日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

事件が発生したのは昨年 11月18日 16時

 

ありうることとはいえ、シーズン立ち上がり日の突然の 放送中止!(Netflix から全て消滅)

コンテンツにありうること、ではあるが、突然の消滅はまるで物語中の The Burn のような 大事件!

 

そして最近Amazon Prime なら有料でこの第4シーズンの視聴が可能になったと知り、早速視聴を開始(字幕版)

 

 

 

 

さて 第3話。

 

生きることを選べ Choose to Live

 

航行に欠かせないエネルギー源「ダイリチウム」

前シーズンでその目処が立ったことから、STARFLEET の大事な外交手段として役立っていた。

 

ところがその「ダイリチウム」の強奪事件が発生!

 

 

 

厄介なことに、その強奪者は元バルカン→現ニバー、さらにはその中でも近寄り難い宗教団体 クワト・ミラット の人物。

STARFLEET は艦隊の犠牲者も出てしまったことから、 Discovery を派遣し、解決にあたろうとする。

(タイトルの「Choose to Live」とはその犯人の殺人前の決め台詞…)

 

ニバー かつ クワト・ミラット ということで、主人公バーナムの母親(クワト・ミラット)がまたも登場。

親子関係がこの問題を解決するサポートになるか?!?

 

さらに写真のような展開も!

主人公のパートナー ブック +1名が ニバー に乗り込む。

今シーズンのテーマ?重力異常を、ニバー科学協会と共に分析し解決策を得ようとするが...

 

 

 

この先はネタバレになりかねないので結論だけいうと、今回も実にスタートトレックらしい話。

盗難の ”真意” がわかることで、主人公たちの判断に影響が出てくる。

(とはいえ、艦隊の犠牲者を出している事実も重くのしかかるが…)

 

 

で結論。

 

スター トレック ディスカバリー Star Trek Discovery 第4シーズン 3話 は、実にスタートトレックっぽい世界を持つストーリー。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

昨日、「画期的な 企画構造」を持つ番組?宣伝? Eテレ:TAROMAN の 全 ×10回大全 をアップした。

 

今日は「画期的に ユルい」構造を持つ番組が金曜にそれもNHK総合に登場したので、ご紹介したい!

 

 

 

それは「おげんさんのサブスク堂」

 

 ニュース番組のような音楽番組「星野 源のおんがくこうろん」 で話題を呼んだ 星野 源 がまたも!

 

 

どうユルいか...

星野 源(おげんさん)と 俳優 松重 豊(写真:右)が自分の好きな音楽・音楽ルーツ などをダラダラと喋り続ける(汗)

 

 

 

 

元々は、年に一度のユルいバラエティ「おげんさんといっしょ」名物の1コーナー。

(だから、星野 源 はサザエさんの格好 汗)

 

俳優 松重 豊 の全く予想外な姿を見れるコーナーとして 刮目 していたが、マサカのコーナー独立 とは!

 

松重 豊 の全く予想外な姿とは = 音楽マニアぶり、最新音楽への「偏愛」ぶり

 

 

 

第一回 Part 1(金)はいつものコーナーのレコード店 → おげんさんの部屋(と称するセット)へと移動しつつ、音楽談義。

最低限の決め事しかないらしく、こんなのテレビ創世記以来?!かと思わせる ユル~い感覚が番組を支配する。

 

音楽の紹介の仕方も、お互いのスマホを取り出すや「無意識に飛び出した音楽?」や、これだという音楽を紹介する(汗)

ダラダラ具合が極まっており、とてもNHK総合で放送される番組とは思えない…

 

 

 

 

2回シリーズなので、今週の金曜 8月12日 にも第2回が放送される

=  Part 2 NHK総合 23時00分 ~ 30分。

 

今回はまだ導入のレベルだから、次回での 音楽マニアぶり、最新音楽への「通」ぶり の発揮に期待したい!

