katsuまるはだかぁ 芸術家への道

モザイクアート一直線のkatsuの日記

アクアリウムバス・・浅草にて

2019-08-12 01:41:15 | イベント
今日は恒例のアクアリウムバス。今回はみどりにかるびにお姉ちゃん夫婦にさくらの6人で参加となったが、新規のピンクのTシャツで6人・・・結構目立っていて、宣伝効果としては中々の威力だったのね・・・何しろ会場で何処にいるのか?も判りやすかったし。

そんな中、準備も余裕を持って終わり、常連の方にもご挨拶もして・・・すると、明日誕生日だから・・・とさくらにはこれ。

お姉ちゃんには


メッセージ付きどら焼きに金魚のお煎餅。その他にも別にかるびにも貰っちゃって・・・・照れ臭いスタートとなったのね。



かなりの来場者で、結果から言うと58人。大健闘だったと思うのね。内容はと言うと、ハリネズミにレオパは鉄板だったけれど、ガーもかなりの人気で、そうかと思うと残り1点の下地のようなものも満遍なく出て、正直何を用意すれば良いのか?全く判らない・・・って感じだったのね。

しかもいつもと違って、満遍なくずっと空席の時間帯が無く、片寄りのような時間帯が無く、そんな事もあってなのか?とても賑わっている感じだったのね・・・ただそうなると俺は目地に専念しないとならず、お客さんとの生の声からは離れてしまうから、現場の雰囲気はみんなの話で

聞く事になったりして・・・例えば英語を話すお客さんの対応にお姉ちゃんの旦那さんが付いてくれた話や、常連さんからの差し入れだったり・・・イベントの問い合わせの話だったり、しばらく振りの金魚がらみのご夫婦だったり、直接お会いしても、ながらの対応になり・・・・

いずれにせよ、何とかかんとか無事終わったのね。そんな中、恒例のビンゴ・・・何しろこのブースのビンゴの景品取得率の高さはアクアリウムバスでは随一って言っても過言では無い位なのね・・・では今日は?


かるびのお姉ちゃんが何と9個の数字の発表で4個当たって最短のビンゴ・・・当然選ぶのはランドのペア券。見事だったのね。始まってすぐだったんで、場内がドヨォォォンって感じになったけれど、こんなの見た事無いのね・・・5個しか空いていないビンゴ。

唯一の楽しみなのね・・・ここでの。だから、こうして誰かが貰えると何よりなのね。


開催中の画像が無く、全部準備の時の画像です。

コープみらいカルチャー東京の準備とアクアリウムバスの下地

2019-08-02 05:33:07 | イベント
今日は朝から俺はアクアリウムバスの下地の続きで、かぐやは明日のコープみらいカルチャー東京の準備。その後は昼にリバティさんの奥さんに地元でランチをご馳走になり、戻って続き・・・そして積み込み。たったこれだけでも1日おしまい・・・時間が経つのが早くて・・・。

あっと言う間に8月になったのね。この調子では本当に駆け足の夏になりそうなのね・・・

コジマルシェとレゴ教室

2019-07-21 06:20:32 | イベント
今日はみどりと地元江戸川区の葛西でコジマルシェと言うフリマに参加。ワークショップと販売なんだけれど、片付けまではいられず、その前に帰ってその後は、レゴ教室・・・中々キッチリの予定なのね。そんな訳で地元とは言え、駐車場の確保って事を考えると不安だったので7時半出発。

当然、地元なんで20分もあればおつりの来るような近さ・・・・簡単に駐車場も確保出来て・・・支度もスムーズに。そんな訳でこうなる。


後は心配は天気だったんだけれど、途中パラパラと何度かあったけれど、特に問題無く終われたのね。


金魚祭りがすぐそこで行われている事もあり、金魚押しで用意したものの、ワークショップだけ見てもある意味無敵なのは、どこの会場でもハリネズミが多いのね。ただやはり金魚祭りを目当てな方もいらっしゃるから、中にはオランダ獅子頭あります?って品種を聞かれたりして・・・・。

そもそも一般の人では、金魚と言えば出目金と赤いの・・・って言う言い方だったり、琉金と和金の違いのように、太っちょとフナみたいな違いを表現したり、更に言えば高級金魚の名前はランチュウ・・・って感じだろうが、流石にいらした中には、竜眼やら蝶尾、ピンポンパールと金魚好きならではの、

品種を知っていたりして・・・そんな中、あっこれやった事ある・・・って言うお客さんがいて、どうやらニクオンでやって頂いたようで。かと思うと、楽しかった・・・なんて話から、江東区の公民館の話や、浅草のアクアリウムバスの話をすると、あっ似たような場所に行った事があるって・・・。

