日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

おかげさまで当ブログへのアクセスが好調。

昨日、なかなかの好成績 = 約 × 600UU(ユニーク・ユーザー) 

 ( PV は  × 1000 超 )

 

そこそこ好調な 約 × 600UU を記念し?!?、  本日開設  × 6876日当ブログ作成「アクセスされたい大全 」最新版 をお届けいたします!

 

 

 

 

内外の「映画」コンテンツを、いち早く未公開も含め紹介しています。

 

「映画タイトル」などで検索され、当ブログ訪問、は基本的な流れのひとつ。

 ではまず、冒頭にUS製超大作に割り込み、アカデミー賞ノミネート作!

「 ゴジラ -1.0 」   ハリウッドがやや退潮気味な中、「日本にはゴジラ映画があるぞ!」と胸を張れる 喜び(笑)

監督のコメントにみる、ゴジラ -1.0 成功の秘密。 The reason why, GODZILLA -1.0 is a GREAT MOVIE! 

ゴジラ -1.0 」 今だから言える。重要な役割を果たした「震電」が実際に大刀洗記念館で展示中!  

 

だけでなくアカデミー賞ノミネート

オッペンハイマー Oppenheimer 祝! 今年最大の話題作の 来年日本公開が決定!!! 賞レースに確実に絡んでくる「傑作」(日本人にはピリッとくる部分も確実にあるのは理解しつつ… 汗)  

PERFECT DAYS 当ブログの解釈ではテーマは、表テーマ・裏テーマ の2つ。 裏テーマの解説がラスト、映画クレジット終了後に登場する(汗)お見逃しなきよう! 

映画:君たちはどう生きるか 今回は 宮崎 駿 が披露するイマジネーション を 純粋 に鑑賞しよう!(ネタバレなし) 

 

さらに、

枯れ葉 KUOLLEET LEHDET 全編でカウリスマキ節が炸裂、いつまでも浸っていたくなる「カウリスマキ・ワールド」  リアリティ reality 衝撃の事実の映画化。90分でその事実を実際の場の録音を元に「再現」(汗)

ム・マネー ウォール街を狙え! Dumb Money 「コロナ禍」真っ只中に巻き起こった前代未聞の 実話「ゲームストップ株騒動」をユーモラスに描く一本 

 

一方で、

アメリカン・ユートピア American Utopia  ブロードウェイ公演「真空パック」+ スパイク・リー風味で、名作「ストップ・メイキング・センス」すら超え、「成熟」を感じさせる一作 

こちらは映画より強力!実際にで観た NY ブロードウェイ公演も記事をアップしている。

David Byrne American Utopia on Broadway 2019 ライブを体験! ファン必見のブロードウェイ公演!!! 

 

アカデミー賞作品賞にノミニーした日本未公開のあの作品も近々アップ予定!

 

 

 

 そんなわけで映画好きな当ブログ、1年に一回、

. 極私的2023年 映画 ベスト10! 

 

2008年から映画でスタートし、早や × 16年周年を突破!

記憶保存装置としてのブログって本当に便利だねえ~と毎年感心しつつ、10本 を選出しています。

始めてみて判ったのは、他のブログと連携しコメントで、その年に見逃した「傑作かもな映画」をチェックできること。

 

 

 

「ベスト10化」することが予想以上に面白かったので、次に始めたのが以下、

. 極私的2023年 BOOKS ベスト10!    

 

since 2010年 つまり既に14回目)

単に年末に1年を振り返る意味だけじゃないことをこれで自覚。

ランキングを楽しむだけでなく、来年の読書や音楽にワクワクできる効果が!

 

 

 

さらにこちらも登場!

. 極私的2023年 MUSIC ベスト10! ボブ・ディラン、 ローリー・アンダーソン(写真) etc...の強力メンツ! 

since 2018年 つまり6回目)

 

 

 

5. 草間 彌生 “KUSAMA: Cosmic Nature  @New York Botanical Garden(1)総論 =「圧倒的」と表現されがちの彼女の本質が表出、NYBGー草間が「共生・調和」(1)〜(36)

 

2021年の夏、NY で経験したコンテンツのハイライト! をシリーズで追体験?(写真)

ルイ・ヴィトンとのタイアップがやたら盛んな中、シリーズで彼女の展示をダイジェストしております。

また先日、原宿駅前を通りかかったところ、ルイ・ヴィトン× 草間 の特別展示を発見(汗)

感想は「これの全然スケールでかい植物館バージョンあったやんけ」→ シリーズ追加エントリー済!

 

ドル高で海外渡航が簡単ではない状況下、当ブログならではの切り口で最新の展示も!

草間 弥生 展 @ NY David Zwirnerギャラリー ~ その(1)~ ほぼ 草間 弥生「最新作揃い」で真夏にピッタリ?のゲキ熱い展示(笑)  

 

 

 

当ブログのモットーである、

「このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説·検証を行う場。

   基本ロジック=整理·ソートすることで面白さが増大·拡大」

 を粛々と?(笑)実行していることをご理解いただけたらとしたら幸いです!

