katsuまるはだかぁ 芸術家への道

モザイクアート一直線のkatsuくんの日記

シドさんの花台のモザイク納品日決定とさくら教室

2009-07-31 00:29:14 | 世界遺産をみんなでつくろ!
今日は大事な出来事が2つ。1つはシドさんの作品の納品日が決まった。今週の土曜日。
そう言う訳でアトリエの外に出し、水洗いをする。


こうやって置くのね。角地なので2方向から見られるようにね。
では、他の角度。



どうかな?いけてると思うんだけれど・・・これが似合う家って凄くない?
芸能人の家か、美術館だけでしょ?良いのが出来たと思うんだけれど・・・くっっっ。

まっこんな事を言えるのも常連さんなのもあるけれど、もうすでにお気に入りのセリフも
聞いているので安心している事からなのね。

そんな中、かんすけが集金に来た。例の浦安のでっかいねずみのテ-ブル分。
まだ貰っていないんだけれど・・・・何しろ翌々月って言ってたからなぁ・・・・

すると今度は見慣れない番号通知で電話・・・ん・・・誰かな?
名前でピント来なくて・・・ん・・・でも聞き覚えがある声?・・・ん・・・・

そしたらこっちの様子に気がつかれたらしく・・・キ-ワ-ドが1つ出た・・・岐阜・・
あっ組合長さん。お久しぶりです。

もう察しの良い人は内容は判るよね・・・?そう、どうやら決定では無いけれど、
釜ぐれ祭りが用件。これから検討するらしい・・・・

その前にこっちの返事を聞かれたので、その時は伺います。と答えた。

そんな中、入れ替わるようにさくらがやって来て、かぐやが仕事から帰って来た。
それでもし・・・ってさっきの組合長さんの話が来たら?を前提に何が出来る?

