katsuまるはだかぁ 芸術家への道

モザイクアート一直線のkatsuの日記

さくら親子教室

2014-06-30 06:36:10 | モザイク教室

朝は、例の外国人との約束した事で、車でアトリエに行って待ってたんだけれど・・・・20分過ぎても来なくて・・・・流石にそれ以上待っても仕方無いので、結局1人で行ったのね。

そんな訳で、すっぽかしを喰らってしまったのね。まっ、それはそれで気も楽だし、一応俺はやるだけやったし・・・・ひとまずそんなこんなスタ-ト。

そんな中、さくら親子がやって来て、せがれはプレゼントの作品を作るらしく、以前なべしきなんかの下地に使った、縁どりの部分がア-ルになっている珍しいタイルと、昔のお風呂の床に使った、

懐かしい通称玉石って言うタイル、そしてお馴染みペキペキタイルで絵を作ったのね。そんな作品。縁どりはすでに仕込んだもので、正面から見た部分のみなんだけれど・・・・・。

大人の都合で逆さまに撮しているんだけれど、中央の絵の描き方って言うのがあって、それを見て描いたものを修正してあげて・・・・まぁ、下絵がしっかり描けさえすれば、この程度のモザイクなら、

2年生とは言え、今までの経験値で何とかなる。逆に難しいのは、切らないでただ張るだけの玉石。何しろ常に切っているのだから、タイルを切る事が普通に身に付いている。

だから、隙間が出来ても切れば良い・・・・って思い込んでいるのね・・・・脳が。だからついつい隙間が空いても気にならない・・・その度に、これは切らないタイルだから・・・とやり直し。

そんな中、キウイ親子がやって来て・・・・それでやる気倍増。何しろ小キウイが大好きだからねぇ・・・奴は。隣になんて座られたら、目も合わせられず・・・・あはははは。

一緒にアイスを食べたのね。ちなみに奴のアイスは、俺の人生で2本目のがりがり君の当たりで取り替えて来たもの・・・・。それを小キウイと一緒に取り換えに行ってるんだから、

それもかなりのやる気ポイントだったりしちゃうでしょ?あはははは。いずれにせよ、こう言う休憩ってのは、とても俺だけでは出来ないのね。こんなに流れは変えられない・・・・。

まっ、そんなこんなで7時間って感じかなぁ・・・良く座っていられるようになったのね。何しろもの作りは、じっとしていられないと駄目だからねぇ。まっ、終わって何より。

そんな中、お母さんのさくらは・・・・

ま調子は相変わらず悪そうだけれど、休む事なく手を動かしていたんで、悪いながらも進んでいて、以前よりは観ていられるって感じなんだけれど、それはあくまで進んでいるからで、

体調の善し悪しなんて、その人にしか判らない・・・でもね、同じ事を繰り返せるって言うのは、出来ないかも・・・と思う気持ちになったりする人には、それはそれで、とても力だったりする。

あっ、今日も出来た・・・は、明日への希望になるから・・・・。また出来ると良いなってね・・・。


kameyaさん教室

2014-06-29 05:39:29 | モザイク教室

今日は定期的に月に1回の開催のkameyaさん教室。本日は3人。ではまず1人目。この方はとうとう自宅でも始めちちゃった人で、それはそれは丁寧に作っている。

何しろこれだけ丁寧に作っているのに、本人は全く自覚無し。ただ完成したら、いつか誰かが見てくれる時が来て、自分の思っているよりも評価が高かったりすると、実感も湧くのかな?あははは。

ではお次は、カルチャ-での犬の方。

段々と出来上がっているのね。ただ、もはや楽しみや遊びの域を超えちゃっているので、結局、犬と同じで、自分の思っている以上に時間を掛けて、丁寧な仕上がりになっていて・・・・。

何しろこの方と金町湯の2人の作品がここのベ-スとなっているから、さっきの方のような人が出て来るのであって、良い意味でも悪い意味でもね・・・・。

良い意味は丁寧で慌てずに進むから、確実に結果が出る。がしかし、余りに丁寧過ぎて中々進まない。しかも、自分の持っている時間を使い切っている感じだから、楽々なんて言うモザイクを

する時間も無く・・・・。そんな事が事が良く判る事になる出来事の1つの例がこれ。

これは以前、ここで馬の絵馬の体験をやって頂いた方で、本日2回目。それがどうやら以前やった黒板にてんとう虫の下地を気に入ってくれたらしく、kameyaさんに置いてあったのを見て、

選んだらしいのね。ただ、てんとう虫はいらないってはなしになると、以前のお教室の時は、コロって四角いタイルを縁どりに張るだけだったので、ほとんど教えるって程の話では無く・・・・

すると、お教室が始まると、色が淡くて・・・ぺきぺきじゃダメですか?ってなり、一応エッジが立っているから危ない事を納得の上なら、どうぞ・・・となる。

ちなみにこれで3時間。ただご年配の方で、切らなくても良いんです・・・と言うので、張り方として、ボンドの付け方と目地の幅、それと黒板を削ってある部分は隠すように・・・と諸注意をして、

スタ-トとなるのだけれど、以前の馬の絵馬をやったのなら、これと比べたら切る回数は断然少ない。つまり、以前よりも簡単なモノを選んだ事になる。

所があれだけ切って仕上げた人が、ご年配とは言え、ここまで進まなくなる。何故なら、切る事が少なくなったのだから、切る事に難しさは無い。では何故こんなに進まないのか?

それは簡単な話で色にこだわったから。つまり色に悩む時間を費やしたから。ただ色だけの指導となると、好みがあるから2度目のお教室では、様子を見ないと口出ししずらい。

ただ一般的に言えば、沢山使いたいなら、隣合わせのタイルを同じ色にしないとか、色濃いものを続けて使わない・・・・使うなら万遍に入れるとか、白は使わないとか・・・・その程度。

それ以上の口出しは無用って感じでしょ?教える事がもう無い。後は時々見て、枠からはみ出ていないか?さっき言った事が出来ているか?の確認のみ・・・・となる。

しかも今日終わらなくても良い ・・・と言うので、こちらも慌てさせる必要も無い。そもそもがてんとう虫がメインであって、ついでにコロで縁どりもやって良いよ教室って感じの下地だから、

あくまで初めての体験の人向けだから、切る事が無いとほぼ目地まで出番無し。ただね、2回も3回も掛けられてしまって、完成しても、教える事が少ないし、しかも何処で習った?

