日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 







天気が 雨 & 曇り、でイマイチ スッキリしないスタートのGW。
どうしたものかと…

仕方ないねえと、J-WAVE のMorning Show Jカビラ JK Radio (昔は 月~金 だったが燃え尽きて今は週一)を。
その流れで、超久々に普段は聴かないホリスペ(J-WAVE HOLIDAY SPECIAL)を聴き通してみた。
すると…


すると、驚きの涙腺崩壊! ×3回(笑)

その×3回とは、

(1)ピーター・ポール& マリー 「花はどこに行った」
マサカこの名曲のベースが、ウクライナの民謡だったとは...

(2)奇妙 礼太郎 さんによる、木村 利人さん 作詞の「幸せなら手を叩こう」の第一発声直後
移動中だったため 奇妙 礼太郎 さんの出演を知らず 木村 利人さんの感動話の続きで歌が始まり…
なんとも味わいのある「幸せなら手を叩こう」で、全く予想外の涙腺崩壊!

(3)平原 綾香 「平原 綾香・押尾コータロー」スペシャルミニライブでの第一発声直後
直前の押尾コータローのロックギター祭りも良かったが、平原 綾香 の名曲登場で 涙腺崩壊!


現在のロシアによるウクライナ侵攻はとんでもないことだが、日本人もフィリピン他で同様の蛮行を行っていたことを知り胸を痛めつつ...(涙)

結論:天気が 雨 & 曇り でドンヨリ気分からの → 予想外に気づきのあった GW初日。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )







先ほど終了した【UEFAヨーロッパリーグ】ベスト4 第1戦 ×2試合。

長谷部・蒲田のフランクフルト(独)が準決勝に進出!
その速報!
 



フランクフルトの相手は イングランドは首都ロンドンのチーム 。
(一方の準決勝は ライプツィヒ(独) vs レンジェーズ(スコットランド))

       ウエストハム(英)1 vs フランクフルト(独)

        
蒲田 が先発出場!
(長谷部はベンチにキープ)

開始早々、フランクフルト クナウフが左からのクロスをヘッドで しっかり決める!
あっさりと、 vs  

だがホームの ウエストハム も反撃。
21分、フリーキックからの折り返しを合わせ、 FW アントニオがゴール!
vs

そのまま同点で、前半終了。



さて運命の後半(汗)

そして9分、待望の瞬間が...(ゴクリ)

蒲田、左サイドからのシュートの跳ね返り直後にシュート!
キレイにゴールに突き刺さった!!!
vs  


蒲田、79分にも惜しいシュート!
ゴール前、左から打ったシュートが右ポストに跳ね返される...

サポーターの怒りが表に出始める中、ウエストハム攻めるが惜しいチャンスも決まらないまま試合終了… 
(長谷部は温存)

ウエストハム(英)相手に激勝し、準決勝 第2試合へ!

(一方の準決勝は ライプツィヒ(独) vs レンジェーズ(スコットランド)





この【UEFAヨーロッパリーグ】準決勝(ベスト4)第2戦の試合日は、

       第2戦が、5月 5日(木)


 そしてファイナルは...  5月18日(水)
    決勝の地はスペインはセビリア!


 これは 超 がつく「タノシミ」以外の何者でもない!!!(笑)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )









当ブログはつい先日、開設 6200日を突破。



昔は同じように 開設○○○日 を達成したブログを探し出してきては、お互いを讃えあってきた。

が…  昨今はその数が激減…(ていうか、もう存在しないかも…)

 

どうも当ブログはそっち系の 先頭集団 にいるらしい(笑)

絶滅危惧種?という気は全くしないので、引き続き7000日を目指し 突っ走るのみ!





でたまたま昨日のユニークユーザーは 620強。


前はよく遊びで、エンジェルナンバーを調べたりしたのだけれど、最近は数字が大きすぎ? 遊べない(笑)
例えば先日の 6190も、強いて 619 があるくらい → 内容が面白かったのでアップ。

620も調べてみたのだけど、今度は妙に「神」がかっていて退いてしまった(笑)
エンジェルナンバー遊びもここまでか…





という訳で、今度は「写真検索」にトライ。



で出てきたのが写真!


ダットサン・トラック7代目の 620型。

国内のみならず、 “DATSUN 620 TRUCKS” の名前で輸出され、アメリカでも成功。
コンパクトなサイズだけでなく、セクシーなボディで人気だったそう!




渋〜い着地 で、この 620遊びをコンプリートできたかな...

それなりに、嬉しく思う(笑)


P.S. こんな「車」関連のエントリーがあったのを思い出したので...

