マリアテレジアの独り言

日々の生活の中で見つける・・
  小さな感動をつづります。

[結婚46周年記念日』 そして 『お話しください、聞いていますから。』

2017-01-31 17:30:00 | 父の日。母の日。結婚記念日。

               『結婚46周年記念日』

   
   Champagnes Nicolas Feuillatte
                     『ミモザ』

46年前に結婚式を挙式。 46年後の今日も、毎年恒例、バーでカクテル。

               『夫婦の祈り』

『いつくしみに満ちた神よ、あなたは、ご自分の姿に似せて人を造り、これを男と女に造られました。
   そして、ふたりをあわせ、二人を祝福して、「生めよ、ふえよ、地に満ちよ」と仰せられました。
       御手を伸べて、わたしたちふたりを祝福してください。
   惜しみなく与えあう夫婦の愛の証しを通して、互いを認め合い、深め合いながら、
 二人が力を合わせて、あなたの似姿としての愛のいのちを全うすることができますように。
神よ、わたしたちがあなたのみ前で結ばれた時、二人で誓ったあのことばを、今日もみ前に思い起こします。
   あなたの力に支えられて、順境にあっても
逆境にあっても、病気の時も健康の時も、
 互いに愛と忠実を尽くしあい、二人が一体となって、この世ののちを生き抜くことができますように。
マリア、ヨゼフとともにこの世に聖家族を築かれた御子イエズス・キリストのみ名によって。アーメン。』
                                                カトリック祈祷書 『祈りの友』より 


 私たち夫婦そろって元気に結婚46年記念日を迎えることができましたことを感謝申し上げます。 
           全宇宙の皆様方のお蔭様であります。 
       感謝申し上げます。 ありがとうございます

       それにしても、46年とは長い! 『有能な妻は夫の冠』 (箴言12-4) ですよね

皆様!
御訪問に心より感謝申し上げます。
ブログを書く楽しみが続けておれますのは、御訪問下さいます皆様のお蔭様です。感謝申し上げます。

***********
今日・31日のランニング:10㎞。   1月の走行距離合計:73km 

6時。-2度。 
46年前の朝もこんなに冷えていたのだろうか? 今日の健康に感謝しながら走りました。

  今朝ラン途中のプロテスタト教会の『掲示板 今週の一言』

        『お話しください、聞いていますから。』
 
                  
『幼きサムエル』    ジョシュア・レイノルズ 1776年作品

   『少年サムエルは(神の人)エリのもとで主に仕えていた。
まだ神のともし火は消えておらず、サムエルは神の箱が安置された主の神殿に寝ていた。
  主はサムエルを呼ばれた。サムエルは「ここにいます」と答えて、
  エリの元に走って行き「およびになったので参りました」と言った。
サムエルはまだ主を知らなかったし、主の言葉はまだ彼に示されていなかった。

            主は三度サムエルを呼ばれた。
     エリは、少年を呼ばれたのは主であると悟り、サムエルに言った。
「戻って寝なさい。もしまた呼びかけられたら、『主よ、お話し下さい。僕は聞いております』と言いなさい。」
            サムエルは戻って元の場所に寝た。

主は来てそこに立たれ、これまでと同じように、サムエルを呼ばれた。「サムエルよ。」
サムエルは答えた「どうぞお話し下さい。僕は聞いております。」』 サムエル記上 3章1-9

コメント

結婚記念日旅行・・・プーチンさんの、大谷山荘とコルサコフ。 そして 『平和が再びわたしに訪れる。』

2017-01-30 23:12:52 | 父の日。母の日。結婚記念日。

                   『熟年者の結婚記念日』

時間は、十分にある。 
で・・・旅行をしようとなった。 国内旅行? 海外旅行? 両方だったら、なお良し。楽しい。

体力は、十分とは言えない。 (ちょいさびしいけど、心しておかねばならない)
で・・・国内旅行は、寒い1月31日の記念日当日に。 海外旅行は、暖かくなってから。 となった。

好奇心は、衰えるどころか、益々、旺盛である。
で・・・行先は、今の旬で、トランプ氏のホテルに泊まる? プーチン氏のモスクワに行く?

