日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 






またまた突然で恐縮ですが、明日、はっと気がつくとNew York etc…!

なぜ、etc…なのか。

本当に etc… だから。



今回ほど、直前決定したケースは過去ない(昨日朝チケッティング 汗)

第2日目に大谷が登板予定のヤンキース戦を予約しただけで、あとはスケジュール真っ白(笑)

さて、どうなることやら…



 
一方この時期ならではの、最も重要なテーマが?!

それは、「梅雨」からの脱出(笑)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )







なんと第1作(1986年)から36年ぶり!、の第2作。



オープニングでまず気づく。

空母からの F18 の 発進 そして空母への着陸。


そしてビリビリ「体感」する。
36年のうちに、映画館の音響システム がいかに発達したか!

この迫力に冒頭だけで既に 感動…



そしてその直後、当ブログも不安視していたシリアスな問題が解決される。



昨年に出ていた予告編では、この映画に出資していた中国資本の会社への配慮?で…と...が...だったのだ!


で主人公が登場し、革ジャンを羽織ってバイクに乗る。
その背中には、しっかり日本の国旗と台湾の国旗があった。
ここだけで感動(笑)

当ブログの予想:トムちんは日本に同時期に来ていたバイデンと万が一にも鉢合わせした場合、叱咤されるのを恐れて修正(笑)

というのは冗談で、実際はこの2年で大きく地政学が変わった国政情勢の影響だろう。





で本編。

全く文句の付け所がないまま、エンディングまで到達し、あの懐かしの曲までが流れ、完全に 降参状態…

音響・映像はもちろん、前作の Good Point を踏襲しまくっただけでなく、バージョンアップされたストーリーに唸った!

直後の感想 = これほど満足させる「第2作」って、トイストーリー2以来では? 




ところが数時間してから気づく。

これってもしかして「トムちん節」炸裂しまくり 映画! なのでは…


だが、もはや後の祭(笑)













コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 


現在時jっし中【UEFAチャンピオンズ リーグ】決勝の結果速報! は以下。
 


決勝に進出したのは、スペインとイングランド。


       レアル・マドリッド(スペイン) vs リバプール(英)


決勝の地はロシアから変更され、フランス!

試合開始が30分以上遅れてのキックオフ(原因不明)
日本時間で、4時36分開始。

南野はベンチ入りし、出場を狙う。


そして試合開始、先ずはお互いサラー、ビニシウスを中心に攻める。

10分、マネがゴール右で受けバックパス → サラーが合わせるもゴール上...

16分   クルトワが左足一本でリバプールの攻撃を防ぐ!
その直後も波状攻撃が続くがクリアー...
18分にもクルトワがシュートをしっかり弾き、その後ボールも入手。

その直後のレアルの反撃もうまく前線と合わずボールはリバプールに...

19分 マネ → アーノルドのミドルはふかしてしまった!

21分  マネの正面からのシュートをクルトワ弾く!
するとボールは → ゴールマウスに当たり →  クルトワにあたり、あわやゴール(汗)

34分 マネ → サラー、は当たり損ね...

37分 反則からのフリーキックはやはりレバプール、だが...

40分 マネのシュートはクルトワ弾く! でコーナー→からのミドルはゴール左!

とここまで レアル・マドリッド はほとんどフィニッシュにまで至らないまま...
(とはいえ、突然覚醒するチームだと証明し続けてきたチーム、ではある 汗)


すると43分、ロングフィードからのベンゼマ、ゴール前での交錯からゴール!!!

だが直後にオフサイド疑惑が発生し、VARチェックで試合が止まる...
そんな中、ロスタイムに突入。
時間は2分。

結果はオフサイドで点が入らず...



ロスタイムは3分 に増えたものの、せめぎ合っているうちに  前半終了。

       レアル・マドリッド(スペイン)0 vs リバプール(英)0







で【後半】

後半もリバプールペースが続く...

54分 マネ → サラー → マネ、その後もクルトワが弾く!

57分、サラーの連続シュートは中央に集まっていたDFがはじき返す。


59分 レアルが反撃。
    右サイドをドリブルからの長い斜めパスを ビニシウス 決める!!!

ついに均衡を割った!

       レアル・マドリッド(スペイン)1 vs リバプール(英)0


61分 交錯のプレーに、ファビーニョがイエロー...

64分 サラーのミドルをまたもクルトワ、左手の先にかろうじて当て跳ね返す!