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

 

この真夏を「震撼」させる深夜の魔界プログラム、がいつの間にかスタートし終了していた。

 

放送局は Eテレ

 

基本24時過ぎてからの放送(開始時間不定期)で、時間 僅か ×5分

 

 

なのに、はっきり言える。

 

 

 

この番組、「狂ってる」!

 

 

 

 

 

 

 

既に全ての放送が終わっているが、NHKプラスでまだギリ視聴できるようなので、以下ご紹介。

 

タイトルに加え 全10回大全(1)として、TAROMAN登場シーンの「口上」をまとめて紹介!

 

 

第1回:「でたらめをやってごらん」      何だこれは、そう彼は芸術の巨人、TAROMANである

 

第2回:「自分の歌を歌えばいいんだよ」    そう、彼こそが人助けの巨人、TAROMANである

 

第3回:「一度死んだ人間になれ」       そう、ビルの谷間を覗く巨人、TAROMANである

 

第4回:「同じことをくりかえすぐらいなら、死んでしまえ」 足の速さが評判の巨人、TAROMANである

 

第5回:「真剣に、命がけで遊べ」       若者の心に寄り添う巨人、TAROMANである 達人?

 

第6回:「美ってものは、見方次第なんだよ」    (この回は口上はありませんでした)

 

第7回:「 好かれるヤツほどだめになる」    そう、それは時を超え、愛される巨人、TAROMANである 

 

第8回:「孤独こそ人間が強烈に生きるバネだ」 動体視力ニッポン1の巨人、TAROMANである

 

第9回:「生身の自分に賭ける」        そう、それは空を眺める巨人、TAROMANである

 

最終回:「芸術は爆発だ」           ベラボーなものには、ベラボーなものを。ベラボーな巨人 TAROMANである

 

 

 

兎に角、騙されたと思って1回視聴してみてください。

(早々に配信が完了しちゃいそうな模様…)

 

 

そして、度肝抜かれてください!

 

 

はっきり言って、魂抜けまっせ!(笑)

 

 

結論:この真夏を「震撼」させる深夜の魔界プログラム、放送終了 → 配信中!( ×10回シリーズ)

 

 

 

 

 

P.S. 一方で当ブログの解釈。

この企画は放送のタイミングといい、実は岡本 太郎 氏の大回顧展「展覧会 岡本 太郎」の告知宣伝なのではないかと…

(7月23日~ 大阪 → 東京(10月) → 愛知(1月)へと順次開催の予定と、国営放送のクセにCMで言っていた 笑)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

昨日、ウィル・スミスの最新謝罪映像、とやらを見た。

アカデミー賞をぶち壊した暴力事件 の謝罪)

 

その感想。

 

 

 

極めていかがわしい...

妙に女々しく装っている...

  ↓

その割には、自分のブランド名( W ロゴ)が入ったキャップを被ったままでの説明

説明すら「待っている」とか、どの発言に反省が見られない...

 

そこから透けて見える彼の意識 ≒ 俺は ウィル・スミス様だ

 

 

結論 = 不快の極み。

    非常に腹立たしい... 

 

どこかの鳩ポッポじゃないが、隠居すべきでは。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

事件が発生したのは昨年 11月18日 16時

 

ありうることとはいえ、シーズン立ち上がり日の突然の 放送中止!(Netflix から全て消滅)

コンテンツにありうること、ではあるが、突然の消滅はまるで物語中の The Burn のような 大事件!

 

そして最近Amazon Prime なら有料でこの第4シーズンの視聴が可能になったと知り、早速視聴を開始(字幕版)

 

 

 

 

さて 第2話。

 

今回は、今シーズンのテーマ?、重力異常(汗)

 

 

 

ディスカバリーは命を受け、その重力異常エリアの捜索に向かう。

が、艦の重力装置さえ狂わされるような、危険極まりない状況にさえ陥る(写真)

 

故郷と家族の全てを失い、精神的にも肉体的にもまいっているはずの ブック が危険なミッションに志願。

一旦は断る主人公だが…

 

 

 

 

これ以上は書けない…ので興味を惹きそうなポイントだけ。

 

・前回同様、ディスカバリー は完全に艦隊のエース艦となっており、スタトレファンには嬉しい展開? 

