katsuまるはだかぁ 芸術家への道

モザイクアート一直線のkatsuの日記

ミモザ教室とシ-クレット教室そして、仙台仕込み

2006-08-31 02:11:37 | 世界遺産をみんなでつくろ!
朝9時に新浦安のミモザ教室へ。 今日は3人。
ミモザさんは目地で時計は完成。 トマトさん、スッチ-はぺきぺきで順調。
ここはこつこつと前進していて、見る見る旨くなっている。

そろそろお見せしましょうね。 次回のお楽しみ・・・・

そして2時から当代島教室の落選者の方の救済教室。12人。
かぐやにも-にフイギュアまで来たのだから、全く持って問題なし。

色々試す事も出来たのでね、得る物はあったね。

これでひとまず夏休み教室も終った事になる。 9月末に30人お母さん教室があるのだが
4.50枚余った事になるんだけれど、これについては考え中。
まぁやるって言ってくれた人に随時提供ってくらいでいいんだろうね。

そして夕方から、仙台仕込み・・・・まだ張ってないけれど、雰囲気は伝わるかな?



大まかだけれど構想が固まりつつある、仙台。

2006-08-29 23:41:29 | 世界遺産をみんなでつくろ!
まず始める前に、絵を直したのりこに電話した話から行こうか。

怒っている訳じゃない。 まず園長の連絡の中にデザイン料が込みって書いてった事、
それによって俺が最後まで直す権利が発生する事。

そして何より芸術家の卵katsuの作品ではなくて、職人katsuの仕事になった事。

どういう意味か? つまり芸術家に取ってくれたのなら、手直しはされない。
しかしオ-ダ-メイドの職人と取られるなら、手直し大いに結構。

当たり前の事なんだよ。 katsuには2人いるのね。
扱い方もね。 えっ? 何の事?  katsuは一人じゃん・・・ってそこのあなた。

芸術ってどう言う事? 簡単に言えば、資産価値が出るかも知れない物と、
職人の作った物には、永遠に資産価値はありゃしないって事。

でもただ素敵って言うならどっちでもいいじゃん・・・って人にはどうでもいい事。

でもそれはあくまで、俺の問題でしょ? とでも言う気なの?
それが芸術家として応援してくれる人の態度ですか? ねぇのりちゃん・・・・ってね。

それで簡単に理解してくれた。 全くぅぅぅって言ってやった。
ごめん・・・って言うから、誤るくらいなら、園を暖めとけって言っといた。

一人でも多くの人にここを見てもらえるように・・・・ってね。
〔例えば・・・・・たぁぁぁけぇぇぇぇちゃん・・・・・とかね。あはははは〕

これはマニアな仙台の人にしか判らんよなぁ・・・・くっっっっ

だって、もしデザイン料込みが正式文章なら、のりこに半分払わないといけないよなぁ。
あはははは。 ばかちん、そんなもん払えるかぁぁぁぁ。

しかしね、あいつには違った意味で支払いはするよ。
宿の手配、色々な支度、買出し、色々な事をしてもらうからね。
了解も得ているし・・・・けれどね、タイルを張らしたりするかもしれない・・・・

前回同様、みんな手伝う・・・・って言っても、奴だけなんだよ・・・やれるのはね。

別に・・・って言う人ばかりだろうか? だから、しっかり物の本質って繰り返すの。

天花にしてもそう。 青くする鳥はあなたなんだよ。
消して誰にも文句は言わせない。 去って行く者へのはなむけなんだから・・・・

一人として文句は言わせない。 世話になったろっ・・・って園にだって言うつもり。
本当は、両サイドのリスは、中島みゆき好きのあの人と、壮行会でピアノのミスタッチの
あの人だったんだよ・・・・3人一組だったんだよ。

前回帰る時に、中華屋さんで言ったじゃん。 バランス崩れるね・・・ってね。
この3人でバランス取っていて、やじろべ-だったんだよ・・・・だから消されたく
無かったんだよ。 それを何も聞かれずにして、手直しされたんじゃね・・・ってね。

園長にもそう最後に伝えるつもりだった・・・・

色についてもそう。 天花がここまで仕切って園を守って来た。 そして脇を2人が
支えて来た。 そのてっぺんが去っても、この2人が色褪せても変わらずに、

天花が作って来た物を受け継いで、良い園にして行ってくれる・・・・・
しかし、色々な事が少しずつ変わって行く・・・・それをガラスの派手な色を少し
使いながら表現しようと思っていたのさ・・・・・

しかし余りにも地味にも見える色使いになるから、形を斬新にした。
それはいつか地方都市なんて表現では無くて、本当の意味での都市になったときに、
古ぼけたデザインと言われないように・・・・ね。30年後も100年後でもね。

色は最初から褪せていても・・・・ね。 だって天花は、定年じゃん。
俺が出会った時から、おばちゃんじゃん。けれどね、もしそれがシックって取ってくれる
なら、お洒落なおばちゃんにも見えるように・・・・ってね。あはははは

これが俺の言いたかった、表現したかった事さ。 今に始まった事じゃない。
3度目なんだから・・・・ってね。

さぁ語ったから、今日のkatsu。
かぐやが午後からやってきた。 下地の作り方教えながらやっていると、日高氏が来る。

おぉこりゃ打ち合わせと、意思の疎通を3人で出来るぅ。ラッキ-。

かなり充実した1日。 作戦も具体化してきた。 武者震いするくらい良いのが出来そう
たったこれしき・・・・なのって言われないように、全員納得させるだけ・・・いや
仙台の宝・・・いや世界遺産にもなるくらいに作りたいもんだ。

