礼申し上げます。



               

コメント (8)

結婚式

2018年04月14日 13時21分41秒 | 家族



2018年4月某日、大安。

娘その1が結婚式を挙げました。


これから先の長い人生、彼を信じて愛して、二人で幸せになってください。

母は心から願っています。

コメント (2)

新着舞台情報

2018年04月05日 23時12分17秒 | 舞台
いろいろなところから、新着の舞台情報が届きました。

『キンキーブーツ』

一昨年、日本初演の時は見過ごしてしまって、その後、TVで映画を見たら、いや~すっごい面白い!!
観たかったなぁ、と非常に残念に思ったと、記憶してます
それが、春馬くん&小池徹平のW主演で、再び!!

2019年の4月~5月 東急シアターオーブにて。
行きたいなぁ。・・・××さん、いつかのお約束通り、ぜひご一緒しましょ

NODA-MAPの「贋作 桜の森の満開の下」

とにかくキャストがすごいっ!!
妻夫木聡 深津絵里 天海祐希 古田新太 秋山菜津子 大倉孝二 藤井隆 村岡希美
門脇麦 池田成志 銀粉蝶 野田秀樹
観たい。観たい。観たい。

東京公演 2018年9月1日(土)-9月12日(水) 東京芸術劇場プレイハウス
東京公演 2018年11月3日(土・祝)-11月25日(日)東京芸術劇場プレイハウス

・・・しかも、メンバーがすごすぎて、チケットが取れる気がしない

そして・・・レジェンド再び!!
『CLUB SEVEN ZERO2』
来年6月かぁ・・・行く。楽しいもん。


コメント