ブラックファイブ

あのDr.ブラックジャックの半分以下なので、ファイブとします。命燃え尽きるまで、経験と知識からブログをやろう。

“no abnormal condition”

2016-03-23 22:44:57 | Weblog
 今日の外来で診断書を希望された方、北欧フィンランドで何か活動をするために、英語の診断書を書いて欲しいと来られた。
 書き慣れてないので、中身によっては面倒そうと、ビビッていくと、中身はメチャ簡単だった。
 身長・体重・血圧・脈拍、そして、他に何か?とあるだけで、日本の診断書みたいに、胸部レントゲンや心電図、血液・尿検査は全く必要なくて、この最後の問いに答えるだけ。
 それでも、“異常なし”をどう表現するべきか、自信がなかったので、至急ネット検索をすると、“no abnormal condition、within limit 、good cndition、no problem ”等が出てきた。
 まあ、最初にでるのが一番かなと“no abnormal condition”で記入したが、こんな簡単すぎる診断書って役に立つのか、ただの形式にしか過ぎないように思えてしまった。

※ 共産党は、未だに破壊活動防止法(破防法)の調査対象であった。

コメント   この記事についてブログを書く
« バックグラウンドミュージック | トップ | いまだインフルかも »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事