日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

 

前に人生の目標としてアメリカ全州制覇を目指していたが、あまりに地方がドコも同じすぎてやめちゃった話を聞いた。

 

確かに写真だけではここがどこかわからないかもしれない(笑)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )







当ブログの主張、
中国がゼロコロナ政策にこだわるワケ:シノバック製ワクチンの信頼性が自由社会ワクチンに大敗北、の隠蔽目的でゼロコロナ政策を推進 仮説(汗)


先日の 日本経済新聞 2面 に続き、この主張をバックアップする事実が次々と(汗)

数日前の【日本経済新聞 2面】
「シノバック系ワクチンはファイザー製との比較で、オミクロン予防効果が低い」(ピーク時比較)



さらに【次々と登場する事実】

・中国の高齢者のワクチン接種率は世界的に見ても低い。

 【一度も接種を受けていない人の年代別】
   80歳以上の約40% 
  60~79歳の約20% 


・中国製ワクチン の有効性は メッセンジャーRNAワクチン(ファイザー、モデルナ製)より低い


・臨床実験の透明性の欠如


このように当ブログの「仮説」が現実味を帯びる事実が次々と(汗)







ロシアに恥をかかされた冬季スポーツ大会もとっくに終わり、平常に戻ると思われていた中国の様子が明らかに「変」

改めて【現在の中国が抱える × 10大 問題】をアップデートしておきたい。


1. 中国軍による挑発的行為で世界から顰蹙を買い続けている問題(台湾・日本・インド…)

2. コロナ禍 を引き起こしたのは中国疑惑 → 自分に跳ね返っている!

3. ウイグル民族へのジェノサイド疑惑

4. 香港 に対する「一国二制度」原則を放棄した「圧政強化」問題

5. 垣大バブル破裂問題

6. 公平性・ジャンダーにグローバルにオープンである「スポーツ」領域での元副首相セクハラ問題

7. 戦争を引き起こしたロシアをコムラッド(仲間)扱い
 オリパラ期間中に戦争を引き起こされ、大恥書かされているにも関わらず(笑)

8. 大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射した 北朝鮮への制裁論議に冷や水をかけた問題

9. 理に叶わないお粗末な「コロナ対策」を連発し「ゼロコロナ」どころか混乱拡大。

10. シノバック製ワクチンの信頼性が自由社会ワクチンに大敗北、の隠蔽が目的 → 「ゼロコロナ」政策




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )







 昨日の日本経済新聞 2面 →当ブログの「仮説」がどうも事実っぽいことが判明 

その仮説とは、
【中国がゼロコロナ政策にこだわるワケ】 = シノバック製ワクチンの信頼性が自由社会ワクチンに大敗北、の隠蔽目的でゼロコロナ政策を推進




一方で ロシア。

今日の戦勝記念日に向けプーチンが発言。
「ナチズムの復活を許さないことが共通の義務だ」と強調。
ゼレンスキー政権を「反ロシアのネオナチ政権」と非難し、ウクライナ侵攻 を正当化するとは、全くの驚き!


すると、こんな仮説もスルスルと出てくる。

【ロシアがウクライナ侵攻にこだわるワケ】 = スプートニク コロナワクチンの信頼性が自由社会ワクチンに大敗北、の隠蔽目的
 
自由社会ワクチン がデータを元に4回目のブーストを検討・開始する中、ロシアからは全く何も聞こえてこない...
ロジカルに考えると、これ以外の答えが出てこない…


今日プーチンはスピーチするそうだが全く期待できないところが逆に凄い(汗)

さて本当に 発狂したクマ(ロシア)なのか違うのか?!?



結論:発狂したクマ(ロシア)、そしてジェノサイドパンダ(中国)に翻弄される世界。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )







当ブログの「仮説」がどうも事実っぽいことが判明。




本日の日本経済新聞 2面の記事。

「シノバック系ワクチンはファイザー製との比較で、オミクロン予防効果が低い」(ピーク時比較)


当ブログの主張は、

シノバック製ワクチンの信頼性が自由社会ワクチンに大敗北、の隠蔽 → 「ゼロコロナ」政策 





冬季スポーツ大会も終わり、平常に戻ると思われていた中国の様子が明らかに「変」

改めて【現在の中国が抱える × 10大 問題】をアップデートしておきたい。


1. 中国軍による挑発的行為で世界から顰蹙を買い続けている問題(台湾・日本・インド…)

2. コロナ禍 を引き起こしたのは中国疑惑 → 自分に跳ね返っている!

