katsuまるはだかぁ 芸術家への道

モザイクアート一直線のkatsuの日記

何と無く1日・・・

2021-06-04 07:26:29 | 休み?

今日は・・・って言うよりもここ数日って感じなんだけれど、今打ち合わせ段階の建築の話が、決まった場合、当然建築扱いになるだろうから、急ぎになると思われるのね。その時に万が一、大作なんてもんに手を出すとしたら?どうなるか?

当然、同じように打ち合わせをして、お待たせしている事のお詫びをして、下絵に取り掛かるとして、結局来たらまた先延ばし・・・これではとてもこっちも恐縮して耐えられなくなる。つまり今は、決まるろうが、決まるまいが、そっちに専念しつつ、

万が一、流れる事になったとしても、何も出来なかった・・・では済まないので、決まっている動きやすい事をチョイスしてやっているのね。例えばデイ・サービスの来月分のサンプル構想。8月に飾れるもの・・・何かな?って。

今第一候補が、フラの女の子。やった事が無いし、どうなるのか?やって見たい気がするし・・・ただかなりデザインを考えないと、下地も凝った事になるし、やる側にも負担になり過ぎるのもね・・・。勿論、お教室の下地もあったりするし。

もう既に頼まれている出張教室の事もあったり・・・やる事が無い訳では無いのね。ただ小物の場合、一旦辞めやすいって事もあり、今はそんな感じの数日が経っているのね。ただ流石にその時間を過ごしているのも・・・。

そうね、何か合格発表待ちみたいな感じでね・・・じゃ気分転換にホームセンターへ。いつもなら身近に済ませるんだけれど、ちょっと変わった事がして見たい訳で。だから見慣れた場所じゃ気分転換にもならないから、少し遠出。

そんな訳で幕張に。3軒廻ったんだけど・・・まぁ何とかって程度で、左程の収穫は無しって感じで、それならkatsu散歩。って事で、その流れで海浜幕張駅周辺。

こうやって撮る時って、一旦、人がはけた時を見計らって撮っているのね。何か閑散として見えているけど、人通りは常にある中なのね。そんなこんなでアトリエに戻った頃に、打ち合わせの返答が返って来ていて、また更に進展。

明日はいよいよ先方と話す事になったのね。


アトリエの片付けと確定申告の準備

2021-03-04 00:29:06 | 休み?

2m近くある作品を作っていると、あれこれとタイルやガラスタイルの材料やボンドもいつもと違う、外用のボンドを2色とか、作業台だったり・・・中々の量が出しっ放しになってたのね。まずはその片付けをして、その後は確定申告の準備。

何しろ丸2か月近く気張って、毎晩12時近くとなると、流石にちょっと疲れちゃった事もあり、今日は久し振りに割と早めの帰宅。


そんな日

2021-01-08 07:34:35 | 休み?

別に仕事が忙しかった訳では無いけれど、年末年始にそれ以外の気忙しさがあって、久し振りにポストを見ると、家賃や駐車場の更新とか、私用の事が溜まってて・・・そんな訳で今日はそれからスタート。所がいつもと違って保証人を本人記述とか

その印鑑証明やら、更に書類の車種が以前のままになっていたり・・・単に俺が書いて送れば良いだじゃ済まず、あっちこっちに行かないとならず・・・ただでさえ2年に一度の更新なんて、やり方を忘れてモタモタするのに、明らかにやる事が増え

どう考えても、更に時間が掛かるのが、やる前から判る・・・そんな感じ。そんな中、思う事があるのね。やる事はやり慣れないから戸惑うし、思うように行かないとイライラもする。しかしそんな事は毎回なのだから、その上、やる事が増えれば、

もっとそうなるのか・・・と思うのだけれど、いつもと違うのは、生活をすぐさま圧迫し、これからどうしよう・・・って言う思いをすぐ思わなくて良い事。それによって、いつもの挽回したいが故の、アトリエに戻って仕事をしたいって焦りが無い

分、慌てる事も無く、イライラしなくて良い事。ただ思うようには行かないだけで、今日1日やれば終わるってだけ・・・だから時間は掛かったけれど、お金が無い、早く何かしなきゃ・・・の焦りが無い分、気持ちが追い込まれずに済んだ。

こちらは眼に見える様子の描写で、そうで無い部分の気持ちとなると、昔だったら・・・って言う比較をしたりして、月並みだけれど、あの時よりマシ・・・と安心をしようとしたりもする。確かにそんな気持ちにもなった。

