マリアテレジアの独り言

日々の生活の中で見つける・・
  小さな感動をつづります。

11月30日

2012-11-30 17:20:24 | 私のこと
今日は、11月30日。 
今日を境に、2012年カレンダーが 残り一枚となります。 明日から12月です。

緊張します。

年を重ねた私は・・・
今、神に、『最期です!帰ってきなさい!』と言い渡される。。。としても…受け入れる年となり、一瞬一瞬が大切です。 無駄にできません。
休むのも良し。サボるのも良し。 その…一瞬一瞬を納得して、過ごしたいということだけなんですけどね。 一瞬一瞬が大切です。


カレンダーの残り一枚となる明日を迎える今日・11月30日・・・


私の、『納得の一日』、のご紹介です。

朝5時半:
起床と朝食。 
ゴルフ向う、ルンルン気分の夫に付き合って…早目の、ゆっくり朝食です
子供のようにゴルフを楽しむ夫を、最高のコンディションで見送ってあげたい。 心底そう思います。
夫も、年を重ねて、”一瞬一瞬を大切に過ごしたい!”と考えているはずです。 その一瞬一瞬を大切にしてあげたい。

  ・・・ 無事、クリア!

朝9時:
大好きなMy Carを、大好きな音楽を聴きながら、30分間・100㎞/h で、高速を吹っ飛ばしました 
                これも、納得の、大好きな時間です! 

  ・・・ 無事、クリア!


朝10時:
聖書講座。 マタイ福音書:4章12節~17節の講座。 6節だけの、数行の聖書の言葉で、1時間。 その後、質問受け付け と 答。

17節: 『悔い改めよ。』 キリストが、初めて、宣教活動を開始するときに言った、最初の言葉。 の講師の講義。

ここの『悔い改め』とは・・・
悪かった。至らなかった。・・・と。反省することではありません。 反省は、いつでも、誰でもできます。 悔い改めの一部にすぎません。


ここの『悔い改め』は
『本当の、真の悔い改め』です。
自分の心を神に向けることです。 簡単なことではありません。


それは・・・

日々の生活に追われている毎日は、神に心を向けることなく 終わってしまう日々です。 が・・・
それでも・・・
日々の生活に追われている毎日でも、完全に生活の雑務を置いて、神にのみ心を向ける時間を持つこと。 『退く』こと。 それが本当の悔い改めです。


イエスは、毎日、必ず、『真の悔い改め』を実行しました。  人から離れて、山に登り、『退き』ました。
同様に、 
イスラエルの民も、モーゼと共に、エジプト脱出を果たした時に、1年もかからぬ行程を、40年間も『荒れ野』でさまよい、『真の悔い改め』を経験したのです。


本当の悔い改めとは・・・
『荒れ野』に『退く』ことです。
『荒れ野』は、
隔離。禁欲。不自由。富も所有物もない。『持つ』世界ではなく、『ある』世界です。 
そこは、試練と浄化の場所です。 そこが、真の祈りの時間です。 神と出会う場所です。 真の自分の在り方を、確認する場所であり時間です。


『荒れ野での祈り』=『真の悔い改め』が、イエスの活動を内側から支えたのです。
イエス同様に・・・
私たちも、『退き』、そして『真の悔い改め』を実行しましょう!   との講義。 

    以上。 聖書講座というより…哲学の時間です。 講義の一部です。

  ・・・ 無事。 納得と大好きな時間を、クリア!

 
午後:
大好きな、聖書通読会。 納得と喜びの時間  で…一瞬一瞬を、無事に、完全クリア!


夜:
楽しいゴルフの時間を過ごして、ご機嫌な夫と…早目の、ゆっくり、夕食です


以上。
私の納得の、楽しく楽しく過ごせた11月最終日の、終了です。  お粗末様でした



そして・・・
ベットで読書。 大好きな本2冊。   再再再…読です

『TO HAVE OR TO BE?』 & 『The Art of Being』


おやすみなさい!

そぉ!そぉ!
素敵なものを今日発見! 