今試合での初めての選手交代はクロップが動く。
MF ルイス・ディアズ →   MF ジョタ

68分 リバプールのFKからまたサラーとクルトワが交錯、ヒヤっとさせる!

こうしてみても、クルトワの名キーパーぶりが光を放ちまくり!!!


77分 またもクロップ動く。
今度は、MF 2枚替え →   1枚は MF フェルミーニョ

フェルミーニョがリバプールの圧力を強め、連続攻撃!
そしてまたもクルトワ、ゴールマウスに向かったグラウンダーをギリ弾く!!!
コースが選手に当たっての難しいボールによく反応した!(汗)

82分 またまたクルトワ、サラーのシュートを弾き出す!

その直後、レアルにチャンス。
3vs 3からの ベンゼマ → ビニシウスのラストパス、はキーパーが回収...

ここでアンチェロッティも動く。
疲労しきっていた DF カルバハル → 元気印の MF バルベルデ in!

あと3分、リバプールはコーナーを得る。
このナビ・ケイタのヘッドを狙ったボールも、クルトワがしっかりキャッチ!

ここでさらにアンチェロッティ動く。
疲労ぎみに見えた MF モドリッチ を交代


ロスタイムは5分。

ここでさらにアンチェロッティ動く。
今日大活躍の ビニシウス を交代

残りは2分...
反撃にかかるリバプール、だが前線にボールがうまく入らない...
キーパーも前に出て最後の反撃はリバプール!
だが決まらず...

そして、ついに試合終了!

レアル・マドリッド(スペイン)が14回目の優勝を決めた!!!

大物相手の大逆転を ×3度も繰り返してきた中、最後はキッチリと完了!
(パリ・サンジェルマン → チェルシー → マンチェスター・シティ...)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






現在時jっし中【UEFAチャンピオンズ リーグ】決勝の結果速報! は以下。
 


決勝に進出したのは、スペインとイングランド。


       レアル・マドリッド(スペイン) vs リバプール(英)


決勝の地はロシアから変更され、フランス!

試合開始が30分以上遅れてのキックオフ(原因不明)
日本時間で、4時36分開始。

南野はベンチ入りし、出場を狙う。


そして試合開始、先ずはお互いサラー、ビニシウスを中心に攻める。

10分、マネがゴール右で受けバックパス → サラーが合わせるもゴール上...

16分   クルトワが左足一本でリバプールの攻撃を防ぐ!
その直後も波状攻撃が続くがクリアー...
18分にもクルトワがシュートをしっかり弾き、その後ボールも入手。

その直後のレアルの反撃もうまく前線と合わずボールはリバプールに...

19分 マネ → アーノルドのミドルはふかしてしまった!

21分  マネの正面からのシュートをクルトワ弾く!
するとボールは → ゴールマウスに当たり →  クルトワにあたり、あわやゴール(汗)

34分 マネ → サラー、は当たり損ね...

37分 反則からのフリーキックはやはりレバプール、だが...

40分 マネのシュートはクルトワ弾く! でコーナー→からのミドルはゴール左!

とここまで レアル・マドリッド はほとんどフィニッシュにまで至らないまま...
(とはいえ、突然覚醒するチームだと証明し続けてきたチーム、ではある 汗)


すると43分、ロングフィードからのベンゼマ、ゴール前での交錯からゴール!!!

だが直後にオフサイド疑惑が発生し、VARチェックで試合が止まる...
そんな中、ロスタイムに突入。
時間は2分。

結果はオフサイドで点が入らず...



ロスタイムは3分 に増えたものの、せめぎ合っているうちに  前半終了。

       レアル・マドリッド(スペイン)0 vs リバプール(英)0







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )







当ブログはよくNYに行く。
なんたって 故郷 なので!



NYに行くと、NoHoエリア に必ず寄っていたレコード屋があった。

その名は、Other Music

そのレコード屋のジャンルはというと...
インディペンデント系、オルタナーティブ系、インダストリアル系 など、マイナーだけどガッツが入った実験的な方たち!

さらにその彼らを刺激していた ワールド・ミュージック系 も豊富にあり、重宝した。
ところが…




NYに行くと、必ず寄っていたレコード屋 Other Music が驚くべきことに 閉店…

NYに行く目的が 一個、完全に消滅!!!

(2016年6月)

 



亡くなってしまったものは仕方ないと諦めて前を向いて、ソッチ系 のショップを探し凌ぐか、なくなった...


