北の心の開拓記  [小松正明ブログ]

 日々の暮らしの中には、きらりと輝く希望の物語があるはず。生涯学習的生き方の実践のつもりです。

またパンクか…

2018-09-24 23:52:48 | Weblog

 

 今日はキャンプの最終日ですが、どうも空模様が怪しくてにわか雨がきそうなので、少し早めに急いで撤収開始。

 撤収終了と同時に強い通り雨がやってきました。ギリギリセーフです。

 
 子供たちと帰路途中の温泉に行き、そこから昼ご飯を食べに行こうと移動の最中、信号での停止からスタートしたところ、突然ゴロゴロと、タイヤから異音が。

(あー、またか)と嫌な予感の結果は、やっぱりパンク。右の前輪がバーストしています。

 昨年の夏は、日高の林道でパンクの憂き目に合いましたが、今回は通常の道路でのパンクとは。

 タイヤの減り方が変だったので、近くのガソリンスタンドではなく、札幌で行きつけの中古タイヤショップで修理を依頼。

「お客様、このタイヤは片減りしているので、直しても使う事をお勧めできません」
「仕方がありませんね。同じ規格の中古タイヤある?」
「ありますよ」

 ということで、中古タイヤに交換で事なきを得ました。

 タイヤの片減りは、今度の車検時に点検・調整をしないといけません。

 道具を持つと、面倒を見るのが本当に大変ですねえ。

コメント

鵡川での釣りと、予期せぬバーナーのトラブル

2018-09-24 23:32:51 | Weblog

 

 穂別キャンプ場での二日目。

 山の奥にあるキャンプ場という事で、近くにはいろいろな小河川も多く、今日は釣りの一日にしました。

 昨日はキャンプ場の中の川を釣り下ってみましたが、全く魚の姿がなかったため、この水系での釣りを諦めました。

 尾根筋を一つ越えたところは鵡川水系なので、いくつもあるこの支流を狙って車を走らせました。

 ところが鵡川の上流の川を狙ってみようと思ったのですが、お目当ての道道はことごとく通行止め。やはり地震による地滑りがあったようで、はやく復旧してほしいものです。

 このような状況ではありますが、あまり遠くまで車を走らせても時間がかかってしまいます。

 持参したタックルではやや無謀ですが、しかたなく鵡川の本流で釣りをしてみることにしました。

 水流も多く流れも速いため、苦労しながらの釣り。

 釣り歩いているうちに、若いフライフィッシャーとすれ違い挨拶。

「まだ釣れますか?」と訊いてみたところ、「ニジマスだったら、まだ十分にドライで出ますよ。さっきもちょっと下流で、30センチくらいのニジマスが出ましたがバラしました」と期待の持てそうな情報を入手。

「サケの卵を狙っているニジマスもいますから、そのあたりもさしてみると良いですよ」

 なるほど、川が分かれて小水量になる流れの方には、サケが数匹遡上してきて休んでいます。サケがこんな山奥まで上ってくるのを見られるのも北海道ならでは、です。

 
 結局釣りは思うようなことにはならず、さらにちょっと強めの通り雨にも遭ってしまったので、切れの良いところで引き上げることにしました。

 タックルもフライも、いろいろな条件にも対応できるようにと用意して臨まないといけませんね。
 
 
    ◆

 キャンプ場に戻って、お湯を沸かそうとツーバーナーをセットしたのですが、なんと火力の調整が聞きません。

 火はつくのですが、火力調整が大きくできないばかりか、なんと消すことができません。

 どうやらレギュレーターのなかのニードルが折れたのかも。帰ったら修理ですね。

 道具があるのは便利ですが、そのメンテナンスや整備の労が増えるのは仕方のないところ。

 2日目の夜は満月の下でのバーベキューでした。
 
 

コメント

穂別キャンプ場は地震の影響なしです

2018-09-22 22:51:59 | Weblog

 