 

・危険なミッションに挑むことになる ブック を横でサポートするのは、意外な人物

 

・前の艦長 サルー はクイジャン壊滅の報を知り予想以上に早く ディスカバリー に帰還

 

・その サルー の帰還を最も喜び、彼に寄り添う某キャラは、サルーが気づくように前回のミッションのダメージが深い…

 

・前回のミッションのもう一人は、恋人との関係に微妙な変化が生ずる…

 

 

 

結論:重力異常 Anomaly はシーズンを貫くテーマのため、謎が深まるばかりの 第2話(笑)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

 

 

 

 

先日紹介したが、この真夏を「震撼」させる深夜の魔界プログラム、がいつの間にかスタートしていた。

 

放送局は基本 Eテレ(or NHK総合 もたまに)

 

基本24時過ぎてからの放送(開始時間不定期)で、時間 僅か ×5分

 

 

なのに、はっきり言える。

 

 

 

この番組、「狂ってる」!

 

 

 

 

 

 

 

既に放送が ×8回 終わっているが、内容については極力語りたくないので、以下タイトルだけ。

 

 

第1回:「でたらめをやってごらん」

 

第2回:「自分の歌を歌えばいいんだよ」

 

第3回:「一度死んだ人間になれ」

 

第4回: 「同じことをくりかえすぐらいなら、死んでしまえ」

 

第5回:「真剣に、命がけで遊べ」

 

第6回:「美ってものは、見方次第なんだよ」

 

第7回: 「 好かれるヤツほどだめになる」

 

第8回:「孤独こそ人間が強烈に生きるバネだ」

 

 

何じゃこりゃ~!(笑) 

→ 後でサブタイトルを確認したら、「なんだこれは!」と驚く5分、だって(笑)

 

 

タイトルからして、このコンテンツの よじれ具合 が伝わるのでは?!

 

 

 

 

 

兎に角、騙されたと思って 土日深夜5回分ずつの 一挙放送 を視聴してみてください。

 

そして、度肝抜かれてください!

 

 

はっきり言って、魂抜けまっせ!(笑)

 

 

 

7/30(土)① Eテレ 第1回 ~ 第5回    25:00~25:25 予定

 

7/31(日)① Eテレ 第6回 ~ 第10回 24:45~25:10 予定

 

 

 

結論:この真夏を「震撼」させる深夜の魔界プログラム、好評?放送中!!!( ×10回シリーズ)→ 土日深夜5回分ずつの 一挙放送  が決定!(笑)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

この真夏を「震撼」させる深夜の魔界プログラム、がいつの間にかスタートしていた。

 

放送局は国営放送の教育チャンネル、 Eテレ

 

基本24時過ぎてからの放送(開始時間不定期)で、1回あたりの総時間 僅か ×5分

 

 

なのに、はっきり言える。

 

 

 

この番組、「狂ってる」!

 

 

 

 

 

 

 

既に放送が ×3日間 終わっているが、内容については極力語りたくない...

なので、以下タイトルだけ。

 

第1回:「でたらめをやってごらん」

 

第2回:「自分の歌を歌えばいいんだよ」

 

第3回:「一度死んだ人間になれ」

 

 

何じゃこりゃ~!(笑) 

 

→ 後でサブタイトルを確認したら、「なんだこれは!」と驚く5分、だって(笑)

 

 

 

 

 

兎に角、騙されたと思って1回視聴してみてください。

(NHKプラス、youtube で過去3回分が視聴可能)

 

そして、度肝抜かれてください。

 

 

はっきり言って、魂抜けまっせ!(笑)

 

 

 

 

