katsuまるはだかぁ 芸術家への道

モザイクアート一直線のkatsuの日記

さくら教室とユ-ミンママの壁画モザイク

2009-10-31 23:33:53 | 世界遺産をみんなでつくろ!
昨晩、安心したのとタンカ切って気が張ったせいもあり、何だか寝つきが悪く、
ちょっとした深夜映画を観た・・・すると、完全なる寝坊・・・

メジャ-をちょっと遅れ気味に観る事になる。そんなスタ-ト。本来なら見逃した
ショック・・・って事なのだけれど、昨晩の映画が余りにも気になった・・・・

菅原文太さんが出ていた。何だか若干、身につまされる内容・・・・だったから。

まっそんな中、朝、す-さんがエクシ-ズで注文したガラスタイルを取りに来る。
何だか最近、仕事が忙しくなったらしくヘトヘトだった。

その後、入れ替わるようにさくらがやって来る。最近、俺達口数が少なくなった。
何だろう?お互い言わなくても何が言いたいか?判るせいなのかな・・・?

ただそれも不自然さが1つも無く、黙ってそこに居れば良いのかな・・・・
だから俺もモザイクをする事にした。

時よりチラチラと見るものの、何とかやっているから・・・

そんな頃に江戸川FMでかおるさんの声がして来て、しばらく振りに2人で聴きながらモザイクをした。

時より質問され、良いから好きにやって見ろっ・・・好きに・・・モザイクして
いればそれで良い・・・タイルを切っていれば・・・

するとまた黙々と切っている。だからほんの少しだけこんな感じ・・・と切った
パ-ツを見せた。後は、ほとんど相談と言うより決めていた事をしても良いか?

