日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



先日の6/8ジャパンオープンで男子200メートル平泳ぎの世界新を出した北島。
これに対し、前世界記録保持者ハンセンが本日からネブラスカ州オマハで開幕される開催される競泳米国五輪代表選考会(U.S. Olympic Team Trials08, Swimming)で記録更新を狙っているそう。

ハンセンの競技の予定は以下。
June 29th(日本時間今日10時以降)に100mBreast – men - semifinal
June 30th(日本時間7/1の10時以降)に100m100 Breast – men - FINAL
July 2(日本時間7/3の10時以降)に200 Breast – men - semifinal
July 3(日本時間7/4の10時以降)に200 Breast – men - FINAL


04年アテネ五輪では100、200メートルとも北島に敗れたハンセン。
その時の世界記録は両方の種目ともハンセンが所持していた。
優勝タイムはその記録より遥かに遅かった。
つまり、ハンセンは記録は出すが、勝負に弱いのだ。
ライバルのことを考えすぎて自滅してしまうタイプなのだ。
(少なくともオリンピックで言えば)

北島が2分07秒51の世界新を出した時、頭の片隅できっと「しまったな」と思っていたに違いない。
少なくとも200mでは今度のオリンピック、北島が追われる立場になるからである。
スピードのレーザー・レーサー(LR)をハンセンが着るかも話題であるが、最大の問題はそのタイムである(当然)

北島の記録2分07秒51をどれだけ上回れるかで、プレッシャーのかかり方が大きく変わってくる。
もし1秒以上あけばハンセンが北島にプレッシャーを与える事が出来るかもしれない一方)それでも自滅するかもだが)、0.5~0.8秒だと十二分に射程圏内で逆に「うおっしゃ~!」となるのでは?

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




Wii Fit購入後、ついに6ヶ月=半年が経過しました。
さて、その 結果は....

現状、スタート時よりマイナス -4kg
なので、消費税分?くらいは減少したことになる(パチパチ!)

区分けで言うと「開始時:やや肥満 → 現在:標準」 
継続的に微減中の状態が続いてはいる。
それで十分と思っているので、目標設定は一ヶ月に-0,3kg。

感覚的には、体重の増減に最も影響力があるのが、なんと言っても酒量(笑)
次に手をつけるとしたらここか?(無理無理!)
飲む日は減らせないと思うので、せめて量を減らすことを検討しようかなと。


日本経済新聞に最近、シリーズでWii Fit購入後の生活の変化についての男性40代50代アンケート結果の全面広告が出ていたが、個人的には「なんか微妙」な読後感だった。
(その広告をとっておかなかったのでくわしくはコメントできないが)

私の場合、Wii Fitの用途は以下の2つとなっている。
1.レコーディング・ダイエット用として毎週末の体重の管理ツール
2.からだのストレッチ(ヨガ)

一方、家庭ではWii Fitの用途は完全に「ただのゲーム機」

ゴルフにしても他のスポーツにしても、あまりに実際の体感とは違いすぎ「ゲームのための動き」をするはめになってしまうのが嫌いなのでゲームはしない。
きっと私のような人はそれなりに多いと思っていたら、アンケート結果にはそういう雰囲気はただよっていなかったのだ。

前に提案した「ヨガのリアルインストラクター・バージョン」じゃないが、ゲーム以外の方向ももっともっと検討していただきたいと思う!

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




今週末も第4回の放送があるのを知っていたので、なんとか今日VTRを観た。

今回は、目覚しい経済成長を遂げている都市ダッカ(バングラデシュ)
政府は十分に機能できないし輸出できるような天然資源もないこの国が、どうやって急速な発展を実現しているか。

その答は、世界最大級のNGO BRACが経営するブラック銀行。
資金のない人たちに向けて実施している融資だった!
ノーベル平和賞を受賞したグラミン銀行が有名だが、このNGO BRACもそのような組織。
グラミンの実施しているように、5人の連帯保証人を前提とした貧困層への貸し出し(マイクロクレジット)が人々の努力をサポートしている。
融資担保のない事業主から、貧困街のぎりぎりの世界にあえぐ人々まで手をさしのべるその姿をこの番組はドキュメントしている。
そして最後には、貧困農村地帯へのインターネット開設事業による格差是正への動きまで紹介している。

はっきり言って、今年上半期で最も刺激的な番組だった!
グラミンといい、このBRACといい、世界がNGOという21世紀に表舞台に登場したきたこの動きをリアルに感じることができた。
「都市」というテーマから発展してこんな展開があるとは。
まだご覧になっていない方には再放送の機会もあると思うので、ぜひお薦めいたしたい!


