katsuまるはだかぁ 芸術家への道

モザイクアート一直線のkatsuくんの日記

かぐや教室とオブジェの続き・・・・

2006-04-27 23:58:35 | 世界遺産をみんなでつくろ!
かぐやは忙しかったみたいで進んではいなかった。けれど相談無くガラス玉が張ってあった。まぁ主旨の可愛いって所からは離れていなかったので、良しって事で・・・・

ここまで止まらずに来た事自体が立派なので、この先を見守りましょう・・って事で。


んで、オブジェ・・・・確かにお客さんはリピ-タ-で、玄関の時より趣味や好み、
人柄、・・・あの時より確かな情報は持っていると思う。

しかも、玄関同様、きちんとした絵コンテも〔勿論立派ではないが、精一杯のね〕描いて
見せたし、ほぼそうなっている・・・・がしかしね、

色鉛筆で薄っすら塗った色と、タイルの艶や色合いは、明らかにきつくなる。
それが張れば、張るほど華やかを通り越し、やり過ぎ・・・って見えるくらい派手にも
見える。 僕としては、個性的に作らせてくださり、有難い事なんだけれど、

その反面、続け様の購入をお金持ちの道楽みたいな見かたをされたくない・・・・
しかし、時計などの割とシンプルな場合は、欲しいなぁ・・・なんて声も聞こえそうだが

これほど、個性的になればお金出しても・・・なんて言われかねない。
それではお客さんに迷惑が掛かるだろうし、しかし個性的に作れなくては、自分を
出せなくなる・・・・そのさじ加減が迷ってしまった・・・・・

そんな中、日高氏とフィギュアくんが来て、当然今後の展望や、仕掛けなんかを話しした
し勿論、これに付いても、批評があった・・・・

まぁ奴らは、俺の個性的な作品が好きで来ているのだから、 おぉぉ変わっているじゃん
てな具合なんだけれど。
だから、余り参考意見にはならないけれど、息抜きにはなった・・・・

けれど、それは息抜きに過ぎず、帰ってしまえば同じ事・・・・ここで目をそらせば
結局、後回しした所で自分に降り掛かるし、お客さんにも迷惑が掛かる。

余裕や自信を付けるには、くよくよ悩んでいても仕方無いし、ここまで迷わせる事は
あっても、主旨や内容に間違いは無いって作って来たはず・・・・

そこで、見せに行った。 そしたらいいじゃないぃ。 って言われた。安心した。
ここまで判って貰えば、時間が解決する・・・そして、人魚の事を考える事が出来る。

正直いつもながら、道中色々な事があった。 
美術展の出展の話が2点。 勿論これもいつもながらただではないのね。

作品購入の話、トマトしかり時計しかり、これも話が上がったけれど具体的には
進んではいなくて、 喫茶店での教室の話、そして貸しスペ-スでのイベントの企画。

どれもこれも、決定では無いけれど、何も無いより賑わっている事での有難さはあっても
精神的には、作品が売れれば、美術展にも出展出来るし、けれど売れるの?

って話がなきゃ、別に最初からお客さんのご好意でしか、例え推薦して貰っても、
自力で出展出来ないから諦めるしかなかったのに、こう頻繁に話しに上がると、
多少期待していたのかも知れない・・・・かなり参ったぁ・・・・

そんな中、更に駄目押しのように、この作品が受け入れて貰えるだろうか?って
自分自身をも不安にしていたんだろうなぁ・・・・だから直接見せに行った。
ここだけは、自力で解決出来る所だったから・・・・だから結果に安心した。

