katsuまるはだかぁ 芸術家への道

モザイクアート一直線のkatsuくんの日記

オ-ドリ-教室と玄関のモザイクの図面ぽいの

2010-02-27 23:04:49 | 世界遺産をみんなでつくろ!
まずはメジャ-。父をデットボ-ルで無くした主人公とそのボ-ルを投げた投手、そしてその子供の生い立ちから今まで・・・そんな話。

当然、主役である主人公サイドから見れば、可哀想などと感情移入しそうだが、反対に
殺してしまった方側から描くと、投げた投手は責任を感じ日本でプレ-を決心し、

その奥さんは日本の環境に慣れずに、しかもその子供は人殺しの父を持つ子供として
いじめに合う。あげくに離婚に至りそして奥さんと妹が事故に合い死んでしまう。

それを恨みに変え父と決別し戦う事を決心する。当然その矛先は主人公にも及ぶ。

怒りや恨みをバネにし戦うって言うのは、時に瞬発力のある力を生む。がしかし、
結果的にそれを成し遂げてしまったり、その相手が死んでしまったり、

目標を見失ったりしてしまうとそれはいつしか虚しさにさいなまれたりする。
当然そこに至るまでには恐ろしい位の歳月と計り知れぬ努力があるのだろうから。

そこを越えられた者にだけあると思われるその後・・・・それが憂う事と願う事になる。
俺はここが終着点と考える。中々出来る事では無いだろうがそこに行きたい。

そんなこんなでアトリエへ。昨日の玄関の教室の図面を描かなければならない。
しかも考えていた状況が変更になり、一体何処まで増やして良いものか?

これが俺1人ならママの作品のように俺一人の判断で構わないが、日高氏がいる・・・って言う事で相談と確認の電話を入れる・・・

ねぇ300角を26枚クラッシュって出来る・・・2日間で?と聞くと、忙しいんだか、そっけなく答えが帰って来る・・・・随分と理不尽な態度だった。

まっご理解願えないのならそれも結構。ただ俺は1日15000円で3日間、しかもこうして図面も下見も打ち合わせも全部込み。日高氏はガソリン代込みの2日間で俺と同額。


いつか本気で仕事を一緒にするならご理解願いたいし、そのままなら離れる事もあるだろう
こう言うのが駄目なタイプの長年連れ添った夫婦のような関係。

何とも情けない。明らかにやってやっていると言った態度にも思える。
これが良くある男の態度。いつかきっちり落とし前を付けたいと思う。

俺はなるべくこう言う男の態度を取らないように心して生きようと常に思う。

そんな中、おや?何・・・早いじゃんオ-ドリ-。いつもなら連絡ありなはずなのに、
しかもまだまだ来る時間には・・・・

今、用意すっから・・・と慌てて支度。とは言うものの、ただテ-ブルの上を拭くだけなんだけれど・・・。

すると、和服に入ると言う。ふぅん、吹っ切れたのかな?そもそも本題に手を付ける・・・
なんてのは、余程調子が良いか?さくらのように悪いから突っ込んで行く・・・なんて

事や、多少なりとも何らかの心境の変化があったからである。

そもそもまだ同じ事の繰り返しをすれば、少なくとも楽な場所はあるのだから・・・

所が始まってすぐに手が止まる・・・そこで以前俺がテレビチャンピオンでスタジオに
持って行った十二単の作品を見せた。

するとしばらく見て上手いなぁ・・・と言うので、あのね今のオ-ドリ-ならその位は
その内、出来るよ。俺の10年前位の事くらい・・・ね。

すると、えっ?って驚くので、誰が教えてんだっけ・・・って言うと笑ってた。
俺がお世辞なんて言う訳無かろうがっ。着実に上手くなってるよ。

あの当時の俺の作品はまだまだ駆け出しで切り方が荒かった。本気でそう思う。
この作品が完成する頃にはその位はなっているはず。

だから慌てずコツコツ仕上げて欲しい。そして弟子になりたいと願い目的意識のはっきり
していて努力をした者の作品を日高氏に批評させ認めさせ、同等と扱わせる為にも。

日頃、努力していた者がどんどんと追いついて追い越される事を知って貰う為にも。

俺は仕事をしている訳で遊んでやっている訳では無い。努力とは人を向上させて、必ず結果
が伴う事を知って貰う為にも・・・・

一緒に仕事をするのならいつまでもテレチャンなんて10年前と同じでは進歩無し。
こうしてみんな上手くなっているのだから。
コメント

キウイ教室と玄関モザイクの常連さん教室

2010-02-27 00:27:57 | 世界遺産をみんなでつくろ!
とうとうキウイの大作が終了した。凄いのね。こんなグレ-ドの作品は弟子の作品
に匹敵する・・・・。