いくら?って人に聞かれた場合、全く魅力を感じないものになってしまう可能性がある。だってそんなに掛けてしまっては、1万円を超えちゃうんだから・・・・。

では、ついでにこれを見て欲しい。

 これは犬の方が貰ったタイルを使って、自分で遊びで作ったものらしいのね。そこで目地がしたい・・・って話で、ここで目時をして完成したものなのね。

ほら、この程度なら指導はいらないでしょ?ただ人に寄っては、犬の方は結構やってるでしょ?って言うだろうけれど、さっきの黒板の人でも同じで、あの続きなら指導はいらず、自分で出来る

無いのは道具や材料だけ。 ただ俺はいきなり売る行為はしないのね。だって無駄になるから。続ける前提じゃないと、ただ売りっぱなしは、使わないなら単なるゴミ。そんな事は出来ない。

だから、続けるかも・・・と思わせてくれないと売る気にならない。そうね、トップの画像の方なら、もうそろそろ良いかなぁ・・・・って感じかなぁ。

だから売るような品物を何も用意していない。すると、今度用意して貰えないか?と言われたので、まぁ言われては仕方無いので、次回は用意するとして・・・・すると、その意味の判った2人が

仮にこうして張る事が出来たとしても、一人では目地が出来ない・・・と言うのね。その通り。ただそれは誰でも俺に教わった人はそうなのね。何しろ徹底的に切る張るって言う方に時間を取る

。そうね、体験のように1回完結をやれば、1日1回目地が出来る。けれど、目地の経験値は入るけれど、それはこだわりの少ない結果の繰り返しであり、ただ出来た・・・って話になる。

けれど、最初にも出て来たように、時間が無い中で進めて行くのなら、普通な事をやっても上手くはならない。そもそも上手くなりたいのなら、しっかり時間は取るべきでしょ?子供でも判る。

けれど、それじゃ当たり前過ぎて、くだらない。じゃ、時間が無い中で上手くなれば良いんでしょ?あはははは、そんなの簡単。ニノが演じた青志先生に言われなくても、判る。

つまり何かを捨てれば良いのね。時間が無いんだから。じゃ何を捨てる?目地でしょ・・・ねっ。あのドラマでは守りを捨て、攻撃に専念する。つまり相手よりも1点多く取れば勝てる。

しかももっと言えば、1点を争うような試合をするのは、強いチ-ムのやる事。違うのね、どさくさ紛れにコ-ルド勝ちで勝つしか無いのね・・・・・。つまり諦めて貰うのね・・・相手に。

それには、まず1作品に1回しか出て来ない目地なんて、極論でどうでも良い。そもそも切る張るが上手くなってからでも遅くない。そんなもんは。そもそも建築タイル屋だって、目地専門の、

目地屋さんを頼んだりするのね。勿論沢山の場合ね。ほら、そう考えれば、まず時間が少ないのだから、しっかりバッティングのみに専念する事。それが切る張るって事。

ではそれを踏まえて、犬の人の作品を見て。自分でやった作品と犬やあじさいの指導を受けている作品・・・確実に誰が見ても判るでしょ?そうそれが本気のモザイクと遊びのモザイクの違い

じゃそれが本当なら、遊びなんでしょ?そこで、遊びなんだから、目地の指導と引き換えに1つ目地の権利を俺にくれませんか?って交換条件を出したのね・・・・あははははは。

すると、良いですって言うので、じゃ俺の権利をトップの画像の人に譲ります・・・ほらこうして目地は上手くなって行けば良い。つまり目地は人ので。そうつまり常連の人達はお教室の手伝い

で上手くなったのね。つまり、切る張るのスペシャリストになれば、お教室の手伝いに参加出来る。そんな時に沢山の目地をいっぺんに見る事が出来る。何度も何度もやり方をね。

しかも場合に寄っては、時間があればやってみっ・・・・ってな事になり、それが目地教室。それを何度か繰り返した人が上手くなった人達。

それが例外で犬の方のように、自分の子供が大人な年齢となれば、子育て時間が無い分、こうして遊びのモザイクの時間も取れる。けれど子育てしていちゃ、遊びの余裕が無いから、

本気の作品の時間しか無い・・・・そんな感じ。そんな中で、目地の時間?いらない、いらない。それなら簡単な話で、こんな凄い作品なら先生と一緒にじゃないとねぇ・・・って言われる作品に、

すれば良いんじゃないの?でしょ?ねっ。それなら何も問題無い。ではさっきの2度目の方がもしここだけであの作品を自分で目地まで仕上げたら?・・・・そうね1万円以上になるね・・・・。

しかも、もし材料や道具を買って自宅で始めたらどうなると思う?恐らく、ここでの時間は3.4時間なのに、自宅の時間は多くなる。常に最初はやり過ぎないように・・・・と、ここでやった時間や

、教えた場所だけだよ・・・と教えているが、恐らく時間が取れる人は、それを超えてしまうだろうね・・・では、そんな超えた人は一体何をするのだろうか?

ほら、経験値があり、きちんと向き合った作品を作っている人は、俺のいない所で遊ぶでしょ?じゃ逆に、経験値の無い人が時間を持って自宅でやったら・・・・?

恐らくここよりも良いモノ作ってくるんじゃないのかな?・・・・だって捨石なのだから、ここは。つまりここでやった事を踏まえて、自分で作るってスタイルなんだろうね・・・・きっと。

ただね、その時に先生は何も教えてくれなかった・・・・だから、私は自分でやった・・・・とお思いになった場合、すぐ辞めてしまう事も考えて、売らないとなぁ・・・と考えなければならない。

勿論、ご年配だって自分で言ってたから、やれなかったらご年配だからと言うだろうし、逆にやって来た作品の結果の批評をすれば、良い事も悪い事もはっきり指導するので、遊びなんで・・・

って言う言い方もするかも知れないし、いずれにせよしっかりとした先生と生徒の関係の出来る前に、売るって行為をするのはなぁ・・・と思いつつ、こんな事があっても仕方無し・・・と覚悟して

・・・なるべく、願って憂いて・・・の繰り返しにならないように・・・と、まず願う。 それはそうと、話を戻して、つまり目地はそうして上手くなった方が能率が良いと言う事。

そこで目地の権利を貰ったので、トップの画像の方にやって貰うに当たって、しっかりプレッシャ-を掛けて、俺の権利を譲ったんだから・・・人の作品なんだから・・・・やってみたいんでしょ?

