katsuまるはだかぁ 芸術家への道

モザイクアート一直線のkatsuの日記

すーさんの倉庫の片付けと・・・

2017-12-31 08:36:39 | 休み?
今日はすーさんに使わせて貰っている倉庫の片付け・・・って言っても凄く片付いたって訳じゃないけれど、ひとまず半日位はやって見ただけだけど・・・でもやらないよりは・・・って感じ。それと先日、さくらからお飾りも貰って飾ってあるから、これでひとまず

年内にやらなきゃ・・・って事は終了。そこで前々から気になっていた銘木の仕上げ方をググッて見たんだけれど、大家さんに相談すると、難しいとの事・・・じゃ何とか今よりも良く見える事が出来ないかな?・・・・とホームセンターへ。

そこで何個かまだ触った事の無い材料を買って・・・何個か試したのね。ただ何度か塗らないとならず、2回塗りで断念。一体どんな感じになるんだろうか?・・・こんな実験みたいな時間は、中々取れないから、これはこれで大事な時間なのね・・・。

上手く行くと良いんだけれど・・・。

キウイとデイ・サービスの出張

2017-12-30 04:34:39 | モザイク教室
今日は先日伺ったデイ・サービスの2回目。毎月第3月曜日が定期的に開催される事になったのだけれど、イレギュラーであるけれど、他の曜日には?と打診があって、ただ本来はキウイの予約が入っていたんだけれど、それなら同行って事で解決。

それが先日のワンちゃんからのご予約の時に単にキウイ教室なら相席で、2日間続けて来られるって事で済んだんだけれど、出張って事になると、流石にお教室は無理なんでお断りしてしまったんだけれど、何かなぁ・・・とは思っていたんだけれど・・・。

ただ、単にお教室となるとお断りとなるけれど、2日間続けて空いていたとするなら、お手伝いとして来て貰う・・・しかもキウイと会える・・・と色々と考えた時、ワンちゃん次第だけれど・・・と連絡すると、行きますぅ・・・って話になり、現地集合となる。

そんなこんなで、キウイとワンちゃんの3人で6人を見る・・・そんなお教室。ちなみに今日のご参加の年齢は70後半から90歳。


結果はこんな感じ。問題も特に無く、時間内に皆さん終わって・・・ただこっちサイドの話で言えば、ワンちゃんが高齢の方を1人見てくれたんだけれど、実に接し方が上手いのね・・・キウイも感じたようで、何か勉強になったのね。

逆にワンちゃんからは、キウイさんも先生もグルグル回って満遍なく・・・って、出張教室ってこんな事をしていたのか?って生で見せられたのは大きいし、実際体験したのも、台湾では得られない事で、何か感じたものがあれば何よりなのね。

逆にこっちとしては、キウイも感じたようだが、来て貰って助かりましたね・・・・って。全くなのね。本来7人であったが1人欠席だったんだけれど、確かに時間内に余裕を持って終わったけれど、単に時間な話では無くて、内容としてキツキツにならずに、慌てない

で済んだって事だったり、その上1人本来多かった事を考えると、保険以上の存在が余裕を生んだと思えるのね。それと、また1人ヘルパーさんが付いて下さったのも、一人っきりになる時間が短くなるので、困ってしまう事が無かったのも大きかったのね。

いずれにせよ、これで2回目。何と無くこんな感じの方々なんだな・・・って、何も知らずに伺った時よりは随分と落ち着いてたとは思うんだけれど・・・。ただね、相変わらず道を迷って・・・でも、どの道を迷っても、どれも何と無く迷って通った道で、

迷いながらも数分で見つかったので、次回は迷わずに到着出来そうなのね・・・こんな事と一緒で、続けていれば迷ってもきちんと学習するもんで、職人の時も、都内を一人で回れるようになったら1人前になっているよ・・・と言ってた職人さんがいた。

それを今も思っていて、続けていれば何でも向上する・・・そう思っている。ただ、今までの出張とデイ・サービスは終わった後の感じ方が全く違っていて、帰りに反省会とお疲れ様を踏まえて、お茶でも・・・と立ち寄ったが、その時にやはり2人も同じ事を

感じていたようで、1日目に俺が感じたような事が何であったか?を判ったみたいで・・・俺はその2回目なのね・・・と伝えたのね。来春、キウイも同行してくれる事になっているので、心強いのもあるが、同じ事を感じている事が意思の疎通。

