♪ラジオ放送・文字版「世の光」

   1952年以来、キリスト教会が協力して全国民放ラジオで放送して67年の
「世の光」を文字で 

■救い主の預言/岩井基雄

2020年02月10日 | Weblog

2019/12/2放送

 世の光の時間です。お変わりありませんか? 岩井基雄です。

 第一月曜日の今日は、詩篇110篇から「救い主の預言」と題して神様のご計画に心を留めてみましょう。神様が約束された救い主の到来や救い主による勝利の預言が旧約聖書の多くの箇所にあります。ヘブル語でメシア、ギリシャ語ではキリストと表現されるのが救い主です。歴史上、様々な苦難を通った神の民イスラエルにとって、救い主到来と勝利の約束は大きな力でした。今日の詩篇110篇はメシア詩篇とも呼ばれています。お読みします。
 主は 私の主に言われた。 「あなたは わたしの右の座に着いていなさい。 わたしがあなたの敵を あなたの足台とするまで。」
 【主】はあなたの力の杖を シオンから伸ばされる。 「あなたの敵のただ中で治めよ」と。

  旧約聖書 詩篇110篇1節、2節 
 この「あなた」とは、ダビデ王が「私の主」と呼ぶ救い主メシアのことです。神ご自身が救い主を神の主権の右の座に着かせ、敵に圧倒的な勝利をされること、またシオンであるエルサレムからその勝利が始まり、救い主による治世、神の国の到来が歌われているのです。イエス・キリストはこの詩篇の箇所を引用してこう語りました。
 ダビデ自身が、聖霊によって、こう言っています。
 『主は、私の主に言われた。
  「あなたは、わたしの右の座に着いていなさい。
   わたしがあなたの敵をあなたの足台とするまで。」』
(マルコ12:36 )

そして、こう付け加えます。
 「ダビデ自身がキリストを主と呼んでいる」(マルコ12:37 )と。
       新約聖書 マルコの福音書12章36節、37節

 救い主キリストはあのダビデ王の主であり、すべての主権者、勝利者だというのです。実際の救い主の到来はベツレヘムの小さな家畜小屋での赤ちゃんとしての誕生でした。救い主は小さく弱く生まれ、人々とともに歩み、あらゆる苦しみを受け、十字架の死にまでも従われたのです。しかし、それこそがまことの勝利への道でした。神の御子キリストが人となってこの地上に来てくださったその謙(へりくだ)りと真実によって神の圧倒的な勝利はこの地上にもたらされたのです。私たちは全世界でこの救い主の誕生を、私たちに勝利をもたらしてくださる救い主メシアの誕生をクリスマスとして祝うのです。このクリスマスはあなたに与えられています。


 (PBA制作「世の光」 2019.12.2放送でのお話より ) 
*** 

このサイトは URL名として 
 http://yonohikari.biblica.info  
が使えます。。携帯からもこのURLでどうぞ。 

*** 

東海福音放送協力会へのお問い合せは、 
 464-0044 名古屋市千種区自由ケ丘2-10 自由ケ丘キリスト教会内 電話052-762-2196 へ 

***  

 

 

この記事についてブログを書く
« ■おたより紹介/江橋摩美アナ... | トップ | ■神の国に入るには/板倉邦雄 »