良くありがちなんだけれど、今日も明日も明後日も同じ1日なんだけれど、大晦日や元旦、誕生日やクリスマス・・・人に寄って違うけど、思い出だったり記念日だったり、自分を振り返ったり、一年を振り返ったりする。

となると、今までなら、どうやってそんなお金の工面をするか・・・とか、仮にそれを支払えたとしても、その後の生活費をどうするか?ってそんな事ばかりだったが、今日はそうじゃない・・・しかも明日の仕事でさえ、決まっていたりする。

でも、結局貧乏性なんだろうね・・・緊急事態宣言がまた発令となると、お教室はしずらくなるだろうから、そうなると、建築的な仕事を取らないと・・になる。そうね、単純に言えば、お教室、イベント、作品作り、建築と言った仕事がある。

でもそれぞれ役目があって、同じじゃないのね。お教室は生活費、イベントは宣伝なんで、赤字も辞さないもの、作品作りには、小物と大作があるが、小物は赤字覚悟の宣伝だし、大作は腕磨きや証拠残し・・・つまりこんな事が出来るって言う

腕を見せられる・・・証のようなもので、手間を掛けたくなるから、金額以上に時間が掛かる。しかしそれが証になるのなら、ギリギリまでやりたくなる。嫌、やらなきゃならないのね。じゃギリギリって何だ?って言うと、生活費のギリギリ。

所がそんな事をすると、たった1つトラブルがあるだけで、予定は崩壊する・・・例えば材料屋さんの運賃が上がったとか、掛け率が悪くなったとか、下絵の追加や、材料の変更・・・ちなみにタイルは色で値段も大きく変わるから。

しかも、見積もりの段階ではモチーフすら決まっていないから、お客さんの言い値で決まると、追い込まれ方は尋常じゃ無いのね・・・終わって見たら家賃も払えないなんて事は多々あったし・・・その上、デザイン料なんて無いから、何日も

掛かって描いたとしても、仕事も出来ずに無くなる話もいっぱいあった。そんな中、建築みたいなモザイクだと、期日が決まっているし、そもそもカタログにモザイクの一般的な値段が出ているので、比較対象がある。

それを見れば一目瞭然。値段がすぐ判る・・・恐らく一般家庭ではその値段では無理だろうし、やれる人は限られる。その時点で重宝される事が多く、しかも何か月も掛かる訳じゃ無いので、こっちとしてはいつもの大作よりも生活出来る。

しかも外だから室内の大作と違って宣伝にもなるし、もっと言えば、ここでも落語のかっぱダヌキの話。同じ人が観音像とかっぱダヌキを彫っても、観音像では腕の比較もしやすいし、需要がある。しかしながら、オリジナルとしての作品は、

それが上手いかどうか?も判って貰えにくいし、かっぱダヌキは必要性が無い。しかしながら、オリジナルは認められると付加価値が付く。こんなもんだったりする。つまり今新築やリフォームをしようとしている人に見つかると、必然性がある・・・

それが店舗なら増々緊急性すらもね。もしその1回を逃すと、果たしていつやり替える?って事になるから。所が作品なら、今すぐじゃ無ければ、後でも良いし・・・とか、緊急性は少ないから、一過性の気持ちが過ぎると、いらなくなったりもする事もある。

月並みだけれど、一期一会・・・そんなもんだったりする。あの頃は、こんな日は後手後手となり、焦りばかりで対処ばかり。逃げ切る事で精一杯だったが、今はひとまず逃げ切った。更に焦りも特に無い。それよりも今すぐ困る前に、次は

どうする?って1つ先の事を考える余裕がある事が、今までと少し違う気がするのね。こんな事を考える事が出来る分、いくらか良くなっている確認は出来る。勿論、独りよがりにならないように、かぐやにもどう思う?って確認はする。

それを中には弟子では、その通り・・・って言いがちみたいに言う人もいたが、そうでも無いのね。先日のさくらやキウイにしても、昔からを知っているから、それからすると・・・と言う比較は簡単にしやすいし、今までも色んな事例も知った上での意見。

だから信憑性があるのね。ただ確かに意見が一緒なんてして貰うと、後押しされた気分で、滑り出しが良くなる場合がある。でも、違う意見の場合、自分の知り得なかった事の場合なら、一旦立ち止まるブレーキになる。

