katsuまるはだかぁ 芸術家への道

モザイクアート一直線のkatsuくんの日記

ご新規さん教室

2010-06-30 22:39:46 | モザイク教室
まっ軽くゲゲゲの女房からかな。どうやらうさん臭い親父は貸し本屋の親父で、
世話になった人みたい。とは言うものの残念なこった・・・

ここで判るのは、あくまで仲良い関係とは有利な展開の元に応援や優しさが成立し
立場が変わると、その関係はいとも簡単に崩れ人を変える・・・とね。

良く覚えて置かなきゃならないのね。誰が変わって行くのか?何が変えてしまうのか?
そして修復出来るのか?いずれにせよ罪を憎んで人は憎まず・・・・

ゲゲゲや女房は一貫して何も変わらない・・・変わっていくのは応援サイド・・・
そう言えばサッカ-もそうだったよね。岡田監督はチ-ムが日に日に成長して行きましたね

・・・と言う質問に、何も自分達は変わらないと言ってたよね・・・・結局ここもそう。
目指している人は何も変わらず、変わったのは誰かな?

あえて具体的に言えば、変わった人達とは?応援してやっていると言う態度なのに
自分自身がその意識の無い人達・・・そしてそれは、にわかな人達では無い・・しかも。

生半可に知っていて事情通とでも思っていたりする。ここが実に残念。
たった数日で成長なんかそうそうする訳無いじゃん。子供じゃあるまいし。

やっている人が変わったと見えるなら結果が出ただけ。見ている方が思う・・・ね。
やっている人自身が変われたと思うのならプレッシャ-を乗り越えただけ。期待の

大きさにね・・・日に日にせまって来るその日に向かって・・・

あっそうそうそれとやっぱりサッカ-だよね・・・残念だったのね。
数週間前、出場するのも日本の恥・・・なんて相当色々なメディアで言っていたが・・・

それに踊らされた人達がいっぱいいたわ・・・俺は、にわかだから何も知らないから
当然テレビの解説者から説明を受けたが、別に何一つ頭に残さないようにした。

テクニックもいらないし、戦略も予想も俺には全く関係無い。情報として必要なのは
放送時間。最初から観たいから・・・のみ。

だって岡田監督が監督だし、選手が戦うのだから応援するなら純粋に頑張れぇぇしか
無いじゃない?スポンサ-ならまだしも現地にも行かないテレビ観戦なら、

宗教じゃないが、祈るしか無い。次がまた観たいと思うのなら。
それが戦う前から、始まる前から、非難のみ・・・とはね。老婆心とは恐ろしい。

そしてしまいには、どうせ無理・・・とはね。俺は何にも判らないから、まぐれでも
何でも良いから1つでも上に・・・1つでも・・・ってね。

きっとそれがまた未来に繋がるだろうからね・・・物事を点で考えたら、判らない
だろうが、点を細かく打てば線になる・・・俺の考えはね。

良い結果を見せられれば、繋げやすい・・・そうねぇ今回は本田さん見てカッコ良い
って思った子供達がいただろうな・・・俺が初めてJリ-グ観た時のように・・・

単なる点はいつか細かく細かく点が繋がれば、必ず線になる・・・コツコツとは
時間が掛かると言う事だ。

随分と長くなっちゃったなぁ・・・と言う訳で、ご新規さん教室。
すでに問い合わせの段階で、やりたい事が具体的過ぎるくらい具体的だったので、

すぐに始める事が出来る。それでは持ち込みの木を確認しスタ-ト。
下絵を下地に写す・・・正直この時点で不安がある。何故ならまさかの今日完成を

思い描いていたとしたら・・・しかしもしそうなら無理ですと伝えるか?それとも
何か工夫をして時間を延長して貰うか?いずれにせよどう思っているか?を

聞き出さなきゃならない・・・しかしそう簡単には行かない・・・ここが難しい。

そこでまず絶対無理な部分を消した。文字があったがそれは時間があったら・・・に
しましょうと。通常ここでえぇぇぇ・・・って顔をする人なんかもいる。

それはその時点で何を考えどう望まれているか?の想像は付く。そして消された事に
テンションを下げる・・・とても判り易い人であるから。フォロ-を考えなきゃならない

しかし全く表情を変える所か、ですよね・・・とあっさり。ここも難しい。
本心なら問題無いが、もしそう言われたから・・ならばストレスになる。

本人は気が付かないだろうが・・・。そんな中、説明している最中にもっと大きく
した方が作りやすいですよね・・・と気が付いてくれる。

ここで拡大する事になった。この画像は大きくした後の下絵。その後、タイルはこれで・・・とぺきぺきを紹介し、色見本を見せる。

それで犬は影で黒で良いと言っていたが、あっと言う間に変わって行く。
そりゃそうだ。黒って言った事が陰影なんて無理と思って来ただろうから・・・

けれど黒1色より何色か使っても何か上手く行きそうだ・・・って話を聞けば、
そしてアトリエにある作品なんかを観れば出来そう・・・が出来るに変わる。

それじゃ切りますか・・・と始めると、初めての事だからおどおどとなる。
怖いものね。最初は。それが慣れて来る。

そこで少しだけモザイクの風味・・・位は伝えて見ようか?と色合いの操作的指導を
して見る・・・そこに戸惑いはあるものの何とかしのいでやっていたのね。