明日の第4回「トルコ」も楽しみだ。
イスタンブールといえば古代の時代から文化の融合地点として名をはせている。
現在この都市でどんなコトが起こっているのか、興味津々である!
EUROでの活躍があるからじゃないよ(笑)

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




先ほど終了したEURO 2008 準々決勝-4  グループD1位 2位の対決となったスペイン vs ロシア
スペインが 3 vs 0と快勝です!

前半34分、エースのビジャが筋肉を痛め交代したとき「やばいかも..」と思った。
が交代で入ったセスク・ファブレガスがパサーとしての能力を遺憾なく発揮。

策士ヒディングにしても、前回のオランダ戦のような驚きの4-1-3-2のシステムは組めず標準的な4-3-3。
スナイデルだけを抑えれば展開がかわってしまう先日のオランダと違い、今日のスペインのようなパスサッカーを全員でやるチームでは崩しきれかったということだろうか。
今日のスペインのパスまわしは快調で、まるでリーガの試合を観ているかのよう。
今回のEUROへの予選も含め、ずっと失望させられてきたチームと同じとは思えません。
やはり「勢い」が大事な国民性なのだろうか(笑)

個人的には、今日のポイントは実はスペインの左サイドに対して手を打てなかったことが勝負を分けたと思う。
アルシャヴィンが中央にポジションよりになってしまうことで、セルヒオ・ラモスが比較的自由に動けることで持ち前の粘っこさが効き、ポジションチェンジをひんぱんに行うシウバにいいパスが通り、スペインのいいリズムを作った。

何にしても、これで決勝はドイツ vs スペイン!
たまりませんなあ.....

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ちょっと前、学生時代の知り合いと10年ぶりに会った。

相手は実は異性である。
学生時代からかなりモテる女性で、カッコよくてファンのストーカーもついていたりするくらいだった。

知り合いも引き込んだつもりだったが、私の仕事の遅れで駆け付けた時は2人だった。
だからと言って何もない。
これは昔通り。

女性は男性と比べて老けやすいように感じていたが、この人については全く変わっていないように感じた(良い目でみてかもだが)
娘を育てあげつつ、仕事も週数回きれいにこなしつつ、芸術系も幅広く相当チェックしていて、すごいなと感服。
学生時代既に圧倒されていた、人間力の凄さに改めて舌を巻いた。
今でも叶わない。

これ、かなりのショックだが、実はこれが気持ちいい。
そんなことをバーカウンターで携帯に打ち込みながらふりかえったりしている。
そういうパワーを自然に発するヒトでありたいと切に思う一夜なのだった!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




あっと驚きのiPhone発売日=7/11まであと2週間たらず。
価格の提示がまだなかったので「ぐらぐら」状態にはならなかったが、ついに昨日料金価格帯が発表された。

8GBモデルが実質約23,000円、月々960円で購入可能。
さらに月額5,985円でパケット通信し放題に

16GBモデル(ブラックまたはホワイト)が実質約34,560円 +同通信サ~ビス

感想その1.
32GBモデルはないの?

感想その2.
明らかにパケット定額フルでもうけようとしているなあ~
これの契約はマストなのかな?オプションだと良いが。
でもそれにかかわらず、なかなか魅力的な価格設定ではある。


ipod touchをPDAとして使い倒す 、ことにしてきたが、iPhoneをPDAとして使い倒す 日も近いかもしれない。
ただし32GBモデルの登場及びパケット定額のメリットをよく吟味してからのことだが........
オリンピックも近いからワンセグは必だしなあ。
USIMカードが専用(確かに抜き差しできる構造でないことは明らかだが)なので割り切って2台目もありか?!
(でもなんかくやしい気もする)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 2 )




