マリアテレジアの独り言

日々の生活の中で見つける・・
  小さな感動をつづります。

息子夫婦の誕生日会。 そして 『モーセを見ると、なんと、彼の顔の肌は光を放っていた。』

2017-08-02 12:00:00 | 息子と息子家族

同じ月に生まれた息子夫婦。

合同誕生会。
 
暑い夏でも、山小屋には、暖炉用牧が似合います。

息子夫婦も親の私達夫婦も、大のスポーツ好き。
   
アクアパッツァ

お嫁さんは、
8月に『手賀沼トライアスロン』=S1,5km/B40km/R10km=で、千葉を走り抜ける。
息子は、
9月に『第21回日本ロングディスタンストライアスロン佐渡大会』
=S4km/B190km/R42,2km=で、佐渡島を走り抜ける。

スポーツの話題で時間を忘れる。
 
スペアリブ  
タンパク質が4人のアスリートの体を支える。

息子夫婦は、親の私の弟子であった時もあったが、いつの間にか私のはるか前を進むようになった。
私は、嬉しい『誕生会』が続くことを、祈るのみになった。

息子の成長を喜び、息子の生き方を応援する。 
これ以上の親への孝行はない、と息子夫婦に感謝する。 そして 神に感謝した。

そして。

今日は8月2日。年間第十七水曜日。

 『今日の第一朗読 預言者モーセの姿』

『モーセがシナイ山を下ったとき、その手には二枚の掟の板があった。
モーセは、山から下ったとき、自分が神と語っている間に、自分の顔の肌が光を放っているのを知らなかった。
 

アロンとイスラエルの人々がすべてモーセを見ると、なんと、彼の顔の肌は光を放っていた。』
       出エジプト記 34章29-35節

 
モーセ像』   ミケランジェロの作品

ミケランジェロのモーセには、『二本の角』があります。
ラテン語の聖書では、『輝く』という言葉と『角』という言葉がつながっているのです。
ミケランジェロは、『角』によって『輝き』を表したのだと云われます。
『角』によって、『モーセが神から授かった権威や力』 をも示されているのだ、と考えられます。

今日の聖書は語ります。

モーセが、神と直接語り合っているうちに、顔の肌は輝くようになった。 
そして モーセは、自分の顔の肌が光を放っていることを知らなかった。と。

モーセが、神との交わりのうちに、神の栄光を現す者となったことを、語っています。

神との出合いが、人の顔の輝きに現れる。ということです。
神との語り合いや出会いは、その人を変え、人を輝かせるのですね。
神との出会いは、その人が気づかぬうちに、知らないうちに、輝く人になるということです。
人は、神との出会いで、周りの人が近づきがたいほどの、神々しい人になるのです。

『信仰者の持つ輝き』
月が太陽の光を受けて輝くように、自らの光りで輝くのではなく、神から受けた『神の輝き』を映し出しているのでしょう。
『似た者同志』の言葉があるように、神との交わりにおいて、人は神に似ることができる。 ということでしょうか?

私の息子の誕生日会の今日。
息子が、神との交わりの中で、お人に勇気を与えるような、『神の輝きを放つ人』となってほしい。 と切に願った親の私でした。

皆様!
御訪問に感謝申し上げます。
子は親の鏡と申します。 「私はこんな人間だろうか?」と、息子をしみじみと眺めました。 
鏡の息子から教わり・・明日からまじめにランニングです。 頑張ります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

手作りは楽しい・・・母の血が息子に継がれた。 そして 『忍耐強く、十分に教えるのです。』

2016-10-16 21:40:46 | 息子と息子家族

手作りは楽しい。


          『息子の第一作目 キーホルダー & コインパース』

試作品 製作品の『第一作目』は、母の私にプレゼントされる。 
どんどん腕を上げた二作目、三作目。。。は、奥さんや友人へのプレゼントとなる。


手作りは楽しいという息子。
作品をイメージして・・・設計図を引き・・・皮を購入して・・・裁断・・・チクチクチクチクと縫い合わせていく。
奥さんのご要望に合わせて・・・トートバッグの、布製品まではじめている。


