katsuまるはだかぁ 芸術家への道

モザイクアート一直線のkatsuの日記

何だか体調が悪く・・・

2019-10-18 07:14:06 | 休み?
今日はお教室があったんだけれど、キャンセルがあって・・・ただ若干体調が悪く、それなら無理せず早めに帰宅するにしても、貧乏性なんで、何もしないで・・・って言うのもね・・・そんな訳でまずは、デイ・サービス用の来月分サンプルのクリスマスツリーを張って・・・。

下地は既に作ってあったから張るだけ。流石にデイ・サービスでは雪だるまを作る事は難しいので、シンプルにツリーのみにしたんだけれど、これから作る人達もいるんで、ちょっと違う雰囲気も見せたいなぁ・・・と思って、丸いタイルを斜めにして見たのね。

それと昨日のキウイの娘のブルー系って言うのを、違う解釈でやって見たのね。昨日のキウイの娘は薄味にしようとして、丸のタイルを薄いのを選択して、結局全部薄いとぼやけるので・・・とぺきぺきは濃いのを選択したのね。つまり俺は逆に丸を濃くしてぺきぺきを薄くしたのね。

こう言うのって、1+1みたいな考えじゃなくて、2=何+何?みたいな感覚だと思うのね。つまり薄くしたいから、薄いのを選択して、更に薄いのを選択して・・・って、薄い丸を1、薄いぺきぺきを1にすれば、思った通りにダブル薄い2になる・・・じゃなくて、薄味2にするには?・・・。

かなり大部分を薄くしないとならない・・・丸は何色も使いたいとなると、丸に影響される恐れがある・・・けれど、薄い丸では存在感が薄い。そうなると、沢山薄いのを使えるのはぺきぺき・・・それなら水色のぺきぺきを使う事に決定になる。だから水色1色で良いんだけれど・・・。

ここが保険の考え方で、もう決定で良いって安心安全を得てからの、もっと言いのは無いか?となった時、この後の展開も考えると・・・必ずまた水色系の丸タイルを選択するはず・・・でも手持ちのタイルでは紺なんてものがある・・・ただ紺は相当目立つはず・・・。

つまり普通なら、昨日までの丸を直線にして、更に言えば紺の数を減らすには、紺の位置を1列目と3列目にすれば、2列目と4列目にするよりも、3粒も変わる訳で・・・ただ収まりの良い方を取ると、やはり2列目と4列目の方がしっくり来たのね。この時点で3粒分濃くなった・・・。

ん・・つまり収まり的には、水色のぺきぺきで直線の丸で、2列目と4列目に紺を入れれば良いだけの事となる・・・けれど、けれどなのね。余りにもシンプル・・・だから丸を斜めにしたのね。それによって目立つ紺が斜めに見えると、直線よりも動きが出る。流れたようにね。

それだけでもかなり責めた感じだったんだけれど、冒険したかったのね・・・それが白いぺきぺき。そもそも目地は白に決定しているのね。それは上手い人ならボンドをはみ出さないけれど、はみ出してしまうと、ボンドが白いだけに色の付いた目地ではまだらになってしまうのね。

その例としてタピオカのハロウィンが横にあるのね。その説明は後にして、白い目地で水色のぺきぺきがくるまれる・・・そんな感じになるとして、もし白いタイルを角を落として所々に入れたら・・・雪には見えないかな?・・・って大冒険。もし上手く行けば、雪には見えるわ、薄くは

なるわ、一石二鳥になる・・・けれどかなり欲張った感はあるけれど・・・でも、持って行く丸を濃いタイル中心に持って行けば、結構何とかなるんじゃないのかな?・・・って感じに、好きなのを選んで1+1みたいにやるのでは無くて、2にするには?なので、好きなものを選ぶ事では無くて、結果としてそうなるには?・・・なのね。

ただ画像が悪くて判りずらいから後日撮り直すとして、タピオカのハロウィンは眼にあったのね・・・眼が判りずらくなっちゃった・・・その原因は、眼の側のタイルも小さくなって、どれが眼か?って感じになっていたのを直して・・・それでも判りずらく・・・その上、もし昨日、