 

 

 

P.S. 実は...本当に最もヤバいネタは実は今回出してない... → ハドソン川の軌跡 実体験!

 

P.S. (2)文中、フォントのバランスが変、クリッカブルなのに青色じゃない、など散見されますが、これは当ブログの美意識の問題ではなく、運営側の問題ですのでご了承ください...



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

日本は富士山から低山まで「山」の宝庫。

海外少なくともアジアでは、日本ほど山に恵まれた国はない。

 

そんな状況なので、テレビ放送も × 3存在する。

(あくまでも山を登る企画で)

 

それらは、

NHK「百名山」

NHK「百低山」

と、

民放 ×1= BS朝日「そこに山があるから」

 

 

 

 

 

というわけで今週の山をご紹介しておこう

 

NHK BS「百名山」= 北アルプス 乗鞍岳  〜” 春陽きらめく白銀の峰 〜  

NHK「百低山」= 休止

民放 ×1= BS朝日「そこに山があるから」= 栃木県 明山(みょうやま)

 

 

 

注目はやはり「そこに山があるから」

本日 22時30分 〜 BS朝日)

 

今週の主演は、南野 陽子(写真)

 

吊り橋からスタートし、滝の形をした湖に沿い 明山(みょうやま)山頂 を目指す!

彼女としては初めての 雪山登山 ならではの 感動 が待っている?!?

 

 

雪山ならではの絶景(写真)といい、今回もまた見どころ多し!

 

 

P.S. 「そこに山があるから」は 見逃し配信 もあります



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

 

タイトルに Part 2 がついているのは、そもそもこの番組は  × 2回シリーズの後半なので...

 

3月第1週に YOASOBI が登場する新作が放送されるようで、これはその盛り上げか?

 

 

 

 

元々は、年に一度のユルいバラエティ「おげんさんといっしょ」名物の1コーナーだったがマサカの コーナー独立 した、「画期的に ユルい」構造を持つ番組(汗)

 

最低限の決め事しかないらしく、こんなのテレビ創世記以来?!かと思わせる ユル~い感覚が番組を支配する。

そんなユル~い感覚が番組を支配する中、松重 豊 の音楽マニアぶり、最新音楽への「偏愛」ぶりを星野 源 と披露しまくる!

 

で 松重 豊 が紹介する音楽がいちいち超最新なのに驚く。

完全にレコード店の店主レベル(笑)

そういう人だったのね!

 

この回はゲストが超豪華、羽生 結弦

おげんさんの自宅(と称するセット) →  いつものコーナーのレコード店 に移動しての羽生 結弦ネタからの音楽トーク三昧。

ダラダラ具合が極まっており、とてもNHK総合で放送される番組とは思えない ← その点である意味凄い!

 

放送局:NHK総合テレビ

 

放送時間:23時 〜

 

 

結論:最近のNHKは総合といい、Eテレといい、ぶっ飛び具合が半端ない(汗)

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

 

当ブログの解釈。

この映画のメインテーマは × 2つ

 

テーマ

 

テーマ

 

 

①の テーマについて

最初の1時間くらいは、主人公 平山(役所 広司)の毎日の生活を淡々と描写。

 

目覚め:早朝、道に竹ホウキを かけるおばさんの音で起床

 

起床後のルーティーン:歯を磨き、植木鉢に水やり後、自販機でコーヒー買い車に乗り込む

 

出社:その日の気分のカセットテープで音楽をかけつつ、目的地へ

 

仕事:公共の公園にあるトイレの清掃員として働く

 

昼休み:公園でパンと牛乳。胸ポケットにあるカメラで1枚だけ上を見上げ木漏れ日の様子を撮影

 

仕事後:飲み屋で一杯飲んでから銭湯に入り、古本屋で100円本を買い寝るまで読む

 

就寝:モノクロの夢をみる

 

この主人公の淡々とした毎日の生活 → タイトル通りPERFECT DAYS 

唯一、曲がオリジナル楽曲(ヴェルヴェットのあの名曲)およびインストが最後に登場する点で、2回登場。

この点でも、これが テーマと言い切れるかと!

 

 

さて

テーマ

実はこの「解説」がラスト、映画クレジット終了後に登場する(汗)

表テーマからそのバックグラウンドに迫る内容。

 

前半の淡々とした内容から後半、主人公 平山 のインナーワールドを垣間見ることになる(チラッとだけ)

そのインナーワールドを補足することに。

 

お見逃しなきよう!