それ1つあると、技術うんぬんよりも、伝わる事はアイコンタクトみたいな、言葉にしなくても伝えられる。何をして欲しいか?どうするのか?・・・言葉にしてしまうと、もし手の遅れている人がいたりした時に、本人や他の人に気が付かれると、めげたり、

何か急がなくちゃ・・・と慌てさせたりする事になっちゃうので、そこは非常に大事だったりする。流石にキウイは何度も一緒にやっているので、そこは手慣れているが、それ以上に環境自体が初めてなんで、果たしていつものキウイなのか?もあったりして、

・・・いずれにせよ、今後の事も踏まえた話も出来たし、ワンちゃんとキウイの時間も取れたし、無事に終わったし・・・そんな2回目だったのね。皆さんが完成したんで、飾って貰って良いお正月を迎えますように・・・と、そんなこんなの帰宅。


ワンちゃんとみどりとかるびの相席教室

2017-12-29 02:14:28 | モザイク教室
今日は年に1.2回、台湾からやって来るワンちゃんに、みどりとかるび親子の相席教室。そんな中、良く見ると椿の花がやってあって、雪もチラホラあったのね。そこでこんなアドバイスをしたのね。そもそも一体何が作りたいのか?となった時、椿じゃなくて、

寒椿じゃないのかな?って思うのね。だって雪がチラホラあったから。そうなると、絶対に雪が必要になるから、その時点で、ただ椿を作るんじゃなくて、冬の椿みたいな限定されていて、じゃどの位の雪が必要か?ってのが大事になって来ると思うのね。

ただ、ここが問題でチラホラ・・・つまりこの時点でワンちゃんは余り雪が多いのは嫌だ・・・って思っているのね。それについては確認もしたけれど、やはりそうだったのね。つまり椿が作りたいんじゃなくて、寒椿が作りたいのだから、雪は受け入れないと・・・

それを雪は入れなきゃ・・・と思っているから入れてあった・・・・こんな表現に当てはまる場合、やる前から入れたくない側に立っているから、そもそもが消極的に入れているだろうね・・・つまり椿を作って白いパーツを乗せた・・・って感じにね。

ほら、椿は椿に見せようと努力しているから、椿に見える方向に向かっているからこそ、結果も付いて来て申し分が無いでしょ?けれど、雪はそんなに作りたくない・・・だから椿のテンションでは無いから、雪をつくるって感じが椿よりも見劣りがするのね。

しかし寒椿は椿も雪も同等に主張しているもの・・・なのに作る前から比較にならないテンションの違い。ここを防ぐには、虎穴入らずんば虎児を得ず的発想で、寒椿を作りたいのなら雪を受け入れる姿勢になり、そっち側に立つ。

すると入れる側だから、入れなきゃ・・・じゃなくて、何処まで受け入れられるか?じゃなくて、入れる前提なのだから、どこが限界なのか?って気持ちになるでしょ?つまり心持ちが大きく変わる訳なのね。つまり入れたく無いと消極的になり、受け入れると大胆に。

と同じ入れるにしても結果は大きく変わって来るのね。ただ入れたくないな・・・って人が、急に入れようとしても、入れたくない前提だから、じゃ入れる・・・と急に反対勢力側についていきなり大胆に入れると思える?でしょ・・・無理なのよ所詮。

でもね、頑張って入れようとするでしょ?だって入れなきゃ・・・なのだから。つまり消極的な人が大胆になろうとしているだけなのね。つまりバランスとしては、その位の心持ちで丁度良いんじゃないの?最初から・・・って話なのね。

それが、きちんと出来た人は、白を入れれば良いんでしょ・・・じゃなくて、雪を作ろうとするのね。つまり椿を作ろうとして椿になった人よりもちょっと見劣りはしたとしても、きちんと雪を作ろうとするのね・・・だから寒椿になる。

けれど、受け入れないで上っ面の場合、入れたくない前提で入れなきゃの場合、椿は椿を作っていながら、雪は雪を作っている意識よりも入れたくない・・・が勝ってしまって、結局白い色を切って当てはめているだけになりがちなのね。

これで結果がどう出るのか?は見なくても判るのね。でもね、入れたくない人がそう簡単には変われないとしても、変わろうとすれば、意識の無い時よりはいくらかマシになる。そのいくらかマシの心持ちでやると、いくらか雪っぽくなるのね。

