日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

 

このごろ毎日のアクセスをみるに、スマホで閲覧する人が増加中。

でスマホでみると、「このブログの人気記事」ベスト10が表示されるので、それでまたアクセスの傾向が変わってきている様に感じている。

 

で考えるに、「アクセスされているベスト10」もいいが、当ブログ的に「アクセスされたいベスト10」も定期的にやってもいいかなと思い始めた。

で過去のログから何回か実施したところ、 × 10は読むのにちょっと多すぎるかなと思い直し、 × 5としています。

その方が毎回変化が出しやすいので!

 

で今回は当ブログお勧めのNYネタ × 5!

 5位から順番にトップへ上がっていく、にします(笑)

 

 

.NY快適ウォーキング セントラルパーク内、ジャクリーン・ケネディ・オナシス貯水池周回。

 

セントラルパーク内での散歩は天気さえ良ければ、最高。

パーク内のジャクリーン・ケネディ・オナシス貯水地を周回してみると、景色の変化をおおいに楽しめる(写真)

その様子を ×14のエントリーで(2011-8-11 ~ 2011-8-13)

 

 

.CL 決勝をスペイン・バルで。ダービーならではの熱狂は本国並み?  

 

今日のクラシコは、レアルがメッシもいないバルサに大敗...

 

一方、どうしても見逃せない、UEFAチャンピオンズ・リーグ決勝。

NYのいいところは流石メルティングポット、決勝カードの国元バーが必ず、ある。

マドリード・ダービーの年はスペイン・バル、イタリアンレストラン、英パブ何でもあり!

 

 

.初・音楽フェス(Governors BallNY 参戦記(1)~(7)

(2017-6-13 ~ 2017-16-18)

 

Randall's Islandは、NYのマンハッタンの北側とクイーンズの間の島。

アクセス方法は3つ。(直通バス2コース、直通フェリー)

ステージが4つあり、2つがペアでコンサート開始、終了時間でシンクロ

 あとで調べても、これほど出入り・ステージ間のアクセスが楽な音楽フェスは存在せず!

 

しかも3位に入れた理由は、笑撃の事件があったから!

 これは面白いよ〜(笑)

 

.MOMA  ピカソ彫刻 RETROSPECTIVE展示 時代時代のピカソの「飛び方」に感嘆 

(2008-12-22 ~ 2017-12-29)

 

NYに行くと必ず MoMA に寄るのは、常に何らかの「刺激」「衝撃」があるから。

 

とはいえピカソの「彫刻」だけ、を集めた企画展があるとは知っていたが、「ふーん」レベルの認識(笑)

 MOMA ‘PICASSO SCULPTURE’ RETROSPECTIVE

ところが行ってみると、あまりの見応えに、通算3度も通った(笑)

世界中から執念深く集められたピカソの彫刻群(約140点)

絵画の人だったピカソにとって彫刻は、彼にとって従来の枠にとらわれず、自由に飛べる領域だったのだ!

時代ごとに部屋が分かれているその彫刻群が、時代時代のピカソの「飛び方」を表現している。

 

 

 

.ハドソン川飛行機墜落事故現場リポート(1)~(10)

 

たまたま、現場に居合わせてしまったワタクシが、様子をレポート致しました...

ヤバかったっす!

NY ハドソン川飛行機墜落事故現場リポート (1)

NY ハドソン川飛行機墜落事故現場リポート (2)

NY ハドソン川飛行機墜落事故現場リポート (3)

この調子で、(10)まであります。

 

また、総論もアップしてあります。

NY ハドソン川飛行機墜落事故「ハドソン川の奇跡」現場リポート(総論)

NY ハドソン川飛行機墜落事故「ハドソン川の奇跡」現場リポート(総論2)

 

 

 

 

と合計、5つに絞ったら、少しは読みやすくなったかしら?!

 

当ブログのモットーである、

「このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説·検証を行う場。

   基本ロジック=整理·ソートすることで面白さが増大·拡大」

 を粛々と?(笑)実行していることをご理解いただけたらとしたら幸いです!

 


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

 

 

前作で「もう、わかった」つもりになっていてパスしていたら、予想外にツボに。

 

 

ツボに入った理由。

 

1.監督:J・A・バヨナ がインタビューで語るように、恐竜たちを出来るだけリアルにする努力が身を結んでいる。

 いかにもこのシーンは CG です、と感じさせない工夫がたくさん!