と聞く。それが初日に子供の運動会とかぶる・・・と言う事から始まった。

実はそんな事を想定して、とっくに釜ぐれ祭りは調べてあったらしい・・・やるね。
だから、話をし始めると、真っ先に出た言葉が、き、来たかぁ・・・だった。

まっ、やれる事を探そうぜ・・・と言う事で思いつく事を書き留めた。
まっ中々面白い事が出来そうだな・・・また・・・前回と同じような事をね・・・・

話が決まれば、どこまで出来るか?だけになった・・・・

そんなこんなのさくら教室。まっ今日の成果はこれ。


おいおい、1パ-ツでカメ切ったのかよ・・それにも増して穴空いてるよ・・・全く・・
どこまで意地っ張りなんだか・・・見事だわっ。

しかも、6角形を統一感ありってか・・・良いじゃん。どこまで意地っ張りなんだか・・
でもさくららしい。だからやりたいようにすると良い。具合悪い癖に。

ただ駄目な事もアイデアの中にあったのでそれは却下した。明らかに無理だったので。

まっモザイクの話以外では、例のワニの話。さくらの息子に買ってあげたワニの人形・・
さくらはこう言うのが苦手らしく、家に1つも無いのね。

そこで男の子を育てているかぐやに、お母さんが嫌いだからって息子が嫌いとは限らないし、男の子が生き物好きってのは鉄板だろっ?って聞くと、はいって。

しかも、さくらさん慣れましょう。ってはっぱまで掛けてくれて・・・ってな訳で先日
俺が購入し・・・その後の結果・・・・

それが両手で抱いて、ワニ大好き・・・って言ったらしく、しかもプ-ルで遊んでいる
写真を持って来てくれた。ほらっ、良いんじゃない。

そこで次回はカエルで行こうと思うってさくらに言うと・・・・本当に苦手らしく、
あたふたしてた・・・・

まっかぐやとかぐやのせがれと相談して見るよ・・・って話になったのね・・・・
さくらが嫌いなものを早く克服すると、何かが変わってくるはずなのね・・・きっと。

慣れる。自分で環境を変える事が出来ない影響力の無い者は己自身が変わる事。
これに尽きる。でないと、何も変わる事は出来ない・・・・・

さくらは何かを変えないといけないはず・・・ただね、俺が一枚かんでいるって事は、
・・・・面倒臭いとか厄介だとか付いて来るって事だわなっ。

俺と関わって良い事だけなんてある訳無いじゃない・・・・あはははは
人はそうそう自分の思い通りになんてなるはず無いじゃん。

俺がそうなら、さくらも同じ。厄介で面倒臭い奴だわっ。ただね、それでも一生付き合う
って思えるんだから、やっぱ本気で付き合わないとなっ。

この歳でね、一生付き合って生きたいわって言えたり、言わせたり出来るってのは、
それだけで何とも幸せな事だわッ・・・・俺はそう思う。






コメント

シドさんの花台のモザイク終了と小物作り

2009-07-30 02:29:01 | 世界遺産をみんなでつくろ!
目地が終って、とうとう終った。何か随分と掛かったような、そうでもないような、
大なり小なり終わりとはそう言うものなんだけれど、

こう言う時間の掛かった作品の後に、する事が無い・・・それが苦手なのね・・・

けれど続け様って言うのも、メリハリ無くなっちゃう・・・それでアトリエ掃除なのね。
でもそれも先日、前倒しでやっちゃったし・・・

昼前に作品が終って、残った片付けも終えて、人魚の大工さんに連絡して、
ぽっかり空いて・・・さてさてどうすっかな・・・・って感じだった所に、

シドさんがやって来る。随分としげしげ観て行ってくれて、気に入ってくれたみたい。
何より・・・作り手としては完成した時にこの顔見たさで頑張っている・・・

そう言っても過言じゃない。そう言う点でも、ほっとした。

さて、それはそれとしてどうするかな・・・?とアトリエを見回すと、以前同じような
時に作りかけの山周タイルで作った小物を発見。これでも完成させるか・・・

と、作ったのがこれ。

タオルハンガ-なのね・・・・ネットに載せる小物。

それも終っちゃった・・・早く下絵がオッケ-出ないかな・・・・
コメント

人魚の大工さんの下絵

2009-07-29 02:05:22 | 世界遺産をみんなでつくろ!
事前に沖縄の御店に飾られる看板と言う依頼。その資料の写真の中には、そこの海の
主と言うハタみたいな魚と、有名な橋と名刺のロゴがあった。

一応それら3つを入れて見た・・・するとこうなった。
それに沖縄って事でカラフルとかトロピカルとか言う雰囲気を出したくて、

橋の曲線を利用して虹を描いて見た・・・・それとこの魚の色が赤なのもあって
虹の外側の色が赤である事で迷わなかった・・・・

ここまでは悪く無いとは思うのだけれど・・・さてさて
コメント

8月のユニディ教室下地完成

2009-07-27 20:14:13 | 世界遺産をみんなでつくろ!
午前中はアトリエを少しだけ掃除・・・・本来作品が終ったらしているんだけれど、
タイルがまだ到着していないし、午後からでも下地作りは終るしね。

でもやり始めると気が乗らない。そりゃそうだわ、作品が終ってお金を貰って支払いして
・・・の繰り返し。それまで安心なんて出来はしないし・・・・なのにのん気に掃除・・