 今日の土曜日から、鵡川穂別の穂別キャンプ場で娘夫婦に孫たちと秋のオートキャンプ。

 事前にキャンプ場に電話をして、「地震の影響はありませんか?」と訊いてみたところ、「おかげさまで幸いにしてキャンプ場は大丈夫です」とのことで、実行を決断しました。

 天気がやや不安定ですが、雨にも会わずに設営完了。

 キャンプ場の中には小さな川が2本流れていて、子供たちは水遊びに大喜びです。

 合流後でキャンプ場の下流にはそれなりの水量もあって、釣りをするのに渓相は悪くない感じ。

 夕方に2kmほど釣り下がってみましたが、歩けども歩けども一向に魚信がありません。

 (こここそは)と思うような溜まりもあるのですが、魚の気配はなし。やはり上流に人工物があるようなところでは、魚も住みにくいのでしょうか。

  
 食事後は、孫たちと自カードゲームの"UNO"で遊びましたが、6歳ともなるとそれなりに戦略的なゲーム運びができるようで、感心しました。

 夜半の雨で空気がひんやりしてきましたが、まだ快適な季節です。 

コメント

過去の自分にアドバイスするとしたらなんて言う? ~ 還暦同窓会

2018-09-21 23:47:16 | Weblog

 

 今やゲージツ家になった友人が、11月にふるさと北海道の札幌で個展を開催することになりました。

 そして仲間内では、それに悪乗りして還暦同期会を開催しよう、ということになり、その案内状が届きました。

 パーティは18時半からですが、プレのウェルカムパーティもあったり、もうその時点でお酒も入るだろうし、ゆるゆると集まってゆるゆると旧交を温めあうことになりそうです。

 ドレスコードがあって、求めることはただ一つ。

 「何か赤いものを身に着けてくること」 そうだよ、還暦だもんね。

 
 案内状の裏には、当時卒業の同期生たちの全体写真があって、これは卒業写真の見開きに使われていた写真ではありませんか。

 棚の奥から卒業写真を引っ張り出して、懐かしい顔を眺めなおしましたが…、うーん、自分が見つからない。

 卒業の時は3年1組で、当時のクラスメートは皆前列に陣取っているので、前の方にいるはずですが、見つからない。

 若気の至りの頃だから、偏屈な考えを起こして集団の後ろの方にでも行ったんだったかなあ。どうにも思い出せません。

 札幌での同期会ですが、今では東京周辺に住んでいる仲間たちも集まってくれてにぎやかな会になることでしょう。

 
     ◆


 高校を卒業してから今に至るまで、いろんな失敗もあるわけで、あのときの自分になにかアドバイスができるだろうかと考えました。

 しかし、いろんな失敗があって、それを反省したり乗り越えたりしたからこそ今の自分があるわけで、未来の自分がアドバイスをすることで失敗を避けられたとしたなら、それは今の自分には繋がっていないのでしょう。

 ただ一つ告げるとしたら、「いろいろな困難や失敗もあるだろうが、自分を信じて突き進め」ということでしょうか。

 人生は二度ない。今を精一杯生きようという思いを新たにするなあ。

 11月の同期会が楽しみです。

 

コメント

まずはやれることをやろう ~ 今日の床屋談義

2018-09-20 23:55:55 | Weblog

 

 いつもいく床屋さんでの床屋談義。今日の話題は先日の地震についてでした。

「地震で停電になったらお店は開けなかったでしょう?」
「はい、でもこの辺りは地震になったその日の午後には電気が復旧したんですよ」

「へえ、早かったね。僕の所は丸一日停電が続いたからなあ」
「なので、水も出ましたし、地震の翌日からは普通に営業できたんです。そうしたらまだ世間は停電が続いているところが多くて、報道でスマホの電池切れに困った人たちが区役所に殺到して充電していて、しかも何時間も待たされている、というじゃありませんか」

「そうだったみたいだね」
「そんな風で周りも慌ただしくて、『今日はもうお客さんも床屋どころじゃなくて来ないだろうな』と思って、店は開けたもののせめて電池の充電サービスくらいしようと、店の表に『スマホの充電無料でできます』と書いた紙を貼りました。そうしたら以外に、女性のお客様が殺到したんです」

「女性のお客さん?へー」
「皆さん、第一声は充電が目当てだったんですが、お風呂に入れなかったので特にロングヘアのお客様が洗髪と充電をしていかれたんですが、とても感謝されました」