しかしこんなのが出来ちゃうようになるんだねぇ・・・ビックリする。やる気ってのは。
正直、友達に保育付いて安く体験教室あるよぉぉ・・・って話で公民館でモザイクを

始めて、サ-クルに入って月2回、それからアトリエに来るようになって・・・・と数年、
この作品なら何処に出しても問題無し。

十分、書店に並んでいるモザイク本とははっきり違う・・・と誰もが判るグレ-ドになった

これなら俺に仕事が出た時には、手伝いとしてお願いしますと言えるだろう。
その位見事である。



ここからはかぐやが急激に伸びて行ったように大きさによる迫力が問われる。
ある程度・・・そうね、自宅の状況にも寄るが、60~100cmくらいあるとかなりの表現力

が問われる。正直、もうキウイの実力ではこの程度の大きさでは物足りない。
これだけのグレ-ドが作れるのだから、更なる大作を見たいものである。

お疲れ様。

その後は夜教室まで、ママの作品の次の展開を考えるも・・・・何一つとまでは言わないが
大したアイデアが出ない・・・・

着地地点が見当たらない・・・それが正直な心境。
最後をあっさり終わらせる気ならクラッシュも良かろう。しかしここまでやった大作を

果たしてそれで終えて良いのか?そう思うと、やはり考えて当たり前・・・・
作品は残るのである。いつでもその姿勢は変わらない。

その姿勢を続ければ続ける程、これだけの大きさの作品が初めてなのだから、当然戸惑いは
あるし、慎重になるのも仕方なし・・・・

ここで言っているのは、それだけ大きい作品と言うのは作り手の葛藤があるのね・・・・
スペ-スの多い分、アイデアが何十と問われるのだから・・・・

そんな中、先日のエクシィズさんの話が進んだ。あれから1週間くらいが経った。
しかし何の連絡も無い。そろそろ連絡しても良かろう・・・とかぐやと相談して、

先方に電話をすると、添付した画像が見られないと言う。そこでまた送り直して確認の
電話のやり取りをして、本社へ送って下さった。

次は本社確認の元、連絡が来るらしい。通常こちらから動く事は無いのだけれど、
今回は動く事にした。かぐやに珍しい・・・と言われたが、

それだけ出来る事なら展示させて貰いたいと思っている・・・何かを動かす為には、
必要不可欠な事になると考えたから・・・・エクシィズ・・・ここはとても大事。

しかし余りに突然な話だから、駄目だったとしても本社まで名前と画像が送られただけでも
十分に価値ある電話になったはず。

いずれにせよ今後の進展は楽しみ。仮に良い話になったとしても、シドさんにお借りする
のに連絡しなければならないし、先方から連絡無しで連絡を取るのも・・・・

とまだまだやる事は続くのだけれど。

人によっては別にお客さんじゃん、貸してぇって言えば良いじゃん・・・なんて声も聞こえそうだが、それが親しき仲にも礼儀あり・・・・

しかも以前にも他の人だが、取材だ展覧会だ・・・と作品をお借りする・・・なんて話が
あった時に、取材側の配慮無く借りたり、写真を撮ったりして結局そこは載らずに

他の作品を使われたりして、まるで俺が選択して使わなかったような気まずい雰囲気に
なったり、場合によっては疎遠になったりした事もある。

そう考えると、やはり展示が決まった後に連絡するのが良いだろうと考えている。

さてそんなこんなの夜教室。


これが若干のトラブル。予定していた工期より大工さんが延びているらしい・・・
それだけなら別にこちらとしては問題は無い。問題はここから・・・

そもそもお客さんの予算、大工さんの工期、そして仕込みの為の教室の回数、そして
自宅でのモザイク時間などから、無理無く終わるアイデアで予定を立てた。

本来なら、今日で仕込みは終わりの予定で3月の第一週には現地1日目が始まるはずだった。

悩みはここ。つまり大工さんが伸びても仕込みを辞めれば何も変わらずに出来るのを
待てば良いのだけれど、ここまで仕込みを頑張れば、折角工期が延びたんだから、

まだまだ仕込んで豪華にしたい・・・と思うだろうが、予算からタイルを買っているし
工期から出来る範囲のアイデアを出したのに、今後一体いつ完成するようにするのか?

そして一体どの位の予算の追加を考えているのか?更にどの位時間を取ってくれて、
一体何が出来るのか?・・・・となって行く。

そこで大工さんの工期に関わらず、3月末に現地へ行く事になって仕込みを更に続ける事に
なった。って事で目標はりんげつさんのアイデアの150角を4枚分のモザイクの追加となる。

しかしいずれにせよ、3月の第一週に仕込みのタイルを張って、丸の分は完成させる段取り
とした。

そろそろ図面ぽいものの製作しなければならない。
コメント (9)

常連さん教室・・・ぞうさん終了

2010-02-25 21:48:47 | 世界遺産をみんなでつくろ!
実は今日お通夜があって、夜の分の教室をキャンセルさせて貰った・・・・
しかし昼間は大丈夫なので、こうして完成になったのね。

黄色の目地をしたんだけれども、中々の出来。見えにくかったぞうさん出現って感じなのね
それにしても良くこの短期間にこれだけの作品を仕上げたものだ。

グレ-ドを落とさずね。お見事です。

そんな訳で次回作となるのだけれど、残りの時間は相談となる。本来、月に1.2回の場合は
なるべくアトリエで考える・・・って言うのを避けて貰って自宅で考えてくる事としている

構想の相談・・・となると、具体的にモザイクをしていない事になるから・・・
なるべくその下絵の是正くらいで済ませて、下地作りを事前に終えて置いて・・・の教室

って感じに整えて置きたいのね。そうすれば帰ってからまたモザイクが出来ない・・・・
なんて事の無いように・・・って配慮するのだけれど、この常連さんの場合は、

週1の状況なので、余裕もある事から目地を終えた後半の時間を例外として相談とした。
本人了承の元。

指導内容は聞いた事があるだろうが、下地を0とするとガラスタイル、コロ、エミリア
1cmタイル、そしてペキペキタイルなどの素材は一体数字として具体的にいくつになるか?