さぁこれでやっと椿のグレードに見合った雪らしきものが付いた・・・そうなると一転、結果が付いて来た事で、受け入れる姿勢が変わり、もっと入れよう・・・って確実に気持ちが変わって来るものでね・・・。

つまり受け入れた人には今度はストップの心持ちが必要になるのね。同じ人でも受け入れる前は背中を押すような指導になり、受け入れた様子から今度はストップの掛け方みたいな話になる・・・それはアクセルの踏み方を知らないからなのね。

受け入れなかった人はブレーキばかりを踏んでいたのね・・・だからアクセルの踏み方を知らない。こんな事が全てに置いて問われるもので、好きなものならアクセルのみで進もうとするから、辞め時を失いこれでもか・・・になりがち。

全てが同じ人なのに心持ち1つでこうも変わる・・・って話。これが作品は自分自身のからくりなのね。ただ流石にワンちゃんは弟子になりたい・・・って人だから、ブログを隅々まで読んでいるから、中々の受け入れ方だし、遠方でも指導を受けているように

・・・だから、きちんとチャレンジもして、きちんと空欄を作り、悩んだ場所がしっかり判るようにしてあって、行き過ぎも無ければ、何もしないって事も無く、短い時間でも大きく吸収する姿勢が整っているのね。それは1年に数回しか来られない・・・。

そんな気持ちはいつでも来れるって感じとは全く違うものなのね。それが定期的に来られるみどりなら月に3回とすれば、年間36回となるのだから、意味は全く違うから良い意味で余裕も出るし、悪い意味では慣れ合いにもなる。

それがかるびなら12回。三者三様なのね。そうね・・・薬の服用みたいなもんで、飲みなれないと効き目は歴然だし、飲み慣れればより強いものが欲しくなる・・・あははははは。まっ、いずれにせよ、上手くなりたいって思った瞬間、変わるのね。

服用の仕方がね。ただ良薬口に苦しとも言うから、俺が良薬かどうか?は別にして、少なくとも薬は甘くは無い・・・って話。


ただこうした事を踏まえて3人の作品を見比べた時、何も変わらないように見えたのなら、来られなくても十分ブログから読み取ってくれているから、指導が文字なのか?声なのか?の違いしか無いだろうね。ただコンサートとCDの違いはあるだろうけれどね。

それと生はアドリブ的なものもあるし、CDは聴き直しても同じ事の再生。そんな違いはある。いずれにせよ、そんな違いはあるにせよ、見劣りしない・・・って言うのは、気持ちに傷が付かないから、相席してもすんなりとなるけれど、場合に寄っては、

何回も来ててこれなの?って思われれば、成立しないし、たまになのにこんなに上手いの?って思われれば、それもまた成立しない。そう考えると、全く問題が無かったと思うし、当然ワンちゃんがこの3人の相席では時間を多く取る事になる・・・。

相席の場合、これがご理解されないと中々成立しないんで・・・そう言う点では、向き不向きもあったりするのね。確かに個人レッスンにしてあげたいとも思ったりもするのね・・・何せたまにだから。でも遠く離れて1人で作るのが普通なら、人と作るって、

経験はここでしか出来ない事でもあったりして・・・最初はそんな事を意識していたけれど、今は特に意識せずにどちらでもすんなり・・・これなら日程に余裕も出来るから、難しい事は無くなったりもして・・・どちらにも勉強になるのね。

そんなこんなで、これがアトリエの今年最後のお教室だったのね。まぁ、しかしどれもこれも見事な作品だったなのね。

キウイ教室と根付風味の小物

2017-12-28 07:43:33 | モザイク教室
今日はキウイ教室。ただどちらかと言うと、お教室色って言うよりも、アトリエに来るなり、根付風味の小物に一直線・・・。すると、これを購入したい・・・って事になり、あっと言う間にこんな事に・・・。


そんな中、ちょっとインスタに乗せても良いですか?って言うので、勿論・・・となり、このテディベアと、ベースとインパクトの3つを乗せたのね・・・すると、えっ?もう・・・・って位に早くも反応があって・・・・。


一体どんな感じになったと思う?・・・キウイはその反応にそれが1番なの?・・・って。それは電動工具のインパントが圧倒的に反応が多かったのね。要するにDIY女子って言う人達は、そんなに少なくないって事なんだと思うのね。