更に午前中、以前話が上がった事のある、立ち消えしていたと思われるビジネスホテル
のオブジェって話が急にクロ-ズアップされた・・・・

お客さんに不都合があって、中止にしたのではなく、まだ話は続いています・・・って
わざわざ伝えに来て下さった。

これも場合によっては出来るのかも知れない・・・・・


更にアトリエでメ-ルを見ていると、仙台から入っていてまた仕事をさせて貰えるって
正式な話だけに、本当に素直に喜べた・・・・良かった。 嬉しいとね。

たった1日の話をかいつまんだだけなのに、こんなに沢山・・・・少し疲れた・・・・



コメント

フィギュアくんにきったねぇ・・・・って言われたぁ

2006-04-26 21:35:02 | 世界遺産をみんなでつくろ!
実はペイズリ-柄の部分をステンドガラスのコ-ナ-にあった確かぁ、とんぼ玉って
言ったかなぁ・・・それを取り付けた。

このコ-スタ-くらいの大きさでそんなに精度いい物が作れるだろうか?
って考えれば、当然の作戦で、そもそもモザイクって意味は細かいって事で、
モザイクタイルって言えば、小さなタイルって意味だし、ガラスモザイクって言えば

小さなガラスって意味だし、そもそも海外の本には、石もあれば貝もある。

そういった点ではベ-スがタイルでほんの遊び心でつかっているだけで・・・・

フィギュアくんはも本気で言ったのではなくて、アイデアとしてずるぅぅぅぅいって
むしろアイデアへのやきもちととらえるべきであろう。

他にも鏡を入れたりしているから、より変わっているって見えたんだろうね。
でも苦笑いしていた・・・・

方向性も見えて来たし、外側についてはアクリル作家のAkiとの打ち合わせ以外には、
特に問題は無くなったと思うけれど・・・・油断は禁物。

昨日の不安は、今日の1日で随分解消されたけれど、作品作りって言うのは、
より納得感が得られないと、そんな簡単に喜べない。

自分が納得しなければ、お客さんの喜ぶ顔が浮かばない。
あの顔見たさでやっているって言っても過言じゃない。

一生懸命やりました・・・頑張りましたじゃ済まされない・・・・お金を貰うのだから。

プロって言うのは、素人さんには出来ない事を変わりにして、頼まれた人が一生懸命
働いたお金と物々交換するものと考えるのね。

だから、お教室の時は先生って呼ばれて、お金を頂くのだから、交換するものは、
僕の腕の切り売り・・・・会得した技術のね・・・・

作品を作る芸術家の卵としては、それは一見作品を買ってもらった・・・って単純に
見えるだろうが、そうではなくて、今後の僕の未来を買って貰っているのだと思う。

つまり、タイル屋の時は、仕事を頼まれて例えば玄関をやったとしよう。
それは付加価値は一切無い。 丈夫で長持ちすればいい。 これだけ。

今の僕は、認められれば芸術品。 ただの綺麗な玄関では無くなる訳だ。

僕は今までのお客さんにも今後のお客さんにも売れて恩返ししたいと願う・・・・・

そういった気持ちで取り組んでいるって事は、お客さんは僕にとって明日以降の僕の
作品を作らせてくれる大事な人で、それはお教室の生徒さんでも同じ事。

だからこそ、作家katsuの時は、なお更より納得しなければならない・・・・
けれど、katsuって人はみんなから多少なりとも評価が上がって来た。

生半可な作品は見せられない・・・そのプレッシャ-は少しずつだけれど上がっている。
だからこそ、これでいいのか?て自分に問い掛ける・・・・

早く余裕を作りたいものだ。 今回はあまりにも斬新だから・・・・

中学1年の時に、青山の大学生が、タンクトップとタンパンでバンド組んで、
当時流行っていた、ジュリ-の勝手にしやがれと、ピンクレディ-の渚のシンドバッド
を文字ったような題名で勝手にシンドバッドなんて歌を歌っていた。