など、より具体化して解説する事で理解して貰い、それを踏まえて一体どんな仕上がりを
理想とするか?なんて事のやり方を重視して教えて見た・・・

それと初歩的なモザイク画としてのオリジナルの描き方。まっこれは意外と話すとシンプル
なんだけれど、これは企業秘密・・・・あはははは。

そんなこんなのお通夜・・・・小1の女の子が何も判らないような・・・判っているような
何だか切ない光景だった。

コメント

ユ-ミンママの壁画のモザイク・・・・現地にて

2010-02-25 08:17:19 | 世界遺産をみんなでつくろ!
仕込んでいた下地がまだ途中ではあるが、仮付けして様子が見られる今日は俺も楽しみ。
様子を見ずに仕上げて、やっぱり違う・・・ってのはかなりのダメ-ジを受けるからね。

そして仮にそれがプラスになったとして、その他のプラスの要素は4分の1の丸しか無い。
となると、次の展開のイメ-ジとそれに必要なパ-ツの見極めが必要なのだが・・・・

そんな中、現地。何だか久しぶりにじっと観た気がする。確かにその後の時間に、
声を掛けられたが、お久しぶりですね・・・と言われたのだから・・・・

さてまずは下地の仮付け。うん、まずまずだなっ。思った以上に悪くない。
上手くまとまった気がする。これはいける・・・とひとまずは解決。

さてそうなるともう丸を張るしか残っていない・・・・今日の俺・・・・
ただそうは言っても、1日張り続けても張り切れないくらいあるけれどね・・・・

むしろそれに専念して張る事が大事なのでは無くて、次の展開に繋がるって言うアイデアを
出す事・・・・それをただ考えて、ぼぉぉぉぉと時間を過ごすのでは無く、

やりながら考える。生徒さんに言い続けている・・・ながら・・・

そう言う点では、単なる仕込みの丸を張って両サイドは終わった。これはこれで良いが、
次なる展開を持っているのは、下地の中のデザインともう1つのアイデアだけ・・・

物足りなさを感じている中、女子フィギュアをキムヨナさんと浅田さんと鈴木さんだけ
休憩しながら観た。何だか凄い人達だな・・・・と目の前の演技よりも3人の精神力に

ただただ脱帽。最初から技術なんて観ていたって判ろうとしても、美術点みたいなもんで
何が?って感じだから、おのおのがそう感じた・・・・ってだけの事。

それよりもこれを観て俺に必要なのは、どんな気持ちか?何を考えているのだろう?
そして何処を見せ所にして何をアピ-ルするのだろう・・・・って言うアスリ-トの自己表現

それによって観た人達や審査する人達は何を美しいと感じるのか?
俺に取ってはそれが勉強だし、一つの傾向と対策みたいなもの・・・・

俺にもそれがモザイクで出来たら、一流と言われている人達の精神力って言うのだけは、
学習出来た事になる。何しろ倍以上、彼女らよりも歳食っているんだから、

精神力くらいは肩を並べたいし、上回りたいのね。

まっそれはそうと、ひとまずこんな感じになった・・・・


そんな中、理由あっていつもより早めに帰る事になった・・・・
コメント

みどり、ユニディ相席教室

2010-02-23 21:27:37 | 世界遺産をみんなでつくろ!
昨日は夜、Unidyにママの下地を切りに行って終了した・・・・実はこれは今日の前フリ。

朝、確定申告を終えた初日じゃん・・・・さぁ気合入れてやっぞっ・・・俺・・・って思うも・・・・
あっ俺、今日は先生だった・・・気合は明日・・・

そんなこんなのみどりさん教室。ご好意でこの後、ユニディさんもやって来る。
それではみどりさん。地味に進んでいるのね。

もう右側の真ん中付近の狙い切りの連打って部分さえ逃げ切れれば、時間が解決って状況。
上手になったのね。中々。

今日のセリフの中に、あっ三角のパ-ツが3つ繋がっちゃった・・・道、作ってるんだ・・・
ってのがあったんだけれど、あの時点で相当理解している事が判る。

それが出て来るって言うのは、相当意識して取り組んでいる証拠。後は慣れのみ。
もうそろそろペキペキなら1人でそこそこな作品を作れるね。

そんな中、今度はユニディさん。


下地の製作に当たってメ-ルでのやり取りで注意事項を説明し、今日初めて観る。
流石なのね。流石にユニディって名前にしただけあるのね。これを自分で切るんだから。

さてそれでは何を縁取りとして使うか?って事になるんだけれど、時計のパ-ツから、
木の厚みを選んだんだけれど、当然1cmじゃ2枚近く張らなければならなくなる・・・・

そこで色々とアイデアを出して見た・・・するとひし形に張る事を選択する。
俺もそれが良いかな?って思ったけれど、自分で決めないとやらされている・・・って

思われてはテンションを下げる。何しろアイデアは沢山出して選ぶのは自分ってスタイルは
昔から一緒なのね。

ここで非常に難しいのは立ち上がりを張るって行為。
しかももし上に張るタイルと立ち上がりの目地を合わせるにはとても慎重に均等に張らないと、ずれてしまったり、また

目地幅がまちまちになったり・・・・何しろ規定演技としては、モザイクをやった事が無い
人にまで判ってしまうほどおかしな事になる場合がある。

しかもそれを2列張る・・・なんて言い出すので、それは却下した。余りにも無謀過ぎる。
しかしこのひし形なら、上のタイルとは目地は通らないし難易度は下がる。

しかもデザインとしても面白くなるから一石二鳥。

そんな中、みどりさんがユニディさんに質問する。そう言うのってどうやって考えるのか?
時計からなのか、下絵からなのか?