幹線道路に面した教会の  『馬小屋』。  幹線道路を走る沢山の車が、馬小屋横で停車した時に、見ていました!

『民は、大いなる光を見る。・・・・光が輝いた。』
                イザヤ書 9章1節



皆様!
ご訪問に感謝致します。 明日から12月。 素敵な師走のスタートをお切りください!





コメント

高齢化社会現象?

2012-11-28 19:56:41 | 日々のこと。
夫の、白内障手術日が、何か月か待ちで、やっと、決まりました。

「手術や術後のケアや諸々の説明をします。 家族の方とおいで下さい。」 病院からの連絡。

今日は
説明日当日。 病院に行ってきました。


地域の市立総合病院。
・・・いつもながらの、眼科も、大変な混雑。
10時の予約時間が来ました。
・・・「診察室ではなく、会議室にお集まり下さい。」 病院側の案内です。

   ”ええ~? 会議室?” 夫と私の反応。 


会議室。
一杯の人人人。
会議室の、半分の人数が手術当事者。 半分の人数が、私のような、同伴家族。 ということです。



   「説明を始めさせていただきます。」  病院側。


集まった患者は、数日分の、手術患者が集まった。ということのようです。
説明も、質問も・・・大人数のため、まとめて一緒に。 ということになりますよね。 当然です。


夫の質問:
「この病院での、白内障の手術件数は、年間で、何件位なんですか?」
病院側の答:
「1000件ほどです。」


私は、早速、計算をしました。

病院の眼科手術担当医は2人。 だと思います。

1000件÷2人=一人平均で、年間で、500件。
500件÷12か月=一人平均で、月間で、41,6666…件。
42件÷4週間=一人平均で、1週間に、10,5件
11件÷1週間に2日の白内障手術日?として=一人の先生が、手術日は、5~6人の白内障の手術をしている。 ことになりますよね?


すごい数字だと思いませんか?  私の勝手な計算です。 が・・・。


以上の数字は、
眼科医が、白内障の手術を週に2日していると設定しての 数字です。
他にも、いろいろの目の手術が あることでしょう。


となれば・・・
眼科医は、一日に、何件の手術をしていることになるの??????  驚いた私です


結論:
お医者様! 重労働の肉体労働に感謝します!  どうぞお体をお大切に!
夫様!  白内障は、高齢者の当たり前に通る道。ってことですね。 心配せずに当日をお迎え下さい!
世の皆様!  高齢化社会現象は、白内障の年間手術数だけでも、ここまで迫っているということです!


皆様!
ご訪問に感謝申し上げます。 その日まで・・・今日も元気でいましょう!



コメント

中休み・・・家族旅行

2012-11-27 15:29:04 | 旅行。海外旅行。
昨日・25日の神戸マラソンのネット上発表の写真が、2万人ともなると、滞っています。

写真発表を待つ前の・・・中休み。 一休み!一休み!

   紅葉に終わりを告げる前の、秋深き京都。
3連休の初日の23日に行ってきました。3連休初日の京都は、駅員さんが普段の3倍の人ですと言う、大混雑。


目的第一:
テレビで放映された、人気うどん屋での 昼食

    地下鉄2本を乗り換えて、うどん屋発見
店前に、何重にもなっての長蛇の列。 店中にも、二重になった椅子に、待ち客が並ぶ。
  2~3時間待ちか??と。並ぶも良し。 たかがうどん。 と。諦めるも良し。
考えて…迷って…。 諦めるのも良し! の結論でした。

近所の・・・

平安神宮の『神門』と呼ばれる     『應天門』    

高さ・18,43mの門をくぐれば・・・・


そこは・・・朱色に輝く    『平安神宮』

『平安遷都』を行った天皇であった、第50代桓武天皇 (737~806。在位:781・44歳~806・69歳)を祀る神社、として創祀された。


それから
374年の年月が流れ・・・

承4年(1180年)6月:
大河ドラマは、平清盛の全盛期。
清盛は、有力寺社に囲まれ平氏にとって地勢的に不利な京都を放棄し、一門の反対を押し切り、
平氏の拠点である国際貿易港の大輪田泊(現在の兵庫県神戸市)を望む地への、『福原遷都』を目指して、福原行幸を強行する。
     ご覧になりましたか? 25日の『平清盛』。 いよいよの終盤を!


