日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



当日の日本選手のハイライトを紹介、とかもいいけど、それを「時系列」でさっと「一覧」
こうして理解できる「便利さ」は一定の価値があるという認識で、毎日更新し続けた。


そして今日は、感動がいっぱいの日曜。

スピードスケート女子団体追い抜きでの寅年トリオ、残念ではあったが、十分に感動した。
また昨日強調しておいた「負けず嫌い」を十二分に発揮した、石田 正子選手にも頭が下がる。

いよいよ終幕を向かえるが、総論はまた明日にとっておくとしよう。。。。。
さて最終日は.......


February 28, 2010

9:30 - Cross-Country Skiing - Men's 50 km, Mass Start Classic at ウィスラー・クリークサイド
Medal Event
成瀬 野生選手 日本選手団のしんがりを務めるは、この人!

12:15 - Ice Hockey - Men's Gold Medal Game - Game 30 at カナダ・ホッケー・プレイス
Medal Event
アメリカ vs カナダ! これは日本には関係ないが、見届けたい!

17:30 - General - Closing Ceremony at BCプレイス(開会式と同じ場所)
いよいよおしまい。
次のソチ(ロシア)への、想いを秘め.......


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




その放送は、今日実施中の「東京マラソン2010」のCS放送。
この放送を見て、あらためてぶっ飛んだ!!

その「タイトル」。
日テレ G+「とことん生放送!3万5千人の東京マラソン2010」
9:00から16:30まで7時間半の生放送なのだ。

2008年も同様の企画をやっていた。
その時のタイトルは、日テレ G+「全員のフィニッシュ見せます! 3万人の東京マラソン2008」
東京マラソン3万人の参加者がゴールするシーンを、トップからずうっ~と放送し続ける番組。
今回5千人増えているのも可愛くてタノシイ(笑)

すごいのは、ただ映し続けるだけならおバカな企画になってしまいそうだが、各ランナーには電子的なIDが装着されており、ゴールした瞬間にテレビ画面上にそのランナーの名前がずらずらっと表示されていくのだ。
(前回の経験)
次々とゴールするランナーの名前がタテ3列で次々と表示されていく様は、なかなかの壮観で見始めるとやめられなくなる。Why?

スタートからゴール最終まで7時間半の生放送、というのはCSならでは。


ただすごいポイントは、その目のつけどころにある。

通常、ひろくあまねく伝えるのが民間放送。
全てその視点から放送企画は作られる。

今回の場合、視聴対象者は次のようになる。

東京マラソンの参加者3万人 + その家族 + その友人、知人。

かなりの数の視聴者となる。
4時間走って苦労したそのゴールシーンをテレビでみれるというのは参加者にとってうれしいことに違いない。
この視聴者対象をシフトしたところに今回の凄さがあると思う。
もしかしたらたまたまかもしれないが、少なくとも途中で気づいて企画をそういう方向にシフトしたのは間違いない。


その意図があることがよくわかるのが、今後に再放送も用意されていること。
これは、走っている本人、つまり35000人がターゲットなのは間違いない(笑)

(再) 3月8日 (月) 1:00~8:30
7時間半の生放送をおそらくそのまんま7時間半再放送するのだが、前回と違いその日の深夜のうちに。
繰り返すが、まさにこれは、走っている本人、つまり35000人がターゲットなのは間違いない(笑)

私は走るわけではないが、このおもしろい取り組み、来年も続けてほしい。
今年日本テレビだったので来年はフジテレビが放送するが、そう去年はBSフジはやらなかった。
続けないとこういうのは意味ないと思うので、BSフジさんには猛省願いたい(笑)

PSでもなんでいつもこの日に限って、雨なんだろう......

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




フィギュアのショックが抜けない中、昨日、日本にとって画期的な種目が!
あ・の・韓国を破り、スピードスケート 女子団体追い抜きで日本がベスト4に進出!
チーム3人がピッタリ合ってこそ勝てるこの競技、日本人向けかも。
今日のポーランド戦に勝てば、メダル確定とは.....


