日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 





とりあえず版の旅行記とは言え、やはりコレが「締め」か。

寝転がっているのは「ヒト」か? 草間彌生の「幻想」か?
もう何も言うまい・・・

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )







SNS の実感として、21世紀ならではの「”新しい人間関係” を構築している」と日々痺れているワタクシ。
このため、これをうまく表現した本が登場しないか、ワクワクな日々を過ごしている。


そういう中、登場したこの本。

タイトル:ウェブはグループで進化する
サブタイトル:ソーシャルウェブ時代の情報伝達の鍵を握るのは「親しい仲間」
これは!と、期待して読み始めた。


SNS がもたらす、自分を取り巻く「新」環境を、わかりやすくイラスト図で表現し、具体的イメージを湧かせる表現が続く。
このためページをめくるのにも力がこもってくる。

ところが!
「第4章 人間関係が与える影響」あたりから急激に雲行きがあやしくなり出す(汗)
自分の実感する「”新しい人間関係” を構築している」からかなりズレた表現が連発。

例えばそれは、
「弱い絆は重要な情報源」
そりゃそうなのだが、その情報源だったような情報が、いきなり!自分に大きな影響力を及ぼすこともあるのだ。
そのような表現で言い切ることは、自分にはとてもできない。

そして章の終わりに「人間関係が与える影響」をまとめようとするが、全くまとめになってない!
しかも、その発想が「非常に累計的・旧来的」
これが私にとっては致命傷(笑)

そして駄目押しが続く(笑)
第5章 インフルエンサーという神話。
SNSを通じて、情報を発信できている人間とそうでない人間の明らかな「差」を痛感するに、この章も実感的に大バツ...
その後も(間違ってはいないが)刺さる部分があまりに少ないまま、読了、ちーん。


というわけで期待が大きすぎた分、がっかりな読書になってしまった。
「”新しい人間関係” を構築している」SNSの世界を、的確に表現してもらえる人物が登場しないものか?
(だったら自分で書け!)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )







ボーンに続き、トレッドストーン作戦から膿みのように誕生した 新キャラクター。
演じるのは、最近超売れっ子の、ジェレミー・レナー(写真 左)

彼は、ここんとこ急激に超売れっ子に。
「28週後...」→「ハート・ロッカー」で正に爆発(笑)、続く「ザ・タウン」でいい味出し、そのような渋い役どころが持ち味の俳優かと思っていた。
ところが、なんたって最近だけで「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」の次期主役的な活躍だけでなく、「アベンジャーズ」のホークアイ役、そしてコレという具合。
アクション俳優化中か?

それはそれとして今作の強みは、ボーン×3連作でキャラが確立している デヴィッド・ストラザーン、アルバート・フィニー、レイチェル・ワイズ、スコット・グレンが登場するだけで、トレッドストーン作戦まわりのバックグラウンドに自然になじめること。
それぞれカメオ的にちょっと出演するだけなのだが、これが利いている。
さらに、エドワード・ノートンも追加であやしく登場。

これに乗って、あとはアクション的シーンをばしばし積んでいくだけでいいという美味しい展開。
ボーン3連作越えと言えるほどの大アクションが世界数カ所で炸裂しまくる。

しかも!
今回は、キレイどころ レイチェル・ワイズ(写真 右)を主演女優として配置。
アクション・シーンにも十分からませ、過去の3連作より視覚的にも隙がない(笑)


というわけで、ジェームズ・ボンドの強敵だったシリーズが完全復活。
アクションものでは今年2012年見逃せない1作、に仕上がったと言えよう。
結果的にあとを追って公開される007新作「スカイフォール」に十二分なプレッシャーだな(笑)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 36 )







もう帰国してしまったので見逃してしまったのがコレ(写真)
街頭でこのポスターをみつけ、悶え苦しみまくった(笑)


なんたって、トリが ERYKAH BADU~女王様、そしてTV on the radio。

また大きめにフィーチャーされていて気になるDAS RACISTは、Bonnaroo 2012にも出演(2012-06-09~12)
正式ウェブでのライブ・ストリーミング放送を鑑賞してチェック済だが、バンド名の過激さとは違いノリの良さが売り。
その他、NINJASONIKなんてえネーミングのバンドとかも異様に気になる。
こうして、NY・ブルックリン勢をごっそりチェックできるなんて素敵すぎる!


さっそくウェブにいって、同様のライブ・ストリーミングを期待したが、さすがにそれは甘かった(笑)
ということで、その「悔しさ」をシェア(こういうシェアの仕方もあるのか!)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






ホイットニー美術館での草間彌生展については、別途ゆっくりとレポートする所存。
だが一事に言うと、これだけ揃え俯瞰することで初めてみえるし明確になる「草間彌生」ワールドがあるなと。
必見の展覧会という認識ではあった。


その想いを今日さらに強化したのが、メトロポリタン美術館。
毎回行くと必ず実行するのが、現代美術コーナーに「ほんのちょっとずつだけ」加わる「新作」をチェック。
前の状況を思い出しつつまわると、あっこれだ!となるのが楽しく、この輝かしいコレクションに加わった理由を吟味するのだ。
(過去のアップでも、オリンピックのタワーまで制作 Anish Kapoor氏のAs Yet Untitledとか、Sanja Ivekovic sweet Violenceに注目)


で、前から存在だけは認識していたが、草間作品というところまで認識のない一見、地味な作品が(写真)
これも数年前にコレクションに加わった作品。
だったが、あまりにミニマルな世界なので、これ1点ではぶっちゃけ「取っ付きが悪い」(笑)


だが!
草間彌生展をホイットニーでみてしまった後だと、その意味の理解も急速に変わっている。
この一枚の絵が、あまりに彼女の個性に基づく「文脈」にピタリとはまっているからだ!