ってな具合にね。結局簡単な話で、人のが楽なのか?自分のが楽なのか?なのね。その時にプレッシャ-の掛かる方を俺が選択している訳で・・・・。

そもそもある程度出来るようになったらプレッシャ-が掛からないと、いつまで経ってもそれ以上にはならない。それが証拠に犬の方。ほら、犬もあじさいも大作になっちゃっているから、

そのから開放された感じで、あの程度の作品なら楽々簡単って感じでしょ?本人も楽しかったって・・・。そりゃこだわり少ないし、余り切って無いし、ね。

それが本来、何個か作ってから・・・・となるのに、最近の人達は割と早めに始めちゃうので、楽しむ前に上手くなっちゃったりするのね・・・・まっ、だからこそ凄いなぁって思える作品ばかりに、

なっているんだろうけれど。いずれにせよ、そう言う向き合ってばかりの作品の合間に、こうして楽しむモザイクなんてやれる時間があるのなら、それはそれでこうして目地の練習に使えるし、

例えどうであっても、モザイクをしているのだから、無駄な事は無いのね。ん・・・そうね、俺が無駄にはしないから、大丈夫なのね。あはははは。

そんな中、俺でも流石に余った目地は捨てるしか無いんだけれど・・・・

犬の方は、陶芸もやってて・・・・目地の余りでこんなの作ってた・・・・。中々面白い。


ユ-ミンママのポストの扉

2014-06-28 06:34:46 | モザイク作家

いつものように作家活動のみだと、ほぼきっつい話ばっかりでね、かと言って、じゃお教室は?って言ったら、ほぼ指導みたいな話ばっかり・・・・正直、読む方も疲れるだろうけれど、

入れる方も、時々何かなぁ・・・なんて思ったりもするのよ・・・・これでも。ただ少ないながらも見てくれている人がいる以上、今日の俺は何してた?って報告は必ずすべきで・・・。

そんな中、フィギュアがやって来て・・・・今、どんな感じ?って。そりゃそうだね、奴には取り付けを頼んでいるのだから、様子を聞かれても普通の話。

そうね、建築とかテレビとか終わって、何となく最近の生活に戻ったって感じかな・・・・。後は精神的な気持ちの立て直しって感じなんだけれど・・・・。何しろ気分転換って言うのが無いじゃん。

もしあるとしたら、稚魚の世話くらいなもんだろっ・・・・俺の場合。すると、フィギュアがオ-ドリ-の作品を見て、あっ、この人少し進んでる・・・・って。へぇ、流石にモノ作りの人だわっ。

時々来るんだね・・・って言うので、ぼちぼちね・・・なんて話をして、これだけ大きい作品って言うのは、かぐや以外の人は一生のうちにそう何個も作る事は無い。

そんなモノなのね。そう考えたら、それだけでも大変な話じゃない?誰でも出来る事じゃなくて、そう出来るものじゃない。ここが大事で、やり始めるのは簡単に誰でもやれるけれど、続けて終わる。

そんな事は、そう簡単じゃなくて、だからこそ完成すると凄いものになる。それは当たり前の事で、そう言う風に考えれば、奴のペ-スはこんなペ-スになっただけで、たまに来るフィギュアが、

気がついただけで進んだ奴も、気がついた奴も中々だと思うよ。そもそも興味が無ければ、全く変わりなく見えるだろうし、もの作りの人がもの作りに興味が無くなったら、その時点で、

もはや残念な結果が見えている。そもそもモザイクをやっているから、モザイクには興味があるけれど、他のは別に・・・って言っているようなもので。

折角フィギュアをやっている人が、他の分野のものを見られる機会があるのに、全く興味を持たないって事は、その時点で自分に興味があるなしで判断している脳な訳で。

それでは、創作する時にいつも題材も自分の好きなものしか選ばないようなもので、奴は注文されて作る事があるのだから、いつ何時、そんなお題を頼まれるかも知れない。

その時が来て、いちいち調べたりしていたんじゃ、一歩も二歩も出遅れる。そうじゃなくて、その分野じゃなかったとしても、興味が無かったとしても、脳が常に敏感に反応していたら?

これ何?って話になるものなのね・・・しかも、もっと言えば同じ分野のものばかりって言うのは、斬新さに欠けてくる。ある程度、実力が付いた場合、オリジナルを作る上でも、他分野では、

普通の事でも、自分の分野に生かすと、とても斬新になる事って言うのは多々ある。いずれにせよ、フィギュアは刺激と気分転換に来るのだから、お前きったねぇなぁ・・・ってな話。

たまに来ちゃ、2つも持ってくのかい?って言うと、あははははって。そうね、後はお坊さんの喝みたいな事もさせられたりもする・・・・そもそも、もう奴くらいの歳になると、体裁で付き合っている

ような友達なんて名乗るような人達では、やってんの?なんて突っ込みはしないだろうね。でも、俺はえぐるように言えるのね・・・俺は聞かれなくても、見りゃ判るだろっ?

じゃお前は?って言うのは、ある意味お互いな訳で・・・続けて行く手段の1つなのかもね。フィギュアは聞かれなくても自分からやってる・・・・って言うようになった。

そんな奴になったのなら、いちいち聞かない。そっか・・・俺はこんな感じって見せれば良い。こっちは何も変わらない・・・変わるのは奴の方。

これが俺が聞かないと話さないようでは、調子が悪いな・・・って感じだし、言い方一つでも、目を見れば、本気で話そうとしているか?いないか?はすぐ判るもので。

ある意味、判り過ぎると感情移入するのが面倒なので、目をあんまり合わせないようにも、したりしていたんだけれど、今度は声だけでも判るようになるものなのね・・・。

人って良く見ていると、癖なんてものがある。こう言うのがスポ-ツには大事な話で、それも戦術。ただ俺の場合、初見なら仕事に生かせるが、こんな知り合いに使いたい訳では無い。

ただそれも超越すると、katsuちゃん俺どう?・・・って、何か自分の調子を計りに来るような時もあって、ばかちん・・・・俺にわざわざ聞きに来る時点で調子が良かろう・・・・。

本当に調子が悪いなら、逃げまくっているだろうがっ・・・・だろっ?あはははは、だね・・・・・って。そんな話になったりする。いずれにせよ、気ままなだけの奴だったけれど、最近きちんと連絡を

して来るようになったんで、もはや勝手気ままなのは日高氏だけとなった・・・あはははは。

そんな後に、いきなり外国人の人が来て・・・・ゴ-ルドフィッシュを売って・・・って。ダメダメそれは趣味。すると、売っている所を教えてくれって・・・それどころか、容器や餌は何処に売っている?

って。ん・・・もはや金魚を売った方が早いんじゃないか?と思うような話になっちゃったんだけれど、ん・・・じゃ日曜日連れてってあげるよ・・・ってな事になる。

何だか面倒な話になっちゃったけれど、ご近所みたいだし、まっこんな話そうあるもんじゃないし、それはそれで面白そうだし、まっ良いかっ・・・・ってな事で。

何だかなぁ・・・・変な気分転換・・・・。


ノアさん教室とユ-ミンママのポストの扉

2014-06-27 00:44:04 | モザイク教室

先日はお知り合いの方の付き添いでいらしてくれたので、今日は本当のお教室。では本日は、何処を進めるか?となると、胸となる。そうね、アトリエの生徒の大多数は女性だから、当たり前に、

意識せずにいつでも見られるものだが、それが作り手としての意識が薄れる。そもそも顔にしても、化粧をする・・・その行為1つ取っても、つけまつげをしたり、描いたり、塗ったり、テクニックを、

屈指したりするものだったりする。では胸は?となると、寄せたり、上げたり、デコルテゾ-ンを見せたり・・・いずれにせよ、こだわりを持つって事は、そう言う事を意識する事が大事になる。

つまり出来るかどうか?は別にして、こんなのが理想って言うのがあるのなら、そこに近づけるようにするには・・・って言うのも良いし、逆にこれだけは嫌って言うのが、最低でもあれば、

最低それだけにはならないように・・・って言う意識だけでも、何も意識しないよりも1歩上のモザイクをしようとする事になる。それを踏まえて胸を作るにあたって、ではどんな胸を作るか?

