katsuまるはだかぁ 芸術家への道

モザイクアート一直線のkatsuの日記

kameyaさんと健さん教室

2024-05-26 02:02:00 | 出張教室
今日はkameyaさんの出張教室からの、アトリエで健さん教室。そんなこんなで朝、いつもより早めに行くと、大家さんがペンキの塗り替えの為の足場の立ち会いに来ていたのね。

何かkameyaさんで大家さんに会うのは、新鮮で・・・そんなこんなでおかみさんから。そうね、タイルを切るって言う事に、全く困らないおかみさんに指導となると、切る事じゃ無くて味付け。

料理で例えるとね。ただ切るって言う事に問題は無いって事は、その切ったパーツは美しいんだから、美しいパーツをいかに引き出す味付けが出来るか?って言うと、簡単そうで難しいのね。

しかも美なんてもんは、個人の見解って言えば、その通りなんだけれど、そこに根拠があってね・・その人、その人にね。でもそんなの本人は意識していないから、大抵は感なのね。

それじゃその日の気分次第なんて、確率を恐ろしく下げるもんなのね。そこでその人その人の傾向と対策が必要なのね。例えばおかみさんの場合、薄味で繊細が基本・・・ってものがあるのね。

じゃそんな人が作る・・・って前提で、この作品の趣旨は?って言うと、娘さんのプレゼントって事なのね。そんな場合のおかみさんの心持ちはいかに?となったら、自分の作品以上に力を入れる

としたら?いつもよりも繊細になる。徹底的に・・・とかね。じゃ何処の何がとなると、中央の花を散りばめる・・・と言いつつ、ほって置くと徹底的に入れる・・・になる。しかも切る事が

上手いとなると、徹底的に細かい花をね・・・入れられるだけ。それじゃ散りばめるでは無くて、入れ込むになる。言葉のニュアンスが変われば、当然結果も大きく変わって来るのは当たり前。

でそのままにすると、花を細かく入れるだけ入れた後の、残りのスペースに白のガラスタイルを入れる・・・って事になるのね。つまり余白に入れる・・・この考え方は料理と洗い物の関係。

素敵な料理と残務処理のようなね。これが本当に素敵に見えるだろうか?なのね。そこでここまで切れる人の味付けの指導って言うのは、残務処理のバックでは無くて、花の大きさや色に

こだわったように、バックの白いガラスタイルも考えるべきなのね。ただ白いガラスタイルって決まっている以上、大きさしか悩め無いのね。でもおかみさんの性格上、細かくなっちゃうのね。

つまりバックを残務処理の意識無く、残務処理をしてしまうのね。そこでほって置くと細かくなる人へのアドバイスは、いかにジャイアンを入れるか?なのね。しかもこの中に何人のジャイアンを

・・・。こうした意識をする事で、花を入れ込むんでは無くて、ジャイアンの大きい白で抜け感を出すイメージにする事で、単なる白じゃ無くて、メリハリを大きさだけで付けるって話。

ただほっとくと細かくしちゃうから、いかに自分が許せる大きめなパーツを何個?これがジャイアンなのね。それを考えるだけでも、しつこさが薄れるのね。甘くするのに少量の塩って話。

逆も真なり。それが寄り効果的になり、花の細かさを引き立てる・・・って事になるのね。それを花を入れ込んだ後始末のバックって、細かそうじゃない?つまり花より細かくなっちゃうのね。

それじゃ折角の細かい花が引き立たなくなるのね。それを意識させる事が指導って事になるのね。それでは棟梁。

ここも一緒で、同じ花を慣れで同じように作ったら、ハンコを押したようになる。いかに違うように見せるか?となるんだけれど、組み合わせとなると、全部の花びらを違うって事は無理だから、

素敵に見えるのはどれ?って意識して、細かくイコール繊細では無くて、メリハリ。つまり太めなラインと細めなラインとか、グネっとさせることであって、ロボットにしない・・・とか、

こんなワードで気付いてくれれば何よりなのね。そしてりょうさん。

ブログでは見てくれていただろうけれど、生で見るのは初めて。すると2人に良いぃぃって言われたのね。って事は、今日の分を張っても良いぃぃって言わせれば、今日も良いになる。

それを何回も繰り返せば、凄く良いぃぃになるのね。それを何かなぁ・・・って言われたら、今日の分でマイナス点になった事になる。それが2人なら、切る事に心配が無いから、味付けの話だが