と言う確認・・・本当はそれは辛かろう・・・と辞めさせたい気持ちもあったが、
やるって言う言うのを、見ていられないから・・・と言う理由だけでは

やらせない訳にも行かず、まっさくららしいや・・・やれっ。って言って見た。
今後一切誰も出来ないし、やらないモザイクになるだろうな・・・・

またいつ終わるか判らないモザイクをし始めてしまった・・・
だから無理すんなっ・・・じゃなくて、無理してもやれ・・そして頑張れ。

に変えた。根気モザイク・・・生半可な気持ちだけで出来るもんじゃない。
けど奴は必ず作るんだろうから・・・見習うよ・・・その姿勢を俺も。

気迫あるのね・・・見た目は優しそうだが、心は戦国武将。黙ってぶつかって来る
から、理解出来ない奴らにはただのおとなしい人で、何でも言いやすい人だろうが

心無い事をすれば、スパッと縁を切られる・・・俺は奴と向き合うといつものように刀を抜かず言葉のみで叩いて来た・・・

似たもの同士だから・・・ただ決定的に違うのは、言えないと言わないの違い。
だから俺はそれを奴に教えなければならない。

言えないのは体裁、言わないのは勇気、どっちで付き合って行くんだ?と。
当然、2つに1つなら、言わないを選択するだろう・・・

それでは、言わないを選択して本当に分かり合えるのか?必ずその選択は正しいか?
違うな・・・お互い本音でぶつかってお互い傷付いて、そして思想を理解し、

認め合って黙る。そこまでくれば、聞かずとも分かり合える・・・人様よりも。
ってのが普通の考え。俺はまだ足りない。

つまりそれをやるには、お互いが必ず芯がぶれない強さを持っていて、お互いに
素直に弱みも見せ、お互いにそこには触れない・・・

正々堂々と支え、立ち直った時に本気で向き合う。ならば支えがいがある。
これが本当の信頼感。

実はここまでも俺には普通。良く考える事。支えるだの付き合って行くだの、
すべてが目線が上過ぎるのだ。

それでは対等では無い。対等で無いのはモザイクの腕だけ・・・俺は。
人として常に対等で無ければならない。がしかし、対等と思えなければ、

支える必要はある。がこれでもまだ変なのだ。貧乏作家に教室代を持って来て、
更に作品を買って頂いている俺のタニマチなのだ。

つまり教えているさくらはお客さんでもあり、共に仕事をしたい仲間であり、
常に上下の関係のある師匠と弟子の関係なのだ・・・・

そこに卑下したり、おごり高ぶったりして、更に自分の感情の起伏で棚に上げて
モノを言って、一貫した思想が無くコロコロと変わってしまっては、

何と無く理解しろ・・・ではとても付き合いたいとは思えないだろう・・・
それでは信頼関係とは言えない。

だからこそ、自分自身を常に安定させ、思想をきっちり伝え、ずっと付き合いたい
事を常に伝え、感謝をする。そこにいられた事を。

そう言う人を探すには、自分をさらけ出すしか無い。しかしさらけ出すと、騙される・・・本末転倒になる。こうして人は体裁をつくろっていく・・・

俺はあなたに取って、そう言う人ですか?と問う。すると信頼関係を築けば築くほど、今度は場合によっては、相手に卑下させる事がある・・・

信頼関係があればあるほど・・・どこまで行っても人と同じ気持ちであるか?
どうか不安が付きまとう・・・どこまで行っても・・・

最後は、結局自分なのだ。そこにいたいと思うならいたいと名乗るしか無く、
そこにいる為には何が出来るか?と判らなければ相手に聞くしかない・・・

しかし聞くと感情移入させてしまう・・・だから俺は自分を語る。こんなんでも
付き合いたいんですけれど・・・・と。

さくらとはそれさえも終わってしまった。とっくに・・・
もう売れるしか無いのだ・・・・そこにたどり着いた時に、俺に権利が発生する。

今は完全なる権利が発生しない。それまで話す事が少なくなった・・・・

迷惑を掛けたくない・・・はナンセンス。それは相手が決める事。
最初に言った1つだけ・・・それがせがれ。

カッパんとこ、いつ行くの?と言われたらしい・・・俺はかぐやにしろさくらにしろ、弟子の子供達に時間が作れないほど、遊んで毎日を過ごしてはいない。

いつ何時でも、そう言われても良いように人一倍休んではいない。
それを望まれているのに、さくらの気持ちだけで阻止してはいけない。

それは俺の決める事。さくらの決める事はいつ良いですか?だけ。
それとその後始末。それが大変なんだろうな・・・・

俺はどうやら影響力があるみたいだから・・・

まとまりの無い話になってしまったが、最後には、また来いよ・・・
いつものように、いつも通りに送って帰った。



えっ?いきなりのご新規さん教室・・・とユ-ミンママの壁画のモザイク

2009-10-31 00:59:06 | 世界遺産をみんなでつくろ!
昨日かぐやに伝えたかった事の確認からスタ-ト。最初は理解はしても納得せず、
更には、どこまで苦しめば良いんですか?と泣き言を言う始末。

まっ俺も泣き言番長だから、いくらでも聞く。がしかし、いかがなもんかな?
では聞こう。誰にも迷惑の掛からず好き放題出来る作品を作っているはずの

かぐやが、その作品の工程を観たくて待っている人がいるのに己のプライドのみで
アップ出来ない・・・そして勇気を持ってアップすれば駄目出しばかり・・・

八方ふさがりな気持ちになるのも判る。がしかし、それでは作品依頼が来た時に
必ずお客さんを満足させ、お金に見合った作品を作れる自信があるのかい?

