マリアテレジアの独り言

日々の生活の中で見つける・・
  小さな感動をつづります。

      誘惑=いかにも美味しそうなリンゴ

2007-05-31 15:00:00 | 父の日。母の日。結婚記念日。
「誘惑に勝つ=自由は不自由を呼ぶ」  今日の教会クラスのテーマでした。

高校生が医者になることを自由意思で決める。それは彼が、テレビを見、野球をして遊ぶ自由を放棄する不自由を選んだことにもなると、いうのです。
人が自由意思で一つの目標を持つと、そのために不自由が生まれる・・・次には、必ずその不自由を取り去り望むままに振る舞ってこそ、人間的ではないのかとの誘惑が、出てくるというのです。

人間元祖(?)のイブに、蛇は誘惑します。
「リンゴを食べても決して死ぬことはない。それを食べると目が開け、神のように善悪を知る者となる」と。  イブは神の「この木の果実だけは食べてはいけない」との言葉に反して、誘惑に負けて、実を食べます。そして神から離れて、エデンの東に送られてしまいます。
神の子イエスにも、サタンは誘惑します。
「もし私にひれ伏して私を拝むなら、繁栄する世のすべての国々をみんな与える」と。 イエスは「あなたの神である主を拝み、ただ主に仕えよ」と答え、誘惑を退けます。 だからこそ神の道を突き進むという、自分の選択した道を全うすることが出来ました。
主任司祭は、自分の誘惑の体験を話しました。 「私は司祭になって数年後に、一人の人を好きになりました。迷いました。自分が自由意思で決めた道、目標である司祭の道は結婚が出来ません。 女性との結婚の道は諦めました。   今思うと、これが誘惑だったのでしょうと考えますし、自分の選択で良かったと思います」と。
結婚した夫さんは、世の中には素敵な女性が沢山いますが、その人達と恋はもう出来ません。 恋出来ない不自由と誘惑を乗り越えてこそ、結婚生活が本物になり、死ぬときに「お前と結婚してよかった。有難う」と言えるんですよねとも司祭は話します。  今日皆さんは、お友達とコーヒーを飲んで、おしゃべりで来る時間を棄て、ここに勉強にいらっしゃいました。 これもコーヒーへの誘惑を乗り越えたのです. でも将来に、コ-ヒーを諦めて勉強に来て良かったと必ず思いますよ。 と。
続けて、司祭は質問して来ます。 「皆さんも、自分の人生を賭けている目標がありますか? そしてその目標に向かって、イブの生き方をしますか? それともイエスの生き方をしますか?」と。  
総司会者の私としては、最後に 「達成すれば終わってしまう、又は達成できないで挫折感を味わう目標だけでなく、決して達成をし終えることがないけれども、挫折も、裏切りもない、「神」をも目標の一つにするという話にもっていくわけです。 教会の話も時代と共に変わってきましたよ。 

リンゴは、美味しそうに見えますよね。  目標が、高く高貴であればあるほど、サタンの呼びかけ誘惑は大きく、乗り越えるには、神の助け無しには無理なのでしょうと思いました。
目標が高く、大きな誘惑を乗り越えられたら、人生の満足感は凄いものなのでしょうね!!  
さて、私は、目標をどこに置いていたのでしたっけ?! うん?!  
コメント

        [一人マラソン」 車で下見

2007-05-30 10:55:55 | 父の日。母の日。結婚記念日。
今年になっての、マラソン予定二つ(三月の篠山マラソンは練習過剰で腕を痛めキャンセル。五月の福井マラソンは孫の愛美ちゃん誕生が走るより魅力で断念)をクリアー出来なかったので、自主的に一人でマラソンをしようと思いつきました! スタートは自宅・・・ゴールは息子の家・・・車での地図上距離は26.9kmコースです。 走ればどの位になるのかな?
今日はその下見です。 
まずはパソコンのルート検索を開けて、詳細ルートを出しました。 でも私のパソコンには印刷機がまだセットされていない! (娘に、母の日のプレゼントの一つとして、超薄型の便利な印刷機を貰ったというのに、いまだにセットする努力をしていない!) 馬鹿さを恥ながら娘に頼み、詳細ルートのコピーをFAXして貰う。  娘よ!不甲斐ないない母親を許せ! 雨が降り雷が鳴る今日、夫はゴルフ! 

