マリアテレジアの独り言

日々の生活の中で見つける・・
  小さな感動をつづります。

『RIDGE』ワイン

2008-08-31 06:55:44 | 父の日。母の日。結婚記念日。
        RIDGE ワインを買いました

娘家族をバークレーの地に訪ねる楽しみを、出発前に「私のブログ」に綴りました。

RIDGEのワインに初めて出会ったのは、5年前です。
楽しかったその時の想い出を、鮮明に覚えています。

娘夫婦の友人のIさんに、RIDGE ぶどう園に連れて行って頂きました。
初めてのワイナリー訪問に、私の期待は大変なものでした。
うねうねの山道をどんどん登っていきます。 両側一車線になり、対向車が来るのが怖いような山道をのぼっていくと、「RIDGE」の立て看板がありました。

4月のその時には、まだまだ小さい葡萄の木を、珍しく眺め、
続けて、数人のアメリカ人と一緒に、テイスチングを楽しみました。
ワインを愛する人達が、美味しいワインをテイスチングする楽しみ方を学びました。

テイスティングの後は、
葡萄の赤ちゃんの見えるピクニックエリアで、
Iさんが用意して下さったバケット、ハム、チーズ・・・で、
外のランチを楽しんだのです。
小さなお子さんお二人と一緒に訪ねたのですが、楽しい楽しい時間でした。
いくつかの家族グループや友人グループが、ピクニックエリアの食事です。
日本も米国もおなじ、休日の一時の姿ですよね。

その時に、ワイナリーで買って日本に持ち帰った、『RIDGE』ワインを、
ワイナリーで3年間・・そして・・我が家で4年間・・7年間寝かしたワインを、
バークレー出発前に飲みました。

そして今日、『RIDGE』ワインを新たに、仕入れました。
残念ながら、ワイナリーで買うことは出来ませんでしたが、手に入れました。
日本に持ち帰り、叉4年間寝かせて飲むのでしょうか?
2012年に飲むのですか 飲みたい人は我が家に集まって下さい!!
すぐに、飲みましょう!


『RIDGE Vigneraed』のHPを楽しんでみて下さい
 
コメント

『試飲』

2008-08-31 04:20:11 | 父の日。母の日。結婚記念日。
『NUMM NAPA WINERY ツアー』の後は、気持ちいいテラスで、テイスティング

DVX の3種類のテイスティング!
「 DVX Rose 」は、その美しい色を見ているだけで、幸せになれます。
「この世に生まれこれて、幸せだったな~!」な~んてね!!

暑い日に、葡萄畑の美しく広がる緑を眺めながら、おしゃれなテラスで、
スパークリングワインをサーブされ、過ごす時間は最高です
私は、なんてたって!シャルドネ比率が高いワインが、自分の好みです!

「ツアー」は、無料なんです 100%の満足度です
6人以下のグループの参加は、予約なしでOKです。
テイスチング料金は、6ドル~25ドルまであります。
  機会がありましたら、必ず参加してみて下さい。満足を保証します


コメント

『MUMM NAPA WINERY』(マム・ナパ・ワイナリー)

2008-08-31 03:33:23 | 父の日。母の日。結婚記念日。
  澄みきった快晴の今日は、『NUMM NAPA WINERY』訪問
(『NUMM NAPA』のホームぺージには、生年月日を入れて入ります。
    素晴らしい『MUMM NAPA』の世界を、楽しんで下さい

9:40出発 街を過ぎて、車を1時間半ほど走らせると、灼熱の太陽を浴びて美しく育つ葡萄畑が、限りなく広がります。

今日は、「マム・ナパ・ワイナリー」の訪問です。
5年前の訪問を思い出し、懐かしさでいっぱいです。
『MUMM NAPA 』の地に、再び立てる幸せと喜びと感謝で、心が躍ります。

『MUMM NAPA』には、「MUMMスパークリングワイン・ツアー」があります。
ワイナリー内を、歩きながら、説明を聞くツワーです。
説明員の人は、私達(いや私でした!パパもママも英語専門家でした)にも配慮して、はっきり話してくれるので、説明も流れも、とても分かりやすいです。
木の樽や、スパークリンの香りが満ちていて、さわやかです。
ワインの製造過程の現場見学は、とても興味深く、「ワイン好き」には必見かもしれません。
「ワインの製造過程を見ずして、ワインを語るなかれ!!」 って、感じになるほどに、発見の連続です。
今回の『MUMM NAPA』訪問は、メグも一緒の訪問となりました。
家族が一人増えて大きくなるのは、家庭が豊かになっていくことで、
   『ワインの熟成』に、似ているのではないかしら?
     メグちゃん!! バアバは祈ります
「あなたにも、たくさんの素晴らしい出来事が、いっぱいいっぱい訪れて、
         『熟成人生』になりますように!!」
      
コメント

『近所の家 =3』

2008-08-30 13:04:43 | 父の日。母の日。結婚記念日。
  アメリカの家は、門扉のある家が少ないのが、特徴でしょうか?

