日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

さて(9)まで来て、このシリーズもラスト前まで到達。

VALLAURIS AND CANNES ASSEMBLAGES 1952-1958

 

戦争も終結し、南仏リビエラで愛人フランソワーズと子供をつくり、平穏な家庭家庭生活は突然の破局を迎える。

27歳のジャックリーヌと新生活を始め、カンヌでメタルのワークショップに参加したことをきっかけに今度は金属彫刻に目覚めた。

そう、またガラッと作風が変わる。

(きほん 絵画で食っているわけだから、なんの問題なし 笑)

 

 

写真に写っている作品群は左から、

 

THE WOMAN WITH A KEY

 

WOMAN WITH A BABY CARRIAGE

 

SHE-GOAT

 

 

この金属作品の傾向は、ラストの晩年まで続く。

ただしスケールをさらにアップして…

 


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

基本 スーパーヒーローもので、複数それらが登場した途端にシラけるワタクシ。
だからガキのころから映画のウルトラマンはダメ、最近ではアベンジャーズは全て論外!

そんな自分なのに、つい引っ掛かってしまった....
監督がザック・スナイダーという点で、期待しちゃった私が甘かった。

The Man from U.N.C.L.E.ではあれだけ輝いていたカヴァイルが....
だけでなく、マン・オブ・スチールで折角 築きあげたキャラ達が虚しく登場するのに幻滅。


で、その当時アップを見返したら...

<続編はぜひ、CGっぽい超人たちの闘い路線は避けていただきたい。
<ポイントはやはり、悪役。
<「ダークナイト」におけるジョーカーのような、狂気に満ちた強敵が必要なのだ!
<バットマンが登場、という噂があるが、それは辞めていただきたい。
<それではまるで、アベンジャーズではないか!

当時にちゃんと予言してあった(涙)

 

結論:今年のワースト候補...



コメント ( 0 ) | Trackback ( 41 )




 

映画館でみたときの感想は、
<Kingsmanと007の隙間をリッパに橋渡し

<結果、エンドロール終了までキッチリ観賞。
<予想外の大満足だったのだ!

で、
改めてDVDで2度目の鑑賞の感想は....


改めて特筆すべきは、ガイ・リッチーの演出。
オープニングタイトルまわりでさっと60年代に持ち込む技、
クライマックス前半をカット割りでスピーディーに端折るセンス、今でもバッチリ イケてる!
過去の彼の作品同様に、当然のことなから音楽のセンスも素晴らしく、またもや惚れ惚れしてしまった。

やっとやっとガイ・リッチー、復活。

昨年のベスト10に滑り込ませた判断が正しかったと、一人ニンマリ(笑)

 

そしてまたもや、2人のレディの衣装が60年代テイストながら現代でも通用する味付けに昇華されており、とてもいい目の保養になった(笑)
アカデミーの衣装部門でノミネートされなかったのは、永遠に超不思議!

一方でアリシア・ビカンダーが助演女優賞になったのは嬉しいニュース。

ビカンダーは今作そして「Ex Machina」(未公開)でも大活躍だっただけに。


蛇足:ベッカム出演を知りかつ2度目でさえ、全くワカラず(笑)

蛇足2:続編の話はないのだろうか?! 彼らが向かうはずの次の イスタンブールの事件が見たいぞ!

 






 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 7 )







このごろ 毎日のアクセスをみるに、スマホやタブレットで閲覧する人が増加中。
でスマホ・タブレットでみると、「このブログの人気記事」ベスト10が表示されるので、それでまたアクセスの傾向が変わってきている様に感じている。

で考えるに、「アクセスされているベスト10」もいいが、当ブログ的に「アクセスされたいベスト10」も定期的にやってもいいかなと思い始めた。
ということで過去蓄積してきたログから、「アクセスされたいベスト10」(これは順不同、とします)


まずは現在進行中、

1.MOMA ピカソ彫刻 RETROSPECTIVE展示 時代時代のピカソの「飛び方」に感嘆 その(1)~(9)(継続中)

「ふーん」レベルの認識だったのが、行ってみたら「目からウロコ落ちまくり」
ピカソの彫刻群(約140点)は、世界中から執念深く集められたもの。
絵画の人だったピカソにとって彫刻は実は、彼にとって従来の枠にとらわれず、自由に飛べる領域だったのだ!
時代ごとに部屋が分かれているその彫刻群が、時代時代のピカソの「飛び方」を表現し、それの再現をシリーズで展開中。
いよいよラスト前まで到達!