ユニディさんの答えはどっちも・・・一緒。多分、そう来ると思っていたから、一応
ユニディさんが答える前に俺が、作詞、作曲、編曲・・・どこからでも作れた方が良いよ。

けれど悩むのなら、何が欲しいか?って身の回りにあって嬉しい日用品から考えるも良し、
一切いらないのなら絵画的美の追求として飾るのみを重視して下絵に専念するも良し、

更に編曲のように素材としてこれが使いたい・・・的発想・・・今回はオ-ケストラかな?
みたいに考えれば、1cmタイルの作品にしたい・・・とね。

こうやって何か1つ決めて、そこから始めれば良いと思う・・・とね。
そしてもしあっやっぱり時計も付けたい・・・となれば、場合によっては出来る時もある。

と言った矢先に答えは・・・・どれもこれも・・・一緒・・・・あらまっ。

けれど、それを卑下する必要は無いのね。何故なら下地を作る技術はあるし、下絵も美大、
それでは比べても無理ってもの。

しかも相席で気が付いたはず。つまりユニディさんに必要な俺は芸術家katsuのアイデアと
モザイクのちょっとしたアイデアが必要な教室。

みどりさんの場合、モザイク作家katsuのモザイクのやり方の教室。スタイルは全く違う。

いずれにせよ、スタイルは違うものの1年間位はどんな形であれ、モザイクが続いた・・・
って所まで来たら、おいおい同じようなモザイクのテクニックなんてのも必要になると思う。
それまではまずこつこつと慣れる事。

しかしながら、こんな話もあった。みどりさんの下絵の話。てんとうむしのコ-スタ-。
あれだけ描けてヘタは無いでしょ?・・・・ユニディさんに言われていた・・・みどりさん

要するに自分の敵は自分の典型的な例。過去に馬鹿にでもされたり、上手く行かなかった
記憶による思い込みなだけ・・・本当にユニディさんの下絵が上手いと思ったのなら、

上手いと思った人に褒められたのだから、素直に感謝し素直に喜ぶ・・・それが小さな自信
に繋がって行くのである。

こう言う相席教室は機会があったらとても良いと思うのね。人のモザイクを生で観るって
言うのは個人教室では中々無いし、それには比べて卑下したりしない強い気持ちも必要。

これもまた勉強なのである。こうした教室を1時間位ずらしてやれれば、個人の時間もあり
相席もあり・・・とまた変わった教室がせ出来ると思うのだが・・・・

そんな中、昨日Unidyへ行って下地をしたが、終わらなかったので今日も行くと、何と
7時まで・・・都合により・・・・げぇ、終わりかぁ・・・・と引き返す事になる。
そんな訳で終了・・・・

コメント

一年の締めくくり・・・・確定申告

2010-02-23 19:49:06 | 世界遺産をみんなでつくろ!
これがねぇ、俺の1年の最後の日な訳ね・・・・確定申告。
嫌でもこの1年、一体何をしていたか?が問われた結果が出る訳で・・・・

そりゃね、俺もただの馬鹿じゃないから改めて振り返らなくても、大体想像は付くのね。
先生katsuに力を入れて、下地など下ごしらえを増やして何としても拡張する・・・って

やって来たし、地味だけれど何しろ生徒さんが上手くなる事が大事って時間を費やせば、
当然作家katsuの時間は少なくなる。

作家katsuを全面的に出すのなら、依頼品が無ければ無いなりに小物作品を作り続けて、
公開して行く事を選択すれば良い。

しかしそれを専念すれば、仮に作品依頼が増えたとしても1人でやって行くには無理がある
何故なら建築がらみの仕事は普通、作品として扱われる事は少ない。

そうなると大きい仕事が来ても戦力を作らなければならない。
建築と扱われると工期があるから・・・・芸術と扱われないと。

しかもタイル屋と違い何処でもいるって仕事では無いし、スタジオジプリと宮崎監督の
ように一枚岩のパ-トナ-を作らないと、委託なんて人を集めては意思の疎通も腕も金も

何を取っても良い事は1つも無い。

だからそこに力を入れた分、お陰様で現金収入として日々の生活費は増えたし、生徒さんの
グレ-ドもアップして来た。

しかしそれは家賃分くらいなもので、潤っている訳じゃないのね。

しかし先生katsuばかりでは、生徒さんが上手くなっても仕事を取れなければ本末転倒。
そこでジャパン・ホ-ム・ビルディングショ-や建材展、うながっぱの寄付・・・・と

無償であっても知名度アップの為には・・・とやれば、生活は苦しくなるのね・・・

さてそんなこんなの結果は?って言うと収入は増えたもののまた無税なのね。
去年の年間の200万割れから200万ちょい超えって感じにはなったけれど・・・・

それは生徒さんが増えたから、アトリエにあるタイルを使って収入にしていただけで
別に生活が良くなった訳じゃなく、去年より浮いたお金で宣伝広告費みたいな使い方を

していただけなのね。何とか経費を引いた残りのお金を1ヶ月10万を目標にしていたんだけど・・・・数万だったねぇ・・・・良く死なないで生きてるわっ。

生活保護の方が楽そうだけれどね・・・けどね、そろそろ本気出すよ・・・
何を?とは、今まで隠して来た価格提示・・・・きっとビックリするだろうね・・・・

モザイクは流行るよ・・・俺は年々収入は右肩上がりで増えているからね・・・・
さっ明日から1年またやっか。




コメント

何だか静かな1日

2010-02-21 20:53:37 | 世界遺産をみんなでつくろ!
昨晩、いつものように深夜、新日本プロレスを観ながらブログを入れて、さぁ寝ようと
すると、落語番組・・・げぇ、俺これ好きなんだよなぁ・・・と見てしまう。

