katsuまるはだかぁ 芸術家への道

モザイクアート一直線のkatsuくんの日記

かるびの姉さんとみどりの親子教室

2018-01-31 00:47:47 | モザイク教室
今日はかるびのお姉さんとみどりの親子教室。本来ならかるびと3人にしたかったらしいが、日程が合わずに2人になっちゃったらしいのね。さて、そんなお姉さんは結婚するに当たって忙しい時期になってしまったのもあって、自宅ではやっていないらしいのね。となると、普通に考えると後7回。

ただそれとて忙しくなれば、少なくなる事はあっても増える事は無い・・・となると、話半分位に考えると、後3回位で何とかなるようなアイデアが必要になるだろうな・・・そんな事を含みつつって話で進んだのだけれど、何しろ今やっている事自体が細かくて大変な事だらけ・・・。

これが自宅でやっていた以前は、月に1回のアトリエだけよりも進み具合が良くなるだけでは無く、切る事にも慣れて来るが、久しぶりに大変な事をする・・・1か月振りに・・・ってなるのと、半月やって無かった・・・とでは、忘れ度が大きく変わって来る。

つまり進み具合も良いし、忘れ度合もそこそこで済む・・・って復習ありと、無しとでは、ダブルで変わって来るのね。ただ話はそこだけでは無く、実は結婚と同時に遠方に行くのかも・・・と含みがあったが、近況報告としては、それが無くなり今の住まいから1時間圏内に住むようになったらしいのね。

それがモチベーションとしての切羽詰まる感覚と、そうでは無くなった安心感とでは、やらなきゃ感は薄まる。こんな気持ちが上乗せになる。当然それはみどりにも言える事で、さようなら・・・的作品だったものが、良かった・・・に変わるのだから、制作する事は何も変わらないけれど、制作する気持ち

としては、全く違って来る。こう話すと、何だかマイナス面ばかりに聞こえてしまう人もいるだろうが、是正するには、まず事実を認める事。仮にそうだとしたら?そこを直そうとする努力をする・・って事が出来るが、そこをおざなりにしたり、曖昧にして受け入れるフリをしているようでは、直す気持ち

は、はなから無い事になり、つまりマイナスの方向へ進んで行く事になる。しかも、目的意識が変わってしまっているのだから、意図していた事とは全く逆の事をしている訳で、辛さも倍になる。そこを意地だけで進めるか?となると、ほぼ不可能だろうね。つまりリタイヤなんて事も考えられる。

そこも踏まえて考えないと、楽々進む事が何処にも無いのね。2人共にね。だからこそ、誰にでも出来る話じゃなくて、そう言う覚悟がある人が作っている作品だから、例えその本人であっても、覚悟が揺れるような出来事になる・・・と言う事を、自覚すべきなのね。

まっ、良い事と悪い事は背中合わせなのだから。ただ、それさえ理解出来れば、当初やろうとしていた事なのだから、別に何も変わっていないはずであり、変わったのは自分の心のみ・・・そこを立て直せれば何も変わらない事なのね。それで、もしここまで理解して立て直せたのなら・・・?

その上で、それだけ気持ちの変化があった事を認めた上で、ホッとした・・・良かった・・・って気持ちなのだから、その気分をちょい足し出来れば、あの時の寂しさ分が和らぐモザイクになると思うのね。それをいちいち、単なる感で気持ちのままやっていたら、上手く行く確立と上手く行かない確立、

どっちが多くなる?って質問にもならない事が起こって当然。そもそも聞かずともに、今まで起こって来た事通りか、それ以下になる事間違い無し。そもそも確立が良くなると言うのなら、自分1人で続ければ良いだけで、誰の意見も聞かなくて良いはずなのね。

聞きたい・・・って言うのは、受け入れる前提では無いと身にならないのね。所が、ここもしっかりしないと、その通りにしないとならないのか・・・みたいになるのね。そもそもそこが間違っているのだけれどね。要するに聞く前の自分は一体どんな感じなのか?なのね。