まずモデルになっている写真は、結構年配なので、ウエストを余りはっきり作らずに、割と緩めにして、少し下がった感じの大き目な胸なんだけれど、ここが難しい所で本人に似ているのね・・・。

この作品が・・・。そうなると、写真のような胸って言う訳には行かない。そうなると、胸の裾野を山のように広げるのでは無く、絞らないとならない。

そうね、ゴムの風船に水を入れた時に、抱え切れないようになると、抱えていた手からはみ出しちゃうでしょ?

あのはみ出しのようなラインを作っては駄目。だから、両サイドのアンダ-の部分を手で持つ感じを意識して作る事。形はそれを意識しつつ、その上に色となると、トップからアンダ-までの、

距離感が高さを見せるテクニックになるのだから、裾野になるアンダ-にいかに、強めな色を入れられるか?となる。いずれにせよ、意識をすれば良くも悪くも何かが変わる・・・。

変わった時の結果が、次がある人にはそれが1つの参考となる。そうね、それを大きく失敗させない為に先人としての俺がいる・・・・と考えて貰えば良いんだけれど・・・・。

当然、胸に関しても色々と作った。聞けるような女の人には、何度となく胸についての質問をして、知らない事を手に入れた・・・・。それを別にそんな事しなくても、その辺のグラビア写真で

いっぱいあるじゃん・・・って人には、何を言っても判っては貰えないが、写真集に出て来る胸って言うのは、見る側に作る側が意識させるように作った作り物に感じるのね・・・・。

例えば、見せる胸がグラビアなら、普通の胸とは違うでしょ?ただ大きい、小さいでは無くて、素材としては、優れ過ぎている。更に言えば、それを見る人が男の人前提となると、

そこには美として見るって行為と、エロって見る行為の2つがあると思うのね。女の人の場合は、エロで胸を見る事はまず無いでしょ?こんな事もきちんと出来れば、品良く取り入れれば、

そこに艶や色気なんてものに繋がるし、下品になってしまえば、単なるエロになる。そもそも女の人が踊るって言う事は、場所や時間に寄っては妖艶なんて事もあるし、何がそう見えるのか?

どうしてなのか?何処がなのか?なんて事を考えたりすれば、答えが出ないとしても、自分なりの感じ方があるだろうから、それが果たして人にもそう思えるか?なんて比較をしつつ、探したり、

見つけられたとして、どの位までが自分の作品の中に必要なのか?になる。例えば仮に、この女の人がかなり妖艶に出来たとする。その上に、バックは夜のバ-でボトルを作り、暗い雰囲気で、

尚且つスポットなんかを体の一部に当てたりすれば、妖艶さは増すと思われるが、今回の場合のように青空の下で踊るとなると、艶やかなんて表現に変わるだろうね。

音読みと訓読みの違いのようなものだけれど、同じなら1つの言葉で良いはずで、違いがあるから読み方も変わる訳で。しかも、読み方が変わったんじゃなくて、違うものとしての区別の為。

読み方なんてのは、単なるあだ名のようなもので、表現者としては、そこのこだわりを持つか?持たないか?は、ノアさんくらいの作品を作るようになると、必ず必要となる。

何しろ意識して、その理想の何処までが、今の自分の実力で出来るか?の繰り返しで、それが出来るか?出来ないか?の判断が俺の経験値と、その人を見て来た俺の目になる。

そう言う点では、また今日も良いやり取りが出来た結果がこれなのだから、また結果は出た。

お見事である。ここからが課題になるのだけれど、やり方の説明はしたし、後の胸の残りは、自宅でチャレンジ。最低限、胸のラインは確保してあるので、大きく崩す事は無く、

そう言うチャレンジする気持ちも必要なのね・・・・。ただ何も教えていないのに進むと、当然大きく失敗する可能性は増えるし、習った事の復習みたいにやれば、小さい失敗は勉強となり、

次回作の糧にもなる。胸が入って女の人らしさが強調された事で、更に存在感も増し、その存在感が迫力にも繋がっているようで、何だか踊りながら近寄られている感じがする。

いずれにせよ、今後の展開も楽しみな作品になっている。その後は、作品作りとなる。ここれが難しいのは、まず1つはしばらくこの作品から離れていた事。続けてやっていた時は、使うタイルを出してあって、見なくてもそこには何が置いてあるか?なんて分かったりした。

そんな事1つでも慣れがあるのに、更に大事な気持ちの問題。一体あの時にどんな気持ちで、この作品を作ろうとしたのか?を思い出さないとならない・・・・。

これが大した思い入れが無くても作れる幾何学模様の繰り返しと言うのなら、デザインの続きだけで進めるんだけれど、自分なりに考えていた思い入れなんてもんがあったのなら・・・・

続きを作らないとならない訳で・・・。それが作り手の思い入れの話なら、今度は気分って話で、もしあの時に行き詰まりを感じていたのなら、しばらく時間を置いた事が新鮮な気持ちになり、

心機一転だろうが、もしあの時に乗っていたら?完全に水をさされた感じになる。更に現場に出る事が続いたと言う事は、朝が早く夜も早めになる。けれど、作家katsuは深夜営業。

生活自体も変えないとならない・・・・。色んな環境の変化を元に戻さないとならない・・・のね。 それと更に、先生katsuの育てた生徒作品が作家katsuにプレッシャ-を掛けてくるようになり、

それがかぐややキウイだけでなく、次から次へと増えて来た。当然、それだけの上手さの作品を見た事が刺激になる・・・って程度なら、自分の作品へ反映する事になるからプラスになる。

がしかし、ひとたびそれらにひるんだ瞬間、逆にそれが自分を卑屈にさせる事になる。良い事と悪い事は背中合わせで、しかも人とはもろいもので、気分1つですぐに変わってしまう・・・・。

今の俺はどちらかと言うと、後者な感じで、いかにこの時間を耐えて、自分の作品に自信が持てたり、何らかの気分転換になるきっかけを掴む事なのね・・・・。

それまで大きな失敗をせずに安全安心な前進で凌ぐ・・・って感じなのね。

それが良く判る例として、さっきの教室の最中に日高氏がやって来たのね。すると、後半のテレビを見逃した・・・って事だったんだけれど、ノアさんも観られなかったって事だったので、

3人で見た後に、今回はオ-ドリ-とみどりが参加したけれど、かぐやもキウイもいなかった。温存って感じなら、更にノアさんの作品はどう?・・・・すると、凄いよっ・・・って。

だよね・・・テレチャンの時は3人しかいない中、日高氏は2番目か3番目のどちらかの存在だった・・・。では今は?ほらね・・・一緒にやるって言うのは、本田さんに言われるまでも無く個の力の

