WALKER’S 

歩く男の日日

ヘンロ小屋第三号

2010-04-27 | 日記
 鉦打トンネルを抜けて100m、あっというまにヘンロ小屋第三号に到着した。駅から24分、標高差が200m以上あるところを登ってきたにしてはいいスピードだった。12時20分、太龍寺下の龍山荘、坂口屋さんからここまで13km半、山越えが一つあるとはいえこの時間にこんな所までしか来られないという人はいないだろう、と思っていたけど、予想に反して若い男のお遍路さんが休んでいた。真新しいきちんとした遍路装束をつけていた。輪袈裟、菅笠、金剛杖に白衣はもちろん、頭陀袋にリュックもお遍路用の白い布製のものだった。リュックだけは一般の登山用のものを荷物の多さに合わせて使用する人が圧倒的に多い。
 荷物の多さから見て野宿遍路ではないことが判ったので、早速「これを一つ持っていって下さい」と遍路宿情報を渡す。ちょっと驚きながらも「ありがとうございます、この小屋を管理されてる方ですか?」と訊くので「いえいえ、これを運びに来ただけなんですよ」と答える。でも意味はよく分かってなかったでしょうね。十分休んでいたようですぐ薬王寺の方に向かって発って行かれた、足取りは重かった、4km前後という感じだった。ここから薬王寺(日和佐)まで14km、5時までに着けるかどうかという感じだろう。
コメント

阿波福井駅

2010-04-27 | 日記

 大型連休を前に、また徳島に行って来ました。今年になって4回目、我ながら本当にバタバタしているなと思う。JR牟岐線は徳島から阿波赤石までは乗ったことはあるけれど、それから先は初めて見る風景。宮部みゆきの「ぼんくら下巻」はザックにしまってひたすら車窓を楽しむ。立江駅の近くからは19番札所立江寺の伽藍を確認することができたし、新野駅の近くでは、22番札所平等寺のあたりの風景を望むことができた。新野駅の一つ先が阿波福井駅、ここから2300m先の遍路小屋まで歩いて往復する。遍路道はその半分くらい、つまりぼくが歩ける遍路道は1kmの往復だけになる。去年この道を歩いたのは4月28日だった。363日前、1年後こんな形で歩くなんて夢にも思わなかった。

コメント

京都駅

2010-04-22 | 10年青春18切きっぷ旅
 50分ほどで京都駅に戻ってきた。本日最後の列車、16時59分発姫路行き新快速の乗り場にはすでに長い列ができている。入ってきた列車の中はすでに満員に近い状態、結局終着の姫路まで席に着くことはできなかった。これで、今回の青春18きっぷの旅はすべて終了。こういう旅もしばらくはできないかもしれない。
コメント

納経

2010-04-21 | 10年青春18切きっぷ旅
 納経所は金堂の北側にある食堂の中にある。入り口に、納経される方は大師堂でお参りを済ませてからにしてください、と注意書きがあった。四国でも同じような注意書きのある札所があった。当然のマナーだけれど、きちんとお参りせず納経だけする人もいるやに聞く。一年ぶりの納経で少し緊張、でも、して貰った後丁寧にお礼をすると、本当に気持ちがすがすがしい。ぼくはもうこれから先納経をする予定はないけれど、お参りした後の納経は、良いものだと思う。しなかったときに比べて明らかに気持ちがすっきりするし、けじめ、区切りがちゃんとできて、次の札所へ向かう力が湧いてきたものだった。
 東寺に来て宝物館に入らないのは、来たことにはならないとは判っているけれど、1時間しかとれないので、お参りと納経だけで精一杯。五重塔も拝観できない。でも京都は近いし、3dayチケットを使えばほとんど無料で来ることもできるから、またの機会ということにしましょう。
コメント

弘法大師

2010-04-21 | 10年青春18切きっぷ旅
 山門を入って左手に弘法大師像があった。高野山には大師の像がないので、ちょっと意外だった。やはり高野山にのみ大師はいまだおはしますなる。
 金堂は大改修の最中でお参りすることはできない。金堂の横を通って左手に続く土塀の門をくぐると大師堂がある。金堂の大きさに比べると、ごく簡素な建物になっている。経本を持ってくるのは忘れたけれど、つつがなく般若心経をとなえることができた。大師堂の周りに参拝者はいなくて、静かに気持ちよくお参りを済ませることができた。
コメント

東寺

2010-04-21 | 10年青春18切きっぷ旅
 京都駅南口を出て1500mで今回唯一の旅の目的地、東寺に到着。駅のすぐそばにある印象があったので、この1500mは思ったより長かった。日本一大きい五重塔はさすがに迫力がある。本山寺や善通寺の五重塔とは比較にならない。
コメント

賀茂川

2010-04-21 | 10年青春18切きっぷ旅
 賀茂川を渡れば終着京都は目の前、15時56分、今日初めて駅の外に出る。この旅最後の目的が待っている。
コメント

宇治川

2010-04-21 | 10年青春18切きっぷ旅
 宇治にやってきた。宇治に来るのも初めて。宇治といえば宇治茶か平等院だけど、ぼくにとってはいけづき、するすみの宇治川先陣争いだ。その宇治川、宇治橋を初めて見てちょっと感激、平等院は写真右奥にあるようだ。
コメント

木津川

2010-04-21 | 10年青春18切きっぷ旅
 奈良の次の駅は平城山、ぼくの高校の校歌の作曲をした平井康三郎の最も有名な歌曲「平城山(ならやま)」を思い出す。でも彼の作曲した曲で最もよく知られているのは明徳義塾高校の校歌かもしれない。
 平城山を過ぎればすぐ京都府にはいる。その最初の駅が木津、木津駅を出ると木津川を渡る。こんな内陸でもこれだけの幅があってちょっとびっくり。
コメント

京都行き快速

2010-04-20 | 10年青春18切きっぷ旅
 15時4分、京都行き快速がホームに入ってくる。ホームには西洋人の観光客が目立つ。ぼくは奈良線の列車に乗るのも生まれて初めて。これで、関西圏のJR線はほとんど乗ったことになる。未だ乗っていないのは、片町線の同志社前と木津の間、姫新線の本竜野以西、関西空港線くらいになる。
コメント