「それは素晴らしいね。それっていつもの常連のお客さんが多かったの?女性って美容院は行くけどなかなか床屋さんって来ないでしょ?」
「そういう女性のお客様は30人くらい来られましたけど、ほとんどが新規のお客様でした。なかにはその女性の旦那さんという方がちょっと後に来られて、『妻から聞きました。お世話になりました』といって新規のお客様になっていただいた、ということもありました。
 だから、お客様を諦めていた日に、普段のお客様に加えて充電と洗髪の予期せぬお客様が大挙したので、結構大変でした。まあ一番大変だったのは、普段はないロングヘアをひたすらシャンプーしていた洗髪担当のA君でしたけどね(笑)」

 緊急の際に、自分の職分を超えて、「できることをやろう」という姿勢でいられるのは立派です。

 僕の通っているこの床屋さんは普段から会話をしていても、どこか清々しさが漂ってくるので、髪を切る以上に心も洗われるのですが、今日も良い話を聞かせてもらいました。

 どんな仕事に就いていても、最後はこういう人間力が人を惹きつけるように思います。

 今日も張り切っていきましょう。

コメント

誕生日には献血を

2018-09-19 22:30:02 | Weblog

 

 今日は私の60歳、つまり還暦を迎える誕生日です。

 朝から、フェイスブックなどで大勢の友人、知人からお祝いのメッセージをいただきありがとうございました。

 できるだけ返信をしていますが、失礼があったらお許しください。


 さて、誕生日の記念に献血をしようと献血カードを取り出してみたところ、なんと昨年の誕生日に献血をして以来、この一年行っていないということが分かりました。

 昨年の誕生日に献血に行ったことも覚えていなくて、自分でも驚きました。

 大通りのビルの11階にある献血ルームへ連絡すると、「朝11時半からでもできますよ」とのことで、時間に合わせて現地を訪れました。

 普段は人が大勢いる印象だったのですが、今日の献血ルームは閑散とした雰囲気です。

 担当のスタッフの女性に、「今日は随分空いてますね」と言うと、「昨日は地下街を通る人に声をかけるスタッフが頑張ってくれて、80人くらいきたんですけどね。やっぱりオータムフェストが始まって、人通りが多いと、協力してくださる方も増えるんですよ」とのこと。

 地下街を歩くことも多いけれど、飲み屋街のキャッチみたいに声を張り上げて勧誘しているスタッフを見て、(どれくらい効果があるんだろう)と思っていましたが、まことに失礼しました。


    ◆


 今日も成分献血で、1時間ほどで血漿と血小板をそれぞれ200mlほど採取できました。

 停電の時は、この施設も全く機能せず、停電はその日の夕方に復旧したそうですが、スタッフもなかなか集まらないなど、大変な思いをしたそうです。

 二十四軒にある赤十字献血センターだけは自家発電もあって献血を受け入れられたそうですが、他の施設は全くダメ。

 血液不足はなんとか対処したとのことですが、電気がないとあらゆる面で日常が破壊されることを改めて知りました。

 今日で献血は111回目。さて人生で何回まで献血回数を伸ばせられるでしょうか。

 年に一度の誕生日だけでは、ちょっと寂しいかな。

コメント

発言力のある人こそ、ちゃんと現場を見るべきだ、と思う

2018-09-18 23:44:54 | Weblog

 

 今日は仕事の関係で、自民党道連主催で開催された「北海道胆振東部地震災害対策本部」会議に出席してきました。

 災害対策は基本的に地方自治体の事務です。

 会議ではまず、全道の被害状況を北海道庁が、続いて大きな住宅被害が発災した札幌市、次に多くのインフラ管理を抱える北海道開発局から、地震による被害状況と復旧状況が報告されました。

 道庁による全道の被害状況は、9月16日現在で公共土木施設、苫小牧港、JR、水道施設など多岐にわたっています。

 特に副次的な災害として大停電が続いたことで、産業への被害が大きくなりました。 

 一番大きな被害は観光面で、観光施設の建物や設備が損傷したほか、全道の宿泊施設で約94万人のキャンセルが発生し、観光消費影響額として約292億円を見積もっています。