って・・・そんな風にも思ってしまう。こう言う時は余裕が無さ過ぎ。

すると、タピオカから電話が入る。8月後半のタピオカ主催の子供教室の件もあったが
Katsuさん大丈夫?ん・・・何か? 言いたい事は判るけれど、今更始まった事では

無いし、特に気にする事じゃないし、そもそも知らない人に見つけられて、知らない人に
作品を飾って貰って、その分の恩返しはしないとならない。

やるべき事さえやれば、結果はどうであれ悔いは残さずにいられる。だから下地作りさえ
終ればそれで良いだけ。確かに状況は大義名分には届いていないものの、

後は俺の力で何か出来る事はもう無いのか?残りの日にちを過ごすだけ。
悪いね・・・ご心配掛けて・・・。しかし有難いものだ。

まっこう言う人達がいるから、何でも全力で行かないとならないのは事実なんだけれど。
先日のキウイと言い、応援されているのだから、結果を残したいものだけれど。

そんな中、家賃滞納の電話が不動産屋さんから入る・・・やばっ、明日支払います・・・
と対応しユニディへ。と言う訳で11時到着。

今日は組み立て。コルク材を経費削減の為に半分に切って、ペンキを塗った3つのパ-ツを組み立てる。1個仕上げるのに、つまり4つを合体させる。

その後、フックを付ける。それを40個。終るとは言ったものの、そんなに簡単じゃない。
12時半を回った頃に昼飯にする。所が携帯をアトリエに忘れたみたいなので、

取りに戻りがてらにする。そんなこんなでラスト2枚を残し4時15分。
それがコルク材が少し傷ついてしまって、あぁアトリエに1枚あったっけ・・・

じゃあアトリエに戻るかぁ・・・って事にする。がしかし・・・えぇぇぇぇ、何で?
あるべき木工用ボンドが無い・・・げぇ角嶋の親父持って行ったなっ・・・・

仕方無くまたユニディへ。親父が持って行って帰って来た事は無く買うはめに・・・
まっ仕方無し・・・と言う訳ですべて完成。やるべき事は終った。

さて切り替えて、次回作の構想。人魚の大工さんに頼まれている沖縄のダイビングショップの看板。資料は貰っているし、大体雰囲気は出来ているから下絵に取り掛かれる。

がしかし、今日はヒカルの碁。緊迫感あったが、何だか落ち着いて観られた。
何だろうか?比較的落ち着いている。むしろ穏やかである。

もうシドさんの作品も終ってしまったようなものだし、下地も終わり、新たな作品の
下絵に入るのに、何だか落ち着いている。

事前に資料を貰っているから・・・すでにとっくに始まっていたモノだからね。
後は絵にする時の苦労・・・けれどそれについても今の所、感情移入無しだから・・・

やはり看板ってお題では、綺麗だお洒落だのみなので、下絵さえ終れば時間が解決する。

それが物足りなさを感じてしまうのだろうか?その位、シドさんの花台モザイクの労力
は果てしなかったって事なのか?いずれにせよ、今の所落ち着いている・・・

今晩から下絵は始める。
コメント

久しぶりのストリ-トもどき

2009-07-26 22:35:41 | 世界遺産をみんなでつくろ!
そうねぇ、実はねユニディの3日と10日の教室の予約状況が苦戦しているのね。
これが3日の午後に集中してしまってね、ここは断られている人がいるのね。

つまり10人になっている。午前は4人だったかな?まぁ大義名分これはまずまず。
しかしね、10日に至っては午前が0人で午後が4人だったかな・・・?

これは非常にまずいのね。さてさてどうしたもんかな・・・と言う訳なんだけれど、
実は先日キウイが差し入れ持って来てくれるって言うんで、加工場にいるから・・・

と電話を切るも到着するなり、何処にいるのか判らなかった・・・って言うじゃない。
そうね、一般客では加工場は端っこだから、ほとんど用事が無いだろうから、

気が付かないのも無理は無い。そんな中での体験者獲得・・・ん・・・・
まっやるだけやっか・・・はいつも通り。そこで・・・やっぱストリ-トでしょ。俺は。

って訳で、シドさんの花台持って、10時半にユニディ到着。加工場に顔を出すと、
不具合があったらしく修繕中。そんな訳で必然的に外でペンキ塗り。

今日は40枚。いやぁしかし今日は暑かったね。焼けちゃったよ・・・

入り口付近に喫煙場所があってね、その脇のデッドゾ-ンが今日の俺の場所。
何人かに声は掛けられた。何度かその場所を離れる度、触ったりしている人もいた。

作品が無く、ここにいたらただのペンキ塗りのおじさん。うさん臭さ満点じゃない?
そう言う点では、作品は身を助けるのね。

とは言うものの、こんな事をやって何か変わるとも思えないけれど、何もしないよりは
こうして何人かに声を掛けて頂いたのは、小さく収穫なのね。

そんな中、6時から教室があったんだけれど、都合が悪くなったと電話が掛かって来た。
そこでペンキ塗り続行・・・一応ペンキ塗りが終った。

後は組み立てるだけ。その後、アトリエに帰って目地・・・・


それと完成するとこうなるのね。
コメント

オ-ドリ-教室とシドさんの花台のモザイク・・ほぼ完成

2009-07-26 01:13:49 | 世界遺産をみんなでつくろ!
いつものように土曜日はペンギンの問題を少し見て、おかあさんといっしょを3分見る。
シュ-ルに良いのは、ここで使われる歌を歌っているのが中西保志さんなのね・・・