結論:この真夏を「震撼」させる深夜の魔界プログラム、好評?放送中!!!( ×10回シリーズ)

 

 

 

 

 

P.S. 一方で当ブログの解釈。

この企画は放送のタイミングといい、実は岡本 太郎 氏の大回顧展「展覧会 岡本 太郎」の告知宣伝なのではないかと…

大阪(7月23日~) → 東京 → 愛知へと順次開催の予定と、国営放送のクセにCMで言っていた 笑



コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )




 

事件が発生したのは昨年 11月18日 16時

ありうることとはいえ、シーズン立ち上がり日の突然の 放送中止!Netflix から全て消滅)

 

コンテンツにありうること、ではあるが、突然の消滅はまるで物語中の The Burn のような 大事件!

 

そして最近Amazon Prime なら有料でこの第4シーズンの視聴が可能になったと知り、早速視聴を開始(字幕版)

(トレッキーを自称するベゾス も関係あるか?!?  これ以外の方法もあるらしい...)

 

とはいえ、あまりの事態に未だ「凍っている」ファンの多いことを悟り、前回のアップは超控えめ。

(第4シーズン でやっと本来のスタートレックに戻った?!という言い方もできる etc...)

 

 

 

 

後になって、もう少しは深掘りしてもいいかな? と思ったので追記。

 

まずは今回のタイトル。

それは、「コバヤシマル

 

長いファンの方にはお馴染みだが、初めて聞く人には間違いなく ビックリ!

何かはネタバレしないが、以下の展開の中に、その意味が潜んでいる。

 

 

 

オープニングで大仕事をやってのける主人公。

思い切りの良さで突っ込み、結果 相手の信頼を掴む。

実にスタートレックらしい!

 

だが一方でその「思い切りの良さ」を公に批判する今回新登場の「新キャラ」が現れる(汗)

なりたて艦長の主人公バーナム(写真:中央)は早速、キャプテンとしての資質を問われる...

しかもその人物は 権力者...

 

それを怪訝に感じるバーナムとその「新キャラ」との微妙な会話が 新しい!

そこで初めて明かされる主人公に関するネガな報告書。

 

バーナムの返答は...

 

 

 

この件に関連するのか? ディスカバリー から離れた サルー(本来の艦長)

 

自国を正しい方向に説得する、政治的な活動の毎日。

それの目処が経ちつつある中、連れて戻った人物からもサルーの本当の「心」がどこにあるかを諭される...

それは  ディスカバリー でしかない...

 

 

この「艦長としての資質」が今後どう問われ、本来の艦長サルーがどう結びついてくるかも、今シーズンのテーマかもしれない!

(サルーは種族の特徴として、極めて「石橋を叩いて渡る」タイプな人物)

 

 

 

 

また今シーズンの メインテーマ。

毎シーズン少しずつ変化し、そのシーズンのテーマ?を示唆するオープニング。

 

今回の変化は少し、だが予想するに、重力の異常な歪み がテーマか?

地球温暖化じゃないが、現代的なテーマなのかもしれない...

 

 



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




 

事件が発生したのは昨年 11月18日 16時

 

第4シーズン開始 の スター トレック ディスカバリー Star Trek Discovery 自体が Netflix から全て消滅!

 

コンテンツにありうること、ではあるが、突然の消滅はまるで物語中の The Burn のような 大事件!

製作社 =Viacom CBS は自社有料チャンネル の視聴者増を優先し、Netflix を 切った...

その有料チャンネル、日本では視聴できないため、日本のファンは切り捨てられたことになる...

日本のファンをなめとんのか!(泣)

 

これまで各シーズンを毎週楽しみに視聴してきたものの、その最大の理由 =「コロナ禍」だったから。

天国のジーン・ロッテンベリーが生きていたら、なんと言っただろう!

 

 

 

そして最近知った。

Amazon Prime から有料でこの第4シーズンの視聴が可能になったと!