小遊三師匠。これだけ観るか・・・と一席。流石にこのクラスの人達の話は安定しているし
場馴れしているし、安定感がある。見ている人が不安にならない。

これが若い人だと、最後までつまづかないで終わるかな・・・とドキドキしてしまう。
目線が上に思われると嫌なんだけれど、スポ-ツなんか観ていても、自分より年上の時は

行けぇぇってな具合だったのに、今はお願い失敗しないで・・・と何か親目線・・・
目指す事をし始めると、人に何か言う前にまずは俺・・・となるから。

そしてほとんどすべての観るものが年下になってしまった事が、託してばかりの依存な
感じがして、やはりすべて自分・・・の方がスマ-トだろう・・・と。

だから落語は年上多くて助かる・・・

まっそれはそれとして、寝たのが4時過ぎ・・・けれど8時過ぎには起きていた・・・・
おっさんかっ・・・歳取るっていやぁねぇ。

そんなこんなまずは支払いから。ティ-ア-トさんとニフティ。ひとまず終えて、
本当はユニディへ行くだった・・・が先日の父の件が何も連絡が無かったので、

実家に行くと、県人会の帰り・・・って言う父がいた。何と無くいつもの世間話と、
何と無くいつもの向き合うと意見のぶつかり・・・なんていつものごとくありぃの、

たわいも無い時間が過ぎる・・・あのさぁ、親です・・っての辞めない・・・つまらん関係
ただ血が繋がっているだけじゃん。何度も言うけど。

折角の変わりもんの親子ならいっそ親子なんて普通の関係いらないじゃん。
もっと面白いのあるよ・・・・いっそタニマチなんだ・・・飯喰ってけって言えばぁ。

そもそも貴方の親である定義の1つ・・・・他人さんが飯喰わしてくれるかっ・・・って
言うのあるよね? 俺ね、これだけは自慢なんだ・・・応援してくれるって人達は、

一生懸命やってるんだけれど飯喰えない・・・って言ったら、誰もがご馳走してくれるよ
だから貴方はもう親じゃなく、タニマチにしか過ぎないよ・・・それじゃ・・・

だから何もしなくて良い。黙って生きていれば・・・それで。
たまに顔は出すし、たまに近況報告もするよ・・・けど口出し無用。

それと葬式には出られないように頑張るから・・・すると、まじめな顔して、俺も歳だから
もし何かあったらお母さんを・・・と言うから、あのねぇ、どうかしてんじゃない?

えっとあんたの嫁でしょ?かあちゃんは。俺の嫁じゃない。けれど、あんたがいなければ、
権利は俺にある。ならば俺のかあちゃんだから、言われなくても判ってる。

あはははは。馬鹿じゃん。すると、そっか・・・って聞き分けが良い・・・
あらっ?おかしくない・・・もっとおいでよ・・・いつものように・・・

すると、俺達は幸せなんだなっ・・・えっ?おいおい不気味な事言うなよ・・・・
えっと正確にはあんたは幸せだね・・・だよ。何故ならあんたは向き合う俺がいる。

けれど俺には向き合う子供はいない。あんたには嫁がいる。俺にはいない。
楽しい人生じゃない?やりたい放題やったんだから。しかも孫までいてさ。

俺はそれでね弟子を取ったのね。あぁこいつらにいつか良いとこ見せるかなってね。
自分の為にだけ続ける・・・なんて馬鹿馬鹿しくてやってられないのね。

サボりたいし、遊びたいし、楽したいし・・・でもね、どうせ1度の人生。
折角、アウトロ-な人生になったんだし、ならビックリする位異常な人生で行くわ。

そもそも寅さんってそんな人だろっ?俺は段々そうなって来た。毎日いたらうっとうしいよ
けれどね、嫌われてはいないらしいよっ。だって生徒さんどんどん増えているから。

すると、お前変わってるんだなっ・・・って言うから、違うよ俺普通なんだよっ。
ただみんなと比べるから変に見えるんだよっ。俺は芸術家に先生だぜっ。

周りにそんな人いるか?そう考えられれば、俺はその世界の人達よりも普通だよっ。
岡本太郎さんよりもね・・・きちんと伝える言葉を持っているよっ。あはははは。

俺は芸術は爆発だぁ・・・なんて抽象的な言葉じゃ伝えないしね。

そんでさ、俺は寅さんから金さんになるんだよっ。寅さんは金持って無いし、バックの
中身はインチキ商品ばかりじゃん。

俺の作品達はきっと寅さんのバックの中身よりも良いと思うよっ。ならば少しはマシ。
いつか金さんになって、みんなと会いたいもんだ・・・そん時は持ってるよぉぉぉ俺。

あはははは。

そんな中、親父が飯喰いに行くか・・・と言う。俺はお袋がいるなら素直に行くだろうが
2人で行くのは好きじゃない・・・のね。

けれど・・・一度はいつものように仕事をするから帰るよ・・・と言っては見たけれど、
先日の事もあり、そうだな・・・・やっぱり行った方が良いよなっ・・・・と

行く事にした。すると、知り合いの家へ寄ると言う。そこは以前御宿に一緒に行ったと言う
話の例の3人の1人。すると、随分と俺を評価して下さり、照れ臭いやら戸惑うやら・・・