3. ウイグル民族へのジェノサイド疑惑

4. 香港 に対する「一国二制度」原則を放棄した「圧政強化」問題

5. 垣大バブル破裂問題

6. 公平性・ジャンダーにグローバルにオープンである「スポーツ」領域での元副首相セクハラ問題

7. 戦争を引き起こしたロシアをコムラッド(仲間)扱い
 オリパラ期間中に戦争を引き起こされ、大恥書かされているにも関わらず(笑)

8. 大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射した 北朝鮮への制裁論議に冷や水をかけた問題

9. 理に叶わないお粗末な「コロナ対策」を連発し「ゼロコロナ」どころか混乱拡大。

10. シノバック製ワクチンの信頼性が自由社会ワクチンに大敗北、の隠蔽が目的 → 「ゼロコロナ」政策




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )







コロナ禍も2年強、リモートワークで意識が変わったモノに、

=「紙袋」

 がある。




通常時、紙袋(写真)は会社で「そこら中にありふれているモノ」だった。

が!

コロナ禍でリモートワークになったことで、その数は 減少 → 激減 → 消滅(笑)



大きな理由 ×2は、

(1)ヒトが動かなくなったこと

(2)素材(CM・コンテンツ)がデジタル化が推進されたこと 

だろうか…





そんな中、流浪の番組「タモリ倶楽部」でこんな企画が。

「テレビ界を支えるレガシー!編集所対抗!最強ハコ袋決定戦」
特別頑丈なAD達のマストアイテム “ハコ袋” …
各編集所自慢の紙袋から、最強のハコ袋を決める競技会を開催!



確かに映像編集所(EX:etc…)の紙袋は最強。
元々は大量のテープを運ぶために作られたため特別頑丈なのだ!
サイズといい強度といい、ファッション系・百貨店系 etc... より一段と「持ち」が良い。
(通常、紙袋の末路 =詰め込みすぎて? 負荷をかけ続けすぎているうちに? 崩壊 → 破棄)

しっかし “ハコ袋” っていうとはねえ~(笑)
(ただしググってもそれらしい写真は皆無… なのであくまでも業界用語か 笑)

登場した“ハコ” は以下の通り(登場順)
・麻布プラザ
・ザ・チューブ
・オムニバス・ジャパン
・東京サウンド・プロダクション
・ヌーベルアージュ
・G Link Studio
・ミックビジョン エムスタ


残念ながら、もうTVerでの追っかけ視聴も終わってしまった(放送日は先週)
このため、安心していうと(?!?)、優勝した“ハコ袋”は当ブログ「一推し」の“ハコ袋”ではあった!
争奪戦になりかねないからねー (笑)   
(実際はアップする順番の関係で、結果今日のアップ)



あ~ 久々の暇ネタ!!!
スカッとしたわあ(笑)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )









当ブログはつい先日、開設 6200日を突破。



昔は同じように 開設○○○日 を達成したブログを探し出してきては、お互いを讃えあってきた。

が…  昨今はその数が激減…(ていうか、もう存在しないかも…)

 

どうも当ブログはそっち系の 先頭集団 にいるらしい(笑)

絶滅危惧種?という気は全くしないので、引き続き7000日を目指し 突っ走るのみ!





でたまたま昨日のユニークユーザーは 620強。


前はよく遊びで、エンジェルナンバーを調べたりしたのだけれど、最近は数字が大きすぎ? 遊べない(笑)
例えば先日の 6190も、強いて 619 があるくらい → 内容が面白かったのでアップ。

620も調べてみたのだけど、今度は妙に「神」がかっていて退いてしまった(笑)
エンジェルナンバー遊びもここまでか…





という訳で、今度は「写真検索」にトライ。



で出てきたのが写真!