例えば、先日のドールだったり、アクアリウムバスのような爬虫類・・・どちらも知識が無いと、思い込みだけで、ドールは女の人、爬虫類は男の人って思ったりしがちだけれど、そんな事と同じで、電動工具が男の人とは限らないのね。

だから、俺はその3つなら、インパクトがもしかしたら1番人気があるような気がしたのね。何故なら、テディベアもベースもこれ以外の根付やらキーホルダーってありそうだけれど、インパクトは無さそうな気がしない?・・・。なのにDIY女子って言葉がある。

充分1番になる要素がある。勿論ベースだって、ちょっと前よりも女の子のバンドがアニメとかの影響もあって、増えたとは思うんだけれど、ただテデイベアは男の人にはほぼ縁がない気がするのね・・・。そうなると、前者の2つよりも若干見劣りする。

そんな予想をしていると、やはりダントツでインパクトが人気があって、ベースとテディベアの何倍も反応があったのね。そんな中、大家さんがやって来て、その話をすると、意外そうな表情で、そうなの?って。

いずれにせよ、人の趣味趣向ってのはそう簡単なもんじゃ無かったりするし、思い込みってのも余り当てにならないって話。そんな中、キウイ教室は今年最後だったんだけれど、まだ最後にデイ・サービスの手伝いもあるんで、まだ年末挨拶はまだなのね。

そんな訳で、今年最後のお教室はどちらかと言うと、この根付風味の小物販売の話の方が多かったのね。

急きょ班長教室

2017-12-27 07:13:31 | モザイク教室
今日は急きょ班長教室。確かにもう年末となると、予定とかあるだろうし、空いている時にしか来られないだろうから・・・とお受けする事になったのね。まぁ、来てしまえばやる事は、バックの模様の繰り返しだから、安定感もあるし、ただ時間の問題のみ。

来た分だけは間違いなく終わって行くのね。何だかんだ言っても、1度と休む事無く今年も12回・・・上手くなって当然だと思うのね。そんな中、まだ終わってはいないけれど、見事だと思うのね・・・何しろ男の人で継続するって言うのはね・・・。

しかもこのグレード・・・どう見ても趣味の域には見えない・・・本人も楽しみだろうけれど、教える側も、そしてここを覗くギャラリーも見逃せない・・・そんな作品の後半な感じがするのね。

そんなお教室の後、夕方からタピオカ親子と一緒にキウイ邸で恒例のクリスマスパーティにお呼ばれ。何年も伺うと、いつしか子供達が大人になってて、キウイの上の娘はお酒を飲める歳になって・・・乾杯なんかすると、ちょっと嬉しいやら恥ずかしいやら・・・

そして、若干悲しさも・・・子供の頃って無邪気だったりして、何もかも可愛かったりして・・・それは飲み物をこぼしたってね。そもそもが夏休み以外に子供さんと触れるなんて機会は少ないし、みんな大人だから不思議な事は余り起こらない。

けれど、子供って何をするか判らないし、摩訶不思議な事が起こったりもする。それと何度も繰り返し会うと、著しい成長を見る事が出来るのね・・・それだけでも戸惑うのに、一緒にお酒って・・・こんな事が普通に生きていたら・・・あったんだなぁ・・・って。

別に卑下した話じゃなくてね・・・昔ならこの楽しさが一人になって寂しいな・・・なんて感じた時期もあったりしたが、今は逆に俺に家族が無いから、こんな席にいられるんだよなぁ・・・なんて思ったりして。ただこれが楽しいだけにはならず・・・。

いつかこんな大人になっちゃったんだから、結婚とかして会えなくなるんだろうな・・・なんて思ったりして。もう現実に棟梁やみどりの子供も結婚なんて事になっているし・・・ただね、ここの2人は会った時から大人だったのね。

そう言う点では、育てた訳じゃないけれど、幼い頃から知っているんで、いかに大人になったか?ちょっと判るのね。多分、遠い親戚の叔父さんよりは詳しくね・・・そんな事を思う帰路は、慣れもあるが、いつものような寂しさも無く不思議にあっと言う間な感じが

したのね・・・何かさようなら・・・って覚悟の乾杯だったのかもね・・・そうね、彼女の問題じゃなくて、俺がきちんと結果を出せばいつでも会える・・・会いたいってのはこっちの都合であって、会いたいなって思う人になれば良い・・・ただそれだけ。