February 27, 2010

3:00 - Alpine Skiing - Men's Slalom 1st Run at ウィスラー・クリークサイド
佐々木 明選手 (第27番目 出走) オフィシャル・ブログ=http://blog.livedoor.jp/akirasasaki81/
皆川 賢太郎選手(第39番目 出走) いよいよだ、かっとべ!! http://ameblo.jp/kentaro1up/

3:00 - Snowboard - Men's PGS(Parallel Giant Slalom) Qualification at サイプレス・マウンテン
野藤 優貴選手(第29番目 出走)  ベテランならではの味を!

4:45 - Cross-Country Skiing - Ladies' 30 km, Mass Start Classic at ウィスラー・オリンピック・パーク
Medal Event
石田 正子選手(第24番目 出走)  2度目のオリンピック。負けず嫌いを発揮せよ!
夏見 円選手 (第55番目 出走)  ワールドカップ日本人初の表彰台。頼むぞ!

5:15 - Snowboard - Men's PGS 1/8 Finals 
野藤~!

5:30* - Speed Skating - Ladies' Team Pursuit Semifinals at リッチモンド・オリンピック・オーバル
日本 vs ポーランド!
穂積 雅子・田畑 真希・小平 奈緒(高木 美帆)選手 寅年トリオ、決勝進出。銀メダル以上確定!

5:51 - Speed Skating - Men's Team Pursuit Finals at リッチモンド・オリンピック・オーバル
Medal Event
出島 茂幸 ・平子 裕基・土井 槙悟・杉森 輝大選手(第3組 出走) 7、8位決定戦とはいえ、トップ切れ!

6:45 - Alpine Skiing - Men's Slalom 2nd Run at ウィスラー・クリークサイド 
Medal Event
皆川、佐々木 どうだ~?!

7:17 - Speed Skating - Ladies' Team Pursuit Finals at リッチモンド・オリンピック・オーバル
Medal Event
日本 vs ドイツ。寅年トリオ、スケート界の未来のためにも頼む!!

9:30 - Figure Skating - Exhibition Gala at パシフィック・コロシアム
麻央が、カプリーズ(パガニーニ)にのって、飛翔する姿を見よ!! 必見。







  


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




3月7日(日本時間8日)にロサンゼルスで行われるアカデミー賞。

ここで最多9部門にノミネートされているのが、「ハート・ロッカー」。
(作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞、撮影賞、編集賞、作曲賞、音響編集賞、録音賞)
このなかでも、作品賞と監督賞の大本命という下馬評、となると気になるのでチェックしてきた。

「爆発(死)か解除(生)」という日々の非日常性は、あまりに新鮮。
その感触は、常に死と隣り合わせの緊張感に満ち溢れすぎの日々。
最前戦の兵士だって、緊張の瞬間は毎日押し寄せるものではないだろうが、この爆弾処理班の生活は出動したら最後、この状況と必ず向き合わなければならない。

おまけに、任務の帰りに砂漠での戦闘に巻き込まれ,スナイパーに狙われ生きるか死ぬかの状態に巻き込まれる。
このシークエンスの緊張感もハンパない。
意外な俳優がここで特別出演しているので、展開が読めなくなるが。。。。


総じて、「異色の戦争映画」ということだろうか。
音楽もほとんど流れず(これで作曲賞候補とは?)、とてもストイック。
この設定の「特殊さ」からくる、独特の緊張感をドキュメンタリー調にやられると、かなりの迫力だった。

が、アカデミー賞に値するかは、ちょっと判断つかなかったというのが正直なところ。
話題になっている「女性監督ならでは」ということについては、特に感じなかったし、逆にそういう評し方は、逆に差別っぽくないかと感じるような観賞後感だった。
ということで、監督賞、脚本賞、音響編集賞、録音賞というところが妥当なところではないか?



