日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



ホントこの2日(今晩も含め)、安息日となりました。
睡眠不足も感じず、心も穏やか。

でも!!それでは我慢できないのが、サッカーマニア!!

この2日の休養を終え、いよいよ明日からベスト8の死闘!!が始まります。

このへんまでくると、他サイトの様に予想してみたくなってきました。
得点予想までいくのはいきすぎのような気もしますが、お遊びなので。

まず、明日の試合から、

アルゼンチン vs ドイツ   2 vs 1 アルゼンチン(写真は会場入り口の様子!)

イタリア vs ウクライナ   0 vs 0 PK イタリア(悪運強いぞ!組み合せも含め)


あさっては、
イングランド vs ポルトガル 1 vs 1 延長戦で、ポルトガル勝利!、?(ちがうかな)
  
ブラジル vs フランス    これが一番むずかしい! スペイン好きな私が、ラウールと後退して入ったルイスガルシアの使えなさにがっくりしつつ(ホアキン君はまあまあだったよ)ジダンの90年代後半を思い出させる動きに感動してしまい、思わず応援してしまったのですが、今回はどうなるか。「冒険はまだ終わらない」のか....


え~い!  ジダンに1票!  1 vs 2 でフランス!(ないない...?!)
でもこうなると、ロニーの本領見ないうちに、今回おしまい? ん~~~

まあとにかく今週末、楽しみましょ~!!!

コメント ( 2 ) | Trackback ( 2 )




ベスト16に入って、気が気じゃない毎日です....

ラーション(スウェーデン)、マルケス(メキシコ)、ファン・ボメル、ファン・ブロン・フォルスト(オランダ)が去るたびに、寂しい思いをしている自分に気づいてしまいます。

そして今晩は、スペイン戦!
ここでスペイン負ちゃうと、一気に、プジョル、イニエスタ、シャビなどが消えてしまいます。
(今日、スポーツ紙でもこんな記事があったが、記憶によると確かイニエスタが抜けていた!けしからん!!?)
負けてはいないものの、ポルトガルはイギリス戦、デコ抜きできついですね~...

お互いにレッド貰って、会場の片隅で愚痴こぼしあうデコとファン・ブロン・フォルスト。
なかなかこれはこれで、バルセロニスタとしては、悲しくも嬉しい光景ではありました。

さ、さっさと寝てスペイン戦に臨もうかなと...


p.s.一方でロッベンのドリブル、今大会ではもう見れないのも悲しい。

コメント ( 6 ) | Trackback ( 4 )




ラーションさいなら~....(寂しい)
スウェーデン蹴散らして、勝ち残ったのは開催国ドイツ。
なんだかんだで、8強まで来たゾ!ドイツチーム。
開催国をバックアップする現地をリポート!!(思い出しつつ...)


まずはテレビ放送。
試合のみならず、大会自体の盛り上げをはかる番組が毎日展開されています。
ポツダム広場のヨコにあるソニーセンター内の空間を利用した巨大放送センターがあり(写真)、毎日そこから1時間以上の生放送がそこから発信されていました。
試合直前直後の解説はもちろん、ドイツの各地からの最新の情報をまとめて観ることができ、大変便利でした。
2002年の時、日本ではそこまでの対応はしていなかったように思います。


一方で感じたこと。
グッズがやや弱い今回のワールドカップなのでは?
キャラクターを製造していた会社が倒産しちゃったり、障害も多かったのでしょうが。
今回のドイツ主催のワールドカップのグッズ系ですが、ピンバッジの種類を例にとってみても、前回から比較するとかなりの大幅激減となっています。
ネクタイ、マウスパッド、などなどいろいろ商品化できそうなものも、店舗になく、もしかしたら?!スポンサーのアディダスの意向(なるべくウエアを買わせたい)あったのでしょうか?!とうがって読んでしまうほどです。


話がずれていってしまって恐縮ですが、グッズはともかくとして、そもそもワールドカップでキャラクターっているのか、という議論もあります。
そういう面で進んでいるのはオリンピックですが、ワールドカップ開催地のムードはもちろん友好的だし、わいわいと楽しいのですが、それはやはりオリンピックのものとは違います。

オリンピックは多種多様な競技が行なわれているので、日本人は柔道で盛り上がるとか、オーストラリア人は水泳で盛り上がるとか好き勝手に皆さん盛り上がってるのですが、ワールドカップの場合は単一競技で、やはりどうしても、「闘い」のムードがどうしても強いんですね。

こういう状況で、キャラがどう機能するかという点で、微妙ともいえます。
2002年のキャラだって誰も憶えていないし?(失礼)フランスやアメリカだって同じようなものではないでしょうか?!

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




イタリアの街中(フィレンツェ)を歩いていたら、見かけたので撮った写真です。
左がvideofonino、右がTVfoninoという表示になっていました。左右で機能が違うようです。

また、入国時のイタリア到着時の空港(ローマ)でも、それっぽい広告を見かけました。
日本同様?!やはり表示されている画面はサッカーになっていました。時期的にも?!