母の私も手作り・DIYが大好き。
本職に比べると出来上がりはまずい。出来上がりのまずさ以上の、温かみと豊かさを重視する私です。

庭の剪定。洋服のリフォーム。インテリア。パンやハムやベーコンや料理全般。等等。
DIYの楽しさを、お金まで払って、専門家に奪われるなんてことはつまらない。考えられない。


 赤の皮部分のホックをはずすと・・・革袋に隠れていた鍵が飛び出す。
              軟らかい皮が・・・ハンドバックの中に馴染みます。


息子は、
私の後を追って・・・マラソンからトライアスロンまで、引き継いでくれた。 私をはるか超えて、実力をつけた。
私の後を追って・・・手作りの楽しさまで、引き継いでくれた。 有難く、嬉しいことです。 

   コツコツと地道な、アスリート世界やDIY作業を引き継いだ息子。
   そんな息子には、『本物の人生』が約束されていると、母は確信します。


そして。
今日は10月16日。年間第二十九主日。
    『今日の使徒パウロの言葉』

『自分で学んで確信したことから離れてはなりません。
折が良くても悪くても励みなさい。忍耐強く、十分に教えるのです。』
                        使徒パウロのテモテへの手紙 3-14~4-2

私も、
使徒パウロには程遠いが、私なりに、自分で確信したことを、子供たちに伝え教えようと、忍耐強く、励みました。
大した見本ではないが、親として恥ずかしくない子の見本になりたいと、自分で確信した生き方を忍耐強く、励みました。

    コツコツと地道な、『DIY作業』を引き継いだ息子。
   そんな息子が築く人生は、『本物の人生』になると、母は確信します。


皆様!
御訪問に感謝申し上げます。
皆様が親御さんから引き継いだものは何ですか? 私は、私らしく生きるための『強さ』でしょうか

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

優先順位は?・・・仕事と趣味。 勿論の・・・仕事です。

2015-08-29 23:50:45 | 息子と息子家族

     明日・8月30日は、息子の今年5回目のトライアスロン大会。
お嫁ちゃんも一緒に大会参加です。 夫婦で練習の日々を重ねて、明日を迎えます。
          私は応援団。

  息子の 『今年のトライアスロ参加大会』のリスト①~⑤は、下記のとうりです。
                               先週も石川・能登の珠洲大会でした。

①4月19日(日)『第31回全日本トライアスロン宮古島大会』   :3km :157km:42,195km  合計:202,195km 参加費:35000円
②6月7日(日)『アイアンマン70.3セントレア知多半島ジャパン2015』:1,9km :90,1km:24,1km 合計:113,1km 参加費:49680円
③7月5日(日)『第13回須磨アクアスロン大会』            :1km  :なし :10km    合計:11km  参加費:11000円
④8月23日(日)『第26回トライアスロン珠洲大会』          :2.5km :102.2km:23.3km  合計:128.0km 参加費:23500円
⑤8月30日(日)『第26回 赤穂トライアスロン大会』         :1.5km :40km :10km  合計:51,5km 参加費:16000円

                             息子は、趣味も頑張れるので、仕事も2倍も3倍も面白く、なお一層頑張れるそうです。

   今夜は・・・・
   名古屋住まいの息子夫婦は、明日の大会は関西・赤穂なので、今晩は中継地点の我が家・神戸で宿泊です。
   応援団の私も、明朝の5時出発に合わせて、今夜の夕食や明日の弁当等の準備で大忙しです。 
                     
                               私は、応援できることが、同じアスリートとして、嬉しいです。

   明日は・・・・
   息子は、勿論の休日。 仕事は休みです。

        ところが・・・・
     息子は、突然、明日仕事になってしまいました。 明朝早く・6時に名古屋へ引き返します。
              息子の優先順位は?・・・仕事? 趣味?  迷うことなく・・・仕事です。