俺と一緒にやる・・・とはそう言う事なのだ。そのプレッシャ-は一番俺が判る。
どこまでこだわっても、いくら手間を惜しまずやっても、限界の金額を切っても

本当にご理解して頂けるのは、奇跡に近い。側で見ていて判ったような気持ちに
なるのも判る。がしかし、責任者となる・・・とは生半可なもんじゃない。

奴はそれになろうとしているのだ。第三者に傷付けられて泣くなら、思い切り今
俺が泣かす・・・それが親分としてのやるべき事。

そして、それを言えば当然俺自身も襟を正さなければならなくなるのも承知で
あえてここまでむき出しにやっている。当然、こう言う朝を迎えるのも判っていた

そして何度と無く注意していた事をした・・・タンカを切り電話を切った・・・
誠に残念な話だ。自分の時間を自ら捨てた・・・ならばそれはそれ。

必ず誤りに気が付く・・・それを認め謝罪をしなければ、お別れが待っているだけ
信じた者が離れて行くのは、離れた者だけが悪いのでは無く、離れるような者を

信じた俺が悪いだけ・・・過ぎて行く時間だけ、どんどん気持ちが離れて行く。
当然、今までを回想し出会いから一緒に過ごした思い出を一つずつ処理して行く。

そして最後まで終わった時、感謝をして葬り去る。そして今まで使っていた時間を
別の人で俺の時間が欲しい・・・と思って下さる人への時間と変わって行くだけ。

またそれをし始めた時に、キウイから電話が入る。差し入れと作品を観に来ると
言ってくれた。

実はさぁ、今さっきご新規さんから問い合わせがあってね、それがさぁ、どうすれば良いんですか?いつ平気ですか?と言われてね、年中無休ですと答えたら、

今、平気ですか?って言われて、急きょ教室になったぁ。って話なのね・・・・
とキウイに話すと、それじゃこれ食べて頑張って・・・とご馳走になる。

すると、かぐやから電話が入るが、誠に残念・・・と切った。こうなる事も知って
やったのだから、切った痛み、切られた痛みを分かち合う事を選択した。

当然、ご新規さん教室があるのだから、もしかすると今日は無理になるかも知れない・・・更にユ-ミンママと打ち合わせの電話の予定もある。

更に、土日はかぐやはお母さんをやらねばならぬ事で、しばらく連絡が取れなく
なるのも知った上の事である。かぐやも判った上の事だろう・・・

しかも、己の失態に気が付いても、俺に3日も時間を与えれば人生を振り返るのには、十分過ぎる時間である事も承知しているはずである・・・

そんな中、ご新規さんがやって来た。いつものようにご説明を始める。
この程度の話は俺の心を動揺させるような事では無く、むしろ普通。

だから、何も無かったのと同じ。それでは2つに1つの選択をして下さい。
絵を作るモザイクならぺきぺき。絵が苦手なら山周タイル。

なんて時に、シドさんがやって来る。作品観に来たって・・・。ブログ観てるよって。有難うございます・・・とほんの少しでさようなら・・・それで続き。

すると絵のモザイクを選択。ここで当然、ぺきぺきなら柔らかいタイル、絵を作らなければ、固いタイルになる事も。

それでは、今日完成するのか?何度かお見えになるのか?と尋ねると、今日完成を
選択。では、今度は内容。何を作りますか?と更に尋ねると猫を選択。

では規定演技に入ります。縁取りをするにあたり、ポイントはここから張る事。
それとボンドの付け方。それと余裕があればタイルの向きを気にする事。以上です

そして色の選択のみがここでは楽しい事です。後はきちんと綺麗に張る事。
まっ良いや・・・では綺麗になりません。厳しく取り締まって下さい。

って訳で何とか縁取り完了。

それでは、どんな猫ですか?と尋ねると、魔女の宅急便のキキみたいな・・・と
アトリエのセル画に指を指す。

それではそれは何色ですか?と尋ねると黒と言う。それでは下絵の練習をします。
ザックリ描いて見て下さい。と言うと、えっと・・・と悩むので、

ここは悩んで下さい・・・と少し様子を見て、ん・・・って困った様子なので、
描き方を手助けすると何とか下絵は完成する。

この下絵で悩んだ事が後で必ず楽しくなりますから・・・とさっきの黒を選択に
ついての話を膨らませる事にする。

濃い紫ってお嫌いですか?と尋ねると、いえ。では黒と濃い紫で猫を作るとします
陰影を付ける事は出来ませんか?もう一度、セル画を良く観て・・・・

えっと・・・出来そうです。と言うので、やりますか?やりませんか?と尋ねると
やります・・・って言うので、ここからは自由演技なので、素敵な猫を作る為に

輪郭からははみ出し禁止って事だけ守り、後は頑張って・・・・と切り方の指導。

すると数枚切っていると、段々ご理解されて行く・・・時間掛かるんですね・・・
はい。たっぷり。苦しいですよぉ・・・辛いですよぉ・・・・

ここでは湯婆婆にならなければならない。でも、自分で全部決めた事ですよねぇ。
すると、頑張りますぅぅ。って。

その後は、教室の生徒さんならご存知のたわけた話とDJ。当然、宮崎さん好きなら
先日の栗コ-ダ-カルテット。バックミュ-ジックはこれ。

そんなこんなで何とか猫終了。すると、バックに入る頃にはヘトヘトになってる。
ボンドの付け方、ピンセットの使い方、身の回りに散乱するタイル・・・・

一目瞭然。こらぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ。しっかり。
何とか頑張れぇぇぇ。しっかり、ほらぁぁぁぁ・・・・。

って訳で張り終わるのね。叱咤激励。その後、仕上げは勿論俺。待っている間、
いつものように俺の作品の写真を観て貰っている間に目地完了。

って訳で4時間ちょい。どうやら楽しんで貰ったらしく、予約を入れて頂いた。
お疲れ様でしたぁ。

そんなこんなでかぐやに連絡。すると、すいませんでした・・・って、
ばかちぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃん。

謝るくらいなら最初から、自分の時間を捨てるような事はするなっ。
痛みが同じならそれで良い。お疲れ様・・・って言うと、胃が痛いです・・・と

言う。えっ?何が・・・じゃ胃なんか捨ててしまえ。痛いのは生きてる証拠。
幸せなこった。良かったな・・・元通り。

プレッシャ-が掛かるってのは、期待されている証拠。それは選ばれしき者だけが
味わえる。プレッシャ-が掛からないとは楽な話だが、言い換えれば存在自体が

いらない・・・・と言われているようなモノなんだぞっ。お前の代わりはいっぱい
いる・・・ってね。誠に辛いが幸せなこった・・・・頑張れ。

人に認められれば、己の居場所を作る事になる。そうでなければ一体どうする?
結局、己の存在を示すとは?己を磨く事のみ。

こんな簡単な事をいちいち確認させんなっ。俺はこうして書く事でまた面倒臭い事になるし、また己を正さなければならない。あぁ辛い、あぁ幸せなこった。

たずさわれた事を感謝するよ・・・ばかちん。

そんなこんなで一件落着。さて俺は今日一番の仕事・・・それはユ-ミンママとの
打ち合わせの電話・・・

すると、第一声が家族でいつもブログを観ています。と。誠にすいません・・・・
芍薬を頼まれているのに、こんな事やってて・・・・と謝ると、お任せします。

と・・・この会話がいかに今の俺にやる気や勇気、元気付けになる事か・・・

作り手である事に誇りさえ覚える。依頼してくれたママ以外に家族の皆さんが
観てくれている。それ所か、ママが鯉が嫌なんだけれど・・・と家族に言うと、

皆さんが反対してくれたらしい・・・・ママごめんなさい・・・本当に。
そうなる事も判ってた・・・でもお任せしますって言われた。

俺は楽を選ばず、本気でユ-ミンママに頼まれた作品を作っている。
ママ、俺はこう思っています・・・本当はママの好みで作る事が合っていると。

でも、もしかしたらママは家族のみんなが喜んだらそれを良いって言ってくれる
かも・・・と。

だからあえてやりました・・・知っていてやりました・・・でも、ママに頼まれたのですから、これ以外のスペ-スでママが満足して下さるように取り返します。

必ず取り返します。ママがぐっとくる作品に・・・・

こんな気分味わえて、辛いけれど楽しくて、嬉しくて、やり応えあります。
思い切りやらせてもらいます。

ってタンカ切って見た・・・・

かぐや、こうやってタンカってのは切るんだよっ。責任ってのは重いぞ・・・
それと追伸。心が弱って意気地の無い自分に気が付いたのなら、

大きく振りかぶって・・・って漫画がある。穴のあくほど読んで見ろっ。
必ず自分を取り戻せる。何かのきっかけになるはず。

そんな中、俺のもう一人の迷える子猫ちゃん・・・嫌、奴は大きいんだよなぁ・・
ん・・・気の弱いベンガルトラのさくら教室。

しっかり向き合う状況が整っているから、山ほど悩みを持って来い。待ってます。








2部はかぐやへの公開指導

2009-10-30 00:14:26 | 世界遺産をみんなでつくろ!
朝、かぐやからブログを観て欲しい・・・と言われる。昨晩、観ていなかったので
確認すると、おぉ新作下絵が入っている。

確かに上手くなった。最初は結構無残なもので、娘の絵の上手さは誰に似たの?って話にも以前なったくらい・・・だった。

そこから考えると、かぐやのブログの下絵はかなり上手くなったと思える。が、
しかし、あえて指導する事にした。それが公開指導。

左がかぐやのラフ画で、右が俺の修正したもの。一つ言うとしたら、写真のように
作るのか?それとも違うスタイルにするのか?

この絵は明らかに漫画にしたい・・と思われる。鼻一つ取っても、くの字のように
なっていて、鼻の穴も開いていない。

だから漫画スタイルなんだ・・・ここが一番大事なのね。意識がしっかりしないと
間違った方向に行く事になる。

では、漫画スタイルとは何か?俺はミュシャなんかが判りやすいと考える。
リアルに描いてあるのに、あんな髪の毛ってある?あんな植物の流れは?