 現在、同様に感動的だったMoMAの展示をシリーズで紹介した、
マティス Matisse カットアウト The Cut-Outs 展 バーチャルツアー その(1)~(10) at MoMa NY. (2014-12-22 ~ 2015-02-17)
印象派の大家、マティス Matisse が晩年に目覚めた、ハサミで色画用紙を切りレイアウトして完成させた作品群を一同に(写真)
極彩色に彩られた作品群はあまりに圧倒的!で、この印象を残すことをシリーズ化でチャレンジしました。
昨年MoMaに行った時にショックを受けたのが、目玉のひとつだった「Swimming Pool」 の部屋は残っていたものの、大事な1枚がそこになかったこと...
完全版で観る事ができたのは「あの瞬間」だけだったのだと悟った...........

 他に オススメの同類コンテンツ以下。
ホイットニー美術館 移転後、初の展覧会=AMERICA IS HARD TO SEE展 その(1)~(4)
 (2015-08-03 ~ 2015-09-27)
そしてその後に起こった新展開もフォロー、
NY メトロポリタン美術館、新館 = ブロイヤー館 The Met Breuer が本日、公式オープン   (2016-03-19)
大物もあります。
ティム・バートン at MoMA! その(1)~(5)
 (2010-04-25 ~ 2010-5-307)


NYの美術系の追っかけ?という感じに見えますが、生まれ故郷と云うこともあり、NY系には強いんです。

2.NY ハドソン川飛行機墜落事故 現場リポート(1)~(10)
(2009-1-16)

たまたま、現場に居合わせてしまったワタクシが、様子をレポート致しました。ヤバかったっす!
NY ハドソン川飛行機墜落事故「ハドソン川の奇跡」 1周年イベント(1)~(4)、なんてえのも、あります。
(2010-01-20~ 2010-01-21)


3.当ブログでは、内外の「映画」コンテンツを、いち早く未公開映画も含め紹介しています。

 最近でのオススメは、
リリーのすべて
The Danish Girl 価値観を揺さぶられる映画(って新しいかも?!)
マネー・ショート
The Big Short 乾いた笑いが止まらない、究極のブラックコメディ!
サウルの息子
SAUL FIA 狂気 vs 正気の狭間、を画く、21世紀ならではの「驚愕の1本」
スティーブ・ジョブス
Steve Jobs (2015). ヒールな彼から浮かび上がる人物像とは(2015-10-24)
Ex Machina(未公開)
静かな世界観で圧倒する、こちらもSF豊作年の傑作(2015-09-08)
Spy(未公開) 
全米で人気のおデブキャラおばさんがスパイに!? が意外に大ウケ中(2015-12-17)
Me and Earl and the Dying Girl(未公開) 
2010年代的 青春映画 は忘れがたい出来。

当ブログの基本スタンスとして、2時間超もかかってつまらない作品は、評価が急激に落下する傾向にあります。
007新作はその犠牲者?(笑)


という映画のアップを継続することで、1年に一度出来る企画が以下。

4.極私的 20○○年 映画鑑賞 ベスト10!
(2008-12-22 ~ 2015-12-30)

2008年からスタートし今年は8回め。
記憶保存装置としてのブログって本当に便利だねえ~と毎年感心しつつ、10本 + 次点2~3作を選出しています。
始めて判ったのは、他のブログと連携してトラックバックすることで、その年に見逃した「傑作かも作品」をチェックできること。
これは便利!


5.極私的 20○○年 BOOKS ベスト5!
(2011-12-30 ~ 2015-12-31)

映画でやってみたら楽しかったので、調子に乗り今度は「本」
「本」って、新聞の年間ベスト選出をみても、その評者の個性が顕著に表れるのが面白くも難しいところ。
当ブログはノンフィクション物・ビジネス書中心なので、そういう方向性のベスト5を選出しています。
これを始めてから、読書の楽しみが増した!(マジ)


次に80年代からの長~い つきあいから発しているシリーズ、

6.Appleまわりのネタ全般。初期からのユーザーなので、愛を込めて褒めたりけなしたりします(笑)

