マリアテレジアの独り言

日々の生活の中で見つける・・
  小さな感動をつづります。

最後の晩餐

2009-05-30 19:00:00 | 父の日。母の日。結婚記念日。
「これは わたしの体。これを食べる者は 永遠に生きる。」(神の最後の晩餐の言葉)

「この晩餐は歓送の印。これを食べる者は 無事に帰る。」(夫の最後の晩餐の言葉)

最後の渡米準備:家中の大掃除と、荷造りをすませ、渡米準備も完了。
夫は、義兄がおくってくれた120個のにんにくを干して乾燥させておいたのを、
皮をむいて醤油に漬けこむニンニク醤油造り、を担当。

残るは、長い月日を離れて過ごす夫との、別れの「最後の晩餐」です。

今晩のために(いやいや!違います!偶然です!)、
2004年4月26日購入、5年と1カ月間我が家のワインセラーで眠っていた
ALTER DE PALMER MARGAUX 2002 7年物をセラーから出して・・・。
(購入時のエノチカ店のメモには「10~15年寝せると最高!若くて飲むのも良しか?」と。)

最後の晩餐の食材を探しに、パントリーへ・・・。
 夫の選ぶ物は決まっています。私の大好物のステーキとかびテーズとベビーリーフ。

2002年物のマルゴーは、口当たりも香りも良くて、何かと一緒に食べるのがもったいない!?
 薄くて小さなバケットにたっぷりのせたテーズだけで、どんどん進みます。

ワインの熟成度は、「香りや口当たり」が語ります。
 「飲んでいるのも忘れるほどに、口に含まれていく」って、感覚です。

夫婦の熟成度は、「相手への心の広さ」が語ると思っています。
 「相手を100%受け入れられる愛の深さ」ってこと?空気ではなく水の関係!

ワインの熟成度と夫婦の熟成度は、何か似てるかな って思いながら・・。

最高の充実した豊かな時間の流れた、今宵の「最後の晩餐」でした。

「この晩餐は感謝の印。これを食べた私は 無事に帰る。」(私の最後の晩餐の言葉)
コメント

ジャンボ・アメリカ!!

2009-05-30 12:00:00 | 父の日。母の日。結婚記念日。
     孫が通う幼稚園で、今日、孫の二歳誕生会

目の前に出された、可愛くて大きくて独創的な、誕生日ケーキ

大きさも、独創性も、甘さも・・・と、ジャンボです。

すべてにジャンボなアメリカにむけて、私もいよいよ明日出発です!

経験も、思い出も、ジャンボにしたいものです!
コメント (2)

便所掃除

2009-05-30 06:00:00 | 父の日。母の日。結婚記念日。
朝ラン時にいつもお世話になるトイレについて、以前ブログに書きました。

   いつも綺麗になっている公衆便所

『どなた』が掃除をして下さるのか? 掃除器具はどうしているのかしら?
自分は掃除をすることもなく、使わせて頂くだけ。 感謝してね

今朝、その『どなた』を、見つけました!
若い女の人でした

犬を木につないで、自分は掃除ブラシで、一生懸命に便器を洗っておられました。
掃除器具も、持参のようです。

私は、ただただ感謝して、頭を下げて・・走りすぎました!

近くの地下鉄駅前ロータリーでは、朝早くから掃除をしている家族連れを見かけます。
私は、ここでも、頭を下げて・・・走りすぎるだけ!

世の中、見えない所で、ひっそりと黙々と、社会のために働く人がいます。
世の中、社会のために働く人を見かけても、手伝うでもなく走りすぎる人もいます!

早朝ランで、気づく事が沢山あります 先ずは、自分の馬鹿さ加減!に気づく!

いよいよ、明日はアメリカに出発です。

私は、公衆便所ではなく、家の便所を掃除して、家中の大掃除をして、渡米準備完了です。

便所掃除を入念にして・・押入も磨き上げ・・綺麗に綺麗にして、終わったのは夕方の6時!!

夫は、兄の送ってくれた120個のニンニクを、干して乾かして置いたのを、
皮をむいて・・醤油につけて・・ニンニク醤油を作ってくれて、半日でした!
毎年漬けてるニンニク醤油。 
  少なくとも3年寝かせた物を、料理に使います。(手間暇かかります)

一段落で、ゆっくりと、最後の晩餐です!