しばらくしてそろそろ今の時間を伝えると、えっ・・・もうそんな時間・・・
ここからが問題。すると、大きく切って良いですか?と言うのね・・・・

そうこの時点でもまだ今日終わりたい・・・そう思っている。
そこで説明をしてもどうしても・・・と言うのなら・・・手伝うしか無いか・・・と

考えも用意すると、次回で終わる事を決断してくれた。これなら余裕を持って
教える事も作る事も出来るし、グレ-ドを下げる事も無く、更なる要望にも応える事も

出来る・・・そこで縁取りを聞くと派手に・・・と言うのと四隅が丸くて硬いタイルを
切る事もさせずに済むタイルは・・・と探して見ると数は少ないがこんなのがあった。

以前はこう言うタイルも人気あったんだけれど、在庫としては置くほど余裕無いし、
アトリエでは切る・・・って言うのが普通になりつつあるから・・・

山周タイルのクロ-バ-だって切ってしまうからね。ただ余裕が無いとそれは無理・・・

ただそんな中でも2回の教室にしてくれたお陰で随分とまずまずな作品になった。
次回完成になる。

いずれにせよ思い込んだ事を納得して貰うのはそう簡単では無い・・・
改めて痛感した。完成した時の結果でご理解して貰えると良いのだけれど・・・



コメント

常連さん教室

2010-06-29 19:55:01 | モザイク教室
そうね、朝はゲゲゲの女房から・・・印象に残るのは夢を見るのも良いが、夢に潰される
・・・そんな発言かな・・・実に馬鹿馬鹿しく当たり前の事なんだけれど・・・・

先日の放送でこんなセリフをゲゲゲは言われる。しかもそれを言った奴は貧乏なゲゲゲに
ご飯までご馳走になって置いての理不尽さ。

まぁ良くある話でごまんと俺も経験した。そうした本人は全く覚えていないだろうがね。
そして今日そう言った奴がうさん臭い匂いがして来た所で終了。

ん、まっ今のゲゲゲの状況と比べると借金は無いし、女房と子供がいない分、
金銭的には俺のが楽なんだろうな・・・?まっ金銭だけがすべてじゃないから

目に見えない事まで比べればチャラなのかな・・・

まっそんな中、考えなくても良い下地の枠張りをして待つ。今日はユニディさんのご友人
1人でいらっしゃる教室。

下地を気に入ってくれたらしく、下絵を描く所からスタ-トする。
本来ここで結構時間を取られるものなのだけれど、さらさらと描く。

絵とか得意?って聞くと、書道をしていたとか・・・・なるほどね。
そもそも字を書くって言うのは、絵の前身みたいなもの。絵文字なんてものがあるからね

そして関連するのは先生の字を見て書く・・・ここ。観て書く。良く見て書く。
ここは通ずるものがある。

その後、いつものようにさてどんなタイルを使ってやりましょうか?となる。
その時にいつもその人が今までどの位の時間モザイクを割いてくれたか?を基準に

無理せず何とか前作が超えられるように・・・とアドバイスをする用意をしながら。

今回の場合はまずテラコッタ調で・・・と言う事でテラコはキ-プするにして、
構造上の問題で厚みがあったので山周タイルを見せて見ると特に問題が無く、

立ち上がりに使用する事になる。この時点で縁取りの立ち上がりと表面の縁を
合わせる必要が無くなったので、ハ-ドルが下がった。

これでひとまず安心を得る。そもそもこの大きさを目地を揃えるとなると、
色選びまで含めると通常3時間を上回る事が多い。

しかも手直しもそんなにせずピッタリ入ったもんだから、更にラッキ-となる。
さてここからが問題・・・本体は何を使いたいと言うのだろうか・・・?

一応普通はぺきぺき・・・と老婆心で言ってみると、・・・・選んだのはコロ・・・
ん・・・・正直不安が付きまとう・・・自宅ではしない・・時間は掛かる・・・・

硬い・・・初めて使うタイルでこの大きさ・・・何を取っても楽にはならない。
正直こんな事を許して最後まで終わらずに終わった人達は数知れず・・・・

みんな最初は頑張りますとは言う。がしかし、本気で無いと甘さの露呈になるだけ。
だけど少しだけ今までと違うのは、体験教室の時はユニディさんと一緒だったのに

お一人で来る事が出来る事。しかもこれで2度目。ならばお連れ合わせのように
時間を人に合わせる事無く、自由に来られる事が出来る。

しかも会話の端々に目標とか目的とかかなり前向きな言葉があった・・・・
ならば・・・と一応試す事にした。

上部のひし形の花みたいな模様を切って見て・・・と。ここでつまづくようでは
権利なし。するとこれが意外とすんなりやりのける・・・・

辛そうな表情も無い。硬さに着いて行っている。まっこれなら何とかなるだろう・・・
と紐部分に入った・・・まっこれなら続けてくれるなら完成を観る事が出来るだろう。

時間が掛かっても良い・・・もうこれを信じるしかない・・・頑張って・・・・

さてそんな訳でブログも入れたしサッカ-観戦。
コメント

タピオカ教室

2010-06-29 09:19:54 | モザイク教室
朝はここの所、タピオカ、キウイの2人が観ているゲゲゲの女房から始まる事が多くなった。なるべく意思の疎通を考えると、俺にはとても必要な事・・・・・

