マリアテレジアの独り言

日々の生活の中で見つける・・
  小さな感動をつづります。

3月生まれ

2009-02-25 14:00:00 | 父の日。母の日。結婚記念日。
今日、新聞代集金の夫人と、いつものように、しばらくおしゃべりです。

「春が来て嬉しいの! 
3月を迎えるこの時になると、嬉しさで、心がわくわく、気分も軽く!なのよ」
と、集金夫人。

「3月になると嬉しいのだけど、
夏が過ぎ、秋に向かって行くと、私の心は沈んでくるの。
これって、すべて、私が3月生まれだからだと、思うのよ。」 と、続きました。

「ああ、そうなのね。
私も、3月が大好きです。 私も、心ウキウキ、飛び出したい気分よ。
そして、私も3月生まれです。」 と私。

「でしょ? 私の考え方は、当たりだは!」と、自身で納得する集金夫人。
   
私は、全面的納得ではないだけどな~。
だって!! 私は、3月生まれでも、秋も大好きなんだけどな~。

小さな、楽しい、お人の考えに、反発するつもりは全くありませんよ。
そんな風に、自分のすべてを楽しく解釈していけたら、人生たのしくなるな~
  って、感心しているのです。

偶然!!息子のお嫁さん・なっちゃんも、3月生まれです!
(写真も偶然。昨日、バアバ応援団結成の折の3月生まれ集合でした)

『なっちゃん! 3月が好き? 秋になると沈む?』
 今度、聞いてみようっと!  集金夫人の説が、立証されるかしら?
コメント

ASC篠山フルマラソン「応援団」結成

2009-02-25 13:00:00 | 父の日。母の日。結婚記念日。
『隠岐の島100kmウルトラマラシン「応援団」結成』されたのは、昨年6月。
     
    「ワッハッハ!!」 
大笑いして、最大のパワーをくれた孫のトモ君が、
「マリアママ応援団」 の団長に就任したのは、
 生まれてきてまだ5ヶ月のトモ君でした。

『隠岐の島100kmウルトラマラソン「最後の応援歌」』
 
『フレ~~!フレ~~! 頑張れ~~ ばああちゃん!!』
    応援歌を聞かせてくれたメグちゃんは、
  万歳するにも、ママの手を借りる1才2ヶ月でした。

そして今日、
5ヶ月だったトモ君が、1才1ヶ月になって、
『ASC篠山フルマラソン応援団』結成にあたり、
再び、応援団団長を引き受けてくれました。(写真)

     「ワッハッハ!!」 
  今日も、大笑いして、最大のパワーで、
 応援団長の大役を、果たしてくれました。

今日まで、応援し、支えてくれた沢山の皆様!!
  有難うございました 行ってまいります
コメント

八重山そば

2009-02-25 12:00:00 | 父の日。母の日。結婚記念日。
  沖縄県は、大小さまざまな離島で構成され、4地方に別れています。

八重山地方は、八重山諸島(石垣島・西表島)
宮古地方は、 宮古諸島
本島北部は、 沖縄本島北部
本島南部は、 沖縄本島南部 4地方に別れているのすら知らなかった。

沖縄を代表する食べ物は、何てったって「沖縄そば」

『沖縄そば』は、蕎麦粉は全く入っていない、小麦粉が原料。

『沖縄そば』は、蕎麦粉が入っていなくても、「うどん」にあらず、「そば」です。
  (蕎麦粉が3割以上入らないと「そば」の名称は使えない)

『沖縄そば』には、4つの地方の、特徴と名前、があるとの事。

八重山地方は、極細麺 の 『八重山そば』
宮古地方は、 細めのうねうねした麺
本島南部は、 太めのうねうね麺で、 沖縄そば発祥の地の『沖縄そば』
本島北部は、 きしめんのような幅広麺 の 『ソーキそば』

息子夫婦の石垣島土産は、八重山地方極細麺の、『八重山そば』

極細麺「八重山そば」を、「かつおとんこつだし」で頂きます。

「かつおとんこつだし」は、沖縄そばのうまさを引き出す絶品です。
こくがあるのですが、「うどん」?に合うように、あっさりしています。
    ラーメン汁とうどん汁の中間でしょうか?

  2005年に娘夫婦と完走した那覇マラソン出場の折に、
初めて頂いた『沖縄そば』の感激が、よみがえります。
マラソン道に続くサトウキビ畑が、ざわわ、ざわわとなびいていたのも、
また、映画「さとうきび畑」も、懐かしくよみがえります。



コメント

ファースト・レディー

2009-02-24 20:00:00 | 父の日。母の日。結婚記念日。
Mrs.オバマ・・・

アメリカ大統領夫人として、文字通りの、ファースト・レディー。

世界でもっとも人々を元気づける女性25人の1人。

モデルのような、世界のベストドレッサー10人の1人。

私の第一の仕事は、私の子供の教育です。と断言するMrs.オバマ。

「家族の絆」の強そうなオバマ家族のファッション。
赤を基調としたファミリー・コーディネイト(写真)は、本当に素敵。

4年間のオバマ夫人の働きに、興味と期待一杯です。 
コメント

博物館のカレー

2009-02-24 18:00:00 | 父の日。母の日。結婚記念日。
県立博物館内で、雨の一日を、丸々過ごしました。

朝10時から仲良しと二人で過ごす、博物館の一日は、8時間でした。

絵画を眺めて・・・4時間!・・・心清められる時間でした。

館内のCafeで・・4時間!・・おしゃべりの時間でした。

Cafeの窓一杯に、車が走る高速道路が、絵のように見えます。素敵!!