MoMA 視点での 車キュレーション × 10台 をシリーズで!(+当ブログ趣味系エクストラ × 3台 笑)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )







本日早朝に行われたばかりの【UEFAチャンピオンズ リーグ】準決勝(ベスト4) 第1戦 の前半速報! は以下。
 


準決勝(ベスト4)に進出したのは、スペインとイングランドの2チームずつの イングランド vs スペイン 対決 ×2試合!


試合前は 0 vs 0 になるのでは?と予想していたのが、全く違う展開だった昨日...(汗)


マンチェスター・シティ(英) vs レアル・マドリッド(スペイン)




今朝は、以下のもう一つの イングランド vs スペイン 対決カード。

       リバプール(英) vs ビジャレアル(スペイン)

南野はベンチ入りし、出場を狙う。



昨日同様、試合前は 0 vs 0 になるのでは?と予想していた。
20分過ぎからのリバプール怒涛の攻撃をかわしまくるビジレアル...

前半はそ結果、予想通りで、
       リバプール(英) vs ビジャレアル(スペイン)



ところが後半に入り、一気に試合が動く!

ビジャレアル、後半8分にオウンゴールであっさり1点を失う(汗)

       リバプール(英) vs ビジャレアル(スペイン)



さらに直後!

サラー の左サイドからのドリブル → マネがゴール前に侵入しゴール!

       リバプール(英) vs ビジャレアル(スペイン)


ビジャレアルは流れを変えるべく、選手交代。
FWコクラン → MF アルフォンソ・ペドラサ
だが2点も貰っちゃったリバプールDF陣、余裕の試合運びで全く隙を見せない...

そこで後半27分、ビジャレアルは改めて選手交代で一気に ×3枚替え!
直後にリバプールも動き FW マネを下げたので、南野に期待!も入ったのは MF ジョタ...
その8分後にもリバプールは選手交代 ×2枚替え
今日も出番ないかも...南野...

ロスタイムは2分 → 右FKから最後の攻撃も不発でそのまま試合終了。



2点差あるので次も「ガチ勝負」は望めず、均衡になりそうでリバープール優位か。
ビジャレアルはホームの力をどれくらい生かせるかが鍵か。

今の雰囲気的には UEFAチャンピオンズ リーグ も 英リーグ の優勝争い と同じになろそう?!?(汗)






このマッチアップの 第2戦 は、5月 3日(火)に行われる。


そしてファイナルは...

      5月28日(土)、決勝の地はロシアから変更され、フランス!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

このごろ毎日のアクセスをみるに、スマホで閲覧する人が増加中。

でスマホでみると、「このブログの人気記事」ベスト10が表示されるので、それでまたアクセスの傾向が変わってきている様に感じている。

 

で考えるに、「アクセスされているベスト10」もいいが、当ブログ的に「アクセスされたいベスト10」も定期的にやってもいいかなと思い始めた。

で過去のログから何回か実施したところ、 × 10は読むのにちょっと多すぎるかなと思い直し、 × 5としています。

その方が毎回変化が出しやすいので!

 

 

今回は今朝のチャンピオンズも盛り上がり話題豊富、スポーツ特化 バージョンでお送りします。

 まずはコチラから!

 

 

 

 オリンピックをブログで10倍楽しむシリーズ

 

オリンピック競技開始の朝、現地で起こる「めまい」とは? を再現するシリーズ。

最新では、東京オリンピック2020 +1期間中、毎日その当日に行われる予定の競技をずらっと紹介してきました。

ただしそれは東京だけのことではなく、
という具合(全て開会式翌日の競技正式開始日をリンク。夏季のみならず、冬季も実施していますがここでは割愛)
 
ブログを始めたのが2005年、その前に2つの大会で 体験・知見 を得たことがこのシリーズ発足のきっかけ。
そのきっかけが何かはご想像におまかせします(笑)

さあて、次は PARIS 2024だ!!!

 

 

 

なでしこジャパン、初優勝 日本サッカーの新時代がやってきた! 


長年やっていると、こんな瞬間も切り取っている(汗)


この記事は買った瞬間のものだが、こちらもお勧め






スペインの2チーム レアル・マドリッド と ビジャレアルが準決勝に進出中。
このエントリーは約6年前、たまたまNYでチャンピオンズ決勝に重なった時のアップ。
このときの決勝は、スペイン対決だったので、この場所に。
暑かった!!!