「グリーン・ゾーン」に続いて2連続で戦争映画を観たことにあとで気づき、大変に反省しつつ(笑)帰途に着いた。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 64 )




オリンピックもいよいよ終盤。
浅田麻央もトリプルアクセル×2成功し、がんばったが、ロボットのように正確無比なキムヨナの前に敗れ去った。
一方で、その真っ直ぐな「悔し涙」がすがすがしかったと感じる自分もいた。
次回のソチ(ロシア)で、その想いをかなえて欲しい!

さて、気持ちを切り替えて、今日は?
スノボのパラレルとか、検討しているショート・トラック男女もあるので、今日も楽しめそう!


February 26, 2010

3:00 - Snowboard - Ladies' PGS(Parallel Giant Slalom) Qualification at サイプレス・マウンテン
5:15 - Snowboard - Ladies' PGS 1/8 Finals 
5:51 - Snowboard - Ladies' PGS Quarterfinals  
6:09 - Snowboard - Ladies' PGS Semifinals 
6:31 - Snowboard - Ladies' PGS Finals 
Medal Event
竹内 智香選手  (第 4番目 出走)   オフィシャル・ブログ=http://blog.tomoka-t.net/(更新度=低)
家根谷 依里選手(第22番目 出走)   オフィシャル・ブログ=http://blog.goo.ne.jp/yanetaniblog/(更新度=中)

6:30* - Speed Skating - Men's Team Pursuit Quarterfinals at リッチモンド・オリンピック・オーバル
7:07* - Speed Skating - Men's Team Pursuit Semifinals 
出島 茂幸 ・平子 裕基・土井 槙悟・杉森 輝大選手(第3組 出走)  

6:00 - Bobsleigh - Four-Man Heat 1 at ウィスラー・スライディング・センター
7:30* - Bobsleigh - Four-Man Heat 2 
鈴木 寛・小林 竜一・土井川 真二・宮内 優選手(第22番目 出走)  

6:20* - Speed Skating - Ladies' Team Pursuit Quarterfinals at リッチモンド・オリンピック・オーバル
穂積 雅子・田畑 真希・小平 奈緒(高木 美帆)選手(第1組 出走) 韓国と真っ向対決→勝った!明日の準決勝へ。

11:00 - Short Track - Men's 500 m Quarterfinals at パシフィック・コロシアム
11:43 - Short Track - Men's 500 m Semifinals 
12:14 - Short Track - Men's 500 m Finals 
Medal Event
吉沢 純平選手(第3組 出走)  2位を死守した昨日の根性で!

11:14 - Short Track - Ladies' 1000 m Quarterfinals at パシフィック・コロシアム
11:52 - Short Track - Ladies' 1000 m Semifinals 
12:24 - Short Track - Ladies' 1000 m Finals 
Medal Event
小沢 美夏選手(第1組 出走)   同様に昨日集中できたレースのように!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




当日の日本選手ハイライトを紹介、とかもいいけど、じゃなくて「時系列」でさっと「一覧」。

こうして理解できる「便利さ」は一定の価値があるという認識で、毎日更新中~
この認識は、毎月アップしている「サッカーのつぼ」の「一ヶ月まるごと日程ハイライト紹介」からきております。
(今月の1日をクリックしていただくか、来月1日を待っていただくと理解が早い)

さあ~。。。。今日こそ運命の日!
それが何かは言うまでもあるまい.........


February 25, 2010

3:00 - Nordic Combined - Individual LH/10 km CC - Competition Round at ウィスラー・オリンピック・パーク
湊  祐介選手(第15番目 出走) 五輪初出場!
加藤 大平選手(第22番目 出走) オフィシャル・ブログ=http://blog.goo.ne.jp/icanfly_2005(更新度=高) 体調、気分とも良好!
小林 範仁選手(第29番目 出走)  今大会3度目の入賞を狙え~!
渡部 暁斗選手(第31」番目 出走)  オフィシャル・ブログ=http://ameblo.jp/akitowatabe/page-2.html#main(更新度=低) 

Medal Event
4:00 - Cross-Country Skiing - Ladies' 4x5 km Relay Classic/Free at ウィスラー・オリンピック・パーク
夏見 円・福田 修子・石田 正子・石田 正子選手(第7番目 出走) 昨年の世界選手権7位の再現を目指せ!