 

 

結論:いかにも 小津 安二郎 監督を敬愛する ヴィム・ヴェンダース監督らしい、静寂の中に浮かび上がってくる主人公のインナーワールド。

 

 

P.S. よく言われている「トイレが綺麗すぎる」などの批判は的外れのような気が… 

   サブキャラがさりげでその苦痛にちゃんと触れているし。

   ていうか、人があまり積極的にやりたがらない仕事なら何でも当てはまるような...



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

 

 

金曜に決定したばかりの組み合わせは以下。

(日本選手からソート)

 

 

 

       ローマ(伊) vs BHA(英) 三苫!

 

       スパルタ・プラハ(チェコ) vs リバプール(英) 遠藤!

 

       フライブルグ(独) vs ウエストハム(英) 堂安!

 

       スポルディング・リスボン(ポルトガル) vs アタランタ(伊) 守田 英正!

 

       マルセイユ(仏) vs ビジャレアル(スペイン)

 

       ベンフィカ(ポルトガル) vs レンジャース(スコットランド)

 

       ACミラン(伊) vs スポルティング・ブラガ(ポルトガル)

 

       カラバフ(アゼルバイジャン) vs レバークーゼン(独)

 

 

結果、

 

・イギリス勢                ×3チーム

・イタリア勢                ×3チーム

・ポルトガル勢             ×3チーム

 

・ドイツ勢                   ×2チーム

 

・スペイン勢                ×1チーム

・フランス勢                ×1チーム

・スコットランド勢      ×1チーム

・チェコ勢                    ×1チーム

・アゼルバイジャン勢   ×1チーム

 

と、ポルトガル の頑張りが目立つか

(チャンピオンズ・リーグもよくチェックしなきゃだが)

 

 

日本人選手は嬉しいことに ×4人 も残っていて 実に頼もしい 

しかも ×4人 ともチームの主軸と言い切っていいかもな大活躍中!

 

一方で組み合わせ的には ×4人 の ×4試合ともキツい相手が多い...

(イギリス、イタリア  ×2 など)

 

 

試合日は基本、3月 7日(木)、15日(木)

 

(守田 のみ、前日の3月 6日 に第一試合)

 

 

彼らの奮闘に期待したい!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

 

最近得た「タローマン」関連の知見の1つ、が 今朝 改めて 証明 されたのでシェア(写真)

 

→ やはり放送開始直後に「なんだこれは」が発生している、と言う事実、は健在!(汗)

 (つまり、初めてこのコンテンツに接触し、結果「検索される」ということ)

 

 

 

 

ADC賞(アートディレクションの最高峰)を獲得!!!、という吉報もあるものの、放送時間帯に爆発とまではいわないがアクセスが急増し、放送終了にまで及んでいる!

 

オリジナル番組が放送開始したのは2022年 7月だから、既に 1年8ヶ月 が経過し、以下のような リアル・イベント すら。

 

2022年11月

展覧会 TAROMAN @NHK放送博物館 愛宕 魔界TVプログラム 岡本 太郎式特撮活劇 同様、いやリアルゆえにある意味それ以上にヤバいかも(汗)   

 

2023年 7月

「超凱旋! TAROMAN」@川崎市 岡本 太郎 美術館 狂気度のレベルが上がった内容を、十二分にあるスペースで展開!は圧巻(汗) 

(期間:~ 8月 31日)

 

狂気度マシマシの結果、こんな「現象」まで引き起こしている点で、ADC賞受賞 も当然のことのようにさえ思えてくる!

 

 

結論:やはり「タローマン」放送開始直後に、「なんだこれは」が発生している、と言う事実、は健在!(以前ほどのパワーはないものの)

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

 

 

2022年11月

展覧会 TAROMAN @NHK放送博物館 愛宕 魔界TVプログラム 岡本 太郎式特撮活劇 同様、いやリアルゆえにある意味それ以上にヤバいかも(汗)

 

2023年 7月

「超凱旋! TAROMAN」@川崎市 岡本 太郎 美術館 狂気度のレベルが上がった内容を、十二分にあるスペースで展開!は圧巻(汗)  

(期間:~ 8月 31日(木))

 

と 狂気度が「マシマシ」になってきたタローマン(汗)

 

 

 

 

昨年は遂に、 NHK総合、かつ ゴールデンタイム直後 にまで到達!

 

NHK総合:「帰ってくれ タローマン」 遂にゴールデンタイム直後に TAROMAN が 超凱旋! (汗)

 

 

 

 

 

さらに今度は深夜帯で、

 

NHK総合:「おやすみ タローマン」

 

と 狂気 が マシマシ増量 で日本のお茶の間を襲った!

 

 

 

 

 

 

 

そして今晩、20日ぶりに 狂気レベル濃度が超マシマシな 40分 が 再君臨(汗)

 

 

番組名:「おやすみ タローマン 」

 

 

 

放送日:2月 23日(祝)

 

放送時間:26時 08分 ~ 26時48分

 

放送分数:40分 

 

 

 

 

 

やっていることにそう変わりはないのでここでまたアップするつもりは正直薄れていた。

 

ところが!