雨の中いざ! 私は娘のFAXしてくれた詳細ルートを持って、コースの下見です。
1時15分 自宅出発! この時間帯は、車も人も一杯で、びびってしまいます! ”この道を走るの~!”てね。
途中のルートで、全く車でも走ったことのない道が描かれています。 ちょっと不安になり、慣れた道のコースを走りました。 それによって5.7km損します。 ”不安感でも短い距離の26.9kmをはしるか? それとも慣れた道の32.6kmを、5.7km損しても走るか?” マラソン大会の時は、回りの人達に支えられて、走りきれます。  ”たった一人で、回りに誰もいなくて、走りきれるかしら?”

下見の途中で、いろいろ考えます。 走っているような緊張感一杯の下見でした。 
”でも、やるきゃない!! 女の一言です! 応援よろしくお願いしま~す!”    



コメント (2)

 「ル・クルーゼ」 ココット・オーバル オレンジ 29cm

2007-05-29 19:00:00 | 父の日。母の日。結婚記念日。
「ル・クルーゼ」 を今日ゲット!  「カスレ」 を早速今晩つくってみました  

娘の家では、ル・クルーゼで料理した食事が、日常の食事となっていて、 その味は、私の好みの味で、いつも美味しく戴きます。 この度娘宅を訪問した折りに、私は自分で「ル・クルーゼ料理」をつくってみました。 とても美味しく出来たのに感激し、ル・クルーゼを購入することにしました。

そして今日「ル・クルーゼ」 が家に届きました。 ちょっとした感動でした。 うきうきと、早速に料理をしてみました。  娘の家で試作済みの、定番フレンチの「カスレ」です。 お肉とベーコンを炒め、野菜を加え、ワインをチョピりふり入れて・・・・。 あとはトマトで煮こむだけ・・・。とてもシンプルですが、その美味しいこと! ル・クルーゼが生み出すお味なのでしょうか・・・。

ル・クルーゼのサイズをどれにするかも、とても悩みました。 沢山の人とル・クルーゼ料理を楽しみたいと思ったので、一番大きな29cmに決めました。  皆さん! ルクルーゼ料理を食べにいらして下さいね!  沢山試作してみましょうと料理本も集めましたので、レパートリーを増やしていきます!  待ってま~す!

ル・クルーゼをインターネットのオークションで23人の人と競って、緊張しながら買い取ったのも、とても楽しい初めての経験になりました! ネット上のオークションの取引は、これからの私の、大きな楽しみになりそうです!  
コメント (2)

  おじいちゃん、おばあちゃん、「二人でのディナー」

2007-05-26 20:00:00 | 父の日。母の日。結婚記念日。
おじいちゃんは、「お帰り!お手伝いお疲れさまでした」と おばあちゃんのグラスに赤ワインを注ぎます・・
おばあちゃんも、「ただいま!お留守番ありがとうございました」と おじいちゃんのグラスに赤ワインを注ぎます・・・

出産を迎えた娘家族の手伝いに、行ったり来たりの一年間を過ごしたおばあちゃん・・
不慣れの食事を作り、一人でのチョッピリ寂しい外食をしながら、おばあちゃんの留守を守ったおじいちゃん・・

愛美ちゃんの誕生で、隠居生活者の老夫婦の生活に楽しい感動と変化の花を添えることができた一年間が終わった今日、安堵感と幸福感とちょっぴりの寂しさを味わいながら、無礼講で「かんぱ~~~い」です!!
ワインは、おじいちゃんが三日前のゴルフの10位で獲得したドイツワインです。
今回も1位と10位の点数の差はたったの2点! たったの2点といえども、シングルの腕前になってしまったおじいちゃんには、優勝の可能性は遠くなってしまったようで、最近は「残念!」のため息ばかり・・・・でもこれって嬉しいため息ですよね!  10位のワインはあっという間にからっぽ!
つまみは、松本「マルク」の 砂肝とレバーの薫製とソーセージです。 
美味しいつまみに、二人とも、お酒の量がどんどん進む進む!!