 (マーベルの某シリーズは完全この罠に陥っている 笑)

 階段の鉄棒の柵とかにガシガシ首を突っ込む恐竜、とか、工夫の跡がそちこちに見られ、好感。

 

 

2また監督が、スピルバーグ映画とは何か、を十二分に理解し、それをふまえた演出 = 子供視線

 旧ジュラシック・パークを建造したジョン・ハモンドの旧友ロックウッド の 娘 メイジー。

 恐竜に対峙する10歳の彼女の視線・じわじわ恐怖感の演出(写真)

 がいかにもスピルバーグ印 仕立て、に唸る(笑)

 

 

3.スピルバーグ映画とは何か、を十二分に理解し、それをふまえた演出(2) = ブルー、という存在

 前作で主人公のペット化していたブルーは、観客にとって最も親しみが持てる恐竜。

 彼と主人公の何度となくある遭遇(特にラスト)は、まさしくスピルバーグ映画。

 ヒトによって弱わらさせて倒れているブルー。こりゃ観客の同情を買うよね〜

 こうしてスピルバーグのツボをぐいぐい押している感、にこちらも思わず気持ちよくなる(笑)

 

そして驚愕のラスト。

過去にはありえなかったシーンが次々と登場し、第1作から登場しているアノ方のスピーチで締め。

「人間は愚か」メッセージを映像のチカラをもって発しつつ、やはりこのシリーズはSFだな!と高い満足度で終わる。

 

 

こうして当ブログ的に考えるに、今作は過去のシリーズ5作で、第2位にランクされるかな、と。

(当然、第1位は第1作)

 

ひとつだけ注意は、今作は飛行機の機内上映で観たことかな?

どうも機内上映だと評価が高くなりがち?!?を最近感じているので(笑)

間も無く Blu-ray がリリースされるので、改めてチェック、かな?

 

結論:予想外にツボにはまったのは、監督のJ・A・バヨナ がスピルバーグ映画の本質をよく把握した上で、弱点を強みに変えた演出力!




コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )




 

 

前のエントリーで、4本のビルが、雲の中に突き刺さっているサマをご覧いただいた。

 

 

前の写真での左の1本、432 パーク・アベニュー Park Avenue は既に完成(全60階)

 

残りの3本も調べてみた。

工事中で情報が正確かどうかは不確かではあるが、

 

 

Central Park Tower(全95階)

 225 west 57th st

 

Nordstrom Tower

 217 west 57th st

 

Steinway Tower(全58階)

 111 West 57th Street

 

のよう。

 

特に目を引くのは、最初のCentral Park Tower

95階、というのはかなり高い!

セントラルパークの反対側から、どんな景色になるのだろうか? と想像しただけでもタノシイ(笑)

 

先のハイラインの開発では 三井不動産(投資額 5500億) が2棟で参加、を追記したが、実はミッドタウンでも...

写真には入っていないが、Park avenue沿いでは、東急不動産(投資額 1000億) が建築している高層ビルが。

 

 

ブルックリン方向に拡大していた大規模開発の中、マンハッタン内での活性化は投資価値が高い、と思う。
ハイラインといい、ミッドタウンといい、日本企業の皆さん、がんばってます!
 


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

写真は、曇りの日のセントラルパークから、ミッドタウン方向を眺めた景色(笑)

 

4本のビルが、雲の中に突き刺さっている!!!

 

 

 

右の3本は全て工事中。

  

左の1本は完成済。


で 実は!!!

左の1本が工事中のタイミングでの記事アップがある(2015年)

 

NY新名物。雲に突き刺さる、 極細 超高層マンション!(笑)

 

ビルの名前は、432 パーク・アベニュー Park Avenue 。

新WTC(ワン・ワールド・トレード・センター)より 高い(汗)

(アンテナ部分を除いたビル、で)

 

 

 

 

 

結論:NY ハイラインの開発が止まらない!だけでなく、ミッドタウンの開発が止まらない!、に驚く(笑)

   で、この3本の話には未だネタがあり、次回へ続く!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

 

 

怪作「ヤング ≒ アダルト」のコンビ再び。

シャーリーズ・セロン主演、ジェイソン・ライトマン監督。

 

 

今回もセロン(写真)はブッ飛んでいる!

