WALKER’S 

歩く男の日日

尾道散歩 (18)

2013-11-08 | しまなみ海道


尾道駅の北250mの所にあるスーパーにやってきました。ぼくの地図ではサティーだったのにイオンに変貌していました。夕食と明日の昼食を調達します。ぼくの泊まる佐藤旅館は朝食はありますが夕食はありません。旅館に着いたのは16時30分、4時間半にわたる尾道散歩はようやく終了、しまなみ海道の書き込みもこれにて終了です。

コメント

尾道散歩 (17)

2013-11-08 | しまなみ海道


千光寺公園、文学のこみちに上がってきました。この「明徳を明らかにす」の文学碑の前が24年前来たとき、最も印象に残っている場所です。

ぼくがこの碑の前に来たとき、年配の男性に呼び止められて、撮影を頼まれたのでした。なんでも若い頃この山口玄洞の書生をしていたということで、どうしても碑と一緒に撮って貰いたいということでした。手渡されたカメラはレンズ付きフィルム「写ルンです」だったことも妙に忘れられません。

文学のこみちで最も有名な「放浪記」の文学碑ですが、カメラが古くてバックのコントラストがうまくいきませんでした。てっぱんダンスの撮影された場所も撮りたかったのですが、時間がなくて見つけられませんでした。

コメント

尾道散歩 (16)

2013-11-08 | しまなみ海道


帰りの尾道大橋から東尾道、松永方面を望む。欄干の高さはみぞおちくらいまであるけれど、とても橋の下を覗くことはできません。高さを意識すると足が震えて普通に歩けなくなります。

ロープウェイ乗り場まで戻ってきたのですが、24年前に来たときと様子がまるで違っています。本当に来たのかなと自信がなくなるくらいです。

有名な猫館の前に来ました。テレビで何回か見たことがありますが実際に来るのは初めてです。でも今日は定休日。

よくある尾道の風景で撮ってみました。天寧寺三重塔は重要文化財に指定されています。

コメント

尾道散歩 (15)

2013-11-08 | しまなみ海道


向島から見る尾道の町並み、初めて見る尾道の風景です。

ちょっと近未来的な洒落た建物ですが、これが尾道市役所向島支所です。橋から3km、市役所から5km、この北西の交差点で明日のDコースが合流するので、ここでデンして、もと来た道を引き返します。

向島支所の北側には天満屋があります。これだけ分かりやすい目印があると迷いようがありません。

コメント

尾道散歩 (14)

2013-11-07 | しまなみ海道


橋を渡ったところに使われていない小さな建物がありました。

尾道大橋は今年の3月末まで自動車、自動二輪、自転車も有料でした。有料道路が一定期間を経て無料になることがあるなんてちょっとした驚きです。

コメント

尾道散歩 (13)

2013-11-06 | しまなみ海道


ようやく尾道大橋が見えてきました。

斜張橋のケーブルが細い歩道のど真ん中にズドンとつながっています。でも、ケーブルの所だけガードレールが切れて普通に歩くことができますし、そんなに危険ということもありません。ただ何百人もの人が連なって歩くとなると、ちょっと問題があるような感じです。スリーデーマーチのコースからこの橋だけが外れたのは賢明な判断だと思いました。

コメント

尾道散歩 (12)

2013-11-06 | しまなみ海道


横断歩道を渡って左側の歩道へ。しばらく行くと階段がありました。

階段を上がってきたところ、地図で調べていたよりもだいぶ近道になったようです。

階段を上がって左折、こちらも最低限の細さですが、ガードレールがあるので安心です。

コメント

尾道散歩 (11)

2013-11-05 | しまなみ海道


浄土寺下から国道を東へ300m、尾道大橋の入り口にやってきました。こちらから入ったのですが、歩道は右側にしかなくてもう一つ向こうの入り口から入るのが正解でした。

向こう側に歩道が見えたので用心しながら横断します。

歩道は最低限の細さ、まあここを歩く人は滅多にいないでしょうから。

コメント

尾道散歩 (10)

2013-11-05 | しまなみ海道


市役所前の大通りを東へ500m歩いて突き当たったところに「転校生」一夫の家があります。谷尾畳店の看板がありますが、映画では「駅馬車」のポスターが貼っていたような記憶があります。左に折れるとすぐ浄土寺下、国道2号に合流します。

コメント

尾道散歩 (9)

2013-11-04 | しまなみ海道


市役所の前におのみち映画資料館があります。

こちらは来る前から見学するつもりだったので、迷わず入館しました。
展示は小津安二郎監督と新藤兼人監督の資料がほとんどで、大林作品についての展示は全くありませんでした。あまりに見事にないので変な詮索をしたくなったくらいです。

入り口横に、尾道三部作、新尾道三部作のロケ地マップがひっそりと置いてありました。

コメント