きれいに手入れをされた家々を見て、
「私も、帰ったら庭の掃除をしましょう~!」なんて、
     元気をもらいました。
コメント

『近所の家』 =2

2008-08-30 12:58:05 | 父の日。母の日。結婚記念日。
    日本の家とは違った趣の、アメリカの家です。

一つ一つの家が、それぞれに素敵です。

家って、家主の好みが、全部表れますよね。
お人のお宅を訪問すると、
「ああ! この方の家らしい!」な~んてね。
「ええ! この方は、こんなお家をしつらえる方だったのね!」なんて、新たな発見をしたりもしますよね。

「その人らしい」事は、全部好きです。

コメント

『近所の家』=1

2008-08-30 11:40:41 | 父の日。母の日。結婚記念日。
      近所の散歩も楽しみです

アメリカの映画の中で、アメリカの人達の家々を沢山観ます。

それは、ちょぴり夢の世界の家、のように思えます。
娘家族の住む近くは、住宅街です。
散歩の私は、そんな家々を見て歩きました。。
「どんな生活があるのかな~?」とか、
「どんな方が住んでおられるのかな~?」 
素敵な一軒一軒の家を見ながら、想像を膨らませました。

何件かの家を、写真に納めました。
何軒かのお家を、紹介しますね。

日本の娘家族の住む街は、城下町です。
そのしっとりとした、落ち着きと古さが、私は大好きです。
城下町の記念館や家々や風景の写真を、朝のランニングのどなたもいない時間に、沢山撮って、その写真を楽しんでいる私です。

コメント

理想の『本屋』!

2008-08-30 04:57:27 | 父の日。母の日。結婚記念日。
「ドライブ」で外の空気を楽しんだ日の次の日は、
       「読書」で自分だけの時空を楽しむ日です

孫のメグが、最近とても本に興味を持ちます。
いつも本を読んでいる学者の両親の側にいるのですから、そうなって当然ですね。

バークレーに来る前は、日本語の絵本を次々に、メグに読み聞かせる両親でした。
バークレーに来てからは、英語の本を次々に、 読み聞かせられるメグです。
バークレーに住むメグは、2カ国語の本を、 その時の気分で選んで開きます。

ママは、今日もメグの本を買いに、本屋に行きます。
『本屋』が、本当に素敵な世界なのです。
私の大好きな映画 『You've Got Mail』の中の『本屋』が、ここバークレーの街にも実存していました。

ニューヨークで評判の児童書の老舗である小さな絵本の店「街角の店」を経営する主人公を演じるメグ・ライアン主演の『You've got mail』を、ご覧になりましたか?
映画の中での、いくつかのシーンを、私は非常に興味をもって観ました。
「お弁当とお茶を持参した男の子が、メグライアンの本屋の中に在る子供用の机に弁当をのせて、本屋の本を探してきて読む!」 素敵なシーンを鮮明に覚えています。
「ニューヨークの本屋さんって、今はこうなってるの?」って、感激しました。
「向き合いの大型本屋さんでは、本屋の中にコーヒー店があって、大人はそのコーヒーを飲みながら、本屋の本を読んでいる」 シーンもしっかりと覚えています。
「こんなの、映画の中だけのシーンよね?」って、思いました。

今日、娘が行った近所のショッピングセンターにある「本屋」は、あの映画のとおりでした!!
児童書をまとめて売るコーナーは、まるでお家の居間のように、座りやすい椅子や机がセットされています。  家族がそこで、店の本を読んでいます。 
おじさまが、コーヒー片手に児童書に読みふけっています。
レジの近くには、コーヒー店があります。  大人の人達が、コーヒー店の椅子に座りコーヒーを楽しみながら、本を読んでいます。
    私は、感激して、心の中は大興奮です。

今日の「本屋」はショッピングセンターの中にある店なので、
ニューヨークで評判の児童書の老舗である小さなメグライアンの「絵本の店」のような重厚さはありませんが、映画のお店と様式は同じです。 大感激の私です。
写真は、そのお店の子供コーナーの一部です。 左端で本に夢中の家族が写っているのが、分かりますか?