すると最近、嬉しいニュースが。


その幻の レコード屋 Other Music が映画になったとな!!!

早々にチェックだな!


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )







当ブログ的に リドリー・スコットといえば男っぽい映画も多い一方、女優を大化けさせる名人でもある。

シガニー・ウィーバー(エイリアン)、ノオミ・ラパス(プロメテウス)、ジョディ・カマー(最後の決闘裁判) etc…
 

 


その リドリー・スコット が次に選んだのが、なんと レディー・ガガ。


正直「歌が猛烈に上手い、奇抜なファッションが売りの歌手」という認識しか当ブログにはなかった。

「アリー/ スター誕生」で主演し、アカデミーで主演女優賞候補 とはいえ、ダンス中心の業界音楽に染まるサマはまるで本物と同じだと感じたレベル。

 
ところがその レディー・ガガ を リドリー・スコット を起用し、大化け!




今回は本編だけでなく、特典映像 ×3種! もみることで理解が深まった。

① メイキング
② レディー・ガガ の魅力
③ 劇中のファッション
 
当然、当ブログ的に特に刺さったのは、② レディー・ガガ の魅力(笑)

グッチを崩壊させた悪女 パトリツィア・レッジャーニ への彼女の「なりきりぶり」に、スタッフ全員が絶賛!

それもそのはず?
彼女は出演するにあたり、身を隠し密かにパトリツィアの評判を一般の人にヒアリングし調査!

その結果は明確に出ていて、

・「眼光の鋭さ」だけで、狙った獲物は逃さないオンナの性(サガ)を表現
・悪趣味スレスレとも言えそうな領域にまで到達する「成り上がりぶり演技」
・お金を手に入れ洗練されていくはずなのに、そこでも下品さ をキープ(笑)
・物語を大きく動き出すシーンで登場する彼女の「天才的なアドリブ」 凄え!

今作で  女優として「開花」したと言っていいのではないだろうか。




だけでなく驚き!は、サラ・ゲイ・フォーデンの原作をリドリーが妻から教えてもらったのは 20年前(汗)
長年、この映画化を目指してついに実現したわけ!

一部で2時間37分は長い、ダレると批判もあるようだが、当ブログ的は2回目でさえそんなこと微塵も感じないままエンディングまで到達。




結論:鉄板監督=リドリー・スコット、女優として大化け=レディー・ガガ、さらに共演陣の演技に見惚れる満足の 2時間37分 + 特典映像でさらに満足!


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 
 
元々は政治的なトピックはあまり扱わない方針の当ブログだった、が 世の中 があまりに酷すぎ方針変更...
 
 
 
 
実は、当ブログの「仮説」が現実味を帯びる事実 が次々と登場中(1.)
 
 
1.【中国 がゼロコロナ政策にこだわるワケ】 = シノバック製ワクチンの信頼性が自由社会ワクチンに大敗北、の隠蔽目的でゼロコロナ政策を推進
 
 
さらに、その延長上にある仮説が。
 
2. 【ロシア がウクライナ侵攻にこだわるワケ】 仮説 = スプートニク コロナワクチンの信頼性が自由社会ワクチンに大敗北、の隠蔽目的 
 
 
発狂したクマ(ロシア)、ジェノサイドパンダ(中国)の2大「帝国主義国」が大活躍の現在…
 
 
 
 
 
そして今日、仮説 その3. が….
 
3. 【北朝鮮 がミサイル発射にこだわるワケ】 仮説 = コロナ大敗北、の隠蔽目的 
 
 
 
 
~現在の 北朝鮮 の状況~(北朝鮮 国営放送「朝鮮中央通信」より)
 
 
4月末    「原因不明の熱病」で、約35万人が発熱?
 
5月12日   北朝鮮で初めて新型コロナウイルスの感染者を確認したと発表。
 
5月22日現  発熱 ≒ 約281万人(死者は68人?)
        その数、総人口の10%以上!
 
 
 
もはや笑っちゃうしかない酷い状況の中、「これじゃ悪役ポジション保てねえ」とロケットマンが動いた(笑)
 
 
クワッドに対抗して、と言われたとしても誰も信じないのではないか?!?
 
 
北朝鮮がミサイル発射ムダ金について、前に試算したことがある。
ミサイル発射に使用したお金 ≒ 7,000,000 USドル  ≒ 8億5千万円相当 ≒ 全国民の食事 ×1回分
 
しかも今朝は ×3発!
 