   熟年者は、世界遺産見学はあきた? 懐かしいニューヨークは、もっとゆったりと訪れたい。
        結婚記念日旅行は、めずらしい&ありえないような旅が良い。 楽しい。
                              ”世界は広いな~!”と、辺境の旅が良い。楽しい。好き。

         
        『結婚記念日旅行』・・・『旬のプーチン氏の世界』 と決定。

国内・結婚記念日旅行。

   五つ星             大谷山荘

        長門市の山間、湯元温泉の一角に建つ老舗旅館。
     135年の歴史があり、天皇皇后両陛下がお泊りになったこともある。

北方領土問題解決の道筋をつける世紀の会談を、阿部首相はごひいきの『大谷山荘』を選んだ。
         わざわざ総理の地元で行うのは前代未聞である。

数時間のために、なぜに? なぜに?大金を使って、ここで宿泊? 私の最初からの『疑問』です。
   本題の『領土問題会談』は、翌日・飛行機で東京へ移り、東京で行われたのです。

ともかく・・・

   プーチンさんが楽しまれた温泉&食事&酒が提供されるという。 楽しみです
      ともかく行って・・・、私の『疑問』の糸口を探して来たい。  興味津々です

そして。

海外・結婚記念日旅行。

神戸開港150年記念。      『ダイヤモンド・プリンセス クルーズ』

目指す先は・・・・


                  『ロシア・サハリン州 コルサコフ』

       コルサコフは、

  ロシア連邦が、極東連邦管区のサハリン州の一部として実効支配している都市。
        日本語では、日本統治時代の名称である『大泊』とも呼ぶ。
            サハリン(樺太)の玄関となる港湾都市。

       プーチン氏と阿部氏との話は、どこまで話せたのであろうか?
今は日本に住み、以前のコルサコフに住んでいた人たちの話を、テレビで色々と見聞きして・・・
                                      あれこれと考える私です。

1945年からは、
谷海峡の『制海権』を巡って、ソ連が日本と対峙する軍港都市であり、外国人の立ち入りが一切禁止された。
しかし。
ソ連崩壊後は、
所定の手続きをとれば誰でも自由に訪問できるようになった。
稚内とのフェリー航路が開設されるなど、交流も活発化している。

       あれこれと考える私は、
  実際にこの目で、今コルサコフで住む人々の生活を見てみたい。住む人々と話してみたい。


幸いにして、元気な私たち夫婦です。
でも。
人生を平和に生きるかどうかは、夫婦関係にかかっているともいえる。 
     が・・・
夫婦関係をいつまでも大切にするには、夫婦の不断の努力がいります。努力が平和を作ります。実感です。

      形から、夫婦関係Upの努力するのが、一番ですよね。 旅行もその一つ。
          平和な夫婦関係がいつまでも続くよう、努力しましょう!

        私たちの旅行計画も、実現しますように! 予定は未定?では困ります。

そして。

今日は1月30日。年間第四月曜日。
     『今日の拝領唱』

        『神が恵みを注がれると、平和が再び私を訪れる。』 詩篇116-7

      平和は、神からの恵みです。 平和を願って、神に祈り続けましょう!

皆様!
御訪問に感謝申し上げます。
色々の記念日がありますよね。誕生日。出会いの日。結婚記念日。等等。 大切にして、平和を築きましょう!

コメント (2)