ZOOの歌とかの・・・けど何度か聞くと、これが子供にも中々良いんじゃないって。
割と軽快でね。

そしてお待ちかねのメジャ-って野球アニメ。言わば今までのはこの前座。
良い、実に良い。目指している所は常に目の前の壁。

遠くで無くコツコツやって行く・・・実に判りやすい。
共感しやすいし、ただまさかこのアニメのまんま実践して生きている人は、そうそう

いないだろうし、メジャ-って題なので勿論1人で行く事になる・・・・所詮そこまで。
俺に取って大事なのは、高校生までの間の生き様だけを確認の意味で観ている・・・

そうする為には・・・・どうするか・・どうすべきか・・・何が足りなくて、何があって
・・・それで何が出来るか?そうする為に・・・・と繰り返すだけ・・・・

まずは理解する事。これが俺には大事。そして理解した事を何度も繰り返す・・・
体に叩き込む。ただね、俺が俺にそうするのはいとも簡単なんだけれど・・・

人に教える・・・となるとそうは行かない。甲子園に一緒に行こうぜ、おぉぉなんて
簡単なものじゃない。それなら目指すモノが1つだからいくら辛くても目標が決まって

いるだけにハ-ドルをいくら上げようと何の問題も無い。しかも結果が例え負けたとして
も、所詮高校生。すぐに社会人、プロ、メジャ-とこれもいとも簡単に団体競技として

みんなで・・・と言っていても、個人競技のようにバラバラに散って行く事が出来る。

俺のやろうとしている事はプロとして成立する集団。しかし弟子は2人で1人は大阪、
1人は産休。まっとても俺がやろうとしているのは慌てても仕方無い事なので、

振り出しに戻ってまた同じ事を繰り返す・・・それがオ-ドリ-。弟子になりたい・・・
と言うから。ん・・・どう育てるべきか?方針を決めかねている・・・が本音。

ひとまず厳しくやるやり方もある。逆も真なりなら、1年は好きなもん作ってろっ・・・
って横でやらせる事も良いだろう。これは両極端・・・他に無いものか・・・?

今までの習慣の中に土曜日はオ-ドリ-って言う考えるべき事が増えた。何が最善か?
ひとまず決めてあるのは、徹底的に話す事。思想の確認が大事。

その事により自分自身を見つけて貰う事。一体何が自分らしさなのか?それを見つけて
徹底的に反復してそれを伸ばすか、足りないものを補うか?のいずれかを選択する。

それがサイボ-グ009的発想。空が飛べる、泳ぎが上手い、ロケットを放つ、超能力、
早く動ける、火を吐く・・・・とね。それが個性。

勿論、話だけしたとしてもそれでは理論だけになる。知識で生きるならそれで良いが、
知恵で生きなきゃならないのだから、話す内容は全部質疑応答となる。

だとしたら・・・?だとしたら・・・?の繰り返し。それをモザイクをやりながら、
ずっと繰り返す。これは中々難しいし、やった事の無い人には辛い・・・・

これがいかに大変か?は俺が十分に判っている。ストリ-トもしていたしね。
先に進みたいのに話掛けられる・・・時に邪魔になる。しかしね、その繰り返しが

お教室を手伝うのに役立つ。生徒さんは先生の時間の取り合いになる事もある。
あっちからもこっちからも話掛けられる。教えている最中も・・・・

それをやりながら対応するには切る事に困らない前提の上に成り立つもの。

こんな事を踏まえると、オ-ドリ-の進行度合いから伺えるものはペ-スの速さ。
初めての1cm作品なのだから、そんなに進むはずも無い・・・と思いきやこれ・・・

相当な時間を割いている・・・。不慣れなはずなのに・・・ここまでは上々。

こうなるともっとハ-ドルを上げるのか?いやもう1つ1cmの作品を観るのか?と
教える側にプレッシャ-が掛かる。ん・・・どうするかな・・・?