 

で早速視聴を開始(字幕版)

 

 

 

スター トレック ディスカバリー Star Trek Discovery は過去のシリーズと違い、1話完結ではない。

1シーズン をかけて、1つのテーマを解決していくパターン。

 

オープニングからして、これまでの3シーズンとは全く違う!

 

・主人公は Discovery のキャプテンに

・崩壊しかけていた STARFLEET は再興 著しく、縮小 → 拡大 に再び転じる

・その中心にあるのが、ワープに頼らず遠隔地にジャンプできる Discovery 

・次世代を育てる スターフリート・アカデミー が復活

・これまでやろうにもできなかった STARFLEET の本来のミッション、未開の地 への探索 を再開!

 

 

過去のシーズンは大まかにいうと、

第1シーズン = クリンゴンとの戦争(汗)からの 違う時間軸世界 との闘い

第2シーズン = AIとの闘い、の結果の未来への逃亡

第3シーズン = STARFLEET を 大崩壊 に陥れた The Burn の原因究明・解決

 

このため、第4シーズン でやっと本来のスタートレックに戻った?!という言い方もできる。

各回有料なので、1週間に1回ずつくらいのペースでネタバレしないレベルで紹介していきます!

 

 



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




 

 

数年前から世界で少しずつ話題になり始めてきているエンタテイメントの新領域がある。

それは、デジタル技術を駆使した、アート作品をエンタテイメントにまで昇華? する没入型エンタテイメント。

 

その核は、テーマの「絵画」が大会場の全面に映し出されるだけでなく、この「絵画」が「動き出す!

 

つまりテクノロジーの力によって、平面の「絵」でしかなかったものが、「動」となって 躍動するわけだ!

 

 

会場が広いため、全身で浴びるように絵画の世界を「再体験」するわけ(汗)

 

 

 

 

 

当ブログも昨夏NYで、ゴッホの「イメーシブ系エンタテイメント」を何と ×2種 も体験済。

  

デジタル・ゴッホ フィンセント・ファン・ゴッホ(Vincent Van Gogh)をデジタル化した没入型インスタレーション(1)〜(10)

 

 

 

 

 

そして遂に 東京 でもこの「イメーシブ系エンタテイメント」が登場!

このため早速オープン日に行ってきた(7月 8日)

 

この企画では、作家ベースではなく、「印象派」という切り口で企画を展開している。

「印象派」といえば、モネ・ドガ・ルノアール etc… 

 

その彼らの「名画」「絵画」をデジタル技術を駆使することによる、この新領域の新アート体験 を実感した。

 

没入型ならではの迫力で、個々の 「名画」「絵画」の世界が エンハンス されたような気分に。

これは新しい!

 

 

 

 

 

期間は、~10月29日(土)まで

 

@日本橋三井ホール:COREDO 一号館 4F(要予約) 

 

 

 

当ブログのオススメは、

 

「クソ暑くなるだろうと予想される日の朝一、午後の予約を取り、涼みながらの初・没入体験」(笑)

   本編 約45分程度 +おまけコンテンツ5分程度かな?

 

 

結論: 東京に初めて登場「イメーシブ系エンタテイメント」で 真夏をぶっ飛ばす「新アート体験」を、実感せよ!

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






細野 晴臣 を師匠とする、星野 源って、かなり「変」で 面白い!
その彼が Eテレ(NHK教育) で今春 ×4回に渡り展開した番組=「星野 源のおんがくこうろん」


最初の放送は、NHK Eテレ(教育テレビ)だったのが、昨晩テレビをつけてみたら、なんと NHK 総合 で全4回をまとめて再放送!
こんなこと、過去に記憶ない(汗)



番組の「建てつけ」はまるでニュース解説のような一方、毎回のテーマは何と、
第1回 = J・ディラ ヒップホップの伝説的プロデューサー
第2回 = ガーシュイン 言うまでもあるまい…
第3回 =  アリー・ウィリス Earth Wind & Fire などへの楽曲提供で知られるソングライター
第4回 =  中村 八大 日本だけでなくアメリカも揺らした作曲家(sukiyaki song = 上を向いて歩こう)
 星野 源の趣味丸出し!