Medal Event
6:00 - Nordic Combined - Individual LH/10 km CC - 10 km at ウィスラー・オリンピック・パーク
上記4人の運命は。。。
 
Medal Event
10:00 - Figure Skating - Ladies Free Skating at パシフィック・コロシアム
今日、ついに運命の時が来た! 
鈴木 明子選手   (14番目)  この順番なら、思い切りすべれる!
安藤 美姫選手   (20番目) 女王クレオパトラを演じきれ~!
キム・ヨナ選手  (21番目)  ガーシュインで、今日選んだ衣装の通りの結果になるか?
浅田 麻央選手  (22番目)  さあ、「鐘」を鳴らす時が来た!!  
 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




前週、週15950PVの新記録を達成したと思っていたら、なんと今週も更新。

過去からの推移は.....
12520IP(104%)→14429IP (118%)→14752 PV(102%)→15950PV(108%)→16958PV(106.3%)
この数字を一ヶ月に換算すると、総数70000突破!となる。


ついでに週のIPも4322IPで、歴代2位の成績となった。
ただ....
あまり数字にとらわれるのも何だし、上記のように?そもそもこの数字がどうなのかも良くわからない(笑)



最後に某所で入手した「ブログ鬼十則」の2つを引用して、終わりとしたい。
(写真はモノホンの鬼十則)

●ブログとは、先手先手と働きかけていくもので、受け身で書くものではない。

●ブログ成長の計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しいアクセスと読者が生まれる。


そうありたいものだ!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨日、すっかりエネルギーを使い果たした(笑)一方、今日は日本人の登場もやや少なめ(ホッ)
ということで以下ぴぴっと。
(でも今日の浅田はいい位置につけているとオモウ! 不満なのは、安藤の点数.....)


February 24, 2010

5:00 - Speed Skating - Ladies' 5000 m at リッチモンド・オリンピック・オーバル
Medal Event
穂積 雅子選手 (第 5組出走)今季W杯で2位だから、堂々と!
石沢 志穂選手 (第 6組出走)もう緊張も取れていけるでしょう。 

10:00 - Bobsleigh - Women's Heat 3 at ウィスラー・スライディング・センター
浅津 このみ・桧野 真奈美選手(18番目 出走)

10:00 - Short Track - Ladies' 1000 m Heats at パシフィック・コロシアム
小沢 美夏選手  (第 3組出走) 今シーズンでの引退を決めての滑走。燃えろ!
伊藤 亜由子選手 (第 5組出走) オフィシャル・ブログ=http://ameblo.jp/ayuko0929/(更新度=低)
桜井 美馬選手  (第 6組出走) 「世界と戦えない自分が情けない ...」想いをぶつけて! 

10:47 - Short Track - Men's 500 m Heats at パシフィック・コロシアム
藤本 貴大選手 (第 1組出走) 熊本県出身。ここらで一発....
吉沢 純平選手 (第 8組出走) 奇跡のゴールで初五輪男にもう一度奇跡を....
 
11:00* - Bobsleigh - Women's Heat 4 at ウィスラー・スライディング・センター
Medal Event
浅津 このみ・桧野 真奈美選手(18番目に出走)

11:26 - Short Track - Ladies' 3000 m Relay Finals at パシフィック・コロシアム
5~8位決定戦に、日本が出場。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




前のアップで既に緊張している(あれ?)のだが、今日はいよいよ女子フィギュア ショート・プログラム!
仕事が手につくわけもない(笑)
もうコメントできる状態ではないので、さっさと予定を以下。


February 23, 2010

2:00 - Curling - Women's Round Robin Session 11 at バンクーバー・オリンピック・センター
日本 vs スウェーデン もう負けられないニッポン.....