 最近では、
Apple Watch がダメな理由を具体的にディスする企画(笑) vol.1 ~ vol.3
 (2015-04-15 ~ 2015-04-27)
 一応、通算で計160回のアップが存在しています。


当ブログ、これまでだと文系に見えますが、実は体育会系でもあります(笑)

7.「ブログでサッカーを10倍楽しむ法」シリーズ 遂に10周年を迎えました。

since 2006.2月 なので、来月で何と10周年越えになりました。
当初は月イチでアップしていたのですが、スケジュール確定の遅れ・変更を考慮し、上旬・中旬・下旬の3つに分割して現在に至っております。
「好カード」をスベダラっと並べ、ご紹介することで、「次に何があるか」が直ぐ判ることがメリットと思っております。


サッカーは当然のことながらスケジュールだけでなく、タイムリーな記事アップもしております。

8.今日また岡崎所属 レスター、優勝に近づく。貴重な決勝点を、何とオーバーヘッドキックで決めた!

他にも、
0 vs 2 から逆転でアジアチャンピオン!!! U-23 奮闘(火) → 本日は大躍動!
3位決定戦延長終了直後に パッと思い出したのは「ドーハの悲劇」1993  で 想うこと。
祝! 6大会連続オリンピック出場。U-23 奮闘す。
FIFA クラブワールドカップ 開幕戦 雑感  結果的に「歴史的な1日」に。
などなど。

実は過去アクセスが最も多かった記事(2010.10.13)もこの系列ではありました。それは、
なでしこジャパン、初優勝 日本サッカーの新時代がやってきた!
なでしこ優勝「延長後半」を改めて録画で視聴 → 追加情報も相まって「最高に面白い」!!
現在のなでしこは残念ながらリオ・オリンピック2016には出れなくなってしまったが、前を向いて次のフランスW杯2019及び、東京オリンピック2020を目指して欲しい!


一方で、スポーツ系は党ブログお自慢?”

9.ゴルフ、スケート、野球、水泳他、多様なスポーツを網羅!

最近アクセスが多い記事が、
NHK-BS 超人たちのパラリンピック 第2回「水泳 コートニー・ジョーダン」意思が解き放つ無限の可能性

他に目立つところでは、
2万人超のギャラリーの中、宮里 藍が日本女子オープン優勝
WBC 王ジャパン決勝進出おめでとう。一番得をした人、それは…
イチロー「死んだふり作戦」?!
WBC 王ジャパン決勝進出おめでとう。一番得をした人、それは...
などなど。


当然?! 今年の夏を熱くする スポーツ系の祭典、アレもネタにしています。

10.最後に「ブログでオリンピックを10倍楽しむ法 」シリーズ。今年はリオ2016 なので!

開会式の翌日起き、オリンピック開催地にいるヒトに起こる「めまい」を再現(笑)

なにせ、ものすごい数の競技が1日に同じ都市の中で同時に開催されることを実感するから!(体験談)
その感じを多少でも感じていただこう、というシリーズ。
2008北京、2010バンクーバー、2012ロンドン、2014ソチ、と4大会連続で実施中です。
2016リオ も展開するつもりですので、お楽しみに!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





2016年3月下旬の「好カード」をスベダラっと並べ、ご紹介いたします!
(というエントリー・シリーズ since 2006.2 ←おっ10周年超え 笑)


このアップの便利な使い方として、次はどんな試合があるのかなと ふと思った時に、当ブログをクリックするとずらっと出てくるので、そうやって使うのがオススメ。
(自分がそうやるために作ってます 笑)

3/20(日)【英プレミア】
       サウザンプトン vs リバプール 吉田!
       マンチェスター・シティ vs マンチェスター・U ダービー!
       トットナム vs ボーンマス
       ニューキャッスル vs サンダランド
      【伊セリエA】
       ACミラン vs ラツィオ 本田!
       トリノ vs ユーベントス 他、全8試合
     【独ブンデス】
       アウグスブルグ vs ドルトムント 香川!
     【リーガ・エスパニョーラ】
       ビジャレアル vs バルセロナ!
       レアル・マドリッド vs セルビア!
       エスパニョール vs アスレチック・ビルバオ
       バレンシア vs セルタ
     【仏リーグ・アン】
        パリ・サンジェルマン vs モナコ 1位 vs 2位 !