3人は、少なくともそういうつもりだって事だけは確認し一枚岩になれた気はする。

あっそうそう昨日テレビ市川さんと会う約束をすっぽかしてしまった・・・・
何かぼぉぉぉっとしていて。 今日電話するのも忘れてしまった・・・やばっ
明日謝らなければ・・・・やっちまったぁ・・・・・



5人教室と仙台の材料探し・・・の巻き

2006-08-28 21:03:12 | 世界遺産をみんなでつくろ!
残念ながら画像が無いのね。 デジカメの故障・・・全くぅぅぅぅ
先日は、車のタイヤがバ-スト寸前なんて恐ろしい事になって、朝修理に出したし、
〔だからもっか代車中〕何でもかんでもって感じでまいるよ・・・・

何と無くは伝えて見るけど、大人が2人、ふくろうとちょうちょかな?はちにも見える。
後は小学生3人。 以前やったレンタルボックスでのお教室。

まぁ難なくこなしたんだけれど、その他の時間はすべて材料探し。
かぐやも2日間ネットで探してくれているんだけれど、朝、あっその手があった・・・

領収書。慌てて探すと見つかって、嬉しくて一番に電話すると、使われていなかった。
会社名や電話番号も判って、株式会社プラスパって言うんだけれど、

ネットでは、2003年からそれ以降の足取りが見つからない・・・・残念ながら。
仕方無い・・・ここまで手を尽くすと納得せざる終えない・・・・

もしこれが無かったら、自分でレンガタイル切って作ろうと決めていた。
それがどんなに大変か・・知っているだけに探していたんだけれど・・・・

急きょ建築の材料屋さんにその旨伝えると、あれは?って言われた材料があって・・・
それで行く事に決めた。
しかし黄土色だったものが、焼き過ぎレンガ調になった事で、他のタイルも色合いを
変更しなくちゃならなくなった。

これからティ-ア-トさんのカタログとにらめっこ。
勿論、値段の事もあるので予算と照らし合わせって感じなんだけれどね・・・・

それと、下地材のスタイロフォ-ムの5cmはあったんだけれど、10cmとの間、
7.8cmがあるかどうか? これも調べなきゃならない・・・・
まぁこれについては、かぐやが詳しい。 以前そんな仕事だったらしいから・・・

材料選びもかなり時間が掛かり結構めんどくさいね。
これが他人さんが選んだら、施工する側は文句も言いたくなるだろうね・・・
全部自分でやるから、施工の事も考慮に入れることで、随分と楽になるんだけれどね。

何しろこの時点で、楽をしたりおろそかにすれば、施工katsuにしわ寄せが来る。
いかに納得し、値段と照らし合わせるか? 食い込めば食い込むほど、施工側にしわ寄せ
が回るのだから・・・・。

ここまでが一番苦手なんだ・・・・そりゃ選ぶ時には良いのが欲しいじゃん。
けれどそうそう何でも手に入る訳じゃないのね。
どうしても・・・って言うのから、順々だからね。

何とか帳尻合わせて、施工に早く専念したいもんだ・・・・

仙台の材料・・・・

2006-08-28 08:14:38 | 世界遺産をみんなでつくろ!
4.5年前、初めて東急ハンズで買ったミニチュアレンガ。
ふらっとしてて、 あっ・・・って感じだった。

質感も本物っぽいし、何とも興味深い物だった。
無謀とも思われたけれど、何点か購入し会社に電話し、話を聞いてもらって熱意を
伝えたら、今から来ても良いとの事。

確か茅ヶ崎だったと思う。 迷いながら行った記憶がある。
普通の一軒やでね、沢山の見たことの無いレンガがあった。

こういうのは、ジオラマや鉄道模型なんかに使うんだろうなぁ・・・なんて思いながら

とても親切に対応してくれて、勿論それを使った作品も数点作ったんだけれど・・・・
残念ながら僕の実力の無さだろうね。  余りいい結果ではなかった・・・・

作品としては、数点良いのはあったけれど、販売目的の小物は結果が出ずじまい・・・・

そんないきさつから、どんどん色褪せていってしまった・・・・けれど、どうしても
今回使いたい。 そんな事から探しているんだけれど見つからない・・・

かぐやもネットで探してくれているんだけれど、手掛かりなし。
このままだと、会社に連絡取れずに、4.5年前の記憶だけで、茅ヶ崎まで行くなんて
乱暴な事になりそうで・・・・随分なギャンブルになってしまう・・・・

取り合えず、真ん中に埋め込むガラスは、浅草橋のビ-ズ屋でゲット。
その足で手掛かり探しに、秋葉原のジオラマの店や、ホビ-模型なんて店回りしたけれど
やっぱなし・・・・ん・・・・・

さぁ堅苦しい話もここまでにして・・・・

2006-08-26 22:12:11 | 世界遺産をみんなでつくろ!
まぁちょいと興味あり・・・なんて人には重たい話だったろうね。
けれどね、〔否定文だよ。あははは〕夢を追いかける者ってのは見守る方にも、
理解してもらわないとね。 うわっつらのいい事だけなら、他のサイトにも、
モザイクタイルって引けば、色々と出てくるから、比べておくれぇぇ。