この位の事が出来るようになると、人の作品を観ても批評、評価が非常に適切に出来る
ようなる。ブログに出て来る作品のどこが上手くてどこが自分とは違うかなど・・・ね。

眼がこえて来る・・・とでも言うのかな。

この作品は1cmに慣れるが課題だから、色々な形にこだわって作る。が目的だから、
これはこれで良い。しかし速さが次なるデザインや構想を立てなきゃならなくなるのは、

余りにも面倒過ぎる。そこで次なる作品は半年くらい掛かるであろう作品にしよう。と
言う話だけはした。

俺とこんなやり取りをモザイクしながら10時間近くやるのは疲れるだろうな・・・・
上手くなるって大変だわ・・・・これだけ努力しているのだから、結果を出して上げられるように引き出す教え方しないとな・・・・と思う。

その横で作品作り・・・・それがこれ。


後はティ-ア-トさんのタイル待ち。それで完成。


コメント   トラックバック (1)

ユニディへ教室下地を作りに行く・・2日目

2009-07-25 01:01:34 | 世界遺産をみんなでつくろ!
まずアトリエに行き、ティ-ア-トさんに材料を注文。その足でユニディへ。
10時半到着。今日は、トリマ-で面を取った場所のペ-パ-掛けからスタ-ト。

ここは機械じゃ掛けられないから、手で仕上げる・・・・80枚。

いくらかやったかな・・・って時に外に出るとレジで、おぉぉぉって出くわしたのは
す-さんの弟。何やってんの?Katsuちゃん・・・ここで教室やるのね。

今はその下地作り・・・って言うと邪魔しに行くかなぁ・・って言われたので、
とっとと帰んなっ・・・ってあはははは。

昼をいくらか回った頃にやっと終わると、電話が入る・・・あっ角嶋の親父だ。

おい、Katsuお前何処にいるんだ?ユニディ・・・何時までいる?閉店まで・・・えっ?
昨日もだよ・・・じゃ顔出すわっ・・・って。

やっとペンキまでこぎつけたので、ペンキのコ-ナ-に着いた頃に、角嶋の親父・・・
えぇぇもう来たの? おぉやってんな・・・こりゃ大変だなぁ・・・って。

そりゃ大工さん・・・この大変さは良く判るはず・・・・

何やっても、俺がやる事に楽なんか無いのは一番良く知ってんでしょ・・・ねぇ・・・
返す言葉なんかあるはずも無く、オ-ドリ-じゃないが・・・あはははは。

じゃ頑張ってなっ・・・じゃあねぇ・・・と判れてペンキ塗り。

頑張ったんだけれどね・・・・80枚塗って9時・・・・それからアトリエに戻って
画びょうにタイルを張る事160個・・・・今日はそれで終わり・・・・
コメント

ユニディに下地つくりに行く

2009-07-24 01:07:06 | 世界遺産をみんなでつくろ!
午前中は地デジに対応する為に何だか室内点検だかがあって、自宅待機・・・・
昼食抜きでユニディへ12時半に到着。

千鳥町店・・・そうね、車で10分.15分って所かな?事前に報告してあったから、
素早い対応して頂いたので、すんなりスタ-ト。

けれどね・・・40枚作るって事は、80枚切らなければならない・・・・

そんな中、加工場の担当の人がシリマ-を持って来てくれて、これ使って縁取りやったら
・・・・?って置いて行ってくれたのだけれど・・・・

80枚切るだけでもかなり時間が掛かる・・・と思っていた矢先・・・きついなっ・・・
が正直な感想。だけど・・・・ひとまずやった様子・・・

まっそんな気持ちもすぐに吹っ飛んで、やる事にした・・・・

きつかった・・・正直・・・9時半終了。明日はペンキ塗り・・・・
コメント

みどりさん教室とシドさんの花台のモザイク

2009-07-23 03:43:07 | 世界遺産をみんなでつくろ!
ここの所の教室の皆さんが自宅で進めている事が作品のグレ-ドを間違いなく
上げているのは誰が見ても判るはず。

そんな中、みどりさんはここでしかやらない人である。しかしどうだろうか?
みんなとそんなに見劣りするような事があるだろうか?