白い目地をしていたら?・・・きっと余計判りづらくなったと思うのね。そこでライトグレ―かな?グレーかな?いずれにせよ、白を回避して見たのね・・・勿論そんな選択出来るのも張り方が上手く、ボンドがはみ出していないからなのね。そんなこんな後は、こんな小物・・・

そんなこんなで早目の帰宅・・・。


結局かぐやとアトリエ掃除

2019-10-15 06:24:41 | 休み?
朝、かぐやを迎えに行くと、もういつでも雨が降りそうな天気で・・・しかも、何か雰囲気が違うんで、何か休みみたいだね・・・朝早いからかな?と言うと、3連休です・・・って言われて、すっかり忘れていたのね・・・・じゃ辞めようって事になった。

そもそも雨は降りそうだわ、祭日だわ、って事では無理する必要は無いし、そこでアトリエに行って片付けとなった。ただでさえ殺伐としているのに、台風とイベント・・・ただ何となく元に戻した・・・ってだけだったので、丁度良い機会って事になったのね。

それと落ち着いてから、エアプランツだの多肉植物のハンキング用の小物作品作り。これが中々難しく、かぐやも何だか上手く行かない・・・と四苦八苦。俺も以前やったけれど、何をどうして良いんだか?正直、半信半疑で、こんなんで良いのかな?・・・とやってたのね。

だから気持ちは良く判るのね。そんなこんなで1日おしまい・・・何かあっという間だったのね。

台風が来て・・・

2019-10-13 22:16:11 | 休み?
一昨日、台風が来るって事で、リバティさんの現場に置いていた道具や材料を片付けがてらにかぐやと向かった・・・既に天候は良くなるはずも無くどんよりしていて、いつ雨が降って来ても良い位の雰囲気。そこで張る事は諦め、いつでも片付けて終われるように切るだけにしたのね。

すると、お昼前に雨が降って来て・・・片付けて帰る道中に、もしもの事も想定して、避難するとか、家から出られないとか、色んな事を考えて買い物をするも、当然ながら世の中みんながそうで・・・それでも何とかそれなりの準備は出来た。そんな時、両親から実家に泊まれないか?って

話になり、それもそうだな・・となったが、そんな中、シドさんの花台が心配になり、また同じ事にならないように倒して来て・・・すると妹から電話が入って、両親を連れてこっちに泊まらないか?・・・って話しになったが、その時は実家に泊まれば良いんじゃないか?と思っていた。

ただニュースを見れば見る程、事の重大さを感じるし、もし避難なんて事になった時、果たして年老いた2人の面倒を見つつ避難なんて出来るだろうか?と考えた時、何が一番正しいか?・・・となり、日の昇る前に妹のマンションに避難する事にした。それも渋滞の事なども考えて・・・。

ただそれとて、確かに避難は出来て、江戸川にいるよりも安全だったりするだろう。方や築50年以上の木造、方や二重サッシで9階、比べるまでも無い。ただ、何かアトリエを離れる・・・別に戦艦大和を離れる船長では無いが、でも何か気分はそんなに良いものでは無い・・・。

何だろう、さっきかぐやとアトリエを離れる時、出来る範囲で補強はした・・・でも何か離れると決めたら、最後に何か出来る事は・・・と夜中に入り口に養生テープも張って・・・そんなこんなで江戸川を後にした。明け方の移動なんで、渋滞も無くすんなり到着。

これでここにお邪魔するのは2回目・・・正月以来。高速も見える場所で、ただ通る車もたまにでまばら・・・そんな中、徐々に台風が来る時間になって行くのだけれど、ずっとテレビを見ているだけの時間は長く、全く時間が進まない感じで、でも安心だけは間違いない気がする・・・。