例えば自分がある・・・って場合、最低1つは自分の意見がある事になる。じゃそれで良いじゃん。けれど、聞きたいって人は、受け入れる姿勢があれば、1つ教えて貰えば自分のと合わせて2つになるが、受け入れる姿勢が無い場合、聞いた所で変わらず1つのまま。

更に言えば、気持ち1つで聞いたり聞かなかったり・・・その時によって・・・って場合は、そもそもが受け入れようとしている割合が少な過ぎだし、気分だから、一体どんな気分の時には受け入れて、どんな時に受け入れられないか?って話になるのね。あはははは。

それが気分が良いから受け入れる・・・では、自分の上乗せみたいな気分になるから調子に乗る場合もあるし、困った時だけ受け入れるでは、マイナス気分の時・・・つまり、自分の意見が何も出ず・・・みたいな時だけ・・・これでは結果はやる前から見えている。

こんな事が全ての事に人ってのは心があるから、株だけじゃなくて変動するのね・・・それを一定にするのは、株より簡単。自分自身だけの事なのだから。作り手の心なんてもんは、簡単に説明するとそんなもん。それじゃ、そんな事を踏まえて、これを見て貰うと・・・


先日のアーチストに手渡し出来るプレゼント作品・・・完成したんだけれど、どう思うかな?まず下地は1点モノ。これは俺が作成したのだから、そこを疑うのなら来なきゃ良いだけ・・・だから、そこに問題は無い。皮ひもはかぐや制作。これも別売りだから買うも買わぬも自由。

選んだのはみどり。じゃある事を良しとした訳なのね。それを踏まえて、ギターのモザイクは全てみどりの実力。では、さっきの作り手の心理だけで進めると、2度と無いかも知れない手渡し・・・憧れのアーチスト・・・どう考えても全力である。しかもあの大作の腕ありきでね。

しかも気持ちとして、それを付けてくれるかも・・・・なんて想像をしたら、モチベーションは最高だろうね。なら、調子に乗らなきゃ間違いがあるはずが無いのね。アドバイスはバンド仲間に欲しいって言われるように・・・とか、逆にみどりが作ったって言われても恥ずかしく無い作品?って、

叱咤激励のみ。後は良く見て作る・・・たったこれだけで、こうしたグレードになる。これならkatsuに習ったって言われても、みどりの作品って名乗っても、この作品で腕を判断されても、別に恥ずかしく無い作品になっているから、何の問題も無いと思うのね。

何しろ心持ちがこれ以上のものが無い感じがしないかな?・・・・その対極にあったのが、娘を失い、娘の幸せを喜ばないとならない気持ち・・・こんな複雑な気持ちを表現しようとしているのだから、似ているギター作りとは格が違うのね。ただそれとて、作り手の心持ち1つで変化する。

全て同じです・・・って言うのは簡単だが、それを言うには、それ相応の覚悟が必要で、軽く口にすると安っぽい。ただ、このギターには楽しさが詰まっているように見えるし、貰った人の顔まで浮かんで来る。それが本当なら、一体今の気持ちの変化の中、2人の作品はどう変わるのだろうか?

そんな中、さくらがやって来て・・・まぁ心に重い荷物を持ってやって来て・・・・実は今年2度目なんで、新年のご挨拶は終わっていたんだけれどね・・・とは言え、誰であっても、言う事はこんな事の繰り返しだけどね・・・。後は受け取る側の問題なのね。そんな中、俺もついでに目地。
コメント

野暮用とその後は根付風味の小物

2018-01-29 23:22:38 | 休み?
今日は夕方まで野暮用があって、帰って来てからは根付風味の小物。世の中の便乗的なモチーフで、パンダなんてもんを初チャレンジ。それとモモンガ。色々とやって見ているのね・・・それと今まで作ったモノをかぐやに送ったんで、いよいよネットで販売準備完了。