3:00 - Nordic Combined - Team/4x5 km - Competition Round at ウィスラー・オリンピック・パーク
小林 範仁・高橋 大斗・渡部 暁斗・加藤 大平選手(第2番目 出走)
3:30 - Freestyle Skiing - Ladies' Ski Cross Qualification at サイプレス・マウンテン
福島 のり子選手(第26番目 出走) 今回から正式種目の喜びをいっぱいに走って!   

4:00 - Speed Skating - Men's 10000 m at リッチモンド・オリンピック・オーバル
Medal Event 
平子 裕基選手   (第4組 出走) めざせトップ10!

6:00 - Nordic Combined - Team/4x5 km - 4x5 km Relay at ウィスラー・オリンピック・パーク
Medal Event
上記4人の運命は?

6:00* - Freestyle Skiing - Ladies' Ski Cross 1/8 Finals at サイプレス・マウンテン
福島 のり子選手、決勝トーナメント進出! ここからは4人ずつの第競争で何が起こるかわからない!
6:33* - Freestyle Skiing - Ladies' Ski Cross Quarterfinals at サイプレス・マウンテン
6:52* - Freestyle Skiing - Ladies' Ski Cross Semifinals
7:03* - Freestyle Skiing - Ladies' Ski Cross Finals
Medal Event
上記の福島さん、どうだ?

9:30 - Figure Skating - Ladies Short Program at パシフィック・コロシアム
いよいよ運命の時が来た! 
浅田 麻央選手 (22番目)  無心に演じきって欲しい!  
キム・ヨナ選手 (23番目)  007 Thunderballの渋い一曲から立ち上がるプログラムで、ジンクスを破れるか!
鈴木 明子選手  (24番目)  ダークホースとして、いつもの確実な演技を!
安藤 美姫選手  (30番目) 2度目のオリンピック。トリを恐れる必要はない!!
 
10:00 - Bobsleigh - Women's Heat 1 at ウィスラー・スライディング・センター
11:00* - Bobsleigh - Women's Heat 2
浅津 このみ・桧野 真奈美選手(20番目 出走)

12:00 - Curling - Women's Round Robin Session 12
Japan vs デンマーク......

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




日曜に放送され、録画しておいた NHKスペ「金メダルへの闘い」をみた。
昨年の六月のマスコミへの今季プログラム公開から、現在までの彼女をルポしたドキュメンタリー。


六月には公開されなかったフリー演目「鐘」の内容の濃さが、図解も含めてわかりやすく示され、腑に落ちるところがたくさん!

というのは、番組内には登場してこないが、浅田真央が初めてこの「鐘」を公の場で披露した 3カ国対抗戦「ジャパンオープン」(2009-10-04)
これを生で観戦していたからだ。

その時の印象は、「新プログラムとまさに格闘中の、浅田真央」
仮面舞踏会の複雑さを、さらに極めた内容になっているが、その完全度は「まだまだ」
その後、タラソワコーチがロシア大会後に行われるたった一言ずつにもかかわらず、決定的なやり取り(これは痺れマシタ)も、ここに端を発する。


番組でより深く理解できたのは、浅田にとってキモとなるジャンプと、その間の構成を一分のスキもなく作り上げている、画期的なプログラムということ。
過去のメダリストは大きく2分され、「ジャンプ中心派」と「演技中心派」があったが、浅田の演技は両方を追求している。
一方のライバルのキムヨナのプログラムには巧妙に組み込んである、「休止」の部分がほとんど「ない」


大変面白かったので、この録画を「永久保存版」にしようかと思っているところ。
私的には、結果を出して気持ち良く、エキビジションでカプリーズを真う浅田真央を観たいと思っている。
だが、それも24日、26日の状況次第か・・・・

なぜ今日この番組を紹介したかというと、今晩再放送が総合テレビであるから。
時間は、24:45~
必見!