あくる朝、学校へ行くと、その話題が出ていたがアルバムを買ったのは僕と長谷君だけ
だった気がする。

それ位、変わった作品になっていると思うのね。
受け入れてくれる人と、受け入れられない人と極端な作品になっていると思うのね。

個性的って言うのは、そんなものだと思うの。

名前なんか名乗らなくても、ユ-ミンもサザンも永ちゃんもサブちゃんも、声だけで
判るし、野茂さんもイチロ-さんもシルエットでも判る。

個性的とは、その人だけのもので、それが沢山の人に受け入れられた時に売れっ子と
なる訳だ。 共感を得る。 理屈では判っている・・・けれど容易ではないね。

所が、自分では個性的だと思ったとしても、共感が得られないと、更に、更にと
より個性的を目指すが故に、より大げさでより変わってしまう・・・・

それがあまりにも、斬新で、それを比喩して、時代が早かったなんて言うんだね。きっと

もしかすると、この作品はそっちへ走り出しているかも知れない・・・・・
そんな気がする。 果たして受け入れてもらえるのだろうか・・・?

確かな根拠・・・・この作品はいつ得られるのだろうか?
コメント

久しぶり教室

2006-04-25 20:08:30 | 世界遺産をみんなでつくろ!
以前体験から、本格的に教室スタイルに入ったんだけれど、しばらく振りにやって来た
ん・・・アロマさんとでもしましょう。 

体験教室でやっている、なべしきサイズの大きさのものを3回掛けて終わった。
延べ今日の5時間を入れて、14.5時間は掛かっていると思う。

残念ながら、慌てて帰られたので、撮り逃してしまった・・・・・

次はもう少し大きなモノに挑戦する事になっておしまい。

その後、オブジェに戻るんだけれど、少々悩み始まった。
絵コンテを見比べて欲しいのだけれど、白い丸は、もっと絵は小さかった・・・・

しかし、あれだと、側面を張っているので、タイルの上に乗っけて張らなければ、
ならない。 それはいかんせん強度が問題あり。

そこで大きくしたんだけれど、それがバランスを変えてしまったので、変更部分が
少しずつ出てきた。

これだから、細部まで描けない。 つまりモザイク作る為のモザイク下絵を描くのは
容易ではないのだ。 そう簡単には描けない。

2次元の絵と3次元の絵では、雰囲気も何もかもずれて行ってしまう・・・・・
 
その上、あまりに新しい趣向が少しずつだけれど、慣れていない事が精神的に不安や
安心感を与えなくする。 つまりいつも通りにはならない・・・って事。

しかし、その分一つ一つのパ-ツは、丸や楕円などの繰り返しで、そこだけは安定して
進める事が出来るけれど、それさえも、不安にさせて行く・・・これでいいのか?って。

本当にお客さんは気に入ってくれるのだろうか・・・・?って・・・・
ここからが、自分の腕を信じなければならないのだけれど、過信しては駄目だし、
卑下しても前には進めない。

しかも常に先を読み、それを根拠に今出来る事をこつこつ進めなければならない。
落ち着いてへこたれずに進まなければ・・・・・精神的に安定する事が大事だね。

判っているけれど、多少揺れているのかも知れない・・・・・・
明日は、安定感を取り戻したいものだ・・・・頑張らなきゃな・・・・

それと、時計の作品が欲しいって打診があった。
とても嬉しい話だ。 具体的に折り合いがつけばお話します・・・・それについてはね。








        







コメント

少しずつ前に進んでいるんだけれど、判って貰えるかな?

2006-04-24 18:20:27 | 世界遺産をみんなでつくろ!
これで9時間。 いつもなら、13~15時間。 以前ならこれ以上やっていた。
それが僕の言う1日だったのね。