向上の為の日々の努力。みんなでやる時は、その発表の場。日高氏にその意味が伝わったのなら、当然その俺でもプレッシャ-が掛かっても不思議じゃない。それ位、みんなの進歩がある。

それがただの進歩では無く、こうして結果が凄いと相手に掛けるプレッシャ-は相当なもので、それが教えている俺でも例外じゃない・・・・それ位、みんな上手くなっている。

いつかみんなが揃って出来るような機会が出来た時・・・なんて話をした瞬間、日高氏でも、そうだよなっ・・・と判った。中々良いプレッシャ-を掛けられたのね。

とは言え、正直俺もなのね・・・。そんな訳で基礎の基礎。まずは何もしなくても良いから、夜遅くまでアトリエにいる事。いれば必ず進むから・・・。夕飯は必ずアトリエで食べる事・・・・。

あの深夜番組のラジオを聴く事・・・何でも良いから、そこまでは・・・って頑張る事から・・・。その内に戻って来る・・・けれど、早めに取り戻すには、俺の場合お金の掛からない音楽が気分転換

ん・・・色々試しているんだけれど、まだ見つからない・・・・。


団体教室の打ち合わせとパソコンの不備直し

2014-06-26 06:36:53 | モザイク教室

朝はアトリエに3人の方が、いらして30人程度のお教室の打ち合わせ・・・・。学校で開催されるらしく、金額かなり厳しい状況だったが、お受けする事にした。

アトリエにはキウイやノアさんの作品があって、凄いって雰囲気はあるものの、ではこれから募集するに当たって、そそる小物があるか?となると、それはこちらの問題ではなくて、この3人の話で、

どうしたいか?になる。集まる集まらないはともかく、季節モノを本人負担無しにするのなら、集まる可能性が増えるし、例え100円でも材料費を・・・となれば、その時点でかなり減らせる。

要するに学校全体に配布するチラシのようなものを出すにあたって、そんなハ-ドル1つで、相当な数が意図的に減らす事が出来る。

そもそもワ-ルドカップでも、ほぼ早起きしかハ-ドルが無くても、全員が見る訳では無い。つまり興味が無いって場合、あれだけ宣伝しても難しい事がある。

それも踏まえて、今までこの学校では材料費が掛かるような事を開催した事が無いらしく、前例が無いので・・・・一応戻ってみんなに話しては見ますが・・・となったのだけれど、

考え方1つなのだけれど、では材料費は無し、1人あたりの客単価が1000円を割る。そこに人を集める為に、サンプルを作り募集すべきか?と考えると、以前やったものの画像でも良いのでは?

と思う事はそんなに悪い話でも無いだろうし、下地自体はいつもの手作りだし、逆に何となくクチコミ程度でも学校なら十分かなぁ・・・とも思ったりもする。

話を元に戻すと、そんな適した現物サンプルは無いが、凄いと言う生徒作品は見ている状況。つまりこの3人はそれだけでも十分やってみたい・・・・と思っている訳で。

ここが大事で、まずは本人達に興味が起きなければ、これから企画を煮詰めて行くにあたって、面倒な事ばかりが続くのに、そう言う下準備に力が入らなくなる。

そう言う点では、十分興味は沸いたようだし、この企画に無理があるのも判って頂いた上での開催となるのだから、自分達でも抽選にするほど集めたいのか?少数精鋭なのか?

そこは企画者の人達でご相談して頂ければ良いと思うのね。少なくとももう3人はいるのだし、逆に後27人しか出来ないって考え方もあるのだし・・・・。ねっ。

そんなこんなで、昨日の下地に油を塗って、一旦帰宅。ちょっとパソコンに不備があって・・・・かぐやに相談しつつ、何とかクリア-。

そんな中、かぐやが先日のテレビの件で、履歴のあった人に放映日の連絡をしたんだけれど、お礼や感想を頂いた人へ返信をしていると、以前作ったヒラメの下地の方からも頂いていて、

作品が完成したとの事で、トップの画像が送られて来たのでご紹介。あの大きさを良く一人で完成させたなぁ・・・と思うと、楽しみのモザイクもここまで来れば十分なのね。

もはやアトリエに来る必要も無いでしょ?十分楽しめるはず。素敵な仕上がりです。これがもし来るなんて事になると、逆に本気でやって頂かないと、教える事はほぼ無い。

勿論、本気と言うのなら、いくらでも直す所はあるし、楽しむって言うのと、上手いって言うのは、ほぼ全く違うものと考えて貰えれば良い。ここから先は自分が望むか?望まないか?だけ。

ただ難しいのは、ここまで出来ると、出来るって言う気持ちがあるだろうから、わざわざ習わなくても・・・って気持ちになっても不思議じゃないし、いずれにせよ完成が見られてラッキ-。

お疲れ様でした。


キウイ教室と下地作り

2014-06-25 09:22:35 | モザイク教室

今日は久しぶりにキウイ教室。ここは何も言う事が無い。そもそも上手いし、サークルでも一人我が道を進むように、ひな人形のモザイクを時期外れなのにも作れる。 しかも慌てる事も無く。

例えば上手くても、慌てたり、構想も立てずにやれば、当然失敗する可能性が高くなる。けれどそう言う事も無いし、ある意味、特にこうしたら・・・って言う事も余り無いし、単に見守るだけ・・・。

そんな感じでもある。ただ逆に、昔ならそのままでも言い様な事でも、余りにも繊細な表現が昔とは違って、上手くなった分、出来そうな感じもあり、そうなると、じゃどうする?って事を相談しつつ、

進めていたやり方も更に一層、確認の仕方がナ-バスになった気もする。例えば、最初の頃なら、丸1つ取っても、きちんと同じには何度も切れないだろうから、大体って曖昧な感じになる。

そうね10個に3個位、揃っていたらオッケ-なんて感じに・・・。ただ恐ろしく小さかったり、大きかったりしたら、切り直し・・・って感じにして。これがいつしか完全に同じものが切れるようになる。

そうね、数年のリピ-タ-ならその位は、ほぼどんなパ-ツでも出来るだろう・・・そんなに意識する事無くね。  ただそれの上へとなると、今度はその完全なるパ-ツを使って、どう配置するか?