何だかんだ60個位あったのね・・・興味があったら覗いて下さいませ。
コメント

みどりにカルビにリピーターさんに班長の相席教室

2018-01-29 00:16:11 | モザイク教室
今日は相席4人のお教室。


結果から言えば、リピーターさん・・・惜しかったのね。終わると思っていたんだけれど・・・。カルビはお疲れモードで、仕事が忙しいみたいで・・・ある意味、良く来たね・・・って感じだったが、そんな中、良く頑張っていたのね。みどりが一番余裕があったようで・・・ギターを終えてからも、大作

も進めていたし・・・そして班長なんだけれど、白いラインが終わって、いよいよ後は緑のバックをひたすら入れるんだけれど、恐らく後はバックって気持ちだったんだろうね・・・そこにもう終わるって油断しちゃったんだろうね・・・すると、思い通りに進まない事に気が付くと・・・これ厳しいって。

・・・ただ一旦、楽勝気分を出しちゃっているから、立て直すにも、もう楽に出来る・・・と思えば思う程、ダメージは大きいのね。それが緑色に入った瞬間にダメージを受けたから、みどりの呪い・・・って、みんなの笑いを誘ってたのね。言われたみどりは、とばっちりだけれどね。あはははは。

まぁこの4人の相席は何度かあるので、最初から最後まで和気藹々で笑い声が絶えないのね。まっ、1月だし、まだ緩いのも悪く無いかな?・・・ってのもあるし、今後のお知らせみたいな話もしたし、それだけでも前向きな感じだったのね。こんな感じの中なんで、俺も一緒に・・・
コメント

kameyaさん出張教室と根付風味の小物

2018-01-28 01:16:21 | モザイク教室


今日は今年初めてのkameyaさんの出張教室なんだけれど、今日から12時からだったのが、10時からに変更になったので、9時には出発。亀有カルチャーみたいな感じの出発なのね。それが途中、木の剪定だったり、電線の地中工事があって若干の渋滞があったけれど、きちんと間に合って何より。

そんな中、ここの所の定番の近況報告と相談・・・なんて事からスタート。勿論、年頭のご挨拶してからだけどね。まっ、1回目から色々言うのも何だし、難しい事はあんまり無しって事にして・・・・。そうそう、それがここでは根付風味の小物が大人気なのね。

下地もあれこれ頼まれたり、ご購入もあり、何よりだったのね。それが棟梁は夏に盆踊りとかするらしく、浴衣だの、着物に詳しい所か自分で作れちゃう人だから、和装の事を色々質問して・・・今後の展開の話も出来たのね。そんな中、大作疲れって言うので、じゃ、箸休めにでも根付風味の小物でも、

やって見ては・・・と気分転換になるかな?・・・と思いきや、何枚も張らないうちに、こんなの箸休めじゃなくて、ほとんど真剣じゃないですかぁ・・
って。あははははは。ただ、とは言え、細かいとは思うけどね、タイルを持つ手は厳しいけれど、慣れれば大丈夫。

ちょっと経てば、楽しそうだったんで何より。そんな後は、俺の方が気分転換にもくもく館へ。1時間の気分転換をしてからの・・・。


コメント

くじら教室

2018-01-28 00:50:57 | モザイク教室
今日はくじら教室・・・って入れたはずだったのに、何だか消えちゃって・・・。それでザックリ。今年1日目のお教室だったんだけれど、どうやら風邪を引いちゃったらしく、若干途中から辛そうに見える感じ・・・。ただそんな中なんだけれど、前半に伝達事項。

色々と今後の展開次第で手伝って貰いたい事があって、それをひとまず、もし決まったら・・・こんな事があるって話をしたのね。ただ、正式に決まれば・・・の話で、決まらなければ何にも無かった事に・・・って話なんだけれど、決まれば即みたいになるから、事前にお知らせしとかないと・・・ね。

まっ、ひとまずお伝え出来たんで、気持ち作りには役立つとは思うのね。後はその時に、何日くらい空けられるか?みたいな話。いずれにせよ、まずはお大事に・・・って事で、早く元気になって・・・なのね。
コメント