 

放送がある当日、この「 おやすみ タローマン  」での 検索 が大幅に 増加中!(笑)

 

 

 

つまり、ここにきて初めて「なんだこれは」と気づいた人々に 検索 されている、という 事実!

 

 

 

 

 

最後に、改めて放送時間を(汗)

 

 

 

放送時間:26時 08分 ~ 26時48分

 

 

 

 

P.S. 左のリンクを辿ってもいけるが、本放送  ×10回 のキモをまとめたコチラをご紹介!

 

全て、元々は 1回 ×5分、全10回 のテレビ・シリーズから始まった。

(2022年 7月)

 

全10回大全(1) TAROMAN登場シーンの「口上」をまとめて紹介

 

全10回大全(2)TAROMANに登場する「奇獣」をまとめて紹介!  

 

全10回大全(3)TAROMAN後半に登場する サカナクション 山口 の「大嘘」大全!(笑)

 

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

やや賛否両論ぎみの、この一本。

 

批判派だろう方々の意見もよくわかる。

登場する人物は全て、GREED=欲望 に突き動かされている!

 

当ブログも途中までは呆れ気味に見ていた(笑)

 

 

 

一方で全員GREED漬けである一方、敵と味方の構造が途中から面白く感じられるように!

 

(GREEDもあるが)持株会社を応援する普通の人々(写真:下)

            VS

GREED漬けどころか、空売り注文を繰り返し会社を崩壊をさせようとするリッチ(上)

 

 

 

この対立構造がはっきり見えてくる中盤あたりから当ブログは面白く見ることができた。

 

その会社とは = ゲームストップ

(ショッピングモールで見かけるゲームマシン・ソフト屋)

 

これは普通の人々が応援したくなるかも!

 

 

 

 

これが「実話」だというのも実に興味深い点。

 

物語は正に「コロナ禍」真っ只中 なので、登場人物は皆マスク(汗)

 

そんな中、主人公はSNS(ここも実に今風!)を通じ、小口投資家たちに団結を呼びかける!

 

演じるは演技に定評がある ポール・ダノ なので安定。

ラストに1発決めのスピーチをかますことになるが、

 

 

やや賛否両論ぎみの、この一本。

 

批判派だろう方々の意見もよくわかる。

登場する人物は全て、GREED=欲望 に突き動かされている!

 

当ブログも途中までは呆れ気味に見ていた(笑)

 

 

 

一方で全員GREED漬けである一方、敵と味方の構造が途中から面白く感じられるように!

 

(GREEDもあるが)持株会社を応援する普通の人々(写真:下)

            VS

GREED漬けどころか、空売り注文を繰り返し会社を崩壊をさせようとするリッチ(上)

 

 

 

この対立構造がはっきり見えてくる中盤あたりから当ブログは面白く見ることができた。

 

その会社とは = ゲームストップ

(ショッピングモールで見かけるゲームマシン・ソフト屋)

 

これは普通の人々が応援したくなるかも!

 

 

 

 

これが「実話」だというのも実に興味深い点。

 

物語は正に「コロナ禍」真っ只中 なので、登場人物は皆マスク(汗)

 

そんな中、主人公はSNS(ここも実に今風!)を通じ、小口投資家たちに団結を呼びかける!

 

演じるは演技に定評がある ポール・ダノ なので安定。

ラストに1発決めのスピーチをかますことになるが、ココモビューティフルにかましている!

 

 

1つだけ気に入らなかった点があったので補足…

それは「音楽」

facebookを描いた「ソーシャル・ネットワーク」と酷似したダークなインストが何度となくかかる、が 2番煎じ感満載!

 

 

 

 

結論:「コロナ禍」真っ只中に巻き起こった前代未聞の 実話「ゲームストップ株騒動」をユーモラスに描く一本

ビューティフルにかましている!

 

 

1つだけ気に入らなかった点があったので補足…

それは「音楽」

facebookを描いた「ソーシャル・ネットワーク」と酷似したダークなインストが何度となくかかる、が2番煎じ感満載!

 

 

 

 

結論:「コロナ禍」真っ只中に巻き起こった前代未聞の 実話「ゲームストップ株騒動」をユーモラスに描く一本



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

おかげさまで当ブログ、本日開設  × 6868日

 

以前はこうした ゾロ目キリのいい数字 の時に、他のブログと称え合っていた

 

が!

 

ちょっと前に気づいた(汗)

もはやこの領域にはもはや、誰もいなさそうなことを...

(商業ブログ除く)

 

これを記念し?!?、  当ブログで昨今発生中の最新版「思わず面白がっちゃう、笑える展開」を中心に「アクセスされたい大全 」最新版 をお届けいたします!

