日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

先日読後評をアップ スポーツ国家アメリカ 民主主義と巨大ビジネスのはざまで  日本で今、負のスパイラル化しているアメフト問題も考えつつ読んでみた(汗)  

この本でも象徴的に取り上げられていた「事件」の映画化。

 

それは、男 vs 女 の世紀のテニスマッチ!

 

 

あまりの男女の賞金格差(1/8)に怒っていた 世界チャンプの ビリー・ジーン・キング。

ついに行動を起こす。

 

<男女の優勝賞金のあまりの差に立ち上がり女子選手たちが自分たちのリーグを立ち上げ(WTA)

<対抗し、優勝経験豊富の引退男子選手が中心人物の ビリー・ジーン・キング を挑発!

男子 vs 女子 の公開テニスエキジビション(テレビ中継つき)の大イベントで対決、というハナシ。

 

このウーマン・リブを地でいくような展開があったのかと驚く。

 

 

引退男子選手ボビー・リッグスを演じるのは、スティーブ・カレル(写真:左)

元々容姿も似てる彼の怪演ぶりをみているだけで笑いが止まらない。

ビリー・ジーン・キングを次々と挑発しまくる!

 

そして相手のビリー・ジーン・キングを演じるのが、エマ・ストーン(写真:右)

こちらも雰囲気出てるし、テニス・シーンもCGが効果的に使われていて盛り上がる!

ヒューストンの巨大スタジアム、アストロドームの臨場感も見もの。

 

この世紀のマッチももちろんだが、当ブログは WTA の立ち上げ時の苦労話に惹かれた。

・女子選手たちのWTAとの契約料は全員1ドル!

・最初はツアーの費用がかさむばかりで、ホテルも2人一部屋に変更される

・タイトル・スポンサーが決定し、事態が好転!

・そのスポンサーは、たばこメーカーの バージニア・スリム

・なので彼女たちは吸えないたばこを一生懸命に吹かすようになる…

・専属デザイナーを雇い(アラン・カミング=いい味出してる!)女性たちのファッションをセンスアップ

・テニス協会会長(ビル・プルマン)とはことごとく対立し、テレビ放映でも女性たちは一矢を放つ!

 

 

日本タイトルは苦労のあとがうかがえる。

性差、という意味での原題だが、日本でダイレクトに表現すると違う意味になってしまう(汗)

微妙に変えることで、そこをクリアーしようとする試みか。

 

 

結論:世紀のテニスマッチ = 男 vs 女 に至る スポーツ国家アメリカ の転換点を描く今作は、ポイント高し!

公開は 7月 6日の予定。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

 

ウルグアイが遂に一点決めた後、直ぐにベッドへ。

というのは、今大会の予選屈指のカードと呼ばれている、スペイン vs ポルトガルが早朝に(汗)


 

で、そこそこに目が覚めてみてみると、既にスコアは 1 vs 1 

ここからの試合展開が凄すぎて、一気にワールドカップの熱量をアゲアゲにする 4試合目に!

 

 

どのゴールも「力でねじ伏せた」といいたいような力量のものばかり...

クリロナ はクラシコでも感じてきたことだが、チームを牽引する 大活躍!!!

コスタ、そして神戸に来るイニエスタの存在感も強く印象に残りつつ...

4試合目にして、既にベスト・マッチのひとつか?!? 

 

 

コロンビア戦に向けて、アタマの中を「決定力」というコトバが ループし始めた...

運命の試合は、6月19日(火)!!!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

 

 

 

 

このごろ毎日のアクセスをみるに、スマホで閲覧する人が増加中。

でスマホでみると、「このブログの人気記事」ベスト10が表示されるので、それでまたアクセスの傾向が変わってきている様に感じている。

 

で考えるに、「アクセスされているベスト10」もいいが、当ブログ的に「アクセスされたいベスト10」も定期的にやってもいいかなと思い始めた。

で過去のログから何回か実施したところ、 × 10は読むのにちょっと多すぎるかなと思い直し、 × 5としています。

その方が毎回変化が出しやすいので!