それが個性的であり、リアル感もあり、立体感もあり、そしてどう見ても、
お洒落な漫画である。えっ?と思われる人がいるだろうから、あえて言うが、

単なる思い込みなのである。芸術なんだ・・・この人はって言う・・・

それがまだまだある。輪郭を太めに描くなんて言うのは、今のパソコンで描いた
アニメに出て来るスタイルにも思える手法。

影の付け方一つにしても、ほぼアニメと変わらない。ただ先人が芸術として紹介
しているだけにしか思えないのである。

例えばこんなのも良い例。アリスはニュ-ミュ-ジックの分野に所属するのに、
谷村さんと堀内さんを分断すると、演歌の分野になる・・・

こう書くと、演歌っぽいんだもん・・・と言う人もいるだろうが、昴なんてのは
演歌では無い。ただ何処に入れたら良いか?とても悩んでしまう事になる。

これがいつも俺が言っている事。何処に所属させれば良いか?ここにある。
かぐやにもそうして貰いたい。

つまり、俺達の目指しているものは、単なるモザイクなんて分野に所属するつもりは一切無い。そもそも、デッサンを勉強している訳では無いのだから、

そこのみの追求なんて所に収まる必要は無い。むしろ得意な方へ行けば良いのだ。
では得意とは?いとも簡単。漫画ベ-スにすれば良いのだ。

こちとら悲しい事にフレスコ画なんて田舎で外人に会うような確立みたいに出会わない・・・・こんなんでは諸外国のモザイクなんてもんにかなうはず無かろう。

ならば他の手を考える。じゃどうするか?それは昔、この国は鎖国なんぞしていて
良い意味でも、悪い意味でも文化、芸術やら流失する事が無かった。

さてそんな中、諸外国の芸術家さん達の中の一部は日本の芸術家の影響を多大に
受けた人達がいる事はご存知な事。

ならばそんな手法を取り入れる事にする。世の中がフレスコ画ベ-スでモザイクを
するなら、誰もがやっていない漫画ベ-スでモザイクをする。

ただ、漫画と言っても、ちょいとひねって、おそらく日本の漫画に影響を受けたと
思われる諸外国の作家の逆輸入的考えにする。

そもそも、浮世絵なんてもんは漫画の前身的考えと思われる。勿論、本人達は
そんな事は一切考えず、縁取りを彫って色の流失を防ぎ、重ね合わせる・・・

版画ってそう言うものだから・・・とやったと思われる。それらはすべてデフォルメをし、余分な線を消して行く作業だったとも思われる。

それがいつしか版画の彫る・・・から北斎、歌麿・・・と変化して行くと、
気が付くとそれらは、手塚治虫さんや宮崎さんと変化して漫画が動きアニメになる

これらはすべて想像であり、しかしながらむげに否定は出来ないものとなる。

さてさて、ではあっているかも・・・くらいで先に進む。絵画って描いた事ある?
って質問と漫画とかイラストって描いた事ある?ってどちらが多い・・・

かぐやの娘、キウイの娘の絵を観た事あるんだけれど、漫画だけれど中々上手い。
そう絵画よりも、漫画とかイラストって言葉にするとハ-ドルが下がると考える。

それが普通。そもそも単なる言葉にしか過ぎない。凄ければそれで良い。
では凄く見せるにはどうするか?これに尽きるんだけれど、

世の中には評価ってものがつき物で、尚且つ、この国の特有のハクってものが
大好きな国。

何が良いか?何処が良いか?って聞くと、評論家やテレビの受け売り的発言が多く
自分が感性として良いと感じる説明をする人は少ない。

伝統の継承なら、モザイクをするならフレスコ画から勉強した方が良い。
しかし、モザイクの手法は取り入れて独自のスタイルを確立するなら、

考え方や手法を変えて行かなければ、そこからは何も生まれない。

それを踏まえて、是正した絵はミュシャなんかの描き方を俺なりに解釈したもの。
流れを止めない。平行間隔を保つ。角ばった線を作らない。

まだあるが、これをやると凄く綺麗に見えるのだけれど、明らかに本物とは違う
インチキっぽくなるのだけれど、これがモザイクのスタイルには非常に向いている

それらはすべてシドさん、チュ-リップさんあたりの作品で徹底的にお洒落・・・
なんて言葉で鍛えられた事により俺なりに会得したもの。

しかもそれはミュシャの絵に凝縮されている。ここに俺の原点のすべてがある。
所がそれは教えて貰ったものじゃなく、盗んだもの。考え方をね・・・

俺はかぐやに噛み砕いて離乳食にしてそれを伝えているつもり・・・・
本当に俺が上手いと感じるのなら、判らなくても感じる事から始める事。

何か1つでも感じ取る事が出来たのなら、それが盗むと言う事に繋がる・・・・
腕とは?盗む事。それを履き違えると、デザインを盗んだりする・・・これは違法

常に考え方を盗む。それは何処にでも落っこちている。それを拾い集められるか?
そこに目や耳が反応するかどうか?これが一番大事な事。

それを踏まえて、こんな話がある。今朝、俺のブログに問題がある・・と言う。
かぐやの判断では、価格や取り分を露呈するのはどんなものか?と言う。

カルチャ-センタ-に世話になるのに・・・と言うのだ。おいおい何か間違って
いないかい?良く考えて欲しい・・・

そもそも、俺の取り分が40%でカルチャ-センタ-が40%の折半。残りの20%は施設の
賃貸料金。ならば対等だろっ?世話になる・・・ってのはそうじゃない。

面倒を見てくれるのが世話になる・・・じゃないのかな?
お願いします・・では無く、一緒にやらない?・・・言い方を変えればそんな感じ

しかも日本のしくみで誰もが知っている事。大家と借り手ならシンプルだが、
管理をする・・・って不動産屋が入れば当然、そこにお金が発生する。

代書屋、商社、結婚相談所、・・・何でもそうじゃない?
まずはそこの理解が必要。では次。だから書く、書かないなんてのは、ナンセンス

そもそもはっきりする事をこの国が望んでいるんじゃなかったの?
透明化ってさ。建築の不透明さが嫌なんでしょ・・・?