時代が流れに流れ・・・
平成24年(2012年)11月25日:
政党乱立で、16党とか17党で、衆議院選挙です  見ものです!

いつの時代も変わらぬ・・・権力争い

ちなみに・・・
政治大好きな私は、必ず、選挙前に、自分の予想を立てます。 My予想と世論との合致具合を見るのが、楽しみなんです!



うどんがダメならと・・・

京都の緑にピッタリのハートランドビールでスタート! 
      『イタリアン』  

麦芽100%ビール。 ピッタリの つまみ。
   ・・・で 


政治の話で盛り上がり・・・


  飲みました!  飲みました!!

京都に来ても…ワインです。 好きもの家族です。 うまい


目的の第二:


夕方の    『銀閣寺』

『足利義政』が、鹿苑寺の金閣舎利殿を模して造営したのは、1490年(延徳2年)。


『平安遷都』。 そして時代が流れ…。  『武士の世』も、平清盛 から 源氏へ。 そして足利へ。と。
時代を見つめ続ける京都です。 魅力がいっぱいです。  


  美しい庭園

趣があります。  時代の流れを思い・・少々うるうると…


 上から眺めれば・・・

京都の歴史を感じさせる・・・
    手前の過去と奥の現代の 『京都の街』   大好きです



素敵な京都の一日も・・・


銀閣寺前参道で・・・    『串団子』

一日にも、権力に終わりがあるように、終わりがあります。


又ねと。



京都駅:    光色が変化する 『クリスマスツリー』


変化する日本の時代を見守る京都 での 家族旅行でした。


皆様!
ご訪問に感謝申し上げます。 残り少なくなってきました2012年。 お大切にお過ごし下さい!





コメント

神戸市民マラソン

2012-11-26 09:49:02 | ガーデニング・畑・自然
2012年11月25日(日)晴れ

    『神戸マラソン』

 当日を迎えました。
朝5時: 起床。 練習不足が原因のもやもやしていた気分も、すっかり晴れ!  ここまでくれば…開き直りの境地です
朝7時: Myラン師匠と最寄駅待ち合わせ。 私のランニング人生があるのは…師匠の支えです。 今日も感謝!感謝!


朝7時50分: 今日のつわものが続々・・・。すでに続々と。 集まっています


まずは・・・

気分を落ち着けるにも…体を1gでも軽くするためにも…『便所』  すごい列です


それから・・・

スタートTOP集団:『Aチーム』 先頭に並び・・・

最後のスタートグループ:『Hチーム』  まで。  延々と・・。 
 沿道を埋める…約2万人のランナーたち


感動です!!
 すごいエネルギー!  ”日本の将来は大丈夫!”  確信します


午前9時:   Start!!!

飛び出す・・・ 若者たち!!!  年配者たちも!!!  2万人!!!


ゴールを目指して・・・『Go! Go! Go!』

自己に克つために・・・『Go! Go! Go!』



   『やるぞ!』  

みなぎる闘志!!! 


フルマラソン距離:42,195km

神戸市役所前 ~ 鉄人28号 ~ 平清盛の須磨浦 
   ~ 世界一のつり橋:明石海峡大橋ここで折り返しです

走った道を…ひたすら戻り ~ 神戸初の埋め立て都市:ポートアイランド中で10㎞程
 ~ ゴールが待っている 『Finish!』 


途中:  大好きな 『須磨海岸沿い』 JRも一緒にラン!ラン!




神戸のヒーロー:ロンドンオリンピックマラソン選手:山本亮さん

今日の招待ランナーです。


折り返し:

前に進むランナーたち:左側

折り返したランナーたち:右側

みんなで
ひたすら・・・走る! 走る! 走る!
皆が
生きている喜びを感じるために・・・走る! 走る! 走る!