そのCafeで、高速道路が眼前に見える椅子に座ってのおしゃべりは、
車に終わりがないように、終わりがありません。

まずは、Cafeで、カフェラテを飲みながら、2時間しゃべってから・・・。

絵を見に腰を上げて・・・絵を2時間も見て回り。

又、Cafeにもどり、とても美味しいビーフカレー(写真800円)を頂きながら、
 又又、おしゃべりを2時間して。(まだ話せるけど、絵を見なくてはね!)

再び腰を上げ、絵を2時間見て・・・夕方の6時。 帰路につきました。

雨も止み、回りも暗く、ネオンがきらめき
  心の洗濯の一日が終わりました
コメント

『静物・虚栄』

2009-02-24 13:00:00 | 父の日。母の日。結婚記念日。
兵庫県立美術館で開催の
  「ウイーン静物画の秘密展」の観賞に出かけました。

世界屈指のコレクションを誇るウイーン美術史美術館からの75点の観賞です。

ヨーロッパの静物画は、16世紀から17世紀初めにかけて成立し、
17世紀に黄金時代を迎えたそうです。

ベレタの『静物・虚栄』は、1634年の作品です。375年前の作品。

日本は寛永11年。鎖国令が出され、外国船入港を長崎に限り、
日本人の海外渡航・帰国が厳禁となった年。
2年後、日光東照宮完成です。

イタリアで、ガリレオが、地動説で宗教裁判にかけられた年。

『静物・虚栄』は、
中心に、神の国の象徴として、天使の女性を描き、
手前の諸々は、この世のすべては虚栄に過ぎず、一時に消え去るもので、
それらのむなしさとはかなさを、描いているそうです。

美術に、歴史にと、いにしえに思いを馳せ・・・。
   現代に至までにつながる、人類の営みの壮大さに、圧倒されます。
コメント

『斉唱』

2009-02-24 10:00:00 | 父の日。母の日。結婚記念日。
今日は、高尚に、兵庫県立美術館で、美術の観賞です。

神戸出身の洋画家・小磯良平の代表作 『斉唱』

『斉唱』は、画面全体が、清らかな光に満ち、清らかな空気に包まれています。
そんな清らかさに、心引かれます。

熱心なクリスチャン家庭に生まれ、本人も敬虔なクリスチャンであったことが、
小磯の画筆に、大きな影響を与えているのでしょうか?

小磯氏の描く絵が、私は大好きです。

暖かさと、素朴さと、神聖さすら、感じられます。

『斉唱』は、はだしで制服姿の9人の少女が、ひたむきに歌っている絵です。

美しい少女達の画面から、美しい声のハーモニーの賛美歌が聞こえてきます
   私の偏見かな?

今日は、新しい発見もしました。

『斉唱』のはだしで制服姿の9人の少女達は、実は二人のモデルだけで、
小磯氏が何枚ものデッサンをうまく組み合わせて描いているのだと、知りました。

よく見てみれば、
9人のグループが同じ背の高さって、あるはずないですよね?
顔もとても似ています。

他にも、15点ほどの小磯の絵が、展示されていました。

描かれた沢山の絵の中の女性は、どれも、
美しさでも、静かさでも、優しさでも、・・でも、理想の女性像のように思えます。

23才で「大学生の天才画家」と呼ばれるようになった、夏着物を着た若い女性の絵と、
70才で描いた、「帽子をかぶる女」の絵が、向き合って展示されていました。

絵は、写生ばかりではなく、
画家自身の心の中が、絵となり描かれるのでしようか?

小磯自身の、23才の若さと、70才の円熟が、画面に表れます。

70才の時に描いた、「帽子をかぶる女」、に心引かれて、絵の前から離れられませんでした。

絵に描き出された70才の小磯氏の清い心が、「帽子をかぶる女」から、ほとばしります。

戦時には、従軍画家として、
  戦地で戦争の様子を絵に描く仕事に就かされていたそうです。
小磯氏は、その経験から、生涯、平和を強く願い、
  絵に気持ちが投影されています。