ダットサン・トラック7代目の 620型。

国内のみならず、 “DATSUN 620 TRUCKS” の名前で輸出され、アメリカでも成功。
コンパクトなサイズだけでなく、セクシーなボディで人気だったそう!




渋〜い着地 で、この 620遊びをコンプリートできたかな...

それなりに、嬉しく思う(笑)


P.S. こんな「車」関連のエントリーがあったのを思い出したので...

MoMA 視点での 車キュレーション × 10台 をシリーズで!(+当ブログ趣味系エクストラ × 3台 笑)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





当ブログが認識している【現在の中国が抱える × ○大 問題】は以下のよう。


ちょっと前までは × 8 だったのが、 × 9 になり、先日遂に × 10大 問題に。

(と最近気づいた 汗)

 

1. 中国軍による挑発的行為で世界から顰蹙を買い続けている問題(台湾・日本・インド…)

2. コロナ禍 を引き起こしたのは中国疑惑

3. ウイグル民族へのジェノサイド疑惑

4. 香港 に対する「一国二制度」原則を放棄した「圧政強化」問題

5. 垣大バブル破裂問題

6. 公平性・ジャンダーにグローバルにオープンである「スポーツ」領域での元副首相セクハラ問題

7. 戦争を引き起こしたロシアをコムラッド(仲間)扱い
 オリパラ期間中に戦争を引き起こされ、大恥書かされているにも関わらず(笑)

8. 大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射した 北朝鮮への制裁論議に冷や水をかけた問題


9. 理に叶わないお粗末な「コロナ対策」を連発し「ゼロコロナ」どころか混乱拡大。

極端な外出制限・食糧遅延・ペットや家畜の殺処分・大学学生外出禁止 etc...  
滅茶苦茶なレベルに十二分に達している。
(自らコロナ禍を引き起こしたかどうかをおいておいたとしても...)



そして最近 9.から導き出される新たな 仮説 が(汗)

10. シノバック製ワクチンの信頼性が自由社会ワクチンに大敗北、の隠蔽が目的



結論:新たな重大疑惑が加わり、遂に × 10大問題化(汗)

   発狂したクマ(ロシア)に続き、どうもジェノサイドパンダ(中国)も発狂しつつあるらしい(笑)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )







昨日、当ブログはCovid 19 の破壊力が結果、大きく政治を動かしていることから、

ロシアがウクライナ侵攻に踏み込んだワケ:スプートニク・ワクチンの信頼性が自由社会ワクチンに大敗北、の隠蔽目的で戦争を起こした仮説(汗)

をアップしたが、今日も引き続き【仮説 2】を。




今日は同じ帝国主義国でも、中国。

冬季スポーツ大会も終わり、平常に戻ると思われていた中国の様子が明らかに「変」なのだ!



先日アップした、中国の現在の問題点の最新、

9. 理に叶わないお粗末な「コロナ対策」を連発し「ゼロコロナ」どころか混乱拡大。

極端な外出制限・食糧遅延・ペットや家畜の殺処分・大学学生外出禁止 etc...  
滅茶苦茶なレベルに十二分に達している。
(自らコロナ禍を引き起こしたかどうかをおいておいたとしても...)


その他にも
・シノバック製ワクチンの複数回の接種を進める情報が全く伝わってこない
    自由社会ワクチン(moderna、Phizer 他)は既に4回目の実行・検討段階なのに...

・PCR検査 への異常な執着・偏重ぶり





で、当ブログが先の本から導き出された仮説が以下となる。

こちらも  Covid 19 の破壊力 が実は引き金ではないか?!



