日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 







まず驚き!は、冒頭の 製作・出資会社 の中の一つに、ブルーバックに大きく「東宝映画作品」と出て嬉しくなる(笑)
ここはこの映画の監督の「某映画作品」と同じ!


そしてさらに驚くのが、タイトルがどーん!と出るがその一瞬前には、正にその「某映画作品のタイトル」が一瞬映る!!!
「何?!?」と のけぞらせられた直後に、タイトルどーん!には参ったよ(笑)




さらに驚きは続く。

ギレルモ・デル・トロの「カイジュウ」愛がこもっていた映画「パシフィック・リム」は印象に新しい。

さて2022年、元祖日本の「カイジュウ映画」は「カイジュウ」をどう命名したか。




結論 = カイジュウはカイジュウだが、「禍威獣」

               禍わい × 威力? × 獣?

              コロナ禍?!?





で「ウルトラQ」的展開がしばらく続いた後、遂に登場する ウルトラマン!

これがまた、やけに凛々しい(写真)

そのわけの一つに、チャックを隠すための背ビレ、が ない!!!(笑)


しかも!
この写真ではわからないが、テレビ番組時代に盛り上げに貢献した「カラータイマー」、がない!!!
(TVは 予算内、テレビ30分枠内に収めるための苦策だったろうことは容易に推察できる)




この後はネタバレにならないように注意しながらポイントだけ。

・テレビシリーズのエッセンスを上手に取り込み、1本の映画に仕上がっている技に感心

・庵野 秀明氏が企画しているので、斬新なカメラの画角のカットが散見される

・とはいえ、どうしても「使徒」っぽくなりがちの「禍威獣」たち…(笑)

・音楽・音響にも唯ならぬ気合が入っており、本部の「着信音」ですら...

・長澤まさみ が狂言回しっぽく登場し、大活躍(今年の NHK大河ドラマ 同様)
 各シーンを締めるセリフを吐き続けるが、まあまあ… の打率か?!?(笑)
 だけでなく、彼女自身が○○化しちゃうなんて!!!
 


結論 = 強く印象を残すのは =1.過去になく凛々しいウルトラマン 2. 長澤まさみ!(笑)


P.S. 最も受けたセリフ = 「なぜか禍威獣(カイジュウ)は日本にしか現れないんだよ」


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )



     


 
編集 編集