だからそもそも意見を聞くなんて時は、これに決めるってものを持つのでは無く、聞いた人の意見と自分の意見のどちらが俺寄りか?であるから、聞く前に決めて置くのは失礼な気がするのね。だから決めてあるんじゃ無くて、意見を持って置く

程度なのね。そこで聞いた人の平均値で、そこから少し変化をさせたりする。こんな事が俺の一般的なやり方。しかしながら、このやり方は、メジャーってアニメを引用すると、コースを狙った玉になるのね。つまり狙っている分、スピードの

威力は下がる。けれどもし、コースを限定しない・・・大体この辺って投げたとしたら?ど真ん中かも知れないが、スピードは大きく変わって来る。制限アリと無しって言うのはこんな話だったりする。ただそれは俺の考えでは巨匠になってから。

勿論、逆も真なりなんで、若いうちから、自分の歌を聴いて下さいとか、漫画、小説、ダンス・・・何でも良いがオリジナルスタートって言うスタイルもある。そう言う人は、メジャーデビューして、クライアントや契約会社のしがらみを後々

知る事になるだろうから、窮屈感は後から。逆に俺は今、どんな形であっても、何とかイージーオーダー的に、メインのモチーフじゃ無かったとしても、脇役のバックとか、ちょっとした模様1つでも自分色が入れられる練習と思ってやっている

から、あぁじゃ無きゃとか、こうじゃ無きゃってのはほぼ無い。むしろ芸幅は広い方が・・・とも考える。更に言えば、昭和元禄落語心中からの引用なら、お前さんの落語をやりゃ良いんだ・・・って言う問いに、自分が無いのが自分なんて言う

セリフがあるが、それもまた良い。別にこうしなきゃ・・・じゃ無くて、どうしたい?相手に欲しいモノがあるのなら、それを踏まえた、その上を行くものが作れれば良いだけだし・・・なんて思ったりもする。巨匠じゃあるまいし、自分が一番

で、必ず正しいなんて、これっぽっちも思わない。ただそれを踏まえるとこうなる・・・ってまとめる事が俺の仕事だったりする。なんて今の立ち位置を考えたりもする。このリミッターを外すと、きっと個性的過ぎるものが作れるんだろうが、

それは、かっぱダヌキよりもかっぱダヌキになり、増々大変そうなんで、徐々に・・・なんて思うのね。そんな日。


年明け2日目

2021-01-03 08:23:49 | 休み?

大した事もせずに過ごす2日目・・・普通なら2日は両親は親戚の家に行く日で、完全に本気のアトリエだったりするのだけれど、コロナでそれが出来無いから、朝から催促の連絡が来る・・・何時に来る?何度説明しても、もう駄目だから、はい

行きますよ・・・となる。勿論、それも良かろう・・・って気持ちに余裕があるのも事実だが。取りあえず顔を出し、お雑煮を頂いて、それじゃ・・・とアトリエに。長女の表札を仕上げに・・・。そんな中、大家さんがいてご挨拶。

すると、車の荷台のリニューアルしていて・・・やっぱりやっちゃったの?って声を掛けたが、実は既に昨日やろうとしていて、ただホームセンターが休みだったから・・・と断念したらしいが、元旦から機械回すの?って話をしたからなのね。

朝からやっちゃったよ・・・って。そんなこんなで俺は目地入れ・・・音も立たないし、すんなりおしまいになる。ん・・・どうしようかな?と思ったが、夜にまた来る事にして、退屈老人に付き合うか・・・とした。

じゃ車で一回り・・・となり、最後にみーちゃんちに行って、表札を渡して帰宅。その後アトリエに戻って、この後手掛ける予定のリフォームの下調べと軽くラフ画・・・こんな感じかな?って。モチーフが、ゆりって言ってたんだけれど、頭の中に

ミュシャと鬼滅の刃の絵がグルグルしているって感じなのね・・・

 


そして大晦日

2021-01-01 08:53:44 | 休み?