そんな中、停電やら地震やらあったけれど、結局何事も無く、無事に帰宅した・・・そんな中、江東区の子供のイベントの連絡は開催となった。




忙しかった夏も終わったんで・・・

2019-09-11 08:02:25 | 休み?
今日はお教室も無く、あれこれと毎日バタバタしていた事で、アトリエが乱雑になっていたのが流石に気になって・・・今より何とかしないとと思い、一斉清掃。ただ一体何から手を付けて良いか?判らずどうしよう?・・・と思っていたら、かぐやに思い切って仕切りを作ってそこに入れて

・・・って事で、何とか1人で色々とやりつつ、棚も作ってひとまず何とかかんとか片付いて、あっ掃除した?・・・って言われる位にはなったのね。また来週野暮用で数日出掛けないとならなくなったし・・・そんな事もあって、今日しか無かったのね。その後、来月分のデイ・サービスの

下絵を描いていると、突然の豪雨・・・俺が珍しくアトリエを掃除したからかな?・・・って話では無さそうだし、とは言え、いつ止むんだか?って位、雷は凄いわ、雨は強いわ、傘は無いわ・・・では、外には行けず、止むのを待つって考えるより、下絵が描けるまで・・・と思えば、特に

問題は無く、お昼抜きだったんで、早めに夕飯食べて置いて正解だったのね。そんなこんなの雨が止んでのからの帰宅。

そしてまた雨かよっ・・・

2019-07-24 06:03:36 | 休み?
それは天気予報では曇天で逃げ切れるはずだった・・・そして6時に目覚ましで起きるはずだった・・・・もしもしkatsuさん・・・おはよーって寝ていたけれど、5時57分の電話でも普通に起きて会話出来るのね。昔のアトリエの頃、その年は布団で4回しか寝た事が無く、アトリエの長椅子で寝ていた朝に、

若い衆か親父さんがドアを開けた瞬間に、余程の事が無い限り、いくら寝ていてもどちらが入って来たか?で、おはよーとおはようございますを瞬時に使い分けられる、もはや特技のような事が出来たのね。まっ若い衆はバタバタと入って来て、親父さんはゆっくり入って来る違いがあるんだけれどね。

いずれにせよ、そんなだから単に寝起きの電話なんて事なら、取れないとか寝ぼけるなんて事はほぼ無いのね。って話を戻して、そっちはどう?今こっちはかなり強く降ってて・・・って。そこで窓から見ると、軽く小雨・・・でも天気予報では傘を差している様子も無く・・・大丈夫だけれど・・・。

とにかく行くから・・・とそこから支度をして、8時には到着したんだけれど、家を出た時は曇天だったのに、現場に向かえば向かう程、雨が強くなるのね・・・そんな中、現場の様子を見に上がって見たんだけれど、もはや結構ずぶぬれ状態・・・しかも、もう既に1回スポンジで拭いたって言うのに

さてどうしたもんか?になり、じゃ1時間位待って見る?みたいになり、待ったもののもっと強くなる始末・・・するとリバティさんが、早飯にしようって、付いて来て・・・って。何処に向かうのかな?って思うと、着いた所は船橋の魚市場。


katsuさん、マグロ食える?・・・って。まっ大丈夫だけれど・・・・って言うと、いきなり店に入って、中落ち定食みたいな事をスルッと言われて、katsuさんどうする?・・・って言われて、えっと・・・と考えた所で、定食屋と言ってもおすすめがマグロ・・・じゃ俺も同じの・・・って言ったさ。

そんなこんなでご馳走になった後、実はさ、マグロは回転ずしで食べた事はあるけれど、中落ちって初めて食べた・・・って言うか、刺身ってあんまり食べた事が無いのね・・・って話なのね。そもそもがまだ寿司が食べられるようになったのも数年前の事なんだから・・・。

そんなこんなでここを後にして、もう今日は辞めてお風呂会議だよっ・・・って。もうここまで来れば、だろうなっ・・・ってのは想像付いたけれど、向かう道中、段々明るくなるし、雨も止んで行く感じになってて・・・今から戻れば出来るんじゃないの?・・・と何度も思ったし、現地に着いても・・・