ばあちゃんアスリートの私: 
勿論の、オリンピック選手:『山本亮選手サイン入りランウエア』 で

  やりまっせ!!!   GO!GO!GO!!!

  結果はいかに????


皆様!
ご訪問に感謝いたします! 今日も、あなた様だけの Only Oneの人生を輝かせましょう!








コメント (2)

市民絵画教室

2012-11-24 17:28:17 | 絵画。写真。
 未熟な私の絵を、今日もお見せします。 お粗末様です

先週の市民絵画教室の:『酒瓶4種』   そして   今日、手を加えた:『酒瓶4種』

いかがなもんでしょうか?    未完成

緑の瓶と右奥のこもをかぶった茶色の瓶は、和物。 そして 他の2個は洋物のアルファベット付。
両者の、…らしさを出したいのですが・・・。  難しい。


今日・土曜日は、市民絵画教室です。
大先輩たちに交じって…素人は私一人。いつの日か私も先輩のように・・・。


『自信』は、どこから、生まれてくるのでしょうか?

  描くしかない。 常日頃からの多くのトレーニングからです。 それしかない。 分かっています。


「少し本格的に、技術を身につけましょう!」と、忠告を下さる先生。

「酒瓶のラベルも文字も、一直線ではないはずです。 少しカーブしているでしょ?」
「絵にカーブを描くのではなく…絵にカーブを感じさせるように描くのです。」  それだけ。


何事も、『自信』 は 『平常心』を呼びます。よね?

その『平常心』は、必ず、『勝利』を導きます。


明日は、とうとう、神戸マラソン当日となりました。
登山時の怪我に悩まされて…常日頃のトレーニングが足りていません。  で…自信がありません
自信がないので…平常心でいられません。  胸がざわつき…焦っています
 勝利の女神が笑ってくれるのでしょうか???  応援よろしくお願いいたします



皆様!
ご訪問に感謝いたします。 自分なりの『勝利』を積み重ねて…『自信ある自分』で輝きましょう




コメント

ボランティアの会

2012-11-22 14:00:00 | 聖書。聖書勉強会。教会。日常の信仰生活。
今日・第4木曜日は、月一の、手作りボランティアの会。

以下は、二時間程の、私と友人の作品、半分づつ、です。 大成功!

     『サンタさん』


     『クリスマスモニュメント』

真ん中の千鳥格子柄・・・フェルトを知恵の輪のように編み込んであります。お菓子が入ります


先月の会の様子も、ブログに書かせていただきました。 

そして数日前
NHKクローズアップ現代:『金さん銀さんの娘たち』を ご覧になりましたか?


銀さんの娘さんたち、姉3人は、90歳以上で、元気矍鑠。 
末妹だけが80歳後半。 その妹が、65歳で免許証取得、90歳の姉たちをあちこちに連れて行く。 姉たちはそれが大の楽しみ
最近の、姉妹の4人一緒の旅行は、新しくなった東京駅見学。 どんどん歩き…楽しむ4人姉妹の楽しそうなこと!!!


NHKクローズアップ現代:『金さん銀さんの娘たち』の 検証内容は、
  『何が、姉妹を健康で元気にしているのか?』

NHK番組の中での、検証結果…
  『毎日欠かさぬ、午後から夕方までの、姉妹4人でのおしゃべり』でした。
気の置けない姉妹同士のエンドレスの会話で、姉妹たちの脳細胞は、活発に働き続けます! 脳細胞が活発に真っ赤状態です!


今日のボランティアの会:  での 私の検証。
80歳台の3人。 みなさん元気矍鑠。 頭の回転も最高です。人並み以上です! 

  『何が、友人たちを、健康で元気にしているのか?』
エンドレスの物事への興味。 が第一要因でしょうか 
そして勿論 
今日のように、気の置けない仲間との、エンドレスの会話でもあるのでしょう! 楽しいです!

