katsuまるはだかぁ 芸術家への道

モザイクアート一直線のkatsuの日記

ユニディさん依頼作品下絵新展開

2011-05-31 19:26:13 | モザイク作家
ずっと悩んでいた着地地点。アイテムの虫5人が完成したのも束の間、バックの終り方。
また新たなる悩み事・・・例えば下地が木だったらこの形に切るかっ・・・とか、

焼き板行っちゃう・・・とか、バリエ-ションはいくらでもある。がしかし、
外壁となると規制が沢山あって、難易度が上がって行く・・・・。

だから出来る事と出来ない事がはっきりして来る。その上で一体何が効果的になるか?
そこで一番シンプルに音楽繋がり・・・って事で、楽譜でくくるなんてどうだろうか?と



こんなではどうか?と考えて実際に下絵に合わせて見るも、悪くは無いがしっくり来ず
・・・・。でも何と無く海賊が音符の舟に乗っているみたいでそれはそれなんだけど・・

今回は違う気がしたのね・・・。そんなこんな構想を出しては潰していると、
かぐやと話している中でレンガの話が出て・・・ジャズってさぁ・・・

地下のバ-にレンガで・・・レンガ?・・・・山周タイル・・・って事から最初の画像に
なったと言う訳なのね。

勿論それだけじゃなくて、もしさっきの音符の海賊船みたいなものにしたとすると、
景色としてバックが必要になって来る。

空とか海とかね。だからやっぱり紋章みたいなものが良いと考えた上でもある。
完結するからね。これ1枚で。家のワッペンみたいなものね。

ここにたどり着くのに一体何時間掛かっているんだか・・・結構構想と構造が一致するのって大変なのよっ・・・そもそも構想だって想像力で見つけ出すのも四苦八苦だったり

するのに、その上どうやればそうなるのか?・・・にたどり着くのは大変なのね。
まぁそれはそうとここまでくれば何とかなるはず・・・と思いたい・・・

やっと下絵から抜け出せるのかな・・・


ひとまずキ-プと言う事で・・・。



ユニディさん依頼作品の下絵とご新規さんの下地完成

2011-05-31 00:01:35 | モザイク作家
今日はお教室も無くユニディさん依頼品下絵に戻る。
何しろかまきりの評判が良くて、その後のクワガタも中々の手ごたえがあった。

となると、他の3つをバランスを取る為には、多少変更が考えられる・・・・


ただテントウムシは特に良い悪いの不可無く・・・だったので、スル-とした。
左側が完成のメンバ-。右側は最初のメンバ-の人達。

まずはカミキリをクワガタにあわせる事にすると、カマキリの大きさが悪くなり拡大する
その事により、若干大人タッチに切り替えると、蝶だけ幼稚な感じになったので、

いくらか大人タッチにすると落ち着いた感あり・・・そんな感じになったのね。
すると、これからの構造上、蝶は逆向きの方が収まりが良いので、

こんな感じとなる。すると何か着地した感じがしたので、ここはこのままにして、
後は外の輪郭さえ整えば、下絵は終わりに差し掛かった感じはする。

そんな中、ご新規さんの下地完成。


いつもとちがって、2段の彫り方をして見た。使い方によっては広がる可能性はある。
まっそれはそれとして完成となる。・・・そして間に合って何より・・・・。


リピ-タ-さん教室

2011-05-30 07:07:40 | モザイク教室
いやぁこの時期に台風って・・・・ねぇ・・・・嫌なのねぇ・・・・でも・・・・
先日こんな事も考えてね、カッパ買っちゃったのね・・・・カッパ。

カッパなんて10年以上着て無かったのね・・・雨の中で仕事したタイル屋の時以来。

何かさぁ雨の中、カッパ着て自転車ヤッホ-って、幼稚園の時のような水溜りに長靴で
入って行くみたいで、ちょっこっと楽しい・・・

まぁ50にもなろうって奴の発言では無いが、雨で憂鬱・・・ってなるのなら・・・って
考えて用意して置いたので、ピッタリはまった・・・・そんな感じ。

なんて言うのかな?・・・不都合が都合良く感じるようにしようとした・・・とでも
言うのかな・・・・?

