マリアテレジアの独り言

日々の生活の中で見つける・・
  小さな感動をつづります。

最後の山茶花・・・『聖書通読会・聖書100週間』 そして 『主を畏れる者は、誠実な友を見いだす。』

2019-03-01 14:00:00 | 聖書。聖書勉強会。教会。日常の信仰生活。

3月1日。金曜日。晴れ。『聖書通読会・聖書100週間』

   おもてなし・・・ 『山茶花』
  
    今冬最後の花となった我が家の垣根の山茶花。

毎金曜日は『聖書100週間』
玄関の『花』と『絵』を季節のものにして、お仲間をお迎えする。
     3月になった今日は『山茶花』と『びわ』。

今日も、穏やかで そして 凛としたお姿のお仲間をお迎えする。

     『類は友を呼ぶ』
信仰と聖書好きが、今日もお仲間を集める。その値打ちは計り難い。いとよし。有り難いことです。 

 

そして。

今日は3月1日。年間第七金曜日。 

『今日の第一朗読 シラ書』

『誠実な友は、堅固な避難所。 その友を見いだせば、を見つけたも同然だ。
       誠実な友は、何ものにも代え難く
 
  『稲を育てるように…育む友情』

        そのすばらしい値打ちは計り難い。
誠実な友は、生命を保つ妙薬。 主を畏れる者は、そのような友を見いだす。
主を畏れる者は、真の友情を保つ。 友もまた、彼と同じようにふるまうから。』
                     シラ書 6章5-17節


    『恵まれた人づき合いは自分の心が引き寄せる』

聖書100週間のお仲間は、主を畏れ主を愛する心の持ち主ばかり、『生命を保つ妙薬』、真の友です。
  ”健康に恵まれて、このお集まりを続けることができますように!”と、お仲間の祈りが続く。

   今日も、確固たる信仰に基づく、充実した時間が流れていきました。感謝!感謝!


皆様!
御訪問に感謝申し上げます。
はや3月を迎えました。一日一日を充実させて送りたいものですね。 お元気で!

コメント