写真は、今年最後の、我が家の蘭です。


コメント

二人は一人? 一人は二人?

2009-05-29 14:00:00 | 父の日。母の日。結婚記念日。
『主の怒りでわたしは満たされ それに耐える事に疲れ果てた。』(エレミア)
『それをそそぎ出せ』(神)  エレミア書6章11節

今日の夏休み前最後の聖書100週間クラス(聖書通読クラス)は、エレミア書の分かち合いでした。

「私が命じる事をすべて、私に代わって、民に語って欲しい」と、神から頼まれた預言者エレミア。
 
語りながら年月を重ねていく・・・と、主の考え(怒り)が、エレミアの考え(怒り)となり、
エレミアは神と一体のようになります。 「二人は一人」ってな具合にね。? 

『主の怒りでわたしは満たされ それに耐える事に疲れ果てた。』と、つぶやくほどにね。

『それをそそぎ出せ』と、神は、エレミアを励まします。

大好きな人の喜びや悲しみが、我が事となる感覚 は、分かりますよね?
私も、それ程に、友人と家族と深く関わって、濃い人生を送りたいです!

今日の聖書仲間も、同じ経験をなさっていました。

大好きな友人が、聖書クラスと同じ時間に、大きな手術を受けておられ・・・
仲間は、苦しむ友と一体となり、手術の成功を祈られました。
「二人は一人」になって、心を一つにして、祈っておられました。

明後日から、大好きな!夫と分かれて、一人アメリカに立つ私は、
自分の心を二つに分けて、一つを夫のそばに残していきます。
 これは、「一人は二人」って事ですよね

私の都合(渡米)で、聖書クラス夏休みが、2ヶ月程も早まってしまいました!
そのため、夏休みの宿題が出ました!!「エレミヤ書を毎日1章読むこと」
エレミヤ書だけをコピーして、小リーフレッットを作成(写真)
  どこへでも持ち歩きやすいし、読みやすいからね! 
コメント

四万十川 100km ウルトラマラソン

2009-05-29 10:00:00 | 父の日。母の日。結婚記念日。
10月18日(日)開催予定 の第15回四万十川100kmウルトラマラソンに申し込みました。

今年も、昨年参加の隠岐の島100kmウルトラに、参加したかったのですが、アメリカ滞在中で、断念。
10月の四万十川ウルトラにしました。
制限時間:14時間。 ずいぶん厳しい大会です。 相当量の練習が必要です!

昨年、100kmウルトラ初出場の隠岐の島の私は14時間ちょっと。四万十14時間なら惨敗になる速度!
私の一年後は? 経験が役立ち早く走れるのか いや!年寄りの1年は、実力は確実に落ちるのか
   私の身をもって、生体実験といきましょう!!
走り出して直ぐに、600mの山を一気に駆け上らなければならないコース。 これは大変です!
アメリカ帰国後の集中練習期間は1ヶ月ちょっと。 ”練習時間が足りないよな~”って大変な不安があります!
  
昨年四万十川の、女子完走者は、完走率68%の125人。 (男子は、たったの 46% の585人)
  ずいぶん低い完走率は、コースの難しさを表しますよね 

参加希望者が多いのか? 参加枠が小さいのか?
 申し込みの後、抽選です。 当選しないのを望んでいたりして

勿論!当選を願っています 

アメリカでスポーツジム入会の手続きを、娘夫婦がしてくれました。
  アメリカに行っても、ひたすら、トレーニングの日々になるのでしょうか?
コメント (2)

渡米準備④歓送会

2009-05-27 12:00:00 | 父の日。母の日。結婚記念日。
今日も、渡米準備の話しで、申し訳ありません。

渡米準備にも、いろいろとあります。 今日は、『歓送会』。

息子夫婦が、「元気で楽しんでこいよ!」と、歓送会を開いてくれました。

『神戸イタリアンレストラン ピノッキオ』

IN MEMORY OF YOUR VISIT
The PIZZA you are enjyoying is the No.1165340 since we established Our PIZZA HOUSE PINOCCHIO 1962
  ピザの皿にのせてきた、素敵なメモ書き

創業1962年 は、47年前の昭和37年。 私が16歳(高1)の時。
「そんな頃から、この地(元町の上)に、店を開いていたのだ~」と、感激です!
   ハイカラな街・神戸ならではの、イタリアンです

そおいえば・・・。
「小学校卒業(12才)まで住んでいた神戸で、父母と街をかっ歩するのは
 元町やセンター街(その頃からすでにあった)、この辺りだったな~」と懐かしく思い出しました!