嫌な事と感じる事がしばらく続くのに、何の対策も打たない・・・これは地獄・・・
しかしながら、判っていても貧乏って言うのはそれすらも出来ない・・・

黙って突っ込んで行くのみ。ならば濡れても風邪を引く余裕なんて無いのだから、
気合だ気迫だ・・・で気、のみで解決して行くしかない。

今まではそうして来たが、金魚を買えるささやかな余裕は、いつしかタバコすら辞める
余裕に変わり、カッパまで事前に用意出来る余裕に発展する・・・・

ただ良い事もあれば必ず悪い事も必ず付いて来るものである。
今まで必要とし続けたものを辞めるのだから、その分欲望を満たすものが必要となる。

俺の場合は、完全に胃袋を満たす事になってしまった。
空腹を避ける・・・にね。いやぁ太った太ったぁ。最悪だわっ。

腹がいっぱいなら貧乏って気分にはならない。腹が減るとひもじい・・・って脳が
思うと、悲しかったり、寂しかったり・・・って繋がって行く。

こんな話が何故必要?って言うのは、俺が今何を作っているのか?に繋がるのね。
そうユニディさんの家族・・・・そう家族。

一番苦手で一番好きな集合体・・・俺は知らないんだよっね・・・
確かに一部だった事はある。つまり子供だった時にね・・・でも親の立場での家族の

体験はした事は無い。だからこそ追求する。でも確かなる答えは出るはずも無く、
当然何事も追求すれば追及した分だけダメ-ジを受ける。

その中で満足するだけの結果が出れば、そのダメ-ジを軽減する事も出来るが、
解決するまでそのダメ-ジは続くのである・・・・

それが貧乏だった時は、それでも突っ込んで行く・・・気合で・・・だったが、
作品作り以外のダメ-ジを受けないように・・・とカッパだ、満腹だっ・・・と

ダメ-ジ回避のアイテムを手に入れられると言う事は、小銭を持っている事にもなる。
それを脳に叩き込み、安心感を植え付ける。ほらっ幸せじゃん・・・とね。

俺の脳は単純だから、たったそれだけでちょっと楽しい・・・だの嬉しいだ・・・と
感じるだろう・・・そうすれば気分は自然と落ち込まなくなる・・・・がしかし、

これは最悪を防ぐくらいの威力しか無い。ただ最悪は防げる・・・
そんなに悪く無かろう・・・ってね。だよね・・・そうだよね・・・ってね。

今はなるべく前向きになる・・・こう出来るアイテム収集って感じなのね。
そんな中でのリピ-タ-教室。

下地を見るなり、凄いぃぃ・・・こんなのに張るんだぁぁって。
こんなセリフは先日の角嶋の親父のお褒めの言葉と同じで報われるアイテムの1つ。

すると実は・・・とブドウの資料を出して来るのね。
お互いに良いじゃないぃぃ・・・・と、滑り出し良好だったのね。

そこでブドウを作る前提で、黄色の時計ありきの縁取りの色をエミリアで決めて貰う。
今回は時計の厚みから下地も厚くなったのでエミリアとなった。

ここで気が付かなかったが、この縁取りが5枚1組で色が変えてあって・・・・
それがとても難しい事を伝えた。

一周回って5枚1組が完全に入る偶然の確立って・・・?ってね。
規則を作るって言うのは難しくする。大体こんな感じ・・・って言うのなら、

黄色っぽく・・・でランダムで良いはず。それを規則を作って作ると言うのなら、
規則が判って貰い易く作るべきとね。

じゃないと報われないし、難易度ばかりが上がって行くから・・・。
そしてやはり入らなくなってしまった・・・

実はここに秘密があって、色を選択出来るように・・・と何種類か見せて、
1色決めて貰い、類似を追加し、ランダムか時には市松に・・・と発展出来るように・・