モザイクってこんなもんしか進まないんだよ。 しかも今回は下絵だってあるのにね。

ただそれではあまりにやりたいって言う人がいなくなると困るので、メ-カ-側も、
ぺきぺきって名前の建築材の内装タイルの半分の薄さで、子供でも切れるのを

作ってくれたので、今は体験教室ではそれを使用しているのね。

それによってちょいとやってみたい・・・って要望にかなりこたえられる。

しかしペキペキは色数が少なく、こだわった人には物足らなくなる。
しかし、100円ショップで道具も揃うし、安上がりで楽しめる。

けれど今、使用している1cmのタイルは、固くて道具は2000円くらいはする。
しかも、それ使い切るって行為が、きちんと切れるまで時間が掛かる。

それが僕は比較的狙って切る行為がしっかり、そして綺麗に切れるって言う安定感を
手に入れたと思う。

しかし本当の意味でのオリジナル作品とは、その腕を持ってして、アイデアがこなせ
なおかつ、受け入れて貰えるか?どうか?って事なんだ。

今回はアイデアも満載で、新しい試みにもチャレンジしている。
今までにやった事の無い事が非常に悩みが多くなる。

しかし、タイルの切り方については、楕円や丸にクラッシュと安定しているパ-ツの
繰り返しなんだ。

それがみんなにどううつるか? お客さんに受け入れて貰えるか?
終わるまで不安は付きまとう。 少しピリピリしてきた・・・
コメント

ほぼ順調なんだけれど、この先の読み・・・

2006-04-23 20:28:27 | 世界遺産をみんなでつくろ!
白丸の中には、パッチワ-ク柄にちなんだパ-ツを入れていこうと思っているのね。
パ-ルぽいのとか淡い色なんかでね。

後は全体的には黒。 ここは大体は決まっているけれど、流動的な部分はいつものように
いくらかある。 今の段階で少し悩み所は、やっぱりバラ。

バラをどう作るか?なんだけれど、少し張っては見たものの、満足とは言えない。
まぁこれについては、今週は3回ほど教室があるから、意見を聞けるし、是正もしやすい

そろそろアクリル作家のAki氏に連絡して、動き出してもらおうか。とも思っている。

それと、例の人魚の下地直し。 考えた末、パテで少し立体にしてみた。
それによって、少しオッパイを盛り上げたんだけれど、明日もう少し足せば、
かなりいい感じになると思うんだけれど・・・・

これについては、ここんとこ豆に来ている、フィギュア君を思い出してね、
奴のフィギュアには、必ず付き物のパテ。

話の中に何度も出てきたので、何かヒントでも神様が謎賭けでもしてくれたのかなぁ?
とも思って取り入れてみた。

こんな些細な事で取り入れたりする事を馬鹿げている・・・とも思われるかも知れないが
これは、初期の頃からいつもそう。

ヒカルの碁ってアニメがあってね、 ヒカル君が碁を打つ時に、幽霊のサイってのが
アドバイスするのね。

俺はいつもサイはいないと思っているけれど、似たのはあるって信じている。
俺が何したいか? 回りで良く見ている人がいる。

勿論、その人達の意見が必ずあっているって訳では無い。 けれど、必ず聞いている
うちに、いいアイデアのきっかけになる意見はある。

いかにそれを聞き逃さないようにするか? これは大事なのね。
折角、その事に関係のある話をしてくれているのに、聞き逃すなんてもったいないのね。

取り合えず飲み込む。 消化するのは、みんなが帰ってから・・・・・
一人になった時に思い出して、今日の聞いた話の中にヒントは無かったか?

それを毎日やる。 昔と違ってその場でも出来るようになってはきたけれど、
再確認って事もあるから念には念ってやる。

まぁ下地については、そのうちフィギュア君に見てもらおう。




         
コメント

いよいよ張り出した・・・・昼過ぎから

2006-04-22 20:59:27 | 世界遺産をみんなでつくろ!
午前中は下地直し。 いくらか気にはなったんだけれど、人魚のおっぱいんとこが
トップの位置がおばさんぽいって言う人が、いくらかいてね、〔名前はふせますぅ〕