ただ話を共有出来る・・・なんて事ならサッカ-で十分。タピオカやキウイ、そして
かぐやと俺のにわかサッカ-レベルなら勝った負けたの結果のみ。

もっと下げれば誰がカッコ良いぃぃ・・・そんなレベル同士なら深く掘り下げる必要性は
無い。単なる好みの調査・・・そんな程度だろう。

しかし作家と言う人がいて脚本家がいて、演者がいて・・・ノンフィクションにせよ
フィクションにせよ、実際は演者ほどカッコ良く無く、美しく無く、そして成功者の

話として確立されていると判っているのに一喜一憂している2人がいる。

これは非常に俺には大事。何処で涙が出たか?何処で安心したのか?誰に感情移入したのか?何処に視線が多く行っているのか?・・・・知りたい事は多い。

俺の考えるにタピオカもキウイもとても価値観や思想が似ていて、今の所ほぼ1つだけ
はっきり違うって言う事がある・・・そんな事くらいまでは掘り下げている・・・・

勿論、本人から何かを聞いた訳では無いから、必ずしも合っているって訳じゃないのは
当たり前で、ただ何も考えずに向き合っている訳では無い・・・その程度。

しかし中々その人になって感情移入して生きる・・・って行為を出来るようになるって
時間は無いし、その都度書き換える事もしない。

何故なら慣れて行くから。そして思い込むから。そして自分の時間をどのように使っているか?も振り返っていないから・・・それに自分の時間が少ないから、優先順位を

付けた時に大抵は人に関わる・・・は必須なのに何と無く時間が過ぎるから・・・

そうやって考えた時に俺にとって2人は生徒さんだけでは無い付き合いがある。
生徒さんとしてだけでもここはオリジナルをやりたい人が集まって来る。

オリジナルとは?その人自身となるのだから、その人を知る事は先生サイドとしては
必須項目となるのは当たり前で、それだけでも簡単な事じゃない。

相手は感情を持った人なのである。いついかなる時も一緒な訳じゃなく、けれど
教える側は常に一定を要求され、そしてその都度相手によって指導を変え、

常に敏感さを試される・・・だから繊細さなんてのは俺にとっては鈍感にも感じる表現に
なる事もある。むしろ視覚過敏くらいの表現にならないと相手の気持ちには

なれないのではないか?・・・勿論それは弟子の2人ならもうそんなのはとっくに
終わった関係なので1日1日でそんな事をしなくても、何かあった時にでも総括すれば

単なる他人さんの付き合いとは全く違う事になる。それがタピオカ、キウイの場合、
弟子では無いのでそこまで深入りしてはいけない・・・そんな部分が遠慮となる。

しかし生徒さんよりも深くなる。何しろ仕事をして貰っているのだから。
当然意思の疎通があってしかるべきだから。

ここまでは俺から見た感想。では弟子から見た俺の感想は?と言うときっと大して
変わりが無く、同じように俺を語るだろうね・・・

ではタピオカ、キウイの2人だとどの位俺との距離があってどの位の誤差があるのかな?
と考える・・・事がある。

簡単な表現なら、仕事を一緒にやった時に弟子の2人ならやれっ。で済む。
しかしタピオカ、キウイにはよろしく・・・に変化する。

これが本当に正しいのか?さじ加減を上げるべきか?現状維持で良いのか?それとも
そもそもが間違っている設定なのか?そこは非常にナ-バスになる。

そんなこんなで教室内容ってタピオカとキウイの場合、意思の疎通の確認がほとんど
・・・そんな気はしている。ただ勿論、指導ってのもあるのだけれど、

2人の本当の作品はこれから・・・・今は単なる序曲な気がする。
それ位距離が近くなった・・・・合っているなら俺の指導は絶対ぶれない。
コメント

おっsan教室

2010-06-27 22:33:54 | モザイク教室
訳あって今日からおっsan教室の内容は伏せる事になりました。
ですから画像のみとなります。

たまごの部分はガラスタイルでこれはご自分で用意されたもの。縁取りのマ-ブルもそう
誤解の無いように。

これは玉石モザイク。自宅でやってあり目地のみアトリエで。
目地はご自分で用意されたもの。目地材では無く、海外で壁材として使用しているもの。

他の先生は使われているようだけれど、俺は今回が初めて。



これは最初の画像が終わった後の大作になる予定のラフ画。おそらく80cmくらいになる
予定。
コメント

オ-ドリ-教室と予期せぬ来客

2010-06-27 00:15:47 | モザイク教室
昨晩は一昨日のサッカ-観戦による寝不足解消の為の早めの就寝で疲れも取れるも、
悲しいかな年齢による体力不足・・・つまり早く起きてしまったのね・・・