今日も…
手が、休まることがない
口も、政治から社会問題から新刊書の話題から…等々、休まることがない。 噂話は全くない。

偶然にも・・・
80歳台の3人共・・・楽器を始められました。
一人は1年前からピアノ。 一人は数か月前から琴。 一人は数年前から始めたオカリナで老人ホーム慰問までしておいでです。

楽器の話。 今の練習曲の話。一日に1時間以上は練習している。 等々。
いつか発表会を開きましょうと私の提案←ここまで来ると…楽器の話だけでもエンドレス。 という感じです!

80歳台友人お三人の共通点は・・・
手と頭と口を、活発に動かす。そして  幸いに、一城の主で、衣食住家計を自分で賄う。 ということです。


そして何よりも・・・
お三人共に、達観しておいでです。 悟っておられるというべきか? 結果…穏やかで優しい


ここまでです。
作品作りも、元気で長寿の検証も終えて、解散です。 また来月に!

さ~てと!
今日の作品を、教会の子供たちが喜んでくれるかな???  


皆様!
ご訪問に感謝申し上げます。 今日も、気心知れた仲間との会話で、脳を活性していきましょう!





コメント (2)

神を試す・・・

2012-11-22 10:08:03 | 聖書。聖書勉強会。教会。日常の信仰生活。
誘惑する者が来て、イエスに言った。

四十日間、昼も夜も断食した後、空腹を覚えられイエスに・・・
『神の子なら、これらの石がパンになるように命じたらどうだ。』
次に、
イエスを聖なる都に連れて行き、神殿の屋根の端に立たせて・・・
『神の子なら、飛び降りたらどうだ。『神があなたのために天使に命じると、・・・・天使たちは手であなたを支える』と書いてある。』
更に、 
イエスを非常に高い山に連れて行き、世のすべての国々とその繁栄ぶりを見せて・・・
『もし、ひれ伏してわたしを拝むなら、これらをみんな与えよう。』

イエスは、誘惑する悪魔の質問一つ一つに、お答えになった。

『人はパンだけで生きているのではない。神の口から出る一つ一つの言葉で生きる。』
『あなたの神である主を試してはならない。』
『退け、サタン。『あなたの神である主を拝み、ただ主に仕えよ』と書いてある。』


  今日は、聖書講義。
 以上のマタイ福音書4章1~12節。 のみ。
講師が、一方的に、自分の考え・解説を述べらます。


講師の、悪魔の誘惑を受けるイエスの箇所、解説。

①「神を信じるとは、あくまで神を信じること。 神を自分の思い通りにして、信じることではない。」 と。 

②「神を試す行為は、神を信じているのではなく、疑っているということ。 神を自分のために利用するということ。神を自分の思い通りにしていること。」 ですと。

更に、膨らませた解説。

◎イエスは、私たちに、『神を信じるとはどういうことか』 と、誘惑の場の対応で、教えられたのです。

人間は、自分の欲望を満たすために、神を求めるのではない。
人間は、神を利用することはできない。 神はあくまで神であり、その神を求めるのです。

◎自分の都合や願いの通りにしてくれれば・・神を信じる。という人間の思いは
神を信じるのではなく、
神が自分のために何をするか試す。ということであり、自分の思いで自分の神を作ること。です。

たとえ・・

◎パンが増やされて、増えたパンを食べたとしたら・・
人間は、神を信じる方向には行かず、
人間の更なる欲求を満たすために、神を利用して、神を試す。 ことになります。
悪魔の誘惑に負けた。ということです。 神を疑う=悪魔の目的 に屈した。ということです。 


そして結論:

◎人間が、神を信じるということは・・
神の奇跡を見て神を信じる。 のではなく 神であるから神を信じる。 ということです。
神の子であるイエスですら・・
神を試すことは決してしない。 神の御言葉に従うのみでした。 真の信仰の持ち主でした。


以上。
今日の聖書講義の要点でした。

そうだ!!  と。 妙に、納得でした


人間同士で信じ合うということでも・・
相手が何かをしてくれた。から信じる。 ということもありとしても・・・
相手の生き様や考えを知って…。 だから…信じる。 その人だから信じる!!ということが 多い。 ですよね

まししてや・・・
人間が神を信じるのは・・
神だから信じる。 それ以外なし。 神を試さなくても…全能の神であるから…信じる!!  ですよね


講義を終えて帰宅。

私の帰宅を待っていた夫:
「君の好きな新蕎麦を食べに行こう!」 と。

   期間限定:   新そば で 『どんぐり蕎麦』

手作りかき揚げ と 手打ちそば。  おいしいね!!
大好きな新そば: 忘れずに誘ってくれる夫。 信じていました


皆様!
今日もご訪問に感謝いたします。 『その人であるから信じる!』 それって、自分の人生を掛けての、大きく楽しいチャレンジですよね! 