 次は林業被害で、林地の大規模崩壊により約225億円の被害を見込んでいるほか林道被害も48憶円になりそうです。

 水産業や商工業では、水産物の冷凍品の溶解や生鮮食品等の原材料の廃棄などがありました。

 その一方で、発災直後に発生した道路の通行止めや交通機関の運休、停電、断水などはおおむね解消しています。ネガティブな風評被害は早期に解消したいところでしょう。

    ◆

 ところが意外なところでの被害があったのが札幌市で、全道の建物全壊が139件のうち厚真町が44件なのに対して札幌市ではそれを上回る49件が発生。

 一部損壊に至っては、全道で1,773件のうち札幌市が1,470件を占めています。札幌市の住宅造成地の地盤損傷被害は実に広範で甚大です。

 
 被害の説明の後には、道商連、観光振興機構、JAそれぞれの代表から各種の要望が出され、政治的に解決を図ってほしい項目が説明されました。

 たとえば停電による酪農への被害として、搾乳ができなかったことで乳房炎になる牛が多くなっています。それを治療するためには薬剤を投与しなくてはなりませんが、その費用がかかるうえに体内に薬剤が留まっているうちはその乳は売り物になりません。こうした被害が全道でまん延しているのです。

 また、災害復旧には補助や交付金を出すために、復旧を一定の期限内に終えなくてはなりませんが、今回のような林業被害ではその期限内に終わるとは到底思われず、何らかの救済策が求められます。

 こうした現場の声を多く聞き取って、政治・行政として対処する必要があるのです。


 政治家の皆さんも、精力的に被災現場を訪れて、被災された人たちの要望を聞き取って、それを官僚に対して伝えるという仕事をこなしています。

 こうした自然災害が起こった後に、政治家や高級官僚が被災現場を訪ねて被災民にお見舞いを述べたり、要望を直接聞き取ったりするシーンはときどきテレビやマスコミにも報道されることがあります。

 なかにはこうした活動に対して「売名行為だ」とか「忙しいときに周りが気を遣わなくてはならず迷惑だ」といった批判的な意見を聞くことがありますが、私は「やはりそうした発言力と影響力のある人たちには積極的に現場を見てほしい」と思います。

 後々、新しい救済制度(法律など)を作ったり、災害復旧予算を確保したりするときには、やはり実際に見てきた人の発言こそが重いのです。

 多くの災害査定をする人たちは、直接現場を見ていない中で事務や作業をするわけですが、そんななかで実際にその悲惨な現状を見て、自分の中にある種の現場感覚を備えている人がする「私は現場を見ているんだ!被災民の声を聞いているんだ!」という発言は大きな影響力を発揮するに違いありません。

 政治家は給料も高い人たちですが、だからこそ国民として良い意味で、しっかりと利用してより良い未来へとつなげてほしいものです。

 
 今日はある官庁がある復旧のための作業について、政治家から、「先週『やります』と言っていたのにまだやっていないのか!それは怠慢だよ!」と強い調子でたしなめられていました。

 決してさぼっているわけではないでしょうが、まだ素早い対処が求められるステージですからね。

 ネガティブ情報ばかりで、経済が縮んでしまっても困りますが、一方でまだ被災から立ち直っていない人たちも多く、これからも道民が協力して助け合うことが必要です。

 頑張れる人こそ、その道で大いに頑張りましょう。

コメント

もはや伝説のジンギスカン鍋『蒼き狼』

2018-09-17 21:26:47 | Weblog

 

 孫たちと一緒に地元札幌での墓参りや、知床旅行のお土産を両親と義父母に届けるなど、いろいろな用事をこなした一日。

 夕方になって、「外でジンギスカンでもやるか」ということになり、庭のウッドデッキにテーブルとキャンプ用の椅子を出し、熱源も「炭じゃなくてもカセットコンロでいいよな」という簡単ジンギスカン。

 もやしを買いそびれてしまったけれど、まあこういうのもお気楽でいいよね。


 …で、妻とジンギスカンを取り巻く思い出を話しているうちに、妻が「子供のころに、真ん中に穴が開いていて焼く面が平らなジンギスカン鍋があったのよ」と言い出しました。

「おう、なんとなく覚えてるわ」 私も昔どこかで見たことがある気がしました。

「あれは、焼く面が平らで焼きやすくて、周囲の溝も深かったので、野菜を煮るのにも重宝したのよね。うちの家では、昔からそれでジンギスカンをしていたので、後の時代になって、今風の溝がついていて兜のようなジンギスカン鍋が出回っているのを見て、逆に(これがジンギスカン鍋なの?)と驚いた記憶があるのよ」

