WALKER’S 

歩く男の日日

宿の予約

2015-03-30 | 日記

 旅立ちまで6日となったので、予約を入れました。14日目までつつがなくといいたいところですが、14日目だけ予定の宿が取れませんでした。1日1組限定の宿で土曜日でもあったので、一般の観光客にとられたのかもしれません。19日も前に入れて駄目なら納得するしかありません。3週目以降の宿は四国に入ってからにします。

コメント

鶴風亭

2015-03-26 | 日記

 昨日、鶴林寺の登り口のすぐ手前にある新しい遍路宿、鶴風亭に泊まられた佐藤さんからショートメールが届きました。とても親切で思いやりのあるご夫妻でいいお宿だったということです。ホームページを見て想像した通りのお宿のようです。

コメント

寒の戻り

2015-03-23 | 日記

 とはいうけれど、今朝の姫路の最低気温は3.8℃、室温は12.5℃。室温は一番寒かったときより10℃近く高いので、寒という感じも冬という感じも全くありません。もう完全に春です、4日後には姫路城がグランドオープン、桜はまだつぼみだけれど、ブルーインパルスが来る(記念式典は前日、26日午前10時から)ので散歩がてら見に行こうと思います。ブルーインパルスといえば6年前か7年前、善通寺(74番甲山寺の手前のあぜ道)を歩いているときに頭の上を轟音を上げて飛んでいくのが見えた、その日のニュースを見るとちょうど当地で航空ショーか何かがあったということらしい。
 今日は予定通り、太子町のあすかホールまで往復、30kmほど歩いてきました。全体の平均速度は6.5km以上、最後でもそれなりの力が出せていたし、靴の擦れ感は全くなかったけれど、かかとの負担が少し気になりました。アウトソールの形とかかとの感じがまだ落ち着いていないようです。痛みは全くないけれど、もっと自然な感じでないと40km歩くのは少ししんどいかもしれない。まだ何回か同じくらいの距離を歩いて慣らす必要があります。

コメント

あと2週間

2015-03-22 | 日記

 ちょうど2週後の日曜に旅立ちということで、そろそろ長い距離を歩かねば、という気持になったのですが、昼前からPMの値が高くなったのでやめました。明日、明後日はかなりすっきりするようなのでしっかり練習しようと思います。いくつか宿の予約も入れたのですが、まだまだ先のことのような他人事のような感じがしないでもありません。

コメント

みま

2015-03-20 | 日記

 HPがあってメールで予約できる宿は必ず利用します。一昨日予約を入れた4軒のうち宇和島の宿が定休で断られてしまいました。宇和島駅周辺にはたくさんの宿があって3軒ほど泊まった宿もありますが、敢えて、電車に乗ってみまの宿に泊まろうと思います。宇和島駅周辺だと当日の距離が2km短くなって、翌日の距離が2km長くなる、北宇和島の近くにあるもう一つの宿(6巡目に泊まった)は悪くはないのだけれど、せっかくだから泊まったことない宿を味わう方が、少しくらい費用がかさんでも意味があるような気がしています。

コメント

大河ドラマ

2015-03-19 | 日記

 女性を主人公にした大河ドラマはおんな太閤記(81年)いのち(86年)春日局(89年)花の乱(94年)利家とまつ(02年)功名が辻(06年)篤姫(08年)江(11年)八重の桜(13年) と近年その割合が多くなっていますが、今年の主人公が吉田松陰の妹だと聞いたときには首を傾げざるを得ませんでした。第一松陰に妹がいたことすら知らなかった。大丈夫かなと見始めたのですが、その杞憂は一発で吹き飛ばされました。めちゃくちゃおもしろい、こんなにおもしろい大河ドラマはあったろうかと思うほどです。あまりにおもしろくて本当に久しぶりに司馬遼太郎の「世に棲む日日」を読み返しています。
 「世に棲む日日」は「花神」とともに77年の大河ドラマ「花神」の原作になりました。「花神」の主人公は大村益次郎、それだけでは不十分と見たのか吉田松陰と高杉晋作が主人公の「世に棲む日日」を合わせて描くことにしたと思われる。歴史の中では大きな役割を果たした3人ではあるけれど、薩摩や土佐の英傑に比べるとどうしても地味な活動しかしていないと見られるのか、視聴率は過去3年が24%だったのに対し19%とふるいませんでした。翌年、翌々年は26%だったからこの年だけが如実にへこんでいます。幕末維新は2年おき3年おきで描かれていますが、長州がメインで描かれることはこの年以来一度もなく「花燃ゆ」が実に38年ぶりのことになります。

 野山獄を出るとき、最後の句会で高須久子(井川遙)は獄中にいて句も詠まなかったのですが、「世に棲む日日」では、久子も参加して「鴫立って あと淋しさの 夜明けかな」 という句を詠んだと紹介されています。

コメント

「毎年よ

2015-03-18 | 日記

 彼岸の入りに寒いのは」 とはいかず、今朝の姫路の最低気温は11.6℃でした。子規のお母さんの発したこの言葉はあながち誤っていなくて、昨年は暖かかったものの、13年、12年は前日が冬日、11年は当日が冬日、10年は冬日ではなかったものの前々日が13℃で前日が1℃、10℃以上下がったので寒さはひとしおだったと思います。

 今日もPM2.5の数値が高いので散歩はお休みです。昨日は低くなった頃合いを見て自転車で買い物だけ済ませました。気温が高くなりすぎるとPMも高くなる傾向のようで、普通の寒さに戻って貰いたいものだと切望します。

コメント

遊庵

2015-03-16 | 日記

 今回泊まる宿の中で最も予約がとりにくい(すこぶる評判がよく、お遍路以外の一般の観光客も利用し、部屋数が3つしかない)と思われる、香南市の遊庵に予約を入れ、受け付けてもらえました。今回泊まっておかないと、来年以降はいろいろ不都合があり、絶対に押さえておきたかったので4週間も前の予約になりました。同じような人気の遍路宿では10日くらい前に予約をしても断られることがあると聞いていたので、今までしたこともないような早い時期にしてしまいました。あとは、旅立ちの10日くらい前から入れていこうと思います。

コメント

3日連続冬日

2015-03-13 | 日記

 今日の姫路の最低気温は-1.6℃、3日連続の冬日となりました。でもこの先1週間の予報ではマイナスはないどころか平年より高めの陽気が続くようです。お彼岸のあとにもう一度寒波が来るとは言っていましたがどうでしょう。

コメント

冬日

2015-03-11 | 日記

 今日の姫路の最低気温は-1.8℃、18日ぶりの冬日となりました。室温も3.5℃、5℃より低くなったのは25日ぶり、でもこの時季冬日になるのは毎年のことで驚きはしませんし覚悟もできていました。昨年の3月は4日、7日、8日、9日、10日、11日、15日、の7回の冬日がありました。一昨年は3日、4日、11日、12日、15日、16日、の6回、12年は11日、12日、13日、14日、16日、20日、26日、27日、の8回に加えて4月8日も冬日だったのでした。12年の厳しい冬が記憶に残っているので今年の冬は本当に大したことはないという感が強いです。

コメント