今更かもしれないが、サブプライム問題はなぜ起きたのかをドキュメントするとともに、現在形で世界に起こっていることを示唆した番組。

サブプライム問題とは根本的に考えてみると、信用力の低い人に融資をするローン(融資者ー住宅ローン会社)で、これが投資銀行に持ち込まれ「小口債券化」つまり金融商品化してしまうことから次々と貸し手を求めて巨大化し、破裂したという日本のバブルも真っ青の超時限爆弾。

欲望を飲み込んだマネーが世界を駆け巡り、かかわった人々を巻き込みつつ崩壊していく様は、恐ろしくかつ現実なのだった。
という意味で実に見応えがあった。

そしてそのマネーの行き先は現在、タイトルの通り「住宅」から「原油」に向かっている。
そして自己利益追求のためこの現象を拡大していく人々が次々と映し出される。
思わず、以下の曲が脳裏に浮かんだ。

それは、Roxy Musicの、The Bogus Man

The bogus man is on his way
As fast as he can run
He´s tired but he´ll get to you
And shoot you with his gun

Focussed his mind
On something he cared about
But it came out a shout
Just like before

The bogus man is at your heels
Now clutching at your coat
You must be quick now hurry up
He´s scratching at your throat

Concealed his doubt
By skilful evasion
But he couldnt find out
About deception

全く心底かかわりたくないと切に思う!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 2 )




都合がつかなくて(涙)先行ロードショーをパスしてしまった「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」、今週の公開日はなんとか時間調整して観て参りました!
一作目「レイダース 失われたアーク」をロードショー公開初日、仲間とわいわい2回連続鑑賞で大満足状態で夜の街に繰り出したのが良い思い出になっていますが、さて今回は楽しめるか。
気になっていた2点を(2008-06-21アップ「クリスタル・スカルの王国」への期待と不安... )中心に。

< 1.アクションがスタント、CG多用になるのは仕方ないが、いかにもそう見えないようにしてほしい
この点はさすがスピルバーグ、あからさまにCGと感じさせるような場面はほとんどない(偉い)

< 2.やはりストーリー(脚本)が大事。
<話の流れ方がテンポ良く、スムーズに流れてほしい(1.、3.はできていた)
<派手なシーンはあってもダレて大味になるのは勘弁!

オープニングから一気にたたみかける展開といい、サブキャラの登場シーンや昔のトリビアシーンなどのエッセンスも効いて、飽きさせない。こちらもさすがスピルバーグだと唸らされた。
アクションもGOODで、スピルバーグのデビューは「激突!」だったことを久々に思い出した。
音楽の使い方も好感がもて、あのテーマはポイントにしか出てこないところもGOOD!


評判の良いケイト・ブランシェットの悪役ぶりも、実は今回の最大のポイントだろう。
登場シーンからアクションシーンまで、彼女の存在感でかなりこの映画をひっぱっている。

ということで、トータルでみてかなり満足だったのだ!

ただし、
<過去3作品を個人的に評点してみると、
< 1.レイダース 失われたアーク《聖櫃》 100点
< 2.インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説   65点
< 3.インディ・ジョーンズ 最後の聖戦      80点
<今回のクリスタルスカルに期待するのは、1.の100点は絶対無理にしても
<3.の80点を超えてほしいということである。

3.はショーン・コネリーのすっとぼけた魅力がかなり大きく、ケイト・ブランシェットががんばったとはいえ残念ながら彼には及ばない。
今回の中でもその存在感が示されるシーンがちらっとだけあるが、その一瞬だけでぐっときてしまったのだ。
ということで、今回は点をつけるとすると 75点 かな.。

<少なくともその思い出をruinしないレベルでお願いしたい!
これは完全にクリアーされてウレシイ。
昔の友達を引っ張りだしてこの映画を観て飲む、というのもいい企画かも?!なんて考えた。
「スターウオーズ」一作めを昔観た仲間でも同様の企画をやったがヒンジョ~に楽しめた。
ただし観に行ったのは、「スターウオーズ最新作」はやめて当時最もきていた、「マトリックス」(笑)
少なくとも「インディ・ジョーンズ」に関してはそういう必要はなさそう!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 5 )




先ほど終了したEURO 2008 準々決勝-2  グループB1位 クロアチア vs グループA2位 トルコ
なんともすごい試合になりました!