俺はね教室も本気で教えたいし、増して作品は命掛けなのね。
残りの人生・・・ん・・・父側で言えば75.6位から死ぬと想定すると、後33.4年。

無駄な時間無いし、つまらない作品を後世に残したくないのね。
例えコ-スタ-一つだってね。 みっともない物の残すと、末裔まで恥じをかく。

たっぷり比べられる事を望むし、比較大いに結構。
まだ仕事として認識の無いモザイクって物を広めようと努力しているのに、

プロとしてお金貰っている者の中に素人に毛が生えた作品なんかで、飽きられてしまう
なんて馬鹿げた事にならないように、皆にも目利きしてもらいたいしね。

俺のファンには、びしびし俺を取り締まってもらいたいもんだね。
しかし、その為には皆の目も俺の作品同様、他のモザイクをもしっかりね・・・・

そして良い物を選んで欲しいもんだね。

さて仙台の仕込み開始。

実際問題として、下地を作ってみると、鳥の大きさに変化がある。
これ以上は大きく出来ないしバランスが悪くなる。

絵は何分の一ってスケ-ルで描いたものじゃなく、ただのラクガキに過ぎない。
それが実際の寸法になると、バランスを整える絵を描くと、下絵と微妙に変わる。

更に、柔らかいとはいえ、彫刻のように彫らなきゃならない。
もうこうなると、モザイクなんて事から、はるかに離れる。

これがしっかりした予算になると、鉄筋組んで、ナマコン流したりするとか、
最低でもラス網張って、モルタルで仕上げるなんて方法はある。

そこを予算内で情状酌量の余地で、仕上げる・・・これがkatsuグル-プの仕事。
だから、断熱材みたいなのを使って軽量化はかって、既存の屋外掲示板を変化させる。

普通じゃやれないだろうし、既存の誰でも・・・って物しか手に入らないだろうね。
それが一点モノの強みだ。

真似してくれるなら、そいつは死ぬね。
やれるもんなら、やってみろ・・・・設計屋さんに頼んで図面引いてもらって、
何十万。 絵が出来て何十万。 建築屋がハネて、下地をかた枠大工に頼み、更に
左官屋が入って、タイル屋へ・・・・・ん・・・・一体いくらか掛かるのかな?

俺達は断らずに、何でも拾うしショップ99や、吉野屋、100円ショップにも負けない。
しかしね、もう一つ値段では負けない・・・もの。 それは皆で考えておくれぇ。

売れっ子になったら、きっちり言うから、待ってておくれぇ。

うぅぅぅん。しかしね、こりゃアイデアが壮大過ぎたなぁ。
やってみると容易じゃない。 いつになったら彫り終わるんだ・・・って感じ。

今日は、下絵から、拡大し始めたものの余りの大変さに仰天・・・・ん・・・・
正直、ちょっとびびったかな・・・しかしね、何とかタイル張るまで持っていけば、

自信の多少ある・・・タイル張り。 あはははは

例え少々時間を取られたとしても、その事も予期して早めに始めたのだからね。

ここを何とか・・・・ってしのげば勝機はある。

当代島教室、なかなかね・・・・

2006-08-25 07:46:19 | 世界遺産をみんなでつくろ!
まずはフイギュアが来て、何も問題無くなった事での安心感。そりゃご機嫌にもなるよ。
それと、昨日寝れなかった事が更にも増して、テンション高いねぇって言われた。

そんな感じでスタ-ト。 一人欠席って事で29人。
いくらか年齢が低めかなぁ・・・・俺の胸まで無いくらいなのがごまんといる。
それが吉と出るか凶と出るか? 実は前日の臨時教室の作品を見て欲しい。


        

バラがお母さん。こりゃよくある女の人の作品だよね。
鬼は5年生。そして旨いのはヤモリ。 これはそのお兄ちゃん。6年かなぁ?

問題なのは、蛇と魚。 何が? って思うよね。
ただ振り返って欲しいのね。 年齢が低め・・・・って所から始まっている事をね。

そう、これは2年生なの・・・しかも3時間で2枚。
旨いとか凄いとか、そんな表現じゃないんだけれど・・・・速い・・・

今回はそこが見たいのね。 一体いくつからこだわる・・・ってなるんだろう?
勿論年齢じゃないのは、判るのね。しかし、明らかに低学年に速い子が多い。

さて今日の結果から言えば、29人中10人はすでに終っている。
更に、2日目の1時間位で、10人位は終るだろうね・・・・

ただ今回は2時間X2日間の4時間・・・・これを単純に3時間で1日教室に出来るのか?
これがどんな事になるのか? 時間の無い人達が多いから・・・・・

これが今後の課題だな・・・・

みんなはどう思う? この話・・・・・

2006-08-23 21:31:20 | 世界遺産をみんなでつくろ!
まずこれを見て。仙台の絵が修整されFAXされてきた。
どう修整されたかは、下記を参照してみてね。

これで依頼は、3回目なのね。 しかし前の2回は、あくまで通っていらっしゃる方からの
ご好意って言う事で、園とは何も関係は無いに等しい。

今回は園からの依頼。
明らかに、楽しい、綺麗なんて表現では済まない。
何しろ、格式、モラル、倫理、そして万人受け。 ハ-ドルは高い。

そこで、最初は、前回通った、デザインのように無難に、ぶどうとリアルな木、そして
可愛いリスにしようと思っていたのね。

しかし、あるきっかけで変わったのね。
2回目の帰りに園長先生から、教会の本を貰った事を思い出したのね。

そう大事な事だった。 それは、1回目の園長先生とは違う人なのだ。
1回目の園長先生は、明らかに宗教に関係する園なのに、宗教色濃いのは辞めてくれって
言ってた。 ん・・・教会って宗教だよなぁ・・・・あれっ?ってね。