この番組の特徴をいくつか列挙。

・番組スタッフの「何とか 星野 源 を驚かしてやろう」という意気込みが凄い(笑)

・その一つなのか、女子アナにエース級を投入!(汗)= 林田 理沙アナ(写真:左) 

・解説員が何とパペット!
 ヨシかいせついん = パペット(声:高橋 芳朗)
 トシかいせついん = パペット(声:大和田 俊之)
 シホかいせついん = パペット(声:渡辺 志保)
 いちいち可愛い(笑)


当ブログのおすすめは実は
(1)まず ×4回に目を通す
(2)その後、NHKのサイトに行き、未公開トークを見る ← これ 超ヤバいっす!



昨日放送されたと言うことは、約1週間に渡りNHKプラスで視聴可能だと言うこと!

 当ブログ激推しの音楽コンテンツ、ぜひご覧くださいませ~


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

写真は、フランスはパリご在住のアーティストがウクライナの友達のために描いたストリート・アート。

 

となると、気になるのは…

 

 

 

 

 

バンクシー、次の動きは?

 

 

いつ

 

どこで

 

どのように動くのだろうか?

 

 

 

そんな期待を、ぐわし!と飛び越えてほしい気もするが。

 

相変わらず世界はコロナ禍なので、予想外の動きはなかなか厳しい今の世の中…

 

 

 

 

 

 

 

当ブログの知る限り、バンクシーはこの2年弱沈黙している。

 

2020年 5月

バンクシー新作はやはりコロナネタ!→ 更に発展し今度は、医療関係者サポート = Game Changer! 一方で心無い放言に一言 = 彼の爪の垢でも煎じ Game Changerになってみたら?  

 

 

2020年 4月

バンクシー新作は、やはりコロナネタ!  

 

(2021年 8月、イギリスの海岸沿いでのストリートアートが最新のよう)

 

 

日本でコロナ禍の始まりと同じタイミングで「リアル展示会」も当ブログ記事であったり、した(汗)

バンクシー展(天才か反逆者か)2020  ~詳細編~ (1)ー(13)

もう一回別の企画でもあったはずだが、最初ので満足しちゃったので行かなかった…

 

 

 

調べてみたら、本も ×2冊、

読後評:バンクシー  壁に隠れた男の正体 タイトルにあるような「正体」というほどではないが、バンクシー理解が深まる一冊。  

読後評:バンクシー 壊れかけた世界に愛を 実にパンク、実にオルタナーティブ、実にデュシャン! なバンクシーの本質に迫る内容。 

 

 

雑誌すら、

カーサ ブルータス Casa BRUTUS  「バンクシーとは誰か?」 こっ、これは久々の大ホームランでは!  

 

 

さらに映画もあった!

イグジット・スルー・ザ・ギフト・ショップ バンクシーに興味ある方は必須。 あのディズニーランドでのパフォーマンス映像やバンクシーのアトリエさえ登場!  

 

 

 

 

 

話戻って、バンクシーは現在のウクライナ情勢に向け、何をどうするのが正しいか、

 

パンキッシュな反骨精神をモットーとするアーティストとしては、予想範囲には収まりたくないところ…

 

 

 

結論:「戦争」という、あまりな「非日常」な時代は経済のみならず世界の各方面に及んでおり、その苦悩から誰も逃れられない(涙)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

細野 晴臣 を師匠とする 星野 源って、かなり変、で面白いが、彼のレギュラー新番組が登場!

 

NHK教育 で × 4回 放送=「星野 源のおんがくこうろん」

 

 

 

 

昨日でいったん最終回を迎えたが、その4回の内容がいちいち凄い。

 

一見「音楽教養番組」というだけあって、番組の「建てつけ」はニュース解説のよう(笑)

 

実は 星野 源 の趣味丸出し!