寝るって行為も体力がいるもので、年を取ると疲れたから・・・と長く寝るなんて事が
出来なくなる・・・結局、寝だめのような事は無理なのね・・・・寝るのも体力が必要。

それではメジャ-。前回の試合で主人公がストッパ-で勝利をもぎ取るも、ベテランの
ストッパ-から不平不満が首脳陣批判的発言まで出て気まずいム-ドになる・・・

不満の原因は本人の故障。しかしそれを隠しプライドだけの為にもがいた末の言動だった
実は以前からメジャ-に憧れを持ってはいたのだが、今同行している監督を胴上げする為

残留をした経緯を持つ。そんな事や主人公に嫉妬を抱いた事も原因の1つ・・・
それがそれもお見通しの上に監督はベテラン投手をストッパ-から外す。

そのわだかまりが試合中に解消した後、引退をほのめかすベテラン・・・が主人公が一喝
手術をしてもやり残した事があるのなら野球を続けろ・・・と。

するとベテランが生意気言うなっ・・・若造・・・と後姿で手を振り言い放つ・・・
そんな話。いつも言っている欲望、嫉妬、ねたみ・・・こんなものに気を取られた者が

身を滅ぼす・・・まさに転落して行く人間の方程式・・・何とも情無い話なんだが、
最後の最後に分かち合えた後のやり取りはまずまずな話だったが・・・

生意気言うな・・・若造。にすべてが凝縮していた。世話になった監督を胴上げする
と言う男気でメジャ-への道を諦め、日本での実績を作りやっとの思いでつかんだ

世界との戦い。なのにその大事な時に故障。更にメジャ-に手の届いた若造に自分の定位置を奪われる。すべてが分かち合えた後にも最後のプライド・・・

そもそも生意気とは?自分より格下などに使う言葉で、こう言うセリフを言う奴らは
常にプライドが高い。更にこのセリフはプライドが揺るぐ位になすすべが無くなった時に

せめてもの年上の反抗心で言う参りましたの替わりに使うセリフである。
更にその上、若造・・・良くおろかな間違いで茶化した笑いに使う俺の比喩で、

新しい新曲・・・って言っているようなもの。生意気にも若造が掛かっているのに
更に若造をくっつけるなんぞ、プライドの塊に思えた・・・・

そして生意気と認めた時点でごもっともと言ってしまったようなもの・・・・
やり残しがあるのなら諦めずに手術しても続けろっ・・・なんて言われるような

ベテランのおろかさ。抜かされて当たり前の器の違いが良く出ている。
俺もそうならないように・・・と思う。まっこんな事は人としての初歩。

さてそんな訳でアトリエへ。準備をして冷たいコ-ヒ-を販売機へ買いに行った帰り、
あれ?あの車・・・あっ、やっぱりタピオカだ・・・・何?どうしたの。

すると、オ-ドリ-さんに・・・と手作りパンを持って来てくれた。

その後、1時間もしないうちにオ-ドリ-がやって来たので、タピオカにお礼の電話を
掛けてスタ-ト。

しばらくして落ち着いて来たのでね、俺も下絵の続きをやっていたのね・・・・


そしたら、あっ・・・さくら・・・しかもせがれ付き。しばらく振りなのね、せがれ。
いつものようにしつこく泣かれる寸前まで構う、構う、そして構う・・・・・

呆れるオ-ドリ-。泣かさないでよぉ・・・とさくら。でもねぇ・・・・これが意外と
違うのねぇ・・・・帰り際には自分からよって来るくらい俺は奴に好かれている。

しかも笑顔で帰って行った。やっぱ相当な変わりもんだわっ・・親も親なら子も子なのね
マニアな人達な事・・・・あははははは

そうそう何だか葛西の電車の博物館に遊びに行く途中に寄ってくれたらしいのね。
楽しんだかな?さくらもせがれも・・・・

さて教室に戻して今日一番の指導内容は・・・・バックをやっていたのでしばらく
何も言わずに見守る事にしたのだけれど、余りに小さいパ-ツを切っていたから

随分と小さいパ-ツだね・・・こんなに広いスペ-スなのに・・・と言うと、
何か上手く行かないんです・・・と言う。一体何したいの?と言うと、DNAの模様みたいな

・・・と言うので、やりたい事が理解出来た・・・それならそもそもが違うよ・・・・
こんなじゃない?とラフ画を描くと・・・・あっそれだ・・・壊して良いですか・・・?