 ≒ 全国民の食事 ×3回分(汗)
 
つまり、全国民の食事1日分!
 
 
全くのムダ金だな!
 
 
 
 
 
というわけで最後に仮説をもう一度。
 
 
【北朝鮮 がミサイル発射にこだわるワケ】 仮説 = コロナ大敗北、の隠蔽目的


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

実は当ブログは本日、  開設 6230日 

年数でいうと 既に18年目 に突入中

  

 

毎日のアクセスでいうと、1.コロナ禍の影響のアクセス増 2.スマホで閲覧する人 が増加中。

でスマホの場合「このブログの人気記事」ベスト10が表示されるので、それでまたアクセスの傾向が変わってきている様に感じている。  

 

で考えるに、「アクセスされているベスト10」もいいが、当ブログ的に「アクセスされたいベスト10」も定期的にやってもいいかなと思い始めた。

で過去のログから何回か実施したところ、 × 10は読むのにちょっと多すぎるかなと思い直し、現在は × 5としています。

 

 

 

 

 

では ブログ開設 6230日  記念 バージョン  × 5!

 

 

 

内外の「映画」コンテンツを、いち早く未公開も含め紹介しています。

 

まずは、

シン・ウルトラマン 強く印象を残すのは =1.過去になく凛々しいウルトラマン 2. 長澤まさみ の怪演!(笑)  


ついでにアメリカのヒーローものを


続き、アカデミー賞関係のハリウッド映画+日本の強力作品郡





ドライブ・マイ・カー 起承転・転・転・転… って何よ? な展開に圧倒される3時間。  

ウエストサイド・ストーリー 現代にリフレッシュされた「ダンス・バーンスタインの音楽・ 演奏 by ドゥダメル」に酔いしれる 2時間37分!  

ハウス・オブ・グッチ House of Gucci リドリー・スコット の手腕により、レディー・ガガ が女優として大化け!   さらに共演陣の演技に見惚れる満足の 2時間37分  

パワー・オブ・ザ・ドッグ The Power of the Dog アカデミー × 12ノミニー の今作、微妙なニュアンスを楽しむ 西部劇、って画期的なのでは?!(笑)  

ドント・ルック・アップ Don't Look Up  US版「メランコリア」は派手かつ滅茶苦茶! は国民性か... オミクロン・TSUNAMI・火山灰、と3拍子揃った今にふさわしい「狂い咲き」  


続き、ヨーロッパ・アジア系、

         +

「タクシー・ドライバー」サントラ(1976年)版 と(1998年)版との、あまりに「大きな違い」は 半世紀級 の衝撃(笑)  

 


最後に、

アメリカン・ユートピア American Utopia  ブロードウェイ公演「真空パック」+ スパイク・リー風味で、名作「ストップ・メイキング・センス」すら超え、「成熟」を感じさせる一作!  

こちらは映画より強力!実際にで観た NY ブロードウェイ公演も記事をアップしている。

David Byrne American Utopia on Broadway 2019 ライブを体験! ファン必見のブロードウェイ公演!!! 


  

 そんなわけで映画好きな当ブログ、1年に一回、

極私的2021年 映画 ベスト10! 

 

2008年から映画でスタートし、早や14回!

記憶保存装置としてのブログって本当に便利だねえ~と毎年感心しつつ、10本 + 次点2~3作を選出しています。

始めてみて判ったのは、他のブログと連携しコメントで、その年に見逃した「傑作かも映画」をチェックできること。

 

以下もご参考まで! 

 

 

「ベスト10化」することが予想以上に面白かったので、次に始めたのが以下、

極私的 2021年 BOOKS ベスト10!

since 2010年 つまり既に12回目)

単に年末に1年を振り返る意味だけじゃないことをこれで自覚。

ランキングを楽しむだけでなく、来年の読書や音楽にワクワクできる効果が!

 

以下もご参考まで! 

極私的2019年 BOOKS ベスト10!

 

 

さらにこちらも誕生!

極私的2021年 MUSIC ベスト10! 「コロナ禍の1年を励ましてくれた音楽 2 」

 since 2018年 つまり4回目)

 

以下もご参考まで! 

極私的2020年 MUSIC ベスト10! 「コロナ禍の1年を励ましてくれた音楽」

 極私的2019年 MUSIC ベスト10!  