   大会前の夕食の定番は・・・・
      禁酒。 大量の炭水化物・ご飯。 沢山のたんぱく質。 です。

 そして。
 今夜の夕食。
 突然、明日の大会参加がなくなって・・・  
                  『残念会?』
 
 禁酒のはずが・・ワインを飲んで飲んで。 
 炭水化物中心のはずが・・肉を食べて食べて。たんぱく質中心。すき焼き。


 お嫁ちゃん:「私も明日は参加せずに、ダーリンと一緒に名古屋に帰ります
 息子:「こんなこともあるよね。 趣味以上の仕事があることに感謝だね。」
 夫と私: 言葉はありません。 息子夫婦の判断に従います。

    な~んてことで・・・
   今宵は、残念会?で、飲みすぎ。食べすぎ。 

                これで失礼申し上げます。
                        お休みなさいませ

皆様!
ご訪問に感謝申し上げます。
予定は未定と申します。 でも・・・未定は、まだまだお人に頼られている証拠です。 嬉しいですよね。              

   

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

息子への母の思い。  そして  『忠実で思慮深いしもべ・ヨセフ』

2015-03-19 22:04:59 | 息子と息子家族

   皆様は、息子をお持ちですか? 

まずは。
      息子さんに何をお望みになりますか?

私にも一人の息子がいます。
  私が息子に望む第一は、 『信仰』 です。

 人の人生・・・何が起こるかわかりません。
     順調であることは、ありがたいことです。
              しかし。
    長い人生・・・逆風が多々吹きすさむ。

息子の人生が順調で豊かでありますようにと、母・私は願います。
   そんな母の願いとは裏腹に・・・
 息子の人生にも、逆風が吹きすさむこともあることでしょう。
   そんな時も、
信仰からくる 『希望』 を決して失わないで、前に進んでほしいと、母・私は強く願います。


今日は3月19日。木曜日。 
    カトリック教会では  『聖ヨセフの祭日』  です。

カトリック教会は、
   ナザレの聖家族 の保護者であったヨセフを、
        キリストの体である 『教会の保護者』 として崇敬します。

     『イエスの養父・ヨセフ と イエス・キリスト』

  大工仕事をする父・ヨセフを、 
  『世の光であるキリスト・イエス』 が、ろうそくの火のをかざして、助けます。

     『今日の入祭唱』
『主人が召し使いたちの上に立てることにした忠実で賢い管理人は、
                いったいだれであろうか。』
                                                         ルカ福音書 12章42節

    『見よ!
  忠実で思慮深いしもべ・ヨセフ、
    神はこの人を聖家族の頭とされた。』   『毎日のミサ』より


     神は、
   忠実で賢く、思慮深い、人格者のヨセフを・・・
     イエスの父。 そして 聖母・マリアの夫。 
   として選び、 聖家族の頭とされました。

 


他には。


      息子さんに何をお望みになりますか? 

私が息子に望む第二は、 ヨセフ同様の、『忠実で賢く、思慮深さ』 です。

   私の息子は、
    カトリック教会で、幼児洗礼の恵みを頂きました。
     洗礼時には、『洗礼名・クリスチャンネーム』 が必要です。

  赤ちゃんの息子は、
   自分で、 『洗礼名』 を選べませんでした。
   親の私たちは、
キリストの養父・ヨセフのような人に育ってほしいの願いを込めて、
       『ヨセフ』 の洗礼名を、息子のために選びました。

        私たちの息子。
 今日・3月19日は、『息子・ヨセフの記念日』でもあります!
立派な、信念を持ち そして  賢く、思慮深い 人に成長しました。
                                                   (事実ですが、親馬鹿ですかね?!
 それは。

    大いに・・・
  『聖ヨセフ様』 が、
       我が子・キリストのために、祈りと応援を続けたように、
 私の息子のために、祈りと
応援と励ましを続けて下さるお蔭様です。 感謝!感謝!