つまり今回の園長は、明らかに好きであるとね・・・・
だって、俺にプレゼントするのに、明らかに自分色濃い物をくれたんだろっ。

じゃどこまでそれっぽいのが好きなのか? 今回の絵で探ったのさ。
まず園長先生の依頼書には、金額、前の仕事との一貫性・・・・それと数点あった。

金額については、上限が書いてあったので、交通費と、滞在費の問題。
何日掛かるか? で宿泊費は、5000x2人の10000円掛かる。
これを踏まえて、何日掛けれるのだろう? って想像する。

それを踏まえて、今回の滞在は7日間と決めた。それ以上は経費が掛かり過ぎだからね。
さて、じゃあ一貫性。前回のリスは子供に向けたのね。だからマンガっぽい。

その分、リアルな木やブドウが芸術色濃くしたつもりで、バランスを保った。

じゃあ今回はと言うと、まず今後続くかも知れない・・・・これは3度あったのだから、
誰だって考える事。 だから、次への前フリが必要。

いつでもそうだけれど、追加して来られるお客さんは、次の事は考えてくれない。
だって具体的に次の話はしてくれないからね。 なのに一貫性を求める。

だから、御宿にしても、仙台にしても、もしそうなったら・・・って前提で描く。
案の定そうなって来ているから、一貫性が保てているって思わない?

その場の思いつきや、何と無くなんて芸術家にあるのかな?
勿論ひらめきなんて事は多少あるにしてもね・・・・

今回のフリは、もし来たらリスに代わって鳥にしようってこんたんだったのね。
この部分が王冠のように見えてくれれば、立派な雰囲気だけれど、可愛い鳥が付いていて
格式って部分のメインディシュ・・・・つまり俺のみで作ろうとしたのね。

40cmx60cmくらいにはなると思うのね。これだけの物を作るとなれば、おそらく
20日間以上は掛かるだろうね。

それ以上掛かると、1日あたり〔14時間くらいかな?〕1万円を割るだろうね。
それは先方も判ってくれているはず。
何故なら、絵を描いていない時点で、見積りをしているから。

しかも、さっき言ったように、先方は金額提示しているのだから、本来見積もりは、
いらないはず。
なのに、絵はこの時点で、その金額の限界を超えたものにしているはずなんだけれどね。それは、お得意さんなのだからね・・・・・

でも、絵は修整されて返ってきた。ここでじゃあ何があったか?
簡単な事だ。こっちが聞きたい事が素直に言える人なら、何も苦労はしない。

しかしね、大人とはすべてにおいてって言っていいほど体裁で物を言うものだ。
かなり過激な書き方をすればね。

じゃあ素直には言わないものと仮定する。
じゃあどんな時にそうなるか? 今回の場合、聞きたかった事は、一体誰に決定権が
あって、誰を納得させればいいのか? それに尽きる。

以前の2回は父母サイド・・・つまりその中の一番上の偉い人か、その決定権を持っている人になる訳だ。 そこで決まってしまえば、園側は、壁の提供はあっても、お金を
出していない分、余り意見は言えないだろうね。何せご好意なのだからね。

ある程度の事は予期出来るし、そこをつく。当然ながらほぼ問題は無かった。
更に、やり過ぎくらいにやって、夜も寝ずに作った事で、明らかに納得の上乗せをした。

では今回は一体誰なんだ・・・・って事。
普通は園長だと思う。 なら、対応してくれる人は、常に園長であるはずだよね。
確かに事務的な対応は園長だった。 だからここで大きく誤解が生じた。

素直に、園長受けを考えた。 しかし2度目以降の対応は女の一番偉い人だった。
ここは飯が食え無そうな時も、半月食えるだけの食料を送ってくれるくらい、理解して
下さる人だから、何にも考えず素直に聞けると思っていた・・・・しかし・・

絵を送ったその日、一番先に対応して下さったのは園長だったが、何分もせずその後の
対応は、その人だった。

本当にその話の決定権があるのなら、園長が忙しくとも、絶対に打ち合わせするはずだ。
つまり、決定権はその女の人になんだかんだ言ってもあるって事に気がついた。

そこで、今度は彼女にどう? って意見を聞いた。すると、とても素敵なんだけれど・・
ほら、正直だろっ。 そうもう判ったよね。 人が得意の・・・けれど・・・・

これは否定文。 つまりいいと一旦誉めておいて、直してくれないか?
これを言いやすくする為の予防接種。 そのまま進めないで・・・・ってね。

誠に判りやすい。 けれどあぁわざとFAX使った事がこんなに早く判りやすい結果に
なるとはね・・・。どういう意味か?

色が無いって事は、形しか判らないって事なんだよ。 鳥についても言わなかったって
事は、是正対象は、完全に概観のシルエットって事になる。

だから素直にそうなんでしょ?って聞いたのに、嫌そんな事は無いんだけれど・・・
だから、けれどを連呼してんじゃん。 素直ってのは時に残酷だ。

けれど、即答はせず、相談します・・・と電話を切ったのね。

そして今日。 もうどうなるか? 判るでしょ。
つまりその彼女は、相談とは名ばかりで、自分の好みではない・・・ってのをこう言った
と思われる・・・・katsuさんから、絵が来たんですけれど、ちょっとねぇ・・・
斬新かなぁって・・・みたいな。 けれど・・・・ってつけてね。

これで聞いた園長を含めたみんなはどう対応すると思う。
女の一番偉い人が、そういうなら、女の群れのル-ル逆らうような真似はしないよ。
よほどの事が無い限りね。

なら園長と2人の話って訳だって思うんでしょ? ごめんね。もう一人登場人物がいる。
例え、是正を頼むにしても、その是正を俺に頼んだら気に入ったのが出なければ、
次はいいずらくないかい? つまり是正するのは向こうさんにいるって事になる。