ならば、聞きづらかろうがそんな事は一切関係ない。俺はいくらになりましたか?
って聞かれてもブログにだって書けるよ。恥ずかしい事はしていない。

何しろ確定申告書だって見たいのなら、貼り付けても良いけれど・・・・そして

気を使うの履き違え。まだ何も取引の無い場所に気を使う前に、何故、四街道の
カルチャ-の店長さんに気を使わない・・・これが不自然。

子供教室では何とか結果を残せたものの、一度も本教室は開催されていないのに
店長さんは俺を高く評価して下さっている。

しかも、そんな状況では俺に気兼ねなさっているのも良く判っている。
だからこそ、そこも巻き込む話にはならないのですか?と切り込んで来るのなら、

まだしも、まずはそこに引っ掛かる。しかも、それも考えてました・・・・と
後出しじゃんけんする事も判っている。

その切り替えしも用意してある。事実なら仕方あるまい・・・と。
そもそも良く読めば判る事。それでも全力でやる・・・と書いてあったはず。

やらなくて言うのなら、余りに卑怯だが、全力でやる・・・と言っているのだ。
しかもお金も捨ててやる・・・と。何処を読んでいるのか?と思う。

更に続く。何故、小学校の事にも触れないのだ。つまり安全に無難に穏便に、
すべての考え方が、体裁をつくろい、何か上手く行こうとしている姿が出ている。

それを変えなければ何も変わる事は出来ない。本音を語る。それでもやる。
ブログを観てくれている人達にもがいている所を良く観てもらう事が大事。

俺は弱音は吐いてはいるが、言い訳をしているつもりは一切無い。
弱い部分を認められない方がよっぽど弱い気がするのだけれど・・・・俺はね。

それを強がりと呼ぶんじゃないのかな?タンカの切り方が全くなっていない証拠。
つめの甘さが作品にも出る。

すべてが甘い。最後の最後に俺の下に付くのか?俺の横に対等に並ぶのか?抜かすのか?その為にはどうするべきか?それを完全に理解しなくてはいけない・・・・

俺は全力で教える。弟子なのだから、惜しみなく。それが抜かされようとも・・・
しかし全力で抜かされないようにする。

それが親の務め。簡単に抜かれるようじゃ親だの、先人だの先輩だのなんて、
邪魔にしかならない。もっとしっかり思想ってものを確立する事。

そびえ立つ・・・そんな存在。ただそれはあくまで腕でしか過ぎない。
人間性なんてものは腕のように簡単では無い。

それが己自信をさらけ出す・・・ア-チストとは?自己表現なのだから・・・
そんな意味が判らないのなら、愛と青春の旅立ちって映画があるから100万回でも

理解出来るまで観ておくれ・・・と言いたい。あれを観て恋愛映画って言っている
ようでは普通。教官がなじる、ののしる・・・けれども、それを卒業すると、

教官よりも偉くなった事になる・・・そこでその教官は敬語を使い、おめでとう
こざいます・・・と言うのだ。

俺は完全にかぐやに教えて行くが、ライバルとみなした。奴の作品は世界のどの
モザイクよりもライバルとみなし、一緒に作りたいと思わせる存在になった。

だからこそ、あえて言う。強くなって己をさらし上に上がって来い・・・と。

体裁が悪いとは言わない。俺と一緒でやって行かないのなら。
そもそも、体裁で対応してモノを言って今、何とか上手く行ったとしても

長続きすると思うかい・・・?更にあえて聞く。体裁ばかりでやって来たタイル屋の付き合いで一体俺に何が残った?

残った人達は体裁で付き合った人じゃない。本当に俺と付き合って行ってくれる
友達では無く、仲間だよ・・・。だから俺がモザイクを辞めたら何も残らない。

かぐやも弟子なら、その意味くらいは判るはず。
何度も言う。モザイクを始めてから一貫して変わらない志は、卑下せず、おごり高ぶらず、自分らしく生きる事。

人としては謙虚に、腕はひけらかし、そしてどうみんなが判断するか?は付き合ってくれた人が決める事。

そして勇気とは?受け入れる事・・・・今は出来ずとも、感じろっ・・
俺は弟子としてトップを走る、更に俺の人生を左右するパソコンを担当するのなら

意思の疎通くらいはきちんと一緒でありたい。
末長く付き合いたいと思うのなら、後出しじゃんけんはしない事。

それと、こんな事も付け加える。身内として色々な事を経験した事で、俺サイドの
考え方になっている事。それによって当たり前過ぎる普通の事を言うようになった

今はもがく事。苦労は買ってでもする事。無理な事は最初から判り切っている事。
諦めるも良し。それなら最初に断る事。

やるって前提なら、きちんとそれを理解し、やるべきか?断るべきか?そこを悩め。
しかしながら、断るって言うのは、二度と依頼されない事を意味する・・・

断るとは?相手よりも上の立場でやる事であって、対等や下のやる事では無い。
今はそこをしのいでやる。実績を作る。これが大事。

しかし、媚びるのでは無く先人の先生がやって来たようなやり方をしない。
きちんと伝えて行く事。その中に必ずご理解して下さる人はいる・・・・

さくらやかぐやの弟子や教室の手伝いをしてくれるタピオカやキウイ、そして
リピ-タ-として何度も教室に足を運んで下さる人達、勿論、作品を購入して

下さった人、そしてこのブログを飽きずに覘いて下さる人・・・・
俺が完全に間違っているのなら、ここに誰もいないはずなのだから・・・・



みどりさん教室とユ-ミンママの壁画モザイク・・・前編

2009-10-29 23:38:11 | 世界遺産をみんなでつくろ!
朝、若干寝坊したけれど、シャワ-も浴びても十分に間に合うはずだったが、
みどりさんが到着してた・・・・やばっ・・・って感じのスタ-ト。