まずはそうならないように、下絵の大きさをみんなよりもかなり拡大した。
みんなのは2.3倍くらいとするなら、みどりさんのは煙草の2倍くらいの絵を

60cmくらいにしてある。それによって1つ1つのパ-ツが大きくなり、作りやすく
なるのである。だから、人さえ乗り切れば、ほぼ何とかなるのである。

勿論、ブログを読んで下さっているから、知らず知らず多少なりともプレッシャ-が
掛かったりしているかも知れない・・・・そこで今日は人の足に行かずに、

クラッシュのみでバックを進めた。するとどうだろうか?今までの進行度合いと今日は
明らかに進んだと思う。この説明はもういらないね・・・

そう、慣れもあるがやはりクラッシュって言うのは基本中の基本。これがしっかり
出来るようになると、こうやって進める時に効果的なのである。

しかも良く観て欲しいのは、人のパンツのクラッシュよりもバックのパ-ツは全く
比べる必要も無いくらいピッタリに目地を開けずに張っている。

目地が無いのが良いとは言わないが、難易度としては目地無しはかなり面倒。
それでいて、進行度合いも良いのだから、月に1.2度でもここまで出来るようになる。

そんな証明作品でもある。

この作品を完成させるんだ・・・って気持ちがこうさせているとも言えよう。
常に言っている人と比べるのでは無く、自分の気持ちが切れないようにする事は、

とても重要なのである。だからこうやって長期構想ってスタイルもその人のやり方で
あって、何ら問題が無いのである。

コツコツやって行けば、必ず終わりが来る・・・それを守れば良いだけ。

そう言う点では、この作品も中々大作になるだろう。

それともう1つ明らかに言えるのは、体験教室として1回経験値をあげてからの、
2作目である事。ここも非常に重要。それがあるなしでは雲泥の差になる事もある。

ものつくりって誠に正直だから・・・・

ゆっくり見守ろうと思う・・・小さなサグラダファミリアでも観るように・・・ね。

そんな中、俺は・・・


こんな感じ。そんな中にみどりさんにこんな事を言われる。根気強いだの辛抱強いだの
・・・

そんねぇ、だからこんな話をした。アニメにはじめの一歩ってボクシングの話があるのね
・・・そんな中に、支える手って言うのが出て来るのね・・・

戦っている時に、心も体も折れそうになる時がある。しかし、己の後ろに支える手が
ある・・・って言うシ-ンが出て来るのね。

1人ならここまでか・・・と諦めるのも簡単だろうが、応援してくれる手がある以上、
やり遂げなければならないし、負けてはいけないのである・・・

たとえ倒れても何度でも立ち上がり、もう駄目だ・・・なんて気持ちを断ち切らねば
ならない。そんな気持ちに弱くなった時に後ろ盾する見えない手が何本も支えてくれる。

そんな手をこんな俺でも何本も持っていると言う事。しかもその中の2本は弟子。
そんな強靭な2本の手は俺に絶対に倒れない支えになる。

やれ腕だのテクニックだのなんてみみっちぃもんなんかじゃない。
もし俺に自信なんてものがあるとしたら、間違いなくこの2本と、まだまだ他にも

何本かの手に支えられている・・・これが確かなる自信なのかな?と言った。

実はラストのヤモリにもそんな思いが入っている。何故ヤモリが自分のシッポをかんで
いるのか?どうしてシッポがバラになっているのか?どうしてバラを赤くしたいか?