今回も今晩の結果によっては、今年も決勝がスペイン同士の可能性も?!?
さてどう展開するか。





長年やっていると、こんな瞬間も切り取っている(笑)

この試合はテレビで生中継でみていて、ビックリした!!!(2009年)





冒頭のオリンピックじゃないが、海外で頑張っている日本人選手「カード」をスベダラっと並べるシリーズ。

since 2006.2月なので、何と16周年越え、17年目に突入中!

当初は月イチでアップしていたのですが、スケジュール確定の遅れ·変更を考慮し、上旬·中旬·下旬の3つに分割して現在に至っております。

 

「好カード」をスベダラっと並べ、ご紹介することで、「次に何があるか」が直ぐ判ることがメリットと思っております。


まずはリンクをご覧ください!


 

 

 

と合計、5つに絞ったら、少しは読みやすくなったかしら?!

 

当ブログのモットーである、

「このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説·検証を行う場。

   基本ロジック=整理·ソートすることで面白さが増大·拡大」

 を粛々と?(笑)実行していることをご理解いただけたらとしたら幸いです!

 




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )







本日早朝に行われた【UEFAチャンピオンズ リーグ】準決勝(ベスト4) 第1戦 の前半速報! は以下。
 
準決勝(ベスト4)に進出したのは、スペインとイングランドの2チームずつの イングランド vs スペイン 対決 ×2試合!



今朝は、以下のカード。

       マンチェスター・シティ(英) vs レアル・マドリッド(スペイン)




予想外に点が動いた前半!

開始わずか2分、デ・ブライネがヘッドで一点め!

マンチェスター・シティ(英) vs レアル・マドリッド(スペイン)

その9分後の11分、今度はデ・ブライネのラストパスからジュズスが合わせゴール!


わずか11分で驚きの、

マンチェスター・シティ(英) vs レアル・マドリッド(スペイン)



マドリッドも反攻し20分後の33分、
やはりこの君あわせは最強!の モドリッチ → ベンゼマ!
ベンゼマはシュートというより、膝にボール軽く当てたシュートとは驚き。


このまま前半終了、

マンチェスター・シティ(英) vs レアル・マドリッド(スペイン)




さて後半。
開始早々、ジュズス が右サイドを突破、独走しゴール前で シュート!
決まったか?!?  → 左ポストに蹴られる(汗)


その後もホームのシティが攻め立てる展開。
すると53分、今度は右サイドからのクロスを MF フォーデン がヘッドで決める!!!

マンチェスター・シティ(英) vs レアル・マドリッド(スペイン)


前半同様、ここでマドリッドも反攻(汗)
直後の54分、左サイドを突破した ビニシウス、ゴール右隅にシュート → ゴール!
電光石火ってこういうことを言うんじゃないか?!?
眠気が吹っ飛んだ!(笑)

マンチェスター・シティ(英) vs レアル・マドリッド(スペイン)


その後も両チームともアグレッシブに攻め合う展開に、気が抜けない...
66分、速攻からのゴール正面での ジュズス のシュートはクルトワが止める。
その直後、またもビニシウスがゴール前に迫るが...


やはりこの組み合わせは最強!の モドリッチ → ベンゼマ!
ベンゼマはシュートというより、膝にボール軽く当てたシュートとは驚き。

そして73分、べブライネが倒れレアルが止まった間隙を縫い、シウバがゴール!

マンチェスター・シティ(英) vs レアル・マドリッド(スペイン)

この直後にもシウバは惜しいシュート。
右サイドから打つがボールはポストより外!
今までの流れからすると一瞬 決まったか と思ったよ!?!

そしてやはりこの男が反抗、はモドリッチ。
左から受けたボールからのシュート!
だがボールはポストの外...

そして80分、レアルはフリーキックからクロス → ハンドをとり、PK!
ベンゼマは余裕のフワッとしたボールでゴール!!!

マンチェスター・シティ(英) vs レアル・マドリッド(スペイン)

何だ? この展開は?!?


84分シティ、左から入ったクロスに合わせようとするがボールに触れられない...が2回(笑)

そしてやはりマドリッドが反抗(汗)
カルバハルがパス交換しつつゴール前まで突破しパス →ベンゼマしつこく粘る → ビニシウス...
DFに当たったような? だが認められず、 直後にアセンシオと交代。


ロスタイムは3分、だが子供の乱入者が2名、で時間が止まったのでもっと長いか?
だがその後は試合は動かず、試合終了。




試合前は 0 vs 0 になるのでは?と予想していたのが、全く違う展開...(汗)

次も「ガチ勝負」になるのは間違いない(汗)



このマッチアップの 第2戦 は、5月 4日(水)に行われる。


そしてファイナルは...

      5月28日(土)、決勝の地はロシアから変更され、フランス!