実際に視聴している人を見かけることができなかったので、画質などはわかりませんが、どのレベルの内容なのか、興味深いところです!(ドイツ・ベルリンでは全く見かけなかった)

帰りのトランジット先のミラノで、さらに確認しようとしたのですが、不思議なことに、到着時のローマであれだけ見かけた広告はこちらでは皆無。
10台近く携帯が展示されているサムソンのブースを発見したので、チェックしたのですが、ここにもなし。エリアが限定されているのかでしょう。
まだまだ試験的要素が強いようです。
またこれも類推ですが、ローマの空港の広告内のコンテンツが並んでいるロゴを観る限り、こちらはskyとかで、どうも衛星放送を受信する携帯のようにも思われました。


ワンセグのある日本は、ヨーロッパに比較するとかなり先行しているようです。
そういえば先日の新聞によると、前に当ブログで話題にも出した、ブラジルのデジタル放送の規格が日本方式で決定したとのこと。
関係者の方、おめでとうございます。


さて、ワンセグ実感シリーズ、次回はやっとチェックできたアクオス携帯の雑感など。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




場所は世田谷パブリックシアターで、昨日からのスタート。
公演のテーマは、アンデルセン。
なのでタイトルは、「アンデルセン・プロジェクト」

ロベール・ルパージュは、ケベック出身の演出家で、アエラの表紙(本年 4/17号)にもなるくらいの有名人。
斬新なアイデアを盛り込み、従来の枠にあてはまらない演出を行うところが彼の真骨頂。 
最新の目立つ活動としては、ラスベガスで今最もすごいと言われる、ウイン・ラスベガスで上演中のシルク・ドソレイユ「KA」の舞台演出をやっています。


さて内容について。
大型スクリーンを独自にセッティングしたり、光をうまく活用したり、さすが!と思わせる、個性的な演出が次々と登場し、あっという間の2時間。しかも、1人で!!
マジックを思わせるような瞬間衣装チェンジなどを多用し、数人の人を演じ分けます。

アンデルセンの話はだいたい、主人公が自分の欲望に忠実であることによって、極度に不幸になっていく展開なわけですが、それらの話を上手に引用しつつ、現代的な話の中にそのニュアンスを組み込んでいく手法は実に見事で、ルパージュの才能をたっぷりと見せつけられたなと。

興味深いのは、俳優の白井 晃さんもこのプロジェクトに共鳴し参加していることで、ルパージュ版と白井版の2種が公演されることです。(~6/30までが、ルパージュ版、7/1~8が白井版)
2ヶ国語で連続上演するのは、世界でも初めてのケースとのことで、日本びいきのルパージュならではの企画となります。
カナダ人(英語フランス語両刀使い)ならではの面白みも多く含まれているこの企画ではあるので、白井 晃さんが、どう自分の「アンデルセン・プロジェクト」を創り上げるかも気になるところでは有ります。


コメント ( 3 ) | Trackback ( 1 )




もう間もなく、日本 vs ブラジル戦のキックオフです。
奇跡を起こせるか?!ジーコジャパン最後の試合...
もちろん決勝進出できれば素晴らしいことですが!
ここでの想いは....

少なくとも、今後の日本サッカーの未来を感じさせる試合になって欲しい!

初めてアウエイで1点を獲得した今ドイツ大会。
期待通りとはいえませんが、着実に進歩は遂げているわけです。
さて、どうなるか。

コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )




写真シリーズ最後は、今日の思い出を胸に、ぞろぞろ帰るブラジルサポーターの様子!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




3カ所で発煙筒燃えてました。サンシーロにいるかと思いました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




小出しでスイマセン。
いよいよ試合開始、各国国歌な状態のピッチです!
(写真をクリックすると大きくなります。お楽しみ下さい)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




次にブラジルの練習風景を(ドイツワールドカップグループF 初戦 ブラジル vs クロアチア)
思い切りよってみたのですが、このレベルにしかなりませんでしたしブレていますが、ご了承下さいまし。

スタメン組と控え組に別れて練習してましたが、今日のニュースで最後通告を受けたというロナウドは、スタメンのくせに走らなくてすむ?!控え組の方に入っていました。スタメンじゃないと思ってしまった私でしたが、メンバー発表をみてビックリ。そんな状態のロナウド、試合中もやはり全くと言っていいほど、冴えませんでした。後退で出場したロビーニョの切れが良かっただけに、最後通告も致し方ないと...

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今晩の深夜の試合は、2試合とも見応えたっぷり!
ガーナ vs チェコでのガーナのいきなりの先制点から、ダメ押しの2点めの試合で、予感はありましたが、続いたイタリア vs 米国戦はこれまた! すさまじい試合となりました!!

スキャンダルの中、勝ち続けなければならないイタリアと、1敗であとがなく必死の米国。
お互いにレッドカードで人数が減り体力的にキツい中での終盤、デルピエロの投入でついにやられてしまうかというイヤなムードの中、米国最後まで踏ん張りました。
この引き分けで、予選最終の試合までに完全にもつれ込みました。


ここで、当ブログ5/30の記述より引用させていただきます!(手前味噌でごめんちゃい)

<死の組と言われていた「C組」ですが、最近ではそう思わなくなってきました。
<メッシも復活しそうなアルゼンチン、盤石そうなオランダに対し、チェルシー
<からアトレティコ・マドリードへ移籍したケジュマンがトップにいるセルビア
<・モンテネグロですが、ケジュマンがあまり調子良さそうではないんですね
<ここんところ。おまけに、国の分裂問題もあって、ちょっと後退の印象です。
<またコートジボアールのドログバもいまひとつの感が。
<この組はすんなり、アルゼンチン&オランダで決まるのでは?!(どうかな)
<どちらかというと、グループFの、イタリア、ガーナ、アメリカ、チェコの方
<がヤバそうな気がしてきました。

予想的中いたしました! 死の組はC組ではなくE組!
C組は易々と、アルゼンチン(強い!!優勝候補)そしてオランダが決勝トーナメント出場を決めた一方、E組! 次の試合は超ヤバい!

イタリア vs チェコ

米国 vs ガーナ

この2試合は、6月22日 ハンブルグで同時間、16時よりキックオフされます。
もう待てない!!
(そして時差ボケがいつまでも直らない~...)

コメント ( 7 ) | Trackback ( 15 )




続いて同様に、ベルリン競技場内、試合開始前のクロアチア側の雰囲気を。
(写真をクリックすると大きくなります)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ   


 
編集 編集