と考えた進め方をするのだけれど、時よりこう言う難易度高い事を知らずに選択する
人がいる。そこでいつも言っている事だけれど、また新たなる比喩で説明する。

確かに規則を作るのはマニュアル化するのだから決まってしまえば早い。当然だ。
しかし、この場合なら、決まった長さの直線に5枚1組・・・ならば良いだろうが、

ぐるっと1周回って出会う確立は難し過ぎる。もはや数学だっ。
つまり規則正しくやるのなら、測って線を引き割り込む・・・タイル屋方式を

取り入れないとならない。ただまだモザイクにその時間を専念したい段階だから、
ここにそんなに時間は取れない。

たまたま入ったから良いものの、入らなかったら別に良いや・・・では上手くならない。
まずは出来たぁ・・・を繰り返す事。狙って出来る・・・これを繰り返す事。

こんな感じで立ち上がりが終って、いよいよ縁取りの上側に。
どうします?って聞くと、ブドウ・・・ってお題を決めたら膨らませる・・・と

言われていたんで考えたら、ワインしか思い浮かばなかった・・・と言う。

それでは・・・と、例えば子供っぽく考えれば、くだもの繋がり・・・で、林檎で赤、
檸檬で黄色、・・・と選んで見たり、それを大人っぽくするなら容器に入れると、

まるで静物画にも見えるし、ブドウを沢山描く・・・大きさ変えて・・・とすれば、
スケッチしているみたいに風景画にもなる。

言葉を入れれば、入れ方次第で絵手紙にもワインのラベルにもなる。発展させる・・・
つまり想像力って言うのはこうした組み立て方が基本だと思うのね・・・

するとイタリア・・・と言う。色から入ったんだろうね。内側の丸に置くと、
何か派手かなぁ・・・と言い出す。まっ派手だろうね・・・赤がそんなに入ればね。

そもそも赤を多用する・・・それは派手にならないはずが無い。
そもそも危険です・・・をいち早く見つけさせる信号機に使う色なのだから。

俺のように相当な赤好きには、この程度は普通だけれど、何度も言うように、
俺に色をゆだねる・・・のは個性が売りなのだから、お気に召さない可能性がある。

だから俺は相手が1色決めるまで口を挟まない事にしているのである・・・

そこで考え方を考えましょう・・・と言ってみた。
そもそも黄色の時計ありき・・・で始まった。そこにブドウを選んだ。

俺が見つけた黄色とお客さんが選んだ紫を似合うようにしなきゃならないのであって、
好みのみで作って行けば、合わなくなって当然。

考え方は最低でも自分の選んだブドウに合うように・・・と何を考えてもブドウを
振り返らなくてはならないでしょ?

構想は繋がっていても、内容が繋げるにはそれなりのテクニックが必要なのね・・・

そこで今の現状説明をする。ブドウからワインに行きイタリアにたどり着いたら、
現状では、ブドウよりイタリアのが強くなっていて、イタリアからブドウに・・・に

変わっているように見えるはず・・・とね。だからここを書き換えれば、大きくは
まだ変わっていないと思うけど・・・とね。

ただ内側だけでは黄色の時計と合体すると、そこだけが目に入るから、分散させる為にも
いくらか外側にも必要。しかもデザインとして見せかける為にも、

全部張ってはいけない。そもそもさっき派手かな?と発言もあった事だしね・・・
と言う事も踏まえてこうなったのね。

そしてそのイタリア色・・・派手・・・と感じた部分を軽減するには、メインのブドウを
違った形で目立たせなければならないから、そうなるとガラスタイルかな・・・?となり