になる。例えば幾何学模様ならいかに美しい配置にするか?となり、それはデザインの良し悪しに関わる事であるが、これは慣れると規則みたいなものがあり、これ、これ、これ・・・と比較すると、

素人でもこっちが美しい・・・って分かったりもする。例えモザイクをやった事が無くてもね。それを更に超えると、今度は流れで作る何て事になったりする。

点で作る場合の幾何学模様は大きさの統一が大事なら、線で作る流れは、幅を徹底的に合わせる事。しかもそれが枝だったりすれば、段々細く・・・なんて事になると、右左の大きさが変わる

それにより、点の時のような何処でも使えるパ-ツでは無くなる。これが文字なら単なる同じ太さ長さならまだしも、ハネたり、止めたり、文字に特徴があれば、当然難易度は増す。

そんなものが線で作る流れ。これすらも超えると、きちんと切れるのに切らない・・・・。まるで単なるクラッシュでも入れているようにね・・・。わざとストライクでは無く外す・・・そんなテクニック。

 これを何をしているか?何て判るとかなりの腕前なんだけれどね・・・。クラッシュなのに目地幅が均一・・・・結構なお手前なのである。

おっと話がそれたけれど、要するに最初に決めた事にブレでも無い限り、ほとんどが見ているだけって話なのね。ただその最初の表現が難しい・・・。

そうね・・・ただ湖畔でも難しいのに、静かな湖畔って言ったら、何が静かなのか?ってな表現が必要となる。それが静寂なのか?そよ風なのか?穏やかなのか?・・・・そう見える為には、

何が必要なのか?何が足りないのか?みたいなやり取りをする訳で・・・。一緒に作っている。そんなやり取りの中で・・・キウイの思い描くシ-ンの1コマを探している訳で・・・・。

いずれにせよ、ここまでの作品を趣味でやられては、プロを名乗る人はきつい感じがする。それが先日の建築の床なんかに参加して行くのだから、益々そう思うのね。

そんな後は、下地作りと、ちょっと作品作り・・・


色んな下地作りと久しぶりにユ-ミンママのポストの扉

2014-06-24 05:46:34 | モザイク作家
まずは来月前半にユニディ宅でのお教室や、さくらのせがれ、そして団体の提案下地などが溜まって、まずはそこから。前々から少しやってあったものもあったが、今日仕上がり。

後は、アップルさんが銘木に自分で書いた書道の文字で表札って下地と、ユニディの母さんの下地のみ。この2つはさっきの下地とは内容が違うので、別の日になる。

例えば、コ-スタ-の場合だと、丸く切った下地がまだあったから、裏にコルクを張るだけだし、楕円の場合は、木の金額の悩みはあったものの、切る彫るは時間が解決。

大きめな楕円は20cm程度の大きさの場合、端材が出るので、こまめに取って置けば、こうして使える場合もある。そして○は下地の木があったので、久しぶりにタイルを探して、

張るんだけれど、一度やった事がある事は慣れがあるから、コツも判っている。更に裏にペンキを塗ったのね。では、表札だって看板作ったじゃん・・・と思うだろうけれど、

文字が自分で書いた・・・つまり送られて来ないと出来ないし、送られて来ても、銘木は直角な木じゃないのでバランスを測りながら、文字の位置を変えないとならないし、

とは言っても、この字を俺が書く場合、調べたりしないとならず、下地に写すのは一緒なのだから、どっちが楽って話じゃないのね・・・。

そうかと思えば、ユニディの母さんの場合、30cmとなると、もはや端材じゃなくて、もう売り物として成り立つ大きさなので、買わないとならないのだけれど、そうねシナベニアって

木は仕上げ材だから高いのね。しかも厚みが増せば増すほど高くなる。15mmだと5千円弱。
その残りを在庫として抱えないとならなくなるので、場所もお金もきついのね。

これが大きいなら大きいで、そこそこ貰いやすいが、今度は1枚買うとなると、結構な負担になるでしょ・・・お互いにね。

それと、すべて決まった上なら、丸々1日Unidyへ・・・となるのだけれど、決まっていない事があれば、半日だけとか、夜のみとか、何かの都合に合わせて動く事になる。

それだって、ペンキは後日だし、銘木にしても同じ・・・いずれにしても、簡単な事は何1つ無いのね・・・だから手間が一番高くなるものなのね。

先日の玄関も同じで、材料費なんてもんは手間賃から考えたら、ごくわずか。
それをいかに手間を抑えるか?なんて考えたりするから難しくなるだけで、

別に一般的な賃金が発生するなら、大した話じゃないのね・・・・。

そんな中ねさっきの話のユニディ母さんの下地・・・本来はシナベニアの15mmを買う事が一番簡単で楽なんだけれど、折角の無理難題みたいな状況なのだから、練習。

そうなると安い木を・・・となり、1500円弱の木を買って、在庫の4mmのシナベニアを張って見たのね・・・当然、その手間が掛かる訳で、しかも張ったのだから明日以降。

そんな事をしたのも、銘木の文字を待つ事もあっての話で、全部いっぺんには無理だなっ・・・ってなった時に、それなら色々と試したい事をやらないとね・・・。

練習って言うのは、こうやってやって行かないと、その時が来てからでは遅いのね。
常に準備、準備となるのだけれど、その準備の資金が無ければ出来ない訳で・・・。

そもそも必ず成功する訳じゃない。失敗すればほぼ使い道の無いゴミにもなり得る。
ただいざとなった時は、大工さんがバックにいるのだから、何らかの知恵は貰える。

そんなものを持った上で、チャレンジとなるのだけれど、何とか逃げ切れちゃったから良いもので、いちいちこんなもんで失敗していては、益々貧乏になっちゃうのね・・・。

ただこう言う事を繰り返す事が、次の何かに生かされるのであって、むしろ何か軽い失敗が欲しい訳なのね・・・完全なる成功以外は何の意味も無いって言うのも極論だが、

その軽い失敗の是正が真の良さに繋がるもので、そこそこ良かったら直す必要も無いし、
逆にその良さを壊してまでチャレンジしたくない。

そうね、ポ-カ-で何1つ揃っていないのなら、全とっかえなんてやりやすい。
じゃ1ペアなら?後の3枚変えれば良いじゃん。こんなのも考えなくてもみんな一緒。

最後に逆転するには・・・・何かを捨ててまでチャレンジしないとならないはず。
明日は引き分けでも良い・・・って訳には行かない・・・でしょ?かんすけ・・・。

でも後が無いって言うのは、逆にやりやすい。1点くらい取っても仕方ないからね。
ただ、それによっての結果が良ければ、ラッキ-な話となり、ドラマチックだが、

悪かった場合、リスクを取っての事・・・2点取りに行って5点取られる位の覚悟が必要。
そうじゃないとリスクを背負っているとは言わない。

これが野球なら守備を捨てて、ホ-ムランバッタ-を揃える・・・になる。
ただね、それは当然監督が責任を取る・・・そんな状況での事・・・。

そうね、俺の場合、5000円弱のシナベニアで楽をするのか?初めて買う安い1500円弱の木を時間を掛けて、何か今までとは違う何かを探しに行くのか?・・・

失敗した場合、材料も手間も自己責任・・・まっ、毎回そうして探しているのね。
そこに資金があるなら前者、お金が無いなら、後者・・・となる。

お金と時間って言うのは、こうした事に繋がって来る。

そんなこんなで後2つの下地なら・・・とメドが立ったので、本当に久しぶりのユ-ミンママのポストの扉。余りに久しぶりなので、リハビリ程度にやって見た・・・。

久しぶりにやって見ると、随分と面倒な事を考えたもんだ・・・と自分が思うのだから、
以前の俺が手をいかに掛けていたか良く判る・・・。

じゃ以前の俺に負けないようにやんなきゃね・・・・ただね、気分転換なんてもんは一瞬な訳で、これだけ期間が開けば、毎日やっている俺でも難しい・・・。

まずは気持ちを作って行かないとね・・・・同じ事を繰り返しやっている訳じゃないからね・・・慣れなんて事をさせるはずが無い・・・以前の俺が・・・。

むかつくのね・・・手ごわいのね・・・・しっかりしないと、自分の作品に潰される・・
上手くなるって言うのはそう言う事・・・。


リピ-タ-さん教室とテレビの件解禁

2014-06-23 05:49:53 | モザイク教室
今日は1時間早めにお願い出来ませんか?って話で、8時スタ-ト。
正直、ちょっとビックリでもあった・・・昔なら今回はキャンセルと言う事で・・・と、