 

皆様!
ご訪問に感謝申し上げます。
息子を支える周りの人たちの応援を信じて、息子の成長を見守れる親は幸せですね。

**********
記録。 今日・19日は10㎞。
7時半。 15度。 小雨
明後日は 『淀川マラソン』  やるきゃない!
   
     3月走行距離合計 106,195km。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

手作りキーホルダーと財布。  そして  『内側も外側も、すべてのものが清くなる。』

2014-10-14 23:50:54 | 息子と息子家族

出かける時。
門扉の鍵。 玄関の鍵。 車の鍵。 
最低3つの鍵が、バックの中で、キーホルダーにくっついて、あっちやこっちに。

若かりし頃の思い出のつまった     『愛用キーホルダー』

富士山登頂記念2つ。 大陸横断記念:Apple&America&コーチも2つ。 イタリアではグッチとベルサーチ
     思い出の品々は、その時に戻れる楽しさがあり、捨てられない。

息子。
「安全運転にはすっきりさせておくことだよ。」 と言う。 
息子の手作り。      『息子からのプレゼント』

色も形も自分で考えて、 皮をちょきちょき。 皮をちくちく縫って。
試作品。第一号品。               手作りの素朴さに息子の愛情を感じます。        
      出来栄えのよい2号品。3号品。 は息子夫婦が使う。


私は無骨な第一号品が好き。
   手になじむ柔らかい皮。 使い勝手のよい薄手。 

ボタンをはずして、開けると・・・
鍵数個をまとめて、むき出しせずに、すっきりと。    運転に愛用しています
   同様に。
     持ち物をすっきりさせたら、心もより軽くなるはずです。
もう10月も半ばで、暮れの大掃除を兼ねて、家中の整理をしてみようかな。 と考えた今日でした。


今日。10月14日。火曜日。
             『今日の御言葉』

    『イエスは(招待された食事の席で)言われた。
「実に、人々は杯や皿の外側はきれいにするが、自分の内側は強欲と悪意に満ちている。
   外側を造られた神は、内側もお造りになったではないか。
       ただ、器の中にある物を人に施せ。
   そうすれば、あなたたちはすべてのものが清くなる。」』
                             ルカ福音書 11章37~41節

そうですね。
内側と外側。 信仰心と実際生活。 心と行い。 両者は、一致して、同じでなければいけない。 理想です。
    自分の内側にある物=心。優しさ。心配り。愛情。等等。=を人に施しなさい。
       そうすれば、自分の内側も外側も、きれいになりますよ。 一致しますよ。
              神が造くられたままの 『理想の人』 になれますよ。 と。
                                     その通りですね。
    もう一つ。 『今日の御言葉』
        『愛の実践の伴う信仰こそ大切です。』 

皆様!
ご訪問に感謝申し上げます。
夕方に絵を描く友人の『グループ展』に行ってきました。 同じ目的で集う仲間っていいな。 と思いました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12回須磨アクアスロン大会  そして  『子ろばに乗る王』

2014-07-06 13:00:00 | 息子と息子家族
2014年7月6日。日曜日。
今年も『海開き』です。 夏到来です。
子供達は家族連れで楽しんでいました     『須磨海岸』

1.8kmの白砂青松の美しい須磨海岸。                  明石大橋を眺めながら・・・。
                         「日本の渚・百選」              美しい

そして・・・
今日。
鉄人たちは今年も挑戦です。   『12回須磨アクアスロン大会』
 
息子も5回目の参加です。       『エイエイオ~!』             
水泳とランのみ。自転車がない気安さが良い。                 我こそはと・・・。

『水泳』   ブイまで泳いで戻って・・・2周です。 1km。   
 
早い早い。                       大橋を眺めながら・・・。いえいえ。その余裕はない。

海から上がれば・・・       一時も早くと

スエットスーツを脱ぎ始めるアスリートたち。

『ラン』   行ってきま~す!       10kmです。         ゴール!
   
                                   お疲れ様でした!

            完走者の皆さん! なんて良いお顔なのでしょう!