 

前回は「性格」だったが、この映画では過去にもやった「体格」の変化。

ロバート・デニーロじゃないんだから、美人女優がそんなことしなくてもと正直思う...

 

前に「モンスター」で実施済とはいえ、20キロ以上体重を増やしクランクアップ後、1年半かけて元に戻したとのこと...

 

 

さてその努力にふさわしい完成度になっているか?

 

 

 

 

セロンは、NY郊外に住む 専業主婦。

2人の子どもを育てているが、長女は学校に対応できず、長男も

更に3人目が生まれる直前で、ストレスがピークに達する。

 

ここで義理の兄の援助で登場するのが、ベビーシッターのタリー。

躊躇していたはずが、タリーは彼女の生活にすぐ溶け込み、欠かせない存在になるが…

 

 

 

当ブログの率直な感想。

 

クライマックス、遂に物語の「本質」が露呈される。

が、この肝心の部分の見せ方が、あまりにさりげなさ過ぎ。

納得感がやや低い。

 

その感覚に引っ張られたまま END TITLE を迎えてしまう…

 

 

結論:シャーリーズ・セロンの奮闘は買えるが、最終的な 仕上がり具合 にやや難あり…



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 


 

あまりに素敵なお姿の方々ばかりだったので、当ブログが選ぶ、SNS映えフォトジェニックベスト ×5を発表しました(笑)

 とはいえ、未だ未だ魅力的なSNS映えフォトジェニックが沢山。

 

このため、少しずつ紹介していきたいと思います。

 

 

 

今日は、このクールな 美女、を!!!

 

実は彼女とは、撮影日の翌日、サブウェイ42丁目駅のホームでバッタリ!

 


フツーの彼女は実はショート。

だが表情がそのまんまだったので、直ぐに気づいた。

 

 一瞬、目が合い、お互いに昨日遭遇していたことを電撃で理解(汗)

(おっ、昨日の写真撮ったあの日本人じゃん?!)

 

 

 

そのままスルーしたが、その時の感覚は何とも忘れられない瞬間。

会場のジャビッツ・センターと42丁目は一駅で結ばれており、その結果か?!? 

 

 

 

 

蛇足: 未だSNS映えフォトジェニックベスト ×5未見の方は、左のCATEGORY欄の「NY」を選択すると 第5位〜1位まで、ズラッとみれます!

 

 

注:このキャラはどのアニメのどのキャラか?、などには全く答えられません

      ご了承ください(笑)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

 

 

流れからいうと、晩年の作品を紹介するのが筋だと思うが、敢えて違う方へ。

 

というのは、MoMAのホームページでこの展示を紹介する「一発写真」は晩年の作品(L.A.時代)

その印象はこの展示を貫く精神とはやや違う、と感じた。

彼の持つ本質からすると、その本流はシカゴ~NY時代にあると当ブログは考える。

 

 

このため、この絵で締めたい。

激しく struggle を表現する作品が多い一方、このような静かだが芯がある作品群もある。

 

タイトルは、Awaken from the unknown

 

静かに強いパワーを発する作品と言えよう!

こうした時代と struggle し続けた彼の作品たちとの対峙は貴重な気づきの時間に。

 

 

もうお気づきかもだが、当ブログの基本的なテーマと共振しているのだ!正しい方向への struggle、という点で。

 

 

 

当ブログはMoMAメンバーなので、一般入場の1時間前の 9:30 からこの展示をゆっくりと味わった。

1時間半で観終わり、大きな満足感と共に、そのまま美術館を後にした。

この展示の感動を、そのままキープしたかったから。

 

 

他の階では、大御所たちの大作の競演(狂宴?)が繰り広げられている。

が、それらにここでのデリケートな感激を上書きされかねないと判断。

これだけで、メンバーになった価値があったというものだ。

 

というわけで、MoMAの全体論はまた次回。

ここでもまた、実は違う感動が待っていた...