そして運命のSP(写真は、試合会場のパシフィック・コロシアム)は明日.......


コメント ( 3 ) | Trackback ( 4 )




当日の日本選手のハイライトを紹介、とかもいいけど、それを「時系列」でさっと「一覧」してみる。
こうして理解できる「便利さ」は、「時系列」という点で、ハイライト以上の価値があるという認識で、毎日更新中~

さて、今日の感想から。
チーム青森。
一進一退、痺れました(笑)
スケートも苦手種目で5位入賞で、次に大きな一歩だった、小平 奈緒選手。


で、明日はまずキタ~! 男子ジャンプ団体。
これでバンクーバーともオサラバだけに、悔いの無いよう飛んで欲しい。

そしてその3時間後には、カーリング vs スイス!
上のチームは5勝以上しているだけに、ここで単独4位を目指したいところ.....(決勝は4チーム出場)



February 22, 2010

3:00 - Ski Jumping - Team 1st Round at ウィスラー・オリンピック・パーク
ニッポンジャンプ陣、いよいよ最後の勝負!
メンバーは以下の通り(各々、第6番目 出走)
(1)伊東 大貴選手 オフィシャル・ブログ=http://itodaiki.ens-serve.net/(更新度=中)
(2)竹内 択 選手 ミニ・ブログ=http://kitanoski.com/ski/blog_disp.cgi?name=竹内択 
(3)栃本 翔平 選手オフィシャル・ブログ=http://syohei.ens-serve.net/(更新度=中)
(4)葛西 紀明選手 オフィシャル・ブログ=http://ameblo.jp/nori66nori/ (更新度=高) 

3:45 - Cross-Country Skiing - Ladies' Team Sprint Free Semifinals at ウィスラー・オリンピック・パーク
夏見 円・福田 修子選手(第5番目 出走)  

4:00* - Ski Jumping - Team Final Round at ウィスラー・オリンピック・パーク
Medal Event
さあ、どうなっているか.......

4:35 - Cross-Country Skiing - Men's Team Sprint Free Semifinals at ウィスラー・オリンピック・パーク
恩田 祐一・成瀬 野生選手(第7番目 出走)  

7:00 - Curling - Women's Round Robin Session 10 at バンクーバー・オリンピック・センター
日本 vs スイス! ココに勝って4位へ強力に前進したい!!

9:45 - Figure Skating - Ice Dance - Free Dance at パシフィック・コロシアム
リード・キャシー & リード・クリス(10番目出走) 兄弟ならではの、意気のあった演技でスタジアムを魅了せよ!
(しつこい....)






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




開眼する、というところまではいかはないが、少なくとも「検索」について、改めて考察する機会を与える1冊。
という点で、この本の存在感は十分であった。

というのは、「検索」は現在、あまりに当たり前になっている。
原題のSearch engine society が象徴するように、 現在は完全に「検索社会」化した。
土曜の日経新聞のPlus Oneをみても、トップに大きく掲載される時代を象徴するアンケートが「検索」について。
各年代に同じ質問をしても、ちゃんと分析が成立するレベルまで、「検索」は到達したと実感した。


さて、本の内容をみていこう。

のっけから掴まれてしまったのが、「検索」の将来の姿をイメージした第2章。
映画「タイムマシン」(2002)に登場する、図書館のバーチャル・キュレーターを例にとって「検索」の未来を語るのだが、説得力があった。
利用者のコンシェルジュとして、利用者本人が提供する情報の「正しい」部分、「勘違いしている」部分も聞き分け、正しい解答へと導くその姿こそ、「検索」の今後の多様性をわかりやすく理解させた。
とともに、現在の「検索」がまだまだ赤ちゃんで、今後の発展が期待できることを感じさせた。
日経の記事でも、「見つからずイラッ」65%だし(笑)

なんたって、googleでさえ、本格稼働は2000年6月に、 Yahoo!のサーチエンジンに採用されたことでメジャーになるきっかけを掴んだのが、あれよあれよという間に現在に至っているからだ。
まだ10年たってない!