 

 

 

 

1.デビッド・バーン David Byrne 本人に、「いいね!」された件

コメントの必要もない、これぞ シンプル に「思わず面白がっちゃう、笑える展開」

(因みにデビット・バーン は Talking Heads のメインメンバー)

上記のリンク先でその理由がわかります!

 

 

2.当ブログ初! facebook広告 に「コメント」がついた!!!(笑)

コチラも同様か(笑)← 普通、広告にコメントは、絶対つかない!

 

 

 

3. note 始めました。 ブログ発 → facebookページでさらに拡散・拡大、の先に明日はあるのか?!?(笑)

ブログ → fbページ → note 展開、と拡大中。

こちらのリンクには「 ブログ鬼十則」がついてます!

 

 

 

4. 「 ゴジラ -1.0 」   ハリウッドがやや退潮気味な中、「日本にはゴジラ映画があるぞ!」と胸を張れる 喜び

アクセスが急増中の理由の1つ(写真)

その理由は簡単で、日本公開=11/ 3 に対し、全米公開は 12/ 1 と 1ヶ月後!

アメリカのゴジラファンがじれまくった結果、言葉の壁を越えアクセスされているよう?!?

さらに、アカデミー賞のヴィジュアル・エフェクト部門でノミネートとな!!!

 

 

 

5. やはり「タローマン」放送開始直後に、「なんだこれは」が発生している、と言う事実、は健在! 

つまり、初めてこのコンテンツに接触し、結果検索される」ということ(汗)

詳しくはリンクをご覧ください!

 

 

 

6.ニューヨークに未曾有の事態(汗) カナダはケベックで起こった大火災のスモッグが、なんと風に乗ってニューヨーク州を直撃! 

アクセスをアップさせてくれた 時事ネタ といえば、これ!

確かに世界が驚いた事態で、空が自ら語っているよう...(上記リンク先に写真あり)

 既にNYは元に戻っておりますのでご安心ください、と言いつつ再び飛来の可能性も?

 

 

 

内外の「映画」コンテンツを、いち早く未公開も含め紹介しています。

「映画タイトル」などで検索され、当ブログ訪問、は基本的な流れのひとつ。

オッペンハイマー Oppenheimer 祝! 今年最大の話題作の 来年日本公開が決定!!! 賞レースに確実に絡んでくる「傑作」(日本人にはピリッとくる部分も確実にあるのは理解しつつ… 汗)

リアリティ reality 衝撃の事実の映画化。90分でその事実を実際の場の録音を元に「再現」(汗)  

未公開映画:REALITY WINNER ロシアによる「米国選挙への介入」を告発した人物本人が語る、日本人もよくよく知るべき衝撃の事実、は早々に日本公開すべき → 映画版は11月18日公開!

哀れなるものたち Poor Things 現代女性版フランケンシュタインが選択する人生とは?! 

コヴェナント 約束の救出 Guy Ritchie's the Covenant いつもの ガイ・リッチー とは全く違うテイストに驚きつつ、最後まで目が離せない一本  

ナイアド Nyad 執念で×5度目のトライで 大願 を実現した60歳超え女性を描く今作は、名演多数!

未公開映画(非公開の可能性も…):ブラックベリー Blackberry スマホという言葉を産んだ iPhone「以前」の英語世界を席巻していた携帯端末ブラックベリー がたどった運命とは。 

 

 

 

 そんなわけで映画好きな当ブログ、1年に一回、

. 極私的2023年 映画 ベスト10!

2008年からスタートし、早や ×17回目!

記憶保存装置としてのブログって本当に便利だねえ~と毎年感心しつつ、10本 を選出しています。

始めてみて判ったのは、他のブログと連携しコメントで、その年に見逃した「傑作かもな映画」をチェックできること。

 

 

 

以上 、当ブログ作成の「アクセスされたい大全」最新版 でした。

 
 
当ブログのモットーである、
「このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。
   基本ロジック=整理·ソートすることで面白さが増大·拡大」
 を粛々と?(笑)実行していることをご理解いただけたらとしたら幸いです!
 
 
P.S. 文中、フォントのバランスが変、クリッカブルなのに青色じゃない、など散見されますが、これは当ブログの美意識の問題ではなく、運営側の問題ですのでご了承ください...


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

 

令和 6年 2月下旬 の、海外で頑張っている日本人選手「カード」をスベダラっと並べ、ご紹介いたします!(というエントリー・シリーズ since 2006.2 )

 

 そして当ブログ 間も無く、祝 ×20周年目に突入!(干支2周目も半分以上きたぞ 笑)

 

 

 

このアップの便利な使い方として、次はどんな試合があるのかなと ふと思った時に、当ブログをクリック!

 

するとずらっとずらっと出てくるので、そうやって使うのがオススメ。

(自分がそうやるために作ってます 笑) 

 

 

 

2/20(火)【AFCチャンピオンズリーグ】ベスト16 第2戦

       川崎フロンターレ ● vs 山東泰山 ◯ 17時〜 @等々力...