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )







本日早朝に行われた【UEFAチャンピオンズ リーグ】準決勝(ベスト4) 第1戦 の前半速報! は以下。
 
準決勝(ベスト4)に進出したのは、スペインとイングランドの2チームずつの イングランド vs スペイン 対決 ×2試合!



今朝は、以下のカード。

       マンチェスター・シティ(英) vs レアル・マドリッド(スペイン)


で前半の結果は、

       マンチェスター・シティ(英)2 vs レアル・マドリッド(スペイン)1


予想外に点が動いた前半!

開始わずか2分、デ・ブライネがヘッドで一点め!

マンチェスター・シティ(英)1 vs レアル・マドリッド(スペイン)0

その9分後の11分、今度はデ・ブライネのラストパスからジュズスが合わせゴール!


わずか11分で驚きの、

マンチェスター・シティ(英)2 vs レアル・マドリッド(スペイン)0



マドリッドも反攻し20分後の33分、
やはりこの君あわせは最強!の モドリッチ → ベンゼマ!
ベンゼマはシュートというより、膝にボール軽く当てたシュートとは驚き。


これで、

マンチェスター・シティ(英)2 vs レアル・マドリッド(スペイン)1



後半もガチ勝負になるのは間違いない(汗)

 さて後半、どう展開するか?!?




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )







 まず「物語設定」から始まるこの A24映画(←今、旬の製作会社)

その物語設定からして、ズルい(笑)


主人公(ホアキン・フェニックス)はラジオ局に勤めるプロデューサー格の ジャーナリスト。
持っているラジオ番組は、アメリカの都市にいる各地の子供たち(9歳程度)をインタビューし番組化。


質問する内容は例えば、

・自分が今現在住んでいる環境をどう思うか。
 (住んでいるところだから否定的な意見はほとんどなく、前向きな回答!)

・世界、自分の未来について、どう思う?

・大人について、どう思う?

・もし自分にスーパーパワーが一つだけ備わるとしたら、何を選ぶ?
 そしてどう使う?

etc…

9歳程度の男女なのでその返答は、マセた答えは勿論あるとして、将来・可能性・人類の未来 までユニークに 拡散!
まるで、宇宙のよう(汗)


この「拡散」が冒頭から全編、ラストのクレジットにまで展開される。
全くもって、ズルい(笑)



そしてメインプロット。
NYに住む主人公は、LAに住む妹から甥のジェシーの面倒をしばらく見るように頼まれる。
この子がやはり9歳、かつ親の不安的な状態が既に彼にも伝播しており、一筋縄ではいかない…
質問してくる内容がいちいち悪い意味で鋭く、主人公が答えに窮するシーンが続出(汗)

そんな2人の共同生活が始まる…

  




マイク・ミルズ監督は「20センチュリー・ウーマン」でもほのかにエモーションを醸し出すワザをもつ監督。
今作でもその、ほのかに感情を醸し出す感覚が生きており、好感が持てた。
全編モノクロなのも効いており、色に頼らずアメリカ各土地の印象を表現していくサマが美しかった。


そんな地味にではあるが深い内容に、当ブログは自問自答し始めた。
「自分が9歳の時に同じこと聞かれたら、どう答えたんだろう?」
「自分が9歳の時、どんな子供だったんだっけ?」
全くもって、この設定 ズルい(笑)


そうやっているうちにラストが近づくにつれ、観ているのがNYの場末のマイナー映画館のような感覚に陥った(笑)



結論:切り口の巧妙さがメインプロットにも波及し、地味にではあるが深い味わいを残す、実に大人な映画。


コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )





当ブログが認識している【現在の中国が抱える × ○大 問題】は以下のよう。


ちょっと前までは × 8 だったのが、 × 9 になり、先日遂に × 10大 問題に。

(と最近気づいた 汗)

 

1. 中国軍による挑発的行為で世界から顰蹙を買い続けている問題(台湾・日本・インド…)

2. コロナ禍 を引き起こしたのは中国疑惑

3. ウイグル民族へのジェノサイド疑惑

4. 香港 に対する「一国二制度」原則を放棄した「圧政強化」問題

5. 垣大バブル破裂問題

6. 公平性・ジャンダーにグローバルにオープンである「スポーツ」領域での元副首相セクハラ問題

7. 戦争を引き起こしたロシアをコムラッド(仲間)扱い
 オリパラ期間中に戦争を引き起こされ、大恥書かされているにも関わらず(笑)

8. 大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射した 北朝鮮への制裁論議に冷や水をかけた問題


9. 理に叶わないお粗末な「コロナ対策」を連発し「ゼロコロナ」どころか混乱拡大。

極端な外出制限・食糧遅延・ペットや家畜の殺処分・大学学生外出禁止 etc...  
滅茶苦茶なレベルに十二分に達している。
(自らコロナ禍を引き起こしたかどうかをおいておいたとしても...)