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

 

進行中の2020向け工事を、過去いくつか紹介してきた。

 

・工事の最大の難関「大・屋根」の工事が進行中、メインスタジアム

 

・そのメインスタジアム周辺の混雑緩和作業(JR、都営地下鉄、銀座線 etc…)

 

・「オリパラ」時と「レガシー」仕様がある アクアティクスセンター = 水泳競技会場

   (オリパラ時 観客席 = 20,000席 レガシー時 観客席 = 5,000席)

 

 

 

今日は、今話題沸騰中の新・豊洲市場、の直ぐ隣にある「有明体操競技場」をご紹介します!


実施される競技は、当然!の体操・新体操(オリンピック)、そしてパラで ボッチャ。

 

 

メイン競技となる、体操競技の内容は、

 

・体操競技

男子が「ゆか・あん馬・つり輪・跳馬・平行棒・鉄棒」

女子が「ゆか・平均台・跳馬・段違い平行棒・鉄棒」

 

・新体操

 

・トランポリン

 

 

 

体操競技でいうと 間も無く世界選手権が、テレビ朝日系 で大々的に放送されるので、いい予習になるのでは?

 

場所はドーハ、期間は 10/25(木)~11/3(土)


 

選手たちも、2020向けにおおいに進化中?!




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

 

 

2018年10月下旬の「好カード」をスベダラっと並べ、ご紹介いたします!

(というエントリー・シリーズ since 2006.2 12年目もほぼ終了!笑)

 

この10月下旬、かなり超~忙しい~下旬。

先日活躍した若手(堂安、南野、中島 etc...)も含む欧州各国リーグ、北朝鮮を撃破し白星スタートの AFC U-19、天皇杯 準決勝、AFCアントラーズ準決勝 第2戦、そして、クラシコ!!!、という具合。

 

このアップの便利な使い方として、次はどんな試合があるのかなとふと思った時に、当ブログをクリックするとずらっと出てくるので、そうやって使うのがオススメ。

(自分がそうやるために作ってます笑)

 

で今回の写真。

NYで珍しく(笑)感じた、Footballな瞬間。

タイムズスクエアのすぐ近く、エジプトのサラーの壁画が。

既に、国の誇りなんだねえ!

 

 

 

10/20(土)【 J リーグ】

       川崎フロンターレ vs 神戸 イニエスタ効果でチケット完売!

       ベガルタ仙台 vs サガン鳥栖 トーレス…頼む → 得点し勝利!

       浦和レッズ vs 鹿島アントラーズ

       FC東京 vs セレッソ大阪

       湘南ベルマーレ vs コンサドーレ札幌

       清水エスパルス vs サンフレッチェ広島 他、全7試合

     【英プレミアリーグ】

       ニューキャッスル vs BHA 武藤!

       ボーンマス vs サウザンプトン 吉田!

       マンチェスター・シティ vs バーンリー

       チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド!

       ハダーズフィールド vs リバプール 

       ウエストハム vs トットナム

       カーディフ vs フラム

     【伊セリエA】

       ユーベントス vs ジェノア クリロナそろそろ!!!

       ローマ vs フェラーラ

       ウディネーゼ vs ナポリ

     【独ブンデス】

       レバークーゼン vs ハノーファ 原口 元気・浅野!

       シュツットガルト vs ドルトムント 香川!

       ニュルンベルグ vs ホッヘンハイム 久保!

       シャルケ04 vs  ブレーメン 大迫!

     【リーガ・エスパニョーラ】

       バルセロナ vs セビリア 首位攻防!

       レアル・マドリッド vs レバンテ

       ビジャレアル vs アトレティコ・マドリッド

       バレンシア vs レガネス

     【仏リーグ・アン】

       ストラスブール vs モナコ 川島!

     【オランダ・リーグ】

       ヘーレンフェーレン vs アヤックス 小林 勇気!

     【ベルギー・リーグ】

       ゲンク vs  オイペン 豊川 雄太!

       コルトレイク vs シント・トラウデン 遠藤 航・鎌田 大地・小池 裕太・関根 貴大・冨安 健洋!

 

10/21(日)【英プレミアリーグ】

       エバートン vs クリスタル・パレス

     【伊セリエA】

       インテル vs ACミラン ミラノ・ダービー!

       フジローネ vs エンポリ

       ボローニャ vs トリノ

       パルマ vs ラツィオ

       フィオレンティーナ vs カリアリ

       キエーボ vs アタランタ

     【独ブンデス】

       ライプツィヒ vs フランクフルト 長谷部!