 息子の友人は初挑戦です        ご夫妻で挑戦は素敵なMyブログ仲間です
 
       完走者の皆様の喜びのお顔! なんて美しいのでしょう!


今日は『海開き』でした。
夕方からの海は若者が楽しみます     『須磨海岸』

『須磨の海』は、同じ須磨で泳ぐ私の家族の歴史を、じ~と、見つめます。
私は、小さい頃から父親と須磨海岸で泳いで・・・中学では『水泳クラブ』に入部 しました。 楽しかった。 
息子は、私の水泳好きを受け継いで・・・30台で、須磨海岸『アクアスロン』&『アイアンマン大会』まで、飛躍させました。 お見事です。 
次は・・・
孫を須磨海岸で泳がせよう! 孫たちは、水泳をどんな形に切り拓き花開かせ、飛躍してくれるのだろう?

『一つ事』は継続されていく。
私から子供へ。子供から孫へ。と。次々と。 『継続』されていくことが大切です。 
そして更に・・
『継続』の上に、自分なりの特徴を持って、自分の道を切り拓いていく。自分の道を行く。 『飛躍』する。 素敵ですよね。

          
今日は、私は、応援を楽しみました
 『2014年12回大会・記念Tシャツ』       お嫁さんの手作り:『ハチメ昆布〆』
  
「お母さんにあげるね。」      息子夫婦に感謝して・・・     『完走祝膳』


そして・・・
今日は主日。     『今日の御言葉』

第一朗読。
『見よ、あなたの王が来る。 高ぶることなく、ろばに乗って来る。』  ゼカリアの預言 9章9節
ヨハネ福音書 12章14節
『その翌日、イエスはロバの子を見つけて、お乗りになった。』
第三朗読。
『わたし(イエス)は柔和で謙遜な者だから、わたしのくびきを負い、わたしに学びなさい。
そうすれば、あなたがたは安らぎを得られる。』  マタイ福音書 11章29節

       第一朗読 そして 第三朗読。
        つながっていますよね。

 神に遣わされるメシア・イエスは、『子ろばに乗って入場する』 と、旧約の時代に預言されていました。
    旧約の預言は、新約までつながって・・・
    イエスが、この世に派遣されました。
   そのイエスの姿は、貧しいヨハネとマリアの子供でした。

       そして・・・
 十字架上の処刑が成される前に、エルサレム巡礼のイエスは、貧弱な『子ろば』に乗りました。
    そのイエスの姿は、
『無防備』 かつ 『柔和で謙遜』、 なイエスでした。
   イエスのその姿こそ、 
 『平和を求める人の姿』です。 武器では平和は勝ち取れません。衆智の事実ですよね。

   『神の御心』
 旧約聖書の時代では、ユダヤ人によって継続されました。
     そして・・・
 新約聖書の時代になって、イエスが花咲かせました。
     更に・・・
 今の時代になって、私たちが 『飛躍』 させてまいりましょう!

   私たちも、
 イエスの姿に倣って、安らぎを得ながら、『真の人生』 を生きたいものです。     

皆様!
ご訪問に感謝申し上げます。
今日もアスリートたちの姿を拝見しながら思いましたね。 何事も柔和と謙遜が成功を生みます。 間違いなしですよね! 
                               
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

息子の39歳誕生日  そして  『オリーブの若木』

2014-07-03 23:00:00 | 息子と息子家族
   息子が『39歳誕生日』 を迎えました。
                     神に感謝! 皆様にも感謝!