少し早く着いてしまって・・・って事で大事件って話では無かった・・・ほっ。

そんな中、みんなに誘発されたのか自宅でも無理せずモザイクをやって見ようか?
と考えているらしい・・・

更に、前回さくらのようなパ-ツを自宅で切って張る・・・ってスタイルなら、
出来るのかな?・・・って興味を持っていたらしいのね。

今日、その話が出たので、では取り合えず自宅でぺきぺきを使ってコ-スタ-を
作って見ませんか?と言うと、ん・・・って顔をする。

そこでこんな話をした。今、この作品はアトリエのみで作っている。
ならばほぼ失敗は無い。ならばこのままで行けば、今のまま終わって行くはず。

なのにいきなり自宅でやって、同じグレ-ドって言うのは、余りにも無謀かな?と。
だからまずコ-スタ-を1人で作る・・・って位で、自宅でやる実績を付けてから

いかがかな?と。それでご理解して頂いたので下地を渡した。

作品内容としては、切る事はほぼ安定して来た。悩んでいる様子は伺えないし、
話もしながら何とか出切るになって来た。つまりぺきぺきに慣れて来た証拠。

しかし、本人も言っていたが、俺が次はこの色、次はこれ、と色を決めている分
色で悩んだ事が無い・・・と。

そうそれ。つまり今回のコ-スタ-で体験教室以来初めての色選びをしなくては
ならない。これが非常に難しい。何故ならアトリエで作るのなら、

気が変わったと決めた色を変更しても、いくらでも何とかなる。がしかし、
自宅で作るとは、ティ-ア-トさんで全色買うか?、ここで決めて持って行った

タイルのみで作るか?のいずれか?になる。ここが非常に難しい。
そんな悩みを抱えて作った事が無いからだ。自宅で作るとは?そう言う事。

もし色を変更する・・・となるとその日は何も出来なくなる・・・その時間の
過し方が非常に勿体無い・・・あぁ・・・と言う気持ちにさせてしまう。

こんな事が下絵の段階できちっと決まっていないと、いくらでもあり得る事になる
今回、自宅で初めてモザイクをする・・・ってみどりさんにはとても新鮮で、

緊張感もあり、更なるプレッシャ-を掛ける為にそれを俺に下さい・・・と頼んだ
勿論、赤坂プリンスでの展示販売に使う為である。

これで、十分過ぎるくらいモチベ-ションを崩さず、簡単だぁとも思わず、
良い作品を作ってくれれば・・・と思う。

さてそんな中、ユ-ミンママの作品となるのだけれど、ようやく本題の芍薬に入る
多少不安もあったが、良い滑り出しだったので、今日は12時前に帰った。

何しろ、ブログを2部構成にしなければならなかったので・・・・では2部へ。


ユ-ミンママの壁画のモザイクとカルチャ-センタ-の依頼

2009-10-29 00:49:47 | 世界遺産をみんなでつくろ!
午前中は車検が終わったとの事。そこで車を引き取りに行く。帰りに照明器具を
買ってくれた知り合いのお客さんの所に作品を届ける。