しかも往生際が悪く、露天でも雨降って無いじゃん・・・って言ってたんだけれど、またすぐに強めに降って来て・・・結局、ここを出る夕方でも全く止む気配も無い感じに振ってて・・・・リバティさん正解って事で諦めもつき・・・最後に夕飯をご馳走になっての帰宅・・・。

何で俺の外仕事の初日って雨確立が高いんだろうか?・・・・そんなこんな1日になって、明日は取り戻さないと・・・って話。

リバティさんが言うにはお風呂会議・・・

2019-06-11 07:46:24 | 休み?
朝6時台に電話が鳴り・・・仮に寝ていたとしても大抵は取れるし、話もそこそこ出来る位、寝起きは良い方なんで、出ると・・・まぁほぼ十中八九リバティさん。おはよ・・・katsuさん雨降ってるし、どうだろうか?お風呂会議でも・・・何それ?だからお風呂会議ぃぃ・・・スーパー銭湯だよ。

リバティさんは毎週必ず1回以上スーパー銭湯に行く人で、回数券を持っているのね・・・ん・・・雨でもさ、棟梁のタイルがあるし、アトリエの下で切ろうかな・・・って思っていたんだよ・・・ただ、結構降っている感じだよね?・・・ん・・・ただ、昨晩かぐやにデイ・サービスの下地って言われたし

・・・じゃ、こんなのはどうかな?お風呂会議するから、その前にそっちのホームセンターでデイ・サービスの下地を彫らせてくれない?って言うと、じゃそれで・・・って言う事で、支度をする事にして・・・そんなこんなでアトリエを10時頃出発。そこはロイヤルホームセンター、ダイワハウスの系列。

初めて見掛けたのはびれっじさんの所へ行く時の通り道にあったのね。ただその時に品揃えがいつも言っている所と違ったりして新鮮だったりしたが、流石に工作室までは見なかったのね・・・・だってわざわざ行く距離では無いしね。1時間位は掛かるかな?そんな場所なのね。そんなこんなで合流して・・

まぁやる事は一緒なんで、材料、工作室、・・道具も持って行ったし・・・何にも変わらないのね。だから作る事には何も変わらないんだけれど、気持ちって部分としては、あぁきちんと整理されているなぁ・・・とか、ゴミ箱、掃除道具、何でも良いけれど、使われていないから綺麗なのか?それとも逆に

使われていてもこんなに綺麗なのか?いずれにせよ、それ位に整理整頓だったり、道具も置いてあるだけじゃなくて、きちんと整っていて見事だな・・ってスタート。そんな中、リバティさんが、店員さんにいつもどうも・・・って次から次と挨拶されていて・・・何だか顔広いねって中、この人だよ・・・

katsuさんは・・・って以前、ワークショップの話をしてくれていて・・・更にタブレットで数分ご紹介させて貰ったのね。そんな営業もありきで下地も終わり、いよいよお風呂会議って話なんだけれど、そこに行くと、そこでも店員さんに声を掛けられるわ、お客さんにも会釈をされて・・・この人何?

まぁそんな中、来月やる事になったモザイクの下絵を原寸・・・1mくらいかな?それを見せて貰ったのね。まぁ想像はしていたけれど、やりやがったな・・・って思う位、工期も値段も考えていない所か、こんな細く、こんな細かくどうやるつもりなんだよ・・・床材の8mm以上もあるタイルで・・・。

って気持ちと、何とかこの絵を崩す事の無く、リバティさんを満足させられる手立ては無いもんかな・・・って言う気持ちと、後は説明ね。何故そうなるか?ってね。要するにその敷地内に何でも描いて良い訳じゃないのね。切るって行為は手間が掛かるのね。それと切れる事と切れない事がある。

絵では描けてもタイルを切れる限界もあるし・・・やるか、無くすかの2つに1つみたいな、どの話も同じだけれど、折り合いって良く人は言うけれど、大抵の折り合いは無くしたから、こっちは譲って・・・みたいな方法。それは少なくとも俺の思う折り合いでは無いのね・・・。