39年前。  『我が家に来てくれたBaby』        

『誕生』 
パパとママの元へ降りてきてくれました
     嬉しかったパパとママです。

そして・・・

38年前。  『米国独立記念日』

『1歳誕生日』  
近所のハドソン川に上ってきた帆船見学
     神に感謝したパパとママです。

『いかに幸いなことか 主を畏れ、主の道を歩む人よ。
あなたの手が労して得たものはすべて 
   あなたの食べ物となる。』
                  詩篇 128章1&2節

それから・・・

38年後。  『アイアンマン・70.3トライアスロン・セントレア知多常滑2014』
 
『39歳』  『IRONMAN 70,3 JAPAN』 初挑戦でした
           オリーブの成長     神に感謝した父母です。

『あなたはいかに幸いなことか いかに恵まれていることか。
 食卓を囲む子らは、オリーブの若木。
見よ、主を畏れる人はこのように祝福される。』
                    詩篇 128章2&3&4節

振り返れば・・・

19年前。  『テニスプレイヤー一筋の学生時代』

『20歳』
明けても暮れてもテニステニス
  立派な『成人』に成長しました
  

    オリーブの若木のように・・・
     たくましく。祝福されて。
   息子は『39歳誕生日』 を迎えました。
                     神に感謝!

母から息子に・・・
    『贈る言葉』
  『わたしは生い茂るオリーブの木。
    神の家にとどまります。
 世々限りなく、神の慈しみに依り頼みます。』
                     詩篇 52章10節

皆様!
ご訪問に感謝申し上げます。
子の幸せを願い・・・。 世界の子供たちの幸せを願います!

*************
記録  
今日・5日のラン距離:10km

息子の誕生日の『祝福ラン』。めでたい!めでたい!     
  7月の走行距離合計:38km
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『アイアンマントライアスロン』・・・後遺症 そして 再挑戦 

2014-06-05 20:26:19 | 息子と息子家族
2014年6月1日。日曜日。
   『アイアンマン70,3セントレア知多・常滑ジャパン・2014年。第五回目。』。  
                      終了いたしました。

『アイアンマン』
アイアンマンレースの完走者に与えられる名誉ある『名称』。 我がHero・息子もゲット。 感謝です。
息子の記録。
大会スタート:8時半頃。 ゴール:15時31分23秒頃。 全コース所要時間:『6時間41分23秒』 の記録でした。 見事です。
当日の天候。
快晴。最高気温:34度。 真夏を思わせる猛暑。 選手達に立ち向かう過酷な暑さでした。

『アイアンマン』帰宅後。
近くの居酒屋。     まずは・・・『ビールと魚骨から揚げ』
  
近所といえど歩く余力はなし。               自宅前からバス。               

最大限の尽力後は。    あっさりと・・・『魚の塩焼き』
  
過酷なレース後。大食漢も食欲はなし。                 ビールは1杯のみ。

力を出し切った。    直後の言葉・・・『再挑戦はないな!』    
    
そして…来月・7月は須磨海岸で『ジュアスロン』           神戸の母は『名古屋コーチン』

       アイアンマン・息子の、限界への挑戦は続く!
    息子の体もも、完走後に、強豪に、アイアンマンの『鉄色』に変わりました! 


6月4日。水曜日。
             『今日の御言葉』
『イエスは天を仰ぎ、祈って言われた。
「聖なる父よ、わたしに与えてくださった御名によって彼らを守ってください。
わたしを世にお遣わしなったように、わたしも彼らを世に遣わしました。」』
                               ヨハネ福音書 17章11&18節

      人は、この世において、必ず自分の使命がある。
      人は、使命全うのために、この世に遣わされる。
        使命の全うには、必ず苦しみが伴う。
   苦しみは、神の力を頂きながら、自己奉献によって昇華される。


皆様!
御訪問に感謝申し上げます。  日々…小さな小さな達成感を積み重ねていきたいものですね!            