結論:中国がゼロコロナ政策にこだわるワケ:シノバック製ワクチンの信頼性が自由社会ワクチンに大敗北、の隠蔽目的でゼロコロナ政策を推進 仮説(汗)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )







当ブログは先日、
をアップした。


その本でよくよく考えさせられたのは、

 Covid 19 が日々深刻化・巨大化する破壊力が、両陣営のその後に大きく影響を与えた点。
実に運命的というか、今らしい点で興味深く読んだ。



ロシアがウクライナ侵攻に踏み込んだワケは諸説ある。

・ロシア(プーチン)は、ウクライナが自由主義方向へ突き進む状況に耐えられなくなった
・プーチンのロシア国内での権力に翳りが見える中、戦争という究極のツールで精力を盛り返そうとした


だが 実は、こちらも  Covid 19 の破壊力 が実は引き金ではないか?!
自由社会ワクチン がデータを元に4回目のブーストを検討・開始する中、ロシアからは全く何も聞こえてこない...


で、当ブログが先の本から導き出された「仮説」が以下となる。



結論:ロシアがウクライナ侵攻に踏み込んだワケ:スプートニク・ワクチンの信頼性が自由社会ワクチンに大敗北、の隠蔽目的で戦争を起こした仮説(汗)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





当ブログが認識している【現在の中国が抱える ×8大問題】は以下。

 

1. 中国軍による挑発的行為で世界から顰蹙を買い続けている問題(台湾・日本・インド…)

2. コロナ禍 を引き起こしたのは中国疑惑

3. ウイグル民族へのジェノサイド疑惑

4. 香港 に対する「一国二制度」原則を放棄した「圧政強化」問題

5. 垣大バブル破裂問題

6. 公平性・ジャンダーにグローバルにオープンである「スポーツ」領域での元副首相セクハラ問題

7. 戦争を引き起こしたロシアをコムラッド(仲間)扱い
 オリパラ期間中に戦争を引き起こされ、大恥書かされているにも関わらず(笑)

8. 大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射した 北朝鮮への制裁論議に冷や水をかけた問題




そして冬季スポーツ大会後に拡大している「新たな問題」が発生中。

9. 理に叶わないお粗末な「コロナ対策」を連発し「ゼロコロナ」どころか混乱拡大。

極端な外出制限・食糧遅延・ペットや家畜の殺処分・大学学生外出禁止 etc...  
滅茶苦茶なレベルに十二分に達している。
(自らコロナ禍を引き起こしたかどうかをおいておいたとしても...)



結論:新たな重大問題が加わり、本当に × 10大問題化するのも時間の問題。
   発狂したクマ(ロシア)に続き、どうもジェノサイドパンダ(中国)も発狂しつつあるらしい(笑)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






発狂したクマ(ロシア)、ジェノサイドパンダ(中国)の2大「帝国主義国」が大活躍の現在…

もはや笑っちゃうしかない酷い状況の中、「これじゃ悪役ポジション保てねえ」とロケットマンが動いた(笑)





そこで当ブログとしては今日は新企画をスタート!


名付けて、

北朝鮮がミサイルに使用したムダ金 算出!

 


あくまでも概算レベルでしかないが、

新型ICBMミサイル  ≒ 7,000,000 USドル 

日本円に換算すると、  ≒ 8億5千万円


この金額を全戸国民の数 2500万人 で割ると、国民1人あたり 34円

つまり、全国民の食事を1回分!

このたった1回の食事で生き延びられる方もいると思うと....(涙)




元々は政治的なトピックはあまり扱わない方針の当ブログだった、が 世の中 があまりに酷すぎ方針変更...



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )








昨晩18時~ 国会で特別に実施された ウクライナのゼレンスキー大統領のオンライン演説.。

ゼレンスキー大統領 のスピーチは納得感があるもので、無駄を取り除いた内容に好感が持てた。




一方思い出したので、その部分だけ以下。



プーチンに関する記述があり、これが彼の「人となり」をよく理解させる内容だったので…




プーチンの自宅で会談することになったメルケル。

そこで一工夫したのがプーチン。
メルケルが「大きな犬嫌い」だという情報を得ていたので、あえて玄関に自慢の番犬を置いた。

それを目撃したメルケルは思わず震え上がった…
「いかにも、あの男らしい。その手法は KGB の手法だから…」



つまり、現在の状況下でプーチンが化学兵器のみならず、核兵器の使用すら仄めかすのも同じこと。
相手を怯えさせ 結果「脅す」ためには、手段を選ばない(汗)

これは現状認識として、ロシア = 発狂したクマ と言われても仕方なかろう…



結論:発狂したクマ(ロシア)、そしてジェノサイドパンダ(中国)に翻弄される世界。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

〜今日の朝刊より〜

1時間 50分にわたった アメリカ バイデン大統領 と中国 の習近平 オンライン首脳会談。

 

習近平 の発言

「制裁を科しても苦しむのは庶民だ」

 

 

 

 

その庶民って誰のこと?