3/21(月)休養日(笑)

3/22(火)休養日(笑)

3/23(水) 【国際親善試合】
       ポーランド vs セルビア

3/24(木)【ワールドカップ2018 アジア2次予選】
       日本 vs アフガニスタン 他、9試合
     【国際親善試合】
       イタリア vs スペイン!
       トルコ vs スウェーデン 他、8試合

3/25(金)【ワールドカップ2018 アジア2次予選】
       サウジアラビア vs マレーシア 他、7試合
     【国際親善試合】
       U23日本代表 vs U23メキシコ
       オランダ vs フランス!
       ポルトガル vs ブルガリア 他、6試合

3/26(土)【国際親善試合】
       ドイツ vs イングランド!
       ロシア vs リトアニア 他、8試合
      
3/27(日)【国際親善試合】
       タイ vs 韓国 
       ルーマニア vs スペイン 

3/28(月)【国際親善試合】
       ウクライナ vs ウェールズ 
       アンドラ vs モルドバ 他、6試合
     【練習試合】
       U23日本代表 vs スポルティング・クルーベ・デ・ポルトガル

3/29(火)【ワールドカップ2018 アジア2次予選】
       日本 vs シリア!
     【国際親善試合】
       ドイツ vs イタリア!
       イングランド vs オランダ!
       フランス vs ロシア 他、6試合

3/30(水)【ワールドカップ2018 アジア2次予選】
       UAE vs サウジアラビア
       モルディブ vs ブータン

3/31(木)年度末の休養日!(笑)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 


朝から面白いトークセッションがあったので ご紹介。
出演者は、並河 進、嶋 浩一郎、東畑 幸多、刀田 聡子(敬称略)

どぶ川もキャナルと呼んだら素敵になる?! 課題のあるところに、ネーミングを。
「Comunication Shift キャナルセッション」

このコーナーの元になったのは、数年前のササキヒロシの発言。
コピーを書くとは、そう言い換えることを考えることだ、と。

雑誌の対談から キャナルナイトの発想が起こり、今日セッションとして実現したわけ。


以下、自分に刺さったところをズラッとメモ。

・コトバさえ変わればそれでいい、わけではない。
・売り場とよぶな、買い場と呼べ ー 視点をひっくり返す
・いろんな事象を、パスを回す、バトンを渡す、的な発想に転換する
・ディズニーの発想には学ぶポイントが多い ー カストーディアル キャスト etc...
    だから、ディズニーに成り切って考える?(笑)
・遅筆 → 遅筆家 → デッドライン・デザイナー?(笑)→ 遅筆野郎
・暴走族からカッコ良さを取り除く方法 ー ぷーぷー族?
・ひきこもり → ホームフィロソファー(笑)とか、フィロソファー in the room
・あさって、というネーミングは秀逸 ー いい企画はあさってから飛んでくる
・あしたではなく、あさってフィロソファー
・老眼鏡=マイナスに見える マイナスからゼロ的発想ではなく、身体拡張的発想ーeva 1号?
・老後ではなく、人生のサードウェーブ? 全盛期は常に未来にある(いいね!)
・老人ホームには行きたくないが、テラスハウス、サードウェーブハウスなら行きたい(笑)
・サラリーマンを見事に言い換えた中島みゆきー地上の星
・ソーシャル系の意識高い系、セルフプロデュース、≒ 嫉妬にまつわるワーディング?
    意識高い系、は報告がヘタ? 正しいこと伝えることの難しさ
    損してる人、は応援したくなるのが一般的?
    見えない悪意に対抗する、継続した意志 プラスマイナスを理解した上で割り切るしかない...
ネガティヴな見せ方ではなく、協力したい系とか?
・キャナルはインナーへの既定路線からの意識転換

このラストあたりの議論は、当ブログ的にはグサグサ刺さりまくった!

真面目っぽくなったのでまた柔らかい方向に戻すと、このトークセッション開始早々、このトークを表現する裏ワードとして、ショーンKが(笑)
確かに!(元はショーン・マクアードル川上)
コトバさえ変えればそれでいい、わけではない訳だ!

 

最後に。

このセッション次のプロジェクトは、「あさっての日本を考える」に決定(笑)

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

何故か、コピーライティング講座に参加ちう....
若い人たちに混ざって(笑)


写真は、そのアンチョコ。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 


タダ制作を誇る超人の 超爆笑トーク炸裂、の後は...