赤ちゃんの洗礼式。 そして 『心の貧しい人々は、幸いである。』

2017-01-29 09:30:00 | 聖書。聖書勉強会。教会。日常の信仰生活。

若いパパとママ。

  そして・・・    『赤ちゃんの洗礼式』

たくさんのミサ出席者に見守られて、洗礼式。           私ははるか後ろの最後尾席で

       数か月前に、パパとママの赤ちゃんとして生まれて・・・
       今日は、   パパとママに抱かれて、神の子として生まれました。

    司式司教様: 「神からゆだねられた命の養育者として、しっかりと育てて下さい。」
    パパとママ: 「はい。しっかりと育ててまいります。」

   いいものですね。
   赤ちゃんの成長を、パパとママと そして 私たち教会員全員で、見守ると約束しました。
                   
                                       心のほっこりする洗礼式でした。

そして。

今日は1月29日。年間第四主日。
       『今日の福音 イエスの言葉』

『イエスは、山に登られた。弟子たちが近くに寄って来た。そこで、イエスは口を開き、教えられた。
   
  
        『心の貧しい人々は、幸いである。』         マタイ福音書 5章1-12


    イエスが、
親元を離れて公生活を始められ、おびただしい病人をいやされた後、弟子たちに教えられた、最初の『説教の言葉』です。

              人は、幸いを求めて、日々送ります。

     そして、
        イエスは、『幸いとは、心の貧しいことである。』 と言われるのです。

              『心の貧しさ』とは、どういう意味でしょう? 
               

今日の司式司教は、私たちに、語りかけました。

    「心の貧しい人とは、自分にこだわりのない人。 終着のない人ではないでしょうか?
イエスこそが、生まれたのは馬小屋であるように、自分から脱却している人でした。心の貧しい人でした。
自分は、こうあらねばならないとこだわるのではなく、これでいいのだと思えることは、幸いではないでしょうか?」

                    なるほどね。 赤ちゃんにも、『心の貧しさ』を教えなくちゃなりませんね!

皆様!
御訪問に感謝申し上げます。
日曜日はいかがお過ごしでしたか? 出かけるにはまだまだ寒い日が続きます。 お元気で!

コメント

『芥川賞』・・・短編・中編作品に限る新人の登竜門。 そして 『信仰のゆえに神に認められました。』

2017-01-28 23:49:00 | 大学。大学院。本。映画。

    第156回 2016年下半期   『芥川賞』
   
    山下すみとさん 51歳              

  創作の目的は、『ぶっ壊したいから』。 だそうです。
『社会性』の名の下に個人を抑圧する世界全体に対し、小説の言葉で揺さぶりをかける。
                                     本日の新聞:『ひと』 より。

    昔から・・・
    芥川賞が発表されると、早速に読みます。

芥川賞は、
各新聞・雑誌に発表された、純文学短編・中編、無名もしくは新進作家の登竜門です。
    明確な規定があるわけではないが、短編・中編作品を対象とし、
    原稿用紙100枚から200枚程度の作品が候補に選ばれる。

    読んでみて・・・
    フレッシュ。 清新。 コツコツと・・・と。 将来を応援したくなる。
 

    人も文学も、年季が、その良さを作りだす。
    たくさん見て、たくさん経験し、考えて、感じて、沢山の苦しみが、人を文学を育てる。
    厳しい道を、頑張って下さい。 読む者を楽しませてください。 応援しています。 

    
 今の私はどうだろう? どんな顔をしているのだろう? 相応に熟成している? と余計事を考えました。

            ちなみに、国際的にも評価の高い村上春樹は芥川賞を受賞していない。
             村上の場合は中篇作品で2度候補となった後、すぐに長編に移行したことが理由の一つに挙げられる。

そして。

今日は11月28日。年間第三土曜日。
     『今日の第一朗読 アブラハムの信仰』

   『信仰とは、望んでいる事柄を確信し、見えない事実を確認することです。

     昔の人たちは、この信仰のゆえに神に認められました。

信仰によって、アブラハムは、
自分の財産として受け継ぐことになる土地に出て行くように召し出されると、行先も知らずに出発したのです。
                                    ヘブライ人への手紙 11章1-19
   
      『アブラハムは、ハランを出発したとき七十五歳であった。』  創世記12-4


  人も文学も、
  年季が、その良さを作りだす。
  たくさん見て、たくさん経験し、考えて、感じて、沢山の苦しみが、人を文学を育てる。 

  アブラハムも、
  75年の年月が、その揺るぎのない信仰を育てました。
  たくさん見て、たくさん経験し、考えて、感じて、沢山の苦しみの75年間が、信仰を育てました。

     神は、アブラハムが75歳になった時に、その信仰のゆえに認め、召命したのです。
    
  信仰とは、望んでいる事柄を確信し見えない事実を確認することで、生易しいことではない。

皆様!
御訪問に感謝申し上げます。
私たちの生涯には、フレッシュな時期や成熟の時期、それぞれの段階があります。
皆様は、今、どの段階を歩まれておいでなのでしょう?  素敵な段階をお過ごしましょう!