りょうさんはまだ、切る事もアップアップ。だから切る事も張る事も油断ならないから、緊張感が増すから、楽な部分が1つも無いのね。だからきっと疲れると思うのね。そこに楽しいだけなんて

ある訳無いのね。だから楽なモザイクじゃ無いのね。ほら必然的にチャレンジを続けるんだから、完成度の満足感や達成感を得る為であって、気分を良くする為の数時間の楽しみモザイクじゃ無い

のね。この姿勢は、常に上手い人がぶっちぎりで、見る人へため息を付かせられるだけの側では無くて、上手い2人にプレッシャーを掛けられる作品に見えるはずなのね。何か凄いぃぃってね。

勿論、技術は2人に見劣りはするのね。ただ見劣りはするものの、気迫とか、コツコツと進む事や、追い掛けられる気持ちのような、圧倒的な差を埋めて来ている、ひたひた感を感じるのね。

たった1回の個人レッスンに来ただけなのにね。まっ理由はもう一つあって、やはり自宅でのパーツ切りの仕込みが進行速度を急激に変えているのね。いずれにしても2人の刺激にはなるのね。

そんなこんなでアトリエで健さん教室なんだけれど、2マスだから、ぶっ続けの6時間。

男の人でこんなに熱心に習うって言う事は、そう簡単じゃ無いし、そもそも単に物作りが好きってだけじゃ続けられない事を考えると、心って部分に関して、かなり強靭なものがある気がする。

そうね、例えば女の人が習い事って、普通にいっぱいいても、物作りに男の人・・・って、昔、かぐやのせがれが幼稚園に行っている頃、送り迎えの男性は1人しかいなかった。でも今はイクメン

なんて言葉があるくらいだから、普通化している。これを踏まえて、運転手や職人、はたまた板さん・・・今まで男社会だった場所に女の人を見掛ける事が普通になった。じゃ逆に女社会の場所の

男の人って・・・そうね、そう考えれば、モザイクに限らず俺はそっち寄りの女社会にいるから、
良く判るんだけど、女の先生なら自宅教室も出来たりしても、俺は完全に無理がある。

ただ健さんも、いくらやる気があっても、何処へ行っても、恐らく女の先生の自宅教室って不可能な気がするのね・・・つまり男女平等と掲げた所で、女性の進出と男性の進出と比較したら、

大きな差はあると思うのね。同じように、例えば20年タイル屋をやっていた俺が、今更タイルの仕事をしていたら、やっぱり食えないからタイル屋やってんじゃん・・・扱いになると思うのね。

所がタイル屋の器用な人が、モザイクをしていたら?・・・どう扱われるかな?恐らく同等にはならないと思うのね。こんな仕組みみたいな事が、野村監督のような、あれだけの成績を収めて、

王、長島と比較しても遜色無くても、自分をかすみ草と比喩するくらい、卑下したようなセリフになってしまうのと、そう言われた人達が、自分はひまわりです・・・って言っているのも、

聞いた事は無いんだけれど・・・いずれにせよ、華があるって事と、無いって事は、腕の良し悪しに関係無く起こるものだったりする。それを顔が良い、成績も申し分なく、人としても立派と

なれば、例外中の例外の大谷さんになれる。だから、まぁ何しろ今はやさぐれましょう・・・って言う見解になるんだけれど、健さんは優雅に見えるんだよなぁ・・・。同じ浮世離れ感があるのに。

って言うと、笑ってたんだけどね。まぁ6時間も一緒なら、こんなたわいも無い話も出たりして・・・いつも通りに終了。

  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ピエロの壁画正式契約ととんかつのモザイク

2024-05-25 01:36:52 | モザイクタイル教室
今日は午後からとんかつのモザイクの方。そんな訳で、朝はいよいよピエロのモザイクの壁画の最終打ち合わせ。もう小さい下絵でOKは出ているものの、原寸大で見るのは初めてなのね。

そんな訳で一応何の問題も無くすんなり通り、内金を頂いて正式に依頼となったのね。これで半年近く続いた営業作品作りから、やっとお金を貰える作品作りとなって、ひとまず生き延びたのね。

さてそうなると、余裕が出た分、やる事は大作をやる人が多くなった分、手狭なアトリエの片付けとなるが、その前にテーブル作りになるのね。収納も考えた上のテーブルね。

昨日からあれこれと考えて・・・ただ週末はお教室続きなんで、組み立て家具みたいなパーツ作りをしたのね。そんな中、つっちーから電話が入り・・・あぁイベントの椅子の件かな?・・・。