(でも、3は勘弁してねー... 涙)

 

 

5. 草間 彌生 “KUSAMA: Cosmic Nature  @New York Botanical Garden(1)総論 =「圧倒的」と表現されがちの彼女の本質が表出、NYBGー草間が「共生・調和」  

(上記クリックでそのスタートページに飛びます!)

 

最新NYのコンテンツといえば、こちら。

昨年の夏のNY で経験したコンテンツのハイライト! をシリーズで追体験?

シリーズでその内容をダイジェストしております。

 

まだ海外渡航が簡単ではない状況下、当ブログならではの切り口で!

 

 

 

と絞ったら、少しは読みやすくなったかしら?!

 

 

当ブログのモットーである、

「このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説·検証を行う場。

   基本ロジック=整理·ソートすることで面白さが増大·拡大」

 を粛々と?(笑)実行していることをご理解いただけたらとしたら幸いです!

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )







初めて告るが当ブログ、ディズニーランドで「ポップコーン売り」をしていたことが、ある。
短い間だったが、ディズニーのマジックを支える側を経験したのは、ある意味「人生の宝」

「ポップコーン売り」だったので、もう一方のアルバイトの山「カストーディアル」は気になる存在、ではあった。
その「カストーディアル」の世界を語る一冊、となれば、これは読まないわけには行かない!(笑)





ビール会社を早期退職し、著者が「カストーディアル」として ×8年間 勤務した体験記となる。
「交通指導員ヨレヨレ日記」他、高齢者による日記シリーズ の9作目だそう。


予想通り、「ポジっぽい話」と「ネガっぽい話」が交互に登場する。
当ブログに特に刺さった「ポジ系」「ネガ系」を以下 ×3つずつ。

「ポジ系」
・献身的にディズニーのマジックを支えるアルバイトたちの数々のエピソード
・「カストーディアル」だからこそ飛んでくる、ゲストからの質問攻撃をしのぐ法(笑)
・「カストーディアル」を経験で、街の中で清掃している方の苦労が理解できるように

「ネガ系」
・準社員(現在はこう言う)の彼らの報酬は決して恵まれたものではない…
・「カストーディアル」ならではの イレギュラー対応(何かは書かない)
・ディズニー愛が全くないキャストも存在する。それはそれで違う視点を与えてくれる


感心したのは、それぞれのエピソードにちゃんとオチがつきつつ、文体といい長さといい、全体のバランスが良いこと。
筆力、描写力が巧み、と言うことか(シリーズだからこその完成度か? 他は読んでいないけど)


結論:ディズニーのマジックを支える「キャスト」の花形職種?の一つ「カストーディアル」の喜怒哀楽を完成度高く描き切る 一冊。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )







当ブログの主張、
中国がゼロコロナ政策にこだわるワケ:シノバック製ワクチンの信頼性が自由社会ワクチンに大敗北、の隠蔽目的でゼロコロナ政策を推進 仮説(汗)


先日の 日本経済新聞 2面 に続き、この主張をバックアップする事実が次々と(汗)

数日前の【日本経済新聞 2面】
「シノバック系ワクチンはファイザー製との比較で、オミクロン予防効果が低い」(ピーク時比較)



さらに【次々と登場する事実】

・中国の高齢者のワクチン接種率は世界的に見ても低い。

 【一度も接種を受けていない人の年代別】
   80歳以上の約40% 
  60~79歳の約20% 


・中国製ワクチン の有効性は メッセンジャーRNAワクチン(ファイザー、モデルナ製)より低い


・臨床実験の透明性の欠如


このように当ブログの「仮説」が現実味を帯びる事実が次々と(汗)







ロシアに恥をかかされた冬季スポーツ大会もとっくに終わり、平常に戻ると思われていた中国の様子が明らかに「変」

改めて【現在の中国が抱える × 10大 問題】をアップデートしておきたい。


1. 中国軍による挑発的行為で世界から顰蹙を買い続けている問題(台湾・日本・インド…)

2. コロナ禍 を引き起こしたのは中国疑惑 → 自分に跳ね返っている!