俺はリバティさんのやりたい絵を精一杯描きなよ・・・ただ当然ダメなものは却下する。けれど、それはお金の問題じゃなくて、俺の腕では無理。そしてそれをこなすには大きさを太くするとか大きくするような是正であり、大きさは変えられない、これじゃなきゃ嫌ではおしまい。

譲歩が何も無いようじゃね・・・何しろ精一杯どうぞスタートなんだから。その上に何も見ていない状況で手間は決まっているのだから、もはや食べ放題の店になっているのだから・・・それ以上言うと、俺奴隷だよ・・・ってな具合になる。でも当然それを相手は望んでいないしね。

でも一生付き合う前提なんで、さて何処かな・・・落しどころはって事になると、後は耐えられるか?って言うと、勘違いする人は、俺が?って思うんだけれど、あははは、俺じゃ無くて相手。俺は受けた時に覚悟しているから、なぁぁぁんにも別になのね。けれど、一生付き合うと決めた人同士って

見守る側もきついもんなのね・・・それが得したぁって人はえげつないから、何にも思わないけれどね。だから当然それまでの付き合い。けれど、そうじゃ無い場合、こんな思いさせる事だったんだな・・・って見ないとならなくなるもので・・・モザイクってそんなに甘いもんじゃないのね。

そもそも何も知らなくても、凄いぃぃって言われるものが簡単な訳が無いのね。つまり普通のセリフが凄い前提だから、凄いは当たり前。どれだけ凄いを乗せられるか?になる。頼んだリバティさんは俺の5日間の仕事は知っている・・・先日の小鳥でね。それなのに気が気じゃ無かった。

では今回は?何日掛かるんだろうか?・・・そんな話。でもね、きっとその絵も気を使っているんだろうね・・・それでもね。けれど中々そこに気が付いて貰えないんだけれど、例えば労作展なんかでも、1年目より早く来たとしても、同じものを作るのなら、早めに来た分去年よりも良いスタート。

けれど、去年よりも大作になれば、早くても増えた分、何も変わらないどころか、マイナススタートにもなり兼ねないのね。何故なら欲深くなるから。人の気持ちって言うのは、知らず知らずにそう言うもんだったりする。所が日本語には後の祭りなんて言葉もあるし、知らぬが仏なんて言うのも

あったりする。モザイクをやる限り俺が一番知ってて当然だが、何もかもが初めてやる1点モノ・・・慣れなんて何処にもありゃしないのね。けれど、一体慣れたのはどっちか?って話になると、こんな位かな?って思ったのは、大抵相手の方だったりするもので・・・。

でもね、そこに悪気が無い・・・だからこそ、傷付けないような言い方が無いものか?出来る限りそうならないか?と思ったりするものの、大抵は相当厳しい事だったりするもので・・・だからそれがリバティさんであろうが、労作展であろうが、誰でも何でも一緒なのね。

一応、そんなこんな初見の絵・・・どんなに頑張っても9.10日は掛かるね・・・って言うと、5日にならない?って感じだった・・・だよね、そう言うだろうと思ってた・・・あははは。ばかちぃぃん、見積もり甘過ぎぃぃ。何か昔の俺を見るようだった。昔はやりたい事をやろうとすると、時間も

お金も3倍掛かるって言われてた。けれどそれがいつしか、まぁ大体そんな感じになるだろう・・・までなった。でもあの時の俺よりマシなのは、こんな原寸大の下絵なんて無く、ノートの切れ端に描いた絵で作ってた・・・そう考えると、一緒にやってた人達は大変だったろうな・・・。

って訳でそんなお風呂会議・・・いよいよやるんだな・・・って事で、身震いとか、武者震いとか、何か始まる予感なるものをリバティさんも同じく感じたようで・・・その意味も説明したんだけれど・・・俺もそろそろ棟梁の玄関リフォームに取り掛かるかね・・・そんな気持ちになった。