アトリエだけの使用なら・・・と更にこうなったのね。まぁ丸なら何とかなるだろう、
・・・との判断からもね。

まっこれだけで良い仕上がりになりそう・・・と見えないものが見えてくれると、
良いんだけれどね・・・常連さんには・・・。



お教室の下地作りとオ-ドリ-教室

2011-05-28 22:42:01 | モザイク教室
ひとまずオ-ドリ-がやって来るまで、ご新規さんの下地の続き。


右隅に写真が入るようになってて、後は焼いていない部分にモザイクゾ-ンを作ると、
完成で、時間が無い人向きのプチモザイクとなる。

これなら間に合うとは思うんだけれど・・・・。ただまだ下地は完成では無い・・・

そんな中、雨の中オ-ドリ-がやって来る。2週間観ていなかったから、結構進んでて
そこで仮の額作って様子を観る事にした。

良いねぇ・・・実に迫力がある。あぁ上手いねぇぇぇ・・・なんて声は掛けられないで
済む。そんな作品になりつつある。やはり真の上手いには、威圧感が無いとね・・・

そう言う点では、この作品には威圧感がある。所々荒さはあるがそれはそれとして、
全体に雰囲気がある。テクニックなんぞ後々くっついて来る。

そんな中、この先の進め方なんかを一緒に考えていると、オ-ドリ-がお母さんに作品を
頼まれたらしく、次の作品として鏡のモザイクをやる事になる。

そこで下地作りついでに作って見た・・・・


後はこれに次回までに下絵を写してくれば、合体して下地完成。それまでに鏡を取り付けて置かないとね。

自分で言うのもなんだけど、下地作りが早くなったし、内容もまずまずになって来た。
こうスカスカ出来ると、雨の中でも何か爽快だっ。

ユニディさんが下絵を確認に来る・・・とご新規さんの下地

2011-05-27 20:47:17 | モザイク教室
まずはご新規さんの下地作り。先日いらっしゃって打ち合わせした方から、
正式な連絡が入ったので製作。

昨日、木は合体してあったので、切る、彫る・・・いつものように。
何しろ2回の教室で完成しなくちゃならず、尚且つ来月18日にはプレゼント・・・。

小窓みたいな所は写真が入る。更に左隅の空白を彫りモザイクをするゾ-ンを作る。
そちらは連絡待ちだから、まだこの下地は完成していない。

それでも連絡が入り次第随時仕上げる予定・・・。

そんな中、ユニディさんが下絵の確認と新作の相談。
特に下絵は問題無しらしいのだけれど、少しぃぃだけあるみたい・・・・。

でも解決出来そうなので安心。そして次回作の相談なんだけれど、以前も聞いた事が
あるんだけれど、自宅の門扉の壁にモザイクがしたい・・・って相談。

良いのね。とても。こんな贅沢なモザイクは自宅ありきでしか出来ない。
そりゃ羨ましいと思う人はいっぱいいるのね。

そこで折角やるのだから、構想をしっかりする事を伝えて、どうしたらその教室が
ここで出来るか?を考えて見た。

きっと始まったら楽しいんだろうな・・・。そんな感じ。
ひとまず依頼者の確認を貰って、ほっとした・・・俺はそんな感じ。

みどり教室とユニディさん依頼作品の下絵の続き

2011-05-26 23:15:23 | モザイク教室
描き直し、描き直し、そしてまた描き直しすると・・・・絵に自信が無ければこうなる。
描き直す為に消してしまうと、元には戻らなくなるのがヘタな証拠。

そうなると怖くて消せない・・・気持ち判るのね・・・そこで自分の下絵を消さないように、次々重ねて行けばいつか気に入った線に出会う事が出来るはず・・・。

それを今日はまとめて少なくしよう・・・となる。すると・・・


こうなる。一つ一つのアイテムの位置をくっつけたり離したり・・・と。
それでひとまず落ち着く所に落ち着いた・・・と言う訳なのね。

そんな中での話しの1つに、別にそう見えなくても良いんだけれど・・・と言うセリフが
あってね、こんな風に見えれば良いんだけれど、見えなくても構わない・・・・。

どんな理由であっても、今の実力でこんなセリフは絶対ダメなのね。
まずデッサン力が無い・・・と自分で言っている以上、劣っているはずである。

ならば、まずは見えるべきものはそう見えるように・・・と作るのが基本じゃないかな?
これが出来たら、見せたい人だけに見せる・・・とか、見せないようにする・・・とか、