(このへんについて、また別途じっくりとアップする予定)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




これまで何回か現地に赴いてきたが、今回の印象は一変。

911からの「復興」とか「感傷」をまったくと言っていいくらい感じさない。
まるで、ただの工事現場、のよう。

大きな「10年」
たくましいアメリカを実感!


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





ホイットニー美術館のすごい人だかりは前回お伝えしたとおり。

開場によって行列が進み始めることで、館内がも少し見えてくる(写真)
草間ならではの個性が、エントランスから炸裂!!


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )







そろそろ自分的な過剰感が消えてきたので(笑)、草間彌生さんに戻る。

小手調べのルイ・ヴィトンに続き、今度はホイットニー美術館へ。
そしたらやっぱり、すごい人だかり!

どちらかというと女性を中心に、入場口から人垣がぐるっと裏のブロックまで(写真)
この印象が、タイトルの「真夏のNYをさらに沸騰させるのは、草間彌生!」となる。
いや半端ないわ。。。

写真左側に既に(汗)、草間ワールドがチラリと。
ニューヨーカーの気分を盛り上げる(笑)

(今回のアップは簡易版で、別途ゆっくりと写真も多様しつつ、レポートする所存!)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 
ヤンキースに続き、今度はワシントンに移動、首位チーム ワシントン・ナショナルズ
のナイターを体験した。

「ワシントン・ナショナルズ」って言っても、元々の名前は「モントリオール・エクスポズ」
たった7年前の2005年、ワシントンにきたばかりなのだ!

というわけで、川沿いの「新設」スタジアムで、気持ちよく観戦!


この日はメッツに負けてしまったのだが、9回裏に2点差を跳ね返すぞ!オーラが強力に観客から発せられ、このチーム勢いを感じさせた。
現在、ナショナル・リーグ東地区1位というだけはある!


これでワシントンのチームは、アイスホッケー、バスケに続き、野球を制覇したので、地元人気スポーツグランドスラムまで、あと1つ(笑)(それはアメフト)

これまで観た中で共通するのは、その「ワシントン感」
そもそもチーム名に、「ナショナルズ」とか、「キャピタルズ」とついているところが、まず首都でしかありえない展開で笑える。

(別途また落ち着いたところで、ワシントン版、3スポーツ間での特徴比較を展開予定)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






草間彌生のルイ・ヴィトン編に続き、まだ○○編ネタは続く予定だったのだけれど、そういう気分でもないので、違う方向へ。
(ぶっちゃけ、あまりのパワーに気持ち悪くなってきたのですよ 笑)


お散歩気分だったので、真夏のハイラインを下ってみた(写真)
さすが真夏、1月とは違い、草がおおいに茂っていて、ゾーンによってはまるでジャングル(笑)

この暑さではすぐバテそうになるのは必至。
ハイラインは夏向きでないことを体で理解(笑)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






ルイ・ヴィトンという、私が最も近づかないかもな場所(笑)
あくまでも小手調べ、といことで出かけたら、すごい人だかり!

この件を先日お伝えしたが、今日はその引き絵を。
少なくとも外観においては、完全にヴィトンを占拠している(汗)






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今回のNY行きで、欠かしてはいけない事件が、ひとつあると認識して渡米。
それは、テイト・モダン(英)からアメリカNYに飛び火している、草間彌生。


じゃ、まず小手調べということで、写真の場所へ(57丁目、5th Avenue)
そうルイ・ヴィトンという、私が最も近づかないかもな場所(笑)

そしたら、既に大人気!
すごい人だかりが出来ていた(汗)


NYっ子およびNY来訪者の人気絶大かも?!


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




NYに到着直後にいきなりブルックリン、に続き、今度はブルックリンへ。

ヤンキース vs レンジャーズを観戦。



午後からの天候悪化(雷、雨)に伴い、試合はDelay。
南の方が晴れていたので、大丈夫とふむ観客の期待に答え、20時過ぎから試合開始。
雨のあとだけあって涼しく快適。
日本人的には、黒田は前日、ダルビーも前々日にすでに登場済
このため、注目はイチローに集中。
そのイチローは現地でも人気があり、観ていて胸が熱くなる。
8番ライトで登場(写真)

第3、4打席と、イチローらしいリードオフマン的ヒットで2安打!
どちらもランナーなしノーアウトから。

結局、試合が終わったのは24時過ぎ。
だが、シナトラの名曲「ニューヨークニューヨーク」が繰り返しかかるスタジアムには、さっさと帰りたくなくなるような「気分いい」に溢れていた。
さすがメジャーリーグ!


ただ選手たちは大変な肉体労働だな。。。
24時過ぎまで残業して、明日はデーゲームなので13時からまた試合。
移動ないからまだいいにしても。。。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




地下鉄で向かったのは、これまでなかなか足を踏み込まなかったブルックリン。
ここにいきなり(写真)
大丈夫か、俺?!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






到着して、さっそくサブウェイに。
見上げて、NYに来たを実感(笑)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ   


 
編集 編集