それと、ティ-ア-トさんに支払いの為に郵便局へ・・・これでほぼ午前中は終わり

さて、そんな訳で午後から作品作りとなるのだけれど、
実は昨日、越谷のカルチャ-センタ-から来期の短期教室の依頼のメ-ルが入った。

しかし簡単に喜べないのがカルチャ-センタ-。
今回は一人当たりの参加費のうち、実際手元に入ってくる金額は
・・・840円って事。

正直きついのね。こう言う話の場合、宣伝広告を何万、何十万人とチラシがまかれるから・・・
とお金を諦める・・・と考えるしか無い。

依頼されるって事は、例えどんな話でも悪い事では無く喜ばしい事。
だが、生活を考えるといささか厳しい・・・が今までもそうして来た訳だし、

当然、今回も引き受けた。ただ難しいのは、直接お客さんから受けた場合、
きついながら、ご理解されればご自分達の予算との兼ね合いを考えると、

一目瞭然でお分かりになるだろう。例えば先日の学校のように1人500円の予算。
しかし、今回のようにカルチャ-センタ-のような場合、これだけ参加費支払った・・・・

とお客さんは思っているだろうが、実は840円の中でそれ相応に見えるもの・・・
となるのである。

そこに打ち合わせの1回と当日のガソリン代も含まれるのだから、
完全なる持ち出しになる。従って材料代は一切考えられないから、持っているタイルの中で、

やりくりをしなければならなくなる。しかし、それだけではアピ-ルが少なく、
いつもながら、下地を凝る事になる。

しかも、その下地も当日、2.3時間で完成って言う体験教室の場合、こちらで
仕込んで行かなくては終わるはずも無く、当然、事前の仕込みが発生する。

更に、人数が増えた場合には、こちらの人数も増やさないと終わらない・・・・
完全なる悪循環になる・・・こんな事を毎回繰り返していた・・・・

そして毎回さらに悩むサンプル作り・・・アイデアを出し作品を作る・・・・
ただどの先生もそうしている訳だし、やると決めたらお金は捨てる・・・・

そこで折角お金を捨て、身軽になったのだから思い切りやるしか無い・・・
ただ思い切りやっても、ご理解されないとただ虚しくなる場合がほとんど。

しかし、非常にご理解して貰える場合もあるので、常に全力・・・・

それをかぐやと今回はどうする・・・?って話になるのだけれど、俺は今回、
す-さんがキ-ワ-ドと考える・・・と言った。

今まで、フィギュアなんてのがいたり、日高氏がいたり、その都度下地を無償に
近い状況で手伝って貰っていたが、もし今回す-さんがやってくれるのなら、

今までとは違う下地が作れる・・・と考えた。フイギュアがやってくれた事は、
ほぼ俺が全部出来るようになった。日高氏のワイヤ-もそこそこ俺にも出来る。

そうなると、す-さんならでは・・・となると組み立てとなる。
ただ、赤坂プリンスでは本気で頼もうと思ったが、今回の予算では完全なる無償・・・

ん・・・どうするか?そんな中、かぐやは状況を知っているだけに、傷の浅いアイデアを出して来た。
そこで、もっとす-さんにしか頼めないってアイデアで考えろ

・・・と一喝。どうせ頭しか下げられないのなら、思い切り凄い事考えろって・・

企画会議なんてのは、思い切り馬鹿馬鹿しく理不尽で、くだらなくて、笑えて、
何でも良いから、他の人では無理・・・ってのが一番。

難しいのは、それをやるにはどうしたら良いか?のみ。しかも、仲間に頭しか
下げられないのなら、絶対自分では無理・・・ってのを頼まないとつまらない。

まだ頼む企画にはならなかったので、ひとまず保留。

そんな中、ひとまず先方に連絡して引き受ける挨拶の電話だけした。
それで日曜日に打ち合わせがてら、越谷へ行く事になった。

さて、それはそれとして作品作り。ひとまず張り終わったので、色違いの目地を
するつもりなので、これまでの部分に水色の目地をした。

これでぼやっとした感じにはなって来た。ここまではほぼ予定通り・・・・
やっと花のモザイク部分に入れる・・・

午前中仕事にならなかった・・・って頭にあったのかな?12時所か1時も回っていた
やばっ、明日は教室だわっ。寝る。

ユ-ミンママの壁画モザイク・・・

2009-10-28 00:40:50 | 世界遺産をみんなでつくろ!
何かタイトルがやるせないのねぇ・・・人が来ないと作品作りオンリ-なのね。
何しろ良いも悪いもモザイクするしか無いから、休み無くずっと一緒な毎日。

でもさぁ、本音言えばたまには釣りでも行きたい所なんだけれどさぁ・・・・
そろそろカレイなんか良さそうなんだけれどなぁ・・・

って野村さんじゃ無いけれど、軽くぼやいて本題に。結局、終わる訳無いよなぁ。
自分にはっぱ掛けるつもりで昨日は言ったものの、そんなに簡単には行かない。

そもそもこれだけの大作だと、やりたい事が満載過ぎるし、余りにも馬鹿げた事を
しようとする・・・・

これを朝、かぐやに見られると後出しじゃんけん禁止とうたっているし、先に
言っとく事にする。

まず綺麗に作る・・・これは基本なんだけれど、リアル感も出したい。
所が体となると、あるべきモノを作るとエロと取られても心外である。

しかし、俺の場合売れっ子じゃないので、余程の事でも無いと無理である。
そこで隠したりする事が多い。勿論今回もエントランスに飾るのだから、

言わずとも駄目である。そこで右側は下絵で隠してあったので、当然隠れた。が、
左はどうしても見えてしまう・・・しかもここを隠す事は出来ない・・・

そこで考えたのは、体に見えるかな・・・?くらいで良いのだから・・・と、
ツルンとさせる事にした。しかし、どうしても中心から始めようとすると、

作らなくてもそこがそんな感じに見えてしまう・・・そこで考えたのは、体は
水から出来ている・・・そこに引っ掛ける事にした。

しかも、この水は母の体なのである。言い換えれば母乳とも取れる。
それを吸って大きくなったのである。それならば4人の母なのだから、なるべく

大きくしたかったのである。しかし、かぐやが言うには、母乳で育てると体系が
崩れるらしい・・・そこで右側は少し下っぽく見えるようにした。

そして右側は鳥が吸い上げているように若干、上目にした。がしかし、シルエット
のみで考えれば、全く同じなのだけれど、色と切り方のみでそう見えるように

して見たのである。だから右側は大きな水滴みたいにも見えるようにしたのである
しかも、水が芍薬には重要らしい・・・

更に水があれば魚が泳げる。魚は旦那さん。母って言う水の中で泳ぐのである。

そしてこれからこれらを隠す為に、リボンの縁取りに水色のタイルを要所要所に
散りばめて、判りづらくして行くつもりである。

これも大事で、天女にも見えるように・・・これが上手く行ったら、その後
光るタイルの隠しアイテムに入る。

大作だけに作りたい事は大きく膨らむ事で、考える事とやる事が膨大になる・・・


ユ-ミンママの壁画のモザイク・・・・

2009-10-27 00:08:11 | 世界遺産をみんなでつくろ!
雨かぁ・・・そんなスタ-ト。何しろ昨日まではまずまずの進行度合いかな・・・
と思われるくらいで、許容範囲だった・・・がしかし・・・

正直、頼まれたアイテムでは無い事をやっているのだから、納得する今の最高って
状況にならなければ・・・と考える。

当然、そう出来たものをバックで判りづらく消して行く。だからこそ、ここで
はっきりそうである・・・と見えないと、見づらくするのだから全く判らなくなる

のでは、やっている意味が無くなってしまう・・・ここを観ている人には消える事
無く判るだろうが、今やっているアイテムが終われば、徹底的に消す方向。

そうすれば、約束の判らないように・・・になるはず。しかも、バックはコロで、
淡くする事でルノア-ルのぼぉぉぉと・・・の雰囲気を出したい。

今の水色に同化するようにしても、光りを当てれば艶のある1cmタイルは輝く。
コロは光りを当てても、そう変化は無い。

そんな事を考えて、リアルに残りを張っていたのだけれど、やはり大きい作品って
事で、作っては離れ、離れては作り・・・と植木屋さんのようになり、

しかも思うように描けない事が手を止める・・・ん・・・・

理由は簡単で、下絵の色が全く描かれていない場所がそうするのである・・・
影をどうしたら良いか?ピタリと止まってしまったりした・・・・

若干、悔しい思いはしたものの前進はしているので、今日は仕方無しとした。

しかも、台風による風が、帰った方が良いんじゃない?と俺をそそのかす・・・
確かにアトリエのドアもカタカタして来るし、雨も強くなって来たので、

エ-スの傘が壊れるのは困るので、今帰宅。明日はこのアイテムを終わりたい・・


ユ-ミンママの壁画のモザイク

2009-10-26 01:25:24 | 世界遺産をみんなでつくろ!
教室がキャンセルがあって作品作りに専念って事になる。
大作と言う事もあって、落ち着いた滑り出しをしたかったので、CDを先日買った。