壊す・・・って行為を余り好まない事を知っているのでおっかなびっくり・・・
まっそれが良い事とは思わないが、判っていてそうしたいと言うなら、お小言付きで。

そもそもそうなった理由はこんな事。新しい事をする時は相談しろ・・とまでは
言わないが、ここに来ている以上つぶやく事・・・こんな風にならないかなぁ・・と。

そうすればこうしてアドバイスが出来る事も出来るが、何も言わず何も伝えず、
俺にどうしろと言うのかな・・・?オリジナルなのだから・・・・

そしてもっと掘り下げると、つまり切る事って言う技術はかなり向上した。
しかしそのかなり向上したパ-ツはとても細かいものになっている・・・

それを張るって行為にはそれなりの心構えがいる・・・それは繊細さ。
良く考えて欲しい。オ-ドリ-の作品を・・・日に日に細かくなっている事を・・・・

しかしそれまでのオ-ドリ-は切る事が出来ると安心してしまい、張るのでは無く
表現的には、くっ付ける・・・・って表現に当てはまるだろう。

張るとくっつける。どうだろうか?くっつけると表現すると繊細さに欠けるとは
思わないだろうか?もしそう思えるのなら、すでに切ると張るのバランスが崩れている。

更に考えて欲しい。誰に教わっているのか?そしてその人は何を得意としているのか?
多分俺の作品の売りの1つは繊細さでは無かったか?そして作品は自分自身と言う・・・

ならば俺も繊細な事になる。すると大抵の人はそれを嫌がる・・・そう小うるさい人だ
とか、小姑みたいだとか・・・ね。

つまり簡単に言うと、腕の繊細さは好きだが、人間性の細かいのは時々うんざり。

実はこれが大なり小なり本音なのね。そうなると慣れた人達がその俺を必要とする事が
あるとすれば、上手く行かなくなった時・・・つまり失敗に気が付いた時の是正の時に

なる。そしてそれすらも慣れた人達は知っている・・・この人は怒らない事を・・・・
お小言は確かに言う。つまりそれはしかるである・・・しかるは自分も痛まなければ

ならない。しかし怒るは?ほとんどその人の感情だらけ・・・単なる押し付けである。
俺はそんな浅はかな指導をするつもりは無い。

その時にきちんと自覚を持っているのならそれはそれで構わない。
では自覚とは?オ-ドリ-の場合ではお小言の後のすみません・・・・と言う言葉に

かなり伝わるものがあった。そもそも自分自身の成長に付いて行けなかっただけ。
これでまた1つオ-ドリ-は自覚する。すると繊細な切り方には繊細な張り方が必要と。

すると更に今後また同じ事にぶつかる・・・それは構想の甘さ。
つまり最後はその腕を持っているのに自分のやりたい事が繊細に見つける事が出来ない

とね。それがオリジナルと言うもの。もうオ-ドリ-は気が付いたようだけれど。
ただそうなるには何が必要か・・・?それも判ったかも知れない・・・・

ここに来るたくさんの人達と話す機会を持つ事だな・・・するとたくさんの繊細さと
出会う事が出来る・・・・そしていつしか自分自身の繊細さと出会う事だろう・・・

がしかし、それを手に入れるには今までの自分を否定されるような気分になる事も
あるだろう・・・・それが自分を変えるに繋がるのだけれど・・・・

そこで受け入れて強くなり変わる事が出来た自分と出会った時に、戸惑いもあるだろうが
実はそれが本心。そしてまた、そしてまた・・・と常に向上を選択する方を選ぶ事になる

それが作り手は死ぬまで終わる事が無い・・・に繋がって行く事になる。

こんな話の中で今日の収穫はオ-ドリ-の最後の一言。
何か今が一番幸せなのかも・・・・。おいおいそれが判るなら俺より上だわっ・・・

売れた人達はこんな事を口を揃えて言う。あの時は楽しかった・・・・
オ-ドリ-はそれが何と無くでも判った事になる・・・・全く厄介な奴だ。

1歩先を読む事が出来ない・・・と言いながら、偉く先が見えているじゃねぇか。
そんじゃオ-ドリ-へのお小言は足元を良く見ろ・・・になる。

そして俺にもアップアップな今を楽しめ・・・それをお開きの言葉とした・・・

コメント (3)

みどりさん教室

2010-06-25 18:09:57 | モザイク教室
今日のスタ-トはきっと日本国中サッカ-でしょ・・・ね。
俺も当然観ちゃったのね。一旦寝てから・・・なんて思ったんだけれど、