よくよく聞くと、池袋の東レプって爬虫類のイベントで、以前びれっじさんのご厚意で展示販売させて貰った場所。それはそれは本気の人ばかりの所。ただ話を聞いているのは、お母さんと娘さんの2人・・・好きなの?って聞くと、首にヘビ巻いたぁ・・・って楽しそうに言うのね。恐るべし・・・。

最近良く聞くし、何度かそんなシーンを見た事もあるのね・・・さてそんなこんなで時間も来たしって頃に、かるびが片付けの為に入れ替わり。俺は戻ってレゴ教室。それが自宅での宿題がやってあったんだけれど、色間違い・・・50枚位剥がす事になった・・・。


ただそれでも順調に進みつつあるし、モチーフとして選んでいるものも、特に難しさを大きく感じるものでは無いのね。ただ、ただなのね。って事は終わり方を緩くすれば、簡単に終わるんだけれど、それをひとひねりしたいのなら、いかに比喩を使って情緒を出すか?になる。

例えば、そっくりにバラを作る・・・確かにモザイクにすれば、絵で描くよりハードルは上がる。けれど、そこそこバラに見えるのなら、そのバラはどんな感じ?・・・喜怒哀楽を付け、下を向くと悲しい・・・とか、上を向くと元気とか、エンジを入れると年配とか、真っ赤で生き生きとか・・・

何しろそう感じる・・・って事を拾い集めて、バラを作っているのに、そのバラがバラでは無いものに見えるように出来ると、比喩が成立する。古文で習った、読んで字のごとく・・・のままなら、それはそれだが、愛しの君への文章にするのも、比喩を使った伝え方・・・。それが情緒。

そもそもモザイクとして切る張る似せるだけでも、確かに難しい事なのね。しかも50時間も・・・って言う言い方もあるが、それは制作時間の話であり、実労働みたいな話で、構想って言うのは、大抵の場合、構想何年、制作何年って言う場合、構想は果てしない時間だったりする。

つまり考える、悩む時間の方が長いって事なのね・・・手を動かす事も大事なんだけれど、頭を使って考える・・・構想って部分には腕もセンスもテクニックもいらないのね。そんな思いを作りたい・・・ってだけなのだから。それを、これを作りたい・・・では、そっくりに作りたいだけになる。

ただそれには似せる為の腕が必要になるから、技術が必要になる。けれどもし、そこそこ似ているように作れたのなら、そこに考える、自分の思い、構想なんて自由な発想を入れられたとしたら?・・・それがオリジナルの近道だったりするんじゃないのかな?・・・と伝えたのね。

それでも恐らくレゴには余裕があるはず。って教室の後は、明日の準備をしたら疲れちゃって・・・今日はおしまい。

なかがわ水遊園2日間終了

2019-07-16 07:57:09 | イベント
なかがわ水遊園のイベント2日間を終えて帰宅。何しろ初日の雨の話は前日軽く触れたけれど、まぁそれでも何とか雨の中逃げ切った感じがあり・・・それは何よりまずは作品紹介、1日目。

どれもこれもいつものように楽しんで頂けているようで、きっとそれも伝わると思うんだけれど、こうして見るとやはりここでもレオパが人気のようで、やっている時はバタバタしていて気が付かなかったけれど、こんなに人気だったとは・・・ここにちなんで淡水魚を用意したんだけれどね・・・

そして2日目は曇天。何しろ雨が降らないと余計な手間は省けるし、お客さんにも影響するだろうし、さていかがなものか?と始まると・・・

今度は何処でも人気のハリネズミ・・・正直何がどうしてなのか?全く読めない展開・・・一応用意して行く側としては、こんなのはどうかな?と思って用意して行くんだけれど・・・こんなに偏るのかぁ・・・ただ、読めないながらも3人で話すと、前日は遠方からいらした方が多かったが、今日は

割と近隣の方が多かった感じもしたのね。そんな中、昨日は関西からいらしたって方がいて、アクアリウムバスにも来るらしい熱心な話を聞いたり、かぐやが対応した人の中にタイル屋さんがいて、あっこのタイル、家にもある・・・こうして使えば良いのかぁ・・・って言ってたらしいのね。

そうね、ただ張るだけのアイデアは簡単に真似出来るし、それが販売品となるとタイルを張るプロなら簡単に出来る訳で。そうなるとそれはそれで、逆に腕を見せるには凝らないと、中々技術は見せられなかったりもするのね。ただこう言う声は大事で外に出たから聞ける意見で、アトリエの中では、