そんな中、タピオカの娘がニコニコ動画に詳しいらしく、そこで事務員Gって知ってる?って聞くと、katsuさん何で知ってるの?ってビックリするんで、こっちがそんなに知名度あったのかぁ?・・・と逆にビックリだったのね。

それはそれは昔、鴨川グランドホテルでピアノを弾いている彼の場所と俺の流しのお教室の場所が近かった事もあって、すぐに知り合いになり、毎年2回、夏と冬に行くようになると、奴は音楽だけじゃなくて、似顔絵も上手く描いて貰ったりもしたのね。

そんなきっかけもあって、かぐやと出会った幼稚園でピアノ演奏をして貰ったり、ビックサイトでのイベントでも弾いて貰ったのね。その時から、ピアノを弾きながらピアニカも同時演奏をしたりして・・・華やかだったからなぁ。

そんなこんな事があって、ただ鴨川に呼ばれなくなって疎遠になっていたんだけれど、何かテレビで奴らしき人が、事務員Gとして出ていて、パフォーマンスが一緒だったんで調べると・・・奴だったのね。あぁ有名になったんだな・・・とそこで知ったのね。

すると、ある時、メジャーデビューした・・・と知ったのね。そんな話をすると、まさかの知り合いに彼女はビックリ。まっ、お陰で会話に困る事は無かったのね・・・有難うGさん・・・って感じ。まっ、これが良い例で、いつかね・・・俺も・・・。

そんな夜だったのね・・・。

今日も根付風味の小物

2017-12-26 06:59:53 | モザイク作家
今日も根付風味の小物作り。これで60個位作った事になるのね。音楽用語だったり、コードだったり、ギターやベースだったり、そうかと思うと、毒キノコや毒ガエルとか、テディベアやら、英単語、シンプルにハートやクローバーに犬やら星座・・・。

作ったものを並べると、結構な種類と数にはなって来たし、下地の彫り方なども手際良くなって来て、ようやく作り慣れもして来た。
文字などを彫っても、このくらいの細さなら彫れるんだな・・・って確認も出来て、ある程度結果も予想出来る感じにはなったのね。

こうなると、ここから深追いして続けるか?もう良いんじゃないの?って分岐点みたいな感じになる。何しろここまで見せられると、仮に頼まれても、ある程度の対応は出来そうだし、木の種類も、硬さでこんな事が起きるなんて事も判ったんで彫り方も変えられるし、

木の値段の違いなんて言うのも、結構判るようにもなったんで、勉強になった。そんな中、続ければ当然上手くなるし、より精度を上げようとすれば、何処まで大きいものが根付として成立するか?なんて事になったりするだろうし・・・。

逆にこんな事も出来る・・・と見せられたのだから、もうこの辺で良いんじゃないの?って逆もあるだろうし、そうなると、もはやモチーフ次第で面白さは変わって来る気はするが・・・そんな事である程度、知識や知恵は付いたと思うのね。

後はこれをいつまで・・・の期限を付けるとすると、やっぱり年末年始のお教室が無い、みんなが休むお正月あいだ・・・そんな所だと思うのね。以前はこの期間を使って、穂竜って金魚だったり、ウミウシだったりしたんだけれど、当然の大作は時間が掛かり、

その期間を過ぎてもやっていたりして・・・ただ穂竜は行き先は無く単なるイベントの看板になっていたりしたが、ウミウシは鹿児島に行った・・・って経緯を考えると、結果が出て意味のある制作になった。じゃ今回は?・・・となると、辞めるのも簡単。

何せ小物は1つに掛かる時間が短いし、場所を取らないからストックしても邪魔にならないし・・・いずれにせよ、色々と使い道は考えているのね・・・・この大きさなら色んな展開があるはず・・・まっ、そんな訳でもうしばらく続くと思うのね。


東錦の表札の納品と根付風味の小物の続き

2017-12-25 01:04:14 | モザイク作家
今日はようやく東錦の表札の納品日。随分と前に完成はしてあったけれど、アクアリウムバスでご厚意で使わせて貰ったりして、営業活動に活躍して貰ったのね。そんな事もあっての今日だったのね。

そんな中、2度目なんで迷わずに到着して、ご挨拶をしてどうぞ・・・と言われるままに居間に行くと・・・あっ・・・


何と噂に聞いた産卵に向かっての居間に単管で水槽置き場。まぁ、こんなの見た事無いから、現物見ると凄いのね。ただちょっと羨ましいのね・・・ここまで凄く無くても良いから欲しいな・・・って思ったりして。