その後、近所のとんかつ屋さんに着くと、そこでも挨拶された・・・
全く俺の知らない人達・・・こう言うもんなんだろうなぁ・・・売れるって。

判らない訳では無いが、不思議な気持ちになる・・・・

その後、帰ろうとしたが、酒を呑んだ親父が風呂に入る・・・って帰る車の中、
これで死んでいたら最後は俺かぁ・・・と気持ち悪く引き返した・・・・

これは笑い話では無い。俺の弟弟子はそうやって死んで行った・・・・

それでお袋が帰って来るまで待って帰宅。何か今までとちょっと違う時間が流れて来た
そんな気がした・・・・

コメント

オ-ドリ-教室と更なる追加の仕掛け

2010-02-21 04:11:03 | 世界遺産をみんなでつくろ!
今日はメジャ-を観た・・・からスタ-ト。主人公が所属するマイナ-チ-ムが地区優勝する。
そしてこれから各地区とト-ナメントで戦い頂点を目指す・・・そんな時に数人が

メジャ-昇格になる。その中に主人公はいた。しかし、仮病を使って残留する。
理由は2つ。情。この大事な時期に抜ける事が出来ない・・・と言う責任感。それと、

一度敗れた事のあるライバルに借りを返す為。まっどちらでも残留する理由になる。

思えば、最初に所属したチ-ムのエ-スに若いのに小細工すんなっ。若さで押せ・・・と
言われた事を素直に受け入れ、剛速球のコントロ-ルに磨きを掛けて今の自分を作って来た

それを糧にして結果を出す・・・そんな話。

そうねぇ・・・きっと俺もそうするだろうな・・・そもそも本当にメジャ-に定着出来る
逸材なら、いつでも上から呼ばれるはずである。

ならばそんなに慌てなくとも、必ずチャンスは訪れるはず。

そして借りは返す。ただその良くも悪くも、借りについてもメジャ-になれる逸材なら、
声を大にせず、小さく日記につづるだけできっと自叙伝にでもなるだろう・・・あははは

さっ仕事、仕事。アトリエに着くと当然仕込み。コロで800個の4分の1丸の続きが待っている。けれど、フッと目に入ったものがあった・・・・それは建材展のチケット。

2枚送られて来た。だから行くだけなら今年も行けるのだけれど・・・ただ行くだけもね・・・・何か盛り上がりに欠けるんだよねぇ・・・何か無いかなぁ・・・・

その時、フッとシドさんがよぎった・・・当然、新潟の看板の話が正式に決まる事になれば
ユ-ミンママとシドさんにはきちんと説明が必要になって来るから・・・・

失礼な言い方する訳では無いが、予約の他3人は教室にやって来る生徒さん。
だから時間がたっぷりあるので、いくらでも説明する時間はある。

しかし、生徒さんでは無いので定期的に会う機会は少ない。ただママはまだ作品製作中。
だからまだ条件は良い。となると、説明するにもわずかなチャンスしかない。

何せ忙しい方だから。ただ以前から何作も作らせて頂いている常連さん。
きちんと伝えられれば何とかなるだろう・・・ここはそれでも思い込みの無いように・・・

親しき仲にも礼儀あり。こんな事を考えていれば、当然シドさんが頭に残るのは普通。
シドさんねぇ・・・ん、シドさん・・・

シドさんと言えば、あの花台を見てママが欲しい・・・と言ってくれたいきさつの作品。
あっ、あの花台ってエクシィズさんに頂いたガラスタイルを使っている・・・・

エクシィズさん・・・建材展・・・花台・・・おっ、繋がった。これだ・・・
そもそもエクシィズさんから電話があって俺に材料をくださるって話から始まった・・・

しかしその前に、俺が去年の建材展で、カネキさんのブ-スでエクシィズさんや山周さんの
タイルを使用している・・・この作品には・・・と、うたった事でアピ-ルした事のきっかけも、全く関係無いとは言えないかも知れない・・・・

いずれにせよ、頂いたタイルを使用した作品があるのは事実。ならば連絡だけでも、
チャンスは広がる。そしてもし了解が取れて、更にシドさんの了解が取れれば、

また今年も俺の作品は建材展に行く事が出来る。そして去年と大きく違うのは、カネキさんとエクシィズさんの違いにある。

カネキさんは建材専門。エクシィズさんは俺達モザイクをやる人達のタイルも多い。
しかも、すでにス-パ-ビバホ-ムでも売られている。

これを踏まえて電話をする。すると、それではデ-タを送って下さい。早速社長にお話して
下さると言う。しかも、katsuさんから連絡貰って嬉しい・・・応援している・・・と

言って下さった。もし駄目でもこう言う方がいらっしゃるのが心強い。こう言うきちんと
上に話をして下さる熱意のある人は必ずいつか何かを動かしてくれるはず。

そして末永くね。何しろタイルを貰う時に、ミニスポンサ-な気分です・・・と言って下さった人。俺はそれが嬉しかった。何しろ結果を急がれても俺一人で世の中を動かす・・・

そんな事が出来るとは思っていない。それにはやはり応援、支援は必要不可欠。
なのに、使えよ・・・と高い位置から言う人はたくさんいるが、こう言う態度で接して

下さった人はそうそういない。俺は絶対にそう言う事を忘れない。俺は下さいと言った事は
1度も無い。みんな相手の方からの話。

やってやっている・・・そう言う態度では先には何も無いし、その先にあるものは、
俺が売れてから、世話したんだ・・・と言う態度になるだけ。

しかもその間に一切付き合いは無いはず。最初だけだから。結果を急いだ者達はみんな去って行った。しかしエクシィズさんは1年間一度も注文をしていないのに、こんな話を

社長にまで話を通して下さる社員さんがいる。こう言う場所は信用出来る。
この話は余りに急な話。何せ来月初旬なのだから。通ったらお見事なのだから・・・・

もし吉報が来たのなら、それを持ってシドさんを説得しに行く事になる。貸して下さいと。

さてそんな中、オ-ドリ-。そうねぇ良く頑張っているのは出ている。正直、1年間はみんなに楽しみながら上手くなって貰いたい・・と思っているから、そっとして置きたいのが事実