続いて「ピ」な話。

って、解ります?

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

桜も咲き始めたらしい今日、相応しいような 狂気な企画に参加ちう~

どんな狂気の企画かというと.....

 

「並河 進の24時間トークライブ」という、常軌を逸したトークイベント!!!

"並河 進が話したいことを、ときにひとりで、ときに誰かと、24時間話し続けます"
彼は当ブログでもよく紹介している、ソーシャル・ソリューション第一人者。


(誰もが聞きたくなる)「このイベント目的は何ですか?」という質問。

それには答えられないそうです(笑)

 

日時:3月19日(土)19:00開始
  (18:30開場)

   3月20日(日)19:00終了

場所:原宿「空き地」
   渋谷区千駄ヶ谷3-52-9

入場料:無料
ただし、WITHOUT MONEY SALE形式をとらさせていただきます。
出演者、ゲスト、スタッフのために、一品、「おみやげ」を持ってきてください。
(飲みもの、食べもの、本など

このイベントには名を挙げたらキリのないほど、ソーシャル、広告の幅広い業界のスゴイ方々が次々に登場。

という、実は凄いイベント!

 

http://24h.namikawasusumu.com
#並河進の24時間トークライブ

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

本日、というか現地では318日(金)、元々は ホイットニー美術館だったビルが、メトロポリタン美術館の新館としてオープン!

位置づけは、近代・現代部門の分館。

とりあえず、8年契約でとのこと。

 

確かに最近、メトロポリタン美術館に行くと、現代美術の一角は作品群で外せないものが多すぎ、作品の入れ替えにやや窮屈感はあった(笑)

だがこれで晴れて、思いっきり企画展開ができるようになる。

 

オープニング展示は2つあるよう。

1.「Unfinished   Thoughts left Visual(未完成)

2.  Nasreen Mohamedi



ロゴも新調され(写真)、急にフレッシュな感じに成った、老舗のメトロポリタン美術館。

 

これでまた、NYに行く楽しみが増えた!

 
 場所:75th St & Madison Ave.


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

 

先ほど行われた、UEFAチャンピオンズ・リーグのベスト8組み合せ抽選。

(at スイス、ニヨンUEFA本部)

 

 

<まず注目は、3年連続?3チームも残ったスペイン勢がどう配置されるか。

(残りは、ドイツ2、イングランド1、フランス1、ポルトガル1)

 

<まずは、

<「因縁対決をまず優先する」、と仮定。

 

ハズレ!

(ヨーロッパ・リーグでは、それが実現。クロップ!)

 

<ここがそうなると、もうこのカードしか、ない!

<=アトレティコ・マドリッド vs レアル・マドリッド(笑)

 

=バルセロナ vs アトレティコ・マドリッド

 

ダービーでもなく、クラシコでもない、この組合せでした!

このベスト8では屈指のカードなのは間違いない。

 

残ったレアル・マドリッドは、ウォルフスブルグと。

 

 

 

すると残りは自ずから、

 

=パリ・サンジェルマン vs マンチェスター・シティ

 

=バイエルン・ミュンヘン vs ベンフィカ

 

 

試合は、4月5日、6日が第1戦。

待ちきれないね!!!


(クラシコ直後の2チーム、どうなるか?)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

間もなく行われる、UEFAチャンピオンズ・リーグのベスト8組み合せ抽選。

(at スイス、ニヨンUEFA本部)

 

これを予想してみようという、愚かな企画(笑)

 

 

 

まず注目は、3年連続?3チームも残ったスペイン勢がどう配置されるか。

(残りは、ドイツ2、イングランド1、フランス1、ポルトガル1)

そこで先に予想してみる。

 

まずは、

「因縁対決をまず優先する」、と仮定。

 

=バルセロナ vs バイエルン・ミュンヘン

 

これは、グラウディオラ・シフト!(笑)

 

 

だがこれでは他が盛り上がらないので、こっちの裏にベット。

 

=マンチェスター・シティ vs バイエルン・ミュンヘン

 

 

ここがそうなると、もうこのカードしか、ない!