各回のテーマ = J・ディラ → ガーシュイン → アリー・ウィリス → 中村 八大(汗)

 

 

 

 

これを違う言い方で書くと、

 

 = ヒップホップ → ガーシュイン → ソウル・ディスコ → 中村 八大(汗)

 

 

 

 

そして今回、唸らざるえなかったのが、この4回が全て連動していたこと!

 

  中村 八大 は幼少期に ガーシュイン の映画「アメリカ交響楽」で作曲に目覚める

                   ↓ 

 目覚めた彼は「上をむいて歩こう」を世に出し、本家USで「sukiyaki song」として超ヒット!

                   ↓ 

何十年経ってもその影響力が残り、ヒップホップDJ が「sukiyaki song」の旋律を使う

                   ↓ 

そうして復活した彼の旋律が、ソウル・ディスコ人脈にまで拡大し、現在に至る(汗)

 

 

 

 

 

毎回、冒頭に 星野 源 のナレが入ってきたが、正にそんな展開(汗)

 

 

<この番組を観ているうちに、あなたの音楽の感受性が "田おこし"(写真)されて・・・ 

 

 もっと音楽を聴くことが楽しくなる、もっと色々な音楽を知りたくなる 

 

 そんな新しくて、楽しくて、ちょっと真面目な 音楽教養番組>

 

 

 

視聴者の音楽の感受性が ”田おこし” されるベースは、この4回の構造にあった!

 

で、ぶっちゃけ 褒め言葉。

番組の肝は音楽の ”田おこし” と言ってもいいが本当は、音楽の”Journey” かな?!?

 

 

 

 

他にも痺れるフレーズが連発されていたのでその中から ×3 をセレクト。

 

・名作曲家は無茶振りされがち(笑)

  (六・八コンビ誕生となる「名曲」誕生のエピソードから)

 

・ファイヤーボーイ! FIRE BOY!

  ( 危険なハーレムに入り浸った 中村 八大 に親しみから黒人がつけた アダ名)

 

 ・時代を超えていく楽曲

  ( 説明不要!)

 

 

結論:全ての 音楽ファン 必見! な大団円の最終回。未見の方は一週間以内にNHKプラス必!!!

で当然、シーズン2 切望!

 

P.S. ウェブに公開されている「未公開トーク」も今回特に痺れる内容!(号泣)

 

 

〜第1回はコチラ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

 

冒頭、まるでスタトレ・シリーズ最高峰のうちの1つ 映画 “FIRST CONTACT” のようなテンションが異様に高いスタート(汗)

 

平和だったはずの地球が「僅か48時間の間に状況が一転する」展開…

 

 

 

これじゃ、まるで 2022年 3月 の 今!

帝国主義がいきなり自由社会に押し寄せた 現在 に通じるものがある(汗)

 

 

 

 

 

だが、それも全て今回のラストで「何が現実か」(あくまでもドラマの中で 笑)わからない展開に!

 

というのは、The Next Generation の冒頭及び重要エピソード、そしてラストにしかいなかった、「あの人物」(写真:右)が登場するから。

 

 

 

 

 

気合いは入ってるのは、わかった。

 

第1シーズンに登場したキャラたちが躍動しているのは素直にうれしい。

だが空回りしてる感もあり、微妙な気分の第2シーズン開始なのは間違いない…

 

 

その空回り感とは例えば、

 

・AIとの闘いの次はこれだぞ!、はこれだろう!、というのは理解しやすいが あまり楽しくない(笑)

 

・その敵対する相手のボスに誰が扮しているかは、既にバレバレ(じゃね?)

 

・時々だけカメオ出演的に出ていた重要キャラが登場するものの以前と全く違う感触を残し、違和感が拭えない…

 元々のシリーズでは出演するたび、その回の重みを増していたのだが(涙)

 テレビ番組での爆弾発言で干されているという現実の彼女の雰囲気さえ漂ってくる?