さくらを送ってブログを入れて、おおきく振りかぶってってアニメ観たら、あっと
言う間にお時間になる。こりゃそのまま起きていた方が無難・・・

と言う訳でそのまま突入。するとかぐやが娘と観るらしく連絡がある。
更にタピオカから起きてますか?の確認があって・・・・何だかみんなで観ている気分。

試合はご存知のようにいきなり2点入る・・・するとキウイから今起きた・・・って。
えぇぇぇ、誠に残念な起床。

みんな寝不足だったろうなぁ・・・俺は終わって少しだけ寝る。

そんなこんなのみどりさん教室。観た?観ました。だよねぇ・・・やっぱにわかとは言え
ワ-ルドカップじゃ観ちゃうのね・・・・

ただちょっとみんなと違うのは、監督や選手批判続出だった数週間前の事を思い出すと
何だかこのまとまり感に違和感を感じる・・・・

俺はそもそも野球ファンだから、監督が就任してから任期の数年間は結果がどうであれ
耐えて観る・・・には慣れている。しかもサッカ-の強化試合の4連敗なんて、

野球なら壮行試合みたいなもんで本番までの準備に過ぎない。何が悪いか?どうするべきか?試したい作戦とか?いずれにせよ勝敗なんてどうでも良い事に思えてしまう。

それが老婆心をも越えてしまうようなテレビすべてが批判だらけだったのに、勝つと凄いだ、よくやっただ、上目線にも程がある発言にはうんざりしてしまった・・・・

そもそも選ばれた選手にへたくそや頑張らない人がいるはずが無いのだから・・・

ただ生の試合中継には手に汗握る世界規模の大会の緊迫感は凄いものを感じたし、
にわかファンでも十分楽しめた。

さて前フリもここまでにしてお教室。良いねぇ、頑張ってるのね。何も言う事が無い。
タイルがあれば別に虎に関しては指導らしきものはいらないだろう。

ならば・・・と、そろそろバックの話でもしながらやろうか?と言うと、ギクッって
感じになるのね・・・おいおい。それでどんな感じ?と聞くと、

そんな事言われるか?と思って考えては見たんだけれど・・・と、けれど・・・となる。
出たぁぁぁ後向きの代名詞。けれど・・・。

そこで、けれどって言葉使わないようにして見て・・・とアドバイスする。
どうせなら前向きの代名詞、折角を付けて表現して見て・・・と。

そんな話の中で実はキウイさんやタピオカさんとかオ-ドリ-さん・・・のバックを
見ると、こんな事をやってみたいなぁ・・・と思うんだけれど、私には無理だし・・・

と勝手に決め付けるような発言・・・あらまっ。ねぇ出来る出来ないは先生である
俺の判断じゃない?やりたい・・・って言うのは生徒であるみどりさんの問題だけれど。

そこが非常に問題なのね。結局そうやって思い込みや決め付けをするから、後向きに
知らず知らずになっていて、本当にやってみたいのならやってみたいと言えば、

これは出来る?これは?とどの位なら出来るのか探す事は出来るはず。勿論同じになる
保障は無いが、雰囲気だけならいくらでも工夫は出来るはず・・・・

それを諦めたり、理想と現実のギャップに幻滅し、すべてを白紙にしてしまっては
出来る事も出来なくなってしまう。

更に、それがテ-ブルの話にも繋がって来る。本音を言えば仕分けまでしたのだから、
期日さえ合えばやりたかったはず。ただ仕分けも仕事。

ならばそう言う下ごしらえあっての仕上げに繋がって行くのだから、下積みでも
やったと思えば、機会さえあればチャンスはいくらでもある。

前フリのサッカ-とて同じ。レギュラ-のみで戦えるのなら準備もいらないし、11人で
良いじゃない?チ-ムって言うのはそう言うもんじゃない・・・って言ってたでしょ。

それと続きで言えば、日本って強くなったと思うよ・・・素人の俺だって判る・・・
理由は簡単。海外でプレ-しているような選手が控えにもいるんだよ・・・・

昔は俺のような素人はブラジル帰りのカズ選手がキャプテン翼のように活躍してくれる
と思ってしまったのだから。それがそれを上回る実績がある選手が控えにいる。

俺もそんなチ-ムに憧れる。そう考えると、やりたいと思う人が継続してくれる事は
そんなチ-ム作りの第一歩に感じるのは俺だけだろうか?

それがご理解願えると、みどりさんも一皮剥けると思うのだけれど。

コメント (4)

さくら教室と新作の下絵の是正

2010-06-25 00:03:11 | モザイク教室
さくらが来るまで新作の下絵の是正・・・そうね、大きく変える必要は無いのだけれど
内容から考えれば、若干で良いから月が上にあった方があっているのかな・・・?