 

*****************
記録 
今日・22日のラン距離・14km  

神戸市民マラソンまで 『2日』。
来るところまで来てしまいました

  
11月走行距離合計:152,5km






コメント

白内障手術

2012-11-21 05:02:11 | 夫のこと
年を重ねと・・・
ゆっくりと、少しずつ、始末が始まる。 と感じています。

獲得と成長の若い日々があったが…今は、始末と解体の、成熟の日々を迎えています。 
知識や筋肉が増える輝いた日々が…今は、回顧と沈黙の、ゆとりの日々に変わっています。

夫は、先日、71歳を迎えた。
夫は、その今年に、腸の手術を終え、白内障の手術も10日ほど先にすることが決まりました。

夫は、
人間ドック結果ですべてA判定を出す健康優等生ですが、今は、ゆっくりと、少しずつ、自然に始末をし解体する年になっっている。


若さは、素晴らしい。美しい。輝いています。
そして
老いることも、若さ同様に、素晴らしい。その美しさがある。 楽しみがある。いぶし銀の光です。と感じています。


私も年を重ねて・・・
夫から、老いることの現実を 学ぶ。 始末せざるを得ない現実 を見る。
しかし
目に見えるものの始末の現実の確認と、同時に、目に見えないものの更なる広がりを、味わっています


年を重ねて・・・
ゆっくりと、少しずつ、すべての存在の意味と価値が分かってくる。 と感じています。
1輪の花の中に、神の存在の意味と自分の存在の価値を、学んでいます。 目に見えない世界の秘密を見つけ、楽しんでいます


       『玄関先の小菊と南天』

今朝…夫が切ってきた。 「家の中にも飾ってね!」 と。
1輪の花の中の、『秘密の世界』、を楽しんでいます



皆様!
ご訪問に感謝いたします。お読みいただいている皆様は、お若いのでしょうか? お年を重ねておいでなのでしょうか? それぞれの年代を今日もお楽しみ下さい!




 
*****************
記録 
今日・21日のラン距離・14km  

年を重ね…更なる、とっちんとっちんランです

神戸市民マラソンまで、『3日』  
 11月走行距離合計:138,5km


コメント

神に出会った二人

2012-11-19 14:18:20 | 聖書。聖書勉強会。教会。日常の信仰生活。
神に出会った人…二人

一人目:

BC740年の時:     『大預言者イザヤ』

ミケランジェロ(1475-1564)作品  
              システィーナ礼拝堂 

イザヤは語る
  『わたしは、高く天にある御座に主が座しておられるのを見た。』
                   イザヤ書 6章1節


そしてもう一人:

イザヤの500年以上前

BC 1250年頃:       『モーゼ』

こちらも・・・ミケランジェロ作品  モーゼは80歳以上。

『主は人がその友と語るように、顔と顔を見合わせてモーセに語られた。』
『モーセは、山から下ったとき、自分が神と語っている間に、自分の顔の肌が光を放っているのを知らなかった。』
                      出エジプト記33章11節&34章29節


      今日・金曜日は、聖書通読会。  

今日の通読箇所は、『イザヤ書1~7章』
聖書の中で延べられる、神と出会った二番目の人・イザヤの話やイザヤの預言について。 皆で、ひも解きました


   神と人が、
顔と顔を見合わせて、出会い話し合うと…何が起こるのか?