コメント

『花金』・・・眺めのいい家売ります。買います。

2017-01-27 19:00:00 | 日々のこと。

 年を重ねて・・・

好きなものだけが並ぶ・・・       『花金』

今晩は一人。 で・・・私好み。 『ワインとチーズと特大国産ウナギ』   どれも超うまい


     今日は、本好きが集合して、読書会。週一の聖書通読会。
    好きな本を読んで、2時間が、あっという間に過ぎてしまいます。
     本には、力があります。
わくわくさせる力。気持ちを明るくさせる力。心を前向きにする力。共に読む仲間を結束させる力。


年を重ねて・・・

時間がいとおしい。一時も無駄にはしたくないような。 どんな時間も、納得した時間でありたい。


で・・・住まいのイノベーション。

           『ニューヨークの眺めのいい部屋売ります』

    今晩は、一人で、映画会。
『ニューヨークの眺めのいい部屋』って、どんな家。 見てみたい。 できるなら私が買いたい。
      終の棲家を、どこに構えるか?
ニューヨークの結婚40年目の夫婦は、何を基準に、終の棲家を決めるのかしら? 興味津々です。

                                                 息子嫁さんが ”是非見て下さいね!”と、推薦映画。素晴らしい。


年を重ねて・・・

自由な時間がいっぱいあることが、幸せです。
人生でやり残していることがあるなら、やり遂げておかねばなりません。
まだやることがある。 やり遂げなければ・・・。 
     夢には、『生きる力』がみなぎるのです。



         『花金』は、一週間を大切に過ごした後の、御褒美です。
  明日の週末は、私も、終の棲家を探しに行こうかな? ニューヨークにする? 週末も御褒美です。

皆様!
御訪問に感謝申し上げます。
寒い日が続いた週日でしたね。 明日の週末を素敵に過ごしましょう!

コメント

テレビ派? ラジオ派? そして 『信仰は、まずあなたの祖母と母に宿り、あなたにも宿りました。』

2017-01-26 23:45:59 | 日々のこと。

 私は、ラジオ派です。

毎日のMy番組。

午前8:05 - 11:55(4時間)     『すっぴん』            自分の部屋で、仕事?をしながら聞いている。流している。

          毎日のアンカーは藤井彩子 アナンサー すばらしい。 
          毎日のパーソナリティーは毎日違う。 それぞれが素敵。 
     
        個人的には、金曜日のパーソナリティー:高橋源一郎氏が特に好き。 
    我が家の新聞の高橋源一郎氏の月曜日コラム:『人生相談』の大ファンでもあります。


  
テレビは、夜7時の『NHKNews』以外は、好きな番組を録画をして、空いた時間に見るのみです。

私にとって・・・

 ラジオは、知識の宝庫です。(NHKしか、視聴料金を払っているのだし、 聞くことがない。視聴料金はテレビのためでしたね)
 それと同時に。
 ラジオは、画像がなく、言葉だけの表現方法なので、
 その話し方や間の取り方、言葉遣いや言葉の選び方、ウイットのセンス、と絶品絶妙です。 学びます。 
                      

    ラジオは、大いなる勉強をさせてもらう、私の『先生』であります。感謝!感謝!