「ふーん、今ならネットで買えるのかな」

 と、いくらくらいで売っているものかとスマホで調べてみましたが、全くヒットしません。

「えー、もう売っていないのかな…」とあきらめかけたころに妻が、「あった!『煙突 ジンギスカン鍋』で検索したら出てきた」とついにその鍋を見つけました。

 出てきた映像は確かに思い出の中の煙突付きジンギスカン鍋。

 それは旭川で大正年間に創業した鋳物メーカーの臼井鋳鉄工業の製品で「蒼き狼」という名前のついたジンギスカン鍋でした。

 この鍋は、昭和30年代から旭川を中心に、6000個以上も売れた伝説的なジンギスカン鍋だったのだそう。

 しかし臼井鋳鉄工業が販売不振で2016年1月に自己破産してしまったこと。

 そしてそれを受け継ぐ形でウスイクリエイト合同会社が立ち上がって、一度『蒼き狼』を再生産したものの、すでに売り切れた状態であること、などを知りました。

 

 

 しかもこの『蒼き狼』は、鋳物製品だとしても、普通のジンギスカン鍋なら2千円くらいで買えるところを、約8千円という値付けはかなりの自信作。

「これがいいんだ、これじゃなきゃいや」というお客さんが買い求め、しかも再塗装(リストア)サービスもウスイクリエイトが引き継いで再開したようです。

 溝がたくさんある普通のジンギスカン鍋は、使った後の手入れが面倒くさいという思いがありましたが、これならば手入れが楽かもしれません。

 ジンギスカン鍋は昔から今のスタイルだと思い込んでいた思い込みを捨てて、北海道遺産でもある北海道のジンギスカン文化を鍋から再考したいところです。

    ◆

 ちなみに、『蒼き狼』というのは、モンゴル人の祖とされる伝説上の獣で、転じてチンギス・ハンのこと。

 元朝秘史の「上天より命ありて生まれたる蒼き狼(ボルテ・チノ)ありき」という下りに由来するそうで、チンギス・ハーンを扱う小説などにはしばしば登場する言い方なんだそうです。

 まさか妻の「昔、穴の開いたジンギスカン鍋があったよね」の一言から、チンギス・ハーンにまでつながるとは思いませんでした。

 伝説の英雄譚から、今や伝説の鍋になってしまった『蒼き狼』。たかがジンギスカンの鍋にこういう名前を付けた人もセンスがあったんですねえ。

 今日も勉強になりました。

 今度はいつ売り出すんだろうなあ。

コメント

北海道の秋の行楽に支障はありません

2018-09-16 23:34:16 | Weblog

 

 昨夜は北見市内のホテルに泊まりました。

 そして今日は、お彼岸が近いこともあって、朝から北見の霊園にある先祖のお墓にお参りをしてきました。

 お墓の場所を思い出すのに少し時間がかかりましたが、なんとか見つかってよかったです。

 
 その後は、まだ行ったこのなかったチミケップ湖へドライブに。

 周辺の道路は土砂崩れのために未だに通行止めのところが多く、困ったものです。

 チミケップ湖って、小さな湖というイメージがあったのですが、案外大きくて驚きました。

 湖畔のキャンプ場は湖でのレジャーが楽しめそうですが、料金はタダとのことで、これは一度泊まってみたいものです。

     ◆

 その後は峠を越えて陸別方面へ向い、このあたりの大河川である利別川の支流で、フライフィッシングをしてきました。

 ここも小河川ながら倒木の被害が大きくて、いったいこの後どうなることやらと途方にくれてしまいます。

 それでもちょっとした流れでフライを流してみると、もうそろそろ秋が近づいて体が黒くなりかけていますが、小ぶりながら元気のよいニジマスが食いついてくれて、しばしの間遊んでもらいました。

 今回の旅行での走行距離は、三日間で1,020km。

 どこも頑張って節電はしていますが、日常生活に支障はありません。

 観光客のキャンセルによる被害が290億円などと報じられていますが、ネガティブな情報をいたずらに強調しても良いことはありません。

 我々は変わらない日常を伝えるのみです。

 さあ、秋の行楽を楽しみましょう。

 