何だかここに来て、せわしさも無く、緊張感も無く、普通過ぎる大晦日を過ごす事になる・・・去年まで、意地になって普通の生き方を否定するように、もっと言えば、そんな普通がやりたいのなら、成功すれば良いじゃんと言い聞かせやって来た。

昔なら鴨川グランドホテルや赤坂プリンスのような新春のイベントで、お正月返上なんて事が続いたし、無くなってもそれはそれで、自由な時間は、自由な作品を作る時間とした。だから大晦日も正月もアトリエから離れないのが普通だった。

まぁすがっている、これしか無い、他に居場所があるか?みたいな自問自答で、どれでも良いんだけれど、何しろ自分で監禁するように、ここから離れる事を拒んだし、逆にここだけが自分の居場所であって、居心地の良い所でもあった。

だから何も迷う事は無く、何も考えずにここに来たい気持ちになるって言うのが本音なのね。それが今日も実家スタート。今日は長女家族が、旦那さんの仕事でこっちに来る用事があるので、ついでに実家に顔を出してくれるらしいのね。

勿論、密にならぬ様に、外で単なる顔見せって感じで、すぐに帰ったのね。そんな後、神田のまつやさんに年越しそばを食べに行くんだけれど、当然の名店なんで1時間は最低待つ事になる訳で・・・。でもね、いつもこんな時に思うのは、待つって

行為の話なんだけれど、例えば1時間待って、数分で食べるとか、○○ランドの乗り物を何時間も待って、数分乗る。って行為・・・こう言うのを普通の感覚では、食べる事や乗る事をメインとして考えるから、待ったって行為を無駄にする。

俺は逆なのね。待つ事が楽しみであって、いかにこの時間にくだらない事を探して、他の人達とは違った時間を楽しみたいのね・・・だってその並んだ人と話す時間なんでしょ?折角の向き合う時間なのね。だってお互い暇になるんだから。

だからこれは良い時間なのね。そもそも老人2人で並んで食べるなんて有り得ないし、ならば死ぬ前に1回なんじゃん。良い経験でしょ?何でこんなに並んでいるの?って質問にも、多分旨いからじゃ無いの・・・って話であって、それすら俺にも

判らない。後は老舗の雰囲気だったりするだろうし、味だって美味しいとは思うけど、じゃ目の前に何点か出されて、味比べして判るか?となったら、判るはずも無く・・・ならば出来る事は1つで、この馬鹿馬鹿しさを楽しむ事なのね。

味はさして判らない、老人なのに1時間寒空に並ぶ、待った所であっという間に食べて、美味しかったねって言うだけ。何とも滑稽な話なのね。なら、その滑稽さを楽しむ・・・やっぱり並んだだけあったね・・・で十分なのね。

そんな並んでいる時に、あんたこんな所どうして知ってるの?って話になり、高校の同級生の親がここの主人と同級生って事で、そいつから教わって・・・3年連続でそいつと前の日から呑んで、そいつの会社に泊まって朝一番で並んだのね。

毎年ここはテレビの取材があって、夕方の番組に映ってたでしょ?あぁそんな事あったね。そいつと他の日に来たら、相席お願いします・・・って言われて、そのカップルの男の人が、ようこさん・・・ってさん付けで呼んだのね。

俺はなんでカップルで、さん付けで呼ぶのかな?って気になっちゃったのね・・勿論今のご時世ならあるだろうけれど、昔の話なのね・・・それでちょいと隣を見たら、山本陽子さんじゃん・・・って事はマネージャーかぁ。って話。

ただ、それを共有したいから、奴に合図をするんだけれど、一向に気が付くそぶりが無い・・・そんなこんなで店を出た時に、今さぁ・・・って話すと、katsuちゃん判ってたんだ・・・って。いつになったら気が付くのかな?って。

お互いそう思ってた・・・って意志の疎通が無い話。そんなこんなで蕎麦屋さんを後にして、本当の目的はさくらの家。折角、先日お袋とチャーシュー作ったし、掃除やお飾り貰ったし、届けようって事もあって・・・ただそれだけじゃ、味の

保証が心配じゃん・・・って事で、蕎麦屋さん経由。ただまつやさんにはお土産の蕎麦は無くて、やぶ蕎麦って近所にある名店には確かあるから・・・と以前の記憶で行って見ると、まつやさんにもあって・・・味の保険を手に入れて・・・

そんなこんなでさくらにも合えて・・・帰宅途中にミニストップでアイス買って・・・老人の連れ歩き。ただほぼ車中。老人2人じゃ退屈だろうし・・・そして最後にみーちゃんの所に顔を出しフィニッシュ。そんなこんなでお付き合いは終わり。

さてそれじゃ、そろそろ俺も仕事納めでもすっかな・・・とアトリエに。最後に何すっかな・・・って、みーちゃんの表札でも作るかぁ・・・って割かし深夜になってしまって・・・

一応張り終わり・・・外用ボンドは使いづらいのね。ってたわいも無い、こんな大晦日。1年お付き合い有難うございました。

 


また休み・・・

2021-01-01 08:30:30 | 休み?