今の子供達の本離れを、嘆く大人です。
アメリカの『本屋』が、子供の本好きを生むのかどうかは、分かりません。
でも、本に触れ本に親しむ経験を、子供に与えるのかもしれません。
大きな改革を始めるには、小さな事から始めるしかないでしょう。
日本の本屋に、アメリカの本屋のコピーを要求するのは、無理でしょう。
せめて、自分の家の中には、『メグライアンの本屋』の雰囲気を作って、子供を本好きに育てたいものです。

映画の中で、「You've got mail!」のチャットの着信音が聞こえてくると、「何を話すんだろ~?」って、私まで期待に胸躍らせていましたっけ
   実は!! 私の携帯電話の着信音も、『You've got mail!』 なんです。
コメント (2)

『交通渋滞緩和』・・・アメリカ交通事情=その4

2008-08-29 17:42:55 | 父の日。母の日。結婚記念日。
    世界一?の交通量の『ベイ・ブリッジ』

『ベイ・ブリッジ』は、
娘家族の住むバークレーの街と、サンフランシスコ湾の中心部を横切り、
東岸のサンフランシスコを、直結しています。
アメリカで最も混雑する橋といわれて、一日に27万台の通行量があるそうですが、
車の混雑はあまり見られません。
(私は、通勤時間に橋を渡ったことがないので、その時間帯はこんでいるかもしれません)
写真は、サンフランシスコに向かう私の乗った自動車が、ベイ・ブリッジに差し掛かった時に、撮った写真です。
    混雑していないでしょ。

バークレー滞在中に、いろいろの「Free Way」を走りましたが、
幸いに、私は自動車の渋滞に出くわしたことは、ありません。
(さすが、サンフランシスコのダウンタウンの近くは、そこを脱出するまでは、車の列はありました)

自動車の渋滞とか、交通渋滞緩和について、米国と日本は比べられないかもしれません。  米国は日本と比較できない広さがあるのですから。

今日ベイ・ブリッジを走っている時に気づいた、橋の事情についてです。

両区間をつなぐ橋は、5車線道の2層(1,2階)で、合計10車線を確保してある。

娘家族の住む東側からサンフランシスコに向かう、西向き車線は、上層で景色が良く、4ドルの有料となっています。 (復路は無料で、往復で4ドル)
(車に3人以上乗っていると、4ドルも無料になるのです!)

サンフランシスコに向かう、橋に入るための料金徴収所は、10レーンも設置されていて、交通渋滞が起こらないように、配慮されています。
3人以上乗った人の車の通るレーンが、料金徴収レーンと別に、2レーン設置されています。
合計12レーンの、料金徴収があるのです。 車は、どんどん流れます。
   (レーン数は、私の覚えです。正確でなかったら、ごめんなさい

サンフランシスコに向かう、西向き車線の料金所を出るとすぐに、料金を払った人が車の飛び出しをするのを禁止するために?、信号が設置されてある。(事故になると、渋滞しますものね)

橋の混雑を少なくするために、地下鉄を作った? 
(便利な地下鉄が、広い範囲に、通っています)

こんな簡単な事情だけの、橋の交通緩和ではないのは、よく分かります。
あまりにスムーズに流れる交通事情に、非常に感心した、私の気づきです。 

『交通渋滞緩和』で、アメリカ交通事情のポイント上がりますよね。

ベイ・ブリッジも叉、私の青春時代を思い出させてくれます
有名な『卒業』の映画で、主人公がバークレー大の生徒のヒロインに会いに大学まで行くのは、ベイブリッジを通ってでした。 叉結婚式を執り行っているヒロインを奪い去るために、猛スピードで自動車を走らせるのも、ベイ・ブリッジを通ってでした。
『卒業』を若かりし日に観た方は、私と同じ中年真っ盛りの方でしょう。
中年の皆様! ベイ・ブリッジも青春時代も懐かしいですね
       今でも青春していらしゃいますように!!
コメント