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『The名古屋』・・・トライアスロン選手登録

2014-05-31 20:00:00 | 息子と息子家族
     『アイアンマン70,3セントレア知多・常滑ジャパン』
1978年にハワイで生まれた 『アイアンマン大会』 と称する 『鉄人トライアスロン大会』 です。
 開催内容が世界的にブランド管理されており、現代『日本では2か所』のみの開催です。
『アイアン・ジャパン北海道』 と 『アイアンマン70,3セントレア知多・常滑ジャパン』 のみ。
                                    ということのようです。

       『アイアン・ジャパン北海道』
ロングディスタンス大会:スイム:3,8㎞ バイク:180,2㎞ ラン:42,2㎞)
       合計距離=226,2㎞

そして・・・          
    『アイアンマン70,3セントレア知多・常滑ジャパン』  
北海道の半分の距離大会:スイム:1,9㎞ バイク:90,1㎞ ラン:21,1㎞
    合計距離= 113,1㎞=『70,3マイル』

明日は・・・
   『アイアンマン70,3セントレア知多・常滑ジャパン・2014』     
息子・38歳の初挑戦の応援。力が入ります。 そして 『日本で2か所』 だけで行われるという『当大会』 を見てみたい。
  『113,1㎞トライアスロン』 と 『私が参加した100㎞ウルトラマラソン』。
     両者は・・どこが違うのか?  どこが同じなのか?  見極めたい。 

そんな気持ちで・・・

今日は、大会前夜に『名古屋入り』です。 大会前日の『The名古屋』です。

名古屋駅前。 着いたのはハワイ?    『ハワイアン・フェッシバル』

なかなか様になって美しい・・・   『フラダンス』

私も3か月前から 『フラダンス』 を始めました。                  
   そのうちにあるでしょう 『私のフラダンスShow』。 見に来て下さいね!
 以前に始めた社交ダンスはギブアップ。 さて今度のフラはものになるでしょうか? なかなか難しいです。


午後からは・・・

『アイアンマン70,3セントレア知多・常滑ジャパン』。 説明会 と 選手登録です。
息子のお嫁さんは用事で欠席。 私はついていきました。 ラッキー

  『アイアンマン達の日常の顔』 が見たかった私です。 
普通なんだろうか? 鉄人の『特別の顔つき』があるのだろうか?
  私も、有難いことに、『鉄人』と呼ばれています。 
私の場合は、過大評価です。 でも、『本物の鉄人』 を見てみたい!
           ・・・とても興味惹かれます。
考えてみれば・・・私の息子は 『本物の鉄人』 なのですよね!  
  我が息子を見れば・・・『本物の鉄人』 観察なのでした。


仕事帰りの息子は背広の紳士。  大会前日の選手登録会場は・・・『中部国際空港』

さすがのブランド大会・・・米国。オーストラリア。中国。韓国。 等々。 外国からの参加者も多々のようです。


見ましたよ!拝顔しましたよ!     『鉄人の方々』

皆さんは、さすがに良い体格で、紳士たちでした。               写真は選手のほんの一部です。
    一つ事に秀でる方たちは、やはり、物事をわきまえた紳士淑女のお姿でした。 感激でした。
                  微動だにしない。 ぶれがない。 どっしりと。


2時間以上の説明会と選手登録。

”お疲れ様!”と夕食・・・   『ブラジル料理:鶏一匹丸焼き』

当店の自慢料理はいかが?   ブラジル色の    『オッソ・ブラジル』   

国際色豊かな大須商店街。                  各国の特徴ある店があるそうです。                      
  私たちの・・・隣の席は『スペイン語カップル』。 その隣は『英語母子たち』

『店頭のグリルに並ぶ丸焼き』       『身はジューシーで皮はパリパリ』

                          おいしい
『もう一つ』食べました。
懐かしの・・・ 『照り焼きバーガー』

日本のように繊細でなく。素朴が良い。 大好きです。

      『The 名古屋』
名古屋は、生活をしている外人さんが多い所も特徴の一つ、だと強く思いました。
名古屋は、数年間私たち家族が住んだ頃とは大きく様変わりした、『The名古屋』 の印象でした。

あんなこんなで一日終わり。
今日の名古屋は34度。 暑かったです。 熱中症も数十人もあったそうです。
明日の『アイアン・トライアスロン』 は大変そうです。
      
では・・・
今日は明日に備えて、ここで早めに、お休みなさいませ  

皆様!
御訪問に感謝申し上げます。 熱中症対策万全で、良い週末を! 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

息子の38歳 そして 私の38歳  そっくりです

2014-05-30 23:51:14 | 息子と息子家族
          『アイアンマン70.3セントレア知多・常滑ジャパン』

   世界にも類を見ないアイアンマンレース。
           2014年6月1日(日) 愛知県知多市・常滑市。

こんな所で行われます。

自然と歴史のまち知多市、広々と景観豊かな常滑市をレースの舞台とし・・・
       エキスポ、アワードパーティーは中部国際空港セントレア内で開催。
          

          Start 2 days later !!