そして最近 9.から導き出される新たな 仮説 が(汗)

10. シノバック製ワクチンの信頼性が自由社会ワクチンに大敗北、の隠蔽が目的



結論:新たな重大疑惑が加わり、遂に × 10大問題化(汗)

   発狂したクマ(ロシア)に続き、どうもジェノサイドパンダ(中国)も発狂しつつあるらしい(笑)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

実は今日、当ブログは開設 6200日


それを記念し?本日は、当ブログ・コンテンツ大全をお届けいたします。

当ブログオリジナルな? エントリーシリーズ を順不同で × 5種。

以下 どうぞ!



.  極私的年間ベスト10シリーズ

始まりは「映画」からだった。


他ブログなどのと比較が楽しすぎ(笑)次に、

さらに、
と拡大中。

完全に、毎年の年末の「お楽しみ」ブログイベント化 している!




2.  オリンピックをブログで10倍楽しむシリーズ

オリンピック競技開始の朝、現地で起こる「めまい」とは? を再現するシリーズ。

最新では、東京オリンピック2020 +1期間中、毎日その当日に行われる予定の競技をずらっと紹介してきました。

ただしそれは東京だけのことではなく、
という具合(全て開会式翌日の競技正式開始日をリンク。夏季のみならず、冬季も実施していますがここでは割愛)
 
ブログを始めたのが2005年、その前に2つの大会で 体験・知見 を得たことがこのシリーズ発足のきっかけ。
そのきっかけが何かはご想像におまかせします(笑)

さあて、次は PARIS 2024だ!!!

 

 



先のオリンピックじゃないが、海外で頑張っている日本人選手「カード」をスベダラっと並べるシリーズ。

since 2006.2月なので、何と16周年越え、17年目に突入中!

当初は月イチでアップしていたのですが、スケジュール確定の遅れ·変更を考慮し、上旬·中旬·下旬の3つに分割して現在に至っております。

 

「好カード」をスベダラっと並べ、ご紹介することで、「次に何があるか」が直ぐ判ることがメリットと思っております。


まずは上記あるいは左サイドのリンクをご覧ください!






最新のコンテンツ でいうと、

昨年の美術系では、
草間 彌生 “KUSAMA: Cosmic Nature  @New York Botanical Garden(1)〜(36)総論 =「圧倒的」と表現されがちの彼女の本質が表出」

日本での昨年秋の展示がコロナで見送られてしまった作家のMoMa NYでの、

あるいは、




当ブログ6200日中、最大の事件!(写真)

たまたま、現場に居合わせてしまったワタクシが、様子をレポート致しました(汗)
真冬だったので凍るように寒い中、マジヤバかったっす...


NY ハドソン川飛行機墜落事故現場リポート(1)
NY ハドソン川飛行機墜落事故現場リポート(2)
NY ハドソン川飛行機墜落事故現場リポート(3)
この調子で、(10)まであります。

また、総論もアップしてあります。
NY ハドソン川飛行機墜落事故「ハドソン川の奇跡」現場リポート(総論)
NY ハドソン川飛行機墜落事故「ハドソン川の奇跡」現場リポート(総論2) 



以上、開設6200日記念、当ブログコンテンツ大全 でした( 順不同 × 5)


当ブログのモットーである、

「このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説·検証を行う場。

   基本ロジック=整理·ソートすることで面白さが増大·拡大」

 を粛々と?(笑)実行していることをご理解いただけたらとしたら幸いです!

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






テニスの四大大会の一つ、ウィンブルドン選手権。

この大会から、ロシアとベラルーシの選手が排除されることに。


理由:「ロシア政府の宣伝にスポーツを使わせないことが重要」

メドベージェフ(男子)、サバレンカ(女子)などが出場できなくなった。




ATPツアー(男子)、WTA(女子) はこの動きに対し、反対の声明をしている。

主催者AELTC は声明で「ロシアの指導者の行動によって選手が苦しむのは悲しい」と苦渋の決断を語っているそう。




テニス界 は元々、敏感に動きがありスポーツ界でも目が離せない存在。

・元ダブルス世界女王の中国人選手への 元副首相セクハラ騒動 で火消しに躍起になっていた中国にヒジ鉄。

当ブログは映画ブログでもであるので、WTA(女子テニス協会)創設に至る大元の経緯については以下参照。
WTA(女子テニス協会)が求めるのは、ペン・シューアイ さん 本人及びご両親・親族の身の安全は当然のこと。
さらに、グローバルな渡航の自由 etc... 人間の基本的権利が確保されるまで妥協しないだろうと考えられる。