創業以来のピザの枚数を数えているのも、すごい事です!!
 47年目今日の私達の昼食で、1165340枚目。(1165339枚目も食べました) 
  平均:年間24795枚、月間2066枚、一日69枚

小さな店ですが、ピザもスープも貝の酒蒸しもetc・・もgooで、大したものです。
年月を重ねたものだけが獲得できる、風格と落ち着き、がある。荒波にさらされた後に出来る重厚さ!

息子家族と、”さよなら~。元気でね~。”
     娘家族と、”こんちは~。よろしくね~。”

今日も、7月26日のサンフランシスコ・フルマラソン応援の応援団結成でした。
応援団団長は、結成の度に、大きくなります。(写真)
  ”フレ~! フレ~!”てエールでした!
ウルトラランナーさんの、今日のブログに書き込まれた、ちょっといい記事
●お地蔵さんのひとこと~
    『真剣だと 知恵がでる
      中途半端だと ぐちがでる
       いいかげんだと 言い訳ばかり』
コメント

渡米準備③「荷作り」

2009-05-27 10:00:00 | 父の日。母の日。結婚記念日。
   アメリカ生活必需品の入った、大きなスーツケース、を発送しました。 

神戸から成田空港まで、重くて大きいスーツケースを持って歩かなくても、
出発4日前の今日、私の家まで荷物を引き取りにきてくれて、
私が乗る飛行機の飛び立つターミナルまで、運送屋さんが運んでおいてくれます

渡米準備③は、荷作りです。

必ず持って行く物を、昨日のうちに、買い出しておきました。
  (夫が一緒に探してくれた。感謝!

娘の注文品: 米。缶切り。菜はし。キッチンタイマー。乳児用爪切り。
婿の注文品: 「認知構文論」(ページを開いてみるが、難しい!)
私の必需品: ①マラシン大会用品(サングラス。ポシェット。帽子。ウエア。)
 ②日焼け止め(5個)髪染剤(5箱)化粧水(5本)とお手入れマスク(10袋)

毎日走って、顔を陽にさらしている、無茶な私
ごあごあになる肌に、朝晩、安物化粧水をたっぷり含ませた”お手入れマスク”を貼り付けています。
実際、”お手入れ”に役にたってるのかしら?気休めに過ぎない?

スーツケースに入れる残りの品は、お洋服!!

あのレストランに行くときは、これを着ていきたい!
こっちの食事には、このファッションで!!
街をかっ歩するときには、このジーンズを!!
画材屋を訪ねるときには、サイケ調で!!!
ワイナリーは、絶対これよね!!!  な~んて、増える増える洋服です!!!

荷物の制限は、2個で、各23kgまで。 超過です 減らさなくちゃ~

でも、娘は、私の洋服がすっかりしまえるドレッサーを用意してくれたので、
安心して持っていけます!

今日、靴屋「STEP」に、注文しておいた
サンフランシスコマラソン用のラン・シューズを取りに行ってきました。
私の相手をいつもしてくれる、「STEP」のYさん。

「僕の父が、マラソン1歳刻みランキング・男子55歳の部で、『19位』でした。」ですって!!
 3時間3分17秒!!立派です! お見事です!

渡米準備③、「荷作り」も・・
 JAL宅急便屋さんが、夕方7時に荷物を引き取りに来てくれて、無事終了です!

日本でのラン練習は、残す所、出発の31日までの4回です
  ラン練習も、欠かすことの出来ない、渡米準備です!
コメント

過当競争

2009-05-25 10:00:00 | 父の日。母の日。結婚記念日。
   大不景気の世の中で、店は、客集めに必死です。

超目玉商品を目玉に、客を呼ぶ。

近所のショッピングモールは、月曜日に・・。
 「先着1000名様に、神戸市指定ゴミ袋10枚を進呈」で、客寄せです!

私も走りました 1時間遅れで、勿論、袋の残りはなし
もらえない私は、ショッピングモールに寄ることなく、銀行に寄るだけで帰宅。
ゴミ袋で客寄せを期待した商店街は、店に入ってくれなくては、効果なしですよね!
 (袋をもらえない上に、店の政略にひっかかっては、私の負け?
   そう簡単には、店の戦略に引っかからない消費者です!!)