ただカテゴリーには休み?としたが、全く休んだ気持ちは無いし、むしろ思い切り疲れた・・・ただお風呂・・・悪く無かった。


みどりにさくらにかぐや・・・

2019-06-07 06:43:02 | 休み?
今日は午後からみどり教室だったんだけれど、急きょさくらが来る事になって、久し振りに弟子3人と話す事になったのね。そんな午前中に棟梁の玄関の材料が届いて・・・そんな中、色々無理言って有り得ない注文だったのに、またお願いします・・・お手伝い出来て嬉しいですって・・・。

こんな対応そうそう有り得ない。いつかもっと期待に応えるようになって恩返ししたいものなのね。それまでは感謝しかない。そんなこんなの午後から弟子3人と話す機会に恵まれて・・・今後にあるかと思われるイベントなど、今連絡が来ている分に関しての説明などをしたのね。

何しろ新しい事も少しづつやっているし、夏に向けてもこれまた過去もお陰様で忙しかった事からすると、色々と予定など話をして置かないと・・・って事もあってね。とは言えいずれにしても、出来る事しか出来ないんだけれど・・・。そんな話をしていたら、お教室って時間よりも話す時間が多くなって

・・・だから画像も無いし、お教室って入れなかったのね。

かぐやが帰って・・・

2019-05-29 06:13:36 | 休み?
今日はかぐやが帰る日。そんな訳でアトリエで支度をして、いつもよりも余裕を持って出発しようと思っていたのね・・・それはトランプさんの帰国で渋滞が考えられるから。そんな矢先に母から電話・・・お父さんが定期健診の数値に問題があって、また別の病院に緊急搬送される・・・そんな内容。

そこでそっちに向かうに当たって、もしかすると羽田は無理かも知れない・・・とかぐやに言うと、そんなの構わないしそっちに一緒に行くって事で向かうと、ロビーで座ってて、よくよく話を聞くと、母の思い違いのようで、大袈裟に受け取ったみたい。結果は今日も検査で数日後にまた検査って事で帰宅

そんな話なんで、検査している間にかぐやを羽田に送りに行って、折り返すとみーちゃんが来ていて、俺は両親とみーちゃんを送る事が俺の役目となった。すると、みーちゃんが寄って行きなよ・・・って言うので、数年振りに寄る事にしたのね。ちなみにここの家は、みーちゃんとタイルを張った家。

だから来る度に懐かしいし、当時の自分が丁寧にやってあった事も伺える・・・そんな思い出の場所でもある。そんな中、順番にみんなが帰って来て、そんな家族と一緒に夕飯を頂いたのね。珍しく長居をしてしまい夜の帰宅となった・・・って話なんだけれど、このままだと暗い話になりそうなので、段落

替えして・・・画像はトランプさんの警備を終える為の渋滞の1番目になったので、ブログに載せる画像に使って見たのね・・・珍しいから。

祭りの後片付けと棟梁宅の玄関リフォームの準備

2019-05-28 07:27:24 | 休み?
今日は朝からかぐやを迎えに行き、テントのオモリをレンタル会社に返しに行き、タイル屋さんに椅子の代わりに使ったボンドの缶を返しに行き、急きょ決まった今週末の地元江戸川での販売の手続きの連絡等で半日終了。その後、午後から棟梁のお宅に。寸法測ったり、タイルの色を決めたり・・・。

とは言っても、単に四角いタイルを何㎡1色で張る・・・って事では無いので、色々説明も必要だったりして・・・・。そんなこんなでアトリエに戻って、ラフ画を元に実際の大きさで張ったとすると・・・って原寸大の絵を描いて見ると、小さい絵の時は良かった事が、何かしっくり行かない所が出て、

そんな事を直したり・・・すると、あっという間に時間が経って・・・最後に仁科タイルさんに張る材料を取りに行って終了。何だか本当にあっという間な感じで・・・今日は1日が早かったのね。