     【英プレミアリーグ】

       マンチェスター・シティ  vs ブレントフォード

     【UEFAチャンピオンズリーグ】ベスト16

       インテル vs  アトレティコ・マドリッド

       PSV vs ドルトムント

 

2/21(水)【AFCチャンピオンズリーグ】ベスト16 第2戦

       甲府 ● vs 蔚山 ◯ 18時〜 @国立

       横浜Fマリノス ◯ vs バンコク ● 20時〜 @横国!

     【英プレミアリーグ】

       リバプール vs ルートンタウン 遠藤! 

     【UEFAチャンピオンズリーグ】ベスト16

       FCポルト vs  アーセナル 冨安!

       ナポリ vs バルセロナ

 

2/22(木)【UEFAヨーロッパリーグ】プレーオフ第2戦  

       スポルディング・リスボン vs ヤングボーイズ 守田 英正!

       ローマ vs フェイエノールト 上田 騎世!

       フライブルグ vs ランス 堂安!

       レンヌ vs ACミラン 他

  

2/23(祝)【Jリーグ】開幕!

      サンフレッチェ広島 vs 浦和レッズ 新まちなかスタジアム!!!

      名古屋グランパス vs 鹿島アントラーズ

     【英プレミアリーグ】

       チェルシー vs  トットナム

     【伊セリエA】

       ボローニャ vs ベローナ

     【独ブンデス】

       レバークーゼン vs マインツ

     【リーガ・エスパニョーラ】

       レアル・ソシエダ vs ビジャレアル 久保!

     【仏リーグ・アン】

       メッス vs リヨン

     【オランダ・リーグ】

       ユトレヒト vs ヘラクレス

     【ベルギー・リーグ】

       シャルルロワ vs ゲンク  森岡 亮太!

     【ポルトガル・リーグ】

       アロウカ vs ファマリカン

 

2/24(土)【Jリーグ】開幕

       FC町田ゼルビア vs ガンバ大阪!

       湘南ベルマーレ vs vs 川崎フロンターレ

       サガン鳥栖 vsアルビレックス新潟

       ジュビロ磐田 vs ヴィッセル神戸 

       アビスパ福岡 vs コンサドーレ札幌

     【パリ・オリンピック2024 最終予選】

       北朝鮮 vs なでしこジャパン 開催地はサウジに

     【英プレミアリーグ】

       BHA  vs エバートン 三苫!

       アーセナル vs ニュー・キャッスル 冨安!

       ボーンマス vs マンチェスター・シティ

       マンチェスター・ユナイテッド vs フルハム

       クリスタル・パレス vs バーンリー

       アストン・ビラ vs ノッティンガム・フォレスト

     【伊セリエA】

       ザッソーロ vs エンポリ

       サレルニターナ vs モンツァ

       ジェノア vs ウディネーゼ

     【独ブンデス】

       ボルシア・メンヘングラードバッハ vs ボーヘム 板倉 滉、福田 師王、浅野 拓摩!

       ブレーメン vs ダルムシュタット 佐藤 恵允!

       シュツットガルト vs ケルン 伊藤 洋輝!

     【リーガ・エスパニョーラ】

       バルセロナ vs ヘタフェ

       アルメリア vs アトレティコ・マドリッド

       グラナダ vs バレンシア

       アラベス vs マジョルカ

     【オランダ・リーグ】

       NEC vs エクセシオール 小川 航基、佐野 航大!

     【ベルギー・リーグ】

       モレンベーク vs ルーヴェン 阿部 柊斗、三竿 健斗!

       メヘレン vs コルトレイク 藤井 陽也、角田 涼太朗!

       シント・トラウデン vs ウェステルロー  岡崎 慎司!、橋岡 大樹、小川 諒也、山本 理仁、伊藤 涼太郎、S・ダニエル、藤田 譲瑠チマ、松尾  祐介!

     【スコットランド】

       レンジャーズ vs ハーツ  田川 亨介、小田 裕次郎!

     【ポルトガル・リーグ】

       ヴェトーリア vs カーザ・ピア 相馬 勇紀!

 

2/25(日)【Jリーグ】開幕

       東京ヴェルディ vs 横浜Fマリノス かつてのライベル対決を国立で!

       柏レイソル vs 京都サンガ

     【英リーグ杯】決勝 

       チェルシー vs リバプール 遠藤!

     【英プレミアリーグ】

       ウルブス vs シェフィールド

     【伊セリエA】

       レッチェ vs インテル

       ユーベントス vs フロジノーネ

       ACミラン vs アタランタ

       カリアリ vs ナポリ

     【独ブンデス】

       フランクフルト vs ウォルフスブルグ 長谷部!

       アウグスブルグ vs フライブルグ 堂安!

