WALKER’S 

歩く男の日日

4月29日 9:52 水床トンネル 638m

2009-06-05 | 09年阿波の旅
 遍路小屋には自転車と野宿遍路のための荷物がいっぱい置いてあった。こんなものまでというような物が積み上げてあった。それが何を意味するのか全く分からなかった。でも、普通にここを休憩場所にしようとする者にとって迷惑なことにちがいない。座る場所は確保できたけれど、すごく居心地が悪い。軽食を摂って、13分で早々に発つ。10分で9つ目のトンネル、歩道に柵もある。このトンネルを避ける古い山越えの道は通行不能になっているようだ。 
コメント

4月29日 9:29 遍路小屋

2009-06-05 | 09年阿波の旅
 コンビニから道の駅宍喰温泉の前を通って5分で遍路小屋へ到着。宿から19kmの地点、なので2度目の休憩をとる。海部駅からここまで6.4kmを59分かかる、例年と同じ、なかなかのペース。
コメント

4月29日 9:23 サンクス

2009-06-05 | 09年阿波の旅
 那佐湾の真ん中あたりが旧海部町と旧宍喰町の境だけれど、宍喰の中心地は4kmくらい先、このコンビニが宍喰の市街の入り口になる。今日の夕食、明日の朝食を仕入れる。このずっと先、東洋町の役場の近くにコンビニがあったけれど3年くらい前につぶれてしまった。
コメント

4月29日 8:30 那佐湾

2009-06-05 | 09年阿波の旅
 一応湾の名前が付いているけれど、細長~い入江という感じ、初めて見た人は川と思うかもしれない。この一番奥がつながっていなければ当然水道ということになる。
コメント

4月29日 8:19 海部駅

2009-06-05 | 09年阿波の旅
 この海部駅に着く前に男性一人を追い越し、逆打ちの若い人とすれ違った。若い人は野宿。若い人はお金がない=野宿、という構図が当然のようになっているけれど、ぼくは常々疑問に思っている。本人が納得しているのなら、他人がとやかく言うべきことではないと承知しているけれど。
 鯖大師からここまで、昨年より1分早い、農道を行った2年前よりも1分早い。昨日からの調子はまだ続いている。もうここで休むことはない。
コメント

4月29日 7:22 Cafeふくなが

2009-06-05 | 09年阿波の旅
 昨年雨の中この前を歩いていたら、奥さんが出てきて声をかけてくれた。すごく嬉しかった。帰ってからパソコンで調べものをしていたら、この喫茶店がお遍路接待所もしていることが分かった。今回はここで休憩することは旅に出る前から決めていた。看板にあった遍路小屋はこの時間では鍵がかかって入れないようになっているのだ。
 昨年より50分くらい早い時間だったので、喫茶店は開いていなかった、人の気配も全くなかった。でもトイレは喫茶店の中ではなく隣にあったので使わせて貰うことができた。そこで水の補給もできた。もうこの先の海部駅に立ち寄る必要はなくなった。
コメント

4月29日 7:16 太田トンネル 94m

2009-06-05 | 09年阿波の旅
 8つ目のトンネル、歩道はある。遍路道ではないのでトンネルを避ける遠回りの道はない。
コメント

4月29日 7:11 分岐点

2009-06-05 | 09年阿波の旅
 国道と遍路道の分岐点にある看板、農道(遍路道)は遠回りと書いてあるけれど、へんろみち保存協力会の地図では農道の方が100m近いと書いてある。当然地図の方を信用して2回目から5回目までずっと農道を歩いてきたけれど、パソコンの地図で正確に測ってみたら、何と、国道の方が近かった。この看板は正しい。ただし、わずか200m、それに国道の方は結構な登り坂もあるので時間的にはほとんど変わらない。
コメント

4月29日 6:54 大砂トンネル 198m

2009-06-05 | 09年阿波の旅
 抜けるとすぐ次のトンネルが待っている。歩道はある。
コメント

4月29日 6:52 鯖瀬トンネル 98m

2009-06-05 | 09年阿波の旅
 早くも本日6つ目のトンネル、歩道はある。遠回りの道もある。
コメント