と思いきや、このイベントの主催のマイトさんと一緒に月末に来る・・・って、事になったのね。それじゃ隠す事でも無いんで、ご紹介すると、セラスタ2024って言うタイルの祭典に参加するのね。

会場は大阪市中央公会堂って所らしいんだけどね。まぁ俺は今の所は、作品を送るだけの予定なんだけれど、まぁシンデレラの立ち位置だからね・・・どうなるかは判らないのね。

シンデレラってのは、貧乏人だから舞踏会には行けないのね、まず。すると、やさぐれた娘に朗報です・・・魔法使いがやって来て、ドレスをレンタルしてくれるのね。そして馬車まで・・・

つまり、シンデレラの俺に、つっちーって魔法使いが、セラスタって舞踏会に誘ってくれたのね。幸いにもやさぐれたシンデレラよりも、舞踏会で誰よりもダンスが得意なもんだからね・・・

ただシンデレラのように、美人じゃ無いから、ドレスは借りられないのね。つまり自費参加だから、椅子を作らないとならないのね・・・当然制作に掛かる費用は自腹・・・どうする?って話。

ただ折角のお誘いなんで、乗ったのね。つまり舞踏会の切符と運送はつっちー持ちとなると、作品だけなの・・・って言われれば、乗って行くだろうし・・・って事になると思われるのね。

そんな話で終わっているのに、主催が来るって事になるとね・・・。それがここいらが少し厄介で、つっちーは友達って位でも良いけれど、このマイトさんって主催は、名古屋モザイクって、

日本の設計やタイル業界では知らない人はいないって言う、商社さんの枠で、Enjinってグループに所属しているのね。その仲間に、マイトさんやつっちーや、山周タイルさんがいるのね。

ほら何だかザワザワし始めるには、準備が整って来た感じなのね・・・まぁ来るにしても、来ないにしても、いずれでも良いけれど、こんな登場人物が揃って来ると、絶対にそんな事は起きない。

って良い切れる人はともかく、合ってもおかしくは無い・・・って思うような筋書きをお話すると、今、Enjinってグループの人達は、知名度としては高いし賑わっているとするのね。俺より。

って事で、そう言う人達をエリートと呼ぶとする。ではその反対側、つまり貧乏やさぐれチームに所属するのがシンデレラや、みにくいアヒルの子や、フランダースの犬のネロや、嘘つき少年の

狼の話の子や、落語のはたののりゆき、そして俺ね。こう言う図式と考えて貰って、じゃ腕は?って問われると、下手とは言われた事は一度も無いし、だから誘われたとする。しかも主催直々に、

アトリエにいらしてくださる・・・って、誰でもある事なのかな?・・・となると、そうじゃ無い気もする。じゃこれも話半分に考えて、そうかも知れない程度にする。じゃこの蛸の椅子を見て、

どう思うだろうか?そしてエリートサイドは、果たして作っているのだろうか?って考えると、もし俺しか作っていなかったとしたら?・・・主催者よりも先行して作っている事になるのね。

そして下手では無い人が・・・こんな話はここでは当たり前の話で、慶応の労作展の子達。2年連続受賞の子達が、既に動いているのね。下手じゃ無い奴らがね。ほら中学生だってやってる。

かと思えば、小学生なのに、労作展や夏休みの自由研究じゃ無くて、ピカソの泣く女を作っている子もいる。凄いってのは、ここでは当たり前の話で、普通なのね。じゃ年配の人は?お母さんは?

ほら、当たり前なのね。そこに男の人だって・・・ここではやる気1つで、凄いなんてのは当たり前なのね。それらをアトリエに来るって事は、見る事になるのね・・・そしてかぐやの作品も。

ここが中々面白い話で、大抵の人は、かぐやの作品を見て、これ先生の作品ですか?って聞くのね。勿論、モチーフが女の人だから、半信半疑って気持ちもあるだろうけれど、けど、けどね、

見間違える程、上手く見えるって事なのね。ただ一体それいつの作品なのよ。ここね。じゃかぐやって進歩して無いのかな?・・・もっと上手くなってるかもね。じゃその見間違いされる俺は?