前半の攻防のあと、足が両チームとも止まり小康状態が続いたあと、延長後半終了間際にクロアチア得点。
そしてロスタイム、終了直前のロングボールからのトルコ得点!!!
と、早朝から驚きの連続!
TV生観戦の人全員の目がさめたのは間違いない(笑)

エースのニハトが筋肉を痛め交代したとき「これでトルコも終わったか...」と思った。
クロアチアの得点がいや~な形で入ったときもそう思った。
脅威の粘りに思わず感動せざるえない。
最後の一瞬まで何が起こるかわからない。
さっきから何度となく、「あ~驚いた」が自然に口についてしまっている。

予選からの勝ち抜け方もミラクルだったトルコ、今度はドイツ相手にどういう試合展開になるか楽しみである!

コメント ( 2 ) | Trackback ( 15 )




EURO 2008、先ほど終了したグループDの試合の結果、ベスト8が出そろいました。
ロシアが最後の枠をゲットし、スウェーデンは敗退(涙)
これでいよいよラーションの見納めか....

さて決定したカードをざらっと。

6/19(木)準々決勝-1
     グループA1位 ポルトガル vs グループB2位 ドイツ
前回の準優勝時以上に?絶好調 vs 2006ワールドカップ3位。

6/20(金)準々決勝-2
     グループB1位 クロアチア vs グループA2位 トルコ
3連勝で堂々予選突破 vs 逆転勝ちで勢いにのるトルコ。

6/21(土)準々決勝-3
     グループC1位 オランダ vs グループD2位 ロシア
こちらも3連勝かつチームの状態は最高 vs オランダ人ヒディング!

6/22(日)準々決勝-4
 グループD1位 スペイン vs グループC2位 イタリア
大会出場まではもたもたしていたのに本大会では久々に好調(笑)3連勝 vs しぶとさが売りのイタリア。

う~ん好カードぞろい!
どの試合も見逃せない。
また睡眠不足が続いてしまう....

最後に、どうせ当たらないが、決勝カードを予想してしまおう。
→ ポルトガル vs オランダ
これだとすごく楽しいなあ~

逆に最も避けたい決勝カードは?
→ クロアチア vs ロシア
これは渋すぎる!!(笑)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )




自分の幼少時代はアメリカで過ごした。
そのアメリカ時代、大好きだったジャンクフードに「TVディナー」があった。

オーブンに入れて約10分後、おおっている銀のホイルをめくると、皿の上に並ぶ熱々のおかずからデザートまでが直ちに出来上がってくるお手軽グッズだった!!
そう、だからTV観ているうちにできる、「TVディナー」という命名なのだった。

帰国してからもそのなつかしの味を食べたいと思ったが、その機会がないまま○○年がたった。
その理由:日本ではその当時オーブンはめったになかった!
(今は電子レンジでチン!だが)


ということで、ほとんど忘れ去っていたのだが、最近意外な場所で、あれ?この味?があった。

その場所とはなんと!、サイゼリア。

そしてそのメニューとは、
  「牛挽肉のチーズカツレツ」!

トマトソース、デミグラスソースとチーズとノンフライの牛挽肉を一緒に食べると、「あれ?これの味!」だった。
何度か日を改めて再トライしてみたが、結論は同じ。
どうもTVディナーの代表的なメニューをたまたま再現しいているらしい。

未だに不思議~.....なのだが、もし同様のトラウマ?をお持ちの方がいらっしゃるなら?お勧めいたしたい!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




先週末の「クリスタルスカル」先行ロードショーをご覧になったかなりの方が、観た感想をアップしている。
私も行きたかったが、都合がつかなくてパスしてしまった...痛い!


ということで、逆に見る前にぐにゃぐにゃと発言しておける機会ができたと考えることにした。

過去3作品を個人的に評点してみると、
1.レイダース 失われたアーク《聖櫃》 100点
2.インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説   65点
3.インディ・ジョーンズ 最後の聖戦     80点

今回のクリスタルスカルに期待するのは、1.の100点は絶対無理にしても、3.の80点を超えてほしいということである。
でも3.はショーン・コネリーの魅力がかなり大きかったので、どうだろう?

気になる心配ポイントとしては2点。
1.アクションがスタント、CG多用になるのは仕方ないが、いかにもそう見えないようにしてほしい
2.やはりストーリー(脚本)が大事。
話の流れ方がテンポ良く、スムーズに流れてほしい(1.、3.はできていた)
派手なシーンはあってもダレて大味になるのは勘弁!