・ワクチン未接種の ジョコビッチ の出場を認めない件
( 因みに ジョコビッチ はアメリカに入国できないため2試合出場を見送り。 


今回の判断について当ブログもスタンスを決めにくい… 
そのくらい世界のスポーツに影響を与えざる得ない、ダークに揺れ動く現在の 国際情勢 に涙…


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






昨年のアカデミー賞で国際長編映画賞を受賞 ⇄ 今年は「ドライブ・マイ・カー」
ゴールデングローブ賞の最優秀外国語映画賞にノミネート ⇄ 受賞は「ドライブ・マイ・カー」

と「ドライブ・マイ・カー」と去年今年と競ってきた一作。




演劇・文学臭 が強いアチラと違って、こっちはとても「日常」なテーマ。

アルコール摂取で「血中アルコール濃度を一定に保つと仕事の効率が良くなり想像力がみなぎる」を実践するハナシ!



ひょんなことから、主人公(マッツ・ミケルセン)を中心とする仲良しグループが自主的にこの実験を開始!
血中アルコール濃度を常に 0.05% で1日中「維持」しようとする生活が始まる。
ところが…


だいたい予想できるのが、このお友達グループが終いには「破綻」に突き進むだろうということ。
そして、ほぼその通りに物語が進行するので、当ブログのような酒飲みは「困ったな…」となりかねない展開(汗)

だが嬉しいことに、最後の着地は「酒飲み讃歌」
アカデミー賞 国際長編映画賞も納得の出来だった!(笑)


結論:あれやこれや紆余曲折あるものの、最後の着地は「酒飲み讃歌」に治まる一作!


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )







先日の アカデミー賞 の結果に驚いている当ブログ。



・カンヌ国際映画祭(2021) パルム・ドール(最高賞)は、


一方、
・アカデミー賞(2022)の作品賞は、



圧倒的な怪作 vs ウェルメイドな家族映画(笑)


作品の方向性があまりに違う!
約10ヶ月のタイムラグがあるとはいえ…




それもありなん、なのはこの2つの映画祭の評価基準に大きな違いがあるから。

・カンヌ国際映画祭

審査委員が毎年毎に変更 → この中から選出される 審査委員長 も毎年違う!
このため、審査委員長 がリードする方向性によって評価基準が変わる、が基本は「時代を切り拓く1作」

ちなみに「TITANE」を選出した審査委員長は、スパイク・リー!


・アカデミー賞

映画芸術化学アカデミー(AMPAS)の会員が投票。
構成員は、映画業界で実績を積んできた業界人たちで約10000人弱。
最大の登録主体は「俳優」で約 14%、次にプロデューサー(約 7%)、製作・配給会社の経営幹部(約 7%)と続く。

この「製作・配給会社の経営幹部:というのが一つのミソで、ネット配信勢に冷たくしてきた、というのが定説。
今年は遂にネット配信者が作品賞に輝いたわけだが、これまでも今回も大量のノミネートがあった Netflix ではなく、Apple。
確かにApple製作の受賞作は通常の劇場公開に乗り期間も十二分にとり、コロナ禍に苦しむ劇場を結果的に支えた。

確かにNetflix は俎上に載るために仕方なく一部の劇場で一週間程度の限定公開しかしない。
Disney っていうか Pixcer の「ソウルフル・ワールド」なんて、コロナ禍を理由にネット配信のみ…


というわけで今年のアカデミー賞は無難かつ最も業界寄りの一昨で決定したしたわけ!

ある意味、コロナ禍のこの2年を象徴するような出来事だった、ということか?(汗)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






当ブログは、開設 6200日まであと「3」、カウントダウン中(笑)

(年数でいうと 間もなくブログ開設日 5月 3日を迎え  満17年 を突破し、18年目に突入!)

  

 

昔は同じように 開設○○○日 を達成したブログを探し出してきては、お互いを讃えあってきた。

 

が…  昨今はその数が激減…

 

どうも当ブログはそっち系の 先頭集団 にいるらしい(笑)

絶滅危惧種?という気は全くしないので、引き続き7000日を目指し 突っ走るのみ!