さぁ一体誰? もう答えはすぐに出る。 あぁあいつに頼むのね・・・ってね。
1回目に頼まれた時に、絵が数枚こんな感じに・・・・って描いた人ね・・・・

その人に俺のを見せて、ここら辺を是正してみて・・・って頼んだろうね。

はい。これで判るね。 一番応援してくれている・・・・って思っているような人達は
とても残酷でいい人なのねぇ。

だっていい? 俺が先方ならこうするよ。
まず園長なら、打ち合わせのすべてを時間をさいて他の誰にも譲らないね。

次、決定権はあくまで俺であるはずなのね。何故なら依頼書にデッサン料も込みって
書いてあったからね。 けれど先方は絵を直して来た。

本来直すのも、俺なはずだよね。 じゃなきゃ筋が通らないよねぇ。
怒っているんじゃない。 何度でも直すさ。 けれど気を使われたんだろうけれど、
それは逆じゃない。?少なくとも芸術家の称号は少ないながら持っているはずなんだけれど、僕の絵を直したのは、僕より本当にたけている人なの?

つまりその程度の絵だったともとれるよね。 でもね、そんなつもりじゃないのも
判っているんだ。 本当にいい人達ななんだ。 けれどね・・・・・

逆になって考えてくれるといい。 お金だけじゃなくこっちはやっているのね。
そこにはこれは俺がデザインしたものです。 って写真を撮ってお披露目するんでしょ?

だからこそ、作らせてもらったから。 また宣伝する材料になるものにお金を出して
もらうのだから・・・・ってお金だけじゃないってやっているんだよ。

納得するまで遠慮せず、やりゃいい。こっちはオ-ダ-メイドの店って言っているのだから・・・・遠慮して美談にしようとしたって、この気持ちって・・・・

これを仙台の人達が見てくれると良いですって思っている。
その事によって気分を害して断ってくるかもしれません。それも覚悟しています。

勿論、それでも絵を描いたお金も、器具として作った物もお金を必要としません。
だって、必ずそれでも納得してやらせてもらえると思っているからです。

こっちは命掛けなのです。 思いつきや何と無くってやられたら、先に進めません。
作品はどんな形であり、残るのです・・・・・

僕は、これを見てもし、変更はいいですって言われても、変更します。
かぐやには、その旨を伝えました。 後は日高氏に言えば、もうこれで進めます。

幸い、僕の担当する、鳥の部分の変更は何一つ無かったから・・・・・
直されたのは、かぐやと日高氏に任せようとしていましたからね。

だから、そこの部分は僕だけのデザインとして成立する訳ですからね。
それだけはとても、とても救いでした・・・・・・



さて、じゃあどうしてあぁなったか? の説明です。 流れてはしまいましたが・・・
以前作った物が余りにも壮大なスケ-ルになってしまいました。
けれど今回は、掲示板です。

掲示板とは本来何でしょう? みんなに目立たなきゃなりません。
あんな壮大なスケ-ルより目立たせようと思えば、華やか過ぎる色合いになり兼ねません

そのくらいまじかで見たら凄いのです・・・・自分達でも・・・・・ね。

で考えたのは、この所の僕の作品です。
時計、ラムさん、テ-ブル、チュ-リップ、玄関・・・・・以前とは別人のようには
見えませんか? そうです。色は抑えた分、奇抜な形で、抑え目な主張した作品達です。

だから、今回もこれらの評判から、形こそ奇抜ではありますが、コロ・・・
あの玄関で使った淡いタイル・・・・あれでぐっと色を抑えた作品にしようと・・・・
しかしその分、俺の担当する鳥の部分だけは、王冠のように派手にやらかすつもりでした

でも、これで全部コロにする事に決めました。 お洒落に見えるか?地味に見えるか?
はみんな次第だと思います・・・・・自分らしさは徹底的に消しましたから・・・・

しかしこれはkatsu風味の作品になる事と思われます・・・
でも別人のような作品になるのは、間違いありません・・・・・・



今日は一日長かった・・・・・

2006-08-23 09:02:54 | 世界遺産をみんなでつくろ!
まず朝から糸鋸をくれた大工さんから、下地に使った木の端材が出たとの事。
んなもんで取りに行くと、11月頃に建築がらみの作品作れそうだよって話。
まぁこれについては、決定したのちにね。

そうするとフイギュアから電話があってアトリエへ。
鴨川の報告&支払いをして、今度は郵便局にティ-ア-トの支払いへ。

それから、仙台に絵コンテ送って、軽めの打ち合わせ。

更にそれから、鴨川で作ったコ-スタ-をティ-ア-トに送り、他のコ-スタ-を持って
レンタルボックスへ行くと、げっ休みぃぃ。

うっかりしてた。まぁそれでも今日のメインディシュ。当代島公民館へ行きたかった。
この内容については、結果報告にさせてもらおうかな。

ざっくり言えば、落選者の23人の処遇について・・・・・
俺は指くわえて、はいそうですかってタイプじゃない。
納得しなきゃ簡単には引き下がるつもりが無いのね。 常識なんてもう結構。

でもね、奇襲って言うのは、正攻法を知っている者だけが出来る事だし、奇襲ばかり
やっていると、奇襲自体が正攻法になってしまう。

そういった点では、昨日といい、今日といい、フェイクが効かない場所になってしまった
これからは、両方とも正攻法を取るしかないな。

織田信長が斎藤道灌に会う時に使った手だな・・・・・

謎賭けばかりで判りづらいだろうけれど、今月末には報告しますからね。
作戦名は、シ-クレット教室とでもしとこうかな・・・あはははは

その足で、アイフルさん家へ行って、25日の教室の依頼。
この間5時。飯ぃぃぃぃぃ朝から何も食べて無いじゃん。ここまで来たら実家だな。ってことで
とんかつゴチになって、またアトリエへ。