目玉商品で、客を集めるのは、良心的な店と信用します。
大不景気の世の中で、企業も、自社製品を買ってもらいたくて、客集めに必死です。

しかし・・・!!写真が何かお分かりですか?

某有名乳製品会社の、ヨーグルトです。
スプーンで2さじすくい上げると、そこに穴が出来、水たまりになります。

近くのスーパーで、写真のヨーグルトが、最近、大変な値下げが続きます。
1パックで、今までの199円より70円ほども安く、129円で売られています。

129円安売りが、客寄せの目玉商品、と思っていました。

しかし・・・。
更に、違うスーパーでも、同じ某有名乳製品会社のヨーグルトの値下げ、が続きます。

私は、ランニング体を作るために、1日2/3箱のヨーグルト(400g)を食べます。
毎日の事なので、安いのは助かります。

しかし・・・。
あっちから見ても・・こっちから見ても・・このヨーグルトは、最近変なのです!

新しい箱を開けると、表面は5mmほどの水?
  (あまりに水?が多いので、まず捨てます)

2さじほどすくい上げ、器に移すと、2さじ取り出した所は、水たまり(写真)

「ときおり見られる液体は,乳清と呼ばれる乳成分の一部です。安心してお召し上がり下さい」
   との注意書が箱に書かれています。

確かに今までも、ときおり液体が見られました。
しかし、最近は、必ず、毎回、水がいっぱいでてくるのです。
個体の方も、心なし、柔らかく水っぽいのです。

毎朝、夫と同じ言葉を繰り返します。
「これって、絶対に、成分が薄くなっってるよね?」 ってね。

そお思ったら、買わなければいいのです。
でも、同じ箱で、同じマークで、品質が変わっていくのには・・・。
某有名乳製品会社だからこそ、なぜか切られた気になります。

過当競争の今の世の中だから、
 何でも許すというのは、ちょっと違う気がするのは私だけ? 

目玉商品で、大変な時代を乗り切ろうと頑張っている商店の忠実さとは
 正反対の、某有名乳製品会社の商法、と思ってしまいます。

最近では・・・
容器とか、商品が小さくなっているのは、当たり前です。
 しかし・・品質が変わっていなければ、納得します。

利益を求めるのが、会社の至上課題でしょう。 
 でも・・・消費者の信用を、逆なではしないでほしいものです。

コメント

ETC休日特別割引 第二弾

2009-05-24 11:00:00 | 父の日。母の日。結婚記念日。
ゴールデンウイークETC休日特別割引で、大混雑だった神戸の街・・・。

10日後には、インフルエンザ感染問題で、
  ETC休日特別割引も全く利用されない、閑散の街神戸です。

「一寸先は闇」とは、よく言ったものです。
 どんなに順境であっても、おごることなく、地に足をつけていたいと思った次第です。

私達夫婦は、インフルエンザ問題に少し先が見えてきたので・・・

「ETC休日特別割引」の特権を使って、5月24日の日曜日の今日、
 四国・徳島まで、明石大橋と鳴門大橋を渡って、讃岐うどんを食べに行こう!」
   って、意見の一致です!

ゴールデンウイークは車で埋まっていた明石大橋も、今日は車がありません。

美しい新緑に囲まれた淡路の高速道路のドライブを楽しみました!

私達の専用道路のように、地元の人達の車も走っていません。
「ドライブなんて、慎むべきだったのかしら?」なんて言ってみても、後の祭りです。

明石大橋→鳴門大橋と二つの大橋を渡り。5000円の料金が、1000円でした。 
   (往復1万円が、2000円!!)

徳島・讃岐うどんの『丸亀』まで、家から1時間で着いてしまいました。

久しぶりの、『丸亀』の讃岐うどんに、舌鼓でした!

「忘れていたね~。この讃岐の太さと、こしの強さをね~。」なんて、大満足です。

夫は、「焼うどん」(和風チャンポン麺?) 930円。
私は、「ざるうどん」(写真)546円。 麺類は、麺そのものを味わうのが大好きな私。
 しこしこと、味わい深い讃岐うどんは、美味しい!