次の「第3章 注目」では、googleの目のつけどころが鋭かった1点、「ハイパーリンク構造を参考することによって、そのWebが評価できる」、というひらめきについて1章を割いて紹介そして検討している。

その後、検索をベースにした「知識と民主主義」の議論、現在中国問題で非常にタイムリーな「政治と検閲」についての議論など、こんなで最後まで快調に読み通すことが出来、この本の存在感は十分。

著者は、アレクサンダー・ハラヴェ氏。
今年のベスト10に入るかもな、という予感もする そんな1冊!

PS さて、次は「Googleの正体」を読もうかな~

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




あっという間に「前半」が終わった、バンクーバーオリンピック。
トリノと違い、今回は既に3つメダルを獲得していることもあって、ますます早い(笑)


さて、今日はスポーツ紙の1面を飾ったカーリング女子 チーム青森の試合がなんとダブルで!
寝るに寝れない(笑)

そして、女子の1500mもある。
しんがりの田畑 真紀も登場、男子の応援もあるので、ここで奮起したい!


February 21, 2010

2:00 - Curling - Women's Round Robin Session 8 at バンクーバー・オリンピック・センター
ロシア vs 日本!

2:15 - Freestyle Skiing - Men's Ski Cross Qualification at サイプレス・マウンテン
5:15* - Freestyle Skiing - Men's Ski Cross 1/8 Finals
5:48* - Freestyle Skiing - Men's Ski Cross Quarterfinals
6:07* - Freestyle Skiing - Men's Ski Cross Semifinals
6:18* - Freestyle Skiing - Men's Ski Cross Finals
Medal Event
滝沢 宏臣選手 (21番目出走) バンクーバーから正式種目に。日本でFISワールドカップ3勝目(07年)、ニッポンを引っ張る!

6:30 - Bobsleigh - Two-Man Heat 3 at ウィスラー・スライディング・センター
7:45* - Bobsleigh - Two-Man Heat 4
Medal Event
鈴木 寛、小林 竜一チーム  (第23番目 出走)

8:00 - Speed Skating - Ladies' 1500 m at リッチモンド・オリンピック・オーバル
Medal Event
高木 美帆(第 4組 出走) あとは自分の納得いくところまで、やるだけだ!
吉井 小百合(第5組 出走) 5位入賞の次は!
田畑 真紀(第11組 出走) 個人競技のしんがり登場! ブログ=http://www.e-tabata.net/MakiBlog/(更新度=低)
小平 奈緒(第13組 出走) 5位入賞の次は!

11:15 - Figure Skating - Ice Dance - Original Dance at パシフィック・コロシアム
リード・キャシー & リード・クリス(10番目出走)   兄弟ならではの、意気のあった演技でスタジアムを魅了せよ!

12:00 - Curling - Women's Round Robin Session 9 at バンクーバー・オリンピック・センター
ドイツ vs 日本!
仕事が手につきませんなあ......

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




毎日こだわって、その日のオリンピックの「お祭り」気分を伝えようとしている当ブログだが、そんな気分を出すのに、これぞ うってつけ!のWebを見つけたのでご紹介。

NBCのTODAYshowのバンクーバーオリンピックページ。
ここのトップに設置されているのは。その日のハイライトを紹介するTODAYshow を別アングルから撮影した映像。
しかも、マウスを動かすと、意のままになる 360度パノラマ動画ムービーで。
これは、現場にいる気分(笑)になる!