もう一つのMy番組。

午後9:05 - 9:30(25分)      『かれんスタイル 』
 
我が若かりし頃の同胞と言えるような     私はその文章が大好きで、エッセイを読破している
桐嶋洋子。 その娘の桐島かれん               松浦弥太郎

        二人が、日々を輝かせるヒントを発信、絶妙な会話をする。
   今日・1月26日のテーマは、『わたしの読書タイム』でした。楽しみました。
 
 
そして。
 
今日は1月26日。  聖テモテ 聖テトス司教 記念日』
 
    
         『キリストと 母・マリアと祖母・アンナ』
 
『今日の使徒パウロの言葉。手紙。』
 
    『イエスの使徒とされたパウロから、愛する子テモテヘ。

     あなたが抱いている純粋な信仰を思い出しています。
   その信仰は、まずあなたの祖母ロイスと母エウニケに宿りましたが、
      それがあなたにも宿っているとわたしは確信しています。』 
                              
使徒パウロのテモテヘの手紙Ⅱ 1章1-8
 
  
 言わずと知れた『ことわざ』
 
          『子は親をうつす鏡』
子に対する親の情愛やしつけが子に反映するから、子を見れば、どんな親か知ることができる。

       キリストの信仰は、
祖母・アンナから母・マリアへ。そしてキリストへと、伝えられたものです。 父・ヨハネの信仰でもありました。
 
同様に。
 
       聖テモテの信仰は、
祖母ロイスから母エウニケへ。そして テモテへと伝えられたものです。 使徒パウロの確信する通りです。
 
       私たちも、
「子供に、信仰の伝授を、きちんとしなければならない」と、襟を正す気持ちにさせられます。 反省させられます。

 
こおいうことですね。

誉めてあげれば、子どもは、明るい子に育つ。 けなされて育つと、子どもは、人をけなすようになる。
愛してあげれば、子どもは、人を愛することを学ぶ。 とげとげした家庭で育つと、子どもは、乱暴になる。
認めてあげれば、子どもは、自分が好きになる。 子どもを馬鹿にすると、引っ込みじあんな子になる。

見つめてあげれば、子どもは、頑張り屋になる。 「かわいそうな子だ」と言って育てると、子どもは、みじめな気持ちになる。

分かち合うことを教えれば・・・子どもは、思いやりを学ぶ。
親が正直であれば・・・子どもは、正直であることの大切さを知る。
子どもに公平であれば・・・子どもは、正義感のある子に育つ。
やさしく、思いやりをもって育てれば・・・子どもは、やさしい子に育つ。
守ってあげれば・・・子どもは、強い子に育つ。
和気あいあいとした家庭で育てば・・・子どもは、この世の中はいいところだと思えるようになる。


     テモテの家庭環境から学び・・・ 『ことわざ』から学び・・・
  大いなる反省をして・・・良い環境作りのために頑張りましょう! 力を尽くしましょう!


皆様!
御訪問に感謝申し上げます。
厳しい寒さが続きますね。 こんな時は、暖かくして、ラジオを聞きながら手作業と致しましょう! お元気で!

コメント

『目に見えなかったものを見えるように成長していきたい。』 そして 『聖パウロの回心 祝日』

2017-01-25 23:52:34 | 聖書。聖書勉強会。教会。日常の信仰生活。

      72代横綱 稀勢の里 誕生

         『横綱の名に恥じぬように、精進致します』

   めでたい。めでたい。 そして 目で鯛。目で鯛。 そして おめでとうございます。

 新横綱は話した。

      若い頃に鳴戸親方から、
              『横綱になると見える景色が違う』
                              と言われていたことを思い出します。
『私も、これまで目に見えなかったものも見えてくるかもしれない。見えるように成長していきたい。』


      実直な人柄のすばらしい横綱誕生を、心からお祝い申し上げます。


私も、新横綱の言葉を聞きながら、思い出していました。

   『信仰とは、望んでいる事柄を確信し、見えない事実を確認することです。』
                                          ヘブライ人への手紙 11-1

      
  新横綱の成長が素晴らしく、見えなかったものが見えるように、心からお祈り申し上げます。


そして。

今日は1月25日。  『聖パウロの回心 祝日』

 
                   『聖パウロの回心』

   キリストの弟子たちを迫害していたサウロ(後のパウロ)は、
ダマスコに向かう途中、復活したキリストと出会い、迫害者から信仰者に変わりました。

『今日の第一朗読』 

『わたしは、キリキア州のタルソスで生まれたユダヤ人です。
私はキリストの道を迫害し、男女を問わず縛り上げて獄に投じ、殺すことさえしたのです。

旅を続けてダマスコに近づいたときのこと、真昼ごろ、突然、天から強い光がわたしの周りを照らしました。

わたしは地面に倒れ、『サウル、サウル、なぜ、わたしを迫害するのか』という声を聞いたのです。
     『主よ、あなたはどなたですか』と尋ねると、
『わたしは、あなたが迫害しているナザレのイエスである』と答えがありました。』
                                            使徒言行録 22章3-16

では。

       回心とは何?