 

 

 

 

1.当ブログでは、内外の「映画」コンテンツを、いち早く未公開映画も含め紹介しています。

 

このブログの左側から直ぐ飛べるのは、

マクファーランド 栄光への疾走 McFarland, USA 何で DVDスルー?! 捨て置けぬ 今年有数の、拾い物 スポーツ映画。

犬ヶ島 ISLE OF DOGS ウェス・アンダーソンの日本愛が炸裂する、キテレツ大百科。

そして癖モノだが憎めない モリーズ・ゲーム!


 

一方、今年前半戦での強烈オススメは、全編爆笑が止まらなかった、

アイ、トーニャ史上最大のスキャンダル I, Tonya スケート界最大の事件を描き切った今作は、今年前半を代表するブラック・コメディ!

そして

ワンダーストラック WONDERSTRUCK 1920年代後半のNY、そして1970年代後半のNY を舞台に、トッド・ヘインズが語る マジカルな物語。  

ラッキー Lucky 普通の映画とは違う肌触りがなんとも味わい深い... こんな作品で有終の美を飾るとは、役者冥利に尽きるのでは!!!


駄目押しは、

ゲティ家の身代金 All the Money in the World 巨匠リドリー・スコット久々の傑作、であるとともに、ゲッティー・センター建立の謎が解けた点で、満足度高し(笑)

ゲッティセンターに言及したブログはそうありませんぜ!(写真:に写ってる!)

 

 

また先日のアカデミー賞で大激突した ×3作、

ウィンストン・チャーチル / ヒトラーから世界を救った男 DARKEST HOUR 

シェイプ・オブ・ウォーター The Shape of Water カイジュー映画が、究極の芸術レベルに達した

スリー・ビルボード Three Billboards Outside Ebbing, Missouri   一筋縄ではいかない曲者揃いの出演者たちが織りなす一筋縄ではいかない物語

 

他にも、

リメンバー・ミー Coco 日本人にも響くプロットと噛み合う素晴らしい楽曲、の技あり!でアカデミー賞ダブル受賞も納得の出来。

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書 The Post 熱いシーンを繋いだ小気味良い「直球勝負」映画

トレイン・ミッション The Commuter   第3弾にして(やっと?)名作「96時間」に迫る、「リーアム・ニーソン主演」密室アクション!

 1517分、パリ行き The 15:17 to Paris   巨匠イーストウッドにしては、珍しくネタをまとめきれなかった失敗作

 

 

 

次に、このように映画を見まくっている結果(笑)、こんな企画もあります。

.極私的2016年映画ベスト10! 

(2008-12-22 ~ 2017-12-29)

  

2008年から映画でスタートし今年は10回め。 

記憶保存装置としてのブログって本当に便利だねえ~と毎年感心しつつ、10本 + 次点2~3作を選出しています。

始めて判ったのは、他のブログと連携してトラックバックすることで、その年に見逃した「傑作かも映画作品」をチェックできること。

 

 

さらに10周年を記念し?今年実験的にはじめたのが、

.極私的「過去10年」映画ベスト10!(汗) (2008年~2017年)

 

 

 

このように「ベスト10化」することが予想以上に面白かったので、次に始めたのが、

.極私的2016年 BOOKS  ベスト5!

 

こちらは2010年から(つまり今年8回目)

単に年末に1年を振り返る意味だけじゃなく、来年の読書にワクワクできる効果が。

で今年増やしてみたのが、以下。

 

 

.極私的2016年 MUSIC ベスト10!(新企画)

 

とりあえずトライしてみたが、こちらもなかなか楽しい(笑)

ワイドな幅を持つ音楽ジャンルをこうしてまとめてしまうのはどうかとも思った。

が、やってみたら楽しかった(笑)

 

 

 

と絞ったら、少しは読みやすくなったかしら?!

