麻里布栄の生活と意見

小説『風景をまきとる人』の作者・麻里布栄の生活と意見、加えて短編小説。

生活と意見 (第347回)

2012-09-30 21:41:54 | Weblog
9月30日


神保町の古本屋で、ひさしぶりに世界文学大系を1冊買いました。800円。安い。ドイツロマン派集。なによりヘルダーリンの「ヒュペーリオン」の手塚富雄訳が入っていたから。少し読んだけど、すごくいい。最近出た文庫の訳がしっくりこなかったのですが、さすが手塚富雄先生。高尚な感じがヘルダーリンに合っていると思います。ヘルダーリンについてほとんど知りませんが、発狂してしまい、後半生は狂人のまま生きたということです。気になりだしたのは、「有と時」を東京堂で予約して買った97年ごろ。ハイデッガーがヘルダーリンにこだわっているのを知ったから。その後、川村二郎訳の岩波文庫「ヘルダーリン詩集」の「私が子どもだった時…」を読んで、いま風にいえば鳥肌が立ちました。わかりすぎて。それで「ヒュペーリオン」を読んでみようと思い始めました。いま、仕事がなければ2週間ほどこの作品に没頭してみたいですが、小金の奴隷である自分にはかなわない夢。おのが非才のなすところとはいえ、クソのような人生です。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 生活と意見 (第346回) | トップ | 生活と意見 (第348回) »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ヘルダーリン (ねがさ)
2012-10-04 12:29:51
こんにちは!
初めまして「ねがさ」と申します。
ヘルダーリン全集を買われたのですね。

昔、わたしの付き合った人で、ヘルダーリンの詩に、いたく共鳴して自分自身をヘルダーリンに擬えていた男性がいました。

確かにヘルダーリンみたいに美男でした。

そんなことを思い出しました。

それでは!
Unknown (Unknown)
2012-10-04 16:54:43
>ヘルダーリン全集を買われたのですね。
世界文学大系のドイツロマン派集ですね。

すみませんでした。
何故か錯覚してしまいました。

緑色の手塚富雄先生の全集が印象的に脳裏に残っていたのかも知れません。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事