愛美ちゃん  が産まれ、12月31日にはもう一人の孫ちゃん  が産まれたら・・・
65才と61才のおじいちゃんとおばあちゃんは、引きこもってなんていられません・・・孫ちゃん達と一緒に成長していかねばなりません・・・お留守番役のおばあちゃんの姿は、イメージすらできません・・
「おじいちゃん!今度は二人で一杯出かけようね!」  「かんぱ~い!!」
コメント

      おばあちゃん神戸に帰る

2007-05-25 22:30:00 | 父の日。母の日。結婚記念日。
娘が妊娠して以来、一昨年から今日まで一年間に、娘夫婦の手伝いに私が松本へ六回、今年の正月は娘夫婦が神戸に来て、神戸松本間の往復が七回ありました。
会う度に見る娘のお腹が大きくなって行く度合いは、私達の幸せ度が比例して大きくなっていくようで、とても幸せな一年でした・・・出産一ヶ月前に、赤ちゃんを迎えるために家の模様替えも済ませ「後は赤ちゃんが生まれるのを待つだけ!」と準備完了したら、突然の官舎の家の水回り配管の破裂で、急な引っ越し騒ぎがあったり・・・ いろいろのことがあった一年間、回りの者みんなで、本当に楽しみに赤ちゃんの誕生を、待ちました。

そして・・愛美ちゃんの誕生!!  

おばあちゃんは、赤ちゃんを待つ、嬉しく楽しく幸せな一年間を、娘夫婦と過ごさせてもらいました。
赤ちゃんが増え、大きくなった新しい家族と過ごせた一ヶ月も、嬉しい日々でした。
そして今日、娘は産後一ヶ月検診を、無事クリアーしました。
私の妊婦の母としてのお役目も、今日で無事終了です。
安堵感と感謝の気持ちで一杯です。  楽しかった一年が終わりを告げる寂しさも、強くあります。
でもきっとこれからも、違う楽しい日々がありますでしょうと、将来への期待を胸に、楽しかった松本での生活にさよならして、神戸に帰ります。  さよなら。  
神戸の地より、新家族、パパとママと愛美ちゃんの幸せを、いつも祈っています。
有難うございました。     お幸せにね。  
コメント (2)

     静岡の新茶と信州小布施の栗きんとん

2007-05-25 15:00:00 | 父の日。母の日。結婚記念日。
「新茶」と聞くだけで、茶摘み風景を想像し季節が実感され、年に一度の若々しい味、香りが思い出される。  
「新しい若さ」は、「初々しさ」 につながり、それだけでいいものですよね。
「年月かけた熟成」は、「味わい深さ」 の中に、熟年ならではの良さを築いていきたいものです。 

さわやかな味わいの中に、甘味と渋みがほどよく調和した「新茶」で、
濃厚な味わいの中に、純粋な土臭さを残した「栗鹿の子」を味わいました。
育児の合間に、まだまだ初々しさの残る娘と共に、美味しいお茶とお菓子を味わい戴きながら、子を持つ幸せを語り、安らぎの一時を持つことが出来ました。

年を重ねた今、身に付いたあれこれをそぎ棄て、「若さ」まで感じさせる程に純粋になり、地の自分にしか出せない土臭さを出していきたいなと考えていました。 
コメント

         娘の産後一ヶ月検診

2007-05-25 09:00:00 | 父の日。母の日。結婚記念日。
「順調です。スポーツクラブも入浴もOKです。」 産婦人科の先生から,完全な回復の太鼓判を戴きました。
出産後一ヶ月の間、一喜一憂の回復の状態を繰り返していたので、先生からの太鼓判は、本当に嬉しいことです。

破水三日前まで仕事をし、予定日一週間前に破水し、最後の陣痛が来ないまま四晩を過ごし、多い出血の中での出産と、無理を重ねました・・・でも今日は一ヶ月ちょうどで、太鼓判を戴けました。  神に感謝です。
母となり、一家の要  となった今、娘に一番大事なことは、健康です。 母が病気になれば、すべてがストップです。 娘のこれから始まる新しい人生は、自分一人の身ではなく、分身 と共の人生です。