テクニックを屈指してやれるようにすんじゃないのかな?だから今は見えるように・・・
に徹する事。となると、必要なものだけを作る方が良い。

さてこんな事を踏まえた下絵は、大きさを考慮に入れ、過去の生き物の実績から、
下絵初の縮小する事にした。

所が下絵が思わぬ終了してしまい、次回までやる事が無くなったのが寂しいらしく、
若干落ち込んでいた・・・・やりたかったなっ・・・・って。

やっと下絵が終ったんだもの・・・そりゃ先に進みたいよね・・・時間があるなら。
気持ちは判るが慌てず進もう・・・たまには休むのも良い。

やりたい気持ちを抑えて次に繋げる・・・ってのも気持ちさえ上手く切り替えられれば
モザイクが出来るようになった暁には、そりゃ待ちに待った・・・って感じになり、

状況も悪く無かろう。まぁここまで来たんだから、落ち着こう。それが何より。

そして人の下絵にダメだしするのだから・・・・俺も俺に厳しく・・・と言う事で、


ギタ-のかみきりに変更あり。かまきりも拡大が必要だなっ・・・。

蒙日芸術神話樹立祭~タイルアート施工~

2011-05-26 10:42:18 | モザイク作家
お待たせいたしました。
モンゴルでのタイルアート施工の様子を公開できることに
なりました。ご覧ください。



和の宝珠芸術教育振興賞とお教室相談

2011-05-25 19:38:34 | モザイク作家
朝の郵便物?何かな・・・?と・・・そんな中身がこれ。
蒙日芸術神話樹立祭において受賞・・・となっていたのね。

ひとまず良い報告が出来て何より。そこでアイフルさんに連絡を入れる。
もうこれは俺のモノでは無い。俺は常に受賞の肩書きが増えるだけで、こういったものは

作品を持っているお客さんが持つべきである・・・そう考えているから俺の手元には
ほとんど無いのね。だから今回も同じ。

するとアイフルさん、喜んでくれて・・・また何より。これで良い。



ただね・・・


永久収蔵証明書が現地より送られた・・・って。永久に・・・確かこんな事、昔あったね
浦安の公民館でのみんなで作った作品の寄贈って・・・・ね。

転写したタイル1枚でモンゴルから証明書まで出る。作家katsuってそんなに悪く無いね。
あの時、何がどうだったのかな・・・?とても不思議な話なのね・・・。

何が本当なんだろうか?どれがあっているのか?いつかはっきりすると良いと思ったのね。

さてそんな中、お教室相談があったんだけれど、それは決定してからにします。
それと下絵はやってますが、まだ進んでいません・・・と言う訳で・・・

今日は早いおいとまとさせて頂きます。

ユニディさん依頼作品の下絵の5枚目途中

2011-05-25 05:25:17 | モザイク作家
最後に残したピアノに思わず苦戦。中々思うような資料が手に入らなくてね・・・・
角度がダメだったり、蓋が開いて無かったり、そもそもグランドピアノを使うような

ジャズみたいな画像だとステ-ジ上だと暗いし・・・・厄介な話だっ。

そこでかぐやに相談すると、すかさず島村楽器さんが近くて良いんじゃないですか?と
探してくれるも、何しろそこはピアノだらけの楽器屋さん・・・・

昔からその場所は知ってたから、迷う事は無いんだけれど・・・。
何せピアノだらけ・・・嬉しいが格式高いじゃない?偏見かも知れ無いけれど・・・。

・・・感じってのは、こんなものなのね。感じちゃうのだから・・・。
例えば普通の楽器屋さん・・・って言うのなら、縦笛だってカスタネットだって、

Jポップの楽譜だって、ギタ-のげんだってある。ほら数百円のものからあるじゃない?
しかもこれだけあれば、思い浮かべて見て・・・・ほらっお客さんが見えるでしょ?