       ホッヘンハイム vs ドルトムント 香川!

       ブレーメン vs  アウグスブルグ 大迫!

       ニュルンベルグ vs ハノーファ 久保、原口 元気・浅野!

       フライブルグ vs フランクフルト 長谷部・鎌田!

     【リーガ・エスパニョーラ】

       ラージョ vs ヘタフェ 柴崎!

       ベティス vs バジャドリード 乾!

       エイバル vs アスレチック・ビルバオ

       ウエスカ vs エスパニョール

     【仏リーグ・アン】

       ニース vs マルセイユ 酒井 宏樹!

     【オランダ・リーグ】

       ヘラクレス・アルメロ vs フローニンゲン 堂安 律!

     【ベルギー・リーグ】

       アンデルレヒト vs セルクル・ブルージュ 森岡 亮太、植田 直通!

 

10/22(月)【AFC U-19選手権】at インドネシア

       U-19日本代表 vs U-19タイ 初戦は白星スタート。続き、3 vs 1で勝利!

     【英プレミアリーグ】

       アーセナル vs レスター 岡崎!

     【伊セリエA】

       サンプドリア vs ザッソーロ

     【リーガ・エスパニョーラ】

       レアル・ソシエダ vs ジローナ

 

10/23 (火)【2018-19 UEFAチャンピオンズリーグ】

       ローマ vs CSKAモスクワ 西村 拓真!

       アヤックス vs ベンフィカ

       ホッヘンハイム vs リヨン

       シャフタール・ドネツク vs マンチェスター・シティ 

       マンチェスター・ユナイテッド vs ユーベントス

       レアル・マドリッド vs ヴィクトリア・プルゼン 他

       

10/24(水)【ACLアジア・チャンピオンズリーグ】準々決勝第2戦

       水原三星 vs 鹿島アントラーズ 激勝し、初の決勝進出!

     【天皇杯】準決勝! 1900-                

       ジュビロ磐田 vs ベガルタ仙台

       川崎フロンターレ vs モンテディオ山形

       浦和レッズ vs サガン鳥栖  

     【リーガ・エスパニョーラ】第3節順延分

       ラージョ vs アスレチック・ビルバオ

     【2018-19 UEFAチャンピオンズリーグ】

       バルセロナ vs インテル!

       ドルトムント vs アトレティコ・マドリッド 香川!

       ガラタサライ vs シャルケ04 長友!

       クラブ・ブルージュ vs モナコ

       パリ・サンジェルマン vs ナポリ

       PSV vs トットナム 他

 

10/25(木)【AFC U-19選手権】at インドネシア

       U-19日本代表 vs U-19イラク!

     【2017-18 UEFAヨーロッパリーグ】              

       ザルツブルグ vs ローゼンボルグ 先日活躍の南野拓実!

       アンデルレヒト vs フェネルバフチェ 森岡亮太!

       ACミラン vs ベティス 乾!

       リマソル vs フランクフルト 長谷部!

       マルセイユ vs ラツィオ 酒井広樹!

       チェルシー vs ボリゾフ

       スポルディング vs アーセナル 他

 

10/26(金)【伊セリエA

       ザッソーロ vs エンポリ

     【独ブンデス】

       フライブルグ vs  ボルシア・メンヘングラードバッハ 

     【リーガ・エスパニョーラ】

       バジャドリード vs エスパニョール

     【ポルトガル・リーグ】

       ナシオナル vs ポルティモネンセ 月間MVP獲得の 中島 翔哉!

 

10/27(土)【 J リーグ・カップ】決勝 13:05〜

       横浜Fマリノス vs 湘南ベルマーレ 神奈川対決はベルマーレが初優勝!!!

     【英プレミアリーグ】

       サウザンプトンvs ニューキャッスル 吉田、武藤!

       レスター vs ウエストハム 岡崎!

       リバプール vs カーディフ

       ワトフォード vs ハダーズフィールド

       フラム vs ボーンマス

       BHA vs ウルブス

     【伊セリエA】

       エンポリ vs ユーベントス クリロナそろそろ!!!

       トリノ vs フィオレンティーナ

       アタランタ vs パルマ

     【独ブンデス】

       ドルトムント vs ヘルタベルリン 香川!

       ハノーファ vs アウグスブルグ 浅野、原口 元気!