今日は朝から両親の診療の付き添いで病院の送迎からスタート・・・今までこんな事をする時間も余裕も無く、2人の妹に任せっきりだったが、と言うより、それすら知らなかった・・・そんな中のコロナ。奴らも気を使って来られないし、同時に、

少しだけ俺にこの仕事になって初めての幾ばくかの余裕で、親孝行風味な事が出来ている・・・そんな感じである。ただ今まで接して来なかった分、良く人の子供の成長は・・・なんて話があるが、久し振りでいきなりの成長に戸惑う例えなら、

こうして長い時間を両親といきなり過ごすと、両親の老人度が身に染みる訳で・・・。ただそれはそれで、普通な事をして来なかったが、ここ数年、こんな仕事をしているからこその経験の毎月のデイ・サービスの出張教室がある。

あぁこの人達と同じような歳なんだよな・・・と毎回思う所はあって、全くの初めてな気分にはならないが、流石に初めての経験で2人の面倒を見るのは中々の戸惑いではある。ただそれよりも何よりも、妹達がやってくれた事を考えれば、まだまだ

だし、もっと言えば、奴らの連添い・・・義理の弟達に感謝である。とても親切でそうした事に協力的な人だったから、出来る事だったはずだし・・・そう考えると、頑張るほどの事では無いし、何しろ何事も無く・・・って添乗員的な感覚。

そんなこんなであっと言う間に1日が終わってしまい、最近の普通なら夕飯何作ろうかな?になるんだけれど、何か疲れちゃったようで、作る気にならず、買って食べよう・・・って感じになって、食べた後、いつの間にか寝てて・・・。

一瞬、まだアトリエに行ける・・・って気になったが、何か挫けちゃったのね。


さくらと小掃除

2020-12-29 08:33:46 | 休み?

今日は午後からさくらが来るんで、それまではBossのキーホルダーの目地入れやら、さくらに借りた龍の鏡の台作りの続きやら、ちょこまかした事やってたら、あっと言う間に午前中がおしまい。そんな中、さくらがやって来て・・・。

お飾りと鏡餅を持って来てくれて、大掃除では無く小掃除。ここのとこ、色々仕事が続いてバタバタしていたので、殺伐とした感じだったが、お陰でお正月感が出て来たのね。その後、やって貰ったお礼じゃ無いが、今度はさくらの買い物に・・・

毎年の事だけれど、こうした同じ事が繰り返される時間と言うのは、とても有難いもので・・・また今年もこんな時間を過ごして終わるんだな・・・って気持ちになったりするのね。そんなこんなで今日はおしまい。


何と無く1日が終わった・・・

2020-12-28 07:05:14 | 休み?

今日はお教室があると思っていたんで、午後から空いている・・・って思っていたのね。ただすぐ勘違いに気が付いて、それじゃと、ちょっと頼まれた階段のタイルの補修をやって・・・結局、当初と同じように午後から空いたのね。

そこでお袋の買い物に付き合う事になったんだけれど、白内障だったかな?だから急にヨタヨタ歩くようになっちゃったんで、手術までは危ないから・・・とチョコチョコ行ってるんだけれど、自分で買いたいものだから、付き添い役。

今まで仕事ばかりして来たんで、お袋の手を引いて買い物をするなんて思っても見ない事をしている自分が不思議な気持ちになるが、こう言うのもいつか出来無くなって、後で思い出になるんだろうな・・・と思うとやって置くべきと思う自分と、

お袋が楽しそうだから、まっ良いかっ・・・って単純に思う自分と、ちょっと前までなら、こんな事をする余裕なんて1つも無かった環境や状況を考えると、出来ている事が良いんだな・・・と思ったりもしていて・・・。

その考え方だと、朝のタイルの補修の話も、以前なら、かたくなに断っただろうし、出来る余裕って気もする。そもそもが以前ならタイル屋を辞めて置いて、タイル屋仕事をしているのを誰かに見られたら・・・と思うと、考えるだけでおぞましさに

思う位、嫌だった。辞めた癖に・・・とか、その逆で、じゃ俺のも手伝ってくれよ・・・と安易に誘われては、断る作業すらおっくうだった・・・だから、1つたりともやりたく無かったのね。しかしながら、お客さんに頼まれたから・・・と言える今回は、大義名分があるし、

もっと言えば、今更そんな事は無いだろうし、もし仮に見られて誰かに話されたとしても、それをラッキーにも思える自分もいたりする・・・どんな話で話されても、それは伏線になる・・・何も知らずに見たものだけを伝えられるのだから。

まぁ、いずれにせよ、年末に来て、こんなゆっくりした時間があるのが余りに不思議なのね・・・昔なら正月にはイベントとかあって、休みなくやっていた事もあったし・・・とは言え、今の所、正月もアトリエには行く予定だけれど。


大野荘の宿泊も終わり・・・

2020-11-26 00:31:14 | 休み?