うどんでお腹を充たした後は、『鳴門市賀川豊彦記念館』で心を充たしました。

恥ずかしながら、賀川豊彦を、私は殆ど知りませんでした。
  夫は、良く知っていました。 夫の説明付きの会館巡りです。

賀川豊彦は、
1888(明治21)年に神戸で生まれ。
5歳から17歳まで、幼くして両親を亡くした賀川は、父の故郷・鳴門市で過ごす。
16歳(明治37)で、二人のキリスト教宣教師の影響で、洗礼を受ける。

その後、明治学院神学科で、キリスト教や哲学、心理学などあらゆる分野を学ぶ。
21歳(明治42)で、神戸のスラム街に移り住み、社会的弱者の救済活動に身を投じ、日本の社会運動の草分け的存在となる。
25歳(大正2)で、生涯の支えとなったハルさんと結婚。二人でスラム街で悪戦苦闘する。
26歳で、スラム救済活動に限界を感じる。

26歳(大正3)で、アメリカプリンストン神学校・大学に留学。
29歳(大正9)で、帰国。

帰国後、『救貧から防貧へ』をスローガンとして、
 労働運動、農民運動、普通選挙運動、生活協同組合運動などの先頭に立ち、
  大正デモクラシーの機運を盛り上げました。

世界的な平和運動家でもあった賀川は、
 ガンジーやアインシュタインらとともに徴兵制廃止などを提唱。
 
軍国主義が台頭し始めた昭和初期には、反戦を唱え、
戦後は、一貫して、戦争反対や核兵器廃絶運動を行いました。

67歳(昭和30)ノーベル平和賞の候補にあげられる。
71歳(昭和35)東京上北沢の自宅で召天。
今は、アメリカ・ワシントン大聖堂に、賀川豊彦像として、立っています。

     『友愛・互助・平和』
賀川が提唱した精神は、
 混沌とした現代社会に訴える力を持ち、21世紀を導く指導理念たり得ています。

賀川の自叙伝的小説、空前の大ベストセラー、『死線を越えて』を買い
こうゆう人が、日本を!世界を!変えて行くのだと、賀川の生き方に心を大きく揺さぶられ、
   
 夫と私は、「ETC休日特別割引 第二弾」の旅を、感謝で終えました。


コメント

2008年度・フルマラソン1歳刻みランキング

2009-05-23 20:00:00 | 父の日。母の日。結婚記念日。
   2008年度(2008年4月~2009年3月)開催の国内フルマラソン大会
    完走者・男女別1歳刻み100位までのランキング発表

私は、女子62歳部門・全国ランキング50位台でした!
日本中のフルマラソンをする62歳女性の中で、50数番目の早さってことですよね!
  やりましたよ! 嬉しいものです

友人や家族や夫の応援のお陰、と感謝します。

59歳の私は、全国ランキング47位で、花を咲かせて、50才台に別れを告げました。
63歳になった今年は、目標を、「再度の、40位台のランキングイン」に設定しました!

自分で目標を高く設定しておきながら、走るのはしんどい~!では様になりません。
63歳の今年も、えっちらほっちらと、朝ランの日々になりそうです!

写真は、今年の3月の、篠山ABCマラソン大会前の私(真ん中)です。

陽に焼けるのを恐れて・・・ 
  大きな日差し付きの帽子、長袖シャツ長ズボン、長手袋の私です。
   (寒さよけのためのごみ袋までかぶっています!)

「女を捨ててるのね」と、大会出場姿の私にむけられた友人の言葉。
  ・・友人の言葉に、自分の愚かさに、やっと目覚めた?私です。

「そうだよね~!」ってな具合で、納得し目覚めたわけです。
「女は、いかなる時にも、言い訳なしで、おしゃれでなくては!」ということでした。
アスリートたるもの、日焼けを恐れているようでは、まだまだ半人前?
  
  これからの私のランニング・ファッション?を、ご覧あれ!!
   遅咲きファッションに驚いて、腰ぬかさないで下さいね!

2008年度女子最高齢フルマラソンランナーは、佐賀県の83歳の方でした。
  6時間26分04秒! お見事です!
2008年度男子最高齢フルマラソンランナーは、群馬県の91歳の方でした。
  8時間26分45秒! 尊敬を越えて畏敬の念です!

63才の私なんて、大先輩から見たら、まだまだ、ひよっこです!

今日は、娘の37歳の誕生日! おめでとう!
 「光陰矢のごとし!一年一年大切にしてね!」私からの贈る言葉



コメント (1)