ご新規さん教室と根付風味の小物

2018-01-26 00:15:16 | モザイク教室
今日は午後からご新規さん教室。それまではちょっと根付風味の小物作り・・・そんな中、送迎に駅で待つと、何やら目が合った方がいて、車から降りると、どうやらそうらしく・・・ご挨拶をしてアトリエに。

それがお話を聞いているだけで、かなり楽しみにして下さっている事が伺えて・・・更に先生が送迎して下さるなんて随分手厚いお教室だなっ・・・って主人が申していて・・・って、お教室前にねぎらいのお言葉も頂いたりして・・・そんな中、いつもの質問で何かご希望がありますか?と言うと、

鍋敷きが・・・と言うので下地の確認に行くと、こじんまりした大きさはあったものの、やはり大きさに物足りなさがあったので、急きょ作成。そんなこんなで始まりたいのだけれど、アトリエ内のみんなの作品やら、カタログ、タイルやガラスタイル・・・・見ているだけでテンションが上がるって。

まっ、それはそれで楽しみなら体験だし・・・って事で、若干スタートが伸びちゃったりして・・・そんなこんなで、あぁだの、こうだのと、悩みつつ何とか完成ぃぃ。頑張ったのね。すると、気に入って貰えたようで、来月のご予約も頂いて・・・・こう言う時、ちょっとホッとする・・・。

続けて見たい・・・と思って貰えたのね・・と思うとね。いずれにせよ、また・・・って言う事が大事で、この、また・・・って言う、一見簡単そうな言葉を言える権利とでも言うのかな?・・・この、またってたった2文字が俺にはとても重要だったりする。

何しろ体験の1回でモザイクって・・・って伝えられたか?となると、次があるか?無いか?は非常に重要で、足らなかった事があれば、補えるし、もしこの時点で楽しいと思って貰っているのなら、今回よりもっと楽しいと思える提案を出来たりするチャンスが貰えた訳で・・・。

いずれにせよ、そんな事を思ったりするのね。そんなお教室の後は、朝の根付風味の小物の続き。
コメント

今年初めての高洲公民館のサークル活動

2018-01-25 07:48:19 | モザイク教室
今日は今年最初の高洲のサークル。みんなお変わりなくお元気そうで何より。


初日からあれこれ言う気も無いので、和気藹々が何より。それが年が明けたってだけで、1か月に1回のスタンスとしての時間は一緒なのに、長期のお休み後は色んな話を持っているのね・・・みんな。もう話が盛りだくさんって感じで。

ただね、今回は俺もみんなに報告があって、今こんな話を持っています・・・もし正式に決まったら、みんなにも協力して貰いたい・・・そんな話。でもね、正式に決まっている話なら、お願いします・・・と、どれだけ時間が貰えるか?って具体的になるが、

決まっていない話をしないとならないのは、事前に言って置かないと、みんなも都合があるから・・・だから力なく、もしかしたら・・・みたいになってしまうけれどね、一応報告だけはね・・・これだけの作品を作る人達だからね。大きな戦力だからね。

決まる、決まらないは俺は決められないし、お願いするのは出来ても、やって貰えるのか、貰えないのか?も決められない。でも、決まった時は待ったなし・・・中々厳しいものがある。ただ、大変な事は大変な分、得る事もある。

それは実績として事実として残る。出来ると思う設計図では無く、これが出来ました・・・って言う事実を見せられる訳で。話が大きくなればなるほど、生かされる事になる。いずれにせよ、年明け早々にそんな話が出来たのは、悪い話では無いのね。

そんなこんなでまた今年も高洲のサークルが始まったのね。その後は、アトリエに戻って明日のご新規さんが使うかも知れない下地の作成・・・使うかも・・・とは、これを使って下さい・・・では無く、こんなのがあります・・・と数点見せる為。

何かこれ・・・って1つ見せられても、最初だからとは言え、選択したいじゃない?そんな気持ちから。その後、まだもう少し・・・と
、残りの時間で、こんなのを1つ。



ひらがなだから、一見簡単そうだけれど、シュールに難しいのね。ただこの細さも出来るようになったのね。まずまず。
コメント

雪の影響で・・・

2018-01-24 00:48:21 | 休み?
今日は本来、棟梁とみどりの相席教室だったんだけれど、あいにくの雪・・・2人共に車だし、何かあったら大変って事で中止となる。となると、無理してアトリエに行く事も無くなって・・・それなら自宅で・・・とモンゴルの下絵。

かぐやと以前の振り返りをまずした訳なのね。そもそも、例えば以前はどんな形で作ったのだろうか?となると、言いたい事を文字を隠して見たりして、色合いもあくまで額縁と考えて、割と地味に抑えたりもしたのね。それがローマの時は、色合いは抑えたが、

金魚を入れたりして和も取り入れたりもしたのね。それは大きな違いはローマの場合、日本語が話せる先生がいたりして、こちらの意図も伝わりやすかったのね。だからチャレンジもしやすかったのね。ただ流石にモンゴルも3回目となるとね・・・。

そこで社長さんに相談したのね。1回目は何をやっても初めてなので新鮮。勿論、ここで気に入られなかったら2回目は無かったはずだから、1回目は問題無かったと思うのね。となると、同じ部屋内なら1回目を引き継ぐような雰囲気のまま、あまり変えずに行ったのね

・・・そんな事を踏まえての3回目は場所が変わって、大学から国立の美術館。ここが考え方1つで変わって来るのね。そもそも大学なら3回目となり、また同じデザイン・・・なんて感じにもなるかも知れないが、場所が変われば1回目・・・。

しかも感じが良かったから頼まれたとしたなら、何の問題も無いじゃない?・・・・ってのが1つの考え方。それを、そこにご参加される先生の側に立った場合、やはり3回目な意識があれば、1回目の良さよりも、また・・・って気持ちにもなるかも知れない。

要するに慣れって話。それと、人の感じ方。例えば大学と国立美術館。同じ感覚に思えるかな?ここは正直に答えれば国立と言われると、大学よりも上な場所にも思えたりする。そうね・・・あくまでイメージね。個人の見解で言うのなら、新宿コマなら、ジーパンで

大丈夫な気がするが、明治座だの、帝劇って言うと、スーツに革靴な気がするのね。方や学生、方や大人で更にハクがある。そんな感じにね・・・って事は、カジュアルとフォーマルって比較にすると、どっちよりになるか?みたいな話なのね。

それが複雑なのは、じゃ大学ではどんなの作った?って言うと、おふざけ無しの完全フォーマルを決め込んだのね。そうなると、更に国立だからフォーマルに・・・とするべきなのか?それともテレビ業界で良く使われる、新参者が爪痕を残す的な発想で言うのなら、

折角の国立・・・katsu色出せば・・・みたいな考えもある。ただ、あくまで額縁である・・・って事と、先生方がメイン・・・って事を考えると、控えめにして来た事は事実。そんな振り返りをしていると、かぐやが今回は色を使いたいですよねぇ・・・と言う。

確かにモザイクの醍醐味の1つとして色合いは大事だったりもする。だから、今回は俺もそうしたいと思っていたのね・・・。だからこそ、社長さんにこう言う事が考えられる中、どう考えますか?・・・って聞くと、遠慮無く・・・と言われたのね。

その時点で今までとは変えても良い・・・と言う事にしていたのね。じゃ何をどう変える?って言うのは色合い。じゃ大義名分として、何をどうする?って事にした時、好き勝手に・・・って訳には行かない。そこでモンゴルに関係するもので色が使える・・・

そんなモチーフ。そんな事を踏まえての落書き・・・こんなのが良くあるモンゴルに関係あるもの・・・これをどうやって組み合わせるか?・・・上手く行けば、かなり色が使えるようになるのね。果てさて・・・。
コメント

M・Y・Yコミュニケーションの社長さんと社員さんがいらっしゃる

2018-01-22 21:06:57 | イベント
今日はお昼に久しぶりにM・Y・Yコミニュケーションの社長さんと社員さんがいらっしゃる・・・察しの良い人は何がこの後にあるか?が判るだろうが、実はまたモンゴルの話があるらしいのね。それが前回まではモンゴルの大学だったが、今回は国立美術館らしい。

ただ色んな諸事情で現地には行かないが、仕込み・・・また額縁を作る仕事なのね。4月の後半までには完成させて現地に送る予定。
そんな話を持って・・・。そんな午前中は昨日の続きの根付風味の小物のペーパー掛けをして待つ。


そんなこんなで、いらっしゃるも、移転してから初めて・・・当然、あんな事、こんな事、話さないとならない事もあり・・・。ただ、事実のみなんで、もう1年経つと多少それについては聞かれて話す事数度なんで、質問されてもそこそこ答えられる・・・。

まっ、住めば都なる言葉があるように、ここにも慣れているように見えたのかな?・・・ここ良いじゃないですかっ・・・って。
まっ、お陰様で何も無かったように過ごさせて貰っていますよっ・・・ってな話。そんな話の中で、懐かしい話になって・・・。

そうね、前回のローマでは現地で社長とはお会いしていないんで、その前のモンゴルの時まで戻ると、震災の時なんで、随分と前の事になる・・・。どうやら話を聞くと、あの時とはまたモンゴルは変わったらしく、以前泊まったホテルもリニューアルしたらしい。

そんな話をお昼ご馳走になりつつ、ひとまず終了。今日は詳細とご挨拶のみ。正式な依頼となったのね。そんな中、雪が強くなって来て・・・ひとまず根付風味の小物を仕上げると4時・・・そこで窓から覗いた風景に・・・・げっ。急いで帰らなきゃ・・・。

何だか大変な感じになっちゃったのね・・・・

コメント

全力で根付風味の小物下地

2018-01-22 07:57:33 | モザイク作家
今日は今まで写し貯めていた根付風味の下地彫り。お昼も抜きでせっせと作っただよ・・・って感じ。何せ雪が降るなんて脅かされちゃっているし・・・休まないとならないなんて事になったらって思うと、気持ちがせかされちゃっているし。

そんな中、大家さんに差し入れのたこ焼き貰って・・・彫り終わって気が付けば4時。ご厚意で奥さんがいないから、まだやるなら使えば・・・と言われたんで、お言葉に甘えてペーパー掛け。まぁ冷えた事・・・そんなこんなですっかり夜。

何とか機械を使ったペーパー掛けを終えて、暖を取れるアトリエ内に。ただ暖かいだけじゃなくて、明るいのね。そこから2回目のベーバー掛けは微調整って感じなんで、明るく無いと見えづらいのね。その後、下塗りに。片面ずつ塗らないとならないから、片面を

塗り終わってからカップ麺を食べて・・・乾いたのを見計らって裏へ。この繰り返しを2回・・・・ここまで終われば、明日完成。
ここまでやらないと、この下塗りを同じ日って訳には行かず・・・この下塗りの後に、もう1回ペーパー掛けするからね。

乾かす時間が必要になるから。ただ塗るだけなら待っていれば良いが、ペーパー掛けとなるとね・・・固まらないと擦れない。そんなこんなで終わる頃には11時過ぎ・・・・そこまでやって40個程度。ただ1つ収穫は柔らかい木なら、親指の第一関節程度の小ささまで

彫れるようになったのね。ただとても時間が掛かるから、適性の大きさじゃないのね。やはり標準サイズは大人がOKって手でやった時の親指と人差し指で作った輪くらいの大きさなんだろうな・・・って感じ。いずれにせよ、作る段取りや手際は良くなった。

やはり作り慣れってものがあるのね。
コメント