平和を願う小磯氏の心の清さがほとばしる作品のように、
   私も、内から、心の清さをほとばしたいものです
コメント

教会の日曜日

2009-02-23 22:40:24 | 父の日。母の日。結婚記念日。
  十教会の日曜日は、ミサを執り行い、祈りを捧げる日です十

それが、面白いのです  世の中の縮図です。

ミサ中に、赤ちゃんが突然祭壇に駆け上り、司祭を見上げています・・
 司祭は、微笑んで赤ちゃんを見守りながら、ミサを続けています。
ミサ中に、年配の女性が目を閉じ、熱心に祈りを捧げています。

ミサ中に、男性が、突然祭壇に駆け上り、祈りを捧げている信徒に向かって・・
 『○○○○』と、数字の並んだ、大きな紙を、掲げます。
男性が、紙を持って祭壇に上がれば、私達は何が起こったか、直ぐに分かります。
「ナンバー○○○○の車を、教会前の路上に停めている方。
 警察が、駐車違反取り締まりです。大至急移動させるのがいいですよ」ってね。

ミサ中に、ナンバー○○○○の車の持ち主が、走り出ます。

聖体も頂き、感謝の祈りを捧げていると・・・・
  良いにおいがただよってきます。 
「ああ~! いい匂い! おいしそぉ~~。

教会名物の、壮年会男性が作る、石焼き芋が出来上がり・・
 ミサ中の御聖堂まで、美味しいにおいが昇ってきます

ミサ中、最後のお知らせが続きます。
「今週も、オームレスの方達の炊き出しのための、おにぎり作りは、
  火曜日の朝8時からです。 ご協力お願いします。」

教会駐車場には、
 ベンツ、BMW,プジョー、VW,・・・、と外車が、駐車されています。

教会日曜日のミサは、正に、世の中の縮図で、楽しいのです。

 十教会日曜日のミサは、これからの1週間の力を頂く時間です十
         (写真は、私の属する教会です)
コメント (2)

結婚7周年記念日

2009-02-23 00:00:00 | 父の日。母の日。結婚記念日。
  息子夫婦は結婚7年目
    銅婚式・・家族、財産の安定を銅に例える年だそうです。

7年目記念日、息子家族は、3泊4日、石垣島です。
(写真は、ホテルから。ウインドサーフィン姿がちらほらだそうです)

石垣島なら、銅ではなく、珊瑚のプレゼントだったかな?

『家族の安定』 は、家族3人がっちりと、岩の如く安定している息子家族。

『家族の財産』 は、いかがなのでしょうか? 大丈夫でしょう。

「愛してるよ~!」なんて言い合える夫婦であってくれるのが、私の望み。

世の男性は、「女房にそんな言葉が言えるか~」なんて思うのは、浅はか。

女房の一番簡単な操縦術を、ご存じなくては、損をしますよ。

私の7年目は、アメリカ住民で、「若かったな~」ってね。31年前のことです。

出来るなら、31年間を、もう一度、再体験したいな~。 な~んてね。
   
「”光陰矢の如し”です。 思いっきり、家族を楽しんでね!
 7年目の結婚記念日を迎えた息子夫婦へ、私から贈る言葉です!

コメント

価格にも格差?

2009-02-22 14:00:00 | 父の日。母の日。結婚記念日。
格差社会とは、人々の間の経済的な格差が、大きく出来上がってしまった社会?
社会の富が一部の裕福な人ばかりに集まって、多くの庶民が貧しい生活を送る社会?

人々の間だけでなく、企業間でも、
その回りに住む人達によって、利用する人達によって、
格差が出来てきてるのでしょうか?

地域によっても、同じ商品の価格に、大きな違いが出てきています。
  地域格差とでも、呼びましょうか?

難しい話しをするのではなく・・驚きの経験を書きましょうと思ったのです。

知りあいが、リッツ・カールトン 東京の結婚披露宴に招待されて、
子供のためにベビーシッター代金について調べました。

リッツ・カールトンでの、3,5時間のBabySitter代金・・。

基本料金:1250円/1時間×3,5時間=4375円
staff出張費:3000円/一人(子供二人なら二人分)=3000円
   小計 (4375+3000)×tax(1.05)=7745円
子守部屋代(一番安いスタンダード部屋金)=45000円!
子守食事代(食事時間外なので不要。助かりましたね!)
   合計  7745円+45000円=52745円
            
リッツ・カールトンの、BabySitter3,5時間金額 52745円です。

いかがですか? あなたなら、子供を預けますか? 

知りあいは、参考のために、住まい近くのホテル・オークラ 神戸の値段を調べました。

神戸ホテルオークラでの、3,5時間のBabySitter代金・・。

すべてを込みで、時間の長さによって、値段が決まります。
2時間まで:5250円 超過料金:30分毎に1365円
   合計  5250円+1365円×3=9345円
  
52745円と9345円  この差額の43400円に、私は、驚いたのです。

この差額こそが、東京と神戸の、地域格差と呼ぶべきなのでしょうか?

いかに考えたら、いいのでしょう?

これから10年間で、日本も欧米なみの格差社会になると、言われます。

益々格差が広がると、どうなっていくのでしょう?

すべてに、賢く生きていきたいと、つくづく思います!
コメント