娘が、これからの「母」「妻」「職業婦人」の三本立ての豊かな人生を思い切り謳歌して行くために、健康に恵まれますようにと、心から神に祈ります!!
コメント

       「育児書」は「育自書」

2007-05-24 16:53:38 | 父の日。母の日。結婚記念日。
愛美ちゃんのパパとママも、世の中の新米パパママが子供が生まれる前に、育児書を買い読み親になる心の準備をするように、愛美ちゃんが生まれる前に育児書(?)を買ってきました。  二人は一生懸命に読んでいました。
「心とことばの起源を探る・・文化と認知」
「心の発達と進化・・チンパンジー、赤ちゃん、ヒト・・壮大な心の進化の起源」
「赤ちゃんはどこまで人間なのか・・心の理解の起源」  この三冊でした。
言語学者のパパママらしく、ベービー誕生前の二人が読む本は、赤ちゃんの言語と認識と心の起源が書かれている本でした。
次に、愛美ちゃんが生まれてすぐに買ってきたのは、いわゆる育児書でした。
「トレイシー・ホッグの赤ちゃん語がわかる子育て大全」
「子どもの知力を伸ばす300の知恵」
「4月生まれのあかちゃんの本・・1才までの成長とケア」
興味深い部分だけをメモまでして、私も一生懸命読みました。
パパママは、生まれてくる0才の赤ちゃんをよい子に育てようと、読みます。
おばあちゃんの私は、「私も愛美ちゃんと同じに、もう一度61才の自分を0才の白紙に戻し、人間の起源を学び、新しい自分に教育しなおしてみましょう」と思い、しっかりと読みました。愛美ちゃんに負けないように、おばあちゃんも成長しますね。 
二人で競争ですよ!! 二人で、知恵を分かち合いながら、頑張ろうね!                 
愛美ちゃんの「育児書」が、おばあちゃんの「育自書」になってしまいました
コメント

       芸術作品・・・「ショコラ」

2007-05-23 22:30:00 | 父の日。母の日。結婚記念日。
匠の技には、いろいろの技があります・・・
今日は、ケーキ”ショコラ”の匠の技を、見せて味わさせてもらいました・・・

バースデー用に注文した”ショコラ”の箱を開けて見ると、その美しさに驚き! 
花びらののように薄く波形に形作られチョコが、何重にもトップに飾られています。 
「形を崩してしまうのがもったいないな~」 と先ずは考ました。
でも、切らなければ、食べられません!  「えいや~」と覚悟して、切ります!
そして口に入れました!  大きな驚きと気付きです!!
「パテシエの技は、まずは味なのだ」の気付きでした!!
生地のしっとり感のあるなめらかなおいしさは、チョコレート主体なのに、美味しく、ヘービーさを感じずに頂けてしまいます。花びらののようなトップにのせられているチョコも、上品にさりげないお味に仕上げられています。 でもさすがは”ショコラ”です。 食べた後の満足感は、長く続きました。
「口の中でとろける」というのが、”ショコラ”への最適な表現でしょうか!

そうでした。 ケーキは、味が一番なのです・・・
でもこの ”ショコラ”は、味も形も一番の匠の技でした。ごちそうさまでした

コメント

       美味しい食事は幸せの素

2007-05-23 22:00:00 | 父の日。母の日。結婚記念日。
娘の誕生日の今日の祝膳は、愛美ちゃんが生後一ヶ月弱なので、外食は出来ません。
いつもの娘夫婦が行きつけの”サンチーム”と”キュイエールダルジャン”に、祝膳とバースデーケーキを作ってもらって、家で食べることにしました。
シャンパンLannsonをあけて、「かんぱーい! かんぱーい!」
お食事が美味しいので、会話もお酒も進みます! 南仏ワインChateauneufーduーPapeもあけて、「かんぱーい! かんぱーい!」
主賓の娘は、あかちゃんにおっぱいをあげなくてならないので、飲めませ~ん  
周りが飲んでま~す。

娘の誕生日に、娘家族に同席させてもらい、美味しい食事とワインとケーキで、幸せな今宵でした・・・有り難う!! 
娘家族のこの一年が幸せてありますように・・・
コメント