『有料道路の安値』・・・アメリカ交通事情=その3

2008-08-29 11:39:07 | 父の日。母の日。結婚記念日。
        今日、ベイ・ブリッジを渡る用事が出来ました。

ベイ・ブリッジは、娘家族の住むバークレーの街と、サンフランシスコ湾の中心部を横切り、東岸のサンフランシスコを、直結しています。
2層(1階2階)の、各層5車線、合計10車線の、非常に美しい橋です。

娘家族の住む東側からサンフランシスコに向かう、西向き車線は、上層で景色が良く、4ドルの有料となっています。 (往復4ドル)

車に3人以上乗っていると、4ドルも無料になります。
3人以上乗った人の車の通るレーンが、料金徴収レーンと別に、2レーン設置されています。
3人以上乗った無料車が通るレーンに、人数をチェックする人はいません。
    これって、すごいことだと思いません。 人を信用するってことでしょ

サンフランシスコ方面から家にもどる、東向き車線は下層で景色が悪く、無料

ベイブリッジは、1936年に開通(72年前)     明石大橋は、1998年開通(10年前)
        往復料金 410円(4ドル)        往復料金 8500円
         10車線                   6車線
        全長 13.5km               全長 13.1km
        毎日27万人の利用者          利用者数激減

私は、明石大橋の見える所に住んでいますが、明石大橋は通行料金の高額のため、先ず大橋を利用することはありません。
渡る必要のある時には、少々面倒なのですが、乗り合い一般バスを利用します。

明石大橋は、通行料金が高いため毎日の橋利用者数が少なく、利用者負担方式の建設借金返済は、返済どころか、借金を増やしている実情です。
ベイブリッジは、国民の税金によって、国民負担の建設借金返済方法のようです。夫の知識は正しいのかしら?

ともかく,立派な高速道路の利用料金が、米国では、無料が多いです。
日本は、(大橋との比較で分かりますでしょ?)高すぎると思いませんか。
利用料金が高いので橋を利用しない。 収入が減るから利用料金を上げる・・・と、うまくいきません。 米国の方法を、真似できない理由があるのでしょうね
 
写真は、ベイ・ブリッジ橋料金支払い所です。 10レーンほどもあります。
3人以上乗車の無料車のための2レーンも加えると、12レーン

『有料道路の安値』は、アメリカ交通事情のポイントです。


        
コメント

『片道5車線道路』・・・・アメリカ交通事情=1

2008-08-29 08:06:01 | 父の日。母の日。結婚記念日。
      アメリカは、『自動車大国』 です

誰がなんと言おうと、アメリカは、「世界一の自動車大国」です

アメリカの道路を、世界中の車が走っています。
BENZ,AUDI,GOLF・・・そして沢山の日本車TOYOTA,HONDA,NISSAN・・・・
勿論米国車のJeep,DODGE,CHRYLER・・・も。・・でも心なしか、少なめです。
そして韓国車のKIAを多く見つけるのは、韓国の世界への台頭を語るようです。

バークレー滞在中に、いろいろの方から、米国車の低迷を聞かされました。
車に対する、世界のポリシーも個人の好みも、大きく変わっていく時代の流れは、
世の中の大きな変化を生んでいるようです。
いろいろの事情があって生まれる世の中の変化には、
私も勉強しながら、しっかりとついて行かなくてはなりません!!

今日は、ちょっとだけ遠征して、ドライブを楽しみました。
走る道路は、片道5車線道路でした。
本当に、道路が広~~~い!!
5車線のお陰で、渋滞とは縁がなく、車はビューンビューンと走れます。
しかも!!  走る道路は、「Free Way」です。 無料なんです
(私は、「Free Way」を高速の総称と思っていたのですが、
それは高速道路になっている、無料の一般道路の総称のようです)
広い米国!!距離的には遠くても、5車線のお陰で、目的地に安全運転が出来ます!

国中を網羅したしっかりとした 『Free Way』は、「世界一の自動車大国」アメリカの象徴です。
『片道5車線道路』はアメリカ交通事情の最大ポイントです。

25年前の米国で、国際免許と自分の車を手にした嬉しい私は、早速ドライブに出かけました!!
一般道路から高速道路に乗った上機嫌の私は、身に沁みていた日本の左側通行運転の感覚で,高速に乗ったときに逆走していました。
猛スピードで走ってくる自動車が鳴らすクラクションのすごい音で、逆走に気づいたのでした。   無事に、車をかわしましよ
左側通行に慣れた日本の皆様!!!  
    米国での初運転には、充分にお気をつけ下さいませ!!

コメント