   人と人でも、
顔と顔を見合わせて、出会い話し合うと…相手の考えていることが分かってきますよね。相手の性格も分かったり。と。
顔と顔を見合わせて話をするということは、全部は無理として、相手の一部がはっきりしてくる。てことではないでしょうか? 
   更に…相手の良さに気付き、愛情が増していくものですよね

神と出会ったモーゼもイザヤも・・・
全部は無理としても…『神の御心』が、分かりました  ひらめきました
『神の御心』は、神と人間の完全な仲直り。 両者の一体。 つまり…神の救いとその方法。と理解したようです。
   更に…二人の神への愛情は深まり、揺るぎのない絶対な愛と信仰へと 成長しました


『神の御心は、子を見て信じる者が永遠の命を得ることであり、その人を終わりの日に復活させることである。』 
                      マタイ福音書 6章40節



イザヤの理解
    『イザヤの預言』  と呼ばれるものです。

神の選民であるイスラエルの民に、預言をします。

『すべてが焼き尽くされる。
しかし、それでも切り株が残る。その切り株とは聖なる種子である。』

『主御自ら あなたたちにしるしを与えられる。
見よ、おとめが身ごもって、男の子を産み、その名をインマヌエルと呼ぶ。』
                   イザヤ書 6章13節
              
エッサイの切り株:ダビデの父エッサイの家系、から・・・救世主・インマヌエル・イエスキリストが現れる。 
    と。 イザヤは、キリスト誕生前・BC740年頃に、預言するのです


だから・・
と。更に。 イスラエルの民を励ますイザヤです。 

『燃え残ってくすぶる切り株のゆえに心を弱くしてはならない。』
『信じなければ、あなた方は確かにされない。』    ・・・・と。 
                   イザヤ書 7章3~14節



イザヤがキリストを預言した ず~と前。500年以上も前

神と出会ったモーゼも、『神の御心』を理解しました。
   『十戒』  モーゼは、神から直接に、神の御心を託されます。

モーゼは、神の民であるイスラエルの民に、宣言をします。

ホセ・デ・リベーラ作  『モーゼ』  1638年
 『十戒』が書かれた石板を持つモーセ。

もう一枚
レンブラントの絵画    『モーセの十戒』

『主は契約を告げ示し、あなたたちが行うべきことを命じられた。 それが十戒である。』
                    申命記 4章13節
更に
モーゼは、イスラエルの民に、勧告します。

『イスラエルよ。今、わたしが教える掟と法を 忠実に行いなさい。
そうすればあなたたちは命を得、私たちの先祖の神、主が与えられる土地に入って、それを得ることができるであろう。』
                     申命記 4章1節

『神の御心』は、神と人間の完全な仲直り。 両者の一体。 そして…その神の救いを得る方法は、『十戒』の実行である。 ということです。


それを聞いた
イスラエルの民は、神にもモーゼにも、宣言します。

『我々の神、主があなたに告げられることをすべて我々に語って下さい。
    我々は、それを聞いて実行します。』  と。
          申命記 5章27節


人は、純粋な、二心のない心で、愛を持って、誓います。 よね
それでも
人は、弱いもので、誓いを実行できません。 人の常です。


モーゼの十戒以来・・・500年間。
イスラエルの民も、誓っては破り…反省し・・・誓っては破り又反省し・・・。 と。


律法の要求を前にして、人間の罪:律法を自力で行えぬ罪、を自覚したのが、『預言者』です。 イザヤもその一人です。


人間に聖く生きることを命じる 『律法』は、
同時に、
人間を聖くする力を内包したもの でなくてはならぬ。  その 核心 に気づいたのがイザヤです。

そして・・・
イザヤは、
『自らが人間を聖くする力を内包した・イエスキリスト・インマヌエルの誕生』 を預言したということです。 

    めでたし!めでたし!