聞ける話では無く、雨だから・・・とか、まさかの関西から?とか、タイル屋さんと会うとか・・・思い込んだり、固定観念とか、普通とか、そう考えているのは自分であって、ふたを開けて見ないと判らない事ばかり。全てがやって見ないと判らない事なんだけれど・・・。

これが読めるようになると、有難い話なんだけれど、案外次のアクアリウムバスなんかで、新作の淡水魚が人気になったりして・・・。それと気が付いたのは生体としてのメダカは何処も大人気だったけれど、俺の所では1つも出なかったのね。勿論小さい事が魅力の1つなのに、モザイクにすると、

必然的に小魚みたいになってしまう事からも作っていて難しいかなぁ・・・と思いながら作っていたんだけれど。逆に金魚ありますか?とこんなに金魚が人気あるのか?・・・みたいに、久し振りに金魚の下地を持って行ったんだけれど、また追加して見ようかな?って気持ちにもなったりして・・・。

あっそうそう、中には何人も昔やった・・・って以前作ったものを今も付けていて見せてくれた人もいたのね。まぁ有難い話で、こっちが恐縮してしまうような・・・。嬉しかったりして・・・・。

そんなこんなで2日間を終える事になったんだけれど、曇天の今日も小雨の昨日でも、ほとんどお客さんの人数は変わらず、雨も関係無いのかぁと、ただ驚くばかり・・・何しろ色んな勉強をさせて貰った2日間だったのね。そんな中、仕事では無い話として・・・


帰り際に見た街並みに屋号の看板が統一されていて、凄く素敵だった事・・・こんなものが両サイドにずぅぅぅと続くのね。それと単なる地名なんだけれど・・・


さくら・・・って。弟子の名前発見。それと・・・

多分、那須与一・・・。そんな事を気にしながら帰る道中、与一って名前があっちこっちに出て来て・・・判らないながら、那須の与一?って事?とか、何かそんな事を言いつつ帰宅・・・。渋滞も無く3時間弱の旅・・・また来たらやって見たい・・・ってお客さんの声や、声を掛けて下さった、

アクアリウムバスの主催者さんのワークショップがあると場所が華やかになる・・・って言う声には、別の意味でのねぎらいにも思えて、励みになったりして・・・いずれにせよ、何とか無事に終えられたのね。


なかがわ水遊園にてワークショップ

2019-07-15 06:37:13 | イベント
今日はかぐやとみどり一緒に、栃木のなかがわ水遊園でワークショップ。朝4時出発となったんだけど、何しろ土砂降り。行く前から不安いっぱい。そんな状況が埼玉に入っても続き、そもそも車から降りられるの?って感じだったが、栃木に着くと小雨になって、何とか荷降ろしは出来たんだけど、その後も降ったり止んだり。でもそれが来場のお客さんは割りと多く、そんな中で30人弱なら大健闘だったと思うのね。ひとまずタブレットなんで報告だけ。


下地と販売用小物作り

2019-07-08 01:59:24 | イベント
今日はかぐやと夏休みの子供教室分の下地のペンキ塗りから始まって、販売用小物作りの為の買い物をして・・・更にその足で地元江戸川で金魚祭りの日に開催されるコジマルシェってワークショップや小物販売ってものがあったり、なかがわ水遊園だったり、色々と今後も販売用の小物作品は必要なんで、

かぐやがいる内に・・・って事もあって、今日はそんな事三昧の日として予定に入れてあったのね。そんな中、こんなのを作ったのね。

ほぼ素材の良さのみ。このタイルを見つけた時にかぐやと意見が一緒だったんで、こんな仕上がりになったんだけれど、割と良い出来になったと思うんだけれど・・・。更にこんな感じな事が出来るアイアンフックとか買ったんで、火曜日にでも続きをやるとして・・・

って、最後はコーナンでコジマルシェ、なかがわ水遊園やアクアリウムバスの兼用下地作り・・・。
久し振りの金魚下地・・・ヒレを改良したんで、体験時間の短縮に繋がると思うのね・・・見栄えも悪く無いし・・・



なかがわ水遊園用下地作り

2019-06-21 01:23:41 | イベント
今日は朝からかぐやとスケジュール確認から。私1つ受けました・・・俺も・・・いつ?なんてやり取り。もうほぼ7月はお陰様で予定がいっぱいな所に、午前午後の2マスにしてやりくりしているんだけれど・・・。それも何処までデキるんだか・・・。何しろ受けたら下地が必要になるけれど、いつ作る?