 

 

 

 

さて今日は 当ブログ作成の、

 

・「 なぜ blogging は素晴らしいか × 10 」を最新版に更新しお届けします。

 

実践・実感してきたことがコンパクトに集積されていると考えるので。

 

 

 

「 なぜ blogging は素晴らしいか × 10 」

 

1 . 自分の考えや興味ごとが整理でき、かついつでも取り出せる

 

2. ポジティブさをキープするツールとなる

 

3. 継続性~日々の更新にイミがある

 

4. 瞬間・変化・進化を捉え、変革への有効なツール

 

5. 現在・過去、そして「未来」をつなぐことが可能

 

6. 様々な局面で「トライ&エラー」を簡単に行えるツールである

 

7. 毎日の P. D. C. A 感覚で、自分を磨くツールとなりうる

 

8. そうしていくと、ブログ=「自分発信力」の日々自主トレ・ツール(なんか体育会ぽいねえ 笑)化する

 

9. こうして、ブログが自分のプラットフォームとなり、他に拡大・波及していく。

 

10. オリジナルの「気づき」があり普遍性のあるエントリーは、fbページ + fb広告 【ショットガン・フォーメーション】展開は可能。


以上「 なぜ blogging は素晴らしいか × 10 」、お楽しみいただけましたか?!?





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )







令和 4年 4月下旬の、海外で頑張っている日本人選手「カード」をスベダラっと並べ、ご紹介いたします!(というエントリー・シリーズ since 2006.2 )

 そして当ブログ、 ×19年目突入間近!!!(干支2周目も半分きたぞ 笑)



このアップの便利な使い方として、次はどんな試合があるのかなと ふと思った時に、当ブログをクリック!

するとずらっとずらっと出てくるので、そうやって使うのがオススメ。

(自分がそうやるために作ってます 笑) 

 


 
4/20(水)【コパ・イタリア】準決勝 第2戦(第1戦はユーベ1点先行)
       フィオレンティーナ vs ユーベントス
      【英プレミアリーグ】
       マンチェスター・シティ vs BHA
       ニュー・キャッスル vs クリスタル・パレス
      【リーガ・エスパニョーラ】
       オサスナ vs レアル・マドリッド
       アトレティコ・マドリッド vs グラナダ
       セルタ vs ヘタフェ
     【仏リーグ・アン】
       ストラスブール vs レンヌ 川島! 

4/21(木)【AFC チャンピオンズリーグ】
       大邸 vs 浦和レッズ  
       川崎フロンターレ vs JDT
      【英プレミアリーグ】
       バーンリー vs サウザンプトン
     【リーガ・エスパニョーラ】
       レアル・ソシエダ vs バルセロナ ダービー!
       レバンテ vs セビリア
       カディス vs アスレチック・ビ

4/22(金)【AFC チャンピオンズリーグ】
       シドニーFC vs 横浜Fマリノス  
       ヴィッセル神戸 vs チェンライ
     【独ブンデス】
       ウォルフスブルグ vs マインツ 水多 海斗!
     【オランダ・リーグ】
       トウェンテ vs スパルタ・ロッテルダム

4/23(土)【コパ・デル・レイ】決勝
       ベティス vs バレンシア!
     【英プレミアリーグ】
       アーセナル vs マンチェスター・ユナイテッド 冨安!
       マンチェスター・シティ vs ワトフォード
       ブレントフォード vs トットナム
       レスター vs アストン・ビラ
       ノーウィッチ vs ニュー・キャッスル
     【伊セリエA】
       ベローナ vs サンプドリア 吉田!
       インテル vs ローマ 2位 vs 5位!
       ベネチア vs アタランタ
       トリノ vs スペツィア
     【独ブンデス】
       ライプツィヒ vs ウニオン・ベルリン 遠藤 渓太、原口 元気!
       フランクフルト vs ホッヘンハイム 長谷部、鎌田!
       ケルン vs ビーレフェルト 奥川 雅也!
       バイエルン vs ドルトムント 首位攻防! 
     【オランダ・リーグ】
       AZ vs ヘーレンファーレン 菅原 由勢!
       ズウォレ vs ワールワイク 中山 雄太、際!
       カンブール・レンバーデン vs PSV 堂安!
     【ベルギー・リーグ】プレーオフ
       メヘレン vs シャルルロワ 森岡 亮太!
     【ポルトガル・リーグ】
       サンタクララ vs マルティモ 田川 亨介、守田 英正!
       ジル・ヴィセンテ vs パソス・デ・フェレイラ 藤本 寛也!