それは・・・  
         『スイム:1,9km』 

  Iron Man が並びます。        『鉄人レース』

   『1,9kmの海での水泳』は、
           沢山の鉄人と先を競いながら、 大変なレースです!

闘志を燃やすアイアンマンたち。   

                               『沢山の救命ボート』

     人は、なぜに、過酷なレースに挑戦するのか???
            『そこにレースがあるから!』 私の登山と同じ心境なのでしょうか??

次は・・・
      『バイク:90,1km。』 

90、1kmとは??? 正月の大学生『箱根駅伝』が100km。東京日本橋から箱根の山まで。  
    泳いだ後の・・・『90,1km!』。 超人だけの世界です。 
      鉄人のみが成せる競技です

    人は、先へ先へと、前を向いて、自分の限界まで挑戦します!

最後は・・・
           『ラン:21,1km。』

21,1kmは、フルマラソンの半分。     『ハーフ』です。    『エイド』
                                    正に…オアシスです。         

    人は、限界への挑戦を挑み・・・人生を集結する!!  

そして・・・

迎える・・・     『ゴール!』

今年も、皆さん頑張って下さい!            全行程合計:『113,1km』

  愛知県知多市・常滑市で開催される・・・『日本唯一のアイアンマン70.3』

  スイム、バイク、ランの3種目中に視線が空へも拡がる、
    『世界にも類を見ないアイアンマンレース』

  日曜日の気温は30度を越す予報。その暑さの中で催されます。

   我が38歳の『アイアンマン:息子』の挑戦です!!
    母の私は、明朝、応援に駆けつけます!!!
  Iron Man全員の喜びのゴールを、ひたすら祈ります

   私の38歳。
 米国で、子育てと夫のベターハーフで、忙しい日々でした。
   それでも・・・
 ダブルスを組んだ米国人テニスプレイヤーのベターハーフにもなろうと、
  朝の5時・・・家族の起きてくる前の2時間、自主トレの毎日でした。

   息子の38歳。
母の遺伝子が、確かに、息子に引き継がれました!
  応援してきます。

5月30日。復活節第六金曜日。
                『神の御言葉』
『イエスは弟子たちに言われた。
「あなたがたは悲しむが、その悲しみは喜びに変わる。
その喜びをあなたがたから奪い去るものはいない。」』
                         ヨハネ福音書 16章20&22節

今日も、昨日と同様の『御言葉』です。
  『あなたがたは悲しむが、その悲しみは喜びに変わる。』
そして・・・
今日は、昨日の御言葉に、更なる書き加えがありました。
  『その喜びをあなたがたから奪い去るものはいない。』


 私は、米国で両眼の手術。 
『これも神の試練なら喜んで受け入れます!」と。
  心の底からそう思いました。 信仰者であることを喜びました。
   『あなたがたは悲しむが、その悲しみは喜びに変わる。』と。

私のその時の『信仰心の証し』は、夫の信仰心を、目覚めさせました。
  私の手術の悲しみは、夫の信仰の喜びに変わりました。

 『あなたがたは悲しむが、その悲しみは喜びに変わる。』
    私も、その通りと、確信しています!
この確信の喜びは、誰にも奪い去れることのない、主からの喜びの体験です。

皆様!
御訪問に感謝申し上げます。 挑戦は生きる喜び。 親子のDNAは確かに引き継がれます。 
      素敵な週末をお過ごし下さい!

    
コメント
この記事をはてなブックマークに追加