1.の一作目はロードショー公開初日、ちょっとだけ期待して仲間とわいわい鑑賞、1回見終わったところで全員の意思が一致し、続けて2回めをみても十二分に楽しみ、そのあと大満足で夜の街に繰り出した。
未だにとってもいい思い出である。
少なくともその思い出をruinしないレベルでお願いしたい!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




あっと驚きのiPhone発売日=7/11、年内発売という噂から考えると半年以上早いので、うれしい「とまどい」状態に陥っている。
価格の提示がまだないので「ぐらぐら」状態ではなく、予約ができる、できないという情報にはまだ惑わされないが(笑)


ワンセグの有無の他にささいだが気になることがあって、iPod touchでスケジュール、ネット、メールに、電話が加わったときのデメリットがひとつ。

最近キーボードが意外に不潔だというのが話題になっているが、同様に携帯も汚いというのもあって、iPhoneの場合はその両方を同じ端末で使うことになる。

つまり、べとべと、ぐにゃぐにゃ。

といって対策もできることではないし、Macマニアとしては「そんなの関係ない」でもあるのは事実だが。
既にユーザーとなっている他国ではどういう使い方しているのだろうか?

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




当ブログ↓でも気にし続けた場所に、やっと行ってきました!
早すぎる死を悼む。横浜の名店「ガネーシュ」 店長 石原さんの訃報に接して。2007-08-12
横浜のカレー名店「ガネーシュ」 石原さん巡礼カレー店めぐり その(1)  2007-08-21
祝!名店復活。 テスト営業開始「ガネーシュ」              2008-04-19

場所は能見台、そう石原さんの意志を継いで弟子がオープンした新店「ガネーシュ」です。
これは行かねばなるまい、からようやく....
駅をおりて、商店街の坂道を上がってほどなく右側の店です。

懐かしの「インド象」がお供えしてあったり、インドなBGMとなかなかな雰囲気。Goodです。
ただあのカースト制度を表した人形はどこいっちゃったのかなとも思っちゃったりする。

その人形とは、
<店に入って左のカウンター席の左上にインドのカースト制の人形がたくさん飾ってある壁がある
<のですが、このカースト人形たちについて質問したことがあり僭越にも、
<「マスターはこの中でどの人物に最も興味がありますか?」
<(当然空いていた時間に。 今年に入ってのことと思う)

<この人は何、この人は何、と説明を受けながら、結論としては、2人に絞られていました。
<1人の高僧と、もう1人の地位は低い一方で自分の好きなことをそれなりに追求していて
<いかにも幸せそうな人。
<石原さんの想いはどこにあったんだろうか.....


オーダーは「ガネーシュ」でもいつも食べていた基本系のチキン。
出てきた料理については注文がいくつかなくはないが、これからに期待して長期的につきあっていきたいと思う。

「インドでは「かまどの数だけカリーが有る」と良く言われるが、それはマサーラの数でもある」
故石原さんの名言である!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




チャンピオンズリーグ決勝の両得点を演出した、あの男が今日もやってくれました!
ベレッチの決勝点を導いたあの時のように、ポスト役となり、イブラヒモビッチのゴールを引き出しました。


その男は、バルサにチャンピオンズリーグの優勝をもたらした、ヘンリク・ラーション!!
息子を自国で育てるため、バルサの誘いを固辞し地元のヘルシンボリの戻った彼です。
ヘルシンボリでプレーしつつ、前々シーズンオフはマンチェスターユナイテッドでも短期間活躍し、期間完了後にはマンチェスターでも惜しまれつつ地元に帰った男。


当ブログでは彼を追いかけ続けているので↓
あの「男」のうれしいニュース。ヘンリク・ラーション活躍中!!(2007-07-24)
またあの男ラーションが得点、やるねえ。UEFAカップ予備戦2回戦(2007-08-17)
今日も観ないわけにはいきませんでしたが、期待以上の出来に大満足です。

解説によると、代表引退を撤回して今回出場したのも、代表監督に頼みこまれたことと、息子の言葉が背中を押したとか。

そして早くも結果出すとは、しびれます!
ビジャが久々に絶好調のスペイン vs スウェーデンが早くも楽しみ!

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ   


 
編集 編集