 

 

 

ぶっちゃけ...

 

Netflixと違い、Amazonプライムで配信開始なのは喜ばしいこと。

(間違いなくスタトレ・マニアのベゾスが深〜く関与していることは間違いない!)

 

とはいえ、どうも蛇足感を感じてしまう、というのは言い過ぎか?!

Netflix での Discovery消失事件以降、このシリーズに批判的な気分が拭えないのだ(汗)

何十年来のファンの愚痴なので、聞き流していたきたい…



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

細野 晴臣 を師匠とする 星野 源って、かなり変、で面白い!

 

NHK「おげんさんといっしょ」は既に第5弾も放送済(汗)

サザエさん風女装だけでなく、彼の やりたい放題ぶり が凄かった。

 

 

 

その彼の NHK教育 で放送中、レギュラー新番組=「星野 源のおんがくこうろん」の第3回。

 

毎回、冒頭に星野 源 のナレが入る。

<この番組を観ているうちに、あなたの音楽の感受性が"田おこし"されて・・・ 

 もっと音楽を聴くことが楽しくなる、もっと色々な音楽を知りたくなる> 

 そんな新しくて、楽しくて、ちょっと真面目な 音楽教養番組。

 

音楽教養番組、というだけあって、番組の「建てつけ」はニュース解説のよう(笑)

だが毎回のテーマは 星野 源 の趣味丸出し = J・ディラ → ガーシュイン → そして今回が アリー・ウィリス(汗)

 

 

 

 

 

アリー・ウィリス といえば、絶頂期の Earth Wind & Fire を活性化させた人物として有名。

 

だが当ブログの考える  Earth Wind & Fire のピークは、Gratitude(太陽神 直前…)

ライブアルバム3面 + スタジオ1面(この出来が凄まじく良い)の大傑作LP!

 

つまり当ブログにとって アリー・ウィリス はバンドを劣化させた犯人のような存在なのだ!

まあ〜 そこは「音楽嗜好の違い」という理解で、笑って視聴。

 

 

 

 

3回で共通して言えるのは、番組スタッフの「何とか 星野 源 を驚かしてやろう」という意気込み(笑)

 初回はJ・ディラのお母さんを引っ張り出し、第2回は ガーシュイン 本人による演奏シーンが次々と登場。

 

そして今回は、絶頂期の Earth Wind & Fire 時代のギタリストのインタビュー!

やるねえ~

 

 

さらに!

番組に入りきらなかった「未公開トーク」も公開されている(1~3話)

 

今回で言うと、

 

• Earth Wind & Fire の名曲 September の歌詞誕生秘話 その2

• Pet Shop Boys との共同作業

 

番組だけでなくソチラも必見か!!!

 

 

 

 

 

 

 

さらにダメおし。

第3回も パペット登場、だがメンツに変化が!(写真)

 

センターの2人は「かいせついん」=解説員

 

・ヨシかいせついん(声:高橋 芳朗 本物は顔がゴツゴツしている 笑)

 

・シホかいせついん(声:渡辺 志保 本物は顔がツルツル、ぷっくりしている)

 

(前回までは トシかいせついん)

 

実は「未公開トーク」だけでなく、「収録の裏側 メイキング動画」も公開されている(汗)

これらの パペット にハマっちゃった方、必見!!!(写真)

 

 

 

 

 

 

そして番組ラスト、来週の予告。

 

その第4回に取り上げるアーティストはまた渋さ爆発! (汗)

 

そのアーティストは何と、中村 八大!

(上を向いて歩こう、こんにちは赤ちゃん、明日があるさ etc… 作曲)

 

 

 

3月 11日、1週間 空いて放送される 最終回 も間違いなく ヤバい!

 

〜最終回はコチラ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ   


 
編集 編集