       デュッセルドルフ vs ウォルフスブルグ 宇佐美!

     【リーガ・エスパニョーラ】

       アトレティコ・マドリッド vs レアル・ソシエダ 

       アスレチック・ビルバオ vs レンシアレンシア

       ジローナ vs ラージョ

       セルタ vs エイバル

       レバンテ vs レガネス

     【仏リーグ・アン】

       アン・アヴァン・ギャンガン vs ストラスブール 川島!

     【オランダ・リーグ】

       フローニンゲン vs PSV 堂安 律!

     【ベルギー・リーグ】

       セルクル・ブルージュコルトレイク 植田 直通!

       シント・トラウデン vs クラブ・ブルージュ 森岡 亮太、遠藤 航・鎌田 大地・小池 裕太・関根 貴大・冨安 健洋!

 

10/28(日)【 J リーグ】第18節順延分 1500-

       名古屋グランパス vs コンサドーレ札幌

     【AFC U-19選手権】at インドネシア 準々決勝!

       U-19日本代表 vs U-19イラク!

     【英プレミアリーグ】

       マンチェスター・ユナイテッド vs エバートン

       クリスタル・パレス vs アーセナル

     【伊セリエA】

       ナポリ vs ローマ

       ザッソーロ vs ボローニャ

       ACミラン vs サンプドリア

       フェラーラ vs フジローネ

       ジェノア vs ウディネーゼ

       カリアリ vs キエーボ

     【独ブンデス】

       シュツットガルト vs ブレーメン 大迫!

       ニュルンベルグ vs フランクフルト 久保、長谷部!

     【リーガ・エスパニョーラ】

       バルセロナ vs レアル・マドリッド クラシコ!

       ヘタフェ vs ベティス 柴崎、乾!

       セビリア vs ウエスカ

       アラベス vs ビジャレアル

     【仏リーグ・アン】

       マルセイユ vs パリ・サンジェルマン 酒井 宏樹!

     【オランダ・リーグ】

       AZ vs ヘーレンフェーン 小林 祐希!

     【ベルギー・リーグ】

       オイペン vs アンデルレヒト 豊川 雄、森岡 亮太!

 

10/29(月)【英プレミアリーグ】

       トットナム vs マンチェスター・シティ!

     【伊セリエA】

       ラツィオ vs インテル!

 

10/30(火)【バル・ド・マルヌ U-16国際親善トーナメント】              

       U-15日本代表 vs U-15オーストリア!

     【 J リーグ】第28節順延分 1900-

       ジュビロ磐田 vs 湘南ベルマーレ

     【英リーグ・カップ】4回戦

       レスター vs サウザンプトン 岡崎、吉田

       ボーンマス vs ノーウィッチ

       リバプール vs カーディフ

       ワトフォード vs ハダーズフィールド

     【独カップ】

       ウルム vs  デュッセルドルフ 宇佐美!

       ハノーファ vs ウォルフスブルグ 原口元気、浅野!

     【ベルギー・リーグ】

       セルクル・ブルージュコルトレイク 植田 直通!

       シャルルロワ vs シント・トラウデン 森岡 亮太、遠藤 航・鎌田 大地・小池 裕太・関根 貴大・冨安 健洋!

 

10/31(金)【 J リーグ】19:00

       鹿島アントラーズ vs セレッソ大阪

     【英リーグ・カップ】4回戦

       チェルシー vs ダービー・カウンティ

       アーセナル vs ブラックプール

       ウエストハム vs トットナム

       ミドルスブラ vs クリスタル・パレス

     【独カップ】

       フレンズブルグ08 vs ブレーメン 大迫!

       ロシュトック vs ニュルンベルグ 久保!

       ドルトムント vs ウニオン・ベルリン 香川!

       ホルシュタイン・キール vs フライブルグ 奧村 雅也!

     【ベルギー・リーグ】

       オイペン vs セルクル・ブルージュ 豊川 雄太、植田 直通!

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

  

昔の映画「狼よさらば」のリメイク。


元々の主演は何と、チャールズ・ブロンソン!

この作品をきっかけに、第5作までシリーズ化されている。

さて今回のリメイクの出来は?!?

 

 

主人公、ブロンソン の代わりの演じるのは…

 

ブルース・ウイリス!