イザヤの預言以来・・
更なる、740年間ほど…
イスラエルの民は、イザヤの忠告を守り・・

『燃え残ってくすぶる切り株のゆえに心を弱くしてはならない。』 心を弱くすることなく…
『信じなければ、あなた方は確かにされない。』 信じて…

インマヌエル・救い主・イエスキリストの誕生を待ち望んで・・・740年以上を、過ごしたということです。


『わたしが来たのは律法や預言者を廃止するためだ、と思ってはならない。
廃止するためではなく、完成するためである』 とイエスの宣言。
          マタイ福音書 5章17節


以上。
今日の聖書通読会の、私の感想のほんの一部です。  お粗末様でした 


皆様!
ご訪問に感謝いたします。 預言を信じて750年待つ! そんな信仰がほしいものですね!!


 
*****************
記録 
今日・20日のラン距離・14km  

ラン後の朝食
牛レバー100gをペロリ。 鉄分とVB補給で、スタミナUP作戦 実施中 UP!UP!

神戸市民マラソンまで、『4日』  
 11月走行距離合計:124,5km


コメント

日曜日・・・菓子2種

2012-11-18 16:53:45 | 日々のこと。
今日は日曜日。 素敵なお菓子2種。 ゲット!


まずは午前中。 教会です。

ミサの中で・・
            『七五三の祝別』

「皆さんの未来が、神に守られて、楽しく豊かでありますように!」
司祭も、じいちゃんもばあちゃんも・・・教会全員で、未来の子供たちのために祈りました。

「お孫さんたちにも、七五三お祝い菓子を お持ち下さい。」
「ありがとうございます。」  遠地に住む五歳と三歳の孫のために、遠慮なく頂戴いたしました ゲットしました


  『イエスは知恵も増し、背たけも伸び、ますます神と人とに愛された。』
                   ルカ福音書 2章52節

教会の子供たち そして わが孫たち そして 世の七五三を迎える子供たち!
  知恵も増し、背たけも伸び、ますます神と人とに愛されますように!


 子供たちが平和な生活を送れる社会を作ることこそが…大人に課せられた義務です!



そして
2つ目。 午後・昼食のデザートです。


先日の伏見稲荷大社の門前町茶店   
      『おみくじ入り菓子』

「いなりや」さん限定商品です。

   割ってみると・・・

  出てきました

私のおみくじ: 「大吉でありますように!」祈ってからOpen!  で…『大吉』

じいさんのおみくじ: 開ける前の祈りはなし   で…『小吉』

私おみくじ:
『 総合運:
心身共に充実した実行力・判断力が冴え活躍するでしょう。頼りにされて、信頼度アップ。
  仕事運:
思うような結果を残せなくても運に助けられ評価は大きい。
  恋愛運:
共通の趣味を通しての関係が、とても楽しく 絆が深まる。』

おみくじは、その気になるのが面白い。 
お人には、優しい応援言葉が何より!!!  と。 おみくじ『大吉』から、教えられました


以上。
穏やかな日曜日の終わりです。


皆様!
ご訪問に感謝いたします。 後に続く若者のために平和な社会を残しましょう! 頑張りましょう!




*****************
記録 
今日・19日のラン距離・28km  

まずは・・
いつものMy ランニングコース・14㎞を完走
休まず続けて・・
いつものMy ランニングコースを もう1周。 頑張りました 


2周目は陽が上がって明るい 犬の散歩の方が、驚くほどに、増えました。

途中で、犬を散歩の、初老の素敵な男性に出会いました。 大きなビニール袋と長い火箸をお持ちです。


人の尊厳の重さは、生まれたばかりの赤子も初老の老人も、全世界の人が同じです。

しかし・・
人の価値や品格は、変わっていく。 
一人一人が、自分の行動で、自分の価値や品格を高めていくのだと・・痛感しました。


美しい紅葉の木々の下:
食べかすのコンビニ弁当のパックが・・・投げ捨てられています。
捨てられたコンビニ弁当のパックを・・・火箸で持ち上げ持参のビニール袋に集めている・・・犬の散歩中の素敵な初老の方。

ごみを街中に投げ捨てる人。  そして  街中に捨てられたごみを集める人。
  
人の顔つきも価値も品格も、人の生き方が作る! 今日のラン中に実感した事実でした!



神戸市民マラソンまで、『5日』  
 11月走行距離合計:110,5km




コメント