 

=アトレティコ・マドリッド vs レアル・マドリッド(笑)

 

 

すると残りの予想は自ずから、

 

=パリ・サンジェルマン vs ベンフィカ

 

=ウォルフスブルグ vs バルセロナ

 

 

 

当たらないことを切に祈る(笑)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

最近ビックリしたニュースのひとつは、以下。

ウォッシャスキ-兄弟が、

     ↓

ウォッシャスキ-兄妹に

     ↓

ウォッシャスキ-姉妹となって、完成!

 

 

兄弟揃って、性別違和だったとは!

 

 

そのウォッシャスキ-姉妹の最新作ジュピターで、ヴィランを楽しそうに演じていたエディ・レッドメインが、今作ではこの性別違和に挑戦している。

時代が1926年のヨーロッパなので、彼(彼女)の行動は世間的に全く理解されない。

昨今の映画ではある意味、「イミテーション・ゲーム」や「キャロル」に似ている。

が、同性愛でも酷い差別に合うよ時代よりも、さらに時代をさかのぼった今回の映画では、主人公たちが性別違和の受ける迫害は計り知れない...

 

 

最初は男性だったはずの主人公は、途中から女性化が止まらなくなる。

レッドメイン(写真:左)の、女性の仕草をなんとか身につけようとする演技には圧倒される。

 

また、これでアカデミー助演女優賞を獲得、アリシア・ビカンダー(写真:右)も奮闘。

ビカンダーは「Ex Machina」(未公開)で大ブレイクののち、「コードネームアンクル UNCLE」を経て今作なので受賞は目出たい!


ただし!

ビカンダーはどうみても主演女優、のような気もしなくはないが...

あくまでもレッドメインは主演女優、ということなのか。

と喜びつつも、アタマの中が混乱する、不思議な映画!!!

 

というわけで、混乱に陥ってしまったので、もうこれ以上感想を書けない状態(笑)

こうやって、価値観を揺さぶられる映画(って新しいかも?!)


 

 



コメント ( 2 ) | Trackback ( 25 )




 

 

英 プレミアリーグ。

全く予想外に上位を走る昇格組のレスター

開幕直後は誰も予想しなかった「首位」

 

先に行われた3位 トットナムの対決は勝利し、2ポイント差。

首位レスターにとってはここで何としても勝たないと…な状態。

 

 

 

さて、つい先ほどまであったホームゲームは、vs ニュー・キャッスル戦。

 

 

岡崎(写真)は当然のように堂々の、先発出場。

序盤はニュー・キャッスルに押されるものの、25分。

彼がこぼれ球を、オーバーヘッドキックでゴ~ル!!!(写真)

  

試合はこのまま終了、また勝ち点3を乗せた。

岡崎のゴールは、文字通り「値千金」のゴールに成った!

 

先にも説明したように、2位 トットナムは勝利していたため、

 

1位 レスター  63

2位 トットナム 58

3位 アーセナル 52

 

これだけお金をかけた有力チームがいっぱいあるリーグで、昇格2年目のチームが優勝するとなると、これは奇跡。

しかも、そこには我らの岡崎が今日のように決勝点を決めるなど、堂々と存在しているのだ!

奇跡の優勝に貢献し、チームそしてサポーターに感謝される日本人が2016年に登場するとは、誰が予想しただろうか!?



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )







この企画シリーズを実行する際、「ピカソの陶芸」という本があるのを知ったので取り寄せてみた。
そしたら、その本に含まれていた作品は、ほとんどがこの時代だった!(あるいはこれ以降)
というくらい、充実した時代。

それもそのはず、ナチに占領された戦時下のパリが、遂にナチから解放され、自由を取り戻したのだ
ピカソは22歳の愛人、フランソワーズと子供をつくり、家庭人としての生活を南仏リビエラで過ごす、そんな時代。


写真に写っている数点から簡単に感じ取ってもらえると思うが、この時代の作品群は、

1.ナチから解放された自由感

2.新しい家族を持った幸福感

に満ち満ちた時代だったのだ。

これは前の戦争時代の部屋の対比が仮になかったとしても、楽しめないわけがない!


上の2つの時代背景に加え、

3.ピカソがセラミックの扱い方を勉強して身につけたこと

がこの時代の作品群の特徴を決定づけた。



写真に写っている作品群は左から、

Vase:Woman

Owl

Standing Bull

Pregnant Woman


それぞれ、いかにも!ですよねえ(笑)




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ   


 
編集 編集