 

当ブログのモットーである、

「このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説·検証を行う場。

   基本ロジック=整理·ソートすることで面白さが増大·拡大」

 を粛々と?(笑)実行していることをご理解いただけたらとしたら幸いです!

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

 

 

読み始めたら あまりに面白いので、多くとも「1日1話」と決め、ゆっくりと ゆっくりと 味わいつつ読破。

 なので、読み終わるまで随分時間がかかった(笑)

 

第一話からして凄すぎて、完敗(汗)

報酬が動機を阻害する、という アンダーマイニング効果 をあまりにわかりやすく解説。

 

だけでなく、その実例を次の1ページで引用するのだが、絶句…

驚異的な説得力!!!

 

フレーミング効果 を説明する「スーパーおしの」の巻 はなぜか泣かせる(笑)

続くイマの日本が表出する「保母さんの名案」、「心の会計」も痺れる内容…

って全23話中の、まだたった 5話!!!

 

 

この感じが最後の最後まで続き、さらにラスト「あとがき」で衝撃の1発を食らう。

そのタイトルでネタバレしてしまうのでここでは書かない(笑)

が、天才 佐藤 雅彦 氏が、マンガ経験のない グラフィックデザイナー  高橋 秀明 氏を「結果的」に 引っ張り出し完成させたとわかる。


だが実は、その経験の無さが効いていて、マンガを書く人にはとても考えつかないような斬新な表現が沢山!

枠とセリフだけで構成される回とか、主従関係が同時並行で逆転する回とか、4つの次元が同時並行で進行する多次元マンガ!、とか...

唸りっぱなしの秘密を、ちょっとだけ知った気分(汗)

 



結論:一家に一冊、級の強力なインパクトを残す名著!

去年のベストに選ぶべきだったと激しく後悔。 

 

というわけで、最後に懺悔…

雑誌ブルータスで2年にわたり連載されていたそうだが、なぜに全く気づかなかった!!!→マンガというだけで敬遠していた自分(涙)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

 

 

冒頭にいうと、当ブログは「ギャンブル」に全く興味は、ない。

というより ある意味、距離を置いている。

 

なので事前に気になったのは、連発されるだろうギャンブル・シーンについていけるか?

その結論からいうと、何が展開されているか正直よくわからない箇所もあったが、見流した(笑)

 

 

 

オリンピック候補だった主人公モリーは出場をかけた試合で選手生命を失う大怪我で引退。

LAでぶらぶらしているところに、闇賭博を営む男の秘書として雇われ、そこからのし上がっていく。

 

限定会員制でそのステイタスを売りにして、大きく成功する。

ここでギャンブル・シーンが連発され、参加メンバーたちお隠れた欲望がむき出しになっていく。

そして起こるトラブル。

主人公はそこをうまく切り抜けたものの、その影にあった事実を知ったことをきっかけに転落!

 

 

俄然面白くなったのが、ここから。

ある事情で主人公が LA → NY に転身。

LA ではなかったスケールが手に入った代わりに、 NY ならではのダークさが彼女にまとわりつく!

たちまちFBIにマークされ、逮捕 → 裁判へ突入。

 

監督になったアーロン・ソーキンの売りは、元々 会話劇。

裁判で弁護を直接頼みに行った弁護士を演じるのが、イドリス・エルバ。

ポーカー・プリンセスと関わりたくない彼と、ジェシカ・チャステインの丁々発止ぶりは見もの!

弁護を引き受けたあとも、原告側の執拗な攻撃に2人は議論を闘わせあう。

この「動」に対応する「静」の部分を ケビン・コスナーが上手く演じ、物語に深みを増す。

 

 

結論:アーロン・ソーキンの手引きで「女神の見えざる手」に続き、チャステインが大暴れ(笑)




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ   


 
編集 編集