☆罪のこの世に向かっている心を、神の恩恵の世界に向きを変えること。
☆自己の罪を認め、悔いてキリストによる罪のゆるしにあずかるために心を神に向け、あるいは神の元へ帰ること。

☆悔い改めは、人の責任であり、信仰によって、それを神が全うする。 聖霊による神の賜物である。
                                                      聖書辞典より

なるほどね。

       回心ができたパウロは、
   キリストの十字架に示される、神の愛に全き信頼をし、それを受け入れたのです。
                                  迫害者から信仰者に変わったのです。

『今日の拝領唱 聖パウロの言葉』

       『私が今、肉において生きているのは、
   わたしを愛し、わたしのために身を捧げられた神の子に対する信仰によるのです。』
                                          ガラテヤの信徒への手紙 2-20

   私たちも・・・
   新横綱のように、聖パウロのように、人間的に成長して・・・
                 『見えない事実を確信し』、信仰を深めたいものですね。

皆様!
御訪問に感謝申し上げます。
人の成長の姿の『お手本』は、各界に必ずいるものですね。 
      私たちも、『お手本』から目を離さず、更なる上を目指しましょう!

コメント

只今読書中・・・中原中也と村上春樹。 そして 『神の御心を行う人こそ、わたしの兄弟、姉妹、また母なのだ。』

2017-01-24 23:44:38 | 大学。大学院。本。映画。

 只今、2冊、読書中。

一冊目。

『100分de名著』      1月の名著: 『中原中也 詩集』

      これが良い。素晴らしい。魂を揺さぶられる。感動する。

指南役の先生方も、司会役の磯野アナウンサーと伊集院光氏も、とても良い。素晴らしい。

 中原中也は、
 世界を、『芸術世界』 と 『生活世界』 に分けて考えて・・・
   挫折と絶望の中で、悲しみを達観できるようになり、『芸術世界』の力で生きようと決意する。
      それは、
 あたかも、『芸術世界の天使』のような存在でありました。純粋な『The 詩人』のイメージでした。 
 

 そんな中原中也の書く『悲しみ』『さみしさ』が、読む者の中にもあり、共鳴してしまうのです。

二冊目。

日曜日の新聞記事。      『昨日読んだ文庫』   
大好きで、毎週スクラップにして、楽しみに読んでいる。

 今週日曜日:22日は、
 芥川賞作家の三田誠広『村上春樹・1973年のピンボール』に関するコラムでした。

 なんとしたことか!!
 ハルキストとなる私が『本』を読んでいなかった 三田氏のコラムもさすがのお上手で、『本』を読みたくなる。

 早速に、
 Amazonに注文。
  
 翌日に送られてきた。 今回は新書の購入。  早速に読んでいます。
             
            ここだけの話。アマゾンで文庫を買う時の要注意…古本+送料=新書(送料は無料)だったりする)

    1ページめ。
           『1969-1973 (20歳ー24歳)
      見知らぬ土地の話を聞くのが病的に好きだった。』
    
  
  三田氏は語る。
       「いかにもおしゃれな文体に、違和感を感じた。
       ストリーのない断片の寄せ集めのような作風は、
    絵画でいえば抽象画にあたる、アバンギャルド(前衛)気取りだろうと思った。
       それでも。
     ピンボールマシンと再開する物語は、やはり秀作だ。
   ”うわぁ、センチメンタルだ”・・・と思いながら、これが文学だな、と共鳴してしまうのだ。」