3. ウイグル民族へのジェノサイド疑惑

4. 香港 に対する「一国二制度」原則を放棄した「圧政強化」問題

5. 垣大バブル破裂問題

6. 公平性・ジャンダーにグローバルにオープンである「スポーツ」領域での元副首相セクハラ問題

7. 戦争を引き起こしたロシアをコムラッド(仲間)扱い
 オリパラ期間中に戦争を引き起こされ、大恥書かされているにも関わらず(笑)

8. 大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射した 北朝鮮への制裁論議に冷や水をかけた問題

9. 理に叶わないお粗末な「コロナ対策」を連発し「ゼロコロナ」どころか混乱拡大。

10. シノバック製ワクチンの信頼性が自由社会ワクチンに大敗北、の隠蔽が目的 → 「ゼロコロナ」政策




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






当ブログ最高の「当たり」イーストウッド映画 = 「グラン・トリノ
(2000年以降)

一方で、
当ブログ最高の「ハズレ」イーストウッド映画 = 「15時17分、パリ行き
(2000年以降)


2000年以降の映画のベスト1級の「グラン・トリノ」の一方で、超駄作も稀にあることがわかる(汗)



とはいえ最近だと、

・「運び屋」「リチャード・ジュエル」「ハドソン川の奇跡」(!)など

・太平洋戦争を日米両側から ×2本連作で描く、痺れるような企画を実現(「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」)

・だけでなく、非常にセンシティブなテーマでさえ映画化(「ヒア アフター」=霊、「チェンジリング」=転生)

・さらにミュージカル映画さえ製作し、好評を得ている(ジャージー・ボーイズ)

基本的には打率は高く、「ハズレ」は非常にまれ。






そのイーストウッドの最新映画が今作。
「グラン・トリノ」をもって「もう積極的に役は探さない」としていたが、「運び屋」に続き彼が 主演。

でまた公開直後、批評が大きく分かれ、誉める方がいる一方、イマイチだという声も少なからず…



で見てみると、ストーリー構成・画角など、全く隙がない。
流石21世紀に入り ×20本以上の映画を仕上げているだけはある。
上映時間も1時間40分程度にコンパクトにまとめており、監督としてのイーストウッドの「手腕」を明確に感じた。

一方で、真逆に不満を覚える方もいることは理解できる。
完成度が高いゆえの「安定感」に、逆に物足りなさを感じさせる、ということだろう。
それゆえの、評価の2分、なのだろうか。



そこで結論 = 無難に仕上がった、実にイーストウッドな映画(笑)
なんて結論だ!


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )








令和 4年 5月下旬の、海外で頑張っている日本人選手「カード」をスベダラっと並べ、ご紹介いたします!(というエントリー・シリーズ since 2006.2 )

 そして当ブログ、 ×18周年目に突入!!!(干支2周目も半分きたぞ 笑)



このアップの便利な使い方として、次はどんな試合があるのかなと ふと思った時に、当ブログをクリック!

するとずらっとずらっと出てくるので、そうやって使うのがオススメ。

(自分がそうやるために作ってます 笑) 

 
5/20(金)【伊セリエA】最終節!
       トリノ vs ローマ
     【リーガ・エスパニョーラ】最終節!
       レアル・マドリッド vs ベティス
       ラージョ vs レバンテ 
     【オーストリア・リーグ】
        LASKリンツ vs アドミラ  中村 敬斗!

5/21 (土)【天皇杯】1回戦
       FC今治 vs 沖縄SV 
       松本山雅FC vs 北陸大学 他
     【伊セリエA】最終節!
       フィオレンティーナ vs ユーベントス
       ラツィオ vs ベローナ
       ジェノア vs ボローニャ
       アタランタ vs エンポリ
     【独カップ】決勝!
       フライブルグ vs ライプツィヒ
     【リーガ・エスパニョーラ】最終節!
       バレンシア vs セルタ
     【仏リーグ・アン】最終節!
       マルセイユ vs ストラスブール 川島! 
     【ベルギー・リーグ】プレーオフ
       メヘレン vs ゲンク  伊東 純也!
       ゲント vs シャルルロワ 森岡 亮太!

5/22(日)【天皇杯】1回戦 
       奈良 vs Honda 前回ベスト8!の初戦
       カターレ富山 vs 藤枝MYFC 他
     【英プレミアリーグ】最終節!
       リバプール vs ウルブス 南野!
       アーセナル vs エバートン 冨安!
       マンチェスター・シティ vs アストン・ビラ
       チェルシー vs ワトフォード
       ノーウィッチ vs トットナム
       クリスタル・パレス vs マンチェスター・ユナイテッド
       バーンリー vs ニュー・キャッスル
       レスター vs サウザンプトン
       ブレントフォード vs リーズ
       BHA vs ウエストハム
     【伊セリエA】最終節!
       インテル vs サンプドリア 吉田!
       ザッソーロ vs ACミラン
       スペツィア vs ナポリ
       サレルニターナ vs ウディネーゼ
       ジェノア vs ボローニャ
     【リーガ・エスパニョーラ】最終節!
       オサスナ vs マジョルカ 久保、降格圏争い!(汗)
       グラナダ vs エスパニョール 降格圏争い…
       アラベス vs カディス 降格圏争い…
       バルセロナ vs ビジャレアル
       レアル・ソシエダ vs アトレティコ・マドリッド
       セビリア vs アスレチック・ビルバオ
       エルチェ vs ヘタフェ
     【ベルギー・リーグ】プレーオフ
       ユニオン・サン・ジロワーズ vs アントワープ  三苫 薫、渡辺 剛、三好 康児!
       クラブ・ブルージュ vs アンデルレヒト