そんな感じと、イヌワシのグレ-ドを上げる事と、そして羽をちょっと付けたい事・・・
一応思いついたのはこれだけ・・・それらを是正すると・・・・


後はひとまず羽・・・まっひとまず・・・ね。

そんな中、テ-ブルの件もどうやら来月の10枚はやる方向になりそうな電話が入る。
これについては下地次第・・・そんな話だった。

さてさくら教室なんだけれど、まっ頑張ってやってたのね。
しかしね、今日の内容で一番気になったのは、何だか思っていたようにならない・・・

と言うのね。じゃひとまず振り返る事にする・・・ねぇ最初どうしたかったの?この作品
・・・すると可愛く・・・って言うのね。あらまっ、そこから違っていたのね・・・

あのね、可愛い色かい?ふくろうだかみみずくって?そうここから間違っているのね。
ふくろうはそもそも可愛い色では無い。しかも猛禽類。むしろ本物は残忍な生き物っぽい

みんなが思っているふくろうはデフォルメされたもの・・・・ここが大事なのね。
作る時に、リアルに作るのか?デフォルメするのか?選択する前にやる事がある。

つまりどうしたいか?さくらは可愛くしたいだった・・・のならデフォルメを選択。
ここは合っている。フォルムは確実に本物よりも可愛くなっている。ならば・・・

問題なのは体の色になる。茶色ベ-スのテラコではリアルになってしまう・・・

ここまでならすべてが二者択一の話になってしまうが、必ず例外はあるもの・・・
ここでの普通ならさくらは可愛いのを選択したのだから、赤でもピンクでも何でも良い

まっ黄色はくちばしに目と2箇所も使っているから避ければ、特に問題は少ない。
ただ可愛いと判断出来る色なら・・・ね。それが普通。

けれどさくらはリアルに近くなり得るテラコを選択。ここで普通じゃ無くなった。
そう折角ね。折角・・・前向きの言葉に使うね・・・ならば今は可愛いと判断出来る

ものは形とデフォルメの成功した目のみ。それもそれで良い。ここから挽回出来る
何か?が見つかれば普通ではない可愛い・・・になるはず。

じゃ更に掘り下げる。今の段階で一体どこが可愛い感じになっているのか?
まずはフォルム、そして目・・・ここが大事。目はペキペキである事。

もしぺきぺきが可愛いをかもし出すのであれば、お腹のハ-ト部分がぺきぺきなら
可能性は広がる。するとさくらはぺきぺきですでに仕込みパ-ツを切ってあると言う。

しかしその色はまた地味な色を選択したようなので、これから切るぺきぺきをいつもの
さくらの色に戻す事を進めた。これでかなり理想に近くなると思われる・・・・

もしテラコでは無く華やかな色を選択していたとしたら・・・・きっと初期の頃の
鳳凰になっていただろう・・・赤、青、黄色にオレンジ、緑に金・・・・

悪くは無いが使い過ぎにも思える・・・・そこを押えられれば何も問題は無いのだけれど
初期は使い過ぎた感がしつこさにも思えた・・・今回はそう言う事は無いはず。

ここで大事だったのはさくらの気持ち。初期のようにならないように・・・と作り始めた
作品だったのに、可愛く・・・を後から俺に言った事。それでは後手後手に回る。

しかしきっと本人は最初から決めていた事なのだろう・・・が更にしかし、
それを伝えない事も問題だが、本来のさくらは初期の色合いにはしたくないとは

言ったが、本人は嫌いじゃないのだろう・・・そしてむしろ可愛いと思えるのでは
無いか?ただ少し違和感があったので、そうしない方が良いと勝手に思い込んだ・・・・

こんな事じゃないのかな?もし初期の色合いが好きで少しの違和感だけなのなら
そこの少し・・・って部分を追求して是正すれば良かったのでは無いか?となる・・・

それなのにじゃ辞めて・・・違うスタイルにする・・・ここに何があるのか?
簡単に言えば、考えてやろうとして考える時間が掛かるともたもたする・・と取られ

今度はそう思われないように・・・とさっさとやろうとすると、いつもと違って
やり付けないスピ-ドを出したが故、ミスをすると何も考えずにやって・・・・と

言われていた子供のよう・・・結局、どっちにしても結果は得られず言われっぱなし。
こうなると弱い子供は言われるがままになる。意固地になる子もいるだろう・・・

タイプは色々あるだろうが、いずれにせよ本心を伝えるが大事。そこを伝えなければ
是正をせず突き進む・・・結局意固地で頑固、強行突破・・・こんな感じか、

相手に本心では無いが体裁で合わせる・・・のいずれか?の選択になりがち。

しかしこの時、自分自身が判っていないと伝えようにも伝えるすべが無い・・・・
今のさくらはこんな事になっていると思う。ほぼ間違いが無いだろう・・・・

まっさくらも変化の時だから、気長に付き合って行くから変化の手伝いでもすっか・・・
これが俺の本音。勿論、俺の弟子だから、体裁で合わせる・・・はまず無い。

全く厄介なこった。俺の弟子達は・・・あはははは。
ただ確実に自分自身を持っている。そうそう簡単には見せないだろうがね・・・・

本音は本気で付き合う人にだけ見せるもので体裁の人にそうそう見せるもんじゃない。
まっ弟子達は何も言わなくても余りにも判り易い。素直過ぎる・・・

ただそれでも随分と変わった・・・初期よりも・・・でももう一皮剥けないかな・・・・
親とはそんなもんである・・・と思われる・・・・欲張りなもんだ・・・
コメント (2)

タピオカ主催教室

2010-06-23 22:24:43 | モザイク教室
朝軽く雨って感じだったのね・・・だからラッキ-って思っていたのね。
今日はタピオカ主催教室なんだけれど、ご新規さんが1人いて玉石プレ-トをやる事に

なっていたので、台車で運ぶ事になる。いつもの場所なら傘無しでも問題無いのだけれど
今日の場所はまだ出来たばかりの山のコテ-ジみたいな所で、車庫から離れていた・・・