 

 

まずこのキャスティングに、かな~り 首をひねる(笑)

ウイリスはダイハードじゃないが、ユーモラスな飄々とした感じの演技向き。

あるいはクールな殺人者でOKとしても、銃をぶっ放す姿はブロンソンと違い 既視感 満載(笑)

この映画のように思い詰めた結果、ついに犯行におよぶ タイプ じゃ、全く ない…

 

 

そのへんは製作陣もわかっていたらしく、いろいろと設定変更。

・主人公の住む場所の変更

  やや安全化したNY → より危険なシカゴ

・主人公の仕事の変更 会計士 → 敏腕の医師

・生き残った娘はトラウマ → 生死をさまよう身でより危機感をあおる

・主人公の正義な行動は、youtubeやソーシャル・ネットワークからバズり拡散!

 

と、努力の跡はみられるが…

 

 

写真のシーンも、実は重要なシーン。

なのだが、全然そう見えない!

 

こりゃ Rotten Tomato で堂々の星★一個も、ナットクしちゃうな…

 

結論:シリーズ化までされた「狼よさらば」のリメイクだが、ひとつの決定的なミスが命取りに?!?



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

 

このごろ毎日のアクセスをみるに、スマホで閲覧する人が増加中。

でスマホでみると、「このブログの人気記事」ベスト10が表示されるので、それでまたアクセスの傾向が変わってきている様に感じている。

 

で考えるに、「アクセスされているベスト10」もいいが、当ブログ的に「アクセスされたいベスト10」も定期的にやってもいいかなと思い始めた。

で過去のログから何回か実施したところ、 × 10は読むのにちょっと多すぎるかなと思い直し、 × 5としています。

その方が毎回変化が出しやすいので!

 

 

 

 

1.当ブログでは、内外の「映画」コンテンツを、いち早く未公開映画も含め紹介しています。

 最近では、

LBJ ケネディの意志を継いだ男 最近メキメキと活躍中、ウディ・ハレルソンが初主演で演じるのは、ダラスの極限状態で大統領になる男。

ミッションインポッシブル フォールアウト Mission Impossible-Fallout またまた「トムちん劇場」が炸裂し、胃がもたれまくり(写真)

2重螺旋の恋人 L'amant double 「スイミング・プール」で舌を巻いた「白日夢的」なあの幻覚、をダークに追求した、オゾンの新境地?

カメラを止めるな!」  確かに面白い。が、予想通りの「一発芸」を許容しつつも、どうもコア・アイディアの幾らかは

オーシャンズ8 Ocean's Eight クソ暑い今夏の避暑、としては合格点か?! 的な典型的ハリウッド・ムービー(笑)

The Death of Stalin ソ連(この言い方、懐かしい~)の独裁者、スターリン の生前生後、を徹底的にブラックに描く今作は、暑さをぶっとばす勢いの強力砲!

 

最新の集大成は、

極私的 2018年 上半期 映画 ベスト10!

 

今後アップ予定:デス・ウィッシュ、タリーと私の秘密の時間、ソロ(周回遅れ)、ジュラシックワールド 2、プライベート・ライフ(未公開)etc...

 

 

今年の上半期だけじゃなく、

 

.極私的2017年映画ベスト10!

(2008-12-22 ~ 2017-12-29)

  

2008年から映画でスタートし今年は10回め。 

記憶保存装置としてのブログって本当に便利だねえ~と毎年感心しつつ、10本 + 次点2~3作を選出しています。

始めて判ったのは、他のブログと連携してトラックバックすることで、その年に見逃した「傑作かも映画作品」をチェックできること。

 

 

さらに10周年を記念し?今年実験的にはじめたのが、

.極私的「過去10年」映画ベスト10!(汗) (2008年~2017年)

 

 

 

このように「ベスト10化」することが予想以上に面白かったので、次に始めたのが、

.極私的2016年 BOOKS  ベスト5!

 

こちらは2010年から(つまり今年8回目)

単に年末に1年を振り返る意味だけじゃなく、来年の読書にワクワクできる効果が。

で今年増やしてみたのが、以下。

 

 

.極私的2016年 MUSIC ベスト10!(新企画)

 

とりあえずトライしてみたが、こちらもなかなか楽しい(笑)

ワイドな幅を持つ音楽ジャンルをこうしてまとめてしまうのはどうかとも思った。

が、やってみたら楽しかった(笑)

 

 

 

と絞ったら、少しは読みやすくなったかしら?!

