中小企業診断士 竹内幸次 経営ブログ

中小企業診断士 東京銀座 経営コンサルタント 中小企業経営者向け経営ヒント型ビジネス企業ブログ集 中小企業経営者ブログ

貼り付けとプレーンテキスト貼り付けの違い

2022年11月15日 05時23分55秒 | デジタル化支援・デジタル活用

中小企業診断士の竹内幸次です。今日は東京都瑞穂町の製造業のコンサルティング、東京都調布市のサービス業のコンサルティング、東京都渋谷区のサービス業のコンサルティングをします。

今日は貼り付けとプレーンテキスト貼り付けの違いについてです。

【貼り付けとプレーンテキスト貼り付けの違い】作成 中小企業診断士 竹内幸次

・中小企業の現場で意外と理解されていないことの1つに、「貼り付け」と「プレーンテキスト貼り付け」の違いがある。

・例えば、旧ホームページの記載事項をコピーして、新ホームページに貼り付ける際に、Google Chrome上で右クリックして「貼り付け」した場合、旧ホームページで使っていたフォント種類やフォントサイズ、背景色まで貼り付けられてしまう。貼り付けた箇所のみがデザインが異なるため違和感が生じる。

・他のウェブサイトやワードドキュメント等から貼り付ける際には、Google Chromeでは「プレーンテキストで貼り付ける」を使おう。プレーンテキストなので、旧ホームページ等で指定したフォント種類やサイズや背景色はコピーされず、純粋にテキスト情報として新ホームページ等に貼り付けることができる。

・これはGoogle Chrome等のブラウザに限らず、旧ワードファイルの文字を新ワードファイルに貼り付ける際にも同じ。ワードなら「テキストのみ保持」(Aマーク)として貼り付けよう。


▲旧サイト等から新サイトにコピー&ペーストする際にはプレーンで貼る

スプラムでは中小企業に即した現実的な経営助言を行っています。講演、コンサルティング等の問合せからご連絡ください。

2022年12月17日に講演「中小企業のデジタル活用」を群馬県内企業で行います。

関連記事:中小企業診断士竹内幸次の「貼り付け」をテーマにした企業ブログ記事一覧


スプラム感染予防ポリシー 詳細はスプラム感染予防ポリシーをご覧ください。
経営コンサルティングを希望される企業様へ
早朝から深夜まで年中無休で何でも経営相談できる顧問契約をお勧めしますが、公的機関の無料経営相談としてコンサルを受けられる場合があります。お気軽にお尋ねください。Zoom等のオンラインコンサルも可能です。 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム代表取締役 竹内幸次 https://ssl.spram.co.jp/
Certified Small and Medium Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2022 SPRAM All Rights Reserved. 中小企業診断士問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします。

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 価格転嫁という概念 | トップ | サプライチェーンの弱点を悪... »
最新の画像もっと見る

デジタル化支援・デジタル活用」カテゴリの最新記事