何しろ続かないのにテクニックを教えて上手く見せても、結局一人で作った作品のグレ-ド
が下がれば、結果はアトリエに来ないと上手く見えない・・・事になる。

1年間位はテクニックでは無く、こつこつ進める、慌てない、簡単に妥協しない、深追いは
しない、1つ位は先読みをする、そして構想の立て方、美しい比喩、下絵の描き方、

デェフォルメ・・・と山積みのテクニック以外の教える事をアトリエに来た回数、進み具合
自宅でのやっていると思われる時間、そして使っている素材・・・に応じて、

判断し、あぁ息詰まっているなぁ・・・と感じた時には、軽くテクニック指導して、
グレ-ドを上げられる様にして、やる気に火を付けたり、笑顔を取り戻す工夫はしている。

そんな中、ん・・・こりゃ辛そうだわっ・・・と感じたので、テクニックを伝授。

タイルって言うのは、一気に切ろうとすると刃の入れ方一つで固くも柔らかくも感じる。
この位の事は誰にでも教えている。

それではみんなに考えて貰う。切る・・・この言葉はタイル以外には使わないかな?
包丁、はさみ、のこぎり・・・いくらでもある。ならば共通する事は無いのだろうか?

テクニックに。良く人は自分の事は判らないと言ったりする。ならば切る・・・を使う
他の人から学ぼう。みんな美容院に行くよねぇ。さぁ思い出してね、はさみのテクニック

左手の人差し指と中指で髪をはさみ、すぅぅぅっと滑らせ切りたい所で止めて、お客の目と
平行にバサッと切ったら、髪はどうなる?

答えは、指を定規にまっすぐ切れるはず。テクニックの1つ。これをタイルでやる。
これが出来ると、まっすぐ切れた・・・が手に入る。

次、同じ左手で目に垂直にはさみを立てて、はさみを揺らしながらバサバサとかすかに
切ったとする・・・・何が起こる? そうこれはすいた事になるよね・・・

全く逆のテクニックになるのね。なるほどね、パチンコをゆらしながら・・・すく・・・
無理ぃぃぃ。そんなの。そう当たり前。ここまでなら逆も真なり・・・と教えている

俺の生徒さんなら、判るでしょ?ならば本当のテクニックってのはここから。
前者と後者をブレンドした考えが出来たのなら、新しいテクニックの完成となる。

経験者なら判るだろうが、タイルって言うのは少し欠けるとそこからズンズンと切れて行く
って性質があるよね?一気に切ろうとすると固い癖に。

ならば、少しだけ何処かが欠けてくれれば、わずかに切ろうとする時に便利だよね。
そうわずかにね。後者のテクニックをすく・・・と考えたのなら何も得られない。

すく・・と捕らえずに、ランダムに切れた・・・と取り、はさみを空振りさせたと考えれば
パチンコをわずかにタイルにあて、美容院のカットのようにリズミカルにカチカチさせる。

大事なのはリズミカル。すると空振り3回に1回タイルに当たったりする・・・なんて事が
起こる。音としては、スカ、スカ、スカ、カッツンみたいなね・・・・

ここでもし欠けたらラッキ-。そこをパチンコの左角を使って、切り込んで行く・・・・
すると台形の大きめな形が作れたりするのね・・・・まっやって見て。

テクニックを盗む・・こんな事はどこにでもおっこっている。見つけようとすればね。
良く器用な人は、そのままを盗んだりする。それでは直接表現的考え。

それでは余程の腕利きじゃない限り、マネを何とか出来たぁ・・・位にしかならない。
そうではなくて、考え方を盗むのね。しかも大抵の人達は目的意識無く、漠然と教わった

通りに流れ作業のようにやっていたりするのね。すると、同じ事を同じように進めるのね。
癖があったりするからね。これがとても盗みやすい。

例えば何回か続けてラ-メン屋さんに行ったとするじゃない?俺はただ待っているのが嫌だから、カウンタ-に座るのね。すると、麺をほぐし、お湯を張ったかごに麺を入れて、

時計をセット、茹で上がる時間を利用してトッピングの材料を切り、数分前になると、
気が利いている場所だと、どんぶりにお湯を張ってね暖めて、それを捨てて汁を入れ、

麺の固さを確認しほぐしながら入れて、トッピングで飾る。こんな行為をする。
そこを覚えて、何がいつもと変わったか?とじっと毎回見る。

勿論、人が変わったら前の人と何が違うか?を探す。そして比べてどちらが適切か?
俺ならどっちを選ぶか?どうしてそれが正解と思ったか?こんな事を何回も何回もやる。

すると気が付くとラ-メンが目の前に・・・よくよくある事なのね。勿論1人の時・・・

そして食べながら、なるほどあぁしてたのは、この理由かぁ・・・とか、何を入れたんだろう?とか、こんな味がした・・・とか、プロの妙を堪能する。

俺はずっとそうして来た。この仕事になってから・・・タイル屋の修行の時と・・・
独立してからはそんな余裕1つも無かった・・・そしてそんな興味も無かった・・・・

だから本来の何でだろうぅぅぅに戻ったって事。何を見ても俺に結び付け、いるものと
いらないものに分けてね・・・仕分け作業は国だけじゃない。俺の脳は小さいから。

お陰で随分と素早くそれが出来るようになって来た。鍛えりゃバネになるのね・・・
俺はずっとそれに磨きを掛けたいのね・・・・磨きをね。

盗む・・・は俺の専売特許。技術じゃなく考え方ね。理解さえすれば経験値なのね。




コメント

常連さんとさくら教室

2010-02-20 08:28:08 | 世界遺産をみんなでつくろ!
朝は先日頂いた広告代理店の方から電話。この話は新潟の店舗の看板を作るって話なんだけど、工期は3月末までになると思われる・・・・そして値段は一切提示なし・・・