 そんな村上春樹の書く『個人的体験』が、読む者の中にもあり、納得し、共鳴してしまうのです。


      文学は良い。 読書から目が離せない私です。

そして。

今日は1月24日。年間第二火曜日。
    『今日の福音 イエスの言葉』

       『イエスは、周りに座っている人々を見回して言われた。
   「神の御心を行う人こそ、わたしの兄弟、姉妹、また母なのだ。」』 マルコ福音書 3章31-35
 
   キリストこそ・・・      『神の御心を行う人』

     『わたしが天から降って来たのは、自分の意志を行うためではなく、
       わたしをお遣わしになった方の御心を行うためである。』 ヨハネ福音書 6-38

    では。

    『神の御心』とは?  何でしょう?

『神の御心は、神の子を見て信じる者が永遠の命を得ることであり、
      神の御子がその人を終わりの日に復活させることである。』 ヨハネ福音書 6-40

   つまり

  聖母マリアも・・・  『神の御心を行う人』。 キリストの、兄弟であり、姉妹、母なのです。

 マリアこそ、理解できなくとも、神と我が子イエスを信じ、深い信仰で、イエスとつながっていました。
 マリアこそ、イエスを信じ、人々を我が子イエスの元へ案内し、『永遠の命』の取り成しする人です。

      私たちも・・・
    キリストを自分の模範とし、聖母マリアの信仰に倣って、信仰を深めたいものです。
      そして、
    その生き様で、人々をイエスの元に連れて行き、キリストの兄弟姉妹母になりたいものですね。

皆様!
御訪問に感謝申し上げます。
厳しい寒さが続きますね。 こんな時は、暖かくして、読書三昧と致しましょう! お元気で!

コメント

『終活』…断捨離。 そして 『天と地をつなぐ梯子』

2017-01-23 06:00:00 | 聖書。聖書勉強会。教会。日常の信仰生活。


          私の場合は、就活ではなく、『終活』 が旬。

   
   終活と云えば、断捨離。           今日は、徹底して、11袋 と大箱1個。

   天国へは、は持って行けない。
        天国へは、『この世での生き様』を持って行くのです。

神は、『人の人生に報いる』と言われます。 人は、死後、この世での生き様に合った報酬が頂ける。

    『わたしは天からこう告げる声を聞いた。「主に結ばれて死ぬ人は幸いである。」と。
    ”霊も言う。「然り。彼らは労苦を解かれて、安らぎを得る。その行いが報われるからである。」』
                                                        ヨハネの黙示録 14-13

    物を沢山持つと・・・
    部屋が片付かない。 足の踏み場もないようでは、部屋が美しくない。シンプルな空間が最高です。
  同様に。
    雑念が多いと・・・
    心が片付かない。雑念に遮られて、真実が見えなくなる。 シンプルな 心が最高なのです。

       『終活』の、一番大切なことは、物も心もシンプルにする。 ことかもしれません。
             『天国への梯子』は、身軽でないと、登りきれませんからね。


そして。

今日は1月23日。年間第三月曜日。

早朝、ランニング途中で、プロテスタント教会の『掲示板・今週の一言』のチェックをしました。

    『今週の一言』 = 『天と地をつなぐ梯子』

『梯子』と言えば・・・

                 『ヤコブ』

べテルで野宿した時・・・   『夢を見るヤコブ』            

  旧約の時代に、最も尊敬された3人の族長(アブラハム、イサク、ヤコブ)の一人。
        イサクとリべカとの間に生まれた双生児の。 

    詭計を用いて、兄エサウから『相続権』『父の祝福』を奪い・・・
      そのため兄の怒りを買い、母の故郷ハランに赴く途中  

 『ヤコブは、とある場所に来たとき、日が沈んだので、そこで一夜を過ごすことにした。
   ヤコブはその場所にあった石を一つとって枕にして、その場所に横たわった。
         すると、彼は夢を見た。