ってな具合になりつつあって・・・そんな中、今日と明日の2日間は下地強化デー・・・何しろひたすら彫る。って事でここまで彫れたんだけれど・・・
後2枚残しで彫るのは終了となり、今度は室内でデイ・サービスのトレイの穴開けと下地材塗り。

更に深夜のニス塗り・・・そんな中、夕方みどりとワンちゃんが週末にフリマに参加する事になっているんで、その支度にやって来たのね。ちっとも構う時間も無く落ち着いて話も出来なかったんだけれど・・・何しろ余裕が無くて・・・。何しろ下地が落ち着かないと、気忙しいのでね。

そんなこんなで気が付いたら1時近かったので慌てて帰宅。

新田6号公園フリーマーケットとご新規中学生の相談日

2019-06-17 06:34:46 | イベント
今日は2時頃まではみどりと地元江戸川の新田6号公園でのフリマに参加。それが3時からご新規中学生の相談があるので、最後の片付けを出来ないから、車2台で向わないとならず、しかも車出展なんでみどりは現地に、俺は一般駐車場を探して合流となり、じゃ駐車場に入れて来るね・・とここまでは順調

だったのね。しかもここは江戸川球場、競技場、公園・・・ビックリするほど広い敷地で、大体あそこら辺だったな・・・と目星を付けて離れたつもりだったのね。だからこうして道すがらブログネタを探しつつ・・・


公園のトイレにモザイク発見とか、これがトレイに使っているアカシヤの木なんだぁ・・・・


とか、あくまで道すがらの話のつもりが、思った景色が出て来ない。すると、みどりから催促の電話・・・どうやら迷子になったみたい・・・そんなこんなで地元の人に聞きつつ到着すると、代表の方が入り口にいて、あれ?katsuさん忙しかったんじゃないですか?って・・・午前中が空いたんで・・・。

そんなご挨拶をすると、芝生の方にお弟子さんいらっしゃいますよ・・・って言われた通りに行くと発見。

本来、テントの時に手伝いたかったのに、親切な叔父さんが手伝ってくれたとの事。そんなこんなで設営も終わり・・・昨日とは打って変わって天気も良く、しかも大きくも小さくも特に変わった事も無く、無事に終えたんだけれど、そんな中、みどりの友達夫婦が見えたりして・・・。

ただこう言うのは布教活動みたいな話なんで、繰り返す事で認知されるものだったりして・・・名刺を持って行かれた方がそれからどうするか?はここに持って来た作品が全てでは無くて、建築を頼まれるも良し、イベント、教室、依頼作品・・・何でもござれって話だから、単なる販売では無く営業。

だからいかに目に付くか?なんだけれど、1日いるなら湯婆婆を持って行ったんだけれど、あれ重いし車に乗せるのも簡単じゃないのね・・・。そんなこんなで時間が来たので送迎・・・ってな訳で、今度はご新規中学生の相談・・・もうね、そう言う事ですよ・・・労作展。

こちらはいつものような説明。何を作るのか?それだとどんな大きさなら作れるだろうか?そしたらどれだけ時間が掛かるだろうか?そしてその時間は多分この位は掛かって・・・みたいな事で。それと労作展である・・・って事。物事って何でも常識みたいなものがあったりするのね。

例えば小学生の夏休みの宿題・・・例えば絵だったら?どんな大きさが適切だろうか?となったら、迷わず画用紙サイズ。俺もそれで良いと思うのね。ただこれを中学生の夏休みの・・・に変えた時、果たして同じ大きさで良いか?となると、ちょっと大きくしようかな?なんて意見も増えて来たりするかもね。

それに加えて慶應だよ、労作展だよ・・となると、やはり見栄えがかなり重要視って気分にさせられるのね。勿論、絵じゃないから当然モザイクは自然と大きめになってしまうんだけれどね。けれど、正直常識範囲って事になると、通って来る訳だから持ち運びとか・・・みたいな事も気になるから

なるべく小さめにしてあげたいけれど、モチーフ次第なんだけれど、どうにもならないだろうな・・・全く小さくする要素が見つからないってね。そんな事もあったりする。しかも初見でどうすれば良いのか?のアドバイスなんだから、結構こっちも大変なのね。

そんな中、みどりが終わってやって来た途端、モチーフの画像を見るなり・・・これやるんですか?そうね、かなり大変な事に気が付いたのね。しかもこのパーツを何十個も繰り返すんでしょ?・・・そうね、今説明した事の復唱・・・ほらね。上手い人はすぐに気が付いちゃうのね。