URLはこちら。
http://www.today.msnbc.msn.com/id/35017294/ns/today-today_in_vancouver

ビデオは約2分少々。
その日のハイライト・インタビューのシーンが多いかな。
ただ、どうせここまでやるなら、「ライブ」でお願いしたいような気もする。
が、まあそれはぜいたくというものか....


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




トリノではフツーにブログしていたが、前回の北京オリンピックでは、過去の開会式実体験から引き出した知見を元に「オリンピックを10倍楽しむ法」という企画を自然発生的に実施し、オリンピックを楽しみ尽くした。
毎日の競技スケジュールを時系列にソートし、当日の今「何が起こっているか」をリアルに感じてもらおう、という趣旨で。

今回のバンクーバーでは「公式ホームページ」が前回よりさらに充実、1日の競技もがすらすらっ!とみえるようになった。
そこで、当ブログも進化?し、日本選手にフォーカスした(時系列版)にトライ中。
さて今日は。。。。


February 20, 2010

3:00 - Alpine Skiing - Ladies' Super-G at ウィスラー・クリークサイド
3:00* - Freestyle Skiing - Ladies' Aerials Qualification at サイプレス・マウンテン
どちらも、日本選手は出場せず
(以下、同様の競技はカット)

Medal Event
4:30* - Ski Jumping - LH Individual Final Round at ウィスラー・オリンピック・パーク
ニッポンジャンプ陣、いよいよ本勝負! この2回のジャンプに賭けろ~!
竹内 択 選手  (第21番目 出走) ミニ・ブログ=http://kitanoski.com/ski/blog_disp.cgi?name=竹内択 
栃本 翔平選手  (第28番目 出走) オフィシャル・ブログ=http://syohei.ens-serve.net/(更新度=中)
葛西 紀明選手  (第36番目 出走) オフィシャル・ブログ=http://ameblo.jp/nori66nori/ (更新度=高) 
伊東 大貴選手  (第40番目 出走) オフィシャル・ブログ=http://itodaiki.ens-serve.net/ (更新度=中)

Medal Event
6:30 - Cross-Country Skiing - Men's 30 km Pursuit (15Classic+15Free) at ウィスラー・オリンピック・パーク
成瀬 野生選手  (第40番目 出走)  後半ペースを上げることができなかったくやしさを今日晴らして欲しい!

Medal Event
9:15 - Speed Skating - Men's 1500 m at リッチモンド・オリンピック・オーバル
盛り上がってる日本スピードスケート陣
土井 槙悟(第 6組 出走) オリンピックは初出場。トリノに出れなかった屈辱をここで!
杉森 輝大(第10組 出走) 日本記録保持者の意地をここで!


10:00 - Bobsleigh - Two-Man Heat 1 at ウィスラー・スライディング・センター
鈴木 寛、小林 竜一チーム  (第23番目 出走)

10:45 - Short Track - Ladies' 1500 m Heats at パシフィック・コロシアム
10:55桜井 美馬(第3組 出走) オフィシャル・ブログ=http://ameblo.jp/bi-ba/
11:05小沢 美夏(第5組 出走) 3度めの正直で成果を!
11:10貞包 紘子(第6組 出走) W杯自己最高8位の自信でGO!

11:29 - Short Track - Men's 1000 m Quarterfinals at パシフィック・コロシアム
吉沢 純平(第1組 出走) 驚異の逆転勝ちで獲得した出場枠の運をここで!
藤本 貴大(第3組 出走) 熊本県出身のスケーター!

以下は、上記での活躍次第......
11:30* - Bobsleigh - Two-Man Heat 2 at ウィスラー・スライディング・センター

11:58 - Short Track - Ladies' 1500 m Semifinals at パシフィック・コロシアム

12:28 - Short Track - Men's 1000 m Semifinals at パシフィック・コロシアム

Medal Event
12:51 - Short Track - Ladies' 1500 m Finals at パシフィック・コロシアム

Medal Event
13:05 - Short Track - Men's 1000 m Finals at パシフィック・コロシアム

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ   


 
編集 編集