パテで補修。 明日も付けおくりしないと、1回じゃ無理なくらい削り過ぎたかなぁ。
でも、タイルを張ると幾分ふくよかになるから、加減が必要なんだけれど・・・・

それと昨晩の絵コンテの追加分の木を切ったのね。

そしていよいよ張り出し。 絵コンテでは、金縁だったんだけれど、変更した。
金にしようと思ったんだけれど、飾る場所が茶の大理石で、金より黒かな・・って。

けれど金を捨てがたく、黒金で行って見た。
これは非常に難しい張り方なのね。 だって白、黒は何にでも合う色でしょ。

それはトランプのばばみたいなものだから、出来れば基本は最後まで残す方がいい。
けれど、良い事と悪い事は背中合わせ。

って事は、色数を少なくすれば、より効果的に使える。

明日、小さな丸の中を何個かやると、雰囲気も伝わるんだろうけれど・・・・
コメント

今日は進んだよぉぉぉぉ。昨日はすみませんんんん

2006-04-21 20:13:40 | 世界遺産をみんなでつくろ!
昨日は投稿にミスがあって、書いたのを全部消しちゃって・・・ヘトヘトで寝ちゃった
そんな訳で、遅ればせながら入れときましたぁぁぁぁ。

本来は絵コンテ完成の後、下地に入る所なんですが、思い切って木を切ってしまいました

いい調子で出足は好調で、こりゃ上手くすると終わるのかぁ? なんて欲出そうとすると
な、ななんとヒョウなんか降って来るじゃない・・・何か雲行き悪かったから、
いったん片付けしといて良かったぉ。

ここはがっかりしなくて良かった。 で、ん・・・折角こんな状況なんだし、
ここは濡れないで前に進める事・・・ん・・・・・あっ、図書館。

って事で、行きつけの場所・・・資料の宝庫、当代島。
やっぱあったもんねぇ、パッチワ-クの本。

けれどね、想像してみて。 40過ぎのおいちゃんが昼間から、お母さんと小さな子供、
そんな憩いの場に、うぇぇぇキモイ。って言われているよなぁぁぁ

知り合いいないかなぁ? しかも良く知っている館の人がいないじゃんんんん
うえぇぇぇ、ど、どぉぉぉしよぉぉぉ。

って時に、館の知り合い登場。た、助かったぁぁぁ。 しかもその後、2人知っている
お母さんにも会えて、時計の作品まで見せられた。 あぁ得したぁ。

その時の話に時計作ってみたい。って話があったんだけれど、これは少し保留。
削除じゃなくてね・・・・検討はする予定。

そんな中アトリエ帰る頃には、天気も良くなってね、下地の続きをやっていると、
フィギュア君登場。

丁度いいから、感想聞いて更にバ-ジョンアップして切ってみた。
軽量化を図りたかったからね。 

しかしこれ以上はかなりのリスクがある。 強度も必要だから。
取り付けてしまうのなら、もっと軽くしたいんだけれど、人魚と楕円が取り外し出来る
ように作りたいのね。 それには、いくらかの強度は欠かせない。

暗くなったし、欠けてしまった場所にパテを塗って今日は終了。

んで家で、巨人vs阪神見ながら、デフォルメ・・・・上手く出来るといいなぁ。


あっいけねぇ、昨日の打ち合わせの会話の一部はね、パッチワ-クって何と無くしか
知らないんだけれど、ボロキレを縫い合わせしたものだったんだろうなぁ・・以前はさ

けれど裕福になって、お洒落な生地で作るようになって、柄も多彩になったと思うのね。
そこで、好きな柄を聞いたのね。 花・・・バラ・・・でも大輪じゃない、小花の、

とか、色・・・良く聞けば紫が好きらしい。 2回お部屋を見せて貰った時に赤が好き
なんだろうなぁ・・・って思っていたのに、今回よぉぉぉく見てみると、赤だと思った
色は、すべて赤紫だった。 やっぱ良く聞かなきゃね・・・よしよし。

そして帰り際にペ-ズリ-て言って生地見せてくれた。 
あまりに知識が無かったから、図書館へって流れになった訳なのね。
コメント

今日は気ぜわしかったかなぁ・・・・欲張り過ぎ・・・

2006-04-21 01:19:32 | 世界遺産をみんなでつくろ!
まずは午前中は、かぐや教室。 まぁこれは本人のブログで詳しく見てね。
ここでは、まだ忠告くらいで、進行具合はさほど進展が無いから、
お見せするほどではないんだよ。