来月の予約に変更・・・そんな話になっていた。それがこうして毎月1回のペ-スを崩さない
・・・それがどんなに大事で凄い事か・・・を伝えた。

そもそも1ヶ月に1回を休むと、60日に1回って事になる。しかも自宅でやらないとなると、
ほぼいつやったか?なんて忘れちゃった・・・そんな感じになる。

そうね、しかももう仕事として使おうって気持ちは無くなった。職業が変わるから。
だから単なる趣味となった。それなら別に、切羽詰まったような気持ちにはならない。

緩くなって当たり前。やるもやらぬも自分次第。強制力らしきものが無いのだから、もはや来る理由すら見つからなっても不思議じゃない・・・・。

しかも、この方くらいになれば、単なる遊びのモザイクなら別にここまで来て、習わなくても出来るはず。例えば、なべしき程度の大きさで、ぺきぺきで、デザインも誰かのもので、

そんな感じにすれば、サクサクと悩まなくても出来るはず。もっと判り易く言えば、その程度なら、一番大変なのは材料の手配。恐らくね・・・。そっちの方が難しい。

そんな仕事に・・・って気持ちを格下げして趣味にしたのだから、もはや何か掲げるものが無ければ、続ける事すら危ういものがある。

それを今回踏み止まった。考えずに判る事は、仕事として取り入れたい・・・と考えていた以前は休んでしまい、趣味となった今、踏み止まれた・・・。ここ。

それ1つ取っても、以前よりもやる気はある。以前なら恐らく仕事で取り入れるって言うのは、難しいくらい時間は掛かるだろう・・・と思われた。何故なら真剣みに欠けていたから。

そもそも、仕事に取り入れたい気持ちであるのなら、先行投資としてのお金や時間をつぎ込んでいると言う意味であり、それを他の時間に使ったのなら、取り返さないとならない

・・・はず。それなのに簡単にそんな大事な日が流れて行くのでは、身に付く日を先延ばしにしているようなもの。けれど、それをこちらとしては、言う事が無かった・・・。

それはそれ程の信頼関係は築いていなかったから。つまり以前は仕事に・・・と言いつつ、休んでも平気。今は趣味なのに休まない。それどころか、何としても・・・って、言う

気持ちが伝わって来る。つまり今こそが本当は仕事に生かしたい・・・そう言う姿勢になっている。当然、それだけの姿勢であるのなら、こうしてきちんとこうである・・・

と言う事が出来る。気持ちが入っていない人に、こんな向き合い方をしては、ただ気分を悪くするだけ。もっと判り易いのは、katsuさんテレビ見逃した・・・ってやって来た。

つまりブログを見ていた・・・って事。そもそも今回のテレビの内容は玄関のリフォ-ム。仕事に取り入れようとするのなら絶対に見て置くべき。

中々、施工の仕方なんて見せるなんて、そう言う機会は無い。通常の教室とは違うものなのだから。でも趣味だから、別にどちらでも良いはずなのね、見ようが見まいがね。

それなのに見逃した・・・が第一声。本来なら、仕事に生かしたい時に、欠かさずブログを見て欲しかったのに、今は趣味だから別にどうでも良いはずなのに、見逃した事が、

残念って気持ちになり、その情報をブログから得ている・・・本来は逆でしょ?
でも、それだけ昔と違ってやる気になったのなら、お教室を割いてでも見せたいな・・・

と思い、かぐやが俺だけ観られるメ-ルに送って来た、ム-ビ-画像を見せた。
画像や音が悪いのだけれど・・・・。指導を辞めてもね・・・。

そうね、きっと昔よりも信頼関係が何歩か前進しているからなんだろうけれど、本気で見ていたし、さっきの意味も判ってくれただろうし、そう言う意味でも、少しでも刺激に

なれば何より。当然刺激と言うのなら、生でそうそう観られないからね・・・とノアさんが置いて行った作品もしっかり見て行ったのね。

いずれにせよ、趣味と言う割にはとても真剣な姿勢で、今後も楽しみになる。
しかも、それならこちらも本気で向き合えるしね・・・。遠慮なく。

そんな中、キウイが昨日の放送を・・・って持って来てくれて、もう1度観るって話で、
もう一度観る事になった。そんな中、のりちゃん母さんの土佐金も見せて・・・

ほら俺の下絵で俺と同じ材料で、どう思う?・・・すると、同じ時期に始めた人なのに、
上手い・・・って言うのね。だよね、時間はどの位掛かるか?判らないけれど出来るよね?

つまりこの程度の内容なら俺がやらなくても出来ちゃうって事でしょ?意味が判ったかな?
では、そろそろ画像公開。



要するに、この玄関程度の内容なら、キウイとお母さんが土佐金を作り、バックの仕込みはオ-ドリ-とみどりはすでに参加しているのだから、手伝うくらいで時間も解決。

建築タイルは日高氏が全部やれば良いのだから、この玄関の中で俺がやらないとならないのは、建築タイルで作った青い土佐金のみ。つまりそれ位、みんな出来るようになった。

しかも大事なのは、かぐやを温存してもね・・・。これがスポ-ツの戦略みたいなもので、全員上がってパワ-プレ-・・・そう言うのは、ここ一番って時だけ。

本当に強いチ-ムは戦力を整え、それに合った布陣で臨むもの。そう言う点では、この位では、俺も本気でやるようではね・・・・。もっと楽々やらないとね。

そうね、そしてこれを観た時に、後は、これを見て一緒にやって見たい・・・と思うか?思わないか?は自分次第。良いなぁと思うか?別にと思うか?それも自分次第。

そしてそれでも何も思わなかった人が、趣味だけでやって行ける人。人のを見ても、これだけのモザイクを見ても刺激にならないのだから、自分の作品だけを見てやって行ける。

だから趣味に・・とぶれずにやって行ける。けれど、良いなぁ・・やって見たいなぁ・・
欲しいなぁ・・・こんな気持ちになった人は、もしかすると、こっち側に来るかも・・・