4/24(日)【AFC チャンピオンズリーグ】
       浦和レッズ vs 大邸   
        JDT vs 川崎フロンターレ
     【コパ・デル・レイ】決勝!
       ベティス vs バレンシア
     【英プレミアリーグ】
       リバプール vs エバートン 南野!
       チェルシー vs ウエストハム
       BHA vs サウザンプトン
       バーンリー vs ウルブス
     【伊セリエA】
       ラツィオ vs ACミラン
       エンポリ vs ナポリ
       サレルニターナ vs フィオレンティーナ
       ボローニャ vs ウディネーゼ
       ジェノア vs カリアリ
     【独ブンデス】
       ボーヘム vs アウグスブルグ 浅野 拓摩!
       ヘルタ・ベルリン vs シュツットガルト 遠藤 航、伊藤 洋輝!
     【リーガ・エスパニョーラ】第21節順延分
       バルセロナ vs ラージョ 
     【仏リーグ・アン】
       リール vs ストラスブール 川島! 
     【オランダ・リーグ】
       フェイエノールト vs ユトレヒト 前田 直輝!
     【ポルトガル・リーグ】
       エストリル・プライア vs ベレネンセス 食野 亮太郎!

4/25(月)【AFC チャンピオンズリーグ】
       横浜Fマリノス vs シドニーFC 
       チェンライ vs ヴィッセル神戸
     【英プレミアリーグ】
       クリスタル・パレス vs リーズ 
     【伊セリエA】
       ザッソーロ vs ユーベントス

4/26(火)【UEFAチャンピオンズリーグ】準決勝
       マンチェスター・シティ vs  レアル・マドリッド!

4/27(水)【AFC チャンピオンズリーグ】
       浦和レッズ vs セーラーズ   
       蔚山 vs 川崎フロンターレ
     【伊セリエA】
       ボローニャ vs インテル
       フィオレンティーナ vs ウディネーゼ
       サレルニターナ vs ベネチア
       アタランタ vs トリノ
     【UEFAチャンピオンズリーグ】
       リバプール vs ビジャレアル 南野!

4/28(木)【AFC チャンピオンズリーグ】
       横浜Fマリノス vs ホアンアインザライ
     【英プレミアリーグ】
       マンチェスター・ユナイテッド vs チェルシー
     【UEFAヨーロッパリーグ】準決勝
       ウエストハム vs フランクフルト 長谷部、蒲田!
       ライプツィヒ vs レンジャーズ

4/29(祝)【独ブンデス】
       ウニオン・ベルリン vs グロイターフルト 遠藤 渓太、原口 元気!
     【リーガ・エスパニョーラ】
       セビリア vs カディス
     【仏リーグ・アン】
       ストラスブール vs パリ•サンジェルマン 川島! 
     【オランダ・リーグ】
       ユトレヒト vs NEC 前田 直輝!
     【ベルギー・リーグ】プレーオフ
       ゲンク vs ゲント  伊東 純也!
       クラブ・ブルージュ vs アントワープ  三好 康児!
 
4/30 (土)【AFC チャンピオンズリーグ】
       山東泰山 vs 浦和レッズ   
       川崎フロンターレ vs 広州
     【英プレミアリーグ】
       ニュー・キャッスル vs リバプール 南野!
       トットナム vs レスター
       アストン・ビラ vs ノーウィッチ
       サウザンプトン vs クリスタル・パレス
       ワトフォード vs バーンリー
     【伊セリエA】
       サンプドリア vs ジェノア 吉田!
       ナポリ vs ザッソーロ
       スペツィア vs ラツィオ
       カリアリ vs ベローナ
     【独ブンデス】
       シュツットガルト vs ウォルフスブルグ 遠藤 航、伊藤 洋輝!
       ドルトムント vs ボーヘム 浅野 拓摩!
       ビーレフェルト vs ヘルタ・ベルリン  奥川 雅也!
     【リーガ・エスパニョーラ】
       レアル・マドリッド vs エスパニョール
       カディス vs ビジャレアル
       アスレチック・ビルバオ vs アトレティコ・マドリッド
       バレンシア vs レバンテ
     【オランダ・リーグ】
       スパルタ・ロッテルダム vs AZ 菅原 由勢!
       アヤックス vs ズウォレ 中山 雄太、際!
     【ベルギー・リーグ】プレーオフ
       シャルルロワ vs ゲント  森岡 亮太、三苫 薫!
     【ポルトガル・リーグ】
       アロウカ vs ポルティモンセ  中村 翔哉、中村 航輔、川崎 修平!
       ギマランテス vs サンタクララ 田川 亨介、守田 英正!
        ファマリカン vs エストリル・プライア  食野 亮太郎!
       スポルディング・リスボン vs ジル•ヴィセンテ  藤本 寛也!


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ   


 
編集 編集