何が難しい、何が大変、これをどの位の大きさの下地でやるのか?どんな方法があるのか?素材は何にするのか?・・・瞬時に判るものだったりするのね。すると、今の相談をまるで聞いてたようだったので、やっぱりなのかぁ・・・と思っただろうね。そんな事になるのか?ってね。

いずれにせよ、時間の確保だけあれば、後は大きささえ間違いが無ければ、何とかなると思うのね・・・これで労作展4人目となったのね。そしてまた今年も夏が近づいて来た感じなのね・・・。


イベントのエントリー用のサンプルとノアさんの依頼作品

2019-06-04 06:07:26 | イベント
今日は締め切りが迫っているイベントのエントリー用サンプル作り・・・既に送ってあるのだけれど、まだ決まっていないらしく、他のモノも提出って事らしく・・・ここ数日考えていて、ガイコツの海賊にしようかな?って感じでいたんだけれど、昨晩帰り際に最後に描いた絵がアノマロカリス。

カンブリア紀の古代海洋生物ってもので、小学生には知名度は高い。正直どちらを選んでも楽な下地では無いので、余り変わらなかったが、広告に載った時にガイコツの海賊作り・・・と、アノマロちゃん作りでは、主催者側を考えると、アノマロかなぁ・・・って思ったのね。そんな訳でサンプル作り。

その後は、びれっじさん、そしてリバティさんと立て続けに電話があって、こちらもびれっじさんはイベント依頼の話で、リバティさんは先日の話では無く別件の仕事の話・・・・そんな中、見積もりを頼んでいたタイルの商社さんから、受注発注の商品で厳しいって返答が来て・・・他の商品探しになり、

色々とまたカタログを見る事になったのだけれど・・・そもそもが時代の流れを逆行するような棟梁の玄関。何しろPL法って言うルールが出来てから、滑ったり転んだりしたら施工の責任ね・・・って事にナーバスになったから、床のタイルはデコボコな面になったのね。更に形の流行りは大きくなってる。

昔は寸法がcmでは無くて、尺で家を建てた事もあり、タイルの大きさも通称サブロクって108mmの大きさだったのね。けれど時代がcmになると100mmになり、それが150、300mmと一般家庭でも大きくなって来たのね。しかも毎日掃除なんてしないでしょ?玄関なんて・・ね。だから、汚れが目立たないような

ベージュとかグレーとかそんなタイルが多いのね。そんな中でも、わずかながら色の豊富なタイルもあるにはあるんだけれど、当然玄関なんかに使うものでは無いし、それでもそのままの大きさで使う訳じゃないので、何とかセーフかな?って中、受注生産って言うものがあって・・・。

ただ当然受注生産なんてタイルは300㎡以上とか、家1軒分の量だったりするのね。しかも1色で・・・けれどね、既に作った在庫なんてあったら良いな?で探して貰ったんだけれど・・・無かったって事で変更する事になり、さてどうしようか?・・・って事になったって話。何しろそもそもが有り得ない話で

こんな事に付き合ってくれる会社さんは有り得ないのね。何しろ単なる一般家庭の玄関の話なのだから。しかもそもそも問屋さん抜きで普通は話せないものであって、俺程度の規模では、問屋さんに無いです、無理です、で終了の話。けれど、いつでも対応して下さるからの話で・・・。

いずれにせよ、全てのお話が終わる頃にはあっと言う間に夕方・・・今から何かとなれば、何とかしないとならないノアさんの依頼作品・・・中央の闘牛士の服の部分はもう考えなくても進める所・・・ここは安全だから。ただ日にちが経っての見直しって言うのは良くも悪くも変わって来るもので・・・

こっちだったかな?・・・って、何か変更しようとしてしまう気持ちになる。ん・・・若干迷う・・・。

環境フェア2019リサイクルマーケットとリピーターさん教室と更に・・・

2019-06-02 02:07:24 | イベント
今日は色々満載なんだけれど、まずは朝はみどりと環境フェア2019の横でフリマって事で、7時に合流して設営。


そんな中、フリマの入り口に動物とふれあいコーナーなんかあって・・・


結構色んなのがいて、まさかのカピバラがこんな側で見られるとはね・・・それでは本題の雰囲気は・・・


って訳でお昼まではここにいて、俺と入れ替わるように、かるびのお姉ちゃんが来てくれて、俺はリピーターさん教室。所が画像の撮り忘れしてしまったんだけれど、例の6角形のタイルでの作品の方。それは明日撮るとして、その後に更に今度はご新規中学生の相談・・・・。つまり労作展。

と言う訳で、明日お教室が正式に決定して・・・。1日やる事が目まぐるしくあったのね。