まっ、そんなこんな事よりもまずは取り付け。金具は用意して頂いていたので、お客さんと取り付けをするも、若干穴が合わずに、恐る恐る直しつつ、何とか完成。記念撮影もさせて頂いて・・・・。



ご家族もとても喜んで下さり・・・その顔を見て、良かった・・・とホッとしたのね。正直、頼まれたのだからご主人の評価は何とかなったとしても、ご家族の評価がその作品の本当の評価な気もしたりもするのね。だから笑顔を見てホッとするのね。

しかも、当然緊張感もあるから、取り付けた安ど感に、笑顔のホッとでは、何か急に疲れちゃってね・・・そんな中、奥さんの手作りのクリスマスパーティにお呼ばれして・・・ご馳走になったのね。もう何もかにも良かったのね。

そんなこんなで無事に終えて帰路となったが、このままアトリエに戻るのかぁ・・・と思うと、無事に終わったんだし、以前ならお金も貰ったんだから・・・と金魚屋さんに行ったりも出来たけれど、今そんな場所と言ったら?・・・・・もくもく館だけ。

そんな訳でその足でもくもく館へ・・・これで1時間はお休み出来るのね・・・そんなこんなでアトリエに戻って根付風味の小物。


少し溜まって来たのね・・・さてそろそろこれを何処で売るのか?どう展開させるか?って考えないと・・・・。って、そろそろ帰ろうかな・・・と思いきや、土砂降り・・・そんなら止むまで・・・と気が付くと12時近かったのね。頑張っちゃった・・・。


かるび教室の絵馬と根付風味の小物

2017-12-24 04:46:40 | モザイク教室
今日は午後からかるび1人の教室。いつもならみどりと一緒で車でやって来るんだけれど、日程が合わなくて・・・それじゃ1人で・・と、もしかしたら初めての単独の教室なんじゃないのかな?・・・そんな中、来年の犬の絵馬を2つ作るって事になっていたのね。

1つは結婚するお姉ちゃんへ、1つはお爺ちゃん、お婆ちゃんへって。そんな訳で今までとは違う下地を用意したのね。だから当然サンプルは無し。どちらも1点モノ。そんなこんなやる気満々で始まったのね・・やはり2つ作るのは本人も大変って思っているらしくね。

そんな中、今日は土曜日で尚且つクリスマスに近い・・・江戸川FMのかおるさんの番組はクリスマスプレゼントがある日。リクエストしとけば・・・って、お楽しみの準備もしつつのスタート・・・最初はピンクの犬をやったのね。おぉ、そんなパーツ切れるんだ・・

へぇー、中々やるじゃん・・・と、お母さんがいる時とは違って、正直ビックリだったのね。所が1つ終わる頃、2つ作る意味が判って来たらしく・・・結構大変だわっ・・・別にずっと作っているのは平気なんだけれど・・・終わらせるって凄く大変・・・って。

そうなのね。かるびのように大作を取り組んでいるって言うのは、良い意味では慌てずにしっかり時間を取り、納得したパーツをコツコツ積み上げて行くってスタイルだが、悪い意味では、のんびり気ままで、どうせ終わらないから・・・と休憩も多くなる。

それでも、大作って言うのは100Mダッシュとは違うマラソンのようなんで、何しろ前へ・・・ってものだから、持久力ってものは養われている訳で・・・弱音は吐いたものの、大義名分がある・・・何せお姉ちゃんにお爺ちゃん、お婆ちゃん・・・どちらも大事。

それでは頑張らないとならないのね。でも時間が気になるのね・・・そんな中、キウイのリクエストが掛かって、ちょっと息抜きになったのね・・・あっ、キウイさんだ・・・なんて気が付いたから。追い詰められた感はあるものの、耳はまだ余裕があったのね。

更に俺も掛かって、私は呼ばれないぃぃ・・・なんて言うものの、お教室中って話題から、かるびちゃん頑張ってぇと言われて、悪い気もせず・・・もうひと頑張り。そんなこんなで2枚目も完成すると、久しぶりに目地している作品を見たぁ・・・って。