ここまでは良くあるいつもの話。これって普通に考えたら、余りに傲慢とも思える。
工期は指定し値段は明かさない。この時点で幾通りかの考えがある。

まず、良くある見積もりを競合させるスタイルを常に当たり前のように使っている人。
次に、モザイクを頼むにあたって色々と見て俺に決めようとしているけれど、他のサイトで

見た恐ろしい値段に一体この人はいくらするんだろう・・・・とか、安ければやるよ・・・
と随分と高い位置からモノを言うような人、そしてただ純粋に何も考えず俺の作品が

欲しいと言ってくれる人・・・さて今回は・・・?とこんな話になる。

それじゃ一応やる可能性がある以上・・・とキウイとタピオカに先日の夜中に電話をする。
この話が具体的になった時の金額からおそらく戦力として考えられるのはこの2人となるから。

内容は翌日の朝、具体化した話が出た時に先方がご理解してくれた場合、一体2人のやる気
と実際来られる日程を聞かせて欲しい・・・と。

おそらく俺とかぐや、キウイ、タピオカの4人で仕込み、現地でタイル屋さんに取り付けを
して貰うか、予算次第では俺と日高氏が新潟へ取り付けの1日施工出来るか?
その位の規模の話が最大であろうと思われた・・・・

それを踏まえた今日の電話の内容は、広告代理店がお客さんにお話をする為の大まかな情報や資料としての話で、それが終わり次第連絡をしてくれると言う事になる。

その中の話の重要な事は、ただモザイク看板が欲しいって言うのなら、俺より安く早い
ティ-ア-トさんを紹介します。俺は俺の作品をどうしても欲しい・・・と言う熱意のある

人の作品しか作れませんと・・・。何故なら、工期も決まっていて携わる人達にせめて
最低保障の賃金を確保も出来ない状況では、4人も予約が入っている人達をずらし

更に、今4ヶ月目のママの作品をもずらすだけの価値が無い・・と。
つまり無理してやるのなら、お客さんに欲しいと言わせてもらいたい・・・と言う事。

まずはそこ。そう伝えた。慌てなくても仕事はある。ただ俺の欲しいものの1つは礼儀なだけ。作り手にやる気にさせて・・・・と言う・・・ね。

別におごり高ぶっている訳じゃない。最もシンプルで最も当たり前の事。代わりが出来るのなら、俺じゃなくても良いはず。俺は俺にしか出来ない事を仕事にしたいだけ。

だから今後もいくらお金を積まれても、そう言う熱意のある人の仕事をしたいと思う。
例え貧乏だろうとも。後々振り返られて誰にでも作れる無様な作品をプロとして世の中に残す醜態をさらすよりも、ましだから。

売れると言う事は明らかに過去を振り返って貰う事なのだから・・・・

まっそんなこんなの常連さんの教室から。本来さくら教室だったのだけれど、今日も
相席教室になった。そんな中、先に来たのが常連さん。

それが今日も男子フィギュアだったのね。当然ワンセグで観戦しながら教室。
こう言うのって凄く素直に相手の気持ちが見られるのね。

そうねぇ、若い頃に女の人の部屋で音楽を聴くなんて場面なんかと同じで、心のドアが
チラッと覗けたような・・・思想までとは言わないけれど、こう言うのってちょっと

面白い。あぁそんなのが好きなのかぁ?とか、えっそれ駄目なの?とか、普段と違う一面が
見られた時は、教える時の資料にもなったりする・・・・

まっ常連さんは結構、元々自分を出す人なので特に変わった事が無かったので、
ある意味想定内の観戦になってしまったのね。あはははは

まっそれはそれとしてバック。良くこの経験値でここまでコロを切っているのね。
しかもおそらく次回は完成で目地して新作・・・なんてこっちが戸惑う・・・

どんだけモザイクやってんだか・・・

そんな中、さくらがやって来る。


調子悪いんだろうな・・・でも頑張ってるわっ・・・奴はいつになったら元のように
なるんだろうか・・・何も気にせず元気なさくらを見てみたいわ・・・・

それでもこうして月に1回でもアトリエに来て、少しでも前に進もうとしている・・・
見ていて痛々しい気持ちもある。そしてそれを相席させている残酷さもあるが、

必ずさくら復活の役に立つはずである・・・この作品はそれだけ価値のある作品なのだから

そんなこんなで2人が一緒に帰った・・・・さくらの帰りはいつも俺が送って行ったが
こう言うのも良いのかな・・・と思う反面、少しだけ物足りない気もした・・・・






コメント (2)

~お知らせ~

2010-02-19 08:08:40 | 世界遺産をみんなでつくろ!
本日サーバーメンテナンスのためお教室ホームページ「タイルアート・モザイクタイル教室KATSU」はご覧いただけない状態が続いておりましたが、復旧いたしましたのでお知らせいたします。
ご迷惑ご心配をおかけして申し訳ありませんでした。

~以下サーバからのご案内~

2月18日 (木) 23:00より実施しておりましたネットワークメンテナンスに関連して発生した障害に関しまして、2月19日(金)17:30に復旧が完了致しましたので、ご報告いたします。 皆様におかれましては、多大なご不便・ご迷惑をお掛け致しましたこと、深くお詫び申し上げます。
コメント