懐かしい面々とも会えて、尚且つ部屋ごとにQRコード付きのご案内を入れて貰って・・今までにも宣伝はして頂いていたんだけれど、あの当時は、テレチャンの番組放送が宣伝効果に役立ったけれど、終わってしまってはマイナス要因になる。

でも逆にネットの普及で、QRコードでホームページにひとっとびなんて事も出来たりする。けれど、しばらく遠ざかっていた事で、そう言う対応に遅れていた分、この機会に是正させて貰って・・・営業活動もして来たのね。

昨日はタブレットだったんで、今日はもう少しご紹介。

こちらは男湯で、湯船に向かって潜水夫があわびを取っているのね。中々変わっているでしょ?

この立体の伊勢海老は追加工事として頼まれたもので、数年後に施工したのね。屋号の前に、あわびと伊勢海老の宿って事なので、2つ揃ったって感じなのね。それとトップの画像は床にヒラメ・・・そして女湯が・・・

洗い場の方に房総半島と、御宿と言えば月の砂漠・・・だから歌詞の一節。文字もモザイクなのね。確かお花の位置がおんじゅくになってて・・・

湯船側にこの絵があるのね。この絵にしたのは、ここには男の子がいて、その頃小学生だったのね・・・その子がkatsuさん東京から来たんでしょ?って言うのね。だから、いつか憧れの東京に出て行くかも・・・って思ってね。

浜にあるのは夫婦やカップルな感じのオブジェだと思うんだけれど、これは親離れ子離れの大野荘物語りなのね。実際、あの子は東京に出ているみたいなのね・・・他にも確か家紋も入れたりしてんだけれど・・・

こんなのが16年前にやっていたんだから、中々やらかしているのね。見どころ満載なんで、興味があったら是非行って見て下さいませ。そうそうそれと、アジのウエルカムボード。

そんなこんなで、あっという間に時間が来て・・・大野荘を後に。モザイク以外の画像しては・・・

サーファーが至る所いて、これはその一部。仕事以外でも親孝行に少しはなったかな・・・って思ったんだけど・・・こんな休みっぽい事っていつあったかな?親子で宿泊なんて初めてかもね・・・さて、元に戻らないと・・・。

 


空の湯の納品と大野荘

2020-11-24 22:49:59 | 休み?

今日はまず空の湯の作品の納品からスタート。無事に納品が終わり、来月のイベントの打ち合わせ。随分と手厚い内容に足りなくなるのかな?と欲張った気持ちになったのね。いずれにしても検討する価値あり。

そんな後、両親同伴なんで、成田山にお参り。何か余りにも昔の記憶で、こんなだったっけ?って坂道や恐ろしく急な階段にビックリ。

そんなこんなで、御宿へ。道中、今ホットスポットの九十九里を通るんで寄り道。はまぐりが欲しい訳じゃないけど、人がいるどこ見たかったのね。

まあお昼過ぎじゃ何も無かったし、誰もいなかったけど、海岸の工事はかなり凄く、水害対策なんだろうなぁ。

見慣れた景色あり、新しいお店もあり、懐かしんでいる間に到着。旦那さんと女将さんが迎えてくれて、すかさず、あわび看板を渡すと、あっ地元のあわびって。

凄く喜んでくれて、すると女将さんの両親が来てくれたり、妹さんが来てくれたり、懐かしい顔だらけ。みんな元気で、何より。

料理もあれこれと豪華に出して頂いて、そんなこんなでお風呂。今日はらくだの方のお風呂だったけど、潜水夫のお風呂をご紹介。

これを16年前に作ったと思うと、以前の俺も頑張っていたのね。何かね、こうした機会があるとね、全力でやってて良かったって思うのね。

今の自分の眼でも見劣りしない気持ちになってね。ひとまず何より。