栗コ-ダ-カルテットと言うア-チストなんだけれど、これが何ともシュ-ルなのね。
何しろリコ-ダ-とウクレレって言うんだから、想像付くでしょ?

以前、FM市川で聴いて局に電話して誰なのか?問い合わせした経緯あり。

それが調べて見ると、これが何とも凄いのは、15周年アルバムなんてのが出ている
くらいだから、そりゃベテラン。

更にみんなが知っているのは、ピタゴラスイッチのエンディングにからくり仕掛け
の後ろで掛かっている曲もそうらしいのね。

ずっと聴きながらモザイクやっているんだけれど、それで判った事がある。
本来はリラックスってつもりで買ったのに・・・・

そもそも人って経験値が無いものの判断って曖昧って話。しかも、ちょこっとでも
やった事があると、馬鹿にまでしないとはいえ、かなりなめて掛かる。

それを踏まえて、栗コ-ダ-カルテットに戻る。リコ-ダ-とウクレレ。
ウクレレはやった事がある人の方が少ないだろうから、リコ-ダ-にする。

まさかとは思うけれど、リコ-ダ-を吹いた事の無い人なんてほぼいないよね・・・
じゃ、ほとんどの人が上手い、下手に限らず吹ける訳だ。

しかも、音楽の試験で良い点数なんて貰った事のある人だっているよね?
更に、演奏会なんかで吹いた事もある人もいるよね?

そのリコ-ダ-で15年以上もプロとしてCDを出している・・・・となるとどう?

俺は聴いて見てつくづく思った・・・アイデアの面白さは判っても、技術の上手さ
はウクレレと比べると判りづらい・・・・

もしこれを流して、ウチの娘が演奏してるんだ・・・って言われたら、そうにも
聴こえる・・・ウクレレが入っていなかったら・・・

でも、凄く上手くも聴こえる・・・・とても曖昧である・・・
これを俺に当てはめたなら・・・?大作なら上手さも少しは伝わるだろうが、

ペキペキタイルでコ-スタ-では、ほぼ判らないだろう?って・・・・
こりゃ伝わらないわっ・・・いくら凝っても・・・って。

しかも、タイルを細かく切れば上手く見えて、大きいパ-ツを切ると荒く見えたり
する・・・未経験の人には・・・

この誤解をどう伝えれば良いのか?・・・これは今回つくづく思った・・・・
さて、それを踏まえて進行度合い・・・

まぁまぁじゃないのかな?・・・先日、深夜営業に切り替えるように、朝まで生テレビなんか観て、時差を無理やりいつものようにずらした・・・

いつものように基本は深夜12時を目安にやるつもりなんだけれど、流石に今日は
やり過ぎた・・・今帰りじゃねっ・・・まだ飛ばすには早すぎるわっ。

でも意気込みだけは俺自身も買う・・・・


ユ-ミンママの壁画のモザイク

2009-10-25 00:16:09 | 世界遺産をみんなでつくろ!
特に何も無い。ただやるだけ。ん・・・少しプレッシャ-掛かって来たのかな・・

キウイ教室とユ-ミンママの壁画モザイク

2009-10-24 02:27:27 | 世界遺産をみんなでつくろ!
着々と進んでいる。キウイも俺も。ただ目に見える部分に関して、モザイクを
やった事の無い人には、何処が進んでいるの?って感じだろうけれど、

非常に難易度が高いパ-ツだらけのキウイの進み具合は、かなりのものと思われる
更に、ガラスタイルと言う素材の難しさを考えると、また更に上がる。

今日、タピオカが以前、タピオカ主催教室に参加した人で張りあがった作品の目地
をこちらでやったのを取りに来てくれた。その時の話の中にこんなのがあった。


キウイさん、凄いね・・・ここが2人共凄い訳だ。言ったタピオカも気が付かなかったろうが、批評出来るとか、凄い事が判ると言う事は、具体的に何が・・・と

まで、判らなくても感覚として感じる訳だ。それが凄い。

例えば2人の1年前を考えて見る。例として作品を見比べれば一目瞭然。
何が凄いのか?が出来ずとも判れば、経験値さえ上げればかなり近づく事が出来る

それに気が付く事が一番大事。ただ漠然とやっていても費やした時間で上手くなる
事も出来るが、今のタピオカのように少ない時間でも、こうしたい、こうする、

と構想や想像を作品を作る前の時間に立てて置き、作品を作る時はその遂行・・・
ってやり方にすると、考える・・・って時間がただ経って行くって言うのが、

無くなり、進み具合も良くなる。それと素材のタイルに慣れたと言う理由もある。
色々スタイルは違えど、こうして2人のように上手くなる事は出来る。

2人の会話を聞いていてとても頼もしく思えた。

そんな中での俺。


ん・・・まずまずかな・・・今回の難しさは光るタイルの厚みとそのほかのタイルの厚みが違うのを平らに張る事。

その為にどうしてもこの1cmを先に張らなければならない事・・・
本来なら花から張りたいんだけれどね・・・・

もう少しやらないと、具体的にならないなっ・・・・ん・・・さてさて。