・・・絶対上手くなっているだろうね。んで、どの位?・・・じゃ折角だからハッキリして貰おうか・・・って話になるじゃない?まぁみんなが嫌いな評価ってやつね。それは人に見せるって事。

ほら舞踏会って事になるじゃん・・・ここね。ではそこでどんな扱いを受けて、どんな評価になるのか?・・・ここで考えて見ると、下手では無い人が作った蛸の椅子って言うのが見られる。

では他はどうか?って言うと、椅子だから、椅子が出て来るのね。例えば、お花の付いた可愛い椅子とか、素敵なデザインの椅子だったり、幾何学模様や、色んな形のタイルを張った椅子・・・

その中に蛸の椅子って椅子に見えない、座り心地も悪い椅子が一緒にいるのね・・・これがみにくいアヒルの子の話・・・黒いアヒルになるのね。扱いはきっとね。ただ厄介なのは下手じゃ無い。

となると、目に付く・・・そこにはタイル関係者もいるのね・・・何せスポンサーとしてお金も払っているからね。当然誰かが、これって誰々さんの作った作品でしょ・・・って事になる。

この誰々さんって所に入る名前が、エリートさんの名前になるのね。つまりマイトさんやつっちーや、ジブリパークでお馴染みの白石さんね。そのグループに中村さんって女性もいるけれど、

作風が違い過ぎるし、まさか蛸は作らないだろうから・・・ね。そうやって誰かと間違えて貰うのね。ここまで来ればしてやったり。つまりエリート達の作品に見間違えてくれた事になるのね。

そりゃ間違えるとバツが悪い。だってエリートと間違えるのだから・・・ただ、その中に俺を知っている人も少ないながらもいるのね。例えば山周さんとか・・・。そんな人達がそれkatsuさんの

・・・って言ってくれるのね。俺が不在でもね。しかも、タイルの業者さんが、タイルの関係者に対して・・・はい、口コミ完了。十分過ぎる爪痕残しなのね。そしてここからがおまけ。

その俺を知らなかった人が、知っている人のプレゼンの仕方1つで、もしホームページや、インスタを見てくれたとしたら・・・もっと良く知って貰えるんだろうね、きっと。段々と読めて来た

人もいるかもね・・・そして、ここまで来ると、このブログのタイトルになると、芸術家への道なのね。単なるアヒルなら、黒いアヒルのままだから、虐められて死ぬだけになるんだけれど、

もしタイル屋のアヒルの群れから抜け出せると、一体俺は何になるのだろうか?って事になるのね。所が、所がなのね。これを見ているそこの生徒さん・・・駄目、他人事と思っちゃね。

本当はかつまるはだかぁ・・・では無くて、かつとかつに関わった人、まるはだかぁ・・・なのね。じゃそんな興味の湧いた人達が、ここを見てしまったら・・・どうなるのかな?

そんな黒いアヒルに教わった人達は、一体どううつるんだろうか?・・・そして一体どうなって行くんだろうか?・・・一応お知らせはしたのね。後は日本語の通りで、信じる者は救われるのか、

触らぬ神に祟りなしなのか?それはご自分で決める事なのね。ただ俺はkatsuって人を正しい評価に引き上げたいだけなのね・・・正しい評価にね。まっ、夏までにどんどんと導火線に火を付けるよ

・・・小さい、大きいに関わらずにね。勿論、火を付けたけれど、シケっちゃうのもあるのね。それはいつもの負の遺産なのね。今の俺には興味無かったって事で良いのね。ちゃんと覚えて置く

から・・・。関ヶ原以降の人は、外様とするだけだからね。だって誰でも甲乙丙丁があるのね。一律なんて100均じゃ無いんだからね。さてそんな導火線の話はこの位にして、とんかつさん。

段々何をしているか?が、判って来たような、そうでも無いような・・・って半信半疑。ただそれはそれで良いのね。でも、とんかつはサクッって感じ。サクッって尖っている感じがしない?

ツルンでは無いのね。つまりおにぎり禁止になるし、ゴツゴツでも無いのね。つまり岩石でも無いのね。だからサクッって見えるパーツを探す事なのね。でも必ず今の実力で切れるとは限らない。

だからそうじゃ無い・・・ってパーツを張らないようにすれば、間違いだけは防げるのね。つまり最高では無く最低限防ぐってやり続ける間に、段々と上手いパーツを見つけ出せると、その繰り返しなのね。

まぁもう少し慣れるには、もう少し雰囲気が出て来ると、制作意欲は増すんだけどね。ただ今の所、十分だと思うのね。

  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

いよいよ本格的にピエロの壁画

2024-05-23 23:26:26 | モザイク作家
いよいよピエロの壁画となったが、何しろ畳よりも大きいサイズ・・・そんなのアトリエ内では無理なのね。それじゃ無くてもあれこれあるのに、お教室の度に片付けとなったら、ほぼ無理・・・