かぐやがやって来て・・・

2019-05-24 06:35:56 | 休み?
今日は週末のニクオンのイベントの為に午後からかぐやがやって来るので、朝はまず大家さんの同級生のご近所のタイル屋さんにボンドの缶を借りに行ったのね・・・それを椅子代わりに使う為に。これでひとまず足らずの小物はあっても、大物はこれで揃ったのね。そんなこんなで羽田に迎えに行った足で

タイルショールーム巡りでもしようか・・・って事になり、何社か回る事にして、まずはオルスタンダードって言う会社に行ったのね。そこは五反田にあって、まずは駐車場探しから。すると、すぐに見つかるんだけど、それが画像のビルの中・・・いきなりこちらへ・・・って案内してくれる女の人がいて

ビルに入ると、また別の人、更にまた・・・と誘導してくれる人だけで既に3人目・・・何これ?入り口には値段としては普通な表示だったから入ったけれど、おいおい平気か?・・・ちょっとしたホテルよりも凄いぞこれ・・・って不安さえも感じるご丁寧さ。そして誘導されるがまま、最後に駐車券の所に

いた方に、つかぬ事をお聞きしますが、ホテル並みの誘導なんですが、これは何事なんですか?・・・と聞くと、ここはパーク24の本社でございまして・・・そう言う事かぁ・・・ご心配ございません、入り口のお値段でございます・・・って。かぐやと納得と安心するも、凄さにビックリ。

そんなこんなで1件目に着いて、これもまたビックリなのは、そのビル自体が全て建築関係の会社で、それがまたお洒落なオブジェやら、中庭やら階段と、立派な建物で・・・しかもご丁寧な対応で、逆に恐縮しちゃうほどだったのね。そんなショールーム巡りのスタートだったが、もしかすると、ここが

今日1番の対応かもね・・・って謎掛けをしつつ、かぐやは何の事か判らずに2件目。次は新宿の平田タイル。そして代々木の名古屋モザイクと廻ったが、カタログを貰うに当たって名刺か名前って大抵は言われるのね。要するに業者か一般か?の判断をする事と、何らかの連絡をする為にね。

ただ最後に行ったアドヴァンはテレビでも宣伝している位なんで、その差別化がほぼ無いのね。言葉を選ばなきゃ、そんな事はどうでも良いのね。何故ならプロだろうが、一般だろうが、値段は一緒だから・・・対応を変える必要が無いから。大抵は一般に価格を提示する事は少なく、業者とは価格を変える

と思うのね。何故なら同じでは業者に旨味が無くなるから。更に言えば価格が同じであるなら、職人は単なる取り付け屋の扱いとなり、もし不備でもあろうなら、その材料の責任は何処にあるのか?・・・になる。そこに差額があるから、余裕があったりするものなのに。それと材料の立て替えをするだけ。

アドヴァンの場合、先払いになるから、工務店等から支払いされる前にタイル屋さんはお金を立て替えになる。けれど定価のままでは、単なる手間を頂いた方が、立て替えをしなくて済む。それ位、アドヴァンは一般の会社とは違う形態であり、当然接客も変わって来るのね。更に言えば俺達の身なり・・・

これがどう見えるか?で、色々変わるもので、以前行った時は、割と普通のカッコだった事もあり、ちょっと変わった設計屋さんにも見えたんだろうね・・・そうなると、扱いもいくらか変わって来るものでね・・・別にディスっているんじゃなくて、色々とあるって事。

それは横にいたかぐやが判っただろうね・・・どう感じたか?ね。言っている意味がね。そんな中、撮影の許可を貰ったんでご紹介。


一枚横になっちゃっているわ・・・まっ、モザイクってのはこんな値段。消して安くは無いけれど、消して高くは無い。後は俺の教えた生徒さんはどう見えるか?・・・何しろ腕利きが多いからね・・・スマホで見るのなら広げて良く見てね・・・これも勉強になるはずだからね。

そんなこんなであっという間に夕方になり、帰りに今流行りのタピオカを買ってアトリエに戻る事になるんだけれど、リバティさんが急きょ来る事になって・・・そんな訳で深夜・・・何か慌ただしい1日になっちゃったのね。