5/23(月)【独ブンデス】プレーオフ!
       ハンブルガーSV vs ヘルタ・ベルリン
 
5/24(火) 完全休養日1(笑)

5/25(水)【国際親善試合】
       オーストリア・リーグ・オールスターズ vs バルセロナ
     【ヨーロッパ・カンファレンス・リーグ ECL 】決勝 @アルバニア
       ローマ vs フェイエノールト

5/26(木)完全休養日2(笑)

5/27(金)完全休養日3(笑)
     
5/28(土)【UEFAチャンピオンズリーグ】決勝(写真)
       リバプール vs  レアル・マドリッド!  南野の出場機会あるか?

5/29(日)【国際親善試合】
       メキシコ vs ナイジェリア 9:00~
     【リーガ・エスパニョーラ】
       レガネス vs アルメリア 柴崎!
       テネリフェ vs カルタヘナ 岡崎!
     【国際親善試合】
       UAE vs ガンビア
 
5/30(月)完全休養日4(笑)

5/31(火)【モーリスレベロトーナメント】
       U-19 日本代表 vs U-19 アルジェリア


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )







先ほど終了した【UEFAヨーロッパリーグ】決勝...



決勝の地はスペインは セビリア!、で決勝のカードは、

       フランクフルト(独) vs レンジェーズ(スコットランド)
  

この試合、90分では決着つかず...

【延長  前半】でも決着つかず...

【延長  後半】でも決着つかず...

というわけで、運命のPK戦!!!



PKのコイントス担当は 長谷部。
その速報!
 

先行はレンジャーズ =1人目:○

次にフランクフルト =1人目:○

淡々とすすむ中、フランクフルトの3人目は 鎌田 → 左上にきっちり決めた!

すると次の4人目、トラップが止めた!!!


で最後の5人目...
これで運命が決まるか?

先行はレンジャーズ =5人目:○

最後に蹴るのはボレ。
しっかり決めた!!!

長谷部・蒲田のフランクフルト(独) 、42年ぶりの 【UEFAヨーロッパ リーグ】優勝!!!







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )







先ほど終了した【UEFAヨーロッパリーグ】決勝、90分後の【延長  前半・後半 】


遂にここまできたぞ! 長谷部・蒲田 フランクフルト(独)
その速報!
 


決勝の地はスペインは セビリア!、で決勝のカードは、

       フランクフルト(独) vs レンジェーズ(スコットランド)
  
      


準決勝でも勝ち越し点をゲットした 蒲田 が先発出場!
(長谷部はベンチにキープ)


前半はお互いに決定機を決めれず、

       レンジャーズ vs フランクフルト


さて運命の後半(汗)

スモークを誰かが焚きスタジアムが白くなる(≒  フランクフルト・サポか?笑)

後半のファーストシュートはフランクフルト のミドル!だが枠の左...

次も鎌田のパス → シュート!でDFにあたりキーパーも反応できないがギリ枠外...

52分 フランクフルト PK?!? ではなく、右コーナーキックに → 不発...

54分 フランクフルトクリアミスからシュートを打たれるが...(汗)

57分ついに均衡が破れる...
レンジャーズがフランクフルトDFミスに漬け込みアリボがゴールに流し込む!

       レンジャーズ vs フランクフルト

これでブルー側サポが一気に活気付く!


試合初の交代はフランクフルト... 怪我で交代。
ここで 長谷部 が登場!!!

67分浮き球をもらった蒲田のシュートはゴール上をかすめる...

その直後、センタリングからフランクフルト  ボレが当てて 同点打!
追いついた!!!