     【リーガ・エスパニョーラ】

       レアル・マドリッド vs セビリア

       ベティス vs アスレチック・ビルバオ

       カディス vs セルタ

       ラス・パルマス vs オサスナ

     【仏リーグ・アン】

       ランス vs モナコ 南野!

       ル・アーブル vs スタッド・ランス 伊東 純也!

     【オランダ・リーグ】

       アルメロ vs フェイエノールト 上田 綺世!

       AZ vs アヤックス 菅原 由勢! 

     【ベルギー・リーグ】

       ヘント vs アントワープ 渡辺 剛!

       ユニオン・サン・ジロワーズ vs スタンダール・リエージュ 町田 浩樹、川辺 駿!

     【スコットランド】

       マザーウェル vs セルティック 古橋 亮悟、前田 大然、旗手 怜央、小林 友希、岩田 智輝!

     【ポルトガル・リーグ】

       ベンフィカ vs ポルティモンセ  中村 航輔!

       ジル・ヴィセンテ vs FCポルト 藤本 寛也!

 

2/26(月)【英FA杯】5回戦

       コベントリー vs メイドストーン 坂元 達裕!

     【英プレミアリーグ】

       ウエストハム vs ブレントフォード

     【伊セリエA】

       フィオレンティーナ vs ラツィオ 鎌田!

       ローマ vs トリノ 

     【リーガ・エスパニョーラ】

       ジローナ vs ラージョ

     【ポルトガル・リーグ】

       ボア・ヴィスタ vs スポルディング・ブラガ 渡辺 理己、小久保ブライアン!

 

2/27(火)【英FA杯】5回戦

       ルートンタウン vs マンチェスター・シティ 橋岡 大樹!

       ボーンマス  vs レスター

       ブラックバーン vs ニュー・キャッスル

     【コパ・デル・レイ】準決勝 第2戦

       レアル・ソシエダ vs マジョルカ 久保!

     

2/28(水)【パリ・オリンピック2024 最終予選】

       北朝鮮 vs なでしこジャパン 国立で決めるぞ!

     【英FA杯】5回戦

       リバプール vs サウザンプトン 遠藤!

       ウルブス vs BHA 三笘!

       チェルシー vs リーズ

       ノッティンガム・フォレスト vs マンチェスター・ユナイテッド

 

2/29(木)【コパ・デル・レイ】準決勝 第2戦

       アスレチック・ビルバオ vs アトレティコ・マドリッド



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

トイ・ストーリー の制作が開始されたよう。

(2026年公開?)

 

 

 

だが当ブログは以下の流れもあり、不安視...

 

トイストーリー3 Toy Story 3 3部作の映画で、もしかして史上最高レベル?!の傑作。

          ↓

プレーンズ planes  どうしたラセター?! どうしたディズニー?!

          ↓

トイ・ストーリー4 Toy Story 4 きっちり感動させる一方、ラセターが去った後遺症も感じさせる、微妙な第4作  

 

 

当ブログ的な点数でいうと、

 

トイ・ストーリー Toy Story (1995年)         95点

トイ・ストーリー2 Toy Story 2 (1999年)       97点

トイ・ストーリー3 Toy Story 3 (2010年)      99点

トイ・ストーリー4 Toy Story 4 (2019年)      75点

 

あまりに完璧だった「トイ・ストーリー3」とどうしても比べてしまう...

 

<もちろんラストシーンは感動してしまうのだけれど…

<もうこれでおしまい、でいいよね?

<5はナシってことで!

 

現在の ディズニー & ピクサー の布陣で大丈夫なのだろうか

写真のバズを主人公にした映画も評判は最悪だった(涙)

ただのお節介と分かりつつ心配...

 

 

 



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




 

 

ガイ・リッチー監督最新作。

 

なのだが、いつもの彼とは全く違う!

 

 

というのは写真でもお分かりのとおり、今作は 戦争もの

 

 

 

 

ジェイク・ギレンホール 演ずる主人公は、アフガンで部隊を率いる米軍曹長。

突き止めたタリバンの爆発物製造工場を急襲したまでは良かったが、部隊は全滅(汗)

重傷を負った本人と雇ったばかりの通訳のみが現場から逃げおおせる…

 

そして100kmひたすら身を隠しつづける、2人の逃亡生活が始まる。

 

 

 

と、スタイリッシュな皮肉の効いたギャング系とはまるで違う!

 

事実の映画化のように思えるが実は ガイ・リッチー が考案した「男の友情もの」

 

彼がこういうこれまでとは一線を画すようなテーマに挑戦するとは驚き!

(かつタイトルにまで本人の名前が入り込んでいる)

評判もなかなかに高い

 

 

結論:いつもの彼とは全く違うテイストに驚きつつ、最後まで目が離せない一本



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

 

Paramount +のみで放送され、日本では視聴できないコンテンツ… → 12月より可能に!