そんな人かも知れない。つまり欲が出た人なのだから・・・。何しろ俺の仕事は人の気持ちを揺らさないとならないのね・・・あははははは。

昔、俺にそう言う仕事を欲望商売って言った人がいてね・・・まっ、ア-チストなんてすべてが、ファンをそそのかすもので、いかに揺さぶれるか?だからねぇ・・・。

俺は作家katsuとしては、欲しくないぃぃ?って言うのを作らないとならないし、先生katsuとしては、一緒にやりたくならないぃぃぃ?って、言う人を育てないとならない。

勿論、底辺拡張もしないとならないので、楽しいね・・・って言う体験も必要となる。
何せ、みんなそこから始めた人達なのだから・・・。そこに腕利きがいるのだから・・・

まっ、いずれにせよやる気になっている人に見せたのだから、質が良いものなら刺激にはなるはず・・・・。

さて、それではテレビの画像のメイキング。



そうね、2つミスが合ったのね・・・・1つはアトリエのテロップ。市川市なのに江戸川区になってたのね。それと、加工前と加工後のタイルのテロップが逆になってた。

かぐやとキウイが指摘していたのね・・・あはははは。厳しいぃぃチェック。
それとすでに何人か勘違いをしていたんだけれど、現地施工は3日間だったけれど、

アトリエ仕込みは100時間以上って言ってたのに、たった3日間でこれをぉぉって。
違うのね、現地だけが3日間。つまり仕込みの金魚の方が時間が掛かるって事。

それと12万で出来ちゃうの?って・・・。違うでしょ?材料費のみです。
ただねぇ・・・色々言えない事もあるからねぇ・・・。

まっ、いずれにせよまたこんなの作れます・・・って有料サンプル作りが終わった。
昔、テレチャンで優勝した時に作ったものは、タコの露天風呂、ヘビとカエルのシャワ-

・・・どう考えても、観るのは楽しいが必要としないものばかりで、浮世離れした作品ばかりだった。ではあれから十数年・・・。何が変わったか?

まず作ったもの・・・金魚?まっ、昔のモチ-フよりは欲しいって気持ちになるようなものにはなったかも知れ無いが、特に大きく変わったようには思えない・・・がしかし、

比べるまでも無い。今の腕で100時間以上の仕込みの金魚と、たった30時間そこそこで全部を作った・・・となればね、観なくても聞かなくても判るでしょ?ねっ。

更に、露天風呂にシャワ-。特に必要とする人は少ない。今回はリフォ-ム番組で玄関。
ごもっともな話に一応はなっている。

こうやってきちんと比較をして行けば、あの時は3人で作った・・・さて今は?
もう言わなくても判るはず。あの時のナンバ-2の日高氏が、今も2番かな?あはははは。

今回はかぐやもいなかったよね・・・あはははは。随分と豪華なメンバ-になった事。
そりゃ良くなって当たり前だわっ。ちゃんと進歩している。




のりちゃんお母さん教室

2014-06-22 03:09:59 | モザイク教室
朝、起きるとフラッとしてね・・・昨日もそうだったんだけれど、今日はかなり酷く、
完全に船酔いみたいな感じでね・・・何とかアトリエに行ったんだけれど、

いつもの日課の草花や金魚の世話も半ばに断念・・・じっとしていると楽で・・・。
そんな中、しばらくするとお母さんがやって来る・・・。

医者じゃ無いから、完全なインチキ判断だが、予定では売れてから倒れる事はあっても、
ここで倒れる筋書きでは無いので、これは単なる精神的なもの・・・。

そうね、足の遅い子供が運動会の日に熱が出た・・・あんな感じのね。
だから、こんなもんは、気が張れば治る・・・だから早めにスイッチを入れた・・・・。

しばらく振りのアトリエでのお母さん教室と言う事もあって、最初の20分話し倒した。
早めに先生のスイッチを入れようとして・・・。やっぱりすぐに治った・・・。

それはそれとして、そうね普通は自分の好きなお題で進めて行くものなんだけれど、
お母さんは上手くなろうとして、一度作った金魚のリベンジ的にやっているのね・・・。

何か前回は上手く行かなかった・・・と。しかも、このまま行けばほぼ結果は出ているから、前作を越える作品を作れた事になる。

上手くなるって言う事の中には、好きなお題であろうが無かろうが結果を出せる・・・なんて事も、1つのバロメ-タ-と考えても良いと思うのね。

それは何を頼まれても出来る・・・ってプロの考え方でもあるのだけれど・・・。
いずれにせよ、もう俺の下絵で作るのはこうして出来るのだから、今度は自分で探して、

自分の絵じゃなくて良いから、小物で自分が見つけたお題でやって見るなんて言うのも、
良いかも知れない・・・。まず自分で・・・ってね。

こんなに出来るようになったのだから。そんな中、キウイがやって来て・・・・。
まぁ、奴が来ると華やかになる。しかも、あっという間にお茶タイム・・・・。

一気に場の雰囲気を変えてしまうのね・・・あははははは。いつもながらお見事なのね。
そんな中、キウイにもお母さんは終わりが近い・・・って判るので、もうすぐですね。

って、話になったりする・・・次は何を作るんですか?ってね。俺はもっと小さな小物で良いと思うんだけれど・・・・次は。なんて話をしたりして・・・、

そんなこんなで時間が過ぎて、あっこんな時間ってなったのだけれど、2人に朝の事情を話して、出来るだけここにいて・・・・と頼んだ・・・。

気を張っている限り、特に症状も悪く無いから・・・・と。
原因は今日の放映にあるのだから・・・・きっと。ってね・・・・。

期待と不安・・・まっほぼほぼ、春夏秋冬の歌の内容みたいなもので・・・・。
今日ですべてが終わるさ、今日ですべてが変わる、今日ですべてが報われる、

今日ですべてが始まるさ・・・・この歌詞がすべて・・・・。この意味がすべて・・。
そしてまた明日が来る・・・。

2人はこの意味が判る人だから、出来るだけいて貰った・・・・助かった・・・良い時間だった・・・。そして2人が帰ったので、気力も無く帰宅・・・。


お知らせ

2014-06-21 14:56:34 | お知らせ
新ホームページOPENします!

特殊造形装飾人KATSUの公式ホームページがリニューアル、お引越しします。
諸事情により長らく使用していたサーバーを変更しますので、ホームページアドレスも変わります。
お気に入りなどにご登録されていた場合はお手数ですが、新アドレスへ変更をお願いします。
新ホームページのアドレス

http://katsumosaic.sitemix.jp/
        

皆さま新しいホームページをどうぞよろしくお願いいたします。

テレビ出演のお知らせ

いよいよ今週末6/21(土)夕方6:00~
BSジャパン 「ヒデキの感激NEXTHOSE」 に出演します!


この放送の回のみの出演ですのでお見逃しなく。
久々のテレビ出演です。周りの人にも宣伝してね。

なお、完成に伴い、お教室の予約をストップさせていただいていたのを再開いたします。
6月にもまだ空きはありますので、お問い合わせください。