それが到着すると雨が止んで今度は吹き飛ばされそうな暴風・・・何とか逃げ切り。

中に入るとこれが最近出来たばかりの新品なのね。広さもかなりで楽々30人くらい
の教室が出来そうな感じのね。

そんなスタ-ト。ちなみに画像はここでの常連さんの1人。この天候の中で時間までは
いられないけれど・・・と来て下さった。

それがいつしかとんでもない雨になってて、物凄い風が吹いててね・・・・
あんまり凄かったので、最後ははりにつかまってあの小窓から助けを求めよう・・・

そんな馬鹿話なんかしたりするくらいひどかったのね。しかもどんどん暗くなって来るし
・・・

こんな状況の中で良くいらっしゃってくれたもんだ・・・ご新規さんも。有難い話なのね
そんな中での作品。


時間内で目地まで終わった・・・この方が初めての人なのね。ただ初めての人なら
思ったように終われる手ごたえを感じたのね。

後は目地の問題かな・・・これは俺の問題。

それと話は変わりタピオカの状況は・・・?と言うと、

何を切ってもきちんと切るのね・・・綺麗なパ-ツだわっ。時間は掛かるけれどね・・・

その後は自宅に戻ってパソコンで資料探し・・・何だか1日があっという間に終わった。

コメント

浦安のでっかいねずみのテ-ブルの納品と次回作の下絵と・・・・

2010-06-22 21:23:00 | 世界遺産をみんなでつくろ!
朝、納品して携帯の支払いを終え、やらなきゃならない事はすべて終わった。
そこで新作の下絵に入った。

そうね・・・実はこれとは違う下絵が頭の中にあって悩んでいる・・・・
これは劇画タッチにしたもの。白い虎とイヌワシ。

しかし絶対に黄色は入れたい・・・そんな中、まだシドさんの作品を作っている帰宅途中
に夕立が止んだ空にこんな雲が掛かった月があってね・・・・

これ使えるな・・・と暖めて置いた下絵。これはこれで少しの是正でほぼ完成だろう。
しかし、もう一つ悩んでいるのは可愛いタッチのもの。

まだ描いてはいないがそっちはマンダラみたいな感じで少し幼稚な絵にしたい・・・・
描いてはいないがそっちも捨て難い・・・・お客さんと相談だな・・・

そんな中、ある電話があった・・・実は来月のテ-ブルのタイルが廃盤らしい・・・
今回もし足りて逃げ切ったとしてもそれ以降のタイルは無いって事・・・・

これについては先方の判断なので何とも言えないが、結論を急いでくれないと
来月中って言う大元へ納品する時間が無くなって行く・・・と言う事。

常に仕上げ業者に付きまとう宿命と言っても良いだろう・・・頭痛い話なのね・・・

ただこれもいつもの一難去ってまた一難・・・驚きはあるものの、戸惑う事は無い。
結局最後はやるか?やらないか?やれないか?・・・と選択権はあるように思えるが、

来ればやる。これ1つのみ。今の俺には選択権は無い。

コメント

通常営業キウイ教室

2010-06-21 21:16:01 | モザイク教室
浦安のでっかいねずみのテ-ブル、シド邸と続けざまに一人では無い仕事を終えて、
今日からいつものように1人での仕事。

元に戻るって言うのは意外と簡単そうで意外と難しい。日常の生活では無い数日を
過ごした後は、祭りの後のようになる。つまり非日常から日常になる。

華やかな状況から質素とも貧乏とも言って良いくらい生活も変わるのね。
食事1つ取ってもね・・・・腹いっぱい食べた数日から立て直す胃袋みたいなね・・・

ただそんな日常に戻すにはキウイ教室から始められるのは気分が非常に楽である。
話1つにしても仕事に関わった人だから説明はいらないしね。ただ・・・・

当然のごとく、今後の事を踏まえると反省する話は大なり小なり出さなければならない。
良い事と悪い事は背中合わせ。何せキウイは生徒さんのエ-スとして手伝いに参加して

いるようなもの・・・責任も支払額も当然背負うものは大きい。ただそれだけに、
結果を伴うような結末にしたいと願うのは親心・・・・

多少なりとも厳しい話もしなくてはならない・・・・ただキウイは弟子では無いが、
それ相応の理解もあるししっかり伝えれば伝わらないとは思わない。

そんな事からスタ-ト。何しろ来月もテ-ブル、小学校での教室、他の出張教室・・・と
手伝いはまだ続く。そう考えると話せる機会があるのは非常に助かる。

しかもこの位の作品に俺が口を出さなければならない生徒では無い。
ほんの些細なアドバイスが必要かどうか?位で十分。

本気で教える状況になるのは次なる大作であるのだから・・・それはきっと今後のキウイが大きく飛躍すると思われる作品になるはずである。

そんな中、テ-ブル依頼の担当者さんから電話。明日納品となる。
次回の来月の日程もそこで決まる事になるだろう。

教室が終わった後に家賃と駐車場と作品の売り上げの1割を角嶋の親父さんに支払う。
後は携帯の支払いをすれば良いだけとなる。残りの数万で何とか食費をしのぐ・・・

何しろテ-ブルのお金は翌々月の振込み。7月をしのげば何とかなるだろう。
さて次の作品の構想でも練るか・・・
コメント (2)