今度は日ハムさんが、先ほどの回答を持ってきてくれて打ち合わせ。
何か長かった。今日はさ・・・・


色んな事がある。人と会う機会が増える。 すべて関わる人がモザイクに関しての
話をする。 口コミとはそんなもんだ。それを何度も繰り返す事。


同じ人が話しをしているのに、聞いた人の受け取り方で伝え方が変わってくる。
そしてそれを聞いた人達がまた話す・・・・・

結局、僕が話しをした1番目の人の受け取り方なんだよなぁ。
ここがきちんと聞いてくれて、しっかり伝えてくれないと誤解が生じる。

こんな事を言うと、老婆心が返ってくると思われる。
人のせいにするのか? ってね。

現在の俺と常に話しをしている人なら、なんて言うだろうか?

よく理解をして伝えてもらわないと、勝手なイメ-ジを植え付けてしまう。

よくある話では、応援しているって言ってくれている人の中にこう伝えている人がいる。
katsuってモザイクやっていてテレチャンで優勝した人知っているんだ・・・・・

へぇ・・凄いね・・・・なんて話に乗ってきているのに、でもね・・・変わっているんだ
って切り替えしている人。

はい。ここ。 この時点で、応援しているんだか、いないんだか、表現は自由だけれど
ここに相手にイメ-ジを植え付ける。
つまり、優勝なんて言葉で、ひき付けておきながら、でもね・・・・否定的な言葉を言う

ここに何があるか? 本人の自覚が無いのに、悪気でもないのに、相手に否定文を言う。
そんな人に限って、俺には応援しているからってよくよくタンカを斬る。

すると聞いた相手の中に、芸術家って変わっているからねぇ。なんて言って会いたい、
なんて言ってくれる人がいる。
この時点で何が起こっているか?

つまり話してくれている人が俺を紹介したいが、物事をはっきり言う奴で作品自体は
大変よろしいんだよ。けれど人間性に問題あるかも知れないけれど会う?

って言ったようなものなのね。 それが話してくれた人に自覚も無いし、知り合いに
話しているんだから、聞いた方も会いたいって思ってくれた時点で、その人に合わせる
聞き方をする。 つまり相槌を打って、判っているとね。

ここにも問題がある。 その人って芸術家って変わっている?って言ったよね。
その人の付き合っている人に芸術家の知り合いいるんだ?

多分いやしない。 テレビで見た人達のイメ-ジ・・・つまり自分の思い込み。

さぁこれで成立して僕が会える設定が整って、3人で会うと紹介してくれた人よりも
その相手と長く話す。 更に変わってます?なんて問い掛けなぞすると・・・・

紹介者に変わっていないじゃない・・・・なんて言ったりする。

裏切り・・・体裁・・・・嫉妬・・・・そんな気持ちに紹介者が感じたりする場合、
何度か繰り返すと応援するって言って置きながら、少しずつ言い訳を作りながら、
去って行く。 しかしそこには去っていった自覚が無いから、最近連絡無くなった・・・

と俺の方に問題があるかのごとく思い込む・・・・俺は仲良くなるまではお金が無くなっても、連絡は取り続ける。 しかしね、本当に友達だって名乗られたら、そこまでしない

元々お金が無いのに、そういう付き合い方したかったから、無理しても・・・って
やってきた。 けれどそんな人が多くなれば、時間もお金も無くなる・・・・

本当に付き合おうって思う人は、今度は助けてくれるもんじゃないかな?って思う。
なのに連絡が来ないのなら、それはそれ。

帰って来ても良かったって思うし、来なくても仕方の無い事でね。
相手がそれを望むなら、それでいいと思う。

けれど・・・〔きゃ・・・怖いぃぃぃ必殺否定文〕何もしないって攻撃する人らしいから
ただひたすら売れっ子になりたいなぁぁぁぁぁぁぁぁってやっていくだけ。

必ず欲しい物は手に入れるさ。 強引ぐまいうえぃぃぃぃ。あははははは


はいただ今帰還。 

2006-08-21 20:48:50 | 世界遺産をみんなでつくろ!
じゃ、総括ね。
正直言えば、身の回りには、90枚。 つまり1日10枚の目標で行ってくるって言ってあったのね。 それは消極的でもなく、現実をよぉぉく踏まえてね。

じゃ何故? 150枚も持って行ったの?って思うでしょ???
それはね、最後は好みの問題で、もし選べる事が出来ない数枚しかなかったら、果たして
やる? つまり選択権が無いと、人は去ってしまうと考えてね。

それによってリスクを背負う事は判っていたけれど、フイギュアやかぐやと相談済み。
腐る物じゃないし、これで行こうとね。

次は、何故10枚?って質問があると思うのね。
それはね、確かに時間が決められている教室。例えば当代島みたいなね。
14時から、16時なんてね。

その場合は、一挙に30人でも大変ながらこなせるだろうね・・・日高氏と2人でね。
しかし海を目的で、更に鴨シ-や花火、映画・・・・やる事は多々ある。
そのお客さん都合の合間をぬって体験教室する・・・・これは時間を決めてしまったら
相手にされないと思われる。

当初の約束の中にやりたいってお客さんが見えたら、一人残らず受け付けるってのが
あったのね。 そうなると、朝8時30分から、夜、9時頃まで、そこにいなきゃならない。