中国で既に苦しんでいる庶民が大量にいるではないか!!!

 

スポーツ大会は先日終了したが、ウイグル民族への「ジェノサイド」GENOCIDE 2022 は継続。

 

この大きな矛盾を バイデン は即 切り替えすべきでなかったのでは?!(笑)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

7日(月)に、 幸運にも、第3回目ワクチンの接種終了!

(その数日前、滑り込みで枠を確保 汗)

 

 

 

記録のため、第1〜3回目ワクチン接種の「副作用」について、まとめて残しておきます。

 

第1回目 6月26日(日)モデルナ製

             当日:症状なし 禁酒 

             翌日:症状なし → 飲酒 → 異常なし(笑)

 

第2回目 7月26日(月)モデルナ製

             当日:症状なし 禁酒 

             翌日:症状なし → 飲酒 → 微熱(笑)

 

第3回目 2月 7日(月)ファイザー製

             当日:症状なし 飲酒(笑)←医師がいつもの量ならOK出し(笑) 

             翌日:微熱 が午前中から午後にかけ出始め、そのまま早々に就寝...

             本日:ほぼ平熱に戻り、復活。

 

モデルナ・ファイザー感の違いは体感上はなし。

ワクチンはワクチン!

 

早めに打てるといいですね!

 

(写真に特に意味はありません ←いい写真がみつからなかったので 笑)

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

2018年 5月 16日、その事件は起こった。

 

【大学アメリカン・フットボール】 @東京スタジアム 補助フィールド

       日本大学フェニックス vs 関西学院大学ファイターズ

 

パスを投げ終え無防備状態の関学大QBに対し、日大選手が背後から悪質極まりない攻撃(汗)

これで1発退場。

 

 

ところがさらに問題を大きくしたのが、この件に関する 日大 内田監督 のコメント。

ルールを逸脱した指示を、監督本人が出していた事が発覚!!!

 

 

 

 

当ブログの理解でいうと、以下のような理解となる。

 

・組織防衛に熱心で上司の命令に 従順、つまり「自分の頭で考えていない」運動部の学生。

                ↓

・彼らが卒業後、大ボスの元に運動部内での影響力を強め、「自分の頭で考えていない」社会人 及び「組織」が完成…

 

民主主義の大原則「議論を尽くした結果、合意に至る」という基本プロセス を無視した体制となる。

 

 

そして東京五輪終了を待っていたかのように今度は 日本大学・田中 英寿 理事長 の背任事件 発覚…

 

巨額背任事件を巡り、マンモス私大・日本大学 に司直のメスが入った。

 

田中 英寿 理事長は 元々、日大 相撲部監督 であり、その就任後のその体育会への影響力を足掛かりに大学トップに上り詰め、側近を運動部出身者で固めていた。

まさに先に列挙したことが大学ぐるみで発生してしまったわけだ!

 

 

 

 

一方で 早大・慶応大

 

・早大 = 大隈 重信

  「学問の独立」「学問の活用」「模範国民の造就」を基本理念とする。

 

・慶応大 = 福沢 諭吉

 「独立自尊」を教育の基本に置き、演説や討論を重視する。

    近代的教育システムのほとんどを日本で最初に導入。

 

 

当ブログの理解だとこの両校では、ここの「重石」が効いていると感じる。

何か検討しなければならない自由が発生した場合、両校は上記の基本に立ち返ることができる。

 

 

そこで結論:日大 と 早大・慶応大 を分かつ「大きな要素」= 立ち返る「基本理念」が重要



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ   


 
編集 編集