そう年齢層もマチマチでしょ?それがピアノ専門店・・・それだけで高級割烹って感じ。
馴染めないぃぃ・・・・ハ-ドル高いわっ・・・。

けど・・・そうも言ってられないし・・・行く事にした。車で30分位掛かるかな?
迷わず到着するも、ハ-ドル高し・・・沢山あるが蓋がしまっている・・・

そこで勇気を持って名刺を出してお願いすると、どうぞ・・・と快く蓋を開けて下さった
数枚写真を撮らせて頂き失礼をする。

凄く親切な店員さんだった・・・・が、やはり格式高く俺が長くいて良い場所じゃない。
何しろ目に入る金額が半端じゃない・・・いち、じゅう、ひゃく、せん、まん、・・・

えっ?1000万・・・・最初から触るつもりは無かったけれど、グランドピアノの金額を
知らなかったから・・・チラッと見えた普通のピアノ金額とこんなに差があるのかぁ?

って・・・唖然。きっとそれでもそんなに高いクラスじゃないんだろうなっ・・・。
どれもこれも・・・。おそろしや・・・・。

それはそれとして、まっお陰様で資料が手に入ったし・・・・それでこんな感じ。


タマムシにしようと最初は考えていたんだけれど、ベ-スのカマキリと色がかぶるので
てんとう虫に変えたのね・・・。

これで一応5人揃った事になるんだけれど・・・。

こうやって揃うと、もしかすると俺はコンサ-トなんかのポスタ-みたいなのを
イメ-ジしてたのかな・・・?と考えたりした・・・。

コンサ-トのヒトコマを全身まで入れて引いた映像では無く、一人一人のアップを
入れて1枚のポスタ-にしたイメ-ジだったのかなぁ・・・って・・・。

何しろ楽器が細かくて1mに拡大しても上手く行くのかな?・・・って。
そもそもそれを家の壁に取り付け、数m離れて観る・・・楽器が判らなければ、

意味が無くなってしまうし・・・・何しろ拡大した様子となる。

しっかし何考えてんのかなぁ・・・俺。やる事が難しいのね・・・。
katsuが探している事を見つけるには、趣旨をもう一度掘り下げた方が近道なのかな・・

当然、今日はやるでしょ?俺。

2011-05-23 22:36:26 | モザイク教室
そりゃね、いくらなんでも2日もぼぉぉぉぉっとかい?・・・・ですよねぇ。
それでは、次週リピ-タ-さんの下地でもしましょっかっ・・・・って事で、

事前にニトリで買って準備して置いた時計。これを使って下地を作ると・・・


こうなっちゃうのね。中々良いでしょ?

それがね、角嶋の親父さんに・・・katsu本当に上手くなったよなっ・・・って、
しみじみ言われたのね・・・・こりゃ凄いわっ。

何か照れ臭かったけど、素直に有難うございますぅぅぅぅぅ。って言って見た。
そもそも今の俺には、とてもシンプルな下地で特に難しいって事も無い。

けれど、そのシンプルな下地で上手いって言って貰えたって言うのは嬉しいのね。
例えば野球を知らない人でもホ-ムランは凄いって判るでしょ?

けれど、送りバントを決めました・・・意味判るかな?地味でしょ?けれどね、
野球に詳しい人はそのバントの凄さが判ったりするのね・・・。通好みってさ。

親父は大工さんな訳だっ。木を切るプロに上手いって言われたんだから、素直に
有難うでしょ?けれど俺、丸ノコで真っ直ぐ切る・・・直角に・・・が苦手。

そこがねぇ・・・・と言うと、別に良いじゃん・・・と言うので、幅広がるんだけど・・
機械が怖くてさっ・・・・まっ直角はunidyに任せるって事で・・・なんだよねぇ・・・

いつまでも・・・。これがねぇ・・・・。って言うと、笑ってた・・・まっ良いっか。

その後はユニディの下絵の続き。・・・・とこうなる。


ドラマ-はクワガタ。後はピアノかっ・・・。ドラムの位置を高くすると、
ジャズって言うより、ロックって感じになっちゃったのね・・・。

まっ悪くは無いんだけれど。もう少し検討して見ましょう・・・って感じ。
けれど描いててなんだけれど・・・・こんなの出来んのかなっ?俺・・・・

モザイク自体は何とかなるだろうけれど、これ外壁なんだよねぇ・・・
しかも恐らく1m近くはあると思うんだけれど・・・・あり得ない企画なのね・・・

果てさて・・・ひとまずは下絵・・・
トラックバック (1)