コメント

羅臼沖でのホエールウォッチング ~ クジラに会えました

2018-09-15 23:48:13 | Weblog

 

 今日の羅臼は朝から快晴。

 風も波もほとんどなくて、絶好のホエールウォッチング日和です。

 船は羅臼の漁港から9時出港の予定ですが、「早く集合して、早く出港したいみたいです。クジラがいるようなので」とお宿からアドバイスをもらって、8時半前に港に到着しました。

 乗船メンバーが全員そろって、9時少し前に出港。まずは沖へ出て、そこから左へ進路を取り、船は知床半島の先端方面へと向かいます。

 船を走らせて15分くらいでまず見えたのが、イシイルカの群れ。10頭ほどのイルカがジャンプと潜水を繰り返し、我々を迎えてくれました。

 
 クジラを見るということは、まずは目視で彼らが浮き上がってくるところを見つけるのがまず一歩です。

 船には船長とベテランの船頭さん、それに若い男の子が一緒に乗ってくれて、まずは船の高いところから周囲を見渡して、クジラの浮き上がる姿をみつけます。

 しかしイルカの後はなかなかクジラが姿を見せてくれませんでした。

 今日はクジラ観光船が我々も含めて4隻が洋上にいて、それぞれが無線で、どこで見えたというような情報を交換しています。

 船のエンジンを止めて静かになると、水中にソナーを投入してマッコウクジラの声が聞こえないかを調べます。

「マッコウクジラの声って指向性が強くて、どこから聞こえたかでどこにいるかがわかるんです」

 しかしこの日は、昨日クジラが見えたポイントでも姿を見せてくれず、じりじりした時間が過ぎていきます。

 船は、かなり知床半島の先の方まで進んだのですが、そこではクジラが見られずに、港へ戻りながらさらにクジラの姿を探します。

「いました!群れでいます」 ようやくツチクジラの群れが遠くに姿を見せました。

「ドローンを出します」若い男の子が、船首の方へ移動して、白いドローンを飛ばしました。

 このドローンにはカメラがついていて、上空から水中浅くいるクジラの姿をとらえてくれます。

「あのドローンの下にクジラがいます」

 クジラが水中にもぐると、船上の我々からは一瞬姿が見えなくなるのですが、ドローンで追尾しているので、その場所を確実にとらえることができます。

「あ、浮き上がりますよ!」目利きが見ると、クジラの次の動きも手に取るようにわかります。

 クジラが頭を持ち上げて、そこから潮を噴き上げるのが見えて、船の上の観客は大歓声です。

 実はこのドローンを操縦していた若い子は、長崎大学の学生さんで、クジラの生態を研究しているのだそう。

 (船の上からドローンでクジラを追いかけてくれるなんて、最近のホエールウォッチングも進んだものだなあ)と思っていたら、このドローンは実はサービスでもなんでもなく、彼の調査に船が協力していただけのこと。

 しかしクジラを探すのには格好の技術でした。


    ◆


 船のスタッフの皆さんは、今日の客になんとかしてマッコウクジラを見せたいようで、他の観光船があきらめて帰港しても、なお粘ってくれました。

 すると「いた!12時の方向」と叫ぶ声。

 ようやくマッコウクジラらしき姿が見えました。

 すかさずドローンを飛ばして、上空から追尾をしながら、船もゆっくりとクジラに近づきます。

 100メートルくらいにまで近づくことができ、大きな背中が上下して潮を吹く姿も見え対応渾身の動画をどうぞ。

【マッコウクジラの姿が見えた】
 https://youtu.be/fqW-d6VrTr4
 

 普通は、頭を持ち上げて息をためると深く潜水する合図で、写真でよく見るような尾びれだけが持ち上がっている姿になるのだそう。

 今日はどうしたことか、尾びれを上げないまま潜っていきましたが、その姿も動画で捉えられました。

 初めてのクジラウォッチでしたが、なんとかクジラの姿を見られて大満足です。

 今を楽しまないと人生は思うよりも短いと思います。

 北海道観光をキャンセルするなんてもったいない!本当にそう思います。

 まだ間に合います。北海道へどうぞお越しください。

 

 

 

コメント