そしてその後に、さくらなんだけれど、でんぶさんの家に集合してもらったのね。



げろっ・・・また寝ちゃったよ。 じゃあ続き。


完成を見ていないし、打ち合わせの間に不在のアトリエに待たせる訳にはいかないしね。
参加したんだし、大義名分はある訳だし、って事で、・・・・

打ち合わせの内容は、今日のブログにするとして、さくらが来るなり、でんぶさんに
感謝とねぎらいの言葉を頂いてね、恐縮しちゃっておどおどしてるのね、しかも
プレゼントを出されて、益々遠慮なんかしているのね。

そこで一喝さ。 そもそも感謝して下さっているお客さんに対して、参加させて頂き
有難うございます。 有難く頂きます。って何故言えない・・・ってね。

お客さんの目を見たか? 体裁でモノを言っていたか? 本当に喜んでくれている人に
つまらないセリフ吐くなら、参加するな。って・・・・

これは以前テレチャンで優勝パ-ティの席で、プロデュ-サ-さんに俺が言われたんだ。
謙遜は美しい。けれど何度もすると鼻につく。ってね。

負けた人の気持ちにもなれ。 胸張って有難うって姿勢で臨め・・・てね。

さくらもそう。参加したくとも出来ない人もいるのかもしれない・・・・けれど、
参加出来たんだ。 しかも実績の作品をお客さんに見せて了解も取っていた。

一生懸命やったんだ。 後はお客さんの目を黙って見て、良く話しを聞けば、
返す言葉は、一つしかない。 感謝します・・・有難うございました。しかあるまい。

そう言うと、さくらは素直な人だから、お友達のような身の回りの人に言うだろう。
しかし、それを聞いた人達の中に、そしてモザイクした事無い人に、

調子に乗るんじゃないよぉ。社交辞令だよ。 なんてまるでその場面を見ていたかの
ごとく、言われちゃったりするんだろうね。

つまり付き合っている人の老婆心に心を痛めていたんだろうね。
しかしそんな事で一喜一憂するな。 一緒にやる事も、評価も師匠の僕が決める事。

いちいち気にするな。やりたい事がある奴は、少々残酷で当たり前。
言った人に、そうかも知れないけれど、辞めろっていわれないから行くよってね。

奴の周りにはとてもいい人が多い。 けれど言った方が見ていられないから、そんな事
を言うんだよ。 老婆心とは思いやりがある人が吐くもんだ。 けれどね、

だったら、強くなれ。 心配させるな。 そのセリフを吐いた時のリアクションで、
老婆心か嫌がらせか? はっきり判るはずだからね。

奴は自信を付けさえすりゃ一皮剥けて化けるさ。 そんな意味でもいい1日だったろうさ


まぁ半分は、さくらを始めかぐやもそうだし、半分は自分に言っている・・・・いつもね

素直になる。 ハウルで勉強しておくれ。 おばあさんになっちまうよ・・・・くっっ





      


そんな仲間の作品。 ここに来なくてもやる人はやってるさ。 ねっ。
コメント

こんな時間になっちゃった・・・・・げろっ

2006-04-20 03:43:19 | 世界遺産をみんなでつくろ!
うたた寝しちゃったぁ・・・・。けれどここまで2日かぁ。
俺は絵コンテとデェフォルメが苦手でね・・・何度も何度も書き直ししてしまう。