       レンジャーズ vs フランクフルト

これでまた、白色サポ(フランクフルト)が一気に活気付く!(笑)


その5分後の73分 鎌田のドリブル突破 を手で止め、相手MFがイエロー!


76分 レンジャーズがFKを得るが... 不発。

77分 蒲田 が左サイドでボールを受け繋ぐがシュートはゴールの遥か上...

79分 フランクフルトのピンチを 長谷部 がクリアー!

直後にフランクフルトが反則からFK→ キーパーがかろうじて弾き左コーナーも...

84分  フランクフルトのピンチをまたも 長谷部 が防ぐ!

85分 蒲田 が2度プレイに絡むものの、シュートには至らず...

89分  フランクフルト左からのクロスは 鎌田 に合わない...


ロスタイムは5分。

ややレンジャーズの時間帯を凌ぎ、試合は【前半・後半 90分】終了…


これで、延長突入



さて【延長前半】

 95分  DFのミスからボールを奪ったボレのシュートはDFに防がれ ゴール右...

100分 鎌田 がヘディングでそらしたボールからのチャンスは...

102分 レンジャーズの波状攻撃を 長谷部 中心に防ぐ!

この後は両チームともシュートには至らず、【延長前半】終了。



そしてオーラスの15分【延長後半】

レンジャーズ、早々にミドルを打つ!が決まらない...
107分、フランクフルトも逆にミドルを打つ!が決まらない...

112分、ゴール前で  鎌田 押されて倒れる! が...

119分、レンジャーズ、ミドルを打つがキーパーしっかりキャッチ!
直後、フランクフルトも逆にミドルを打つ!が決まらない...

怪我の交代でしばらく時間が止まる...(レンジャーズ)
ミドルの打ち合いといい、両チームともかなり疲弊しているか...

118分、レンジャーズの波状攻撃を 数秒で ×3回 に渡り、GK トラップが凌ぐ(汗)
その後もFKが2回続き、フランクフルトの危機は続く...またトラップ止めた!

ここで終了...

【90分+延長前半・後半 】で決着つかず、運命の PK戦に!!!






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )







先ほど終了した【UEFAヨーロッパリーグ】決勝の【前半・後半 90分】

遂にここまできたぞ! 長谷部・蒲田 フランクフルト(独)
その速報!
 


決勝の地はスペインは セビリア!、で決勝のカードは、

       フランクフルト(独) vs レンジェーズ(スコットランド)
  
      


準決勝でも勝ち越し点をゲットした 蒲田 が先発出場!
(長谷部はベンチにキープ)


前半はお互いに決定機を決めれず、

       レンジャーズ vs フランクフルト


さて運命の後半(汗)

スモークを誰かが焚きスタジアムが白くなる(≒  フランクフルト・サポか?笑)

後半のファーストシュートはフランクフルト のミドル!だが枠の左...

次も鎌田のパス → シュート!でDFにあたりキーパーも反応できないがギリ枠外...

52分 フランクフルト PK?!? ではなく、右コーナーキックに → 不発...

54分 フランクフルトクリアミスからシュートを打たれるが...(汗)

57分ついに均衡が破れる...
レンジャーズがフランクフルトDFミスに漬け込みアリボがゴールに流し込む!

       レンジャーズ vs フランクフルト

これでブルー側サポが一気に活気付く!


試合初の交代はフランクフルト... 怪我で交代。
ここで 長谷部 が登場!!!

67分浮き球をもらった蒲田のシュートはゴール上をかすめる...

その直後、センタリングからフランクフルト  ボレが当てて 同点打!
追いついた!!!

       レンジャーズ vs フランクフルト

これでまた、白色サポ(フランクフルト)が一気に活気付く!(笑)


その5分後の73分 鎌田のドリブル突破 を手で止め、相手MFがイエロー!


76分 レンジャーズがFKを得るが... 不発。

77分 蒲田 が左サイドでボールを受け繋ぐがシュートはゴールの遥か上...

79分 フランクフルトのピンチを 長谷部 がクリアー!

直後にフランクフルトが反則からFK→ キーパーがかろうじて弾き左コーナーも...

84分  フランクフルトのピンチをまたも 長谷部 が防ぐ!

85分 蒲田 が2度プレイに絡むものの、シュートには至らず...

89分  フランクフルト左からのクロスは 鎌田 に合わない...


ロスタイムは5分。

ややレンジャーズの時間帯を凌ぎ、試合は【前半・後半 90分】終了…


延長突入 の決勝だ!!!




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ   


 
編集 編集