そんな中、大作じゃないし、目を離せるんで、俺も根付の小物作品作り。



みどり教室と根付風味の小物

2017-12-23 03:22:21 | モザイク教室
今日はごごからみどり教室。そんな中、根付風味に付けるかぐやが作ったヒモが届いて、随分と完成に近づいた感じになったのね。
そうそう実は本当は棟梁との相席だったんだけれど、体調が悪くキャンセルになってのみどりの単独の教室。

ただドレスをやっている間は、もう外す事は無いだろうから、新展開になるまで特に口出しは必要は無いと思うのね。そんな訳で、俺も夢中にならない程度に、ゆっくり作らせて貰ったのね・・・根付風味の小物。

ただね、道中、身内の恥みたいな電話があって・・・正直、余りの不甲斐なさに呆然。この程度の常識を口に出さないと判らないとは・・・しかも、そうならないように事前に電話までして確認を取って置いたのに・・・まことに残念なのね。

ただ、良い事と悪い事は背中合わせ。今こうして最悪な事は一生忘れない出来事として記憶に残る訳で・・・お陰様で俺は絶対にしないと言う教訓になった訳で・・・それが例え身内であっても人のフリ見て・・・全てが勉強になる。

そんな中で言えば、棟梁は生徒であり、みどりは弟子。弟子だけで良かったのね・・・この愚かな話を勉強と出来る弟子なら、心得として今後必要だろうが、生徒ならこんな話は無用であって、必要以上な感情移入はいらないのね。

ただ明日1人で来るカルビなら、これから生きる上でも、必要と感じるかも知れないが・・・。いずれにせよ、習得するって言うのが何であるか?になる訳で、単にモザイクだけなら技術だけの話なんで、そんなに難しい話では無いのね。

そもそもがオリジナルとは自分自身。人の真似をし続けるスタイルとは意味が違うのね。つまりその人自身の成長が無いと、単なる色を選んで切って張るだけの事。その繰り返し。そんな単純な事をし続けるには、それ相応の心を見に付けないと飽きるものなのね。

飽きずに続ける・・・ってのは、そう簡単じゃないからこそ、継続は力なり・・・なんて、いちいち言われなくても誰でも判る事が言葉として残っている訳で・・・いちいち正々堂々と誓いますだの、いちいち健やかなる時も病める時も・・・って誓うのも、全てが

先人が難しいと思っているからこそであり、当たり前の事が一番難しいって気持ちを無くせば、その時点で成長を止めた事になる。
そしてその時点で、日に日に衰えるのだから、どんどんと衰える事になる。って話だけれど、仮に調子を崩したみどりって場合なら、

無理矢理何かをしようとして、その良し悪しを考え無しで、取り返すだけに夢中になり失敗するなんて事があるが、そんな時こそ、取り戻さないとならないのだから、きちんと何が最善か?考えてから行動を起こすべきだったりするのね。

かと思えば、まるで自分の事かのように必要以上に人の事を思い込み、余分なダメージを受けて見たり、我こそ正義みたいに、先に正解ありきで受け入れる姿勢無し・・・みたいな事になったり、いずれにせよ駄目な例は色々とある。

しかし逆に、そこから抜け出せば、全ての駄目な例は力となる。その力は実体験からの経験からなる訳で、アドバイスとして聞く側には信憑性も増すだろうし、老婆心としても十分過ぎるだろう。そう言う点では、今日の話は身内の恥ではあったが、とても

勉強になったと思う・・・俺に取ってはダメージにしか無いが・・・。こうならないようにと防ぐつもりが、そうならなかった・・・聞く耳が無かったか?それとも指導力が無かったか?・・・一生の傷になるダメージを受けた気分である。

そんな後は、この怒りにも哀れな気分にも思える何とも言えない気持ちを静めるには、自宅に帰った所で何も解決しない。そこで何も考えずにただ技術と時間のみで仕上げられるものをチョイスして、時間の許す限り根付小物作り。






道具も買ったし、昨日の分も色んな下地・・・

2017-12-22 00:15:14 | モザイク作家
今日は昨日の分も取り返さないと・・・と朝から色んな下地。お昼も食べずにノンストップ・・・流石に3時過ぎると気温がグッと下がった感じで冷えて来たんだけれど、何とか彫り終わって・・・塗料塗りは夕飯後に。そんなこんなでこんな感じに・・・。

下地に関しては特に問題は無かったんだけれど、果たしてモザイクやったらどんな感じなのか?・・・後はやって見ないと判らない。
ただ、こうして並べると中々面白い感じに見えるのね。