 

US では既に第二シーズンすら 6月 17 日(土)から開始され、シーズン終了…→ 2024年1月19日より可能に!= 確認済

 

 

 

 

 

当ブログは英語リスニングの勉強を兼ね US版 Blu -ray で 第一シーズン をノロノロと視聴中だったが、これでペースを早められる事に。

 

やったね!

 

 

 

 

 

 

で、早速 第一シーズン 最終話(笑)

 

違うシリーズ ディスカバリー の第2シーズンで登場し、ディスカバリー の臨時船長として登場 クリストファー・パイク。

 

 

 

その後A I との激烈な闘いののちに ディスカバリー を未来に送り出した 初代エンタープライズ の活躍を描く新シリーズとなり、 第一シーズン の最終話まで到達。

 

主要メンバー ×3人(パイク、副長、スポック)が既に顔馴染みなのが強み(笑)

 

 

そして今回、その ×3人(パイク、副長、スポック)に 強力にフォーカス!

 

 

 

 

 

さらに将来のエンタープライズを仕切ることになる、あの人物 までが登場!!!

 

その人物とは既にお分かりかもだが、観てのオタノシミ(笑)

 

 

 

 

さあいくぞ! 第2シーズン!!!

(涙)

 ↑

またお預けかと思ったら視聴できるようになったので

 

 

〜 第9話へ 〜

 

〜 第1話 〜 はコチラ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

つい先ほどまで行われていた【UEFAヨーロッパリーグ】プレーオフ第1戦

その速報です!

 

まず日本人選手は3人

 

       ヤングボーイズ vs スポルディング・リスボン 守田 英正!

       フェイエノールト vs ローマ 上田 騎世!

       ランス vs フライブルグ 堂安!

 

上田 騎世 はチャンスを作りつつ後半15分ごろまでプレイし交代、守田 英正 は後半15分ごろ投入されそれぞれ、MF・FWな仕事をこなす

 

堂安は スタメン

前半14分、センターでパスを受けシュートするも、キーパーに阻まれる...

27分、攻撃の起点になりゴール前まで迫るが...

基本、ホームのランスが押している中では光った堂安のプレー...

36分、右サイドでパスを受けシュート! がボールはゴールの上へ...

そのまま前半終了

 0 vs 0

 

後半もややランス優勢で試合が進む

66分、堂安がいい感じのパスをゴール前に配給するもののタイミング合わず...

70分、遂に均衡が破れる...

ゴール前に飛び込んできたアイダラが決めた!

 1 vs 0...と思ったら、ビデオ判例の結果 オフサイド

引き続き 0 vs 0

ホームで1点もぎ取りたいランスは引き続き攻め立てる

が、決めきれないうちに試合終了...

 

 

全体の結果は以下のよう

 

       ヤングボーイズ 1 vs スポルディング・リスボン 3 守田 英正!

       フェイエノールト 1 vs ローマ 1 上田 騎世!

       ランス 0 vs フライブルグ 0 堂安!

       ACミラン 3 vs レンヌ 0

       ベンフィカ 1 vs トゥールーズ 1

       スポルティング・ブラガ 2 vs カラハグ(アゼルバイジャン) 4

       ガラタサライ 3 vs ACスパルタ 2



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

 

試合がちょうど完了した、

 

  【UEFAチャンピオンズリーグ】

       パリ・サンジェルマン vs レアル・ソシエダ 

 

 

 

我らが 久保 建英 は スタメン で出場!

 

何度となく右サイドから切り込んだり、守備で貢献したり、見せ場多し

攻撃の起点として相変わらずの大活躍

とてもアウェイには見えない中、健闘中!

 

というのは相手は明らかに格上。

レアル・マドリッド遺跡が決定している エンバペ を中心とした豪華メンバー...

監督でさえ、かの エンリケ(汗)

 

 

エースとして君臨する久保は、相手のマークが後半ますます激しくなる...

一方何度となく押し寄せるピンチを切り抜けるレアル・ソシエダ(汗)

 

 

ところが58分、遂に均衡が破れる(汗)

 

やはり決めたのは、かの エンバペ!

コーナーからのこぼれ球を押し込んだ...

さすがレアル移籍な奴...

 

 

そして...

更に70分、右サイドからのパスを起点に左から突破され最後は股抜きゴール!

決めたのは、エンパぺの後継者とされる バルコラ

 

直後 バルコラ は交代し、入ったのはアセンシオ ← 十二分に凄い...(汗)

 

 

 

80分、局面打開を図りたい レアル・ソシエダ は2枚替え(MF ×1、FW ×1)

変化を創れるか...

 

 

 

 

その後試合は動かず結果、アウェイ第一試合は、

   パリ・サンジェルマン  vs レアル・ソシエダ  

 

十二分に、立派ではないか!!!

 

 

 

P.S. 裏で試合中のラツィオ vs バイエルン も動きがあり、レッドからのPKで先勝。

  鎌田は後半36分に投入。次節に期待!

 

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ   


 
編集 編集