 

当ブログのモットーである、

「このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説·検証を行う場。

   基本ロジック=整理·ソートすることで面白さが増大·拡大」

 を粛々と?(笑)実行していることをご理解いただけたらとしたら幸いです!

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

 

 

 

前回、彼の本質的な作品の方向性を宿す作品をご紹介しました。

今回は、それらのコーナーの次に展開される、違う角度からの作品群の中から。

 

 

こちらも「シカゴ」を強烈に感じさせるが、全く異質のコーナー。

 

そのテーマとは「音楽」

シカゴは元々黒人音楽、ブルースな街。

音楽も当然、公民権運動に向かう時代の中で重要なポジションを占めていた。

Charles White がシカゴの彼らミュージシャンと連動していたことを示す絵画群がここに。

 

 

こういう時に活躍するのが、毎度秀逸で唸る、MoMAの音声ガイド。

美術館のキュレーター・識者はもちろん、さらには画家本人のコメントまでが登場することも!

 

 

アリサが亡くなったばかりの状況だが、今作のモデルは 元祖:ゴスペルの女王 Mahalia Jackson!

ドキュメンタリー「真夏の夜のジャズ」のクライマックスで歌っていたのが彼女。

 

この写真の絵画の音声ガイドは、この彼女の深淵なボーカルから立ち上がる。

目の前にある彼女の表情と混ざり合う、素晴らしく感動的な瞬間…

 

 

あとでこの絵画のポスターをショップで発見し、瞬殺で購入したのは必然!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

 

始まったばかりの チャールズ・ホワイト Charles White の展示。

第2回は、いかにも彼らしい作品を。

 

 

写真は、初期のシカゴ時代の一作。

(Study for) The Contribution of the Negro to Democracy in America(1943)

 

ヴァージニアの現ハンプトン大学に掲出された「壁画」のための習作。

黒人の奴隷解放時代にStruggleした14人の歴史的人物が織り込んであり、非常に力強い。

 

こんな強力なパワーを持った作品群が彼のシカゴ時代を貫いており、この時点で既に圧倒される。

 奴隷解放時代のStraggleを表現するだけでなく、時代的に 公民権運動 に向かう時代だったのだ...

 

<20歳で州のプロジェクトに雇われ、奴隷解放75周年を記念する展示に出展。

<ブラックアメリカンを表現することに人生をかけ続けた。

 

正に、こういう感じ!




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 



次に、始まったばかり(10/7〜)の チャールズ・ホワイト Charles White の展示を。

 

シカゴ出身、NYに移住のあと、晩年をロサンゼルスで過ごしたホワイト(1918 - 1979)

まだ学生時代だったころの自画像で既にわかるのが、彼の卓越した技術。

14歳の時に才能を見出され、看板サインなどの仕事をはじめ、美術と深くかかわるように。

20歳で州のプロジェクトに雇われ、その年に行われた奴隷解放75周年を記念する展示に出展。


そうして絵画を通し、ブラックアメリカンを表現することに人生をかけ続けた人だということがわかる。

壁の説明によるとその歩みは絶え間なく続き、黒人の公民権運動、つまり人権獲得の時代に活躍したことをうかがわせる。

 

 

当初は1回で紹介しようと思っていましたが、そのパワーを少しでも伝えるべく4回シリーズでお届けします!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

 

先日、全く予定外に、NYコミコン に潜入。


あまりに素敵なお姿の方々ばかりだったので、当ブログが選ぶ、

SNS映えフォトジェニックベスト ×5を発表しました(笑)

 

とはいえ、未だ未だ魅力的なSNS映えフォトジェニックが沢山たくさん!

 このため、少しずつ紹介していきたいと思います

 

 

まず今回はベスト ×5にはまず入らない、ほっこり系(写真)

控えめなポーズの取り方、シャイな表情が何とも、いい!(笑)

 

 

注1:このキャラはどのアニメのどのキャラか?、などには全く答えられません

      ご了承ください(笑)


注2:未だSNS映えフォトジェニックベスト ×5未見の方は、左のCATEGORY欄の「NY」を選択するとズラッとみれます!




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ   


 
編集 編集