昼間は雨でも降らない限り、チェックアウトの準備されて、それ所じゃないし、
連泊のお客さんでもない限り、無理がある。

つまり、チェックインしてくる時に、知って頂き、夕飯前か、後にチャンスが来る。
そして、更に休みって事も手伝って、子供の夜更かしもモザイクやるなら・・・って
ル-ルが甘くなる。 そこしかチャンスらしいチャンスは無いのね。

しかし、昼間疲れて寝てしまう事もあるし、館内では映画の放映や、晴れていれば、
ホテル主催の花火もある。

そんな中の教室なのね。 だから、一人ずついらっしゃれば、価格や説明に日高氏が対応し、順番に俺が教えていくって言うのが一連の流れなんだけれど、必ずやり方の指導として、一人一人対応すれば、同じ事を何度もしなければならないし、

取っ掛かりを納得するまで、席を離れられない。
すべての対応を2人でするっていうのは、そんなに甘い物じゃない。

恐らく、最高にこなせても12時間やって20人くらいが限界なんだろうね。
そして更に、お客さんの許容範囲の時間は、みな同じで、来る時はわんさと、来ない時は
一切来ないってくらい、誰か体験していないと、足を止めてまでは中々って感じなのね。

でもこれだって、この3年間の練習で二人の息はぴったりで、何も言わなくてもね
あぁ奴さんがあそこを対応するなら、こっちは・・・と抜け目無く出来た。

しかしね、例外だってある。 今回だって終ったら夜中1時なんてのもあったし、
最初の頃は、夜中3時ってのもあった。
お客さんは明日も休みなのだから・・・・ね。

それでも喜んで帰ってもらいさえすれば、知名度を上げる営業なのだから・・・って
やってきた。むしろそこまでやりたいと思って貰った事を有難いって素直に思う。

こんなのが3年間やってきた事だ。
さぁそんな事って判って頂けたのならいいかなぁ・・って思いたいんだけれど、
まだまだなんだなぁ。 何度も言ってるけれどね、ここはギャラをもらっているんじゃ
無いんだよ。 ホテルは素泊まりの宿泊とスペ-スを提供して下さる。

僕らは売上で生活する。 これだけがル-ル。
お互いのメリットは宣伝のみ。

じゃあここに至るまでの経路ね。 大野荘の親戚がホテルに卸しをしている関係で、
俺の名前使って、何かしてもらえって話で、支配人と副支配人に急きょ会う事になる。

しかし明らかに体裁だった支配人とは、全く違う対応して下さったのは副支配人。
俺達はその後、その方の下、1年目を過ごす事になる。
その時は、全室にチラシを配布し、更に看板、従業員さんがお客さんに説明して
下さったり、ありとあらゆる対応のお陰で240人と言う結果を残せた。

しかし、2年目に副支配人が東京に転勤となり、引継ぎの方が対応して下さった。
確かに、連絡や、事務的な事、何も違いは感じられなかったけれど90人と言う結果だった

さて今回。準備については、以前のブログで省略しますが、自信までは行かないがね
納得した物を引き下げ出発しようとすると、見慣れない電話が入る。

常連の方だった。 katsuさん来ないの? いないから電話してみたってね・・・・
その時はあぁ待ってくれているんだぁ・・・有難いねって日高氏と喜んだのね。

しかし到着すると、その理由は判った。 以前やっていた場所には、すでに販売している
店が出ていて、あれ? 俺達どこでやるんだろう・・・・?

それだから、常連さんが電話してくれたんだとね。
日高氏は、そりゃないだろっ。って不満そうだったんだけれど、せめて変更の連絡は
してくれたって・・・てね。 けれど俺は、片や利益が上がるかもしれないものと、
俺達とでは、仕方無いじゃん。 だから出来るだけの範囲でやろうよってね、
気を取り直したのね。

いつものごとく支度して、狭いながら始まった・・・・・携帯からブログで結果は
判っているよね。
正直、2日間連続の一人には参ったさ。けれど何が悪いんだろう?是正出来る事は無いか
そんな中、配置を変えて見たり、8時に変えて見たりやれる事はやって見た。

その中で、そういえば対面の別館からのお客さんがいないよなぁ・・って話になったのね
告示の位置でも悪いのかな?って日高氏が確認に行くと、俺達がいる事すら知らなく
更に、対応してくれた管理人の態度の悪さ、最悪の有り様だったとの事。

そこまで判ればすぐピンと来た。 俺達が持って行った告示以外このホテルには、
何も告示されていない事にね。

あぁ副支配人がやってくれた事は引継ぎされていなかったんだとね。
それを確認する為に、体験者の方にお尋ねすると、明らかに入っていないとね。

こりゃきっちり副支配人と結果報告の時に、お伝えしないとね・・・ってね。
前の晩、日高氏と意思の疎通に夜中の3時まで打ち合わせして、今日に至る。

朝、副支配人にとお話をして、いつものごとく熱意は伝えた。こうね・・・・
あっそうそう、転勤していた副支配人は今年帰って来ていたのね・・・・・

俺達は熱意だけでやっている。 志としてお互いお金じゃなく宣伝というのなら、
最初にやってくれた事と同じようにはやってもらえないか?とね。

俺達は鴨川グランドホテルと付き合っている訳じゃない。
副支配人の貴方と一生付き合いたいんだから・・・・ってね。

だからこの対応が精一杯なのなら、そう言ってくれとね。
そしたら、それで続けられるか?は俺達で考えるとね。

何されてもどうであっても、貴方に従う。けれどもし、貴方の意思と部下の意思に
意思の疎通無く知らなかった・・・・・・っておっしゃるのならそれは・・・・とね。

とても理解して下さったし、けれどこうも付け加えた。
いくら告示して頂いても、さほど変わらないかも知れない。けれどそのせいにするつもり
も無い。しかし、結果の報告を部下から聞いて、あぁそうって対応はされたくないとね。