出しっ放しじゃ無いと、何しろ動かしたく無いのね。とは言ってもそんな場所は無いし・・・そこで今使っているテーブルを辞めて、畳サイズのテーブルを作るか・・・って感じになっていたら、

かぐやが実家は駄目なんですか?・・・って。あっ、その手があったかぁ。こんな事は良くあって、昔恐ろしく貧乏だった頃、家賃が払えなくなる事が多々あって、どうしようか・・・と、

悩んでいた時に、ある人が安い所に引っ越したら・・・って。そもそも支払いを困っているのに、引っ越すなんて考えもしなかったのね。ただ引っ越してからの家賃は、半額近く安く、間違い無く

正解だったが、そんな事を思いもせずに、追い込まれていたから、一択って感じだったのね。それが今回も、かぐやに言われて、それかぁ・・・って。そんな訳で実家の2階で拡大コピーの清書。

何しろ大きいんで、直しながら写すだけでも、かなりの時間が掛かって・・・。まぁそれでも何とかかんとか、カッコが付いて来て・・・。話は反れるが、下絵の下のタイルはテラコッタって言う

素焼きのタイルなんだけれど、畳を剥がしてタイル屋の頃に張ったものなのね。壁にもメキシコタイルが張ってあって、妹の趣味で一緒にやったのね。それが美しい部屋って雑誌に載ったりして。

それが今はガランとしているから、使い放題なんで、これからの制作はここで、夜アトリエで・・・ってスタイルになる感じなのね。まぁこんな事になって思うのは、昔のアトリエでは

出来なかったものが、今のアトリエで出来ていたのに、そこでも出来ない作品を作る事になった・・・金魚の壁画なら今のアトリエで出来るのにね。年々変わって来ているんだろうね。

これもまた新しい種・・・何しろ秋まで撒けるだけ撒くつもりなのね。

  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

椅子の下地とピエロ下絵拡大

2024-05-23 07:22:01 | モザイク作家
今日も椅子の下地から。

まず角材の出っ張りをサンダーで削って、滑らかにしていると、大家さんの奥さんと娘さんが座り心地について話す事になり、まぁ簡単に説明すると、ただ椅子って言うと、仮に以前の大塚家具で

あっても、平気で座る事が出来るだろうね。だって椅子だから。って事は安い家具屋のなら、躊躇無く座れるのね。つまりタイルが張ってあっても、普通に張っていたら、綺麗だねとか、可愛いね

・・・って言葉と同時に座っちゃうだろうね。これが少しでも躊躇させる事が出来ると、工芸だのとなり、美術、芸術となれば、しげしげと眺める事になると思うのね。更に言えば、本当に凄い

ものなら、えっ・・・これが全て。あっ・・・でも良いし、おー・・・でも良い。言葉にならないものなのね。まぁそれとは違う理由もあって・・・説明すると協力して座ってくれて・・・。

正直、きちんと話して受け入れてくれるんだから、相当な理解者なのね。こんな人達は、俺の成長を本当に喜んでくれる人達なんだろうね・・・きっと。そんなこんなで、その後、つなぎ目のパテ

埋め的な事をやって・・・まぁ正面の穴の中以外は、ほぼ終わったんで、これはこれとして、いよいよピエロの下絵を拡大したポスター印刷を繋ぎ合わせて修正したのね。


これを2枚やったら、いつもの時間って事で、今日は終了。

  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

父の検診と椅子の下地

2024-05-22 07:30:46 | モザイク作家
今日は朝、父の検診からスタート。もう何度も行っているんで、特に戸惑う事も無くすんなり終わって、その後は椅子の下地。
最初の方はそこそこ形になって来たんだけれど、後の方がまだ見劣り感があって・・・ただ何とか雰囲気は出て来たから、もう少し・・・って感じなのかな。そんな中、先日作ったサンプルが、

岐阜の会社に着いたようで、社長さんから連絡が来たのね。まぁ種は撒いたし、これでひとまず俺が会えないような場所や人に、知られる可能性が広がった訳で・・・。何しろそんな繰り返しを

出来る限りする事なのね。ただ流石に作家katsuが半年近く、営業作品ばかりを作っていてもね・・・そろそろお金の貰える作品側に行かないとね。そうなるとピエロの作品となるんだけれど

、そうする為には、何しろ手狭なアトリエを片付けして、制作する為の机の制作をしないと、数メートルの作品を出しっ放しにして置くんだから、金魚の作品の比では無いのね。

手を付ければノンストップになるだろうし・・・。いずれにしても、もうその日も近そうなのね。

  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする