katsuまるはだかぁ 芸術家への道

モザイクアート一直線のkatsuの日記

いつもの、心ある人が子供を連れてやって来た

2011-04-30 07:40:57 | 休み?
今まで折り合いが付かず2回流れていた恒例になっている日。とても久しぶりだ。
また一回り大きくなっていた少年。

昔なら、えっ?こんなに・・・と思う事が多かったが、キウイやタピオカの娘達の
恐るべき速さの成長を見ているので、きっとそんなだろう・・・と思っていたからね・・

そんなに驚きは無かった。大きくなったなっ・・・元気かっ?
そうしていつものように髪を切って貰って、お礼にご馳走して1日が終わる・・・・

淡々と書けば何でも無い1日になる。そう、もしこれが単なる家族だったら・・・
けれどそうじゃない。これは一体どんなのが参考例に当たるのか?・・・・

親戚の叔父さん?・・・・まっこんな気持ちからスタ-トするとね、1日使う金額は
決まっているから、その中でならどう使おうと奴らの勝手で良いのだ・・・

俺はかぐやのせがれの時もそうしている。それが奴はロッテが好きで釣りが好きで、
金魚が好きで・・・と行き先が俺に似てるから、俺がこれ買っちゃうぅぅってそそのかし

買ってあげる・・・って言う作戦で良い・・・かぐやのせがれはね。
じゃあ今日は?となると、特に目ぼしい事は無く、いつもほぼ同じ事を繰り返す・・・

そこで金魚屋さん行くか?って・・・いつもと変えると大きく喜びもしないけど、
アトリエで話していて終わってしまうよりは楽しいかな・・・?とでも思ったのか、

乗って来た。そうして奴に金魚を買ってあげた・・・そもそも奴がアピ-ルして来ないと
たった1年に1.2回の付き合いではどうして良いものか?なんて判らない。

となると結局、何食べたい?・・・回転すし・・・って決まってて、その後、何か欲しい物を買って終わるのだけれど、奴の言うままだとお母さんは付き添いになってしまうし

そこを日常品の買出しの付き合いを手伝う事でホ-ムセンタ-に行く・・・って言う事で
バランスを取っていたが、奴らは珍しく食事にお金を割いた・・・

そうなると奴に買ってあげられるものは少なくなると言う事になる・・・
だから金魚屋さん巡りになった・・・何ともたわいもない話なんだけれど、

後から知った事なんだけれど、奴の誕生日が近かったから美味しいもの・・・と
お母さんが考えたみたい・・・。ん・・・そっか・・・

母から目線で考えると、子供に普段より美味しいもの・・・となり、欲しい物を買う
行為よりもそっちを選んだ・・・物はいっぱいあるじゃない?と・・・・

でも奴はどうなんだろうか?本当は、回転すしで欲しい物買ってよっ・・・・だった
んじゃないのかな・・・?

けれど、それはそれで良かったって言うのかな?・・・・そればっかりは奴のみぞ知る。

こんな事は親であれば、どうなのかな?と側で観察する事が出来るが、いつも勉強だ。
奴の言いなりになれば、お母さんはしつけ・・・と言わんばかりに何でも買うなっ。と

言うし、奴はお母さんの目を盗んで買って欲しいし・・・何かめんどくさい・・・
俺は最初からこれしか持って無いから、お好きにどうぞ・・・なのに・・・

そもそも何を食べたか?じゃなく誰と食べたか?
やってやる・・・じゃなく、このお金で何がお望みだい・・・ぼうず?なのね・・・

プチ魔法使いのおばあさんなのね・・・あはははは。

奴はお母さんと2人で頑張って生きている・・・だからちっちゃいご褒美なのね。
今日はお前の好きにしなっ・・・そうしてちょっとだけ夢見て、また明日から

頑張りなっ・・・またおいで・・・って繰り返し・・・。
するといつか好きな女が出来たり、好きな男が出来たり、友達と遊んだり、

クラブ活動や勉強・・・って忙しくなって、俺との1日はいつか無くなって行く・・・
ただそれだけ。そしてその中で確実なのは、俺の思い出になって行く。

相手の気持ちなんて判らない。ただ俺の気持ちだけは変わら無ければ良い。
それだけはいつも変わらず真実ならば。いつも大事な奴らと接する時はそう。

常に心にあるのは、終わりが来るまで続けられますように・・・それが願い。

と言う訳で奴の今回持って帰ったものは、金魚4匹と1000円のラジコンカ-と
モンゴルのお土産とささやかなお菓子と豪華な食事・・・あははは。またなっ・・・

みどり教室

2011-04-28 22:30:28 | モザイク教室
俺、かぐや、いよいよ3枚目完成したのはみどり。来月末には鎌倉に送らなければ
ならないから、そうなると来月中旬には完成したい・・・

一応決定では無いが、かぐやが目地をしにやって来る予定となった・・・・
そんな事からも催促となるが、参加者にはこのゴ-ルデンウイ-クに頑張って欲しい。

その様子を見てかぐやの日程を決める事からもよろしくね。

ではみどり作品の総評。葉っぱの葉脈の中心のズレは気になるも葉っぱ問題無し。
花も問題無し。しいて言えば、中心の丸から伸びている花とのつなぎ目になる緑の茎が

ラインとして直線ぽいのは気になるが、他は全く問題無し。総合的には良いんじゃない。
良くかぐやと俺の作品を観て作った・・・って感じられるね。

盗み切った・・・お見事。一人でここまで出来れば上出来です。

さてそれでは自分の作品は・・・


こちらも終わりを迎えようとしている。そうねぇ・・・次回完成で良いんじゃないかな。
目地について・・・の話も出た事だし、やはり完成が近いのは間違いない。

そしてチラッと新しい作品の構想なんかも持っていたのね。
中々やるのね。 一応参考になるような話はして置いたので何かの役に立てば・・・と。

まっ焦らずしっかりまとめると良いのね・・・・構想。


さくら教室

2011-04-28 07:19:46 | モザイク教室
張り終わった。何か非常に調子が悪そうだったが、ここの所の2回は完全に気迫のみって
感じだった。ただそれも悪くない。気が張っているって言うのは、外部から何らかの

圧力なんかが掛かっているような状態をはね返そうとしている・・・プレッシャ-・・・
こんな時に起こるもの。

そしてそんなものが掛かるって言うのは、気の弱い人が追い込まれるような時や、
実力者が更なる高みを望まれている時などに起こる状況下にある。逆も真なり。

更に掘り下げれば、その圧力と言うのはその状況下から逃げない以上、高みを目指すしか
方法は無いと言う事。そして更に、その圧力の大部分は側にいたのにその人の成長を

感じ取る事の出来ない老婆心か、その人を見た目で判断してしまった素人のいずれか。

そして更にその圧力を掛けられている者は両者のいずれも持っている・・・だから、
本来、言われている内容についても応援される以上、理解出来なければならず、

だからこそ叱咤激励に耐えて花を咲かす事の出来る、ごくわずかな絶滅種となる・・・
そもそも花が咲かないと判らない人の方が多い訳で・・・

これは花が咲く・・・と観つけられるのは専門家や目利き、スカウト・・・投資家、
そう言った通常よりも一歩先を歩く人のみに備わった特殊能力。

だからこそ、花を咲かすまでに時間が掛かると、激励よりも叱咤の割合いが多くなる。
まだ叱咤されている状況なら構われているのだから、日常の叱咤の中にも

たまに水も貰える事もあるだろうし、外からの雨も偶然振ることもある。がしかし、
温室育ちでは管理の下で生きているので、ビニ-ルハウスの中には雨は振らない・・・・

こんな比喩からもさくらの場合、温室に育っているのならビニ-ルハウスに穴を開ければ
雨は入るし、時には塞が無いとならない・・・そんな役目かも知れない・・・

俺が出来る事はさくらに接する事。良い事も悪い事も同じように・・・・そしてその中で
さくらの活路を見出す事が先人の役なのだけれど、頑固だからそう簡単では無い・・・

まずビニ-ルハウス内である事の確認から。しかしそれはそこにあるべきなのか?
そうでないのか?の前の何処に今いるのか?の確認。

しかし中々その一番簡単な今何処にいる?これがそもそも間違っている人が多い・・・

まず事実の確認をする。老婆心を言う大抵の人はこの時点で怒ったりするね・・・
事実を認められない・・・これでは先には進めない。良くある封建的で立ち止まるタイプ

そうに決まっている・・・仕方無い・・・今までそうして来た・・・なんてね・・・

まずそこをクリア-出来れば、正義の押し付けでは無く、相手の出来そうな事を探す。
何しろ経験値が無いのだから、軽い経験値で慣れる・・・って事で萎縮しないように

出来るように・・・と繰り返す。出来ないのは経験値の無さと精神的な萎縮による、
失敗するに決まっている・・・と言う思い込み。まずはここの排除。

教える側としては、自分が成功者ならこうするべき・・・こうしろっ・・・・と
押し付けるような上目線で聞く、聞かないは自由・・・むしろ聞かないのなら去れ。

こんな態度でも良いのであろうが、実力と言うより経験値のみの指導者となると、
自分の経験値の範囲でこうして来たんだけれど・・・いかがなもんか?となり、

教えられる側としてはきちんと選択しないとそれはそれは窮屈なもんだ。
そもそもどんな指導者が好きか?となるのだから・・・選択権があると言うのは。

昔のように選択権が無ければ、他を知る事も無かったし道徳の時間は先生の質問に
みんなで声高らかに1つの決まった答えのみを言えば良かったものね・・・

しかも学校も先生も選択権なんてそうそう無かったもんね・・・

さくらのように俺のような生き物に出会った事が無ければ、それはそれは慣れるまで
大変だったろうが、それはお互い様なのね。

しかも人は進化もするし退化もする。そこを見抜けないと先人にはなれないし、
仮に見抜けなくても、見抜けてないよ・・・と言われるくらいの関係で埋めれば良い。

関係は築くものでこれが正しいって言うものは無いのだから。しかしそれにも
築こうとする姿勢が無かったり、築き方が間違っていると基礎の無いものになる・・・

人の関係も建築のように基礎は大事。ならば修繕もあるはず。ならば・・・
さくらのように宮大工を雇わないとならない特殊な施工で出来た建物もある・・・

俺に出来るかな・・・あはははは。何しろ努力だけは惜しまない。いつものように。



んで、こんな感じ。



しかもその指導者が親だとそれは両者共に結果が伴わないと窮屈な関係にもなる。




梟の下地完成・・・そしてモザイク開始

2011-04-27 05:37:50 | モザイク作家
枠をどうしよう・・・か?と悩んだものの、結局収まる所に収まってしまった。
この木ではきちんとした丸だの楕円だのと切っても、焼いて良さが出る・・・って木、

そうなると結局、こう言うランダムな形の方が見栄え良くなるのかな・・・?となる。
ただそれも本当に?・・・としばらく悩んだものの、特に下絵の時のように、

これでしょ・・・って言う決定打は無く、次に入る為の送りバント的になった・・・・
と言う訳で次に進む事になる・・・

送りバントしちゃったし、また送りバントかよっ・・・って言うのが嫌でね・・・
今までと違うもの・・・って・・・と考えた末、それじゃ通常のモザイクにしよっ・・・

となる。普通は1cmタイルなら1cmタイルのみでやる・・・それが普通のモザイク。
ガラスタイルならガラスタイル、大理石なら大理石・・・それが普通。

だからそうして来なかったのだから、オ-ソドクッスで良いのかも・・・となる。
そこで一体何でやるのか?となる・・・すると目の前に使えとばかりエミリアがあって

照りが無いってのも悪く無いかっ・・・と下絵を見て、そんな気分になってね・・・
とは言うものの、全部って言うのもねぇ・・・だから今回はちょろっと1cmタイル。

そんな中・・・・

それがねぇ、モンゴルに行くにあたってタバコ止めてね、今も続いているんだけれど
特に平気って言ったら平気なんだけれど、お腹すくとダメでね・・・しかも年齢から

早起きになり過ぎてね・・・最近5時には起きちゃっているのね・・・当然早寝になる。
しかも知らないうちに寝てて、何かあっと言う間に朝が来る・・・の繰り返し。

つまりきちんと規則通りにご飯を食べると平気なのね・・・タバコ吸わなくても・・・

そんなだから、支度してアトリエに行くのも早くなる・・・すると角嶋の親父さんより
早く着いてね・・・えっ?なんて顔されてね・・・・あはははは。

昔はそんなの当たり前でね・・・アトリエ泊まっていたからね・・・その頃は。
だからこんな展開しばらく振りで懐かしい。

ここんとこ、この展開多いのね・・・良く親父と会うのね・・・
この早起きkatsuの展開に一番慣れないのが俺。生活がガラッと変わって時差ぼけになる

悪くは無いけど、まだ慣れない。



リピ-タ-さん、ウエルカムボ-ド完成

2011-04-26 06:01:19 | モザイク教室
宿題だった文字もやってあって、今日はアトリエでバックのクラッシュのみ。
とは言うものの、そのバックと目地の完成までで6時間弱。

アトリエ3回で20時間と自宅3回の宿題を持ってして完成。これだけじっくり時間を
掛けると、例え初めてのモザイクでもこうして結果が出る。

来月のご結婚に立派な花を添える事が出来るだろう・・・とても素敵な作品になった。

モザイク初めてであるのにも関わらず、1cmタイル、コロ、エミリアといつもなら
ぺきぺきを進める所もこうして頑張って下さると結果が出る良い例になった。

しかしながら残念なのは、これでおしまい・・・体験教室って言うのはそう言うもの。
これだけ出来るようになったんだけれどね・・・・

さてそんな中、俺はって言うと梟の確認が取れて明日から下地作りとなった。
でもね、実はそれを見込んで前倒しって感じで進んでいたのね・・・

だから開始してます。画像は明日から・・・

特に何にも無い1日

2011-04-25 06:52:35 | モザイク作家
先日、選挙って事を知り、何と無く選挙と何と無く金魚屋さんと、何と無く下地の練習と
・・・・ってすべてが何と無く終わる・・・

すべて今日やらなきゃならない理由は無く、選挙だけは・・って言うやる事があったのは
外へ出る理由が1つあった・・・って事でもある。

そんな中、すべての用事が終わる頃、母から電話。
と言う事で、筍ご飯を食べに行く事になった・・・・そこに父がいたものの特に話す事は

無く、母がモンゴルはどうだった・・・?と聞く。まただ・・。
ただ聞く耳が父とは違う・・・あのさ、俺仕事で行ったのね・・・しかも仕込み入れたら

1ヶ月は掛かったよっ・・・何分で話そうか?って言うと、えっ・・・・って意味が判った

と言う事で、割と真面目に聞いていた・・・こんなに時間掛けて話すのは久しぶりだった
ここに来られなくなるように頑張るよ・・・後は生命保険の解約は終わったよ・・・

これを伝えられれば今日は終わり・・・判っているのかな・・・?嫌、判ってくれたかな?
嫌、結局何も伝わらないんだろうな・・・?って判っていても、一応伝えた・・・・

知らなかった・・・と昔から変わってた・・・の2つのセリフしか無くなってしまったら、
切ないだろうな・・・と思って・・・・。

オ-ドリ-教室

2011-04-24 08:17:06 | モザイク教室
先週に引き続きオ-ドリ-の見た目の調子は良く無さそうなんだけれど、進み具合は
先週と同じで近来まれに見るスピ-ドである。

しかもグレ-ドが下がっている訳じゃない。だから何も問題は無い。
やはり何かを吹っ切った・・・とか、何かやる気って言うような今までとは違った、

スイッチが入ったような・・・いずれにせよそんな違いがある。
確かに実際見ると判るが、終わりが近づいているような重さは感じられるのね。

あの大作が終わるんだなっ・・・って言うある時から感じる作品の重み・・・。
今日の荒れた天候の中でも、まるで何にも無かったようにスイスイとやって来る姿は、

気迫すら感じる・・・しかも凄いのは、最後に一緒に観て総評のような事をするのだが
離れた時、まだまだ張るとこあるなぁ・・・と表現したのに、

次、何作ろうかなぁ・・・って。まだまだ終わらない・・・って知った上での表現だから
初期の頃に言ってしまうようなものでは無い。

しかもそこを突っ込んでも笑えるのだから、見た目よりも落ち着いているのかも知れない
そしてもしかすると今のオ-ドリ-にはモザイクが必要月間なのかも知れない・・・

この調子ならしばらく順調に進むのでは無いか・・・と思われる。

梟の下絵完成

2011-04-23 06:52:19 | モザイク作家
ん・・・何枚か描いては見たものの、これって下絵は無く毎晩帰っても調べ事・・・
そこで1つ発見があった。それは梟は人気があって色々なモノが出回っているが、

羽を閉じて木にとまっているようなものだったり、羽を広げ飛んでいるようなものだったり・・ポ-ズからも可愛い・・・を全面的に出しているように見えるものが多い。

そこで俺らしさ・・・を探す。俺ねぇ・・・、梟は猛禽類。そんなに可愛いだけじゃない
そもそもフェイクにも近い・・・・ん・・・・生肉喰らうのね・・・梟は・・・

ん・・・・と考え抜いた結果、1つのキ-ワ-ドを見つけた・・・それは威嚇。
どんな鳥も威嚇行動って言うのがあって、それは羽を広げ大きく見せるもの・・・・

でもそれだけじゃなくて、求愛のポ-ズも同じように見えるものなのね。うふふふっ。
良いんじゃないぃぃ・・・それって。らしいのね・・・・俺っぽい。

威嚇と求愛って実に反比例な行動。嫌いです・・と好きです、が同じ態度って・・・・
じゃ決めるのは相手次第って事? あり得ないぃぃぃ・・・・あはははは。

って事で、こんな具体的に答えが出れば調べ事なんて簡単。

パソコンってさ、凄い機械なのね・・・何でもかんでもすぐ判る。けれどね、
俺の作りたい梟はどんなですか?って入れても何にも出て来ない・・・

つまりどんなに便利になったとしても、必ず自分の意思の手掛かりくらい何かを入れないと、何にも相手には伝わらないものなのね・・・

でもね、きっと同じ種族同士なら威嚇か?求愛か?判るのかも知れないけれど、
梟じゃねぇ・・・・俺達に判るのかな?・・・・さてどうしましょう?

良いテ-マになった。ここまで具体的になれば、調べ事もピンポイントになるし、
後はここが俺の気まぐれなとこなんだけれど、今回は梟に見えれば良いや・・・になった

だからこんな梟はいないのね。色々な種類を合体して見た。それとやっぱり梟は
とびきりのでぶっちょじゃなくちゃねっ・・・あはははは。

俺の作る生き物ってやっぱ全体的にでぶっちょ多いのね・・・でぶっちょ好きなのかな?
何か痩せてると貧乏っぽく見えるんだもの・・・元気悪そうだし・・・

ならまだでぶっちょの方が良い。と言う事でこんな感じになったのね。
もうこれで良いでしょ?どうやら着陸した感がある。

震災後初めてのタピオカ教室

2011-04-22 07:05:33 | モザイク教室
久しぶりなのね・・・・タピオカ教室。震災後、何度かアトリエで会った。
だから元気だったのも知っている・・・ただそれは顔を見た・・・位に過ぎない。

実際、教室をやるくらい時間を一緒にいると言うのは、相手の気持ちの伝わり方が全然違うもの・・・・そう、だってタピオカは新浦安に住んでいるから・・・・

前日に震災時の画像をネットで観た・・・それはそれは凄かった・・・
見慣れた風景だから良く判る・・・液状化・・・・お洒落な町だったのに・・・・

ほんの一部を観ただけだが、とても気持ちが痛かった・・・俺のお客さんは結構
新浦安は多くてね・・・・仙台も被災地だけれど、こんな近くでやはり被災地・・・

何故観たか?これって俺には大事なのね・・・確かにニュ-スでは知っている。けれど、
どうも人って言うのはテレビで観たものでは臨場感が伝わりづらく、流される情報になる

しかしネットの場合は、観たい部分に戻る事が出来る・・・何度でも戻って・・・
しかも主要部分しか映らないテレビと違い、情報は身近なものが多い・・・

たったこれだけでも知らないよりは知った上で会えば、簡単な気持ちで接するのでは無く
判らないながらも無防備な話し方にならないように注意は出来る・・・のでは無いか?

全く知らないってよりは・・・に過ぎないだろうけど・・・。

そんなこんなで教室・・・って言うより、今後の新浦安での活動の確認とか、
詳しい様子とか・・・きっと近況報告だったのかも知れない・・・・

そこにはかぐやもいた・・・何をするか?何が出来るか?もう一度確認・・・。
だって落ち着いているのなら、この程度の作品にタピオカへの指導なんて無いから。

俺の存在は保険みたいなもん。使わないのなら使わなくても・・・だし、使わないと・・
って時なら、入ってて良かった・・・そんな感じ。

それをかぐやがタピオカに説明してた・・・確かに今日たったこれだけ・・・?って
感じだろうけれど、たったそれだけでも、もうどんどん進みますよっ・・・って。

そうね、伝えるべき事は伝えたし、材料は渡してあるし、次は葉っぱに入る時に
必要なのかな・・・?

これ完成すると仕上がりが、かぐやっぽい感じになるんだろうね・・・
やっぱ切るの上手いわっ。

そんな中、やっぱまた言ってた・・・良いなぁ・・・ニュ-ゆみちゃんって・・・
キウイも言ってたけど、完成していないのに、完成品が見えるんだね・・・

それで欲しい・・・って言ってるのね・・・じゃもっと良いと思えるようにして・・・

何故なら作品を作って売る・・・そう言う仕事は手放すのが惜しい・・・そんな作品が
最高だって事なのだから・・・。それが俺の仕事なのだから・・・・

一緒にいるとは? そんな事に何度も立ち会う事になるのだから・・・ねっ。












ユニディさんのお友達教室と包容力とモンゴル?

2011-04-21 07:06:19 | モザイク教室
まずは日高氏がやって来る。そこで昨日の知り合いをテレビで観た事を話す。
それとモンゴル。こんな事があったんだって・・・あれから・・・と、

まだお披露目にはなっていなかったので、途中経過のみについて話した。
そんな中、お教室が始まる。何か久しぶりなのね。

今日はいよいよバック。と言う事でさっきの時間にコツコツはみ出したボンドを落として
置いたのね・・・これ結構時間が掛かるのね。

これがねフランス張りなのね・・・このバックは以前、高洲での教室でやっていた人が
いるけど、何しろシュ-ルに時間が掛かるのね。

じゃまず墨出しから・・・えっ?測ったりするんですか?・・・当たり前ぇぇ。
ここからはプチタイル職人なのね。シンメトリ-にするのなら特に作戦が必要なのね。

タイル屋さん用語では芯割りって言うんだけれど。中心から張って両サイドを同じ
サイズにする張り方。しかもフランス張りって言うのは、長いの短いのって一列目を

張ったら、2列目は1列目と逆に短いの・・・長いの・・・ってずらして行く。
意外と普通に張っても難しいんだけれど、こんなに邪魔する部分があるのだから、

かなり難易度は上がるのね。しかしだからこそ完成度が上がる訳で。

出来ればそれはそれだけ、そうそうお目に掛かった事の無いモザイクになる・・・けど、
何しろ規則正しい事の繰り返しは規定演技。だからいつも言うように、頑張れしか無い。

丁寧に頑張れば何とかなる。何しろ丁寧に・・・すると、どうやらそれが一番苦手らしい
そうは見えないんだけれどね・・・。自由演技のが好きらしい。

勿論見た目で判断をしない・・・思い込まない・・・と言っているくらいだから、
単なる見た目で言っているのでは無くて、進み具合ややっている姿を見て・・・

そう言ったんだけれど・・・・本人は結構四苦八苦ですよっ・・・って言うのね。

普通ね、苦手な人って・・・あっ・・・って失敗したり、あぁぁぁぁぁぁぁぁぁって
泣き言言ってみたり、ため息や、ふぅぅぅ・・・と中国拳法のような呼吸をしたりする

それが1つも無いからスイスイやっているように見えてしまうのね。更に結果も出ていて
黙々とやっているから、堪えている・・・そうは見えないから、質問するしか無い・・・

こう言うの得意なの?ってね・・・大丈夫?とか、音楽とかコ-ヒ-を入れるとか、
ボンドの準備とか何しろ環境を作る・・・集中させないように・・・

変な話だが、説明は聞いて貰うんだから集中して聞いて貰うけど、やり始めたら
だらだらした話とか、ゆっくりな音楽とか・・・勿論、人によって全く逆にしたりね。

けど、たわいも無い話ってね、唐突に始めるのって難しいのね・・・ただ今回は
モンゴルがあるでしょ・・・俺には。

そんな事から膨らまして話をしていた時、こんな話が出たのね・・・・
良く俺が言う例え話の中で、女の人の母性に負けない力が欲しいのね・・・・って

言う話があるんだけれど、それをkatsuさんそれって包容力では・・・・?って・・・
えっ・・・・あっ・・・・撃沈・・・・・それかぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

それが本当なら俺は男で生きるのは無理だわっ・・・だから俺は男で生きられないんだわ
そんなのは無いわっ・・・そうだったのかぁぁ・・・

それで国語辞典で調べると、自分と交じり合う事の無い者とも折り合い付けて馴染む事の
出来るような・・・みたいな事が書いてあるのね・・・そんな力は俺には無い・・・

俺はそれ以外のもの探しになってしまった・・・・。母性では無く包容力でも無く、
一体何があるんだろうか・・・俺?こんな形で1つ消えるとはねぇ・・・とほほほ。

やっぱり確かなる腕を目指す以外何も無しか・・・・手掛かり無くなった・・・

そんな中、モンゴルから電話。何かトラブルかっ・・・・?すると、今お披露目最中です
・・・と社長さん。合間に電話下さったようだ・・・・有難うございました・・と。

こう言う挨拶って言うのは緊張する。今の自分に対してこれだけきちんとした態度で
向き合って下さる人を観た事が無い・・・だからこそ無礼無く終わりたい・・・と。

しかしこれがね、担当者さん、同行者さん・・・と次々代わって下さるのね・・・
それで力関係が逆転して行くのね・・・良かったね・・・から良かったじゃん・・・と。

俺の気持ちが少し楽になる・・・余裕からかこっちから声を掛けられた・・・
いずれにせよ結果は報告書待ち。