更に、俺達はいつかねあの海の見える喫茶で、貴方にコ-ヒ-おごってここまで来ました
有難うございましたって言って見たいんだ。 しっかり肩並べられるようになってね。

なのにこんな結果でした。って部下に報告されたくはない。
俺は自分の口で、貴方の耳で報告したかった。 すみませんでしたとね・・・って。

きっとそう言えば、貴方の事だから、冬にもし呼ばれる事があるのなら、是正される事
でしょう。しかし、冬はいらない。 夏にお願いしますと付け加えた。

冬に是正した所で、最初からご老人とお孫さんの家族の多い中じゃ、教室は不利。
だから、当初の宣伝って趣旨なら、ギャラリ-として、作品を並べるだけでも、
ここを貸してはもらえないか? とも考えてはいる・・・・とも言って見た・・・・

そして2日前のブログのお客さんも見せてね。こんな方がいらっしゃったんだとね。
  

この下地が失敗だとは消して思わない。 なぜなら予定通りこの後の当代島は、30人の
所、50人近く集まったらしい。 けれど事情があって30人で行くらしい。

この差は何だって事になる。 方や溢れんばかり。 方やこの有り様。
これも簡単な理由。 当代島は宣伝と口コミ、そして何より熱意の対応をしてくれた、
日ハムさんのお陰。

方や、口コミしようにも、ホテルのお客さんは連泊で無い限り、数時間後は帰宅するのだ
その上、告示が無く、事務的に対応されては差は歴然。

しかしね、両者ともダメなら下地の悪さ。 けれどこの差・・・あはははは
いいねぇ。 最初から特殊と歌っているのだからね。

判って下さる人により判って貰えさえすればいい。 熱意が人を動かすのだからね。
一期一会。 人生とはそんなもの。
江戸時代と違う。本当に興味のある方なら、ふくろうのお客さんのように判ってね、
頂けるものだからね。名刺もお渡ししたし、遠距離でも会話は出来る。

電話、ファックス、携帯、パソコン・・・いくらでも方法はある。
そんな訳で1箇所くらいの教室分くらいの下地は余った。
けれど、何も無ければ、仙台の子供達に持って行こうとも思っている。

もしかすると、喜んでもらえるかも知れないからね。まぁそのつもりでもあったのだけど

そんな中、あぁ今日は久々に飽きれるほど長いなぁ・・ってそこのあ・な・た。
小話入れるからさ、もう少し付き合っていかなぃぃぃ?

実はさ、俺達のル-ルで相手に憶えてもらう為には、どんな汚い事しても知られる。
まるで人前で裸になる芸人のように人に振舞うのね。

だってさ、子供達だって結構さ、品のある子もいたり、知らない人同士で相席になるのね
嫌でしょ? これを和やかにするには、男芸者みたいなもんなのよぉ。

前回までは、鴨川シ-ワ-ルドに河童がいるって話で盛り上げたのね。
入り口で、katsuから聞いたって言うと、200円できゅうり渡されるんだよ・・・・って

他には、夜ね、露天風呂からそぉぉぉぉと海見てご覧。シャチを放してるから、
波の音が凄いだろっ。 本当は台風だからなんだけれどね・・・・

餌代が掛かるからね。、けど昼間じゃ、海水浴のお客さんを食べちゃったらまずいだろっ。だから時々、夜放すんだよ。 アジがいっぱいいるからね・・・とか

更に、かもちゃんはシ-ワ-ルドのおじさんが、そろそろ宣伝しなくちゃなぁって、
放しているんだよ。 だからテレビとかに取材されると必ず、鴨シ-のおじさんが
出てくるだろっ。 なぁんて具合にね。

子供達はえっ? ってな子もいるし、冷めてて馬鹿じゃん。なんて子もいたりする。
けれどね、そんな子には必ず言うんだ。

何でだろう? どうして・・・って思わなくなったらもう大人だよってね。
気象予報士が台風だって言えば、嘘はきっと無いだろうね。
けれど、だからって、何も疑わず、何も不思議に思わず、言われたままなんてね。
それが幼き子供となるとそりゃ事件だね。

何も信じろって言ってるんじゃないし、疑えって言っている訳でもない。
なら少なくとも、トトロなんていもしない物に一喜一憂すんな。

風で森の木がゆれた時に、何かいるんじゃないのかな?って思う事くらい、何も大人に
任せず、馬鹿話した俺に正論じゃなく、もっといい切り替えしと、比喩が聞きたい訳で
そんな話一つでも、モザイクから離れた時に、夕飯時なんかにコミュニュケ-ションの
一つのネタになるといいな。 そんな事を思って話したりする。

キンチョ-ルの宣伝のつまらん。 お前の話はつまらんって大滝さんに言われないようにあははははは。

さぁこの辺で総括終了でいいかな?













































今終了!73人。

2006-08-20 23:51:20 | 世界遺産をみんなでつくろ!
総評は携帯で書き切れないから、明日の晩にね。ではちょいと面白い話。この子ね、カントリーや三人教室など数度足を運んだ事のある小学校の生徒らしく、カントリーの事も知ってた。もしかしたら新しい展開が起こるとも限らない。待ってた出来事だった。それと数人、熱心に作品依頼についての相談された。いずれにせよ宣伝効果的には当たりがあったと思われる。まぁ続きは明日。