      先端が天まで達する階段が地に向かって伸びており、
      しかも、神の御使いたちがそれを上ったり下ったりしていた。

  見よ、主が傍らに立って言われた。
    「あなたが今横たわっているこの土地を、あなたとあなたの子孫に与える。
あなたの子孫は大地の砂粒のように多くなり、西へ、東へ、北へ、南へ広がって行くであろう。
    あなたがどこへ行っても、わたしはあなたを守り、必ずこの土地へ連れ帰る。
        わたしは、あなたに約束したことを果たすまで決して見捨てない。」
                                                                
創世記 28章 10-15


ヤコブの話は、更に続きます。

    
           『天使と格闘するヤコブ』     レオン・ボナ作品

   母の故郷で、結婚をし、色々の出来事の後、自分の故郷・カナンの地に戻る決意をします。
ヤボク川を渡る時のこと、家族たちに川を渡らせた後、ヤコブ一人が残って野営をすることになりました。

すると、闇の中、何者かがものすごい力で、ヤコブにつかみかかり、激しく戦い、格闘となりました。

      『ところが、その人はヤコブに勝てないとみて、ヤコブの腿の関節を打ったので、
              格闘しているうちに腿の関節がはずれた。

     「もう去らせてくれ。夜が明けてしまうから」 とその人は言ったが、
       ヤコブは答えた。「いいえ、祝福して下さるまでは離しません。」
   「お前の名は何というのか」とその人が尋ね、「ヤコブです」と答えると、その人は言った。

     「お前の名はもうヤコブではなく、これからはイスラエルと呼ばれる。
     お前は神と人と戦って勝ったからだ」と言って、ヤコブをその場で祝福した。
   ヤコブは、「わたしは顔と顔とを合わせて神を見たのに、なお生きている」と言って、
          その場所をぺヌエル(神の顔)と名付けた。』 
                                                          創世記 32章23-33

 こうして、

   ヤコブに、初めての民族の名『イスラエル』が 与えられ、12部族の始祖となりました。
   私たちも、ヤコブが夢で見た『天と地をつなぐ梯子』を上って、神と対面するのです。

皆様!
御訪問に感謝申し上げます。
私たち・若きも老いも、必ず、この世に終わりを告げ、天国への梯子を上る時が訪れます。 
      断捨離で、身も心も軽くしておきましょう!

***********
今日・23日のランニング:10㎞。   1月の走行距離合計:63Km 

6時。1度。 久しぶりに飛び出しました。 寒いなんて引きこもっておれません。

コメント

香り・・・好みは人それぞれ。 そして 『皆、勝手なことを言わず、仲たがいしないようにしなさい。』

2017-01-22 21:59:12 | 聖書。聖書勉強会。教会。日常の信仰生活。

   時々、その気になってつける 『香り』


パヒュームの COCO と ALLURE。 
          ボディーローションCOCO mademoiselleは、乾燥防止に、いつも塗る。

 いつから、つけはじめたのだろうか?
 結婚前からであることだけは確か。 長年、違う香りを買ったことがない。同じ香りばかりです。

 最近は、外出時につけることがほとんどなくなった。
 就寝時に、時々、その気になってつける。 『My香り』に包まれて安心感がある。

  香りは、好みが人それぞれ。 好みが、個性になって、その人らしさになっている。


そして。

今日は1月22日。年間第三主日。
           『今日の使徒パウロの言葉』

       『兄弟たち、あなたがたに勧告します。
皆、勝手なことを言わず、仲たがいせず、心を一つにし思いを一つにして、固く結び合いなさい。』
                                           コリントの信徒への手紙Ⅰ 10章13-17

   使徒パウロは、
   それぞれの考えで、信徒の間に争いがあると聞かされました。
    そんな時・・・
 『福音を告げ知らせるという一つの使命に向かって、心を一つにして下さい。』と勧告したのです。
『福音を告げ知らせるのは、キリストの十字架を知らせることであり、勝手な言葉の知恵ではないのです。』

  福音宣教は、人それぞれの好みでは進まない。 
         個性ある人たちが、心を一つにしなくては進まない。 簡単なことではない。


皆様!
御訪問に感謝申し上げます。
共同作業は、思いを一つにする『強い心』が必要ですよね。 
       皆様は、そんな強い心を支えてくれる『安心感』を、どこで見つけますか?

コメント