テレビに出てくる小説家じゃないから、クチャクチャにした紙はなげないけれど、
しっかり書き込まないように、4Bくらいの鉛筆で書いちゃ消しの繰り返し。

頭では出来ているんだけれど、細部までは考えていないので、やりながら考える。
それが悩む回数を増やす事って原因になるのが判っているだけに、

三郷の若旦那のいて座の玄関の頃に型紙を作る・・・なんてやり方になり、かぐやの頃
しっかりした絵コンテになりつつ、さくらの龍の頃にはかなり精度が上がった。

つまり、作品の下絵を木下地にじかに描いてしまったので、作品の数と絵の数が合わない
絵をお客さんに見せて、値段を決める大事なモノなのに、それが苦手で、

以前の作品を参考に、殴り書きのようなデッサンで仕事をさせてもらったりしていたので
絵コンテの練習量が作品の練習量に追いつかず、四苦八苦していたのだ。

それがでんぶさんの玄関で根拠が固まったので、今回もきっちり描くつもりでね・・・
しかしここまで2日。 玄関の絵コンテが4日。 そして施工に11日。

それを踏まえると、恐ろしいくらいに絵コンテに時間が掛かり過ぎ・・・・
しかしその分、図面のごとく精度が高いので、ひたすら切るだけで、済む。
どっちが正しいのか? はっきりするだろう・・・・

そうそう人魚何と無く消えたでしょ?
後にいるんだけれどね・・・・・。よく見るといたぁってなるといいんだけれど。

もうやばい・・・何としても後1日で完成しなきゃな。
明日は、午前中かぐや教室で、間にでんぶさんのこの作品の途中経過の報告、そして
その後、さくら教室・・・・そんな訳で、あさっての仕上げって感じかぁ。



          

コメント

今日は昨日のお詫びに内容満載ぃぃぃ

2006-04-19 00:34:05 | 世界遺産をみんなでつくろ!
まず昨日の月1教室の感想からね。 月1とは言えやはり継続は力なり。
天使を作っているコロって固いタイルを使用している、会長さんは始めは固いぃぃぃって
言ってたに、スイスイとは言えないが、とても安定している。

ただ性格なのか、努力して張ったものを気に入らないと、いとも簡単にあっさりはがす。
そんな訳で進み具合は悪いんだけれどぉね。

お城の女教師さんは、1cmの柔らかいの使用していたのだけれど、今や普通の1cmも
難なく切っている。

それと、名前変更して生ビ-ルさん・・・これも変更かなぁ・・・あはははは
狙って切るって意味が判ったみたいで、やはり安定感が出てきた。

まだ終わってはいないけれど、次回作は大いに楽しみだ。
そして体験教室のお手伝いも、期待出来る状況。 頼もしくなってきた。




        


         こんな感じ・・・・どうかなぁ?


そして今日。 不足のタイルも手に入って、難なく時計も終了。後はペンキのみ。
目地はアイボリ-を使用。 大どんでん返しって感じでしょ?
最初は地味ぃぃぃって声も多かったけれど、そう言ってた人達がひるがえった。
作戦通り・・・・してやったり。

そしてそれは、理屈が手に入った事になる。
つまり以前1cmの作品は根本的に独特の色合い・・・つまり派手になってしまったのね
まぁそれが個性って事もあり、芸術では評価されてもいたんだけれど。

そしてそれらは、購入して頂いたお客さんには受けていたんだけれどね、より一般的に
するには、やり過ぎにならない・・・・それには根拠・・・・って事で、

我慢に、我慢重ね、地味な路線・・・地味過ぎるのを目標に耐えていた。
予定通り70にもなる母に、今回のは随分地味だねぇ・・・って言われるまで地味になった


さぁバックって言った時には、自然とスペ-スは少なく、ここからいつものように派手に
した所でさほどいつも通りにはならずにいける・・・って思ったのね。

いいさじ加減になったと思うのね。 それが根拠の一つは、でんぶさんとミモザさんとお友達が、アトリエに遊びに来てくれた時に、わぁぁぁぁっていい表情していたのね。
くっっっっ、よしよし。  そんな感じ。




           



         そんな中次回作の下絵1日目。
人魚の真ん中にカメリア。 これを水中花に見せる。 そしてこの人魚を見えずらくする
それがこれからの課題。 構想的には、施工の仕方まで具体的になっている。
だから、後は絵コンテのグレ-ドに掛かっている。

根回し的にも、アクリル作家のAkiにも、なしは付けた。
って事で、後はどう人魚に見えづらくするか?だな・・・・・・・

コメント