作家とは?作品とは?と問われると、身を削って生み出したものなのである。
だからシッポを喰いちぎった・・・そんな比喩。

しかしまだくっついているからうっ血した・・・そんなイメ-ジ。

しかもね、その花でおびき寄せる・・・・見えづらい中でそっと・・・・獲物を待つ。
でもね、ととかげみたいなもんで、ちぎってもまた生えて来る・・・作品みたいにね。

それと、もう1つ。確かにシドさんの依頼でヤモリも作った訳だけれど、一般的に
ヤモリなんて生き物はあまり女の人受けするようなものじゃない・・・・

だから、この作品にはいらなかったんじゃないの?なんて事を言われるかも知れない。
それなら、そんなうわべ意見に迷わされなくても良いが、人は時に迷ったり、

きまぐれ・・・だったり、思いつきだったり・・・なんて事もありえる・・・・

それも踏まえて、だからこそ判る人だけに見える様に作る意味があった。
今の所、申し分ない状況になっていると思う。
コメント

ユ-ミン教室とシドさんの花台のモザイクバック突入

2009-07-21 23:18:57 | 世界遺産をみんなでつくろ!
まずは下絵をよぉぉく憶えて欲しいのね・・・・後半にモザイク画像が出て来るから。



まっユ-ミンは午後なので、当然シドさんの花台のモザイク・・・ヤモリはその時点で
かなり完成に近かった・・・・

そんな中、ユ-ミンがやって来る。おぉやってあるじゃん。こんな風に前回教えた事が
お餅つきのように、こねては打つ、こねては打つ・・・ってアトリエと自宅で、

交互にやれば、当然結果はこうなる。見事としか言えない・・・がしかし、出来れば
ユ-ミンにとって第三者の評価も欲しい・・・と思っていた。

ちょうど、かぐやと話していた矢先にやって来たから、じゃあね・・・と電話を切ると
かぐやさんですか?と聞かれた。おっ、ブログ読んでくれているんだね。と言うと

かなり詳しい。それなら・・・ともう一度かぐやに電話をする。
あれ?教室じゃ・・・?と言うかぐやに、批評してやってくれよ・・・と頼んだ。

すると、凄いよね・・・うろこの形で切ってあるとか、下絵の構図が良いとか、
丁寧にきってあるとか、経験者ならでは・・・って批評をしてくれた。

ほらね。だから言ったろっ?今の所の出来は最高だから。全く問題無し。
これからも今まで通りで大丈夫。

すると、照れくさそうに有難うございます・・・と電話を切った後、あっそうだ・・・
キウイが俺のDVD焼いてくれたよ・・・とお礼の電話を掛ける。

こう言うのって自信になる。だってブログを観てくれているから、かぐやとさくらが
弟子なのも知っているし、キウイはガラスタイル切ってて上手い・・・って知っている。

そう言う自分が上手いと思っている人達に誉められる・・・これは自信になる。

そんなこんなでスタ-ト。1匹目はタイルが足らなくて顔が少し出来なかったらしいので
そこをひとまずやってもらって、後は自分で出来るよな?と2匹目に・・・

2時間を少し回る頃に、いくらか疲れかな?と思う節もあったが、クラッシュに切り替え
何とか4時間持った。今日、うころは後半ではあまりにきついだろうから・・・

ここまで完成度が良いと無理をさせてグレ-ドを落とす訳には行かないものねぇ。
それにしても、ここまでは完璧。

その後、作品作りに戻る。ここからヤモリを緑のガラスタイルで消して行く・・・・
その時、大事なのはバラ・・・本当は赤のバラにしたいのだけれど、シドさんがあまり

好きじゃないのね。やはりここはピンクのガラスタイルにするべきか?それとも相談して
みるか?と悩む・・・相談するにも、自分の気持ちを整理してからで無いと、

伝えたい事も伝わらない。本当に赤にしたいのか?否か?もう少し様子を見てから・・・
と先送りにする事にした。

いずれにせよ、それだけ決まればもう時間が解決する所まで来た・・・とうとう。
長かったな・・・ってまだもう一箇所悩み事があったんだっけ・・・

3つの絵の周りにラストの縁取りがあったんだっけ・・・これについてはティ-ア-トで
注文しないとならないんだけれど、まだ色が決めかねていたんだっけ・・・

そろそろ注文しないとなっ。

コメント